ツイン ソウル 特徴。 【最新版】ツインソウルの特徴!男性側の気持ちや瞳に映る真実とは?

ツインソウル男性には特徴がある!先に気づく女性が男性にツインソウルだと気づかせる方法

ツイン ソウル 特徴

【スポンサードリンク】 ツインソウルとは何か ツインソウルとは、魂の双子とも言われています。 ツインソウル、ツインフレイム、ツインレイと、段階や特長によって呼び名を変える人もいますが、ここでは「ツインソウル」に統一します。 ツインソウルとは、魂の片割れのような存在のことです。 異性である場合が多いですが、まれに同性であることもあります。 また、珍しいケースですが、トリプルソウルといって、二人いる場合もあるようです。 ツインソウルの特徴 ツインソウルにはいくつかの特徴があります。 誕生日などが似ている ツインソウルと出会うと、たくさんのシンクロニシティを体験します。 誕生日が似ているツインソウルもいます。 他にも住んでいる家がそっくりだったり、職業が同じだったり、好きな音楽が同じだったりします。 しかし、同じなのに正反対なところがあるというのもツインソウルの特徴です。 似たような家に住んでいながら、片方は豪邸で片方はぼろ屋敷、音楽好きなところは一緒なのに片方はパンクが大好きで片方はクラシック好き、などです。 手の形や爪の形が同じだったり、体型が似ている場合もあります。 ツインソウルはたいていは男と女で出会う たいていのツインソウルは男と女として出会います。 まれに、男女の組み合わせでなく、同性の場合もあります。 男女の出会いが多いのは、ツインソウルの出会いが陰陽の統合が目的であるからと主張する人もいます。 男性は霊性が高いことが多い ツインソウルと出会う男性はとても霊性が高いといわれています。 そのため、幼い頃から大人びており、生きにくさを感じる場合も多いようです。 ツインソウルと出会うとおきること ツインソウルと出会ったひとがみんな体験する事があります。 実際の個々の体験には、違いがあるのですが、大きな流れとして、多くのツインソウルたちが体験する出来事というものがあります。 不思議な出会いを体験されて戸惑いの気持ちを抱えてこのページにたどりついた方もいるでしょう。 何かの参考になればと思います。 ツインソウルの再会 再会とは、再度出会うということですが、ここでの「再会」とは、この世に生まれてきてからの再会という意味です。 ツインソウルは、もともとは一つの魂であったといわれていますが(厳密にはそうともいえないのですが、わかりやすいようにそう説明します)この二つに分かれた魂が、何度もの輪廻を繰り返した末に、今回の人生でやっとめぐり合えた・・・そういう意味での「再会」です。 ですから、今回の人生ではもちろん「初めての出会い」です。 まれに、幼い頃に出会っていたり、昔の恋人であるという場合もあるようです。 出会いの場は、職場や学校など、公共の場であったり、他の人もいる安心できる環境です。 これは、相手に対して信頼感を得られるように、そう設定されているといわれています。 出会ってすぐに、男性側が女性にアプローチをする事が多いようです。 女性がそれを受け入れると、しばらくの間は、二人は夢のような時間を過ごします。 お互いに、自分のことを愛するように、ピュアな気持ちで相手のことを思いやり、愛せる、特別な存在だと気付くからです。 お互いに人生経験を積んだ40歳以降に出会うことが多いとされています。 ツインソウルの別れ・試練 しかし、甘い時間はそれほど長く続きません。 こんなに好きなのに、なぜか上手く行きません。 今まで生きてきた環境が正反対だったり、価値感が全く違ったりして喧嘩になることもあります。 また、以前自分を傷つけた人と相手がかぶってしまい、トラウマに襲われることもあります。 ツインソウルは、一つの魂が男女(陰陽)に別れた2つの魂です。 ツインソウルが出会う目的は、陰陽の統合でもあります。 ツインソウルはもとは同じ性質の魂なのですが、闇と光、陰と陽、男性性と女性性をそれぞれが体験するよう、正反対の立場・役割を設定して生まれてきたのです。 このときの試練はとてつもない苦痛を伴い、耐えられない場合は、いったんお別れすることになります。 