胃痛 に 効く 食べ物。 胃もたれに効く食べ物や食事!NG食材とスッキリ解消できる食べ方

二日酔いをラクに!コンビニの食べ物&飲み物15選【栄養士監修】

胃痛 に 効く 食べ物

胃痛が現れているとき、食事をどうするか悩んだご経験はありませんか? つらい胃痛の症状ですが、症状が現れているときにどのような食べ物が適しているのでしょうか。 また、食事を摂ることにより胃痛の症状が現れる方もいるかと思います。 このようなケースでは、病院を受診するか悩みどころですよね。 そこで今回は、胃痛の際食べてよいものと、食後の胃痛について、一般内科、消化器内科医、計522名に聞いてみました。 白身魚• ささみやヒレ肉など脂身が少ない肉• バラ肉やカルビなど脂身が多い肉• ヨーグルト• いも類• トマトやナスなど水分が多い野菜• レンコンなどの根菜類• 冷たい食べ物• 辛い食べ物• その他 以下が結果となります。 50代男性 一般内科 消化器内科 いわゆる消化の良いものが良いと思います。 60代男性 一般内科 基本は絶食ですが、食べるのであればできるだけ胃の粘膜を刺激しないものが良いです。 60代男性 一般内科 刺激の強いものは避けたほうが良いです。 40代男性 一般内科 ヨーグルトは胃腸の環境を整える効果があると思いますので。 60代女性 一般内科 原則食事は無理してとらなくて良いです。 水分だけ、出来ればカロリー、塩分の入った水分だけしっかり補給するように話します。 50代男性 一般内科 原則として消化の良いものがふさわしいと考えられますが、私自身は牛乳などの乳製品や脂っこいものはむしろ胃痛に効果があり、炭水化物は胸焼けを誘発する印象があります。 50代男性 一般内科 基本的には絶食で水分補給だけだと思います。 40代男性 一般内科 消化しづらいものや、辛い・冷たい・熱いといった刺激の強いものは避けるべきだと思います。 50代女性 一般内科 水分補給のみとし、胃を休めた方が良いのではないでしょうか。 50代男性 一般内科 消化器内科 基本は絶食ですが、長期なるとそうはいかないので、火の通った柔らかいものが良いともいます。 今回の調査では、「ヨーグルト」が最も多く支持を集めました。 医師からは「ヨーグルトは胃腸の環境を整える効果があると思いますので。 」とのコメントを頂いており、テレビやインターネットでは整腸作用があると聞くヨーグルトですが、その効果は胃痛にも期待できると考える医師もいるようですね。 また、辛い・冷たい・熱いなどの刺激の強いものや、消化しにくいものは避けるべきであるとの意見も見られました。 胃痛の症状が出ているときは、やはり胃に優しくない食べ物は避けた方がよさそうです。 一方、 多くの医師からは「食べないことが基本」との意見が挙げられました。 このような意見を述べた医師からは、「水分補給のみとし、胃を休めた方が良いのではないでしょうか。 」や「基本的には絶食で水分補給だけだと思います。 」などのコメントが寄せられ、 食事を摂ることよりも、食事を摂らず胃腸を休めることを優先と考えていることがうかがえます。 さて、人によっては普段は痛くなくても食事を摂ることによって胃痛が現れる方もいるようですが、このような状況の場合は、医師の診察を受けるべきなのかを聞いてみました。 50代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診すべき 重症感が高い場合は受診が良いと思います。 40代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診すべき 基本的には胃潰瘍が多いように思いますが、アニサキスであったり、胃がんであったりする場合もありますので。 ケースバイケースで耐えられなければ受診すればよろしいかと存じます。 60代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診すべき 後に胃痛がする症状がみられた場合、胃潰瘍の可能性があります。 50代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診すべき 食前食後の心窩部痛についての、特に胃症状に関しての議論はありますが、症状が続けば医療機関受診が良いと判断します。 