地獄 の 黙示録。 地獄の黙示録のレビュー・感想・評価

地獄の黙示録〜ジャングルの奥地に潜むクレイジーな静寂世界|TAP the SCENE|TAP the POP

地獄 の 黙示録

1960年代のベトナム戦争の頃、旧ベトナム国家の独立と統一をめぐる戦争は南と北の戦いである。 ベトナムは元より、第二次世界大戦以後もフランスの植民地であった。 しかし、大戦後ホーチミンが成立させたベトナム民主共和国 北ベトナム が第一次インドシナ戦争でフランスと戦い、これを退けることに成功する。 これに対しアメリカはベトナムが共産化することと、共産主義政府の存在を危惧し、されにフランスの傀儡政権であったベトナム政府 南ベトナム を支援することになる。 ベトナム国家とベトナム戦争 こうして南北二つの政府の対立が始まり、1960年結成されたベトナム解放民族戦線は,北ベトナムの支援のもとに,南ベトナム軍およびこれを支援するアメリカ軍との戦いが行われることになる。 そのベトナム戦争に沖縄基地が出撃基地として使用され、ベトナムから「悪魔の島」と呼ばれていた。 この映画は、そんな状況下でアメリカ軍がベトナムへ進攻ししてゆく状況の中での、一つの悲惨的なストーリーとして展開することになる。 「 地獄の黙示録 」の主要なストーリー ベトナムのジャングルを舞台に展開するが、1人のアメリカ軍将校の暗殺を命じられた大尉が、4人の部下と共に現地に向かうが、結果、このベトナムでの無残な戦争を目撃することになり、これら戦争の狂気と悲惨さ描く。 強烈な暑さのサイゴンの夏、或るホテルの一室で、ウィラード大尉(マーティン・シーン)は空虚な視線を天井に向けていた。 505大隊の173空挺隊所属、その特殊行動班の一員である彼に、ナ・トランの情報指令本部への出頭命令が下ることになる。 本部では3人の男が彼を待ちうけており、その内の1人がウィラード大尉に向けて今回の出頭目的を説明した。 それは第5特殊部隊の作戦将校であるウォルター・カーツ(マーロン・ブランド)を殺せという命令だったのである。 カーツ作戦将校は士官学校を主席で卒業し、過去に空挺隊員として朝鮮戦争に参加、数々の叙勲歴を持つ軍部での最高の人物であった。 しかし、彼は現地人部隊を組織するという目的で、ナン川上流の奥地に潜入してからは、彼の行動が軍では統制できない異常な方向へと進んでいったのを察知した。 情報によると彼はジャングルの奥地で原地人を支配し、軍とはまったく連絡を絶ち、自らの王国を築いている、というのである。 そのアメリカ軍の恥でもある錯乱者のようなカーツを、殺我害しなければならないというのが軍の意志であった。 この密命を受けたのが若い兵士ウィラード達であり、 彼ら4人の部下達を連れて巡回艇に乗り込むのである。 ナパーム弾の匂いの中で、ワーグナーの「ワルキューレの騎行」が鳴り響く中、号令一下で数千発のナパーム弾がベトコン村を襲った。 そして、ウィラードは、軍の命令に従い、「神」と呼ばれる人間カーツを・・、 この「 地獄の黙示録 」の概要と戦争心理の怖さ 映画「地獄の黙示録」で使われていた、華やかなくクラシックの曲名が鳴り響く、それは、ヘリコプターが飛んでいる場面で使われていた。 これが実に生々しく素晴らしい演出なのです。 ワーグナーの「ワルキューレの騎行」、それもコーラスも同時に入った大音量で流しながら、軍用ヘリの一隊が小村に爆撃するわけです。 それにしても、この爆撃シーンは低空を飛行するヘリ部隊を撮るカメラの動きが素晴らしく、かなり臨場感のある代物だった。 軍用ヘリというのは真黒で、そんな殺人機械が空を飛ぶ様子は正しく地獄の使者、といった感じであり、音楽との調和も見事で、臨場感としては最高のシチュエーションであり、印象的なシーンでもありました。 内容についても、この「地獄の黙示録」という映画は、ベトナム戦争を舞台に描かれているが、勿論、これは反戦的な、否定的な視点で製作されているはずである。 主人公たちの目的は、飽く迄もカーツ将校暗殺であり、激しい戦線の戦闘シーンの実態も描かれているが、主題は常軌を逸した軍人であるカーツ、そして前線においての指揮官不在の事実、それが更に人間の内心の変化、徐々に発狂じみた行動に移して行く男。 こういった要素によって機械のように冷酷無悲な殺人集団としてのアメリカ軍そのものを投射し、内なる腐敗を抱えていたことを示しているのです。 この映画は、戦争批判・アメリカ批判の色を濃くしているのが特徴でしょう。 特に、ベトナムのベトコン(南ベトナム解放民族戦線、南ベトナムの武装共産ゲリラ)も、ベトナム戦争も、元はと言えばアメリカが生み出したものなのだという、フランス人の意が、いささか胸に沁みるのです。 此の戦役は、昨今の中東地域での紛争にも共通する物があるのではないだろうか?.

