ソフトバンク 5g いつから。 5Gはいつから使える?日本のキャリアの対応状況(docomo/au/softbank/楽天)

5Gはいつからサービスが始まるの?ドコモ・ソフトバンク・au

ソフトバンク 5g いつから

この記事の内容• ここでは、5G実験機器を使った技術検証などをおこなうことができるほか、ソフトバンクと他企業による新しいサービス、プロダクトの誕生も期待されています。 各施設には、5Gの基地局と実験機器を設置していて、実際の5G通信を体験することができます。 また、お台場に2018年5月にオープンした「お台場ラボ」には、他の4箇所よりも充実した設備を用意。 さらに、半年後の11月には2020年の実用化を見据えたリニューアルを果たしました。 5Gのデモ体験ができたり、利用者が自分たちのデバイスを5Gに接続して動作確認できる検証ルームがあったり・・・ また、赤坂など4施設に設置してある5G基地局は4. 5Ghz帯の設備なのですが、お台場ラボでは、 より大容量・高速な28GHz帯のネットワーク環境を試すことができます。 さらに、お台場ラボのネットワーク環境では、現在使われている4G(LTE)との連携もできるため、 5Gの性能や機能をよりわかりやすく体感できるようになりました。 ではでは、お台場ラボでどんなことができるのかを、具体的に紹介するヨッ 360度カメラ映像ライブ視聴 360度カメラ映像ライブ視聴とは、5Gの特長である「大容量・超高速」を体験するためのデモンストレーション。 4方向から設営した4K映像を、離れた場所にあるHMD(ヘッドマウントディスプレイ)に送信。 この技術を活用することで、スポーツや音楽イベントに参加できないひとも、5G回線とHMDを使えばまるでその場にいるかのような体験できます。 一般的には仮想モデルによって仮想的な力覚を実現する技術であると言えます。 一方『リアルハプティクス(Real-Haptics)』は「現実の物体や周辺環境との接触情報を双方向で伝送し、力触覚を再現する」技術です。 (中略)これは人間が生まれたときから備わっている当たり前の感覚です。 つまりひとことであらわすと、リアルハプティクスとは 「触り心地」を伝達するということ。 グローブなどのデバイスを通じて、柔らかさや固さ、弾力性や粘着性などを伝える技術です。 そうした際に重要となるのが、ネットワークを介すことによる「遅延」の問題。 例えば、手にグローブをつけて遠隔でロボットを操作する場合、 0. 02秒を超えると操作に違和感を覚えると言われています。 ドライバーが乗っているのは先頭の1台のみ。 この実験のように複数台が近い距離で走行する場合、後続車の安全性を確保するためには、複数台の情報を瞬時に共有することが重要ですが、それを解決するのが、5Gの「超遅延」という特性です。 5Gの「超遅延=通信のタイムラグがない」という特性によって、後続車から先頭車両へ瞬時に情報を伝えることが可能となり、一定間隔で安全な隊列走行が実現できるというわけです。 中国の通信機器メーカーだネ。 スマホやタブレットはもちろん、 通信会社の基地局に使う製品などもつくってる大企業だヨッ 2018年、スマホ出荷台数においてアップルを抜いたことも話題を呼びましたが、産業スパイの疑いで副会長がカナダで逮捕されたことも大きなニュースとなりました。 実はソフトバンクでは、基地局そのものや基地局を制御する通信機器にHuawei製品を採用しており、それが一部で問題視されています。 中国の情報通信機器を排除する動きが世界的に広がっている 基地局や主要な設備について、ドコモやauではファーウェイ社の製品を使用していません。 大手キャリアの中で唯一ファーウェイ製品を利用しているのが、ソフトバンクです。