50代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診すべき 思い当たる要因が無ければ受診がベストです。 50代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診すべき 例えば明らかにストレス源がはっきりしている場合は経過観察でも良いと考えますが、黒色便を伴うときは直ぐに受診すべきと考えます。 50代男性 一般内科 すぐに受診すべき 重症の胃潰瘍の可能性もあります。 40代男性 一般内科 消化器内科 すぐに受診すべき 痛みがキツイ場合、受診して精査すべきです。 40代男性 一般内科 どちらでもよい 我慢できる範囲であれば急がずとも良いと思います。 「食後に胃痛がする場合、病院を受診すべきですか」という質問に対し、 81%もの医師が「症状が続くようであれば受診すべき」と回答しました。 医師からは「(食)後に胃痛がする症状がみられた場合、胃潰瘍の可能性があります。 」「重症の胃潰瘍の可能性もあります。 」など、 胃潰瘍を指摘するコメントを頂きました。 また、重症感が高い場合や耐えられない痛み、思い当たる要因がないときに受診を推奨するコメントも寄せられ、食後の胃痛で悩んでいる方はこれらを目安としてもいいかもしれませんね。 最後に、今回の調査では、胃潰瘍を危惧する声が多く寄せられましたが、こうした食後の胃痛では、どのような病気が多いのか聞きました。 急性胃炎• 胃潰瘍• 十二指腸潰瘍• 逆流性食道炎• 食道裂孔ヘルニア• 過敏性腸症候群• 胃がん• 神経性胃炎• 感染性胃腸炎• 胆石症• 狭心症• 消化不良• その他 以下が結果となります。 40代男性 一般内科 消化器内科 胃炎や胃潰瘍が多いです。 50代男性 一般内科 どれもありうるが、頻度となると胃炎が多いように思います。 40代男性 一般内科 潰瘍をよく経験します。 60代男性 一般内科 胃炎関連疾患が多いですが、原因は、様々です。 50代男性 一般内科 潰瘍や膵炎を疑うことが多いです。 50代男性 一般内科 食事と関係がある痛みであれば、頻度的には胃十二指腸に問題があることが多いように思います。 50代男性 一般内科 消化器内科 過食や偏食に伴う急性胃炎が最も多いと感じます。 30代男性 一般内科 一番は食べ過ぎなどが多いように思います。 60代男性 一般内科 食べ過ぎと、刺激食料品によるものではないでしょうか。 60代男性 一般内科 消化器内科 最近は逆流性食道炎が多い印象です。 本調査では 「急性胃炎」が最も多く回答され、その後を「胃潰瘍」が続きました。 前項では胃潰瘍を危惧する声が多く寄せられていましたが、急性胃炎と胃潰瘍が多いと考えられているようです。 「急性胃炎」と「胃・十二指腸潰瘍」ですが、以下のホームページの説明を参考にしてみてください。 急性胃炎とは ・胃粘膜に一過性の急性炎症細胞浸潤を伴う病態である。 ・通常は、激しい上腹部痛や嘔吐などを伴う。 ・内視鏡検査では、多くは急性胃粘膜病変(AGML)として認識される。 引用: 胃・十二指腸潰瘍とは 胃・十二指腸潰瘍とは胃および十二指腸の粘膜筋板より深部に達した組織欠損である。 急性胃・十二指腸粘膜病変として発症する急性型と、長年にわたり再発と治癒を繰り返す慢性型がある。 引用: また、一部の医師からは、 食べすぎや胃を刺激する食品が原因ではないかとのコメントを頂きました。 食後に胃痛が現れたときは、食べた食品を一度見直してみるのもいいかもしれません。 胃痛の際は、ヨーグルトが支持を集めるも、絶食にて胃を休めることも考慮を。 食後の胃痛は、症状が続くようなら受診を。 本調査では、胃痛の症状が現れているときに食べてもよい食品は「ヨーグルト」という結果になりました。 しかし、医師のコメントでは食べないことが基本との意見が散見され、まずは食べずに胃を休ませることが大切のようです。 また、食後に胃痛がする場合については、81%の医師が「症状が続くようであれば受診すべき」と回答しました。 症状が続いている場合や我慢できない痛み、思い当たる原因がないときは受診を推奨すると考える医師もいました。 さらに食後の胃痛の原因としては、「急性胃炎」が最も多く回答され、その後を「胃潰瘍」が続きました。 食後の胃痛が続いている方は、このような疾患が隠れている可能性もありますので、我慢せず一度医師の診察を受けることをおすすめします。

次の

胃痛」に効く食事(緊急です)

