サイン キャスト。 『サイン』キャスト、あらすじ、相関図、主題歌!【大森南朋主演ドラマ】

ドラマ「サイン」キャストと原作をチェック!

サイン キャスト

난 의학도 좋아하지만 특히 법의학을 좋아하는데 왜 공부를 안 했을까.. ㅠㅠ feat. 오늘도안구에땀이. 정주행 검법남녀도재밌음 드라마싸인 박신양 애기야가자 ㅋㅋㅋ 꿀잼 Minyong. この事件を期に、腕は確かだが冷徹で性格に難ありの法医学官ジフンと、猪突猛進タイプの新米法医学官のダギョンという一見正反対のタイプの2人が、コンビとなって事件を解決していくことになります。 またそれと同時に、ジフンと、権力が一番だと考える法医学部長のミョンハンとの葛藤も始まるのです。 数話ごとに新しい事件が発生・解決を繰り返し、事件自体は数エピソードごとに完結します。 物語のベースは主人公たちのストーリー。 各話に緻密なつながりがあり、全体を通してみると法医学によって権力に立ち向かう姿勢・数々の事件を通し成長していく登場人物たちの姿を目に見ることができます。 またシナリオの骨組みがしっかりしており、ドラマ内に登場する事件は実際に韓国で起こった事件をベースにしているものも多く、その点も注目ポイント。 名前:パク・シニャン(박신양)• 生年月日:1968年11月1日生まれ• 所属事務所:シナジーインターナショナル 【主な出演作品】 『パリの恋人』『銭の戦争』『町の弁護士チョ・ドゥルホ』 1996年にドラマ『ユリ』でデビュー。 その後多くの作品に出演し、特に2004年のドラマ『パリの恋人』、2007年のドラマ『銭の戦争』は大ヒット。 2008年、未払いのドラマ出演料を支払うようドラマ制作会社相手に訴訟を起こしたことで暫くドラマの出演がなかったが、本作でドラマ復帰を果たした。 そんなパク・シニャンは、演技力の高さで知られる俳優。 演技に対する情熱やこだわりも強く、なんと韓国の大学で演劇の勉強をしたのち、ロシアのシェーフキン演劇大学にも留学をしたという経歴の持ち主! そんなこともあり、出演作はヒット作ばかりなんです。 本作では、腕はあるが冷徹で性格に難ありの法医学官、ジフンを演じています。 名前:キム・アジュン(김아중)• 生年月日:1982年10月16日生まれ• 2006年に映画『カンナさん大成功です!』の主役に抜擢され、大ヒットし、一躍名スターダムに。 その後も精力的に映画やドラマに出演する人気女優。 キム・アジュン=『カンナさん大成功です!』のイメージがずっとあったのですが、映画公開されてからもう13年!! 13年経った今もスタイル・美貌抜群の女優さんです。 本作では、純粋かつ仕事に情熱を持つ新米法医学官ダギョン役を演じています。 イ・ミョンハン役:チョン・グァンリョル 안녕하세요 백성현입니다.! 조만간 말씀드리려고 했는데 조금 일찍 말씀드리게 되었네요. 대한민국 남아로써 국방의 의무를 다하기위해 늦은 나이지만 해양경찰에 지원을 했고, 감사하게도 합격이 되어 2018년 1월 2일 진해에 있는 해군교육사령부에 입대합니다. 복무기간은 23개월이구요. 언제나 부족한 저를 응원해주시고 사랑해주신 팬분들과 지인분들을 마음 한켠에 잘 간직하면서 2018년 새해부터 대한민국의 바다를 잘 지키고 건강한 모습으로 돌아오겠습니다. 이글을 읽어주신 모든 분들께 감사의 인사 올립니다. 