赤ちゃん ミルク むせる。 「赤ちゃんがミルクでむせるのなら」むせないで飲ませるには?

生後3ヶ月 (完ミ)ミルクをむせます…。

赤ちゃん ミルク むせる

大人と違い新生児がのむせるのは危険! むせるというのは異物が肺の通り道である気管支に入り込んだときに、それ以上異物が進まないように肺に溜め込んだ空気を一気に放出して吐き出す生理現象です。 むせることによって、安全に異物を排出することが出来るので事なきを得ます。 しかしこれはあくまで6歳以上の体が出来上がっている年代の話です。 0歳から1歳までの新生児はまだ体の組織が発達しているわけではなく、母乳もしくはお湯で溶いた粉ミルクを飲むと本来気管支に入らないようにするための喉の弁が働かず大量に入り込んでしまいます。 この時期は特に気管支内部の筋肉も弱いままであるため、仮にむせても入り込んだ母乳もしくは粉ミルクを完全には押し出せない場合があります。 完全に押し出せないとそのまま肺の奥にまで入り込んでしまい、肺の組織に多大なダメージを負わせてしまいます。 肺の組織にダメージを負うと、肺の空気を取り込む力が弱くなってしまうため体の中の酸素濃度が低下し紫色になるだけでなく意識障害を起こすチアノーゼを引き起こすのです。 仮にチアノーゼが起きなかったとしても、その肺のダメージが積み重なると肺の組織が炎症を起こして機能低下を起こす肺炎を起こすことも考えられます。 チアノーゼから肺炎になると命の危険になるだけでなく、仮に命のリスクが無かったとしても肺のダメージは新陳代謝が活発な新生児でも修復が難しいので脳や肺に重い後遺症を残すことにもなりかねないです。 新生児がむせる3つの原因とは? 母乳やお湯で溶いた粉ミルクを飲むときにむせてしまう場合において避けたいのはチアノーゼと肺炎ですが、なぜむせてしまうのか幾つかある原因を知っておくことが必要です。 勢いよく飲みすぎる 一番多いのが勢い良く飲みすぎることです。 そもそも母乳や粉ミルクを飲むのはお腹が空いているからであり、その空腹感を無くすために勢いよく飲んでしまいます。 その勢いに喉の奥の弁が対応できないため誤嚥してしまうのです。 飲み方・飲ませ方がまだ下手 2つ目の原因は新生児のミルクの飲み方もしくは親の飲ませ方が下手ということです。 新生児は感覚で口にくわえればよいと感じているだけなので、その後どうやって飲んだら良いのかはある意味運次第という感じといえます。 ミルクの飲ませ方というのは始めて子供を産む親であれば通過儀礼とも言える事ですが、簡単に言えば新生児を支えてミルクを飲ませるときの頭の角度が悪いために上手く胃の方に流し込めないためです。 眠りながら飲んでいる時 3番目に多いのがほぼ眠りながら飲んでいる場合といえます。 新生児はまだ意識が完全に覚醒しているわけではないため、起床と睡眠を交互に行なっています。 その起床と睡眠のタイミングと空腹のタイミングが合致してしまうと、飲んでいる最中に突然意識がきれて眠ってしまうこともよくあるのです。 飲んでいる最中に寝てしまうと、当然ながら喉の弁が動かなくなるので母乳もしくはミルクが気管支に入り込んでしまいます。 チアノーゼから肺炎にしないための対処法 先に挙げたとおりに誤嚥をしてしまう理由はいくつがあるのですが、どの理由であっても大切な新生児をチアノーゼや肺炎にはしたくないのは当然です。 そこでチアノーゼと肺炎にしないためにも、しっかりと出来る範囲で対処法を学び実行することが大事といえます。 最初に行なうことは勢い良く飲んでいるので誇らしいと思いますが、ここは心を鬼にして一度乳首から離して休憩する時間を作ります。 誤嚥の多くは勢い良く飲む事や寝ている最中の睡眠なので、それを防ぐためにも必ず本にかかれている飲む時間に合わせるのではなくそれよりも短めにしてこまめに飲ませてあげることが誤嚥を防ぐことになるのです。 そして次に行なうのがげっぷです。 大抵の本には飲み終えた後にげっぷをさせてあげてほしいと書かれていることが多いですが、これには重要な意味があります。 げっぷは赤ちゃんが飲み終えたときに、胃のの中に溜まった空気を押し出すことで圧迫感を無くすために行なうと思う人が多いです。 もちろんそれも間違ってはいないですが、もう一つの役割は喉付近に残っているミルクを一度上に上げて正確に食道に落す役目を持っています。 そのため飲み終えたら必ず肩甲骨の中央を軽く手で叩いてあげることによって、新生児ではまだ出来ないげっぷを促してあげることによって喉に残ったミルクをしっかりと流してあげます。 まとめ 新生児がミルクを飲む際にむせてしまうのには様々な原因があり、その原因を知ればある程度は対処が可能です。 ただしこの対処はあくまで肺に完全に入り込んでいない段階での改善法であり、さすがに何度もチアノーゼをする場合には親の力では対処しきれないものです。 ミルクを飲んで何度もチアノーゼになるのであれば、一度新生児専用の医療病棟に赴いて気管支や肺の状況をみてもらい対処してもらう必要があります。 その上で異常がない場合には、先に言った飲み方を経験者や医者から今一度レクチャーしてもらいます。 こんにちは、助産師をしている亜紀と申します。 赤ちゃんの身体の8割は水分から出来ていて、その水はミルクやお母さんが飲む飲料水から作られています。 そのため赤ちゃんをアレルギーなどから守り健康に育てるためには日々の水を安全なものにする事が大切です。 私自身妊娠をきっかけにウォーターサーバーを使うようになったのですが、ウォーターサーバーの中には赤ちゃんにおすすめ出来るものとそうでないものがあるので、安いだけのウォーターサーバーを選ぶのは良い選択とは言えません。 このブログでは赤ちゃんの水やミネラルウォーター、ウォーターサーバーに関する記事を書いていくので楽しみにして下さいね。 最近のコメント• に より• に より• に より• に より• に より アーカイブ• カテゴリー•

