トヨタ 中古 車 おすすめ。 アクア(トヨタ)の中古車

トヨタのおすすめ|大人の男が選ぶ「6つの理由」とタイプ別トヨタ車

トヨタ 中古 車 おすすめ

トヨタの全車種の中から、ここ一年間で中古車市場において 大幅に値下がりしているお買い得なクルマ全13車をランキング形式でご紹介いたします。 トヨタらしい車、といえば、どのようなイメージをもっておられますか?おそらく多くの方が、「長く安心して乗れるクルマ」と答えるのではと思います。 実際にデータをみても、トヨタのクルマは、耐久性の面では全自動車メーカートップクラスであることがわかっています。 中古車についても同様のことが言えて、やや多走行であったり、古めの年式であっても、 長く乗れる可能性が高いのが特徴です。 検査技術が成熟している昨今でも、外車(輸入車)はもとより、他の国産車メーカーと比較しても、車業界において トヨタのクルマはタフで故障しにくいことでよく知られています。 日本では売れ残るような古いトヨタ車でも、海外に輸出されて現役車として活躍しているほどです。 なかでもカローラ系やハイエースバンの中古車は海外で高い人気を誇ります。 発展途上国では果てしない荒野を延々とドライブすることも少なくなく、車の耐久性はときに生死にかかわるほど重要です。 日本には生死に影響するような場所はほとんどありませんが、それでも「信頼できるクルマ」は魅力的ですよね? トヨタのクルマのラインナップは、生産終了済みの中古車を含めると、ファミリーカーが圧倒的に豊富です。 耐久性を除けば、 特出した特徴を持つトヨタ車は少なめですが、実用的で維持しやすいクルマをお探しの方であれば、まずはトヨタの中古車から調べてみるのがオススメです。 特に中古車がはじめての方であれば、なるべく不具合が起きにくい車が好ましいですよね?車の仕組み・メンテナンス方法については、オイル交換やタイヤの空気圧チェック、洗車など、基本的なことから少しずつ学べばいいんです。 ところで、「トヨタのファミリーカーはお買い得なのか?」というのは気になるところではないでしょうか? 実はトヨタのファミリーカーは中古車市場では人気がある方なのですが、人気車種の陰に隠れて知名度の低い車種もいくつかあり、大幅に値下がりしている不人気な中古車も見つかります。 また、トヨタのクルマは販売台数が多くて寿命も長い分、不人気車であっても中古車の流通台数が多めとなっていて、近場でもお気に入りの車を見つけやすいところもポイントです。 不人気車について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧いただければと思います。 本記事では、クルマの程度を考慮して、不人気気味の車種の中から、おおよそ10年未満の車種をピックアップしました。 ボリュームのある記事ですので、車種別にクルマを分けておきました。 すでに車種を決めておられる方につきましては、目次のリンクを利用していただければと思います。 2019年1月27日更新 本記事に記載しているデータは、日本有数の掲載在庫台数を誇るを参考にしております。 コンパクトカー 第1位:ブレイド• 年式:2006年12月~2012年4月• 新車価格:224~342万円• 中古車価格:18万円~( 平均49. 0万円)• 2~13. 最大寸法:4. ブレイドは、ハッチバックタイプのコンパクトカーです。 4リッターと3. 5リッターのモデルがあり、 コンパクトなのにとてもパワフルで静粛性が高く、乗り心地も優れたクルマです。 ブレイドの製造年式は2006年からとそれほど古くないものの、中古車市場では値下がり幅が大きなクルマです。 高級ハッチバックとして発売されたちょっぴり贅沢なクルマですが、排気量が大きい分、 他のコンパクトカーと比べると燃費で劣ることが不人気の主な原因となっています。 その代わりパワーがある分、普段の運転で余裕が持てますし、エンジン音が小さくて高級車風の落ち着き感がある、いまどき珍しい車であるといえます。 ボディサイズは全幅1. 76メートル、全長4. 26メートルで、最小回転半径は5. 2メートルとなっていますので、 同じ排気量クラスのエンジンを搭載した車と比べるとかなりコンパクトです。 年式としても既に底値に達していて、ここ1年では平均58万円から49万円まで値下がりしています。 平均走行距離が約6万キロですので、安くなってはいるものの、まだまだ長く乗れるクルマがたくさんあります。 年間走行距離が少ない等の理由で 燃費はそこそこで良く、街乗りから長距離ドライブまで幅広く利用でき、余裕と落ち着きのあるドライブが好みの方にオススメの一台です。 年式:2012年7月~• 新車価格:145~211万円• 中古車価格: 29万円~(平均96万円)• 0~22. 最大寸法:4. ポルテはたくさん荷物を積むことができる、トールワゴンタイプのファミリー向けコンパクトカーです。 5ナンバーのコンパクトなボディサイズですが、車内空間を最大限に活用できるように工夫して設計されており、ウォークスルーもできる広々とした室内空間、豊富な収納スペース、そしてスライドドアなど、 実用面が優れたクルマです。 乗り心地がソフトであり、後部座席に人を乗せるのにも向いていますので、3~4人が乗るファミリーカーとしての用途にピッタリです。 3リッターのエントリーグレードを除けば、 アイドリングストップが付いているところもポイントです。 ハッチバックタイプのファミリーカーは中古車市場でも人気がありますが、競合が多いため、ポルテの中古車はここ一年で100万円以下の個体が一気に増えています。 現行型のポルテは2012年式から発売された比較的新しいクルマであり、平均走行距離も1. 8万キロですので、これからまだまだ乗ることができます。 中古車の中でも年式が新しく、お手頃な価格で購入できるファミリーカーが欲しい、という方にオススメです。 年式:2008年11月~2016年3月• 新車価格:129~355万円• 中古車の平均価格: 47. 2万円• 0~23. 最大寸法:3. 全幅1. 68メートルの標準的なコンパクトサイズに、全長わずか3メートルの短いボディを持つ、非常に個性的なコンパクトカーです。 ホイールベースがわずか2メートルで、 小回りがすごく良く効きますので、狭い道でもキュキュッとストレスなく曲がることができます。 足回りもしっかりと走るように設計されており、車体も軽量なため、他のコンパクトカーには無い運転感覚を体感できます。 全長がとても短いため、1~2人用、あるいは、夫婦+小さな子供にちょうど良いサイズです。 住宅が密集している路地(狭い通路)を通る方におすすめの一台です。 中古車市場では既に底値に達しており、平均50万円を下回るようになりました。 あまり古い中古車が増えないうちに、お値打ち価格で買える今がお買い時です。 旬な年式:2004年6月~2010年1月• 新車価格:94~167万円• 2代目中古車の平均価格: 61. 3万円• 0~21. 最大寸法:3. パッソは5ナンバーのコンパクトなハッチバックです。 人当たりが良いデザインが特徴的です。 背丈は1. 55メートル制限の立体駐車場に入るように設計されていて、トヨタのラインナップで最小クラスのコンパクトカーであり、軽量かつ低燃費なエコカーです。 