次の

5Gはいつからサービスが始まるの?ドコモ・ソフトバンク・au

ソフトバンク 5g いつから

特にお台場は2018年に大幅なニューアルをして、5Gの様々な体験ができるようになっています。 この施設からソフトバンクは5Gに関する様々な取り組みを発信しています。 360度カメラ体験 360度カメラ体験とは、4方向から撮影された映像をヘッドマウントディスプレイに送信し、 4つの映像が繋がった映像を360度観ることができます。 360度視聴は5Gの高速・大容量通信でなければ不可能で、5Gが実用化されれば期待されている技術です。 リアルハブティクス リアルハブティクスとは、デバイスを通じて、柔らかさや固さ、弾力性や粘着性などの触り心地を通信する技術で、 離れた場所から自分の手などの動きや感触を機械と双方向的に伝えることができます。 この技術は遠隔操作などへの応用が期待されていますが、5Gは遅延性が4Gの10分の1ですので、5Gの低遅延性がなければできない技術と言われています。 トラック3台を縦列で走行させ、後続の2台は自動運転で走行するというものです。 自動運転には安全性の確保が必須ですが、回線に遅延があると他の自動車の周囲の状況を他の車両にタイムリーに伝えることができません。 しかし5Gの低遅延性によって、 後続の車が先頭車両にタイムリーに状況を伝えることができ、安全な縦列走行が成功しました。 ソフトバンクと気になるHuawei(ファーウェイ)社との関係 ソフトバンクと言えば気になるのが中国の通信機器メーカーHuawei(ファーウェイ)社との関係です。 Huawei(ファーウェイ)と言えば、私たち個人は携帯端末を連想しますが、実は基地局を整備する通信機器のメーカーでもあります。 アメリカはサイバーセキュリティの問題から世界にHuawei(ファーウェイ)の排除を求めています。 そして日本をはじめ欧米各国がHuawei(ファーウェイ)社の製品を使用していません。 そして 日本の中で最もHuawei(ファーウェイ)社と近い関係にあるのがソフトバンクです。 5Gの基地局設置などの設備投資の際に、ソフトバンクとHuawei(ファーウェイ)はどのような関係を構築していくのでしょうか? ドコモやauはHuawei(ファーウェイ)社の機器を設置していない アメリカはサイバーセキュリティの問題から、5GからHuawei(ファーウェイ)を排除するよう世界各国に要請しています。 そして、日本政府も携帯各社に対して「Huawei(ファーウェイ)の5G基地局を使わなければ減税」という優遇措置を伝えています。 このような動きもあって、 ドコモやauは基地局にHuawei(ファーウェイ)の製品を使用していません。 では、ソフトバンクはどのような動きなのでしょうか? 現在ソフトバンクはHuawei(ファーウェイ)社製品を使用 現在、ソフトバンクは基地局や基地局の通信機器にHuawei(ファーウェイ)製品を使用しています。 アメリカの要請や政府の方針から、これが一部で問題視されているのは事実です。 そして、金銭的な問題として、これまで Huawei(ファーウェイ)製品を使って作ってきた基地局を他社製品に入れ替えるというのは厳しい側面もあるのでしょう。 今後の方針は不透明 ソフトバンクも5G基地局の設置に関しては「 政府の方針に則って進める」との声明を発表しています。 しかし、前述したような金銭的な問題もあり、一部では「Huawei(ファーウェイ)製品を排除するのは難しいのでは?」との声もあります。 いずれにせよ、 今後ソフトバンクとHuawei(ファーウェイ)の関係がどうなるのかについては不透明です。 ソフトバンクの5G対応エリアは? ソフトバンクはどの程度のエリアで5Gに適用しているのでしょうか? 残念ながらソフトバンクはドコモ、auの大手3社の中で最も対応エリアに遅れが出ていると言わざるを得ません。 これはドコモが7000億円以上を基地局整備のために投資していることと比較してソフトバンクが2000億円程度ですので止むを得ないと言えるでしょう。 ただし、 ソフトバンクは少ない投資額ながらも、数年後には日本全国をカバーできるように様々な取り組みを行なっています。 ソフトバンクの5G対応エリアへの取り組みについて詳しく見ていくことにしましょう。 3年以内が目標 ソフトバンクの宮内社長は2019年8月の決算説明会において「 3年内に日本全国どこにいっても、スマホで5Gが繋がるようにしたい」とコメントしています。 これがソフトバンクの中期的な目標と捉えることができるでしょう。 しかし、現実問題、ソフトバンクの投資額では全国まで基地局を整備するのは難しいという実情があります。 では、ソフトバンクはどのように3年以内に基地局の整備を進めるのでしょうか? 地方の基地局はKDDIとシェア 早期に全国へ5Gの整備を進めるための具体策として、宮内社長は KDDIとの基地局をシェアする取り組みを説明しました。 ソフトバンクとKDDIの2社が協力して全国へ5Gを普及させていく見込みです。 2021年には4G周波数を5Gへ転用 さらに宮内社長は「 2021年には今の4Gの9割くらいを5G圏内にしたい」ともコメントしています。 これらの計画から、 2021年には日本の多くの部分でソフトバンクのスマホで5Gが利用できるようになることが予想されます。 ソフトバンクの5G対応機種は未発表 ソフトバンクは5G対応機種は2020年1月現在まだ発表されていません。 しかし、 5G技術 Massive MIMO(マッシブ マイモ)を利用できる「SoftBank 4G対応機種」であれば5Gを利用することができます。 ただし、2014年以前に発売された機種は利用することができないので注意しましょう。 まとめ ソフトバンクはドコモやauと比較して5Gの整備状況は少し遅れているという印象です。 ただし、2021年には日本全国の大部分をカバーできる予定で、懸念されているHuawei(ファーウェイ)との関係も不透明です。 今後のソフトバンクの5Gの取り組み状況に注視していきたいところです。