그리고 오늘 수능을 보시는 수험생 여러분들 정말 고생많으셨고 좋은 결과 있기를 바라겠습니다. 고생했어요!! さん sunghyun0130 がシェアした投稿 — 2017年11月月22日午後9時38分PST 【プロフィール】• 名前:チョン・グァンリョル(전광렬)• 生年月日:1960年2月11日• 所属事務所:TheCNT 【主な出演作品】 『ホジュン 宮廷医官への道』『製パン王 キム・タック』『獄中花』 1980年、TBCのタレント公募に合格し芸能界デビュー。 しかしなかなか売れず、1999年の『青春の罠』で注目を浴びた後、同年に韓国ドラマ史上最高の視聴率を記録した時代劇『ホジュン 宮廷医官への道』の主役に抜擢され有名になった遅咲きの俳優。 私は、売れてからの姿しか知らなかったので、調べてみてこんなにも下積み時代があったことにびっくりしました! 今は、ダンディでカッコいいおじさんというイメージで、現代劇でのお金持ちの役や時代劇もとてもはまり役です。 本作では、ジフンと対立する野望を強く持つ国立科学捜査研究院本館の法医学部長を演じています。 2007年にデビューし、2009年には日本でもデビュー、日本デビュー当初は、日本でかなり活発的に活躍していて私も曲をよく聞いていたのを思い出しました~! 現在はメンバー全員が兵役を終え、2018年8月から自分たちで立ち上げた事務所に所属し、グループ名をSUPERNOVAに改名し活動中です。 ただ前事務所との契約が残っているソンモのみ脱退することになってしまったようです。。 個人的にソンモの声が好きだったので少し残念。 でも久々に超新星の他の曲も聞きたくなりました。 ドラマの構成は、数話に渡り一つの事件の発生から完結までというのが繰り返され、一見短編のような要素もありながら、主人公たちのストーリーがベースにあるので、全てが繋がっていて見応えがありました。 韓国ドラマ『トンネル』や『シグナル』のような感じに近いかもしれません! 個人的にはその2作もハマってみていたので、本作も楽しんでみることができました。 SNSでもリサーチしたところ、やっぱり日本リメイク版に関する投稿が多くみられました。 やはり原作の評判がとても多いので、日本版放送前に韓国版は必見です。 今度 韓ドラ『サイン』が リメイクするらしいけど 『サイン』は既に観てある どんなドラマになるか? 絶対、オリジナルは観て欲しい — nao naomyon2 また本作では、サインが撮影された当時、日本で撮影されたシーンがありました。 こちらのコメントはその時の情報ですね! それにしても韓国ドラマは日本ロケブームですね。 『サイン』ではパク・シニャン、キム・アジュンが広島の、イルミネーションで有名な国営備北丘陵公園で、おそろいのカチューシャをつけて散歩するシーンも撮影され、またこれを見て日本観光客が増えそうです。 ドラマの感想や口コミ・レビューも書いています。 医学捜査系ドラマというジャンルなので、一見難しく感じるかもしれませんが、しっかりとした構成でかなり見応えあり。 もともと海外ドラマや推理系のジャンルが好きな方なら、より一層はまること間違いなしの作品です!! 日本版は韓国版を超えられるのでしょうか? 日本版にも期待です! 2019年6月15日現在、他の動画配信サービスの配信はありません! 韓国版原作の『サイン』と比較したい方はこちら。 詳しくはをご確認ください.