次の

地獄の黙示録 ファイナル・カット : 作品情報

地獄 の 黙示録

伝説の俳優マーロン・ブランドをはじめ、ロバート・デュバル、マーチン・シーン、デニス・ホッパー、ハリソン・フォードといった顔ぶれが登場するだけでも決して見逃してはならないが、それにしても製作エピソードのクレイジーさには事欠かない映画だ。 1976年3月に始まった撮影は、当初1200万ドルの予算で4ヶ月間で終わるはずだった。 しかし、監督のフランシス・コッポラが「映画製作のプロセスが次第に映画のストーリーと似通ったものになっていった」と言うように、密林の奥地へと徐々に入り込んでいく物語同様、フィリピンで行われた撮影自体も日増しに狂気沙汰に巻き込まれ、あげく天災に襲われてセットが破壊されるなどして、結果的に3100万ドル 当時のレートで約90億円 と1年半の期間に膨れ上がった。 ジョーゼフ・コンラッドの『闇の奥』を原作に脚本化したにも関わらず、シナリオは連日変更され、新しいアイデアが次々と加えられ、いつのまにかオリジナルとは大幅に違う形となったことは言うまでもない。 しかも映画会社の資金だけでは補え切れず、コッポラは『ゴッドファーザー』で得た収入すべてをこの映画に投下した 他に抵当に入れて借金もしたようだ。 さらに彼はフィルムの編集作業に2年以上も費やした。 『地獄の黙示録』よりも後からクランクインした同じベトナム戦争を扱った『帰郷』や『ディア・ハンター』が先に完成して公開される始末。 ちなみに映画は未完成のままカンヌ映画祭に出品して、グランプリを受賞してしまうほどの反響の大きさだった。 生涯を懸けた大作であり、フィルム・オペラとして目論んだというコッポラ。 ストーリーの設定は確かに泥沼化していたベトナム戦争だが、この狂気と静寂に覆われた世界観はあらゆる場所や状況に置き換えても起こり得る。 まだ観ていない方はまずを。 次に約50分の未公開シーンを加えたをオススメしたい。 目的地に辿り着くまでの緊張感やマーロン・ブランド登場の凄みを体験できる。 この映画は難解ではない。 変に理屈っぽく観るからそう思うのだ。 恐怖は人間を支配し、異常な状態へ追い込む。 戦場で人間が勇敢になるのも、惨虐になるのも、奇妙なことに熱中するのも、すべて恐怖から避難するためだ。 恐怖から逃れるためには、人間は何を考え何をするか分からない。 戦場は地獄だから怖いのではない。 戦場では時に地獄が天国に見えるから怖いのだ。 それは「突如として音信不通となり、ジャングルの奥地で自らの王国を築いているカーツ大佐を抹殺せよ」というものだった。 同行する兵士4名がつけられたウィラードだったが、カーツに関する資料をめくりながら、なぜ叩き上げのエリート軍人がすべてを捨て去ってまで密林の中へ消えたのかという大いなる疑問が脳裏から離れない。 カーツ探しの船旅が始まる中、ウィラードたちは移動するごとにベトナム戦争の狂気を目撃していく。 サーフィンが趣味のキルゴア中佐 ロバート・デュバル は、ただ大波に乗りたいという理由だけで早朝から海沿いのベトコン村を急襲する。 ヘリコプターのPAからはワーグナーの「ワルキューレの騎行」が大音量で鳴り響き、炎と轟音で覆われた光景を背に「朝のナパーム弾の臭いは格別だ」と微笑む。 さらに燃料調達先では、プレイメイトたちのラスベガス風の慰問ショーに遭遇。 セクシーな女たちがロックに合わせて腰を振っていると、数千人の兵士たちは興奮の頂点に達していく。 一方で部下たちは次第に麻薬に溺れ始め、罪もない村人たちを殺してしまう。 アメリカ軍最後の拠点ド・ラン橋に着くと、凄まじい銃撃戦に巻き込まれる。 カンボジアに入ると、農園を営むフランス人たちと交流して、ウィラードはそこで未亡人とベッドを共にする。 彼は近い。 カーツ王国を至近距離に感じ取るウィラード。 部下たちが次々と死んでいく中、遂に目的地に到着する。 そこで待ち受けていた壮絶な光景とは? 果てして任務を遂行できるのか? そして暗闇の静寂からその男 マーロン・ブランド は顔を覗かせた……ここは地獄だ。 地獄の恐怖だ。 映画の予告編。

次の

