判官贔屓。 判官

判官贔屓の意味や使い方は?由来(語源)や対義語と心理学との関係も!

判官贔屓

「 判官びいき」はスポーツ紙や新聞紙、ネットニュースなど、さまざまなメディアで使われている言葉です。 けれど、「どんな意味?」と聞かれると、言葉に詰まってしまわないですか? 今回取り上げる言葉は、そんな「 判官びいき」についてです。 読み方や語源、例文、そして「判官びいき」にまつわるお話と一緒に紹介していきます。 「判官びいき」ってどう読む? さて「 判官びいき」のお話をする前に、まずは読み方から見ていきましょう。 「判官びいき」は、もともとは「判官贔屓」と書きます。 実際、辞書にはどちらの読みも記載されていて、同じ意味を指しています。 ただし、 「ほうがんびいき」の読みの方がメジャー と言えるでしょう。 「判官びいき」は「 ほうがんびいき」と読みます。 「判官」を「ほうがん」と読むのは、昔の官職名に由来しています。 「判官びいき」ってどういう意味?語源は? 次は、 「判官びいき」の意味についてです。 「判官びいき」とは、下記のような意味をもっています。 判官びいき ほうがんびいき :悲劇的英雄、判官源義経に同情する気持ち。 転じて、弱者・敗者に同情し声援する感情をいう。 引用元:より 「判官」とは、 源義経のことを指しています。 古来より、日本では人のことを「役職名」で呼ぶ風習がありました。 源義経の役職が「判官」であったため、源義経は「九郎判官」と呼ばれていたのです。 源義経と言えば、 平家打倒に多大なる功績を建てた武将です。 しかし、その功績があまりにも大きかったために、兄である鎌倉幕府初代将軍源頼朝にうとまれてしまいます。 最後は、源頼朝に差し向けられた軍勢の前に 非業の死を遂げました。 この源義経へ同情する気持ちが転じて、現在では 弱者や敗者へ同情する感情を「判官びいき」と呼ぶようになっています。 「判官びいき」は日本人の特性をとらえている? 「判官びいき」は、よく日本人の特性をとらえていると言われます。 例えば、甲子園。 「 優秀選手を全国からスカウトしている強豪私立校」と「 地元の選手のみで勝ち上がってきた公立校」が対戦するとしたら、どちらを応援したくなりますか? このとき、 日本人は後者を支持しがちだそうです。 また、上記のようなわかりやすい対比ではなくても、甲子園では劣勢のチームほど観客の応援が大きくなります。 歴史の専門家によると、日本人には、もともと「 弱きを助け強きをくじく」という言動に喝采をあげる習慣があったのだそうです。 そこに典型例としての「源義経」が出現し、歌舞伎や物語をとおして広まっていきました。 昔から、一般の民衆は時の権力者に対しては無力でした。 今でも、 直属の上司や会社のトップとの関係では、あまり変わらない部分があります。 「判官びいき」、すなわち「弱い立場の人をひいきしたくなる感情」は、強い立場の存在になかなか表立って不満を表明できない 日本人の性質を表しているのかもしれません。 「判官びいき」はどういう時に使う?例文でご紹介 現在でも使われる「判官びいき」を、例文とともに見ていきましょう。 ・負けているチームを応援したくなる心理には、 判官びいきが作用しているのだろう ・小さな力士が大柄な力士を倒すときほど、 判官びいきで盛り上がる ・できの悪い子ほど、 判官びいきで可愛く思えてしまう また、 比較されがちなシチュエーション でも「判官びいき」は使用されますよね。 兄弟姉妹間など、比べられることが多い関係でも、「判官びいき」的な感情はよく起こる場面です。 「判官びいき」は多くの場面で使用されていますが、やはり野球や相撲など、スポーツの試合で用いられることが多い言葉です。 勝ち負けがはっきりしているからこそ、 スポーツと「判官びいき」との相性はよい感じを受けます。 このように、「 判官びいき」は私たち日本人が知らないうちに感じている感情のひとつです。 「弱きを助け、強きをくじく」ことは、多くの場合、とても良いことのように感じられます。 ただ、「 ひいき」していることには変わりありません。 知らないうちに、他方を傷つけてしまうこともあるでしょう。 ですので「判官びいきしているな~」と感じたら、少し一呼吸おいて、冷静にみてみることも大切なことだと思います。 ナンスカ編集部 "日常の「何それ?」を楽しむメディア"ナンスカの編集部です。 コメント 0件 この記事にはまだコメントがありません。 related article 関連記事.

