下部温泉。 下部温泉 裕貴屋【 口コミ・宿泊予約 】

山梨県身延・下部温泉郷、源泉かけ流しの湯治宿不二ホテル

下部温泉

下部温泉の歴史と泉質 下部温泉は、古くから温泉街として栄え、名湯100選にも選ばれた実績もある人気が高い温泉地。 泉質名は「単純(鉱泉)温泉」。 浴用適応症として、リウマチ・神経痛・冷え性・疲労回復・切り傷など。 飲用適応症は、胃腸に効果効能があると言われています。 古くは、川中島の合戦で傷を負った武田信玄が傷を癒すためにこの地を訪れたとも伝えられており、歴史好きには見逃せない温泉です。 関連記事はこちら 山梨・下部温泉のおすすめ旅館6選 都心からのアクセスもよく、富士山が近い下部温泉は、人気の温泉地です。 この下部温泉にある旅館のなかから、選りすぐりの6軒をおすすめします。 1:駅から近く露天風呂もある「下部ホテル」 駅から徒歩圏内のエリアにあり、「アルカリ性単純泉」と「硫黄泉」の2つの泉質による12種の温泉が手軽に楽しめるホテルです。 お風呂上がりには、大地の奥より湧出する下部の名水で喉を潤せます。 また旬の食材を用いた郷土料理も人気を集めています。 信玄公も入ったと言われている湯大岩風呂や、混浴可能な内湯があり、さまざまな形で温泉を楽しむことができます。 (現在立ち寄り入浴はできなくなっているのでご注意ください。 ) 「古湯坊源泉館」の施設情報 施設名 古湯坊源泉館 住所 山梨県南巨摩郡身延町下部45 電話番号 0556-36-0101 アクセス 中央道「甲府南IC」より国道52号経由、静岡方面へ40分 チェックイン 14時00分〜17時00分 チェックアウト 〜11時00分 送迎 あり 駐車場 あり 総部屋数 24室(本館7室、別館17室) 温泉 下部温泉(天然温泉100%) 貸切風呂 なし 露天風呂 なし サウナ なし Wi-Fi — クレジットカード VISA、Master、JCB、アメリカンエクスプレス、ダイナース、DISCOVER 日帰り入浴 不可 当日予約 — URL 3:24時間入れる温泉が魅力! 「湯元ホテル」 下部温泉では数少ない施設内に自然湧き出し口を持ち、ナンバーワンの湧き出し量と24時間利用できる温泉が魅力のホテルです。 玄関には、かつてこの宿を利用していた俳人高浜虚子の句碑があり、その歴史を感じさせます。 湯治や美容のために宿泊されるリピーターも多く、温泉にじっくり浸かりたい方におすすめの宿。 「湯元ホテル」の施設情報 施設名 湯元ホテル 住所 山梨県南巨摩郡身延町下部35 電話番号 0556-36-0021 アクセス JR身延線「下部温泉駅」下車、タクシー3分/中央道「甲府南IC」および「甲府昭和IC」より約60分 チェックイン 15時00分〜 チェックアウト 〜10時00分 送迎 あり(条件あり) 駐車場 あり(無料) 総部屋数 27室(和室) 温泉 下部温泉(天然温泉100%) 貸切風呂 なし 露天風呂 なし サウナ なし Wi-Fi — クレジットカード JCB・VIZA・UC・NICOS・ダイナース 日帰り入浴 不可 当日予約 可 URL 4: 岩風呂と檜風呂が魅力の「元湯旅館 大黒屋」 旅行だけではなく、湯治宿としても利用されている「大黒屋」は、岩風呂と檜風呂を備えた旅館です。 ぬる湯と熱湯を交互に楽しむのがこの宿の定番で、自然の中でゆったりとした時間を過ごすことができます。 「元湯旅館 大黒屋」の施設情報 施設名 元湯旅館 大黒屋 住所 山梨県南巨摩郡身延町下部56 電話番号 0556-36-0031 アクセス JR中央線「甲府駅」乗換、JR身延線「下部温泉駅」下車、タクシー5分 チェックイン 14時30分〜 チェックアウト 〜11時00分 送迎 あり 駐車場 あり(無料) 総部屋数 20室(和室) 温泉 下部温泉(天然温泉100%) 貸切風呂 あり(条件あり) 露天風呂 なし サウナ なし Wi-Fi — クレジットカード 現地不可 日帰り入浴 不可 当日予約 不可 URL — 5:日帰りで楽しむ「下部温泉会館」 2006年に採掘された源泉を使った「しもべ黄金の足湯」は「湯之奥金山博物館」に併設された足湯施設。 