ネイバー まとめ 怖い。 著作権的にかなり恐ろしいNAVERまとめ

怖い話まとめブログ【3分で読める実話の短編集だよ!】

ネイバー まとめ 怖い

より ですので、 記事を書いてアクセスを集めて、広告収入が得られるという点で、ブログと似ている部分があります。 についてはこちら(外部サイト)。 関連リンク NAVERまとめで月1万円の不労収入 私はここ数年、 まとめ記事を全く作っていないんですが、それでもインセンティブ制度による収入が、平均月1万円以上あります。 なぜかというと、過去に作成したまとめ記事に、未だにまとまったアクセスがあるため、そのアクセスが収入になっているんです。 月間80~90万ページビュー?! 過去に作ったまとめ記事に現在どれくらいアクセスがあるのかを確認してみると、 なんと!多い時で月間90万ページビュー、少ない時でも月間80万ページビューは超えているじゃないですか?! ブログを書かれている方は分かると思いますが、これは結構なアクセス数です。 ブログでこれだけのアクセス数があったら、普通に生活できるレベルです! で公開されているブログの収益早見表を引用しておきます。 1万PV:〜1,000円 5万PV:3,000〜10,000円 10万PV:10,000〜50,000円 20万PV:50,000〜100,000円 30万PV:100,000〜150,000円 40万PV:150,000〜200,000円 50万PV:200,000〜250,000円 100万PV:500,000〜750,000円 150万PV:750,000〜1,250,000円 200万PV:1,000,000〜1,500,000円 250万PV:1,250,000〜1,750,000円 (引用元: ) 月間80万ページビューなら余裕で月収25万円は超えるレベルですね! NAVERまとめのページビューは、一般的なページビューよりも多めに集計されるというウワサもありますが、それでも 80万ページビューものアクセスがあって収入が1万円台とは(笑) ちなみにまとめ記事の作成本数は、200弱です。 200記事弱で月間80万ページビューなので、相当効率もいいですね。 あくまでページビューだけの話ですけど。 約8割のアクセスが検索流入! 現在のアクセス状況を分析してみました。 google. jp 39. 1 search. yahoo. jp 34. 3 matome. naver. jp 20. 6 www. bing. com 1. 1 sp-web. search. auone. jp 0. 8 www. google. com 0. 7 search. smt. docomo. jp 0. 6 search. mobile. yahoo. jp 0. 2 news. line. me 0. 2 websearch. rakuten. jp 0. 1 その他 2. 3 約2割はNAVERまとめ内からの流入ですが、どうやら それ以外のほとんどのアクセスが検索流入によるもののようです。 確かに月に1万円の不労収入は嬉しいですし、頑張れば収入を増やしていくことも出来ると思います。 でも、たぶんもうまとめ記事を作ることは無いかなぁと思っています。 私は今はブログを書いていますが、両方やってみると、色々と違いがよく分かります。 今の私にとってはNAVERまとめよりブログのほうが向いていると思うんですよね。 ここからは、 NAVERまとめとブログの違いについて、私なりの視点でまとめてみたいと思います。 スポンサーリンク NAVERまとめとブログの違い 記事を作って、ページにアクセスが集まり、そこから収益が発生する、という面ではNAVERまとめとブログには大きな共通点がありますが、やはりそれなりに違いもあります。 NAVERまとめは検索に強い まず、NAVERまとめには、強烈な強みがあります。 それは 検索への強さです。 私の作ったまとめ記事に、今でも多くのの検索流入があるのも、その表れだと思います。 naver. NAVERまとめ自体が非常に評価の高いサイトですので、 各ページの評価も高くなるわけです。 また、NAVERまとめは、 されています。 たぶん普段から検索にYahoo! を使っている方はご存知だと思いますが、 Yahoo! で検索すると1ページ目にNAVERまとめ記事が表示されるようになっています。 