運転席からの見晴らしが良く、車両感覚もつかみやすいため、 狭めの道でも運転しやすいところも魅力ポイントです。 近場へのお出かけがメインの方で、軽自動車よりも落ち着きのあるクルマをお探しの方にオススメです。 2016年にフルモデルチェンジが実施されたことにより、初代モデルの平均価格は既に30万円を下回るほどになっています。 かなりお手頃な価格まで値下がりしているものの、車両台数が非常に多く、安くて程度の良さそうなクルマがたくさんあります。 初代モデルには、1リッターと1. 3リッターの2モデルがあり、坂道や高速道路で運転される方であれば、1. 3リッターがオススメです。 旬な年式:2007年10月~2015年12月• 新車価格:168~242万円• 中古車の平均価格:• 6~17. 最大寸法:4. カローラルミオンは、ボックス型のエクステリアが特徴的な、ファミリー向けのコンパクトカーです。 歴代カローラとは異なり、3ナンバーの幅広サイズ(全幅1. 76メートル)となっていて、室内空間や収納スペースを重視したつくりになっています。 一方でコンパクトなミニバンよりも走りや小回りが良く、街乗りがしやすいバランス型のクルマといえます。 この手の微妙に大きなコンパクトカーは、中古車市場では不人気になりやすく、カローラルミオンも例にもれず比較的お手頃価格で販売されています。 7人乗りのミニバンは必要なく、室内空間やラゲッジルームの空間スペースを重視される方にオススメの一台です。 このカローラルミオンは2015年に生産が終了したため、知名度の低下もあいまって、総額100万円以内から狙える旬な時期となっています。 なお、高速道路を利用して遠出をされる方であれば、1. 8リッターのモデルであれば多人数や重い荷物を積んでいても余裕ができます。 年式:2007年1月~2015年6月• 新車価格:159~215万円• 中古車の平均価格: 59. 5万円• 2~16. 最大寸法:3. ヴィッツを若干ワイド化して、3ナンバーサイズとなったコンパクトカーです。 SUVライクのデザインなので、中古車としても、若い方にも受け入れられやすくなっています。 コンパクトカーとしては、SUVらしく最小回転半径が5. 5メートルでやや大回りですが、そもそもサイズがコンパクトなので取り回し自体は難しくありません。 ヴィッツの陰に隠れたクルマであり、ここ一年の中古車平均価格は、83万円から61万円まで大きく値下がりしています。 走行距離が多いクルマが目立ちますが、在庫台数が豊富にありますので、程度の良いクルマを見つけやすくなっています。 年式:2010年12月~• 新車価格:106~270万円• 中古車の平均価格: 87. 2万円• 2~25. 最大寸法:3. ヴィッツはスタイルが良く、エコなコンパクトカーです。 旧型モデルよりも燃費が大幅にアップしており、みんカラやe燃費をチェックすると、実燃費でリッター15キロ近い値を示しています。 ハンドリングが取りやすく、乗り心地もコンフォート寄りなので、街中での長時間ドライブも比較的楽にこなせます。 ここ一年の中古車平均価格は、一時期100万円を超えましたが、90万円まで少しずつ値下がりしています。 在庫台数が非常に多く、年式が新しいクルマですので、程度の良いクルマが見つけやすいのもポイントです。 旬な年式:2005年3月~2012年9月• 新車価格:409~501万円• 中古車の平均価格: 118万円• 最大寸法:4. ハリアー・ハイブリッドは、新車で400~500万円もする高級クラスの車であり、トヨタのプレミアムなSUVとして口コミ評価の高いクルマです。 このハイブリッドモデルは、3. 3リッターのV6エンジンにモーターが組み合わされ、パワフルさと燃費の良さを見事に両立しています。 また、 レクサスクオリティに負けないほどの高級感あふれるインテリアと乗り心地の良さも魅力ポイントです。 2014年から発売されている2代目のハリアー ハイブリッドはまだ高値を維持していますが、1代目はここ2年で平均174万円から118万円まで大幅に値下がりしています。 貫禄のあるSUVかつハイブリッドカーですので、 見た目の古さを感じさせないところも良いですね。 現行の個性的なデザインよりも、こちらの落ち着いたデザインが方が好み、という方には尚オススメです。 あまり長距離をドライブしない方であれば、非ハイブリッドのモデル(2003年2月~2013年7月生産)も平均104万円まで値下がりしていて、お買い得になっています。 旬な年式:2006年1月~2016年3月• 新車価格:159~226万円• 中古車の平均価格: 83. 9万円• 2~13. 最大寸法:4. ラッシュは、5ナンバーのコンパクトSUVです。 SUVとしては小柄で小回りが良く、一方で背が高くて見晴らしが良いため、街乗りのしやすいSUVとなっています。 この価格帯では珍しい後輪駆動のモデルがあるのもポイントです。 もちろん、雪道や悪路に強い4WDのモデルもあります。 2006年から発売され、一度もフルモデルチェンジされることなく2016年3月で生産が終了しています。 新車価格:330万円~433万円• 中古車価格:54万円~• 燃費 JC08モード : 22. おすすめ年式:2013年8月より前の中古車• 最大寸法:4. トヨタのプレミアムブランド「レクサス」のHSと大部分のパーツを共有している、上位クラスのセダンです。 ベースグレードでコミコミ400万円近くする車ですが、2013年8月のマイナーチェンジ前のモデルはあまり人気がなく、 新車時の4分の1から購入可能です。 実は2010年式のSAIを売却したことがあるのですが、経年4年目、走行4万2千キロの上級セダンが、ディーラー下取りで70万円、一括査定で86万円まで値下がりしていてビックリした覚えがあります。 ちなみに買取店での売値は、車検込みで110万円となっていました。 もう一つのポイントは、中古車としての品質の高さです。 何せレクサスと同じ工場で生産されていますので、総合的な信頼性は折り紙付きです。 エンジンには2. 4リッターのエンジンを積んでいますので、レクサスのハイブリッドカーと同じぐらい、ハイブリッドカーの中ではパワフルな部類に入ります。 ただしエコカーらしく、燃費を考慮してゆったりと加速するように調整されており、ハンドリングや旋回時のボディの動きがおだやかですので、 キビキビとした運転には向いていません。 内装はラグジュアリーなレクサスHSと共有しているだけあって、上級セダンに相応しい仕上がりになっています。 SAIの特性を考慮すると、売値は期待できないため、あまり運転しない方には損です。 ゆえに街中での走行がメインの方で、年間走行距離が多い方にオススメです。 年式:2009年10月~• 新車価格:238~562万円• 中古車価格: 45万円~• 0~11. 最大寸法:4. マークXは、ミドルクラスのスポーティセダンです。 街乗りから高速道路を利用した遠出まで、幅広いニーズに対応できるクルマです。 スポーティかつ快適なファミリーカーでもありますが、ここ一年で現行モデルの平均価格が183万円から162万円まで右肩下がりで徐々に値下がりしています。 