次の

間違いも多い「ご贔屓」の意味と敬語表現・使い方と例文

判官贔屓

第一義 概説 は後半の平家追討において活躍したが、のうちを取り戻せなかったこと や、兄であるの許可を得ることなくより、に任じられ、頼朝の家来であるを使役・処罰するなどの独断専行を行ったこと が頼朝の反感を買った。 さらに義経の上官として追討を指揮したや、頼朝が義経のもとに奉行として派遣した が、平家追討後の義経の傲慢な振る舞いについて訴えたことで頼朝の心証は一層悪くなった。 頼朝の怒りを知った義経は起請文を献じて弁明したが、「これまで勝手にふるまいながら、いまさらあわてて弁明しても、もうとり上げることはできない」 、「こちらが不快に思っていると聞いてはじめて、こうした釈明をするのではとても許せない」 と、かえって怒りを増幅させてしまった。 頼朝は、壇ノ浦の戦いで捕虜としたらを連れて京都から鎌倉へ向かった義経の鎌倉入りを拒み 、さらに義経が京都へ戻る際に「関東に恨みを成す輩は義経に属するように」と発言したとして、義経に与えていた平家の旧領を没収した。 続いて頼朝は「仮病を使って追討の命に従わなかった」として義経を追討の対象とした。 義経は頼朝追討のを得てこれに対抗しようとしたものの従う武士は少なく 、義経はを頼って奥州へ逃亡したが、秀衡の没後、頼朝の圧力に屈した秀衡の子によって自害に追いやられた。 このような義経の末路は、人々の間に「あんなすばらしい方が、このようになってしまって、なんて人生は不条理なものなのだろう」という共感を呼び起こし 、同情や哀惜を誘った。 判官とは、がの(、判官)であるであったことに 、あるいはの少尉であったことに 由来する呼び名である。 判官贔屓という語は室町時代末期から江戸時代初期にかけて成立した 、あるいは室町時代中期にはすでに成立していた と考えられており、初めて登場する資料のひとつとして、江戸時代の俳人編集の俳句集『毛吹草』((寛永15年)成立)に収録されている 世や花に判官びいき春の風 というが挙げられる。 判官贔屓と源頼朝・梶原景時 歴史学者のは、「義経がいじめられた」ことこそ判官贔屓成立の根源であり 、具体的には、義経の専横ぶりを訴えた梶原景時や、義経追討の命を下した源頼朝という悪玉を「不可欠の前提」としているのだと述べている。 上横手は、『』が鎌倉幕府によって編纂された史書であるにもかかわらず、頼朝や梶原の厳しさや冷酷さ、悪辣さを最も強烈に描き、一方で義経に対し同情的な記述 すら置いていると指摘した 上で、『吾妻鏡』が北条氏の立場を正当化する史書である以上、北条氏によって破滅へと追い込まれた梶原が悪辣な人物として描かれるのは当然のことであるが、それに対応する形で判官贔屓が成立し、義経を人気者・善玉とすると同時に北条氏陣営に引き込む結果となっていることは注目に値することであり、判官贔屓が「北条氏によって、直接であれ、間接であれ、操作されているのだとすれば、その歴史的意識もまた洗い直されなければならないだろう」と述べている。 これについて歴史学者のは、「よくない政治をとる源氏将軍にかわって、世のため人のため、政務をとるようにした」のが北条氏であるという解釈を『吾妻鏡』はとっているが、創設者であり鎌倉武士の尊敬を集めていた頼朝についてはさすがに直接的に批判することが躊躇されたため、「梶原景時を讒者とし、その景時を重用して義経を死に追いやったとして、読者が頼朝を批判することになるように」という「きわめて高度なテクニック」を用いたのだと指摘している。 奥富によると、『吾妻鏡』は頼朝を批判するために意図的に判官贔屓を作り出した。 なお、景時の「讒言」は頼朝によって義経のもとへ奉行として派遣されていた以上当然の行動 であり、また義経が頼朝の命令を守らず自分勝手に振る舞うことを快く思わず警戒した武士は景時に限らず 、頼朝は体制の倫理を代表して義経の非法性を決定したのであって 、頼朝が狭量であったがゆえに義経を疎んじたと断じるのは適切ではない とする見解もある。 判官贔屓と義経生存伝説 義経の死については、その直後からこれを否定する噂が人々の間に流れ 、そこから義経が(北海道)、さらには中国大陸へと逃れとなったとする伝説が生まれた。 