次の

赤ちゃんが気持ちよく飲めるミルクの飲ませ方をマスターしよう!

赤ちゃん ミルク むせる

母乳・ミルクの勢いが良すぎる• 飲み方が下手• 気管支や肺に入りそうになってる• 飲み過ぎ 母乳・ミルクの勢いが良すぎる 赤ちゃんが一口で飲む量よりも、出る量が多いとむせてしまいます。 これは大人だって同じですよね。 ゴクンとしても勢いよく次々と口に入ってくるのですから当然です。 こういう場合は、母乳やミルクの出る勢いを弱めてあげると治まります。 母乳の場合は、出過ぎていると感じたら飲ませる前に軽く絞っておきます。 すると赤ちゃんが飲む頃にはちょうどいい勢いになっています。 ミルクの場合は、哺乳瓶の乳首の穴が大きすぎることが考えられます。 穴の小さい乳首を試してみてはどうでしょうか。 飲み方が下手 根本的な原因ですね、これは。 勢いも普通、態勢も悪くない、でもむせる…。 ただ単に上手に飲み込めてないだけかもしれません。 または飲みながら呼吸するのが上手くできていないのかもしれません。 赤ちゃんは夢中で飲んでる時、呼吸をしないで飲んでることがあります。 なので「あえて」間隔を空けながら飲ませてあげるのもいい方法。 泣くかもしれないのでその辺は臨機応変に行います。 特に母乳の場合、飲み方によっては乳首が痛くなってくることにも関係してくるので、少しでも早く上手になってもらいたいもの。 言葉で教えることができないので伝わりにくいですが、広範囲で吸うイメージを教えてあげると改善されるかもしれません。 気管支や肺に入りそうになってる 気管支や肺に異物が入りそうになったら、人間は反射的に咳をして出そうとします。 もし肺に母乳やミルクが入ってしまえば肺炎を引き起こしてしまいます。 なのでむせるということは、しっかり人間としての「反射」という反応をしていることとも言えます。 むしろ正常な証しです。 眠い 母乳の出によって授乳時間は変わりますが、30分近く上げている場合は出が悪いと言えます。 あまり長いと赤ちゃんも疲れてきて、最後の方は「ほとんど飲んでないな…」という状態になりますよね。 赤ちゃんは眠くなってきてウトウトしている状態です。 そこへ母乳やミルクが入ってくるわけなので、上手く飲めずにむせてしまいます。 ミルクの場合も、量や時間に関係なく眠くなってきたらむせる可能性が高くなると思っていればビックリすることもありません。 乳首がおしゃぶりになっているようなら、外してしまうのも一つの手です。 飲み過ぎ 新生児は目の前に乳首があると反射的に吸いつきます。 お腹がいっぱいにも関わらずあげていると、ついくわえて吸ってしまいむせることがあります。 ミルクは定量が分かりやすいので問題ありませんが、母乳の場合はどれくらい出てそうかイメージし、赤ちゃんがお腹いっぱいになった素振りを見逃してはいけません。 基本的に母乳は飲みたいだけ飲ませていいものですが、あまりにもむせる場合はお腹が苦しいことも考えられます。 まとめ.