胃痛 に 効く 食べ物

胃痛を治す食べ物一覧 ビタミンUを含む食材 名前すら聞いたことがない人も多いと思いますが、 ビタミンUはキャベツから見つかった成分で「キャベジン」とも言います。 胃酸過多による炎症の防止• 胃の粘膜の修復、保護• 胃の血流改善• 消化性潰瘍の防止 など、胃腸を健康に保つ効果があります。 胃腸薬「キャベジン」を代表として、胃痛を治す成分として色んな胃腸薬の主成分で使用されています。 ビタミンUを豊富に含む代表的な食材は以下の3つです。 キャベツ 低カロリーで、ビタミンCやカルシウムも豊富! キャベジンの名の由来になるだけあり、「食べる胃腸薬」とも言われています。 セロリ 独特の香りには精神を安定させる効果も期待できます。 ストレスで胃痛が起きている場合、ぜひ食べてほしい野菜です。 ブロッコリー ビタミンU以外に、ビタミンCやビタミンEも豊富! 風邪が流行る季節に食べると、免疫力アップの手助けをしてくれます。 ムチンを含む食材 粘り気のある食べ物に多く含まれる、ネバネバ成分「ムチン」は食物繊維の一種です。 胃の粘膜を保護する働きがあり、胃酸から胃を守ったり傷ついた粘膜を治す効果があります。 ムチンが多く含まれる食材は、ネバネバを代表する以下の野菜たちです。 モロヘイヤ 野菜の中でもビタミンE含有量が最高レベル! 他にも数多くのビタミン、カルシウムも含むので、不足しがちなビタミン・ミネラルも効率良く吸収できます。 オクラ ムチン以外に、強力な抗酸化作用で生活習慣病などを予防してくれるカロテンや、ビタミンC・E・Bが多く含まれます。 食物繊維も豊富なので便秘気味の方にもおすすめです。 里芋 低カロリーでカリウムも多く含まれるため、高血圧予防やむくみ解消にも効果があります。 れんこん れんこんに多く含まれる「タンニン」には消炎作用、抗胃潰瘍作用があります。 ムチンとタンニンのダブル効果で胃痛を治す役割を果たします。 酵素を含む食材 酵素は食べ物を消化・吸収する際や代謝を行う際など、私たちの身体が行うあらゆる活動の際に必要になる成分です。 酵素は自己治癒力を高める手助けとなるため、弱った胃を回復する時に必須の成分です。 酵素が多く含まれている食材は、以下の3つです。 大根 葉に近い緑色の部分には、消化酵素ジアスターゼという、でんぷんを分解する酵素が多く含まれています。 ジアスターゼは胃痛や胃もたれ、消化不良などに効果がありますが、熱や酸化に弱いという弱点も。 大根を食べる時は生でサラダにするか、すりおろして食べるようにしましょう。 カブ 大根と同様、消化酵素ジアスターゼを多く含んでいます。 またビタミンCも多いので、風邪予防やお肌のトラブル解消にも効果的です。 熱に弱いので、和え物か漬物で食べるのがおすすめです。 山芋 山芋はアミラーゼなどの分解酵素を多く含む食材で、他の食材の消化を助けます。 滋養強壮にも良く食欲がないときにもさっと食べやすいので、すりおろしてご飯にかけて食べるといいでしょう。 スポンサーリンク 梅干し 胃が痛いときに酸っぱい梅干しを食べるなんて…そう思う人も多いはず。 しかし、梅干しには胃痛を治すために有効な成分がたくさん含まれています。 胃痛に効く成分1「シガレシノール」 慢性胃炎や胃がんの原因になるピロリ菌の働きを抑制します。 胃痛に効く成分2「クエン酸」 酸っぱい成分でおなじみのクエン酸は、唾液と胃液の分泌を促進させる効果があります。 そのため、食べ物が消化できずに胃通が起きている場合、クエン酸を摂取すると消化不良が改善されて胃痛も治ります。 ただし、 胃酸過多が原因で胃痛が起きている時に梅干しを食べると、胃酸がさらに分泌されるため胃痛が悪化することがあります。 胃痛を治す食べ物で作るお手軽レシピ! キャベツのサラダ 胃痛に絶大な効果のあるビタミンUですが、加熱するとどんどん失われていく特性があるため、なるべく生のまま食べることをおすすめします。 