ひかり のか べ。 映画『ひかりの歌』オフィシャルサイト

IP電話(ひかり電話サービス)

ひかり のか べ

略歴 でスカウトされ 、14歳でジュニアアイドルとしてデビュー。 ジュニアアイドル卒業を機に、アウトラン4871からに事務所を移籍。 2016年5月にオーディションを勝ち取り、舞台『』の役に決まったが 、一部ファンからジュニアアイドル時代の活動に関するクレームがあり、自ら降板を申し出た。 その後、グラビアアイドルとして『』()、『』()などに登場し、同時に舞台女優としても活動。 並行して2017年3月2日から2018年2月11日まではアイドルグループ「」(ドーリーキス)に所属した。 2018年5月1日、主催「」ベスト16に選出されたが 、受賞はならず。 7月には『』(講談社)でグラビア活動を再開。 同年6月24日、ダンスボーカルユニット「GRoovy」(グルービー)を結成し、音楽活動も再開した。 2018年11月29日発売『増刊 ヤングジャンプGOLD vol. 4』()では、同じ事務所に所属する6名(、、、、黒木ひかり、月野もも)が巻頭グラビアを飾った。 2019年1月10日、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)創刊40周年を記念した「SS ELEVEN」に選抜される。 2019年1月上演の『ヴァンパイアバンド・ファイナル! 』で舞台初主演。 2020年6月スタートの『』(テレビ東京)に、オオタ ユカ隊員役でレギュラー出演。 同年9月の卒業を目指していたが持ち越しになり 、2020年3月には、2度目の留年となったことを明らかにしている。 苦手な科目は国語 、数学。 人物 父親が日本人、母親がの。 生まれ、日本育ち。 趣味はカメラ。 特技はダンス。 小学2年から5年間、ヒップホップジャズを習い、歌手や女優に興味を持つ。 憧れの有名人はであり、芸名の黒木姓も黒木メイサにちなんで自ら付けたという。 出演 テレビ• (2017年3月5日、) - 再現ドラマ「」 役• 2019年5月7日(6日深夜)• 2019年6月4日(3日深夜)• 2019年6月11日(10日深夜) テレビドラマ• (2019年4月11日 - 6月28日、) - 川島杏奈 役• (2019年7月6日 - 8月31日、 ) - 葵 役• 第5話(2019年11月13日、テレビ東京) - 墨谷 役• (2020年6月20日 - 、テレビ東京) - オオタ ユカ 役 ウェブドラマ• (2019年4月28日 - 6月16日、 ) - 葵 役• 第2話(2020年2月28日配信開始、) - 槍田想奈 役 映画• 國士参上!! 昭和最強高校伝(2016年8月6日 - 11日、) - ひばり 役• キドラアローン(2019年初夏公開予定) - ジュリ 役• アルプススタンドのはしの方(2020年7月24日公開予定 ) - 久住智香 役 MV• Apology of tears「GLITTER GLITTER」(2018年1月16日) インターネットテレビ• こちらみんカメ編集部(2016年5月14日 - 2017年7月1日、) - 編集部員• (2018年7月29日 - 10月14日、AbemaTV)• (2020年6月27日 - 、ABEMA) 舞台• 「DANCE DANCE DANCE! 踊りが丘学園〜これが私の舞活動〜 」(2017年2月9日 - 19日、池袋・シアターKASSAI) - 秋子 役• Am-bition「ぼくンち〜ソースの覚醒 」(2017年6月21日 - 25日、新宿・サンモールスタジオ)• Am-bition「ダレンジャーズ 」(2018年4月25日 - 30日、築地・)• 」(2019年1月5日 - 13日、下北沢・シアター711) - 主演 ユキ 役 広告• webカタログモデル• ブランドモデル• Parasola(パラソーラ)2020 イメージモデル ファッションショー• TGC しずおか 2019 by (2019年1月12日、) 作品 イメージビデオ 夏風ひかり名義• きらきらひかり(2015年4月25日、EIC-BOOK)• 渋谷区立原宿ファッション女学院 番外編 ソロイメージ(2015年7月16日、オルスタックソフト販売)• クラスのセンター!!! (2015年10月16日、イメージクリエーター)• クラスのダブルセンター!!! ひかりのガールフレンド(2016年1月8日、イメージクリエーター) 黒木ひかり名義• Sweet Story(2017年1月28日、)• VenusFilm Vol. 4 黒木ひかり(2019年5月24日、イーネット・フロンティア) 写真集• 株式会社ゼロイチファミリア -01familia-. 2019年7月3日閲覧。 東スポWeb 東京スポーツ新聞社. 