不人気な理由は、同系統のレクサスISのようにハイブリッドモデルがなく、燃費によるものが大きいと思われます。 その代わり、3. 5リッターNAなどのパワフルなV6エンジンが安値で手に入るというメリットは大きいです。 このご時世、欧州車のミドルクラスセダンが軒並み2リッター・ターボを採用しているため、V6のNAエンジン自体が希少になってきています。 ハイパワーが大好きな方には「350シリーズ」、エンジンを回してドライブを愉しみたい方には「250シリーズ」がオススメできます。 現行型は2009年式~と比較的新しいものの、既に車両価格が100万円を下回るクルマも散見されます。 今なら平均走行距離もあまり多くありませんので、中古車として長く乗れる一台として今がお買い得です。 2004年からの先代モデルは、平均価格が66万円ぐらいまで値下がりしていますので、さらにお買い求めやすくなっています。 詳しくは、以下の記事をご覧ください。 年式:2011年10月~• 新車価格:322~402万円• 中古車価格: 79. 8万円~• 最大寸法:4. カムリハイブリッドは、ミドルクラスのハイブリッドセダンです。 カムリはアメリカで非常に高く評価されている車であり、クルマ自体の信頼性も高いため、 隠れた名車として中古車としてもオススメな一台です。 1代目はガソリンモデルでしたが、現行からハイブリッド専用となり、 燃費がリッター10キロ前後から23. 4キロまで大幅に上がりました。 エコカーなのに、最高160馬力を出力する2. 5リッターエンジンを搭載していて、停止状態からのフル加速で時速100キロまで7秒台の瞬足を誇ります。 実はプレミアムブランド「レクサス」のハイブリッドモデルであるIS300h(公式8. 2秒)やレクサスGS300h(公式9. 2秒)よりも加速面で勝っています。 欠点としては、国産戦略車ということもあり、全幅が1. その代わり、足回りが引き締まっていて高速安定性が優れていますので、 高速道路を利用して長距離ドライブをしたり、クルマの流れの速い道路で運転される方にオススメです。 前述のSAIがおだやかな設定なのに対して、カムリハイブリッドはボディサイズ自体は大きいものの、加速を含めてキビキビとした走りを楽しむことができます。 オーナー評価が高く、バランスの優れた良車ですが、中古車市場ではセダン自体が不人気のため結構値下がりしています。 ここ一年では平均241万円から185万円まで右肩下がりで値下がりしています。 ハイブリッドカーが一般に広く普及した昨今、今こそお買い得なクルマです。 年式:2012年1月~• 新車価格:285~420万円• 中古車価格: 79. 8万円~• 8~61. 最大寸法:4. e燃費のオーナー記録では、実燃費でリッター26キロ近くを記録している超エコな車です。 近場に買い物に行く程度であれば、ガソリンを消費せずにモーターのみで走行することも可能です。 バッテリーの電池が切れてもガソリンで走りますので、遠出の場合には、普通のハイブリッドカーとして気軽に利用できるのも強みです。 比較的新しい年式のクルマですが、フルモデルチェンジ版の販売が始まったことにより、ここ約一年の平均価格が214万円から143万円まで大幅に値下がりしています。 年式:2001年6月~2007年5月• 新車価格:336~422万円• 中古車の平均価格: 33. 9万円• 6~11. 最大寸法:4. ちょっと年式が古くなりますが、ラグジュアリーでお手頃な中古車を、という方にオススメなのがこのブレビスです。 ブレビスは、 今ではほぼ皆無となった、5ナンバークラス相当のコンパクトなサイズの高級セダンです。 日本で扱いやすいサイズでありながらも、高級車の貫禄があり、駆動形式がFR、豪華な木目調のパネル、サルーンに相応しい乗り心地や静粛性、そして余裕のあるエンジンパワーなど、高級車としてのポイントがしっかりと押さえられています。 後継のSAIのみならず、最近のミドルクラスのセダンが軒並みワイド化していく中、今となっては極めてレアな存在となっています。 中古車市場では玉数が少ないのがネックではありますが、平均価格は30万円台となっており、かなりお手頃な価格で販売されています。 初期モデルはさすがに古くなりますので、年式と価格のバランスを考慮して、納得のいく良い個体を見つけることができるかどうかが最大のポイントです。 年式:2009年4月~• 新車価格:184~285万円• 中古車の平均価格: 116. 1万円• 4~16. 最大寸法:4. ウィッシュは、街乗りに適した5ナンバーサイズ(一部3ナンバー)のコンパクトなミニバンです。 全幅が1. 8メートル以内なので比較的狭い道でも通りやすく、一方で全長はロングで3列目を倒すとかなりの積載スペースを確保できます。 ミニバンとしては車高が低くて軽く、加速力や走行性能はそこそこ優秀です。 現行型は比較的新しいものの、ここ半年で平均価格が10万円ほど値下がりしています。 走行距離の少ないクルマも多いため、あまり古くない、長く乗れてお買い得な中古ミニバンをお探しの方にオススメです。 おすすめ年式:2007年6月~2013年12月• 新車価格:199~315万円• 中古車の平均価格: 120. 6万円~• 4~13. 最大寸法:4. ノアは、ウィッシュよりも一回り大きなミニバンです。 ウィッシュよりも背が高く、車内空間がより広々としています。 人気のあるミニバンですが、2007年~の先代モデルはココ半年で平均150万円から120万円まで大きく値下がりしています。 中古車在庫数が非常に多いため、お好みのカラー・オプションのクルマや、程度の良いクルマを見つけやすいところがポイントです。 注目されがちな新型ハイブリッドカーが売れている時期は、影に隠れた中古のハイブリッドカーが出てくるということですね。 車は新しければ良い、というわけではなく、コスト削減やデザインの大幅チェンジなどにより、旧型モデルの持ち味が損なわれてしまうことが多々あります。 トヨタ車の場合には、ここ数年は奇抜なルックスで特定のターゲット層にアピールする車が増えており、旧型の方がトータル面でのデザイン性が良かったりします。 カーセンサーで中古車を探す場合には、 写真説明の欄に重要なコメントが書かれていることがありますので、ひととおり目を通しておくのがオススメです。 トヨタのクルマはタフですが、「オイル交換を長年していない」、「交換が必要なパーツをそのまま使っている」など明らかに整備を怠っている車がであれば、話は別です。 中古車選びの際には、整備履歴がわかるなど、安心感のある個体をしっかりと選ぶのがポイントです。 皆さまに良いクルマが見つかることを願っております。 ラグジュアリーかつ安心感のある中古車をお探しであれば、トヨタのプレミアムブランドである「レクサス」の中古車もオススメです。 本記事が皆さまの参考になりましたら幸いです。 この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。 皆様からのレスポンスが何よりの楽しみです。

次の

予算100万円以下のおすすめ中古車ベスト10。燃費がよく運転しやすい車はこれ!

