生理 後 体重 減る。 体重が増加し続けます!生理後なのになぜなのでしょう!

実は1番肝心!?生理中の過ごし方で痩せやすい体に♪|ウーマンエキサイト(1/7)

生理 後 体重 減る

生理後のダイエットが効果的といわれている理由 排卵期を過ぎて生理が始まる前はプロゲステロンというホルモンの影響で体に水分をためこみやすく、むくみやすく、便秘にもなりやすいです。 そのため体重が減りづらいのです。 ですが、生理が始まってからはプロゲステロンの影響を受けにくいため、むくみや便秘が解消されやすくなります。 なので、生理後ではなく生理中から体重は減りやすい傾向にあります。 ただし、排卵期を過ぎて生理が始まる前のダイエットに意味がないわけではありません。 ただ単に水分の影響で体重が減りにくいだけであって、きちんと食事管理や運動をしていれば、脂肪は減ります。 体重計の数字だけに一喜一憂するのではなく、ダイエットしたいならば生理前もきちんとした食生活を送るべきです。 体重が減りづらいからといって、ダイエットを休んでもいい期間ではありませんよ。 【女性の健康について他の記事もチェック!】 生理後、いつからいつまでが痩せやすいの? 生理中から排卵期までが体重が落ちやすいです。 排卵後、黄体期になるとプロゲステロンの影響で体重が落ちづらくなります。 ただし、脂肪が減らないわけではありません。 生理後のダイエットを成功させる方法 (1)運動編 有酸素運動で脂肪燃焼をし、筋トレをして代謝アップを目指しましょう。 (2)食事編 生理が始まってから生理後排卵期までは、心はハッピーになり、体も軽くなりやすい傾向にあります。 運動をたくさん取り入れて、高タンパク、低脂肪の食事を心がけましょう。 排卵後の生理前に食欲にまけてたくさん食べてしまった人は食事の見直しを。 間食にはサツマイモ、ヨーグルト、ナッツ、プロテイン、あたたかい豆乳などを口にすると腹持ちがよくなります。 生理後のダイエットの注意点 たしかに生理後はむくみや便秘が解消されやすく、体重が落ちやすいのですが、ダイエットをしたいならば、生理とは関係なく、できればコンスタントに運動療法、食事療法を取り入れたほうが良いです。 生理前にダイエットを休んでしまうと生理後も気持ちのメリハリがつきづらくなってしまうため、生理後だからといって過激なダイエットをするのではなく、生理前も生理後もコンスタントに続けられる無理のないダイエットをすることが重要です。 いかがでしたか? 生理後だけ、がむしゃらにダイエットに励んでいたかた、これからは生理に関係なく、コンスタントにダイエットを続けていきましょう!.

次の

気になる生理前の体重増加!いつから増える?いつから減る?