地獄の黙示録

地獄 の 黙示録

「」(原題:Apocalypse Now )は、1979年公開のカの戦争映画です。 の小説「闇の奥」を原作に、舞台をに移して翻案した的映画で、監督、、、、ら出演で、1960年代の下、1人のカ軍将校暗殺を命じられた大尉が4人の兵士と共にジャングルの奥深くで目撃する戦争の狂気を描いています。 1979年度のでを獲得、では作品賞を含む8部門でノミネートされ、撮影賞と音響賞を受賞した作品です。 「」のDVD() 目次• ブラインドの降りたホテルの一室で、カ陸軍空挺将校、505大隊、173空挺隊所属、特殊行動班員のウィ大尉()は自虐的に酒を飲んでいます。 妻と離婚してまで戦場に戻ってきた彼は、MACV-SOGの一員として、CIAによる要人暗殺の秘密作戦に従事してきた経験が豊富です。 そんな彼にナ・トランの情報指令本部への出頭命令があり、第5特殊部隊の作戦将校である元隊長のウォルター・E・カーツ大佐()の暗殺指令が下されます。 カーツ大佐はウェストポイントを主席で卒業し、空挺隊員としてに参加、数々の叙勲歴を持つ、軍が誇るべき人物でしたが、現地人部隊を組織するという目的でナン川上流の奥地に潜入してから、彼の行動は軍が統制できない異常な方向へと進んでいました。 情報によると彼はジャングルの奥地で原地人を支配し、軍とは全く連絡を絶ち、自らの王国を築いている、といいます。 カ軍の恥である錯乱者カーツ大佐は抹殺しなければならない、というのが軍の考えでした。 この密命を受けたウィは、4人の兵士、クリーン()、ランス(サム・ボトムス)、シェフ(・ホレスト)、チーフ(・ホール)とともに、河川に乗り込み、乗組員に目的地を知らせぬまま大河を遡行します。 ウィは、まず、危険区域通過の護衛を依頼すべく、空軍騎兵隊第一中隊の指揮官キルゴア中佐()を訪ねます。 ナパーム弾の匂いの中で目覚めることに歓びさえ感じているキルゴアは、花形サーファーであるランスを見ると、彼とともにサーフィンをする為、の「」を鳴り響かせながらヘリで編隊飛行をし、数千発のナパーム弾でベトコンの前哨基地を襲撃します。 キルゴアの元を発った彼らは、カーツ大佐の王国へとを進めます。 河岸に上陸するたびにウィに手渡される機密書類には、カーツの詳細な履歴と全行動が記されており、読めば読む程ウィには、軍から聞いたのとは別の人物であるカーツが浮び上ってきます。 補給基地では、ジャングルに突如としてのステージが出現するかと思えば、最前線では指揮官抜きで兵士たちが戦い続けているのを目のあたりにします。 の若い乗組員たちは、麻薬に溺れ、正気を失っていき、ウィ自身もカーツの王国に近づくにつれて心の平衡が保てなくなります。 王国に近づいたころ、クリーンが死に、チーフも死にます。 やがて王国に着いたウィは、カ人のカメラマン()に会い、彼から王国で、「神」と呼ばれているカーツの真の姿を聞かされます。 カーツは狂人なのか、それとも偉大な指導者なのか、ウィにもわからないまま、遂にカーツとの対面の日がやってきます・・・。 レビュー・解説 を舞台に、戦争の愚かさを強烈に風刺しながら、傷ついた男の心の闇を描く、監督の歴史に残る壮大美麗な的戦争映画です。 を舞台にしていますが、イギリスの小説家、の代表作「闇の奥」(原題:Heart Of Darkness)を原作としてます。 1899年に発表されたこの小説は、自身の経験に基づいており、住民に対する搾取政策で国際的非難を受けたベルギー国王レオポルド2世の「私有地」、自由国のある一帯を舞台に、本部の指示に背き、奥地で崇拝者や現地人から神のように慕われる男、クルツを追う物語です。 「闇の奥」というタイトルはアフリカ奥地の闇という意味ですが、人間の心の闇、西欧文明の闇をも意味すると考えられています。 1970年代初頭にとの原案で映画化を企画しますが、の最中であり、企画は通りませんでした。 後にルーカスが「」を製作することになり、映画化の権利はに譲り渡されました。 