トヨタ 中古 車 おすすめ

トヨタのおすすめ中古車!ハイブリッド トヨタと言えばハイブリッド、ハイブリッドと言えばトヨタ という感じで、日本のエコカー市場をけん引しているのは、やはりトヨタ ですよね。 正直、圧倒的な技術力で、世界的にも、今現在ハイブリッドの 低燃費車両においてはトヨタに勝てるところは、ないのでは? と思います。 新車のハイブリッド車の人気を反映して、やはり、中古車市場 でも、 トヨタのハイブリッド車は圧倒的に強く、リセールバリューが まずまず高い状態で推移しています。 正直、ホンダ等に比べてやはりトヨタは圧倒的ですね。 今2017年、春で、最も強いのは、 トヨタアクアになります。 今の段階で(2017年春)3年、30,000km以内の車の残価が60%くらいです アクアは兄貴分のプリウスなどと並んで、新車の販売(以前より多少落ち着いたとはいえ) も好調で、 中古車市場にもかなりの台数が流通していますが他のコンパクトカーなどと 比べてもわりと良い値段で取引されているみたいですね。 モータースポーツ好きの現トヨタ自動車の豊田章男社長が提案した トヨタスポーツ車両統括部(通称:TOYOTA Gazoo Racing Factory)が開発した 作りこみのこだわりが随所に感じられるモデルとなっていて、足回りのセッティングや 車体本体のボディ剛性をあげるために溶接部分のスポット増し等を行っています。 他は上級グレードのGとその派生モデルX-URBANが狙い目です。 色は、パールと黒ですね。 色に関しては、他の車と同様、黒、パールは強いです。 しかし今はセダンのプリウスと変わらない感じになっていますね。 となると、他のステーションワゴン系のハイブリットを買っても (例えばカローラフィルダーとか)変わらない感じになってしまいます。 という感じですので、 むしろ普通のプリウスの方が若干リセールが高くなっています。 それでも55%以上のリセールバリューがあるっやはり、旧型も人気ですね。 むしろ個人的には値段が落ち着いてきた旧型30の新しめの車を狙った方が 良いような気がします。 以前に比べて、新型がでてだいぶ手ごろな価格になっていますし 30のプリウスもトヨタの作りこみがものすごいので、めっちゃ品質は高いです。 正直、個人的には中古車で狙うのであれば、アクアよりも、値段のこなれた30系の プリウスがおススメです。 他は、 ツーリングセレクションのグレード(G、Sともに) 色もやはり、パールホワイトとブラックが人気です。 ハイブリットで故障も少ないし、トヨタはやはり強いですね。 リセールを考えた車選びをするなら、特に車種にこだわらないのであれば、 エコカーで考えるなら、アクアとプリウスにしておいた方がよさそうです。

次の

トヨタの中古車のおすすめ車種は?値落ちしない車suv他

トヨタ 中古 車 おすすめ

かっこいい男性におすすめするトヨタ車 国産品にこだわった、質の良い車を求めるカッコイイ男性には、世界に誇る一流自動車メーカーのトヨタ車がおすすめです。 カッコイイ男がトヨタ車を選ぶには理由があるのです。 物に対してのこだわりや物の質を意識する、大人のカッコイイ男に見合った車といえば、断然トヨタ車がおすすめです。 トヨタをおすすめする理由 トヨタ車をおすすめする理由は、いったいどこにあるのか。 ここにポイントを絞ってみよう。 海外で所有日本車ランキングの第1位はトヨタ車が君臨しています。 日本国内においても年間の乗用車販売台数ランキングでは、トヨタ車が圧倒的販売数で第1位となっています。 世界的に見たトヨタ車のシェア度の多さが、大きなおすすめ理由の1つと言っても良いでしょう。 ここでは、トヨタ車をおすすめする大きな理由を6つ挙げてみました。 世界トップクラスの実績と信頼 トヨタは世界的にも人気がある自動車メーカーです。 2017年の自動車販売台数は1046万6451台で世界第3位となっていますが、営業利益では8. 1%の利益率で1兆7701億8600万円の世界第1位となり、トップレベルのトヨタをアピールしています。 トヨタの販売台数が伸びなかった原因は、中国やアジアの新興国での販売が思うように伸びなかったことが大きな要因だと考えられます。 それに対してフォルクスワーゲンは、いち早く電気自動車を投入しアジア新興国でのEV自動車の販売台数が伸びたことで世界第1位になったのでしょう。 2018年5月の情報では、日系自動車メーカーの中国市場新車販売台数は、8. 7%増の販売台数となっており、今後のトヨタの海外販売台数に期待したいところです。 【参考:】 高い技術力に裏打ちされた先進性 2017年から世界各国において排ガス規制が厳しくなっていることで、各国の自動車メーカーでEV開発が加速している中、トヨたも本腰を入れてEV電池開発に乗り出してきました。 エコカー用の関連電池に関する特許出願数は、1997年から2017年までに2434件と、他社に比べて圧倒的な多さを誇りトヨタのEV開発に対する本気度が、明確となっていることが分かります。 2018年2月には、EV高出力モーター用で使用されるネオジム磁石において、レアアースといわれているネオジム使用量を大幅に削減することができる、世界初登場の新型EV用磁石「省ネオジム耐熱磁石」の開発に成功したことから、トヨタの本格的なEV開発は、秒読みに入ったと言われており今後のトヨタに大いに期待ができます。 【参考:】 早急な環境問題への取り組み 2015年に開催された「トヨタ環境フォーラム2015」では、長期的な地球温暖化対策として「環境チャレンジ2050」を発表し、温暖化防止のみならず水環境へのインパクトと循環化社会の実現、生物多様性の保全を目標とし5年毎に目標達成状況の報告等も行うと宣言しています。 トヨタ自動車の温暖化防止と、新しいエネルギー社会の実現につなげる表明を受け、WWF側も大いに歓迎し、今後の新しいエネルギー社会を実現するトヨタ自動車に期待を現しています。 【参考:】 多種多様なラインナップ トヨタ自動車には、2018年6月現在49車種の取り扱いがあります。 国内メーカーの日産は30車種、ホンダは24車種ということを考えても、圧倒的なラインナップだといえます。 これだけのラインナップを取りそろえるトヨタは、好みのクルマが必ず見つかる多種多様のラインナップという点も、トヨタをおすすめする理由なのです。 【参考:】 【参考:】 【参考:】 販売店舗の多さ トヨタ自動車の新車販売店は、現在4つの販売チャンネルに分かれ、販売チャンネルごとの取り扱い車種やチャンネルでシェアした販売方法をとっています。 4つの販売チャンネルには、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店があり、2010年現在283店の販売数を全国展開し、それぞれの販売店には販売店舗が数十店単位で展開となっています。 販売店舗が多いということは、商談や購入後のメンテナンスが気軽に立ち寄れることや、万一の故障や修理なども全国的に展開しているトヨタなので、出先や旅行先での対応も十分といえます。 【参考:】 中古車でも高品質 トヨタ直営の中古車販売店舗も全国的に約1700店舗あり、取り扱い中古車台数は約8万台以上といわれ、その取り扱い台数のうち25%は、新規登録から3年以内となる高年式車となっています。 