泉質は「アルカリ性単純温泉」で、温泉からは微かに硫黄の香りが漂います。 無料で楽しめるのでドライブなどの疲れを取るのにも最適です。 「しもべ黄金の足湯」の施設情報 施設名 しもべ黄金の足湯 住所 山梨県南巨摩郡身延町上之平1787 電話番号 0556-36-0015 利用時間 8時30分〜18時00分 定休日 水曜日、年末年始 料金 無料 URL 山梨・下部温泉のおすすめ観光スポット8選 下部温泉は「甲府駅」と静岡県の「富士駅」を結ぶ身延線のちょうど真ん中辺に位置しています。 この下部温泉の周辺にある観光スポットをご紹介します。 1:下部温泉ゆかりの地「熊野神社」 下部温泉は、西暦70〜130年頃に発見されたと言われているとても歴史の古い温泉ですが、この鎮守として今もなお親しまれているのが「熊野神社」です。 西暦836年(承和3年)、病で苦しむ甲斐の国司藤原正信の元に熊野権現が現れたことがきっかけで建立され、長きにわたり親しまれてきました。 温泉療養を終えた湯治客が杖や義足を奉納する風習があり、奉納された松葉杖をお焚き上げする「松葉杖供養祭」が開催されています。 「熊野神社」の施設情報 施設名 熊野神社 住所 山梨県南巨摩郡身延町下部45 電話番号 — URL — 2:しだれ桜が魅力の日蓮宗総本山「久遠寺」 身延山「久遠寺」は、日蓮によって開かれた日蓮宗の総本山です。 桜の名所としても有名で、春になると樹齢400年と言われている2本のシダレザクラが淡い桃色の花をつけ、多くの観光客が訪れます。 「久遠寺」の施設情報 施設名 久遠寺 住所 山梨県南巨摩郡身延町身延3567 電話番号 0556-62-1011 URL 3:あじさい寺の名で親しまれる「下山妙見寺」 本堂から境内にかけて咲き誇るあじさいが魅力の「妙見寺」。 別名「あじさい寺」とも言われ、多くの人に親しまれています。 6月から7月にかけては境内にある7万本のあじさいが見頃を迎え、色とりどりの花をつけます。 「下山妙見寺」の施設情報 施設名 下山妙見寺 住所 山梨県南巨摩郡身延町下山4330 電話番号 — URL — 4:千円札の裏側でおなじみ「本栖湖」 富士五湖の一つである「本栖湖」は、千円札の裏側に描かれたイラストや、富士山頂から初日の出が昇る「ダイヤモンド富士」が見られることでも有名な自然に満ち溢れたスポットです。 5つの湖のなかで水深138メートルと最も深く、ウインドサーフィン・ヨットなどのレイクスポーツや、キャンプなどのアウトドアも楽しめます。 「本栖湖」の施設情報 スポット名 本栖湖 住所 山梨県南都留郡富士河口湖町、および南巨摩郡身延町 アクセス 富士急行「河口湖駅」下車、本栖湖行きバスに乗り換え30分、新幹線「新富士駅」下車、本栖湖行きバスに乗り換え60分、中央自動車道、河口湖ICよりR139本栖湖方面 約30分、東名自動車道、新富士ICより河口湖方面 約50分 URL — 5:ある仏師の資料館「木喰の里 微笑館」 下部温泉周辺では、毎年5月下旬から6月下旬にかけて「一色地区」「湯町ホタル公園」付近にて自然養殖の蛍が見られます。 毎年6月初旬には「ホタル祭り」が行われ多くの観光客を集めます。 「ホタルの里」の施設情報 施設名 ホタルの里 住所 山梨県南巨摩郡身延町一色 電話番号 0556-62-1103(身延町商工会) アクセス 身延線「下部温泉駅」から車で15分 駐車場 あり URL 下部温泉へのアクセス 下部温泉は東京からのアクセスがとてもよい温泉地です。 「新宿駅」からJRで2時間程度ですし、自動車で行く場合は、東名・新東名高速経由でも中央自動車道経由でも行くことができます。 電車では「新宿駅」から「甲府駅」経由で最短2時間 山梨県の下部温泉には、自動車か電車でのアクセスが一般的です。 電車で訪れる場合には、身延線の「下部温泉駅」が最寄り駅で「甲府駅」より「特急ふじかわ」を利用すれば「新宿駅」から最短で2時間15分で到着できます。 自動車でのアクセス 自動車を利用する場合には、新東名高速の「新清水インターチェンジ」、東名高速の「御殿場インターチェンジ」、もしくは中央高速の「河口湖インターチェンジ」で下車し、国道を利用しましょう。