「これまでにない戦争を体験を通して、戦争を体験した人と同様に観客から大きな反応を引き出したかった」と語る監督は、を舞台に翻案された「」で人の心に潜む闇とカや的先進諸国が与えた衝撃を、写実的というよりはむしろ風刺的、象徴的に描いています。 有名なの「」をで流しながらヘリでベトコン前哨基地を攻撃するシーンや、が現地の兵士を慰問するシーンなど、物語の前半では現実世界を強烈に風刺します。 特に「」のシーンは圧巻で、サーフィンをするという些細な目的の為にヘリの大部隊でベトコン前哨基地を攻撃するシーンは的な植民地政策への強烈な風刺となっています。 さらに、が傾倒したというの楽曲を持ってきたのも偶然ではないでしょう。 この攻撃を指揮するキルゴア大佐のセリフも、戦争におけるヒロイズムを強烈に風刺しています。 Kilgore: I love the smell of napalm in the morning. You know, one time we had a hill bombed, for 12 hours. When it was all over, I walked up. We didn't find one of 'em, not one stinkin' dink body. The smell, you know that gasoline smell, the whole hill. Smelled like... victory. Someday this war's gonna end... キルゴア中佐:朝のナパーム弾の匂いはたまらん。 ある丘を12時間爆撃した後、登ってみたら、すべて焼き払われ、死体ひとつなかった。 ガソリンの匂いが丘一帯に立ち込め、勝利を実感した。 この戦争もいつか終わる・・・。 中盤の指揮官なしに混沌の中で戦う最前線の兵士たちのシーンを境に、物語は戦争の核心であり、心の闇とも言える地獄、「カーツ大佐の王国」へと入り込んでいきます。 一寸先が見えない霧の先に、死屍累々のカーツ大佐の王国が現れます。 そこでカーツ大佐は、ウィ大尉に胸のうちを語ります。 この映画ではカーツ大佐のみならず、ウィ大尉も妻と離婚してまで危険な戦場に戻ってくる人間として描かれていますが、実は最初に見た時、カーツ大佐がジャングルの奥にこもった理由がわからず、難解だと感じた記憶があります。 その後、故郷の平和な生活より、危険な戦場を選ぶ人が少なからずいることを知りました。 例えば、• 「」(2006年)のトミー・イェーツ• 「」(2008年)のウィリアム・ジェームズ• 「」(2010年)のクリス・カイル など、危険な戦場に戻る兵士を描いた映画は少なくありません。 83回長編賞にノミネートされた「レストレポ 〜で戦う兵士たちの記録〜」(2010年)のセバスチャン・ユンガー監督は、帰還後にに苦しみ、やなどになる兵士たちの姿を実際に見て、兵士たちが懐かしむのは普通の社会で生まれる友情とは異なる、仲間たちとの強い絆であり、一般社会に戻ってきて感じる疎外感が彼らを苦しめると喝破しています。 戦場にこだわる理由は、人それぞれで微妙に異なると思われますが、カーツ大佐もウィ大尉も戦場で傷ついたことは想像に難くありません。 軍人一家に育ったカーツ大佐をさらに追い込んだのは、戦場で学んだ「殺さなければ殺される、残虐な行為も躊躇してはならない、命取りになる」というシンプルな戦場の摂理で、その摂理を覆い隠して約束されたエリート軍人の道を進むことを彼は受け入れられなかったのでしょう。 ジョン・マイラスが1969年に最初に書いた脚本「The Psychedelic Soldier」は、のバカげたシーンを連ねたものでしたが、何度も書き変えるうちに、後半にの「闇の奥」の翻案が付け加えられました。 1980年代にかけての帰還兵が深刻な障害を示すことがカ精神医学会で研究されるようになり、()と命名されました。 それを病理的側面から捉えているわけではないのですが、この映画を制作する時点でこの心の闇が関わる領域に踏み込んでいた制作者たちに驚嘆します。 