次の

【地域別】日本の5Gはいつから始まる?

ソフトバンク 5g いつから

この記事の内容• ここでは、5G実験機器を使った技術検証などをおこなうことができるほか、ソフトバンクと他企業による新しいサービス、プロダクトの誕生も期待されています。 各施設には、5Gの基地局と実験機器を設置していて、実際の5G通信を体験することができます。 また、お台場に2018年5月にオープンした「お台場ラボ」には、他の4箇所よりも充実した設備を用意。 さらに、半年後の11月には2020年の実用化を見据えたリニューアルを果たしました。 5Gのデモ体験ができたり、利用者が自分たちのデバイスを5Gに接続して動作確認できる検証ルームがあったり・・・ また、赤坂など4施設に設置してある5G基地局は4. 5Ghz帯の設備なのですが、お台場ラボでは、 より大容量・高速な28GHz帯のネットワーク環境を試すことができます。 さらに、お台場ラボのネットワーク環境では、現在使われている4G(LTE)との連携もできるため、 5Gの性能や機能をよりわかりやすく体感できるようになりました。 ではでは、お台場ラボでどんなことができるのかを、具体的に紹介するヨッ 360度カメラ映像ライブ視聴 360度カメラ映像ライブ視聴とは、5Gの特長である「大容量・超高速」を体験するためのデモンストレーション。 4方向から設営した4K映像を、離れた場所にあるHMD(ヘッドマウントディスプレイ)に送信。 この技術を活用することで、スポーツや音楽イベントに参加できないひとも、5G回線とHMDを使えばまるでその場にいるかのような体験できます。 一般的には仮想モデルによって仮想的な力覚を実現する技術であると言えます。 一方『リアルハプティクス(Real-Haptics)』は「現実の物体や周辺環境との接触情報を双方向で伝送し、力触覚を再現する」技術です。 (中略)これは人間が生まれたときから備わっている当たり前の感覚です。 つまりひとことであらわすと、リアルハプティクスとは 「触り心地」を伝達するということ。 グローブなどのデバイスを通じて、柔らかさや固さ、弾力性や粘着性などを伝える技術です。 そうした際に重要となるのが、ネットワークを介すことによる「遅延」の問題。 例えば、手にグローブをつけて遠隔でロボットを操作する場合、 0. 02秒を超えると操作に違和感を覚えると言われています。 ドライバーが乗っているのは先頭の1台のみ。 この実験のように複数台が近い距離で走行する場合、後続車の安全性を確保するためには、複数台の情報を瞬時に共有することが重要ですが、それを解決するのが、5Gの「超遅延」という特性です。 5Gの「超遅延=通信のタイムラグがない」という特性によって、後続車から先頭車両へ瞬時に情報を伝えることが可能となり、一定間隔で安全な隊列走行が実現できるというわけです。 中国の通信機器メーカーだネ。 スマホやタブレットはもちろん、 通信会社の基地局に使う製品などもつくってる大企業だヨッ 2018年、スマホ出荷台数においてアップルを抜いたことも話題を呼びましたが、産業スパイの疑いで副会長がカナダで逮捕されたことも大きなニュースとなりました。 実はソフトバンクでは、基地局そのものや基地局を制御する通信機器にHuawei製品を採用しており、それが一部で問題視されています。 中国の情報通信機器を排除する動きが世界的に広がっている 基地局や主要な設備について、ドコモやauではファーウェイ社の製品を使用していません。 大手キャリアの中で唯一ファーウェイ製品を利用しているのが、ソフトバンクです。

次の