次の

下部温泉

下部温泉

昭和の古い温泉地の下部温泉。 その中でも存在感のある木造3階建ての旅館です。 重要文化財になっているということで館内も歴史のありそうな調度品や展示物が至るところにありました。 どうしても古さは出てしまいますが、お掃除はきれいにされており(天井や高い部分など細かく見てしまうとアラはありましたが)、スタッフさんが一生懸命されているんだろうと思いました。 サービス面は人手が足りないのか日本人がホテル旅館に求める至れり尽くせりは期待はしないほうが良いです。 想像ですが、何年、十数年前に若い方が好まれそうなコーヒー等のセルフサービス、ワイン飲み放題、シャンプーが好きなブランドを選べるなどのサービスを取り入れたのかと思います。 とても好感が持てるのですが、手がなかなか回らないのか、シャンプーサービスはもうやっていなかったり、コーヒーやお水のセルフも夜には残っていなかったです。 もったいないなー惜しいなーと思う箇所が色々ありましたが、お料理も美味しかったですし、温泉にもゆっくり入れて満足です。 コスパも良いかと思います!ご年配の従業員さんが多かったので余計なお世話かもしれませんが、今後もぜひ元気に頑張って欲しいと思います。 サービスのレベルがどうもでした。 13時インに合わせて行ったけど、フロントではなかなか誰も出てこず この日はどのお客さんも同経験してます。 皆さんすみませーんと何度も呼んでました 、宿帳書いても、なかなか取りにきてくれず、チエックアウトも同様でした。 また掃除中で掃除機があっちこちで鳴っていて、お風呂の入り口も掃除機でブロックアウトな感じでした。 チェックアウト後、洞窟風呂に行ったら、洞窟内まっくらで入れず。 掃除機かけていたスタッフの方に聞いても、ぞんざいな対応でした。 洞窟風呂は、雰囲気や冷泉は 特に夏 好きですが、枠の木からはカビの匂いがしたりです。 露天風呂もコケでヌルヌル。 朝は一つの露天風呂は沸かされてなく、ただぬるかったです 冷泉にしてる訳ではないと思いました。 ひなびた雰囲気が好きな方には良いと思われますが、清潔感や快適さを求める方には、かなり厳しいと思われます。 館内のお酒が飲み放題なのですが、昔の冷蔵庫 氷で冷やす? なので、白ワインはぬるく、結局風呂上がりは、持参していた飲み物を飲みました。 赤ワインは夕食時にいただきました。 コーヒーを自分でひいて飲めるので、こちらは朝いただきました。 一点、内風呂ののれんが男風呂が赤で、女風呂が青のため、まちがえそうだった、危ないと同行者は言ってました。 男女の入れ替えが無いのなら、女赤、男青にしてもらった方が安心して内風呂に入れます。 トリップアドバイザーより安いプランが他サイトにあったので、そっちで予約しちゃいました。 料理については酷評が多いものの、実際に行ってみたら、料金と見合っているんじゃないかと思いました。 ただ、大人も子供も同じものが出されていたところ、原価率は安いのがバレますね。 幼児の次男には量が多く、食べ残してしまいました。 建物は、築140年らしく古くて汚らしかったですが、それを逆手に取るかのようにレトロ感を演出。 特に洞窟風呂の2階にあった酒の飲み放題コーナーには、狭い部屋にアナログレコードが並べられ、プレイヤーも置いてありBGMが流せます。 それに、昭和丸出しのバーカウンター。 好きな人には、たまらないでしょうね。 風呂は3か所ありますが、どれも狭く2~3人づつしか入れません。 また、洞窟風呂には体を洗う場所がありません。 2階の風呂場は屋根がありません。 温泉にありがちですが、湯舟の底がすべりやすくなっています。 