カーツ大佐が胸のうちを語る台詞 <オチバレ> Kurtz: I've seen horrors... horrors that you've seen. But you have no right to call me a murderer. You have a right to kill me. You have a right to do that... but you have no right to judge me. It's impossible for words to describe what is necessary to those who do not know what horror means. Horror... Horror has a face... and you must make a friend of horror. Horror and moral terror are your friends. If they are not, then they are enemies to be feared. They are truly enemies! I remember when I was with Special Forces... seems a thousand centuries ago. We went into a camp to inoculate some children. We left the camp after we had inoculated the children for polio, and this old man came running after us and he was crying. He couldn't see. We went back there, and they had come and hacked off every inoculated arm. There they were in a. A of little arms. And I remember... I cried, I wept like some grandmother. I wanted to tear my teeth out; I didn't know what I wanted to do! And I want to remember it. I never want to forget it... I never want to forget. And then I realized... like I was shot... like I was shot with a diamond... a diamond bullet right through my forehead. And I thought, my God... the genius of that! The genius! The will to do that! Perfect, genuine, complete, crystalline, pure. And then I realized they were stronger than we, because they could stand that these were not monsters, these were men... trained cadres. These men who fought with their hearts, who had families, who had children, who were filled with love... but they had the strength... the strength... to do that. If I had ten divisions of those men, our troubles here would be over very quickly. You have to have men who are moral... and at the same time who are able to utilize their primordial instincts to kill without feeling... without passion... without judgment... without judgment! Because it's judgment that defeats us. カーツ大佐:私は恐怖を見た、君が見た恐怖を。 