しかし二人のうちのどちらかが年配であったり、人生経験が豊富である場合は、別れることなくこの期間を乗り越えることができる場合もあります。 【スポンサードリンク】 サイレント期間 ほとんどのツインソウルは、男性が女性のもとを去ります。 突然いなくなった男性に対して、戸惑いをかくせない女性は、相手を追いかけようとしますが、追いかければ追いかけるほど、相手は逃げていきます。 この期間は、サイレント期間と呼ばれています。 逃げた男性をランナー、追いかける女性をチェイサーと呼びますが、男性は自分に自信が無く「今の自分ではこの女性を幸せに出来ない」「自分に愛される資格は無い」と感じるため、逃げてしまうといわれています。 一般的にこの期間に女性は、相手を追いかけることをあきらめ、自分を見つめる事に専念します。 自分を見つめることで、気付きを得て、一つずつステップを登るたび、相手との距離は近づいていきます。 「手放し」を学ぶ時期でもあります。 手放す事で次のステージにいけることを感じるからです。 この期間に、霊的に覚醒する女性もいます。 ツインソウルの覚醒 覚醒した女性は、自分たちの出会いの意味に気付きます。 この出会いが単なる恋愛ではなく、自分の中の陰陽の統合が目的であること、そして、世界は鏡であることに、覚醒した女性は気付きます。 ツインソウルの男性と女性は、魂のレベルで繋がっていますから、女性が覚醒すれば男性も覚醒します。 しかし、男性はスピリチュアルに興味が無い場合も多いため、覚醒という概念を知らないかもしれません。 まれに、男女の役割が逆の場合もあるようです。 ツインソウルの統合 最終的には、統合が起こります。 統合とは、相手と結婚するとか一緒に暮らすという意味ではありません。 もちろん、統合の末に一緒に暮らす男女もいます。 しかしここで言う「統合」とは、自分の中の陰陽、男性性・女性性の統合を指します。 再開から今までの間に、ツインソウルとの間で起きた様々な出来事を通じ、そして今までの人生をすべて振り返って、この世界で自分が体験する事のすべては、自分の中の陰陽が統合していなかったから起きた出来事であると悟るのです。 すべては自分の中にある・・・そう気付いたツインソウルは、パートナーがいてもいなくても、一人でも生きていけるようになります。 本当の意味で自立した人間になることが「統合」の意味だと筆者は思っています。 本当の意味で自立した男女のカップルが二人一組で、協力して一つのことに取り組めばとても大きな仕事を成し遂げることができます。 それは、一般的な意味の仕事の場合もありますし、人を助ける仕事や、家庭を営むこともそれに含まれます。 ツインソウルとの出会いは宇宙の法則をしるため ツインソウルと出会う目的は、陰陽の「統合」です。 ツインソウルと出会うことで、出会った本人は大きな気付きを得ることが出来ます。 ツインソウルは、気付きを通じて、宇宙の法則を理解していきます。 ツインソウルと結ばれないこともある? ツインソウルと出会ったばかりのころは、その出会いを恋愛だと感じますが、統合にいたったツインソウルは、この出会いが恋愛のためではないことに気付きます。 大きな気付きを得るための出会いだと理解するからです。 そのため、統合にまでいたったツインソウルは、男女として結ばれないこともあるでしょう。 その必要が感じられなくなることもあるからです。 統合の後、普通の男女として恋愛をやりなおし、結婚する場合もありますが、現実世界ではお別れして別々の道を進んだり、仕事のパートナーになるツインソウルもいます。 ツインソウルが陰陽のバランスをとることで、地球は平和に向かうともいわれています。 一人の人間の調和が乱れると、その影響は地球全体に及びます。 現在、ツインソウルの出会いが加速しているといわれていますが、それは地球全体が変化する流れの中にいるのかもしれません。 あなたはツインソウルに出会いましたか?もしも、気になる人に出会ったなら、その人ツインソウルかもしれません。 そういう人に出会ったら、この先、大きな試練が待ち構えているかもしれません。 答えはいつも自分の中にあります。 相手ではなく、自分の中です。