次の

日本版『サイン』キャストとロケ地情報まとめ!主題歌はだれ?【2019年夏ドラマ】

サイン キャスト

난 의학도 좋아하지만 특히 법의학을 좋아하는데 왜 공부를 안 했을까.. ㅠㅠ feat. 오늘도안구에땀이. 정주행 검법남녀도재밌음 드라마싸인 박신양 애기야가자 ㅋㅋㅋ 꿀잼 Minyong. この事件を期に、腕は確かだが冷徹で性格に難ありの法医学官ジフンと、猪突猛進タイプの新米法医学官のダギョンという一見正反対のタイプの2人が、コンビとなって事件を解決していくことになります。 またそれと同時に、ジフンと、権力が一番だと考える法医学部長のミョンハンとの葛藤も始まるのです。 数話ごとに新しい事件が発生・解決を繰り返し、事件自体は数エピソードごとに完結します。 物語のベースは主人公たちのストーリー。 各話に緻密なつながりがあり、全体を通してみると法医学によって権力に立ち向かう姿勢・数々の事件を通し成長していく登場人物たちの姿を目に見ることができます。 またシナリオの骨組みがしっかりしており、ドラマ内に登場する事件は実際に韓国で起こった事件をベースにしているものも多く、その点も注目ポイント。 名前:パク・シニャン(박신양)• 生年月日:1968年11月1日生まれ• 所属事務所:シナジーインターナショナル 【主な出演作品】 『パリの恋人』『銭の戦争』『町の弁護士チョ・ドゥルホ』 1996年にドラマ『ユリ』でデビュー。 その後多くの作品に出演し、特に2004年のドラマ『パリの恋人』、2007年のドラマ『銭の戦争』は大ヒット。 2008年、未払いのドラマ出演料を支払うようドラマ制作会社相手に訴訟を起こしたことで暫くドラマの出演がなかったが、本作でドラマ復帰を果たした。 そんなパク・シニャンは、演技力の高さで知られる俳優。 演技に対する情熱やこだわりも強く、なんと韓国の大学で演劇の勉強をしたのち、ロシアのシェーフキン演劇大学にも留学をしたという経歴の持ち主! そんなこともあり、出演作はヒット作ばかりなんです。 本作では、腕はあるが冷徹で性格に難ありの法医学官、ジフンを演じています。 名前:キム・アジュン(김아중)• 生年月日:1982年10月16日生まれ• 2006年に映画『カンナさん大成功です!』の主役に抜擢され、大ヒットし、一躍名スターダムに。 その後も精力的に映画やドラマに出演する人気女優。 キム・アジュン=『カンナさん大成功です!』のイメージがずっとあったのですが、映画公開されてからもう13年!! 13年経った今もスタイル・美貌抜群の女優さんです。 本作では、純粋かつ仕事に情熱を持つ新米法医学官ダギョン役を演じています。 イ・ミョンハン役:チョン・グァンリョル 안녕하세요 백성현입니다.! 조만간 말씀드리려고 했는데 조금 일찍 말씀드리게 되었네요. 대한민국 남아로써 국방의 의무를 다하기위해 늦은 나이지만 해양경찰에 지원을 했고, 감사하게도 합격이 되어 2018년 1월 2일 진해에 있는 해군교육사령부에 입대합니다. 복무기간은 23개월이구요. 언제나 부족한 저를 응원해주시고 사랑해주신 팬분들과 지인분들을 마음 한켠에 잘 간직하면서 2018년 새해부터 대한민국의 바다를 잘 지키고 건강한 모습으로 돌아오겠습니다. 이글을 읽어주신 모든 분들께 감사의 인사 올립니다. 그리고 오늘 수능을 보시는 수험생 여러분들 정말 고생많으셨고 좋은 결과 있기를 바라겠습니다. 고생했어요!! さん sunghyun0130 がシェアした投稿 — 2017年11月月22日午後9時38分PST 【プロフィール】• 名前:チョン・グァンリョル(전광렬)• 生年月日:1960年2月11日• 所属事務所:TheCNT 【主な出演作品】 『ホジュン 宮廷医官への道』『製パン王 キム・タック』『獄中花』 1980年、TBCのタレント公募に合格し芸能界デビュー。 しかしなかなか売れず、1999年の『青春の罠』で注目を浴びた後、同年に韓国ドラマ史上最高の視聴率を記録した時代劇『ホジュン 宮廷医官への道』の主役に抜擢され有名になった遅咲きの俳優。 私は、売れてからの姿しか知らなかったので、調べてみてこんなにも下積み時代があったことにびっくりしました! 今は、ダンディでカッコいいおじさんというイメージで、現代劇でのお金持ちの役や時代劇もとてもはまり役です。 本作では、ジフンと対立する野望を強く持つ国立科学捜査研究院本館の法医学部長を演じています。 2007年にデビューし、2009年には日本でもデビュー、日本デビュー当初は、日本でかなり活発的に活躍していて私も曲をよく聞いていたのを思い出しました~! 現在はメンバー全員が兵役を終え、2018年8月から自分たちで立ち上げた事務所に所属し、グループ名をSUPERNOVAに改名し活動中です。 ただ前事務所との契約が残っているソンモのみ脱退することになってしまったようです。。 個人的にソンモの声が好きだったので少し残念。 でも久々に超新星の他の曲も聞きたくなりました。 ドラマの構成は、数話に渡り一つの事件の発生から完結までというのが繰り返され、一見短編のような要素もありながら、主人公たちのストーリーがベースにあるので、全てが繋がっていて見応えがありました。 韓国ドラマ『トンネル』や『シグナル』のような感じに近いかもしれません! 個人的にはその2作もハマってみていたので、本作も楽しんでみることができました。 SNSでもリサーチしたところ、やっぱり日本リメイク版に関する投稿が多くみられました。 やはり原作の評判がとても多いので、日本版放送前に韓国版は必見です。 今度 韓ドラ『サイン』が リメイクするらしいけど 『サイン』は既に観てある どんなドラマになるか? 絶対、オリジナルは観て欲しい — nao naomyon2 また本作では、サインが撮影された当時、日本で撮影されたシーンがありました。 こちらのコメントはその時の情報ですね! それにしても韓国ドラマは日本ロケブームですね。 『サイン』ではパク・シニャン、キム・アジュンが広島の、イルミネーションで有名な国営備北丘陵公園で、おそろいのカチューシャをつけて散歩するシーンも撮影され、またこれを見て日本観光客が増えそうです。 ドラマの感想や口コミ・レビューも書いています。 医学捜査系ドラマというジャンルなので、一見難しく感じるかもしれませんが、しっかりとした構成でかなり見応えあり。 もともと海外ドラマや推理系のジャンルが好きな方なら、より一層はまること間違いなしの作品です!! 日本版は韓国版を超えられるのでしょうか? 日本版にも期待です! 2019年6月15日現在、他の動画配信サービスの配信はありません! 韓国版原作の『サイン』と比較したい方はこちら。 詳しくはをご確認ください.