高年式車の中古車は、販売店舗での試乗車やショールーム展示車なども含まれ、新車購入者が新車登録後、初めての車検でまた新車に乗り換えていることも考えられるため、約3年落ち程度の上質な中古車を多く在庫しているということになります。 【参考:】 目的別おすすめ一覧 トヨタ車種は2018年5月現在、乗用車だけで49車種のカーラインナップとなっています。 49種類の車の種類から、自分に合うカッコイイ車はどんなクルマがあるのか、目的別におすすめのトヨタ車をご紹介しましょう。 カッコイイ車に乗るならヴェルファイア 威圧感ある大型ミニバンのヴェルファイアは、販売店が違うアルファードと人気を二分しているものの、オラつき感満載で男性からの人気は圧倒的といって良いでしょう。 ヴェルファイアの販売当初「動く応接間」と言われたほど、威圧感あるエクステリアとエレガンスなインテリアの両面をもった車として人気があり、メッキ使いのフロントグリルや厳つい横顔がゴージャス&チョイワルで、男性にはおすすめなトヨタのミニバンです。 この先代の名前が受け継がれだ現行の86は、2012年にスバルとの共同開発により正式販売されました。 ちなみにトヨタでの販売は「86」スバルでの販売は「BRZ」になります。 自動車市場でエコカーブームとなっている時代に、車の楽しさや運転の面白さを思い出させてくれるFRスポーツカーは、ドライバーの直感でのハンドリングや低重心の地を這うような視界感が、スポーツカー好きにはたまらないトヨタスポーツカーの代名詞となっているクルマです。 86は、ノーマル車でもその走行性能や運転の楽しさを味わうことは可能ですが、86専用のアフターパーツの充実度も人気の理由になっています。 自分次第にカスタマイズできるオプションで、他人とは違う自分だけの86を味わうことが出来ます。 【参考:】 上質なキャンプにもってこいのランドクルーザー 街乗りの静寂性やアウトドアでの安心感なら、トヨタのフラッグシップ大型SUVとなるランドクルーザーがおすすめです。 ランドクルーザーは、世界各国で利用者が多く、支援物資輸送用に赤十字などでも利用されるほど、耐久性、走破性に優れた車であり、部品の交換のしやすさや世界各国で部品の供給が出来ることなどが、世界中で人気の理由でしょう。 SUVとしての耐久性もさることながら、ランドクルーザーから漂う高級感は、トヨタ最上クラスのSUVとしての威厳あるクルマだからです。 世界でも日本国内でも人気があることから中古車市場でも値崩れの幅が少ないクルマです。 ランドクルーザーなら、仲間とのキャンプや夏の砂浜、悪路の山道でも、どんな道でも安心して走行できる安心感が得られます。 あたりの優しい乗り味で、長距離ドライブでは高速道路の抜群の安定性から、トヨタ最高級大型セダンのクラウンにも引けを取らないと言われるほどで、レーダークルーズコントロールや無段階調節電動シートなど運転しやすいクルマとしての代表選手になっています。 そのボディは、90か所に及ぶスポット溶接を追加し剛性感をアップさせたことで、優れた質感の乗り心地と操舵時の正直さが伝わる安定感あるトヨタを代表するミドルセダンです。 【参考:】 圧倒的な低燃費のプリウスPHV ハイブリットの代名詞と言われたプリウスの進化系EVハイブリット車であり、「プリウス・プラグインハイブリットカー」として2009年に発売開始されており、2012年から「プリウスPHV」とした正式名称で販売されています。 圧倒的な低燃費で経済的、環境にも優しいプリウスPHVは、1度の充電でEV走行約68. 2kmと街乗りなら十分な走行距離であり、ハイブリット時のガソリン燃費も37. また、EV充電は家の100V電源で充電可能なので、ランニングコストが抑えられ魅力的な低燃費ハイブリットカーです。 【参考:】 安全性を重視したいならプリウス ハイブリットカーと言えば世界的にその名前を轟かせた「プリウス」は、エコカーブームの先駆けと言っても良い、トヨタを代表するクルマです。 1997年に発売開始した1代目モデルから、2015年に発売した現行モデルの5代目まで、トヨタの進化が詰まったクルマと言ってよいでしょう。 デザイン・安全性・走行性の全てを変えた未来の骨格「TNGA」第1号搭載車として発売され、運転しやすく、操舵しやすく、静寂であり、低燃費でありながら楽しい加速感、安全な強いボディが新しいプリウスとして魅力の一つとなっています。 トヨタの安全運転支援システム「Toyota Safety Sense P」に加え、最新の安全装備のインテリジェントクリアランスソナーや、パーキングブレーキサポートなどの特別装備をプラスした特別仕様車も登場し、走行性能だけでなく、十分な安全走行を望む方にはおすすめなトヨタのプリウスです。 【参考:】 人とは違う車に乗るならMIRAI トヨタの最新技術がつまった未来を予想するクルマとして、MIRAIがあります。 MIRAIは、世界で初めて燃料電池車を市販化として成功したトヨタの技術力の結晶と言ってよいでしょう。 水素で作った電気で走るので、ガソリンを使わない環境に優しい安全な車として注目を浴びました。 1度の水素ステーション充電で、約650km走行可能な経済的未来カーです。 MIRAIの購入には、クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金やエコカー減税、クリーン化特例など多くの補助金制度の適用があります。 街中でもなかなか見かけることのないMIRAIは、他の人と同じ車で満足しない男性にはおすすめの車です。 【参考:】 女性から見る彼氏に乗ってほしいトヨタ車 男性が好むクルマと、女性に好まれるクルマには違いがあります。 女性は案外、見た目が「普通」であり目立たないクルマで迎えに来てほしいと思っています。 助手席に乗った乗り心地や、清潔な静寂性のあるクルマが好まれます。 女性から見た彼氏に乗って欲しいトヨタ車は、どんなクルマか見てみましょう。 ヴェルファイアよりおとなしめデザインのアルファード トヨタの大型ミニバンアルファードは、オラオラ感の強いヴェルファイアと販売チャンネルの違う兄弟車ですが、ヴェルファイアの厳つさが無く、エレガントな大人しいデザインが特徴で女性ファンが多いクルマです。 大きさや機能面では、さほど変わらないアルファードとヴェルファイアですが、エクステリア面ではファミリーカー向けの大人しいエクステリアに、女性の人気は高まっています。 ヴェルファイアの場合は、若い男性が乗るイメージが強く、ファミリー向けでないという意見もあります。 乗り心地が魅力的なクラウンロイヤル 1955年から発売されたトヨタのラグジュアリーセダンに位置する、クラウンの中でも特に「クラウン」らしさが残っているクラウンロイヤルは、上質な走りと乗り心地の良さは女性が求める高級感そのもの。 「腐ってもクラウン」と言われたくらい、トヨタが誇る代表的な車と言って良いでしょう。 助手席に乗る事の多い女性にとって、乗り心地や静かな滑るような走りは、乗っているだけで高級感に浸れる女性が求める要素が全て詰まった人気のクルマです。 女性なら、クラウンロイヤルで彼氏に迎えに来てもらったら、いつもよりお淑やかに優美な振る舞いをしてしまうこと間違いなしです。 