次の

覚醒をしたツイン男性の特徴

ツイン ソウル 特徴

ツインソウルの目を見るだけで浄化する 目は心の鏡なので、例えば赤ちゃんの目を見ると、とても純粋なのがわかりますよね。 でも、目から出るエネルギーは人によって違うので、同じエネルギーでなければどんなに純粋な心を持った人の目でも心が浄化されることはありません。 また、美男美女を見て「目の保養になる」とは言いますが、浄化はされません。 ツインソウルの目から出るエネルギーは、例えるなら 美しい山に流れる透明度100%のキラキラ輝く川の水、といった感じです。 水って、飲み物の中で一番飲みやすいじゃないですか。 それと同じで、ツインソウルの目から出るエネルギーは自分と同じエネルギーなので、何の抵抗もなく体の中に入ってきます。 でも、完全に自分と同じエネルギーというわけでもありません。 自分の目を鏡で見ても、「無」を感じますが、ツインソウルの場合、性格や、育ってきた環境とか経験してきたことが真逆ということもあって、0. 1%くらいは違うエネルギーを感じます。 でも、その 0. 1%の部分に、「キラキラ」を感じるのです。 なぜなら、その0. 1%は、自分に欠けている、一番欲しいエネルギーだから。 ツインソウルの写真を大切にしている理由 ツインソウルの彼と私を含め、数人で撮った写真を10枚ほど持っています。 今はサイレント期間で彼に会えないので、その写真をとても大事にして、たまに見ています。 なぜ写真を見るかというと、大好きな彼の姿を見て楽しみたいからではありません。 そうではなく、 「心の浄化」のために彼の目や姿を見たいのです。 人の顔や特に目を見ると、その人のエネルギーを感じ取ってしまうのであまり見たくないのですが、見なければいけない場面もたくさんあります。 その人が綺麗なエネルギーを持っている人ならいいのですが、たまに酸化したドロドロのどす黒いエネルギーを持っている人もいて、そういう人のエネルギーにふれてしまうと、体に不調が出てしまいます。 なので、そういうときに彼の写真を見て、心を浄化させているのです。 魂を浄化できるのはツインソウルだけ さきほどから、「心の浄化」と言っていましたが、正確にいうと「 魂の浄化」と言ったほうが正しいです。 人間が心を浄化させる方法はツインソウル以外にも様々な方法があります。 自然豊かなところでのんびりしてみるとか、パワースポットに行ってみるとか、美しい音楽を聴いてみるとか。 しかし、それらの方法では、心は浄化できても、それよりもっと深い部分にある魂までは浄化できません。 そういえば、ツインソウルと出会う前までは、自然がない環境だと浄化できないので、都会暮らしは辛かったのですが、ツインソウルと出会った後から自然がなくても生きていけるようになりました。 これはツインソウルの浄化効果のおかげかもしれません。 世界11ヵ国語に訳され、宇宙の愛、魂の愛を世界中に広めたロング&ベストセラー「アミ」待望の2作目。 双子の魂、運命の人、宇宙の法則、エゴ、執着など難しいテーマを、壮大で神秘的な物語を通して教えてくれる、愛と感動に溢れた「人生と愛の教科書」。 私も他の本を全部捨てたほど、ずっと探し求めていた答えがこの一冊の中にありました。 カバーは女性や子供向けのファンタジーを想像させますが、これほど奥深く、大人が読むべき作品は他にありません。 一方で子どもがいたら一番読ませたいとも思います。 たくさんの人に読んでほしい、そして「気づき」から人生を豊かにしてほしいと心から思います。 この本と出逢えた人は幸福であると確信しています。 やはりこの狭い説明欄では奥深さと素晴らしさが伝えられないので、Amazonや楽天でたくさんのレビュアーさんが書かれた感想をぜひ読んでほしいです!.