2019年10月6日. 2020年3月5日閲覧。 SANSPO. COM. 産経デジタル 2017年6月4日. 2018年7月15日閲覧。 週プレNEWS. 2017年7月7日. 2018年7月15日閲覧。 ナタリー. ナターシャ 2016年5月18日. 2018年7月15日閲覧。 アサ芸プラス. 2016年6月20日. 2018年7月15日閲覧。 東スポWeb 東京スポーツ新聞社. 2018年7月4日. 2018年7月14日閲覧。 ツイート. より 2020年4月20日閲覧。 モデルプレス. ネットネイティブ 2018年5月1日. 2018年7月15日閲覧。 マイナビニュース. 2018年7月18日. 2018年7月26日閲覧。 しらべぇ 2018年7月3日. 2018年7月15日閲覧。 NewsWalker. 2018年6月25日. 2018年7月15日閲覧。 モデルプレス. ネットネイティブ 2018年11月30日. 2018年12月1日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2019年1月10日. 2019年3月31日閲覧。 konoeno ページ!. 2019年6月4日時点のよりアーカイブ。 2019年6月4日閲覧。 円谷ステーション — ウルトラマン、円谷プロ公式サイト 2020年5月12日. 2020年5月12日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2020年5月12日. 2020年5月12日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年3月31日. の2019年3月31日時点におけるアーカイブ。 2020年6月27日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2020年3月5日. 2020年3月5日閲覧。 ザテレビジョン KADOKAWA. 2019年3月31日. 2020年6月27日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年5月16日. 2020年6月27日閲覧。 WALLOP.. 2016年9月21日. 2018年11月11日閲覧。 日刊SPA!. 2018年12月11日. 2018年12月16日閲覧。 しくじり先生 俺みたいになるな!!. テレビ朝日. 2019年5月17日閲覧。 しくじり先生 俺みたいになるな!!. テレビ朝日. 2019年6月26日閲覧。 しくじり先生 俺みたいになるな!!. テレビ朝日. 2019年6月26日閲覧。 まんたんウェブ 株式会社MANTAN. 2019年3月27日. 2019年3月31日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2019年6月24日. 2019年6月30日閲覧。 テレビ東京. 2019年11月19日時点のよりアーカイブ。 2020年6月26日閲覧。 Deview-デビュー oricon ME. 2019年4月28日. 2019年5月17日閲覧。 ツイート. より 2020年5月12日閲覧。 NewsWalker. KADOKAWA 2018年12月16日. 2019年1月12日閲覧。 ステージナタリー ナターシャ. 2020年3月10日. 2020年6月16日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2020年5月25日. 2020年6月16日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2019年10月3日. 2020年6月16日閲覧。 エンタメプレックス 2016年6月20日. 2018年7月15日閲覧。 モデルプレス. ネットネイティブ 2018年6月20日. 2018年7月15日閲覧。 プレスリリース , 株式会社サイバー・コミュニケーションズ, 2020年6月16日 , の2020年6月26日時点におけるアーカイブ。 , 2020年6月26日閲覧。 GirlsNews 2017年2月13日• Astage 2017年4月30日• ナタリー. ナターシャ 2018年4月9日. 2018年7月15日閲覧。 ステージナタリー 2019年1月4日• ORICON NEWS 2020年1月22日. 2020年1月23日閲覧。 Pop'n'Roll ジャパンミュージックネットワーク. 2020年2月10日. 2020年3月5日閲覧。 プレスリリース , 株式会社W TOKYO, 2018年11月29日 , 2019年5月17日閲覧。 外部リンク• - CHEERZ この項目は、(・・・・などを含む)に関連した です。