このような伝説は今日では、義経を死なせたくないという後世の人々の判官贔屓が生み出したもの であり、「鎖国になってからの江戸人の夢物語」 、「英雄の末路の悲惨なのに同情した結果、誰かが、いつか、どこかでつくり出した想像にすぎない」 などと否定されている。 義経が北海道へ逃れたとする伝説のきっかけとなったのは(寛文10年)成立の『』であるが、同書の成立時期は蝦夷地に対する日本人の関心が高まった時期にあたる。 また、中国大陸へ逃れた義経がチンギス・カンになったとする伝説は、明治時代に内田弥八訳述『義経再興記』((明治18年)成立)をきっかけとして成立したものであるが、同書の成立時期は日本が中国大陸への進出を企図していた時期にあたる。 語義の拡大 上横手雅敬によると、日本人は判官贔屓という言葉の成立前から、伝統的に同様の感情を抱いてきた。 はそうした感情を、「弱い者いじめの反対、つまり、弱きを助け強きをくじくという言動に対しては、無批判にかっさいを送ろうとする心理」と定義し、「弱者の位置に立たされたものに対しては、正当の理解や冷静な批判をかいた、かなり軽率な同情という形をとる」と説明している。 池田によると、「判官贔屓」という言葉は江戸時代初期にはすでに、源義経に対する同情を超えて、「一般に、弱い立場に置かれている者に対しては、敢えて冷静に理非曲直を正そうとしないで、同情を寄せてしまう」心理現象を指すようになっていた。 なお、は第一義の判官贔屓についても、人々は贔屓の感情を次第に肥大化させ、歴史的事実に基づいた客観的なものの見方を欠くようになり、ついには短絡的に義経を正義、頼朝を冷酷・悪ととらえるに至ったと指摘している。 池田によると、弱者に対し理非を問わずに同情しようとする心理が一般に「判官贔屓」という言葉で表現されるようになったのは、義経の伝記が人々の間に、一般的な知識として広く知れ渡っており、かつその伝記の内容が人々の義経に対する同情を呼び起こすものであったからである。 その際に義経の伝記が史実に基づく必要は必ずしもなく、むしろ「民衆の心をその方向に引き出すように再編成され、しかもその民衆の同情にピタリとはまるように再編成されたもの」であることが重要であった。 義経のであるはの戦果について「内侍所・神璽おはすと雖も、宝剣紛失す」と記録しており、この記録は頼朝に報告されている。 『吾妻鏡』は、義経の首が平泉から腰越へ届けられた場面を「観る者、皆涙を拭い、両衫を湿す」と描写している。 民俗学者のはこれを、「貴公子が流罪の身となってつづる悲しい文学の型」と定義している。 池田は具体例として、において少年時代のみならず成人後の義経までもが子方によって演じられている事実を挙げている。 イギリスの宣教師はこの伝説について、著書『アイヌの伝承と民俗』の中で、蝦夷地に関心を抱く日本人がアイヌに対して押し付けたものであったという見解を示している。 池田はその根拠として、『心中宵庚申』での用例を挙げている。 、7-8頁• 、115-117頁。 、118頁。 、91-92頁。 、122-123頁。 、95-96頁。 、123-124頁。 、124-129頁。 、129頁。 、136-139頁。 、142-144頁。 、108-109頁。 、223頁。 、297-298頁。 、202頁。 、135-136頁。 、136-137頁。 、202-204頁。 、212-213頁。 、213頁。 、91頁。 、155頁。 、164-165頁。 、91-92頁。 、115頁。 、はしがき5頁。 、4頁。 、120頁。 、191頁。 、160頁。 、122頁。 、5頁。 、161頁。 、213-214頁。 、3-4頁。 、5・7頁。 、164頁。 、148頁。 、226-227頁。 、148頁。 、306頁• 、307頁• 、176頁。 、241頁。 、240頁。 、217頁。 、298頁。 、7-8・208頁。 、300-301頁。 、301-302頁。

次の

判官贔屓(ほうがんびいき)の意味とは?語源由来や類語を解説!日本人特有の好み?