また、 キャベツは芯の部分や太い葉脈の部分に栄養が多いので、捨てずにすべてそのままで千切りにしましょう。 水に浸けるとビタミンCなど水溶性の栄養素が減少するので、水にさらすのは2分ほどにしてください。 また、キャベツと併せて胃痛に効果的な以下の食材をサラダに加えると、より胃痛解消に効果を発揮します! ブロッコリー 短時間で茹でるかシリコンスチーマーを使い電子レンジで加熱すると、ビタミンの損失が少なくて済みます。 また、 ブロッコリーの新芽「ブロッコリースプラウト」はブロッコリーよりも栄養価が高く、生野菜サラダにそのまま使えるのでおすすめです! ブロッコリースプラウトはカイワレ大根のような見た目をしており、スーパーで購入できます。 トマト トマトには胃の粘膜を保護するビタミンAが多く含まれています。 また、水分量も多いため胃酸過多による多く分泌されている胃酸を薄める効果も期待できます。 キャベツサラダの脇に、プチトマトを添えておくといいでしょう。 豆腐 良質のたんぱく質で栄養価が高く、胃への刺激が少ないため胃が弱っているときに食べやすい食材です。 鶏のササミ 鶏肉は動物性の良質なたんぱく質を含み、消化も良い食材です。 野菜のみで食べるより腹持ちが良くなりますし、良質なたんぱく質を摂取すると胃の回復力も高まります。 レンジで加熱したササミをほぐしてキャベツサラダに入れてみてはいかがでしょう? ゴマドレッシング ゴマは胃酸を中和する作用があります。 胃の負担を減らすため、脂質が少ないゴマドレッシングを選びましょう。 野菜スープ キャベツは生で食べるとビタミンUをたくさん摂取できるというメリットがありますが、量をたくさん食べられません。 量を食べるには過熱して柔らかくした方がいいですし、なるべく温かいものの方が胃の刺激を減らすことができます。 キャベツに含まれるビタミンUをできるだけ残し、加熱して食べる方法でおすすめレシピがミネストローネと羽元とキャベツの生姜スープです。 ミネストローネの作り方(4人分)• 胃に優しい具材(セロリ、じゃがいも、大根など)を1cmの角切りにして、オリーブオイルで炒める• 水(600cc)とコンソメスープの素(3個)を入れて10分煮込む• トマト缶を入れて20分煮込む• キャベツを2cm角に切り、レンジで加熱しスープに加える• 塩コショウ、ブラックペッパーなどで味を整えて完成 手羽元とキャベツの生姜スープの作り方(4人分)• 手羽元(8本)、千切り生姜(1かけ)、水(1200cc)を鍋に入れて火にかける• 沸騰したらアクを取り、弱火で10分煮る• キャベツ(6枚)を1口サイズに切って電子レンジで加熱(2~3分)• 2のキャベツを入れ、塩コショウで味を整えて完成 生姜は「万病の薬」と言われ、胃腸を温める効果、消化管の活動を活発する働き、殺菌作用もあるので、弱った胃には効果的です。 ニラはビタミンB、C、Eなどが多く含まれ、体を温める効果もあります。 胃もたれ解消、弱った胃を強くする効果や胃腸全体を整えるのに優れた食材ですが、食べ過ぎると胃を荒らす原因になります。 胃痛が悪化しないよう、温かい状態で適量食べるようにしましょうね。 まとめ 胃痛解消に効果的な食べ物はたくさんありますが、加熱すると効果が弱まる食材も意外と多いので注意しましょう。 また、胃痛を治す効果を高めるため、ただ食べるだけでなく食べ方にも気を使うようにしましょうね。 胃痛が頻繁に起きる人は、胃痛の分泌を促進する食べ物や、胃の消化作業に負担をかける食べ物を避けるべきです。 胃酸の分泌を促進する食べ物• 柑橘類、酢の物など、酸味が強いもの• 香辛料、カフェインを含む飲み物 胃に負担がかかる食べ物• 脂肪の多いもの(加工肉、脂身の多いバラ肉やひき肉、揚げ物、バターなど)• 消化されにくいもの(タコ、イカ、貝類、ゴボウなど繊維質な野菜、きのこ類) 食べ過ぎや早食いも胃痛の原因になるので、腹八分目の量をゆっくり食べるよう心がけてくださいね。 スポンサーリンク.