例えばYahoo! で「タクシー運転手」と検索すると、 トップページにこんな感じでNAVERまとめ内の記事が表示されるんです。 つまり、本来なら検索1ページ目に表示されるような記事でなくても、それが NAVERまとめの記事なら、検索1ページ目に表示される可能性があるわけです。 記事の質が高ければ、注目まとめ入りする NAVERまとめの2つ目のメリットとして、 注目まとめへのエントリーがあります。 注目まとめにエントリーすると、NAVERまとめのトップページに掲載され、一気にアクセスが集まります。 これが結構すごいんですが、NAVERまとめのトップページに掲載されれば、記事の内容にもよりますが、バズる記事なら 1日で10万PVのアクセスを集めることも珍しくありません。 かくいう私も積極的にエントリーを狙っていましたね。 具体的な「注目まとめ」エントリーの基準は最後まで分かりませんでしたが、ただ一つ言えることは、 NAVERまとめを始めたばかりの初心者でも、記事の質が高ければ「注目まとめ」にエントリーされるということです。 ブログだったら、始めてしばらくの間は、ブログにアクセスしてくれる人なんて、ほぼ皆無です。 でも NAVERまとめなら、初月から100万PVを集めることも、不可能ではないと思います。 これは実体験なので間違いないですね。 ちなみに、私の最高記録は、月間200万PVです。 もし質の高い記事を量産出来ればの話ですが、 初月から5万円くらいは稼げる人もいると思いますよ。 NAVERまとめは画像が使いやすい ブログなどで画像を使う場合、著作権の問題などがややこしいです。 自分で撮った写真など、著作権が自分にある画像は問題ありませんが、そうじゃない画像を使うには、著作権フリーの画像を探さなければいけません。 ここまでは、NAVERまとめのほうが優れている点でしたが、ここからはブログの方が優れている点について。 ブログはマネタイズの方法が多様 NAVERまとめなら初月から稼げると書きましたが、 NAVERまとめで得られる収入は、インセンティブ制度のみです。 ブログのように、Googleアドセンスやアフィリエイト広告(Amazon含む)を貼ることは許されていません。 商用利用や他のサイトへ誘導を促すための記事もNGとされていますので、記事を基点に有料メルマガやオンラインサロンなどに誘導することも出来ないはずです。 つまり、 ブログのほうが、マネタイズの可能性は圧倒的に広いと言えます。 NAVERまとめでは、アクセス数を稼ぐしか、マネタイズの方法がないんです。 単にアクセスを集めて収入を得たいだけなら、NAVERまとめでもいいと思いますが、 色んなマネタイズ方法に取り組んだり、ブログを基点に活動を広げたい人には、ブログの方が向いていると思います。 ブログのほうが個性が出る 良くも悪くも、NAVERまとめのまとめ記事は 没個性化します。 NAVERまとめの記事って、 誰がまとめているかは基本的に注目されないんですよね。 その理由はいくつかあると思いますが、例えばブログと違って、サイトのデザインをカスタマイズすることが出来ません。 そのため、 誰がまとめ記事を作っても、どこか似たようなものになってしまうんです。 また、まとめ記事は、「まとめ」という特性上、個人の経験、意見や感想を発信するにはあまり向いていません。 NAVERまとめはあくまでキュレーションであり、既に世の中にある情報の「編集」という側面が強いため、外部サイトへのリンクと引用がメインコンテンツです。 そのため、自分自身の経験や意見、感想を挟みづらいんです。 いや、厳密に言えば、フリーフォーマットで文章を入れることも出来るんですが、フリーフォーマットばかりの記事は、たぶんNAVER的にはあまり評価されないように感じます。 なので、 自分の経験や意見、感想を発信していきたい人や、自分自身を知ってもらいたい、自分のブランディングをしたいという人なら、圧倒的にブログのほうが向いていると言えます。 今回は、私自身の経験者目線で、 NAVERまとめとブログの違いをまとめてみました。 私は今後は、NAVERまとめよりもブログに注力をしていきますが、この記事でまとめた通り、NAVERまとめにも大きなメリットがありますので、どちらが向いているかは人それぞれだと思います。 これからブログを始められる方は、ライブドアブログがオススメですよ。