生理 後 体重 減る

・ホルモンバランスの乱れ ・生理が終わったことへの解放感からくる暴飲暴食 ・便秘やむくみ などです。 ホルモンのバランスが乱れる原因 は様々ですが、 そのために、生理が終わってからも、体重が増えてしまうのです。 女性の体は、本当にデリケートに出来ているんですね。 生理中は、気分が何となく重かったり、体がだるかったりしますよね。 私自身、生理が重い方で、生理痛がひどいと、起き上がれなくなったりもします。 ブルーデーとはよく言ったものですよね。 一日の思考がすべて、生理中心になってしまうくらいです。 存在感、大きすぎです。 その生理が終わると、「やっと終わったー!」と、 一気に開放感にあふれ、食欲も出てきます。 その結果、単純に、食べ過ぎ飲みすぎになっちゃうんですね。 それから、 便秘 は、侮れません。 食べたものがそのまま体にたまっているんですから、 体重だって増えてしまいますよね。 この 便秘からくるむくみ もあるし、生理中のむくみが取れずに、 そのまま残っている場合もあります。 体重の減らし方・痩せ方を知って実践してみよう まずは、 食生活を見直し てみましょう。 体の調子を整えるには、まずは食べるものからです。 野菜はちゃんととっていますか? 好きな物を好きなだけ、好きな時間に食べていませんか? 体に脂肪が溜まりやすい油を食べているからかもしれません。 栄養バランスが崩れると、ホルモンバランスも崩れるし、 むくみだって取れません。 それから、 適度な運動 も必要です。 ジムに通ったりしなくても、お金をかけずに、 隙間時間でできる運動はあるんですよ! 電車を使う時に、一駅分を歩いたりもいいですし、 入浴後にストレッチやヨガをすると、リラックス効果も得られます。 生理後は、特に代謝がアップしやすい ので、体重を減らすチャンスなんです。 私は、産後にむくみやすくなってしまい、 特に生理中には足の重さに悩まされました。 何とかしようと、今まで色々なことを試してきました。 毎日、豆乳を飲んだり、プルーンを食べるようにしています。 果物も、積極的にとっています。 どれも、それなりに効果はあったんですが、一番効果があったのは、 やはり スクワット かなと思います。 ここ一年くらい、毎日スクワット( 30回を1セットとし、朝昼夕方に各1セット ) をしているのですが、以前よりむくみにくくなったと、実感しています。 おかげで、生理で増えた体重も、終わると戻りやすくなりました。 続けることが大事なので、自分で無理なく続けられる回数を、 設定するのがポイントです。 スポンサーリンク 生理のメカニズムを知ることは痩せ期を知ること 生理の期間中って、体重を減らすどころか、 いつもと同じ生活をしていても、増えてしまいますよね。 これにはホルモンが関係していて、むくみを生じたり、便秘になったり、 逆に下痢気味になってしまったりと、なかなかつらい時期なんです。 ですから、生理中は、無理に体重を減らそうとせず、 体調を整えることを第一に考えましょう。 ただし、 「生理でつらいから、ちょっとくらい」 「体がだるいから、自分にご褒美」 なんて、考えてしまったりしていませんか? 私はついつい、こういう発想に走りがちなのですが、 これは止めておいた方がいいです。 自分を休ませることと、自分に甘いことは別物ですから! ここで甘くなると、生理後に後悔することになってしまいますよ。 無理をする必要はありませんが、できるだけ、健康的な生活を心がけましょう。 そしていざ、 生理が終わったら、体重を減らすチャンス です! 生理後の一週間は、代謝も上がり、ホルモンバランスも整ってくる ので、 効果がすぐに出やすいのです。 この時には、 体にいいものを食べて、 積極的に体を動かし、筋肉量を増やす ようにしましょう。 体に良い意外な食べ物についてはこちらの記事で書いています。 運動も大事ですね。 筋肉量が増えると、基礎代謝もアップするのです。 ところが、その後の排卵期の一週間に入ると、 体重の減少も停滞気味になってしまいます。 更にその後の生理までの一週間は、もっと減りにくくなります。 残念ながら、女性の体って、生理によるホルモンの増減に、 かなり影響を受けるんですね。 これはもう、仕方のないことなので、 痩せやすい時期に集中して 、 生理で増えた体重を戻すようにしましょう。 まとめ こんにちは、たかふみです! ぼくは小3のときに発達障害と診断され、周りにバカにされながらも何とか生きてきました。 21歳のときに何故か急に足が痛くなって100mも歩けなくなってしまったこともありました。 ある時、医者を疑わずに 20年間飲んでいた病院の薬が覚醒剤みたいなものだった ということを知ったんです。 「マジかよ!」と思って猛勉強しました。 そしたら、分かったんです。 日本には間違った健康常識で溢れかえっていることを! ぼくもついこの前までウソの健康常識にうまく操られてきた1人です。 学校やテレビでは正しい健康知識を学べなかったんです。 自分と同じようにつらい思いをする人が少しでも少なくなればいいなと思って 勉強してきたことや過去の体験を発信していきます。