次の

黒木ひかり

ひかり のか べ

この世界に登場する人たちは、映画が始まる前から、映画が終わった後でも、いや、もしかしたら映画など存在しなかったとしても、きっとどこかに生きている。 学校の美術室、閉店してゆくガソリンスタンド、小さな町の写真スタジオ、それらは単なる映画の舞台ではなく、本当に彼らが生きている世界なのだ。 「しーちゃん」とぶっきらぼうに呼ぶ声。 埋めがたい距離をごまかす「ハハハ」という小さな笑い声。 場違いな告白。 物語にならない誰かへの想いだけが呼吸するように重ねられる時間の果てに、突然、一編の詩が立ち上がる瞬間が訪れ、イメージが結晶化する。 私は息を飲む。 ああ、これは映画だったのだ。 そして「ひかりの歌」は私たちのすべての生をそっと包み込んで歌う。 この世界を信じて良いのだ、と。 なんと贅沢な映画だった。 紳士で口数も少なく穏やかで控えめな見かけの杉田くんは、実は超欲張りなわがまま野郎だと確信した。 歩く人と自転車に乗る人、走る人と座る人、フェリーと車と列車で旅する人、語り得ない旅から帰ってきた人。 70年代から80年代にかけてのヴェンダース映画の10数年を1本に収めた上でさらにこれから先を示す現代映画にしようという野心。 ここではないどこかではなく今ここにある何処かを誰もが旅することができるのだと、我々を束の間で永遠の瞑想へと誘い続ける映画だった。 これを見たら誰もが今自分がどこにいるのかまったくわからなくなり、しかしいるべき場所に確実にいるのだと根拠のない確信を持つに違いない。 杉田協士監督の『ひかりの歌』を見てしまった衝撃というべきものから、まだ抜け出せないでいる。 この映画(映画だとすればだが)に登場する人物たちの今後やその前史を思いめぐらさずにはいられないからである。 それは惜しげも無く断ち切られた登場人物の魅力的な存在感に打たれたからではあるが、その視点からの距離のせいでもある。 つまり、キャメラは登場人物たちを解釈することを禁じている。 近写の場合でも同じであろう。 観客は登場人物が何を考えているかだいたい想像ができる。 しかし、どうしてこのような行動をとるのかはまったく分からない。 これが、『ひかりの歌』の特異な魅惑だ。 その意表を突く様が、各エピソードを通じて反復され、またその行動は大胆さを増す。 この感情と行動の断絶とは、『ひかりの歌』の作られ方自体が、途轍もない自由さに基づいていたからかもしれない。 これほど、作られたという印象から遠いフィルムもないのである。 映画を作ることが、スクリーンを通して「あなた」を見つめることが、カメラの前に立つ人々によって許されている。 開巻数分でそんな風に感じてしまった僕は、動揺して泣きそうになってしまった。 「わたしはここでいつものように息をする。 あなたはそこでわたしを見ていてもいいよ」たとえば……『コクーン』の宇宙人たちのように、彼らは僕たちがそこにいることを許してくれる。 スクリーンを見つめながら、僕はこの幸福の瞬間が少しでも長く続きますようにと、じっと息をこらしていた。 でも、そんな僕の緊張は、映画の中のみんなに笑われてしまうかもしれない。 この幸福は『ひかりの歌』の上映が続く限り、どこにも逃げたりしないのだから。 そのことを、誰よりもあのスクリーンの中の人々に感謝したい。 感激!感動!…映画を観ている感覚すら忘れていた。 ただその場にいた人を、たまたまカメラでスケッチしたような…。 映画はこんなにも自由だったのか? こんな感覚に満たす事が出来るのか? 作り手や演じ手…否、人の生み出す意識や想い、その息吹はこんなにも雄弁に映像に起され、感覚や感性に訴え、感情を動かし、想像させ、魅せてしまう事が出来るのか? 映画に引き込まれるとはこういう事だったか? わけもなく嬉しくなった。 言葉から生まれた短歌をして、言葉では決して語れない…まさに映像表現が生まれた。 特殊な技術など無くして、人はここまで出来るのだ。 その佇まい、空気、感覚、感触…制作に尽力した方々、ありがとう。 とんでもない作品に出会えたことに感謝。