カビのような臭いがするので、潔癖症の方は苦手かもしれません。 私は違うので、ゆっくり沈みました。 色々なサイトで格安温泉宿を検索すると、大人数名なら多数ヒットするのに、子連れだと僅かしかヒットしないため、全体的に子連れは敬遠されているのでしょうね。 今回は「安く温泉に入れれば良い」程度にしか思っていない旅行でしたが、子供が喜んでましたね。 自宅はプラスチックの風呂桶なので、木や岩の湯舟が新鮮だったようです。 140年以上前に建てられた登録有形文化財の旅館です。 犬が宿泊できる棟は別になっています。 古く決して綺麗とは言えない建物です。 そういった中でサービスにっ徹底した経営をされているのかと思います。 車で旅館の前に着くと中から人がすぐに現れ出迎えてくれました。 犬がいたので正面ではなく犬の棟の入り口から入ります。 10段くらいの階段を上がり広間、数部屋が犬宿泊専用のようです。 この棟であれば犬はどこでも歩いてよく、置いてある犬用シャンプーおやつ、遊び道具など自由に使ってくださいとのこと。 部屋にもおしっこシート、檻が備え付けてあります。 部屋は畳で自分で煎るコーヒー豆が置いてあります。 夕飯の準備、布団の上げ下げは全て行ってくれます。 最初の夜食事の前にスタッフの方が記念の写真を撮りに来てポラロイド写真をもらい気さくに話をできるような方々でした。 館内のお酒、飲み物、囲炉裏にあるマシュマロ、アイスクリームなど全て好きなだけいつでも食べてくださいねと言われて初めてのサービスにっ最初は戸惑いましたが皆さん何度も来られているようで囲炉裏で話しながら、自分の部屋に持ち帰りなどされていました。 温泉は珍しい冷泉 約30度位 で洞窟の中にひっそりとある湯船の足元の石の隙間から泡が出て湧いています。 隣にある加熱した40度位の温泉と交互に入ります。 硫黄臭がして最初の日は一回、短めに入り湯あたり防止をすることをお勧めします。 この他にも貸切で入れるお風呂 温泉ではないとのこと が二箇所、加温の温泉がありました。 飲泉もできるためレセプションで汲んで飲んでいました。 帰りに買えるか聞いたところお待ちくださいとペットボトルに入れてくださったり、囲炉裏でマシュマロを焼いてくださったり、食欲のない母なお為におにぎりにしてくださったりとスタッフの方のサービスと心遣いが嬉しかったです。 ちょっと、くたびれた感じですが、リノベされており、ゆったりできる宿です。 24時間(チェックイン12時から、チェックアウト翌日12時まで)のふるい温泉が楽しめる温湯宿。 確かに、古く、音が響きますが、この料金(低価格)で、ワイン、ジュース、焼酎、ウイスキー、コーヒー(自分で豆を引けます)、アイス、等々が自由に食べ放題。 結構、昔ながらのものが置いてあり、趣があると感じるか、古いと感じるかは個人に委ねられます。 チェックインで、抹茶でおもてなし。 部屋に通され、大きなお部屋。 風呂は、全部で6か所。 家族風呂と地下の岩風呂(ここは、女風呂から、地下から温泉が涌出てます。 泉質はアルカリ単純温泉(低張性アルカリ低温泉)泉温30. 24㎎ 炭酸泉と思える。 無色透明無味無臭ではある。 また、もう一か所には、別の泉質の湯があり、ここは、アルカリ単純温泉(低張性アルカリ低温泉)泉温49. 1㎎、Ph9. 男湯では、ドバドバ湯が流れてました。 共に、源泉かけ流し、夜中には、開いていれば家族風呂としての使用も出来ます。 食事は、魅力はイワナぐらいで、ちょっと。。。 って感じですが、温泉でのんびりなら、この価格なら満足です。 部屋食ですが、まぁ、運んでもらわなくてもとも思えますね~ また、行きたい宿の一つです。