判官贔屓

概要 とされる側やゆく側にする・を見出す形で、したくなるのこと。 分かり易く言えば、 「力こそが正義」、「勝った方が正しい」といった勝利至上主義の真逆的な考えと言える。 やを好んでいる者に、この傾向が非常に強いとされている。 日本人に多い傾向とされているが、特に日本だけのものという訳でもなく、アメリカでも「 アンダードッグ効果」という形で証明されている。 ちなみに、対となるものに、側に便乗しようとする「 バンドワゴン効果」があり、これらを総称して「 アナウンスメント効果」と呼ぶ。 客観的よりも主観的な感情の方が優先される概念故に、マイナスイメージも強くなってしまうものであるが、単独弱者側へ贔屓する心理は、世の中を良くしたり闇を暴く方向に動くこともある。 ここ数年の例では…• におけるコンビニ本部からオーナーへの圧力関係と業界によるその是正• 暴行事件の真実• 騒動における降板後からのからの誹謗中傷 等が発覚しており、この「 巨大な『相手』と戦う弱者を応援する」という感情その物は決して悪い事ではない。 ただ、 物事には「善悪がはっきりしている事」と「善悪だけでは判断できない事」があるという事実を理解しておく事が必要なのも事実で、それによって判官贔屓の題材の価値も大きく変わるのかもしれない。 由来と史実 九郎判官が、そのゆえに後の時代の人達からもてはやされた事に由来するのだが、決して義経が一方的な被害者という訳でも無かった。 義経はとして確かに優秀な成果を出しているものの、一方で戦における暗黙の掟(や、させる)を平然と破る等、独断専行を繰り返し、同行していた頼朝の臣下達の進言にも耳を貸そうとしなかった。 特に壇ノ浦の戦いでは、武家政権による戦後構想をしていた兄のから、の保護との確保という重大な任を与えられていながら、それらを無視した結果、安徳天皇は二位尼によって自害に追い込まれてしまい、三種の神器の一つである剣も海に落ちて紛失してしまう失態まで犯し、頼朝の計画を悉くぶち壊してしまう。 極めつけは、の口車に乗って頼朝をする形で官位を授かるという、もはやでは済まされない思慮の欠けた行動にまで出てしまう。 義経の度が過ぎる行いに対するやからの直訴を聞いた結果、実の弟である事からある程度黙認していた兄の頼朝も、このままでは臣下への示しがつかない事から、ほぼ止むを得ない形で義経を厳しく咎め、鎌倉へ入る事を許さなかった。 しかし、反省の無いどころか、自分のしてきた行動の数々の重大さを全く理解していなかった義経は、「 関東に於いて怨みを成す輩は義経に属くべし」と言う等、客観的に見れば頼朝に反旗を翻す事を宣言するも同然の行動に出て、それを聞いた頼朝は反省を促させる為に所領も没収する。 その後、何とか義経に汚名返上の機会を与えようとした頼朝は、反旗を翻そうとしていたの追討を義経に命じるのだが、この期に及んでも首の皮一枚繋がっている状況を理解していなかった義経は、 仮病を使って拒否するという家臣としては責任感に欠けた行動に出ており、もはや義経を許す訳にはいかなくなった頼朝は、義経に暗殺者達を差し向けるも失敗に終わる。 数々の傍若無人ぶりから頼朝に見捨てられた事に逆上した義経は、天皇に頼朝の追討の宣旨を得るのだが、これまでのな振る舞い等への反感から誰からの助力も得られず、最終的に義経とその臣下達(他)は追い詰められて自害するに至っている。 しかし、優れた戦果を挙げていた事実から、彼らの死に民衆の多くは、 本来ならば自業自得の死を迎えた義経の死を「悲劇のの死」と見なし、逆に止む無く義経の追討を命令していた頼朝は、「弟の優れた才能にして切り捨てた極悪人」という悪い印象を強調される事になってしまった。 これが判官贔屓の具体的な由来といえる。 