君に私を殺人者と呼ぶ権利はない。 私を殺す権利はあるが、私を裁く権利はない。 恐怖を知らぬ者に、言葉だけで何が必要なのか、説いてわからせようとしても、それは不可能だ。 恐怖、恐怖には顔がある。 それを友とせねばならない。 恐怖と、それに怯える心を友とせよ。 さもないと、この二つは恐ろしい敵となる。 真に恐るべき敵だ。 特殊部隊にいた時のことだ。 まるで何世紀も前のことの様に思える。 収容所で予防接種をした。 子供達にだ。 ポリオの予防接種を終えて収容所を出ると、老人が泣きながら後を追ってきた。 戻ってみると、予防接種した腕をベトコンが切り落とした後だった。 山の様に積まれていた。 子供の腕が。 今でも覚えている。 私は大声をあげて泣きじゃくった。 まるで婆さんの様に。 自分の歯をすべてむしり取りたかった。 決して忘れまいと思った、忘れてはなるぬと。 そして悟った。 ダイヤの弾丸で撃ち抜かれたような衝撃だった。 ダイヤの弾丸が額を貫通した。 彼らの資質に驚愕したんだ。 迷いのない強い意志だ。 完璧で純粋、完全で純然たる意志だ。 私は理解した。 彼らは私たちより強い。 化け物ではなく、同じ人間で、訓練された兵士だからだ。 信念を持って戦い、妻も子もいる。 愛情に溢れている。 なのに暴虐的行為を、一切、ためらわらない。 あの強さ。 彼らのような兵士を10個師団、指揮できれば、この戦争はたちまち方がつく。 真の精鋭とは、モラルがある。 それでいて一方では感情がなく、何の興奮もなく、原始的な殺戮本能を発揮できる人間だ。 理性的判断力も行使しない。 その判断力が敗北をもたらす。 <オチバレ終わり> 撮影もだった 映画の内容同様、撮影も大変だったようです。 カととの国交が無かった為、撮影はではなくフィリピンで行われた。 軍人(カーツ大佐)の暗殺という内容の為、カ軍の協力が得られなかった。 戦闘機やヘリコプターはフィリピン軍の協力に拠ったが、内戦や反乱のへの実戦出動で撮影のスケジュールが乱れた。 フィリピンを襲った台風によりセットが全壊した。 フィリピンにはフィルムを現像するラボがなく、コッポラは撮影をすべて終え、カに帰るまで現像されたフィルムを見ることができなかった。 ウィ大尉を演じる予定であったは、撮影開始2週間で降板した。 新たに起用されたも、撮影途中に心臓発作で倒れた。 報道写真家役のは、でセリフが覚えられず、コッポラと衝突した。 は、前金を要求した上、原作の「闇の奥」はおろか、脚本も読まずに撮影に現れ、役名のカーツがカ人らしくないと文句を言った(後にコッポラが、何日もかけて現場で「闇の奥」を朗読して聞かせた)。 ブランドが想定より40キロ以上も肥満していたため、物語の設定変更、撮影の工夫を余儀なくされた。 ブランドのシーンをコッポラ以外が撮影すると文句を言ったり、との撮影を拒否するなど、ブランドは自己中心的な主張が多く、コッポラは心労で体重を45キロも失い、倒れた。 トラブル対策としてストーリーも変更した為、脚本のが不快感を露わにした。 17週間の予定の撮影が16ヶ月間にも延び、撮影したフィルムは230時間余り、編集に3年近くかかった。 映画の完成が遅れるに伴い、制作費も当初予定の1200万ドルが、3100万ドルに膨れ上がった。 莫大な費用と期間を掛けて細部まで拘りぬいて撮影したものの、政治的な理由等で数多くのシーンが劇場公開版から削除された。 1600万ドルはが全米配給権と引きかえに出資したが、残りはコッポラ自身が自宅とナパ・ヴァレーにあるワイン工場を担保に借金で負担した。 度重なる困難に、コッポロはことあるごとに自殺すると宣言した。 コッポラは、撮影期間中に無分別にも制作助手に手を出し、妻との結婚生活に厳しい緊張をもたらした。 