次の

胃が痛い時の食事について!良い食べ物や飲み物まとめ!

胃痛 に 効く 食べ物

胃痛を治す食べ物一覧 ビタミンUを含む食材 名前すら聞いたことがない人も多いと思いますが、 ビタミンUはキャベツから見つかった成分で「キャベジン」とも言います。 胃酸過多による炎症の防止• 胃の粘膜の修復、保護• 胃の血流改善• 消化性潰瘍の防止 など、胃腸を健康に保つ効果があります。 胃腸薬「キャベジン」を代表として、胃痛を治す成分として色んな胃腸薬の主成分で使用されています。 ビタミンUを豊富に含む代表的な食材は以下の3つです。 キャベツ 低カロリーで、ビタミンCやカルシウムも豊富! キャベジンの名の由来になるだけあり、「食べる胃腸薬」とも言われています。 セロリ 独特の香りには精神を安定させる効果も期待できます。 ストレスで胃痛が起きている場合、ぜひ食べてほしい野菜です。 ブロッコリー ビタミンU以外に、ビタミンCやビタミンEも豊富! 風邪が流行る季節に食べると、免疫力アップの手助けをしてくれます。 ムチンを含む食材 粘り気のある食べ物に多く含まれる、ネバネバ成分「ムチン」は食物繊維の一種です。 胃の粘膜を保護する働きがあり、胃酸から胃を守ったり傷ついた粘膜を治す効果があります。 ムチンが多く含まれる食材は、ネバネバを代表する以下の野菜たちです。 モロヘイヤ 野菜の中でもビタミンE含有量が最高レベル! 他にも数多くのビタミン、カルシウムも含むので、不足しがちなビタミン・ミネラルも効率良く吸収できます。 オクラ ムチン以外に、強力な抗酸化作用で生活習慣病などを予防してくれるカロテンや、ビタミンC・E・Bが多く含まれます。 食物繊維も豊富なので便秘気味の方にもおすすめです。 里芋 低カロリーでカリウムも多く含まれるため、高血圧予防やむくみ解消にも効果があります。 れんこん れんこんに多く含まれる「タンニン」には消炎作用、抗胃潰瘍作用があります。 ムチンとタンニンのダブル効果で胃痛を治す役割を果たします。 酵素を含む食材 酵素は食べ物を消化・吸収する際や代謝を行う際など、私たちの身体が行うあらゆる活動の際に必要になる成分です。 酵素は自己治癒力を高める手助けとなるため、弱った胃を回復する時に必須の成分です。 酵素が多く含まれている食材は、以下の3つです。 大根 葉に近い緑色の部分には、消化酵素ジアスターゼという、でんぷんを分解する酵素が多く含まれています。 ジアスターゼは胃痛や胃もたれ、消化不良などに効果がありますが、熱や酸化に弱いという弱点も。 大根を食べる時は生でサラダにするか、すりおろして食べるようにしましょう。 カブ 大根と同様、消化酵素ジアスターゼを多く含んでいます。 またビタミンCも多いので、風邪予防やお肌のトラブル解消にも効果的です。 熱に弱いので、和え物か漬物で食べるのがおすすめです。 山芋 山芋はアミラーゼなどの分解酵素を多く含む食材で、他の食材の消化を助けます。 滋養強壮にも良く食欲がないときにもさっと食べやすいので、すりおろしてご飯にかけて食べるといいでしょう。 スポンサーリンク 梅干し 胃が痛いときに酸っぱい梅干しを食べるなんて…そう思う人も多いはず。 しかし、梅干しには胃痛を治すために有効な成分がたくさん含まれています。 胃痛に効く成分1「シガレシノール」 慢性胃炎や胃がんの原因になるピロリ菌の働きを抑制します。 胃痛に効く成分2「クエン酸」 酸っぱい成分でおなじみのクエン酸は、唾液と胃液の分泌を促進させる効果があります。 そのため、食べ物が消化できずに胃通が起きている場合、クエン酸を摂取すると消化不良が改善されて胃痛も治ります。 ただし、 胃酸過多が原因で胃痛が起きている時に梅干しを食べると、胃酸がさらに分泌されるため胃痛が悪化することがあります。 胃痛を治す食べ物で作るお手軽レシピ! キャベツのサラダ 胃痛に絶大な効果のあるビタミンUですが、加熱するとどんどん失われていく特性があるため、なるべく生のまま食べることをおすすめします。 