次の

生理中ダイエット!?~”痩せ日”を把握して効率よく痩せる方法

生理 後 体重 減る

女性の体は、生理周期に合わせて2つの女性ホルモン= エストロゲン(卵胞ホルモン)と プロゲステロン(黄体ホルモン)の増減があります。 そして生理後のダイエットが効果的な理由は、 エストロゲンの分泌量が多いことが大きく関係しています。 それぞれの女性ホルモンの特徴を比較してみましょう。 エストロゲン(卵胞ホルモン)• 妊娠の準備のため、卵巣や子宮などの発達をサポートする• 女性らしい体を作り、コラーゲンを合成することで肌をツヤツヤにする• 食欲を抑える働きがある• 代謝をより効率的にする傾向がある• 血管にコレステロールが溜まるのを予防する プロゲステロン(黄体ホルモン)• 基礎体温を上げることで妊娠しやすい環境をつくる• 妊娠のために栄養を溜めこもうと食欲旺盛になる• 体内に水分を溜め込む傾向があるため体がむくみがちなる• 妊娠に備えて体を安静にするため、気だるい気分にさせる• 不足すると不妊症の原因になることも 2種類の女性ホルモンは、妊娠や出産のためにはどちらも重要なものです。 しかし、 ダイエットという点では、エストロゲンの方が有利ということが、この比較でお分かりいただけたはずです。 エストロゲンの量が多い時期に効率的なダイエットをするのが、女性がダイエットをする上での成功の秘訣の1つなのです。 生理後1週間がダイエットにピッタリの痩せ期! 女性の生理周期は、生理開始日を1日目として28~31日で1サイクルというのが一般的となっています。 さらに、このサイクルを4つの時期に分けることができます。 月経期(1~6日目) 月経期は、妊娠が成立しなかった子宮内膜が剥がれ落ち、生理が始まろうとする期間をさします。 妊娠が成立していると当然生理は来ませんが、妊娠していない場合は、女性ホルモンが減少することで子宮内膜が剥がれ、排泄されます。 卵胞期(7~13日目) 卵胞期は、増殖期とも呼ばれる時期で、生理終了後から排卵が起こるまでの時期をさします。 この時期には卵胞ホルモンの分泌が増加してくることが大きな特徴です。 排卵期(13~16日目) 排卵期では、その名の通り、排卵が起こる時期となり最も妊娠しやすいと言われる時期です。 排卵期では、卵胞ホルモンがピークになり、黄体ホルモンも増加してきます。 黄体期(17~28日目) 黄体期は、分泌期とも呼ばれる時期で、排卵が起こったあとに、卵胞が黄体に変化する時期をさします。 黄体ホルモンが増加することにより、子宮内膜が着床を成功させやすい環境をつくります。 さて、この4つの中で 卵胞期では、エストロゲンの分泌量が増えます。 つまり、 生理後1週間の期間がもっとも痩せやすい時期ということができます。 一方、排卵期になってもエストロゲンの分泌量に大きな変化は見られません。 しかし、プロゲステロンの分泌量が増え始めるため、徐々に痩せにくくなってしまいます。 そして生理前である黄体期に入ると、エストロゲンは減少し始めるので、痩せるどころか、体重増加やむくみが気になるようになってしまいます。 これらのことから、生理後のダイエットは1~2週間をめどに行うと良いでしょう。 生理が終わり、いざダイエット!せっかく痩せやすい期間なのですから、少しでも効率的にダイエットしたいものです。 まずはダイエットの要でもある食事面からポイントを抑えていきましょう。 主食や甘いものは控えめに エストロゲンの影響で食欲が抑制されている生理後は、主食や甘いものを控えるようにしましょう。 糖質は、食後の血糖値を急激に上昇させ「インシュリン」というホルモンが分泌します。 これは、 糖をエネルギーに変えた後、余った分を脂肪として溜め込んでしまいます。 そのため太りやすい体になってしまうのです。 しかし、ごはんもパンもイモ類もお菓子もすべてを食べずに過ごすことは難しいでしょう。 そこで糖質を食べる際には、先に血糖値の上昇を抑える働きのある食物繊維を摂るようにしましょう。 鉄分を含む食べ物を摂ろう 生理後は経血の排出や、子宮へ血液が集中していることが原因で、貧血を起こしやすくなっています。 そこで生理後は、血液の大部分を占める「ヘモグロビン」の材料で「鉄分」を積極的に摂るようにしましょう。 効率的に吸収するには、ヘム鉄という鉄分を含む食べ物を選ぶのがオススメで、豚や鷄、牛のレバーや牛豚肉の薄切り、かつおやまぐろなどに含まれています。 ビタミンCと一緒に摂ることで、より吸収率が高まります。 鉄分はほうれん草、小松菜などにも多く含まれているので、グリーンスムージーを摂取するのもおすすめ!中でも イージースムージーグリーンはダイエットサポート成分が豊富に含まれている機能性表示食品なので、生理後のダイエットにピッタリです。 