判官贔屓の浸透 やがて義経の死から大きく時が流れ、江戸時代に至ると、既に判官贔屓は義経だけを指すものではない程に拡大的な解釈がされるようになっており、弱い立場…もっとはっきり言ってしまえば 負けた側に対し、客観的な見方や評価を意図的に行わず、同情・贔屓の対象し、勝った側を一方的に非難する事を指すようになっていった。 歴史上の人物 古来では同じ源平時代の、時代を下ってや、、や他、近年ではや、、、、、、、、などといった、敗死した、あるいは戦いに敗れたままで生涯を終えた武将達が、判官贔屓の対象になり、彼らを主役に据えた文芸作品や大河ドラマを始めとする創作物では史実以上に美化されて描かれている。 一方で、逆に彼らと敵対した武将や武家達は、過剰なまでに悪役として脚色する傾向が強くなっている(例:や、、など)。 ただし、いくら戦争で敗北し志半ばで果てたのが哀れに見えるからといって、判官贔屓とはその言葉通り 感情移入による主観的でしかなく、敵対した勝利者側を非難する理由にはならない。 ましてや前述の通り、魅力的に美化される傾向のある大河ドラマ等での展開こそが正当な史実であるかのように判断するのは、 客観的評価の出来る歴史学者等から見れば、短絡的な評価以外の何物でもなく、結局は「勝った者が正義」と考える単純な人間と然程変わらない事になる。 その為、 判官贔屓の対象となった者達の本質がどうであるのかを判断するのは、歴史に関する書物や資料等を読んで慎重に行うべきである。 日本以外の国でも敗北した人物や勢力に同情的、或いは再評価をする傾向は、決して皆無とは言いきれない 例:中国のやや、イギリスの、フランスのやなど。 創作作品 判官贔屓が浸透しやすい流れは何も実在世界に限らず、や、、等といったフィクション・創作作品にも存在している。 特に不遇とになされる扱いを受けた、物語の中での勝負やそう取られる掛け合いで負けた、あまりにも悲惨な末路を迎えたようなキャラクター(この場合、以前から推していたキャラがそういうことになったのか、そんなキャラを好きになってしまったのかは人による)に対して、視聴者達から判官贔屓的な同情が寄せられている一方、それが原因でそのキャラクターと敵対した、そのような局面に追い込んだ相手および陣営等に対し、相手の善悪について問う事無く過度に非難してしまう事がしばしばある。 ファンサイト等でもそういった主題で論争に発展する事が多く、エスカレートしていくとから、更には対象を意図的に悪く描いたイラストや小説を製作するまでが行われ、歯止めが利かなくなってしまう事もある。 そして、そういった視聴者側の避難や論争が大きく影響した結果、 後の公式的な続編作品等にて、180度変わる形で、非難されたキャラクターの扱いが本当に悪くなってしまう事も少なからずある。 最も酷いケースと言えるのは、 作品制作において重要な役目を担っているシナリオのライター等までもが、「自らの個人的主観」から鬱憤晴らしも同然で気に入らないキャラクターの印象を意図的に悪く描写しようとする展開であるのだが、以前の作品で判官贔屓していた人物達からは賛美を得るのに対し、公正な目判断できる人物達からは逆に批判され、結局の所は賛否両論という結果となっている。 近年では、で行われている大会においてでも、判官贔屓的な応戦を行う無責任なファン達が続出する一方となっており、弱いチームばかりに肩入れする形でタオルを回したり、うちわを叩いたりする熱狂的な応援をしてしまった結果、強いとされる相手チームの選手達に精神的な重圧を与えてしまう事になり、中にはそれが試合の敗退に繋がってしまったものも少なからずある。 どのチームを応援するのかは勿論個人の自由なのかもしれないが、甲子園に出場するいずれのチームの選手達は、 関連タグ :近い部分もある 、、…判官贔屓されると、相対的なキャラクター等を対象に起こりやすい。 関連記事 親記事.

次の