次の

サインのキャストと登場人物

サイン キャスト

概要 [ ] 『』とともに、1964年の・女子バレーボール""の登場から始まった日本のブームを巻き起こしたが、当作はもともと「『アタックNo. 1』への対抗馬が欲しい」という少女フレンド編集部の要請から企画された。 このため『アタックNo. 1』がまだ少女マンガ的な路線を残していたのに対し、特訓もあればもありと『アタックNo. 1』との違いを打ち出している(出典:『』『』)。 この為漫画もテレビ放映も(初代は)両作品の発表時期はほぼ同時である。 1969年版のテレビドラマは系で放送。 実写ドラマ(スポーツ根性ドラマ)の草分け的番組。 大人から子供まで広い年齢層に熱狂的な支持を受け、最高視聴率39. その後1973年版もTBS系で放送されている。 漫画版の所属チーム名は「 立木武蔵」となっているが、ドラマ版では「 立木大和」となっている。 また、ライバルチームも「 ニチボー」から「 レインボー」に、「 ヤシカ」が「 ミカサ」に変更されている(漫画版が実在するチームの名称を使用していたため)。 1969年版は朝丘ユミが主人公。 彼女は、の練習中に姉を亡くしたため、天性の才能を持ちながらもバレーボールを憎み一度は離れようとしていたが、「立木大和」の牧圭介にスカウトされ、再びバレーボールと向き合おうと決意する。 「立木大和」は立木製作所の新設バレーボール部だが、厳しい練習のために退部する選手が続出していた(第1話の段階では、選手はキャプテンの松原かおりしか残っていなかった)。 1973年版は、前作の4年後という設定で、バレーボールの全国を行脚していた牧圭介が再び登場、新光物産という新チームを結成する。 第1話他に、岡田可愛が前作と同じ朝丘ユミ役でゲスト出演した。 1969年版は、の単独提供()であったが、1973年版は複数社提供となった。 漫画 [ ] 『』に1968年から連載された。 テレビドラマ(岡田可愛版) [ ]• 放送時期: -• 放送時間:日曜夜7時30分 - 8時(枠『』)• 放送回数:全45話• 放送:系 登場人物 [ ]• 朝丘ユミ:• 牧圭介:• ジュン・サンダース:(第10回 - )• 松原かおり:• 久保田さち子:• 小山チイ子:• 岡田きみえ:• 泉洋子:(第27回 - )• 朝丘ミヨ(朝丘ユミの姉):• 朝丘志津(ミヨ・ユミ姉妹の母):• 立木大和・社長:• 高山課長(立木大和・経理課兼監督):• 源さん:、たけ:…寮の賄い夫婦• 八代先生(医務室):• 大本龍子(ライバルチーム・ミカサのエース):(第7回 - )• 村田(椿麻理の父の会社(立木大和の親会社)の秘書):• コーヒーレストラン「島」のマスター夫婦:、• 三平(八百屋の店員):• 中華料理「共楽」の主人:• 中華料理「共楽」の息子:• 麻理の義母:• さち子の祖母:• 泉剛造(洋子の父):• 和子(ミヨのチームメート):• 東郷(かおりの見合い相手):• 東郷の兄(鹿児島):• 子犬(チビ)の飼い主夫婦:、• 少年:• 少年の母親:• テツ:• ゴロー:• 社会人野球の監督(牧の友人):• 立木大和の課長たち:、、• スポーツ記者:、、• 水野(新聞記者):• 実況アナウンサー:、• ライバルチーム・ミカサの監督:• 菅原(東都体育大学):• ライバルチーム・レインボーの監督:• 製作:• 監督:、、• 脚本:、、• 音楽: 放送局(岡田可愛版) [ ] この節のが望まれています。 TBS:日曜 19:30 - 20:00• :水曜 19:00 - 19:30• :水曜 19:00 - 19:30• :水曜 19:00 - 19:30• :日曜 19:30 - 20:00• :日曜 19:30 - 20:00• :日曜 19:30 - 20:00• 映画化 [ ]• 1970年7月18日、系で劇場公開された。 