次の

NAVERまとめとブログの違いを経験者目線で語ります

ネイバー まとめ 怖い

この記事から、すべての画像と、テキストのほとんどが無断転載された 北本さんはLINEに対し、問い合わせフォームから抗議した。 転載禁止の文言は、NAVER側の削除作業が終わり次第、消してよい、という。 記事が載っているのは商用サイトであり、外部のニュースサイトにも同じ記事が配信されている。 編集部と対応を話し合ったが、商用サイトやニュースサイトに、一時的でも「このページ内の画像をNAVERまとめに転載することを禁止します」と掲載するのはNAVERまとめの宣伝行為にしかならないと考え、削除依頼を出さず、泣き寝入りすることになったという。 LINEは「権利者の本人確認のため」 現在は「確認番号」に変更 LINEによると、権利侵害の訴えに対応する際、出典のページに、「このページ内の画像をNAVERまとめに転載することを禁止します」と書くよう求めていたのは、「申告者が本人かを確認するため」という。 ただ、この文言が「不適切」という指摘も多く、今年3月以降は、LINEが指定した「問い合わせ番号」を出典ページに記入してもらう形に改めたという。 そもそもなぜ、無断転載された側が、自分のサイトに問い合わせ番号を記入するなどの手間をかけなくてはならないのか。 LINEは「権利侵害の問い合わせがあった際、それが権利者本人によるものか確認することはサービス提供者の責任。 万一、虚偽や間違いの申告だった場合、まとめ作成者の表現の自由を阻害する対応になってしまう」ためと説明している。 「削除依頼のステップ、開示すべきでは」 北本さんはLINEの対応について、「著作権者からの問い合わせ内容をちゃんと理解して対応しているか」と憤る。 最初に問い合わせた際、出典URLと無断利用されたNAVERまとめのURLも添えたにも関わらず、返信メールで改めて同じことを聞かれるなど「マニュアル的な対応に終始していた」という。 また、「削除依頼のステップを、きちんと開示すべきではないか」とも。 削除依頼フォームのありかは分かりづらく、「出典ページ上に確認番号を記載する」などの対応についても、「どこにも明示されていない」と指摘する。 LINEはこのほど、まとめページで引用されるWebサイトの権利者に利益を還元する仕組みをなど、著作権者への配慮をアピールしているが、無断転載の被害に悩むコンテンツホルダーは少なくない。 北本さんは「LINEには、コンテンツの取り扱いにもっときちんと向き合ってほしい」と話している。 関連記事• リクルートがアニメ情報サイト「アニプラ」など4メディアの記事をすべて非公開にした。 「著作権の侵害の可能性がある」と判断したためという。 DeNAの医療情報サイト「WELQ」が「不正確な情報が掲載されている」などと指摘されていた問題で、守安功社長名の謝罪文が発表。 「iemo」など8メディアも非公開にするという。 運営するキュレーションサイトの全記事を非公開にしたDeNAが今後の方針を説明。 第三者調査委員会による原因究明と対策を急ぐ。 DeNAが、同社キュレーションサイトで唯一公開を続けていた「MERY」の全記事を12月7日に非公開にすると発表。 まとめ作成者に評価制度を設けることで発信者の責任を重くするほか、1次コンテンツ作成者に利益配分する仕組みも検討する。 KDDI子会社が運営するキュレーションサイト「nanapi」が、医療・健康などの一部記事を非公開にしていたことが分かった。 関連リンク•

次の

ネイバー

ネイバー まとめ 怖い

これでも4万円行かなかったぽよ… これが普通だと思ってたけど私ってゴミクズまとまーなの? みんなもっと稼いでたの?? え、そうなの????(3回目) 他の一般まとまーの金事情が知りたい…。 まとまーさん、金事情教えてください(上目遣い) 12月に月間200万PV行ったのは、この記事のおかげ 1、2日で1万6000RT行って60万ページビューくらいなった。 今は全然アクセスされてないけどね。 初バズやったなぁ。 (最初で最後じゃありませんように) 当時の私は今よりも知識がなくて 「月1000万PVあれば20万円は固いで!NAVERは儲かるで!!!」 「NAVERは儲かるで!!!!!!!!!」 と本気で思ってた。 しかし、いろいろなまとまーさんに出会い、プロブロガーという存在を知り、 「個人で月間100万PVあれば食ってけるぽ〜ん」という衝撃の事実を知った。 参考: てわけで、今はNAVERはセーブしてコソコソとブログを増やしている。 今のところ良い感じ。 ちなみに今年に入ってNAVERの制度が変わってたので今は月間100万PVで1万円ちょいくらいになった。 (一般) 今の制度はSNSで拡散されたら儲かるようになってるらしい。 最近、あるまとめが2日で700RTされた 拡散力が重要視されている今…どれだけ金額が入るだろう!? ワクワクしながら見た。 その日はいつもより300円くらい多かった。 嬉しかった。 猫の手術代に当てようと思った。 終わり。

次の