次の

下部温泉 元湯旅館 大黒屋(山梨) 口コミ 【楽天トラベル】

下部温泉

泉質 [ ] 元々ある旧源泉および2006年に湧出し供用開始した新源泉(しもべ奥の湯高温源泉)で異なることから、表にしてまとめる。 下部温泉温泉相特性 源泉名 泉質 泉温 pH数 湧出量 試験日 旧源泉 アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性低温泉) 31. 0 測定不能 2005年1月31日 新源泉 アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉) 51. 3 毎分445. 5L 2006年5月31日• 旧源泉は「山梨県衛星公害研究所」資料より• 新源泉はより 効能 [ ]• の書状(『日蓮聖人遺文』)によれば日蓮が当地で湯治を行い、には塩山の開祖・も湯治をしたと言われる(『抜隊語録』による)。 甲府の(太田町)に伝来する一蓮寺過去帳にも地名が見られる。 戦国時代に下部村はや木材伐採など河内地方の産業を支える拠点にもなり、下部温泉は河内領主のが再興し(天正6年()7月20日佐野次郎右衛門尉宛朱印状、風水被害を受けた温泉の復興を命じる内容)、も入浴したという(『国志』)。 にとなり、参詣者も利用した。 にはのであるとする付会伝説が加わり、近代には富士身延鉄道()の開通により浴客は急増した。 (昭和31年)、に指定。 旧はに基づく「低温泉」に指定されているほどの非常にぬる湯であり、旧源泉を使用している多くの温泉宿では源泉そのままの湯と加温した湯の2種類の浴槽を用意している。 (平成18年)のでは、一部の源泉がの規定外であることがわかり 、山梨県衛生公害研究所による詳細な検査の結果、泉温が21. この源泉ではに25. これを受けて新たな源泉掘削を行った結果、2006年(平成18年)に高温の源泉が湧出。 新源泉は「しもべ奥の湯高温源泉」と名付けられ供給を開始している。 温泉街 [ ] 旧下部町南西部に位置している。 南東の毛無山西麓で、富士川の支流で毛無山から発する(湯川)に沿って静かなが並んでいる。 下部温泉駅前には温泉街最大の宿泊施設があるほか、温泉街の中心地にある源泉館は足下湧出泉が有名である。 アクセス [ ]• 鉄道:を下車。 湯町の温泉街は下部温泉駅よりを遡って約2. 5Km。 道路:よりを経由し5分 脚注 [ ].

次の