テレビドラマ(坂口良子版) [ ]• 放送時期: -• 放送時間:日曜夜7時30分 - 8時• 放送回数:全24話 キャスト [ ]• 江川ゆか:• 牧圭介:中山仁• 大石奈々:• 浅田ひとみ:高橋ひとみ• 立花陽子:• 高木香:• 水原絵美:• 島英智子:• 白川アイ子:• 朝丘ユミ:岡田可愛• アナウンサー:• ナレーター:納谷悟朗 スタッフ [ ]• 監督:日高武治、金谷稔、• 脚本:上條逸雄、• 音楽:三沢郷 サブタイトル [ ]• 1~20回はサブタイトルなし• 21回:怪物スパイカー出現!• 22回:頑張れ!キャプテンゆか• 23回:試合場からの脱走!!• 24回:勝利!!この道は永遠 とわ に 放送局(坂口良子版) [ ] この節のが望まれています。 TBS:日曜 19:30 - 20:00• :日曜 19:30 - 20:00• :火曜 18:00 - 18:30• :日曜 19:30 - 20:00• :日曜 19:30 - 20:00• :日曜 19:30 - 20:00• :土曜 19:00 - 19:30(1974年に放送)• 主題歌 [ ]• 1969年版 オープニング主題歌• 「サインはV」(作詞:、作・編曲:三沢郷)• 歌:、横田年昭とリオ・アルマ• から発売。 からはとウインドーズによるカヴァー版が発売。 1969年版挿入歌• 「この道の果てに」(作詞:岩谷時子、作・編曲:三沢郷)• 歌:麻里圭子、横田年昭とリオ・アルマ• 「しあわせは 何処かにいるよ」(作詞:岩谷時子、作曲:三沢郷)• 歌:ティーカップス• 1973年版 オープニング主題歌• 「サインはV」(作詞:岩谷時子、作曲:三沢郷、編曲:)• 歌:坂口良子• から発売。 によるカヴァー版も存在する。 1973年版挿入歌• 「美しき仲間たち」(作詞:、作曲:三沢郷、編曲:青木望)• 歌:坂口良子 その他 [ ]• バラエティ番組『』にて、当作品のパロディコント『サインは2V(ニブイ)』が放送された。 朝丘ユミ役をが演じた。 また、本家で朝丘役を演じた岡田も「初代・朝丘ユミ」として登場した。 ジュン・サンダースが「ジュン・サンダー杉山清貴」(=ジュン・サンダース++)になっており、が演じた。 コーチの名前が「中山仁」になっており、が演じた。 必殺技「X攻撃」が「Y攻撃」に変更されている。 『』第66回Bパートで、当作品のパロディ「サインはブィーべし」が放送。 ブタ松一家が社会人チームとバレー勝負をするという話で、「稲妻落とし」ならぬ「」という必殺技が登場する。 『』第50話「怪獣サインはV」で本作とのコラボが行われ、坂口良子がバレーボールが得意なスチュワーデス志望の女性・ユキ役でゲスト出演し、劇中でと試合をする話があり、このシーンで第2作の主題歌が挿入歌として使用された。 1995年にV6が主演したドラマ『Vの炎』には本作へのさまざまなオマージュがあり、岡田可愛も盲目の元バレー選手、鮎原ユミ(アタックNo. 1とサインはVの主役を掛け合わせた役名)としてゲスト出演した。 脚注 [ ]• 『福島民報』1973年10月14日付朝刊8面、本作広告。 『河北新報』1973年12月2日 - 12月30日付朝刊、テレビ欄。 『河北新報』1974年3月5日 - 3月26日付朝刊、テレビ欄。 『北國新聞』1974年8月3日付朝刊、テレビ欄。 外部リンク [ ]• - オフィス安井 版権作品紹介ページ 系 19時台後半枠() 前番組 番組名 次番組.

次の