高級感とかっこよさのあるハリアー トヨタの「高級クロスオーバーSUV」という、新たなカテゴリーを作った先駆的モデルとして、1997年に発売開始したハリアーは、現行モデルで3代目となりトヨタのラグジュアリーSUVの代表モデルとなっています。 都市に映えるエレガンスなエクステリアと、上質な空間をもつインテリアは、派手さと優美さを掛け合わせたミスマッチが女性に人気があり、カッコイイ彼氏が乗っている車としての位置づけは、発売当初から囁かれてきた、女性の憧れのラグジュアリーSUVと言って良いでしょう。 安全面で評価が高いプリウス 安全面でトヨタが本腰を入れている車といえば、プリウスの名前が挙がります。 エコカーの代名詞といえるプリウスは、環境に敏感な女性にも支持されるエコカーであり、乗っている事への安心感が感じられるクルマとして、女性からの支持も多く集めるクルマです。 女性が苦手な車もある 女性から不人気とされるクルマには、どんな車種があるのだろう。 VIPカーなどのカスタムを施している派手なクルマや、シャシーを極限まで下げているシャコタン、足回りをスポーツ仕様に変えている乗り心地のゴツゴツしたクルマなど、スカートで乗り降りがしずらいクルマなども不人気となっています。 スーパーカーなど車高が低いだけでなく、走行していると歩行者に振り返られるくらいの大暴音を発するクルマなども、迎えに来られたら恥ずかしいクルマとしてあまり好まれない傾向があります。 【参考:】 【参考:】 トヨタ系列の各販売チャネルの特色を知ろう トヨタには4つの販売チャンネルがあり、それぞれに特徴を生かした販売店舗になっています。 4つの販売チャンネルには、各チャンネルごとに、ニーズやライフスタイルに合わせた取り扱い車種が限定されているので、購入の際には自分の気になる車種を取り扱っているのか注意しましょう。 高級車狙いならトヨタ店 70年以上の歴史があるトヨタの代表チャンネルとなるトヨタ店は、クラウンやランドクルーザーなど高級車クラスのトヨタの代表車種を取扱い、各店舗では店舗にくるお客様に上質な「おもてなし」を提供するトヨタの中の高級車取扱店と言って良いでしょう。 北海道から沖縄まで、日本全国展開をするトヨタ店は、各店舗それぞれに高級感あるトヨタの伝統が受け継がれているチャンネル展開となっています。 【参考:】 ミドルレンジならトヨペット店 1953年に設立されたトヨタで2番目に古いチャンネル販売店になるトヨペットは、設立当初からファミリーカーの代表車種と言われたマーク�Uやコロナを取扱い、ミディアムカーを専門に扱う販売店です。 トヨペット店の取り扱い車種には、アルファードやマークX、ハリアーなど中堅世代にガッチリハマるミドルレンジにはおすすめのクルマを販売する店舗です。 【参考:】 コンパクトカーが強いカローラ店 1969年にカローラを取り扱う販売チャンネルとして生まれたトヨタカローラ店は、ロングセラーであるカローラをはじめコンパクトカーを中心に取扱い、若年ファミリーカーに人気のノアなど、女性やファミリー層に人気の車種を多く取扱い、トヨタの中でも量販チャンネルとして位置づけられています。 【参考:】 ミニバン&コンパクトのネッツ店 2004年にネッツ店・ビスタ店が合併し、新しいネッツ店として生まれ変わり、チャンネルの中では一番新しいとされる販売店であることから、若者や若い世代のファミリーカー層をターゲットに、人気のミニバンやコンパクトカーを多く取り扱うチャンネルです。 【参考:】 MIRAI取扱店 MIRAIを取り扱っているトヨタ販売店は、トヨタ店とトヨペット店の一部店舗になります。 MIRAIは、通常の自動車と違い水素を使用しているEV車なので、一般店では整備や水素充電ができません。 MIRAI取扱店の中でも整備対応ができる店舗は、一部店舗のみの取り扱いになります。 水素仕様のEV車が今後増えてくれば、トヨタ店舗による取扱店も増加してくるでしょう。 【参考:】 中古車選びで失敗しないコツと確認すべきこと 中古車を購入対象として考えている場合は、「当たりの中古車」を選ぶためコツがあります。 購入後に故障ばかりしたり、失敗した中古車を選ばないためのコツと良い中古車の見抜き方をご紹介しましょう。 中古車が買える安心感トヨタディーラー トヨタでは、直営ディーラーの中古車販売店も運営しています。 ディーラー直営の中古車は、一般的な中古車販売店より少し割高な価格設定が多いのですが、それには高いなりの理由があります。 トヨタで新車を購入した人の下取り車の販売や、ディーラーで試乗車として使用した新古車の販売など、良質な中古車と呼ばれ、出所がはっきりした中古車が多いことが値段が割高になる理由になります。 また、トヨタ認定中古車を購入した場合は、他のトヨタディーラーでもメーカー純正整備や補償を受けれることも、トヨタディーラー直営中古車は、安心な中古車が購入できると言われる理由です。 走行距離や年式の確認 中古車の場合、特に気を付けたいポイントは、走行距離や年式の確認になります。 年式が3年落ちでも走行距離が過走行だったり、低年式の旧車でも距離が低走行の場合があります。 一般的に、1年約1万kmの走行として中古車の標準走行距離と言われています。 高年式でも過走行になるのは、長距離などの走行が多く高速道路などを多く使用していたクルマと考えられます。 また、低年式で低走行車の場合、クルマを走行することなくガレージに停めていた期間が長かった為、走行距離が伸びていないクルマだろうと予想できます。 どちらにしても中古車を選ぶにしては、あまりおすすめできないクルマといえます。 あくまでも標準の走行距離を走った高年式と言われるクルマが、一般的におすすめです。 高年式過走行は、走行している距離に応じてのタイヤや各種機能に支障が出てくる場合があり、低年式低走行は、機関の錆びやゴム等の経年によるヒビ割れなども考えられるからです。 どんな中古車がおすすめかというと、高年式低走行が一番おすすめです。 ただし、高年式低走行車の場合は、中古車と言っても値崩れすることなく高額が予想されます。 無難な中古車なら一般的な走行範囲の1年約1万kmペースで走行されたクルマが標準でよいと言われ、3年落ち程度なら3万km走行程度で、まだまだ現行モデルを購入することもできることから、おすすめの中古車となります。 【参考: 車検未だか済みか状態 新車の場合初めての車検は3年後になります。 その初めての車検タイミングに、車の入れ替えを行う方も多く、3年落ちの車は車検が切れる直前か、もしくは切れた直後の車が多くなります。 中古車サイトを見ていると、「車検2年付き」「車検整備付き」などの表示を良く見かけます。 現在車検が切れている事は理解できるが、プライス価格に車検代金が含まれているのか、別途請求されるのか分からない場合も多いのですが、この表示を正確に理解することも中古車選びのポイントになります。 「車検整備2年付き」や「車検整備付き」の場合は、車検を新たに受験する際の24か月定期点検整備は付帯されているが、車検そのものにかかる税金等は、購入者本人が別途負担する意味となります。 ユーザーからすると、2年分の車検が付いている様に思えてしまう事が多いので注意しましょう。 車検が残っているクルマが良いのか、車検が無いクルマを選ぶべきなのかと思われますが、中古車を購入する際に少しでも安く購入したいのであれば車検付きの車になりますが、車検がある車でも車検時期になれば車検費用は所詮掛かってしまうので、車検の有り無しでは一概に中古車を選ぶポイントといえません。 