コッポラの妻は、後に撮影手記「ノーツ - コッポラの黙示録」を出版、また、彼女が撮影の舞台裏を撮影したビデオや録音テープにスタッフ、キャストへのインタビューを加えた「ハート・オブ・ダークネス コッポラの黙示録」(原題:Hearts of Darkness: A Filmmaker's Apocalypse )が1991年公開されましたが、制作現場がいかに「戦場」のようであったかが窺える記録映画となっています。 こうした破天荒な舞台裏とともに、• 一瞬、戦争を賛美しているのかと勘違いするほどの美しい映像• 自然林を一瞬のうちに焼き払う、から強烈なクレームを受けそうな映像• 生贄の水牛を実際に屠殺する、から強烈なクレームを受けそうな映像 など、この様な映画は2度と作ることができないだろうと思われる作品でもあります。 いずれにせよ、数々の困難に直面しながらも、完璧を追求しつつ大作をまとめ上げたコッポラのパワーは驚異的です。 (ウォルター・E・カーツ大佐) 言わずと知れた大俳優。 前金を要求した上、原作の「闇の奥」はおろか、脚本も読まずに撮影に現れ、想定より40キロ以上も肥満、物語の設定や撮影の工夫を余儀なくされた。 自己中心的な主張が多く、コッポラは心労で倒れた。 最終的に最長18分にも及ぶ即興の独白(採用は2分)を行うなど、大きな変化を見せたが、キャストで最高額のギャラをもらっている彼の出演時間は終盤のわずか15分だった。 (ビル・キルゴア中佐) カーツ大佐登場の前振りとなる、重要な役割。 カーツ大佐役のマーロンブランドの出演時間が少ないため、余計に目立つ存在。 馬鹿げた指揮官を、サラリとリアルに演じたは、第80回で、にノミネートされた。 (ベンジャミン・L・ウィ大尉) とよく似ているチャーリーの実父。 水上での撮影が多かったが、実は泳ぐことできない彼は、死ぬ思いだったという。 彼は撮影が終わるまでこのことをコッポラに明かさなかったが、この時代の役者魂が感じられる。 撮影中に心臓発作に見舞われるという事故もあったが、一部、代役を立てながら、大役をこなした。 〜「」 この映画には出演していないが、チャーリーはマーティンによく似た実の息子。 「」で主役を務め、親子での名作の主演を務めたことになる。 (報道写真家) 役作りの為、風呂に入らないなど、真剣な面も見せたが、、でセリフが覚えられず、コッポラとよく衝突した。 シンシア・ウッド(キャリー) 「プレイボーイ」誌のの戦地慰問は実際にあった話で、1965年に・オブ・ザ・イヤーの・コリンズが訪問、兵士に人気のある彼女は名誉GIとなった。 この映画では・オブ・ザ・イヤー1974のシンシア・ウッドが出演している。 ミス8月役は実際の1976年8月であるリンダ・ビーティで、ミス5月役のコリーン・キャンプは、映画リリース後の1979年10月に「」誌で写真を発表している。 タイトル この映画にはオープニング・クレジットもタイトルもない。 タイトルは、映画の後半、壁に描かれた「我々のモットー:」という落書きとして現れる。 タイトルの版権を主張する為に挿入されたカットと思われる(実際に映画で使用しないと版権を主張できない)。 サウンドトラック ・・・リンク先で試聴できます。 「」のDVD() 関連作品 「」の原作本() ジョセフ・「闇の奥」 「」の撮影手記() 「ノーツ - コッポラの黙示録」(「」撮影全記録) 「」の撮影ドキュメンタリーのDVD() 「」(1991年) ・・・北米版、リージョン1、日本語なし 監督作品のDVD() 「大人になれば… 」(1967年) 「雨のなかの女」(1969年)・・・北米版、リージョン1、日本語なし 「」(1972年) 「」(1973年) 「 Part 2」(1974年) 「 」(1986年) 「タッカー」(1988年)・・・北米版、リージョン1、日本語なし 「」(1997年) を描いた映画のDVD() 「」(1978年) 「」(1979年) 「」(1986年) 「」(1987年) 「ー・」(1987年) 「」(1987年) おすすめ戦争映画のDVD() 関連記事.

次の