次の

石田ひかり

ひかり のか べ

この世界に登場する人たちは、映画が始まる前から、映画が終わった後でも、いや、もしかしたら映画など存在しなかったとしても、きっとどこかに生きている。 学校の美術室、閉店してゆくガソリンスタンド、小さな町の写真スタジオ、それらは単なる映画の舞台ではなく、本当に彼らが生きている世界なのだ。 「しーちゃん」とぶっきらぼうに呼ぶ声。 埋めがたい距離をごまかす「ハハハ」という小さな笑い声。 場違いな告白。 物語にならない誰かへの想いだけが呼吸するように重ねられる時間の果てに、突然、一編の詩が立ち上がる瞬間が訪れ、イメージが結晶化する。 私は息を飲む。 ああ、これは映画だったのだ。 そして「ひかりの歌」は私たちのすべての生をそっと包み込んで歌う。 この世界を信じて良いのだ、と。 なんと贅沢な映画だった。 紳士で口数も少なく穏やかで控えめな見かけの杉田くんは、実は超欲張りなわがまま野郎だと確信した。 歩く人と自転車に乗る人、走る人と座る人、フェリーと車と列車で旅する人、語り得ない旅から帰ってきた人。 70年代から80年代にかけてのヴェンダース映画の10数年を1本に収めた上でさらにこれから先を示す現代映画にしようという野心。 ここではないどこかではなく今ここにある何処かを誰もが旅することができるのだと、我々を束の間で永遠の瞑想へと誘い続ける映画だった。 これを見たら誰もが今自分がどこにいるのかまったくわからなくなり、しかしいるべき場所に確実にいるのだと根拠のない確信を持つに違いない。 杉田協士監督の『ひかりの歌』を見てしまった衝撃というべきものから、まだ抜け出せないでいる。 この映画(映画だとすればだが)に登場する人物たちの今後やその前史を思いめぐらさずにはいられないからである。 それは惜しげも無く断ち切られた登場人物の魅力的な存在感に打たれたからではあるが、その視点からの距離のせいでもある。 つまり、キャメラは登場人物たちを解釈することを禁じている。 近写の場合でも同じであろう。 観客は登場人物が何を考えているかだいたい想像ができる。 しかし、どうしてこのような行動をとるのかはまったく分からない。 これが、『ひかりの歌』の特異な魅惑だ。 その意表を突く様が、各エピソードを通じて反復され、またその行動は大胆さを増す。 この感情と行動の断絶とは、『ひかりの歌』の作られ方自体が、途轍もない自由さに基づいていたからかもしれない。 これほど、作られたという印象から遠いフィルムもないのである。 映画を作ることが、スクリーンを通して「あなた」を見つめることが、カメラの前に立つ人々によって許されている。 開巻数分でそんな風に感じてしまった僕は、動揺して泣きそうになってしまった。 「わたしはここでいつものように息をする。 あなたはそこでわたしを見ていてもいいよ」たとえば……『コクーン』の宇宙人たちのように、彼らは僕たちがそこにいることを許してくれる。 スクリーンを見つめながら、僕はこの幸福の瞬間が少しでも長く続きますようにと、じっと息をこらしていた。 でも、そんな僕の緊張は、映画の中のみんなに笑われてしまうかもしれない。 この幸福は『ひかりの歌』の上映が続く限り、どこにも逃げたりしないのだから。 そのことを、誰よりもあのスクリーンの中の人々に感謝したい。 感激!感動!…映画を観ている感覚すら忘れていた。 ただその場にいた人を、たまたまカメラでスケッチしたような…。 映画はこんなにも自由だったのか? こんな感覚に満たす事が出来るのか? 作り手や演じ手…否、人の生み出す意識や想い、その息吹はこんなにも雄弁に映像に起され、感覚や感性に訴え、感情を動かし、想像させ、魅せてしまう事が出来るのか? 映画に引き込まれるとはこういう事だったか? わけもなく嬉しくなった。 言葉から生まれた短歌をして、言葉では決して語れない…まさに映像表現が生まれた。 特殊な技術など無くして、人はここまで出来るのだ。 その佇まい、空気、感覚、感触…制作に尽力した方々、ありがとう。 とんでもない作品に出会えたことに感謝。

次の