【参考:】 保証はちゃんとしているかどうか 中古車は新車に比べ故障が多い場合が多く、前のオーナーがどのような車の扱いをしていたか分からないなど、不安な要素が多いのが一般的です。 その点では、トヨタディーラー中古車保証がついているディーラー認定中古車がおすすめとなります。 中古車販売店によっては、走行1,000km保証や納車後3か月保証と言った場合も多く、1,000km程度や3カ月程度などは、納車後ほとんど車に乗らないうちに保証満期が来てしまう場合も考えられます。 トヨタディーラー中古車では、「トヨタロングラン保証」があり、購入後1年間はメーカーや年式に関係なく無料にて修理保証を受けることができるので、中古車を購入後の修理や故障が心配な場合は安心だと言えます。 【参考:】 いざ車を買う時はどうすればいいのか トヨタ車の魅力や、トヨタ車の人気の車種を知ってトヨタ車を購入しようと思ったらまず、どんな車が自分に合っているのか、クルマを選ぶにあたっての優先順位を決めましょう。 ここだけは、譲れない自分のポリシーやクルマに対する想いが必ずあるはずです。 クルマを使用する用途で選ぶこともありますし、乗せる人を想像して選ぶ場合もあります。 自分なりの優先方法でクルマを選んでみましょう。 自分にとっての優先順位で車を選ぶ 自分にとっての優先順位はと、考えてしまうと難しい場合もあります。 クルマを使用する目的で一番優先させたい事を選んでみるのも良いでしょう。 例えばデートで彼女を隣に乗せる為とか、長距離のドライブを楽しみたい、アウトドアでキャンプや釣りなどを楽しみたい、自分の思うままの走りソノモノを楽しみたい、主なクルマの利用は通勤のみなど、自分にとってクルマを持つための目的の優先順位で、クルマ選びをすることも良い選択方法です。 【参考:】 絶版名車は中古でしか買えない 何処に行っても自分と同じクルマに出会ってしまうので、次に購入するクルマは他の人と被らないクルマにしようと思ったら、絶版になっている中古でしか購入することができないクルマも良いでしょう。 トヨタでも既に製造販売終了となっている車種があり、その中には絶版後に人気が再過熱して中古車市場での価格が高騰してしまう車種もあります。 トヨタの絶版車種には、ソアラやセルシオ、FJクルーザーやRAV4、アルテッツァ、bBなど今でも人気のある車種が多く、そのような絶版車を探す場合は、中古車で探す方法しかなくなっています。 【参考:】 どこの販売店で買うか決める トヨタのクルマを購入しようと思ったら、近くにあるトヨタの販売店でどんな車種が取り扱っているのか、調べてみましょう。 自分が購入したい車種の取り扱いがある販売店は、どこなのか調べる必要があります。 ただし、車種によっては4つの販売チャンネルの全てで共通に取扱いがあるクルマや、限定の販売チャンネルでしか取り扱っていない車種があります。 どこの販売店で購入するのか決めるには、なるべく交通の便が良く自分が行きやすい販売店を選びましょう。 【参考:】 お気に入りの営業担当者と仲良くなる ディーラー販売店の営業担当者と仲良くなると、クルマを購入する時も購入後も融通が聞く場合があります。 購入前でも、たまたま初めていったディーラーで担当してくれた営業担当者と話が合ったら、気になるクルマを試乗してみるとか、新車の発表に訪れてみるなど、営業マンも人間なので普段からこまめなコミュニケーションを取って良い関係でいるとサービスも違ってきます。 何度も営業所を訪れて担当者と仲良くなってから、クルマの注文時には納車時期での融通や、下取り車をサービスで高値で下取りしてもらえたり、注文時にオプションをサービスをしてもらえたり、納車後も整備や車検で代車を出してもらえるなど、仲良くなっている営業マンだからしてもらえる優遇がある場合もあります。 他のライバルメーカーの主な人気車種 トヨタ車以外の人気車種には、何があるでしょう。 他のメーカーの人気車種も考慮にクルマ選びをすることで、トヨタ車と比較することもでき新たなトヨタ車の魅力が分かる場合もあります。 レクサス LS500H トヨタの高級外国車向けブランドとして1989年に生まれたレクサスは、海外で瞬く間に人気になり現在でも海外人気が優勢のブランドですが、2005年から日本でも販売をスタートし、トヨタとは違うブランドとして独自の車種を販売しています。 レクサスのフラッグシップLSシリーズは「Luxury Sedan」の略で、最高級なレクサス代表のセダンとして日本でも人気の車種となっています。 トヨタ車と比べるとクラウンクラスとなるLS500Hですが、価格設定やクラス的見解から見てみると、割高感が否めないモデルとなるでしょう。 【参考:】 日産 ノートeーPOWER 2017年に日本国内で最も売れたクルマの日産ノートe-POWERですが、e-POWERの装備に惹かれて購入した方も多く、コンパクトで低燃費な人気の一台となっています。 ただし、ノートe-POWERを購入した方の中には不満の声も少なくありません。 ヘッドライトのデザインや、インパクトが少ない全体的なデザイン、室内の使い勝手悪さの面で、不満を漏らすオーナーもいます。 トヨタのハイブリットコンパクトカーと言えばアクアですが、値段的にはノートと大差なく、同じハイブリットコンパクトカーとして、燃費やインテリアなどではアクアの方が勝っているという意見もあります。 【参考:】 ホンダ オデッセイ ミニバンの先駆車と言っていいほど、低床ミニバンブームの火付け役とも言えるオデッセイは、1994年に発売され、現行モデルで5代目となるロングセラーのホンダの代名詞と言って過言でない低床ミニバンです。 ホンダらしい走行性能が楽しめるクルマですが、静寂性や乗り心地には不満の声も多くあります。 オデッセイと同クラスのトヨタ車では、やはりロングセラーのエスティマが考えられます。 価格的にも大差なく、同じ低床ミニバンとしてどちらも人気があり、ハイブリットモデルも取りそろえる同クラスの車と言ってよいでしょう。 運転する楽しさで言ったらオデッセイになりますが、同乗する家族や彼女の意見では、やはり安定性や静寂性のあるエスティマに軍配が上がるようです。 【参考:】 マツダ アクセラ(クリーンディーゼル) 値引きを一切しない宣言をしたマツダメーカーのコンパクトカーアクセラは、マツダの「人馬一体」という走行性能を、さらに高める新世代車両運動制御技術の総称として、G-ベクタリングコントロールを搭載するなど、マツダ独自の技術をふんだんに取り込んだクリーディーゼル車を設定して人気となっています。 まだまだクリーンディーゼル車の供給が少ない分野での販売体制に、ハイブリッドなどに比べて割高感と思われるところがあり、同じクラスのトヨタプリウスと比べても、走行性能ならマツダアクセラ、安全性と快適性ならトヨタプリウスになるでしょう。 【参考:】 スバル レヴォーグ スバルレヴォーグは、一世を風靡したレガシィツーリングワゴンを先代にした、ツーリングワゴンモデルの人気車種として、スバリストからも絶大な人気となっているクルマです。 インプレッサをベースにしWRXと同時開発しただけあり、スバル拘りのキビキビした走行性能とちょい派手目なエクステリアで人気のクルマになっています。 