タンパク質を積極的に摂ろう 鉄分と一緒に血液中のヘモグロビンを作り上げているのが、「タンパク質」です。 血流をより良い状態に戻し、代謝を高めるためには、タンパク質も一緒に摂るようにしましょう。 タンパク質が生理後のダイエットに必要な理由は、タンパク質には エストロゲンの分泌を促す作用があることです。 また、タンパク質は 筋肉の材料にもなります。 筋肉はエネルギー消費を行う場所です。 つまり筋肉が正常に稼働すれば、それだけ効率的に代謝が行われることになります。 サプリで脂肪燃焼を更にサポート ダイエット成功には脂肪燃焼をどのように効果的に行うかも一つの大きな鍵となります。 そこで、おすすめなのが脂肪燃焼効果のある機能性表示食品の シボヘール。 普段の脂肪燃焼効果もサポートしてくれるため、ダイエットの強い味方になってくれますよ。 生理後のダイエットは、食事だけでなく運動も大切です。 エストロゲンの作用で代謝が高まっている今、より効率的に痩せるためのポイントをチェックしましょう。 まずはストレッチで筋肉をほぐそう 運動を始める前には準備運動として、軽めのストレッチを行いましょう。 ストレッチで筋肉をほぐし、体温を上げると、 血流が良くなり、代謝をより高めることに繋がります。 また筋を伸ばすといったケアを行うことで、運動中のケガ予防にも効果的です。 おすすめはラジオ体操です。 だれでも手軽にできるので、まずはラジオ体操から体を慣れさせるのも良いでしょう。 生理後ダイエットにおすすめの有酸素運動は? 生理後のダイエット期間中だけ集中的に運動したいという場合は、ウォーキングや踏み台昇降といった有酸素運動を選ぶのがオススメです。 ジョギングの方が消費カロリーは高いですが、普段それほど運動をしない人が急に始めてしまうと、ひざや腰を痛めてしまう可能性があります。 運動習慣がなかった人でも手軽に始められて、ライフスタイルを問わず行える有酸素運動といえば、 ウォーキングがベストでしょう。 また、 踏み台昇降もおすすめです。 専用の台を買わなくても、段ボールに雑誌などを詰め込んだ手作りの台で代用することができるので手軽に始めることができますね。 脂肪燃焼効果を上げるなら有酸素運動の前に無酸素運動をしよう! より効果的にダイエットを行うなら、 有酸素運動の前に無酸素運動を行うのがオススメです。 無酸素運動とは、短時間で体に強い負荷をかける運動です。 瞬発力が求められるので、代謝を行う場所となる筋肉を鍛える効果があります。 有酸素運動で効率的に脂肪を燃焼するために、無酸素運動でその土台を作っておこうというわけです。 身近な無酸素運動といえば、筋トレがあります。 ヒップや太もも裏といった下半身を鍛えるのに効果を発揮します。 お腹を鍛える筋トレと一緒に行うと、より効果的です。 こちらの筋トレも、ストレッチ用のマットがあると良いでしょう。 ダイエットスパッツの併用で脂肪燃焼効果UP ダイエットに効果的な運動などを紹介してきましたが、さらに脂肪燃焼効果をアップさせたい!という人におすすめしたいのが レスタリアージュウルトラスリム。 履くだけでダイエット効果のあるスパッツなので、履いて運動すれば、脂肪燃焼効果がぐんと上がります。 生理中には、なかなか痩せにくいと感じる人も少なくないと思いますが、これは体の基礎体温に関係しています。 生理中には 基礎体温がいつもより低くなってしまうので、体内の代謝が下がってしまいます。 その結果、脂肪燃焼などが上手にできず、いつもより痩せにくい体質になってしまうのです。 また、生理中には自律神経が乱れることで、イライラいてしまう人も多いのではないでしょうか。 自律神経の乱れは正常なホルモンバランスを崩す原因にもなるため、どうしても痩せにくいと感じてしまうのです。 生理後1週間がすぎたらどうすればいい? 生理後1週間が最も痩せやすい時期とお話しましたが、1週間を過ぎてしまった場合には、次回の生理後のタイミングに向けてダイエットの体調をしっかり整えましょう。 運動などは、過剰にしすぎないように適度に抑えましょう。 生理後1週間が過ぎた時期では、排卵期に突入するため、過剰な体への負担は体調を崩す原因にもなるのです。 生理前にできる事はある? 生理前の1週間は、もっとも代謝が低下し、ダイエットには不向きな時期になります。 そのため、体の中には老廃物が溜まりやすくなるのです。 そのため、生理前の時期は、この老廃物や毒素をデトックスでしっかり排出し、生理後のダイエットがスムーズに行える準備を行うと良いでしょう。 しかし、ストレスを溜めすぎると、体調を崩しやすい時期でもあるため、自分の体と相談しながら無理をしすぎないデトックスを行いましょうね。 ぜひ自分の生理のタイミングに合わせた上手なダイエットで、いち早く理想的なボディを手に入れるようにしましょう!.

次の