また、 キャベツは芯の部分や太い葉脈の部分に栄養が多いので、捨てずにすべてそのままで千切りにしましょう。 水に浸けるとビタミンCなど水溶性の栄養素が減少するので、水にさらすのは2分ほどにしてください。 また、キャベツと併せて胃痛に効果的な以下の食材をサラダに加えると、より胃痛解消に効果を発揮します! ブロッコリー 短時間で茹でるかシリコンスチーマーを使い電子レンジで加熱すると、ビタミンの損失が少なくて済みます。 また、 ブロッコリーの新芽「ブロッコリースプラウト」はブロッコリーよりも栄養価が高く、生野菜サラダにそのまま使えるのでおすすめです! ブロッコリースプラウトはカイワレ大根のような見た目をしており、スーパーで購入できます。 トマト トマトには胃の粘膜を保護するビタミンAが多く含まれています。 また、水分量も多いため胃酸過多による多く分泌されている胃酸を薄める効果も期待できます。 キャベツサラダの脇に、プチトマトを添えておくといいでしょう。 豆腐 良質のたんぱく質で栄養価が高く、胃への刺激が少ないため胃が弱っているときに食べやすい食材です。 鶏のササミ 鶏肉は動物性の良質なたんぱく質を含み、消化も良い食材です。 野菜のみで食べるより腹持ちが良くなりますし、良質なたんぱく質を摂取すると胃の回復力も高まります。 レンジで加熱したササミをほぐしてキャベツサラダに入れてみてはいかがでしょう? ゴマドレッシング ゴマは胃酸を中和する作用があります。 胃の負担を減らすため、脂質が少ないゴマドレッシングを選びましょう。 野菜スープ キャベツは生で食べるとビタミンUをたくさん摂取できるというメリットがありますが、量をたくさん食べられません。 量を食べるには過熱して柔らかくした方がいいですし、なるべく温かいものの方が胃の刺激を減らすことができます。 キャベツに含まれるビタミンUをできるだけ残し、加熱して食べる方法でおすすめレシピがミネストローネと羽元とキャベツの生姜スープです。 ミネストローネの作り方(4人分)• 胃に優しい具材(セロリ、じゃがいも、大根など)を1cmの角切りにして、オリーブオイルで炒める• 水(600cc)とコンソメスープの素(3個)を入れて10分煮込む• トマト缶を入れて20分煮込む• キャベツを2cm角に切り、レンジで加熱しスープに加える• 塩コショウ、ブラックペッパーなどで味を整えて完成 手羽元とキャベツの生姜スープの作り方(4人分)• 手羽元(8本)、千切り生姜(1かけ)、水(1200cc)を鍋に入れて火にかける• 沸騰したらアクを取り、弱火で10分煮る• キャベツ(6枚)を1口サイズに切って電子レンジで加熱(2~3分)• 2のキャベツを入れ、塩コショウで味を整えて完成 生姜は「万病の薬」と言われ、胃腸を温める効果、消化管の活動を活発する働き、殺菌作用もあるので、弱った胃には効果的です。 ニラはビタミンB、C、Eなどが多く含まれ、体を温める効果もあります。 胃もたれ解消、弱った胃を強くする効果や胃腸全体を整えるのに優れた食材ですが、食べ過ぎると胃を荒らす原因になります。 胃痛が悪化しないよう、温かい状態で適量食べるようにしましょうね。 まとめ 胃痛解消に効果的な食べ物はたくさんありますが、加熱すると効果が弱まる食材も意外と多いので注意しましょう。 また、胃痛を治す効果を高めるため、ただ食べるだけでなく食べ方にも気を使うようにしましょうね。 胃痛が頻繁に起きる人は、胃痛の分泌を促進する食べ物や、胃の消化作業に負担をかける食べ物を避けるべきです。 胃酸の分泌を促進する食べ物• 柑橘類、酢の物など、酸味が強いもの• 香辛料、カフェインを含む飲み物 胃に負担がかかる食べ物• 脂肪の多いもの(加工肉、脂身の多いバラ肉やひき肉、揚げ物、バターなど)• 消化されにくいもの(タコ、イカ、貝類、ゴボウなど繊維質な野菜、きのこ類) 食べ過ぎや早食いも胃痛の原因になるので、腹八分目の量をゆっくり食べるよう心がけてくださいね。 スポンサーリンク.

次の