世界的に人気があるカローラのツーリングワゴンモデルのカローラフィールダーが、レヴォーグと同じ形状の同じタイプとして比較しやすいでしょう。 価格的には、レヴォーグが高値ですが、ボディサイズ的には、レヴォーグが大きいのですが、室内の広さはカローラーフィールダーの方が200mm近く広い作りとなっています。 アウトドア派にはこの室内の広さが魅力と言われています。 【参考:】 三菱 デリカD5(ディーゼル4WD) ミニバンとSUVを兼ね合わせたお洒落な他社のミニバンに比べ、男らしい荒々しさの三菱デリカD5は、その飾らないエクステリアやインテリアに、流行に左右されない個性あるクルマとして、人気の個性派ミニバンです。 三菱デリカD5をクラス的に見て、2017年に販売台数第1位となったトヨタエスクァイアと比べてみましょう。 見ればわかるエクステリアの荒々しさのデリカD5に対して、ゴージャスな都会派エクステリアのエスクァイアは、見ため的には全く別物ですが、同じ5人乗りの2000ccクラス、室内長さもほぼ同じ大きさ、ただし室内高は、予想に反してエスクァイアの方が90mmも高い仕上がりとなっています。 どちらもほぼ同じミニバンですが、流行に左右されない荒々しい男らしさでは三菱デリカD5、ゴージャスなインテリアと広々とした室内空間ではトヨタエクスファイアが、選ぶポイントと言っても良いでしょう。 【参考:】 メルセデスベンツ Sクラス ドイツの人気車メルセデスベンツの大型クラスセダンであるSクラスは、圧倒的なブランド力と伝統的先進的なベンツの精神が宿る贅をつくした最上級の装備で、日本においても輸入車ナンバーワンクラスの高級車として人気になっています。 ベンツらしさが漲るエクステリアとフロントマスクは、威圧感たっぷりで自分で運転するより運転手を抱えて乗りたいと思わせるクルマです。 やはりベンツと言うブランド力は、「ベンツに乗っているぞ」という自己満足という意見もあります。 【参考:】 今後発売予定の注目トヨタ車 トヨタ自動車では、日々躍進し今後発売予定とされている、注目新車種もあります。 マイナーチェンジやフルモデルチェンジなども予定され、今後の発売動向も気になる車種が多くあります。 フルモデルチェンジのクラウン 2018年6月26日の「TOYOTA CONNECTED DAY」にて発表されることが決まった、フルモデルチェンジされるクラウンに注目が集まっています。 1955年に初代クラウンが発売され、トヨタの顔と言われるロングセラーモデルは、今回のフルモデルチェンジで15代目となります。 2018年夏頃発売開始予定とされる新型クラウンは、今までタイプ別に分かれていた3シリーズを1つに統合したコネクテットカーの発表と言われています。 パワートレインは、V6で3. 5Lのハイブリッドタイプが発表されるのではといわれ、打倒BMWやベンツを目論み、大型車セダンクラスの国産車離れに歯止めをかけるクルマになるのではと、期待されています。 【参考:】 復活するスープラ 2018年10月に発売開始と言われてる新型スープラは、1978年から2002年まで発売されたトヨタの人気スポーツカーで、16年目の2018年の復活で大いに期待が持てるクルマとして、スポーツカーファンから注目される1台となっています。 BMWと共同開発し、プラットフォームをBMWが、ハイブリッドシステムをトヨタで開発されることが発表されています。 新型スープラは、先発で開発されたBMWのZ4のクーペタイプボディになると言われています。 Z4同様の多くのエンジンラインナップがあり、3. 0L直列6気筒ターボエンジンは、BMWで開発され最高出力425馬力が用意されているのかと噂され発表に期待が注がれます。 【参考:】 注目の新車種TJクルーザー 東京モーターショー2017で新型発表されたTJクルーザーは、噂ではFJクルーザーの後継と言われていましたが、全くの別のクルマとして誕生するようで、2018年発売予定と噂され期待が高まります。 ボディサイズはFJクルーザーより小さく、ニューヨークモーターショーで発表されたFT-4Xよりも大きな、「SUVバン」と言われる、新しいクルマのカテゴリーとして発売されると予測され、そのエクステリアは、正にオフロード仕様のバンというイメージ。 斬新なデザインの新たなSUVとして注目株となっています。 発表は2018年秋ごろで発売に関しては2019年春になるのではと言われています。 ステーションワゴンのカテゴリから一新して、3列シートのSUVになり、現在増えつつある7人乗りSUV車として生まれ変わるようです。 現在販売中のC-HRの大型サイズのような出で立ちに、ますます用途が広がること間違いなしと期待できるクルマです。 【参考:】 フルモデルチェンジのRAV4 1994年に発表された初代RAV4は、乗用車をベースに開発された「クロスオーバーSUV」として多くの若者に支持され、日本の自動車業界においてクロスオーバーSUVの先駆車となったクルマです。 日本では2002年に発売終了していますが、海外では根強い人気のもと現行でも発売されている車種となっています。 2018年ニューヨークモーターショーで世界初公開となった新型RAV4は、2019年春に日本で復活すると言われています。 パワートトレインには、今回初採用となるハイブリッド「新型E-Four」の搭載で、ハイブリッドとは思えないの走破性と優れた操舵安定性を実現するモデルと発表され、初代RAV4世代を愛した若者が、現代では環境に敏感な中堅世代となり、環境に配慮され生まれ変わったRAV4に人気が高まるでしょう。 【参考:】 2021年と先だがフルモデルチェンジ予定の86 クルマ本来の楽しさと所有する歓びを感じるクルマとして、2012年に発売開始されたトヨタ86は、新たな86が誕生ではと注目が集まり、2021年に発表予定とされる新型86は、開発段階に入ったと言われFRスポーツカーファンは期待してその発表を待ち望んでいます。 現行モデルには2. 0L水平対向エンジンが採用されていますが、新型86ではパワーアップした1. 8L水平対向ダウンサイジングターボエンジンが採用されるのかと、水平対向ターボファンには期待の1台と言われています。 【参考:】 フルモデルチェンジのセンチュリー トヨタ自動車が1967年から発売しているショーファードリブンカーとして、2018年に発売開始と言われているに3代目センチュリーのフルモデルチェンジが期待されています。 発売される3代目センチュリーは、V8の5. 0Lハイブリッドモデルとされ、「Toyota Safety Sence P」などのトヨタ最新安全運転装置も搭載される予定となっています。 運転手つきの役員車としてのイメージが強いセンチュリーですが、トヨタのロングセラーの20年ぶりのフルモデルチェンジとして、おすすめの最高級セダンです。 【参考:】 無難なだけではない納得のトヨタ車を選ぶ おすすめのトヨタ車、世界的にも支持されるトヨタ車をご紹介させていただきました。 「無難」という言葉だけでは選ぶことが出来ない、トヨタ車を選ぶ理由が分かっていただけたでしょうか。 「納得」としてのトヨタ車選び、自分に合うトヨタ車に乗って自分らしい大人のカッコイイ男を演出しましょう。

次の