次の

ツインソウルの男性の特徴と見分け方!覚醒による変化や気持ち・孤独とは

ツイン ソウル 特徴

SponsordLink ツインソウルとは、この世で人として生まれ出る以前、一つだった魂が地上でより多くのことを効率よく経験するために、二手に分かれて生まれてきたもの同士のことを言います。 ツインソウルという名称の他に、同じことを指す単語として、ツインレイやツインスターという言い方をする場合もありますが、今回の記事では「ツインソウル」で統一して記述したいと思います。 この記事を読んでくださっているあなたが女性だとして、今、これまでに経験したことがないような、異性への心惹かれる感情を持ち、それがどのようなことなのか人知れず悩み、このサイトにたどり着いたとしたならば、あなたと彼は双子の魂の片割れ同士である確率が非常に高いと思います。 これまでは、「自分ひとりだけ」と思ってきたのに、鏡の中に映るもう一つの魂を見つけて、それが鏡の中の存在で終わるのではなく、実は本当に地球上に一人の人物として存在していたとしたら・・・。 つまり、ツインソウルの特徴は、 もう一つの自己のような存在、と表現すればいいでしょう。 思いのほか、2人の年齢が離れている場合が多いことも特徴です。 場合によっては、女性のほうが年上であるケースもあります。 ごくまれに、ツインソウルでも同性同士だったり、三つ子 トリプルならトリプルスター ということもあるそうですよ。 お互いに出会う時期が、30歳~40歳を過ぎた辺りからが多くく、ある程度、波乱万丈な人生経験をそれぞれで経てからの出会いだったりもします。 そうなりますと、片方ないし両方に既にパートナーがいる場合が多く、心の葛藤や自意識など、出会ってからさらにお互いが成長できるようになるものです。 初対面なのに、相手にとても強い既視感 デジャヴ を感じた• 相手のことほとんど知らないのに、なぜか不思議と親近感を覚えている• 出会ってすぐに、お互いが目には見えない感覚的なところで通じ合う気がする 周波数がピッタリ合った感じ• そして・・・• 圧倒的な無条件の愛が、自らの中に芽生えるのを自覚することになる。 ツインソウル同士でシンクロが度々起こる• 約束していないのに偶然よく会う、久しぶりに連絡を取る日、電話のタイミングが同じ etc. 直接会えていない時でも、まるでツインテレパシーのような交流が起こる自分の感覚ではないはずなのに、突然強い気持ち 悲しい、苦しい、など相手の気持ちを受信しているような感覚 が沸き起こったり、相手の身体の不調がわかってしまったりする などなど・・・いかがでしょうか。 上記10個すべて当てはまっているから、ツインソウルだ、とか当てはまっていないからツインソウルではないのかもしれない、というジャッジメントではなくて、ツインソウルと出会うとだいたいこのような感覚を感じる方が多いですよ、という概論です。 今度は、ツインソウルの段階についても世間で言われている流れをまとめてみましたので、参考にしてみてください。 第二ステージ 葛藤や宇宙テストによって、2人それぞれに様々な感情が渦巻くステージです。 第四ステージ 第三ステージ後、宇宙のめぐり合わせで2人は一時的な分離期間 サイレント期間 に突入するステージです。 会えなかったり連絡の取れない時期ですが、ここで焦ってはいけません。 SponsordLink 自分磨きをして、自力で自分の心を満たす訓練をしましょう。 男性側をランナー 去る側 、女性側をチェイサー 追う側 などとも呼ぶこともありますが、この言葉に囚われすぎないように気をつけてくださいね。 第五ステージ 第四ステージでは、具体的には急な転勤ややむを得ない転職、それに留学などで物理的に遠方へ距離が離れてしまうことも多く、会えない期間がどうしても出てきてしまう方が少なくないと思います。 しかし、会えない時こそ、自分自身でどうやって楽しく生きるのかを自力で見つめる時間を持つことができるので、自分の内側で愛や嫉妬、苦悩などを昇華させて、出会った意味を学んでゆく期間に入ります。 第五ステージはそのようなツインソウルステージとなります。 いわゆる手放しの時期とも言われています。 期間は数ヶ月から数年続く場合もありますが、個人差の多いところなので、諦めたり誰かに言われた話を不意に信じるのではなく、自分自身を大切にして心の軸をブレないようにして、人生を自分で決めれば、次の結果は早く出るようになります。 第六ステージ 分離期間に、個々に経験する葛藤や愛の気持ちをお互いに一段階、乗り越えられた時、これまでの内観や行動が功を奏して、人生に対して新たな気づきを得ることができるステージです。 ライトワーカー的な覚醒があるかもしれません。 第七ステージ 時が満ちると、2人は再会することになります。 ツインソウルの統合と、このステージのことを表現することもありますが、具体的には、2人で一緒に何かのミッションを通して、社会的な貢献を果たす流れになって行きます。 お互いを認め合いながら、そこで生まれた愛を社会全体に広めることが、ツインソウルの統合と言えるのかもしれません。 ふと彼を見たときよく目が合う• じっと見つめられていた気がする というような感覚を、あなたも持っているかもしれませんよね。 では、ツインソウル男性側の気持ちはどうなのでしょうか? ツインソウル男性はよく深いまなざしの奥で、あなたの中に、自身の魂をみつけ直接凝視するように見つめていることがあります。 お互いがまだ自覚していないときから、無意識に自然と惹かれ、男性側はあなたを見てしまうのです。 ツインソウル男性側の気持ち、知りたいものですね。 そして、瞳の色が同じであるケースも少なくありません。 バチっと視線が合うというよりも、後ろ頭のあたりを見抜かれているような感覚になるかもしれませんね。 つまり、深い瞳の奥で見ているので、目が合った、とはちょっと違った感じを受けるかもしれません。 ツインソウルの見た目でわかる特徴ってあるの?確認方法は? ツインソウルかどうか確認する方法がいくつかありますので、最後にご紹介したいと思います。 ツインソウルかどうかを簡単に見た目などから確認する方法• お互いの誕生日が近い、はっきり半年違い、数字が法則的な組み合わせ、相性占いがバッチリな組み合わせなど特徴的な関係性を持っている• 同じところに または鏡のように ほくろがある。 形も似ていることもあり• 相手の手に触れても、自分に触れているような不思議な感触になる もちろん、これらもすべての方に当てはまるわけではありませんが、自力で彼とあなたがツインソウルである可能性を確認できる手段のひとつかもしれません。 まとめ 今回は、ツインソウルの特徴としまして、• 出会った時に感じる気持ちはこれまでに経験したことのない、ハートチャクラの感情になること• 段階を経て成長していくことで、2人の関係は一緒の人生を歩む流れに変化すること• 瞳の色までそっくり• 見た目の特徴にもシンクロがある など、書き綴ってみましたがいかかでしたか? 数年間に渡って悩み苦しみ、そして光を見つけるためにスマホや本で、毎晩調べて・・・そして同じように経験されている方たちが世界中にたくさんいらっしゃることを知りました。 私自身 =この記事のライター の経験も含めながら書いてみました。

次の