次の

赤ちゃんが「むせる」ときに知っておきたいこと

赤ちゃん ミルク むせる

赤ちゃんがむせてしまうメカニズムとは? 赤ちゃんがむせてしまうのは、食べ物や飲み物が食道に入らずに、気管に入ってしまうことに原因があります。 そもそも空気と食べ物・飲み物はともに、口から入り、喉をとおって体内に入っていきます。 空気/食べ物・飲み物の通り道 空気は、口、喉をとおり、気管から肺へ、食べ物・飲み物は、口、喉をとおり、食道から胃へと移動します。 食事をしているとき以外には、咽頭から気管への入り口は開いたままで、食道への入り口は閉じています。 これとは反対に、食べ物・飲み物を飲みこんだときは、食道への入り口が開き、気管への入り口は閉じます。 これは食べ物や飲み物が誤って気管に入らないようにするため。 気管に食べ物や飲み物が入った場合は、防御作用がはたらき、咳をすることで気管から誤って入ったものを吐き出そうとします。 授乳中や離乳食を食べているときに赤ちゃんがむせるのは、食べ物や飲み物をうまく食道に入れられず、気管に入ってしまうことに原因があります。 赤ちゃんがむせる原因について 生後すぐの赤ちゃんは、授乳中も睡眠中も、むせやすい状態におかれています。 むせると、そのまま激しく咳き込む赤ちゃんも多く、対応に困り慌ててしまうお母さんも多いようです。 赤ちゃんがむせたときに上手に対応するためには、どうしてむせてしまうのか、その原因を把握することが大切です。 赤ちゃんがむせる原因について、授乳中、睡眠中、食事中と、シチュエーションごとに挙げてみましょう。 授乳中にむせる原因 授乳中に赤ちゃんがむせる原因について、ひとつずつ詳しくみていきましょう。 生まれたばかりの赤ちゃんが授乳中にむせると、窒息してしまうのでは?と不安を覚えます。 赤ちゃんが授乳中にむせやすいのは、一体どのような理由からでしょうか? 母乳/ミルクを飲むことに慣れていないから 生後すぐの赤ちゃんの中には、まだ上手に母乳を飲むことができない子もいます。 母乳の出がよく、勢いよく出てくると、口の中に溢れる母乳やミルクをうまく飲みこむことができず、これが原因でむせることに。 また母乳やミルクを吸うときに空気が一緒に入ることで、気管と食道の入り口の切り替えがうまくいかないことも原因のひとつです。 他にもおなかがすいているために、かえってうまく飲めないこと場合、泣きじゃくりながら飲んでいる場合などにも、むせて咳き込みます。 母乳/ミルクの出がよすぎるため 赤ちゃんが一度に飲める以上の量が、一気に口の中に流れ込むことも赤ちゃんがむせる原因のひとつです。 母乳栄養の方で、毎回赤ちゃんがむせて心配な場合は、搾乳をしておき、吸い口の小さな哺乳瓶から飲ませるといいでしょう。 ミルク栄養の場合、哺乳瓶の吸い口が赤ちゃんの月齢に合ったものでなく大きすぎると、赤ちゃんがむせやすくなります。 この場合は吸い口から出るミルクの量が少ないタイプに変えてあげましょう。 吸い口の小さいサイズから大きいサイズにしたところ、むせる回数が増えたときは、もう一度小さいサイズに戻してあげると安心です。 赤ちゃんの胃の形の影響 大人の胃は水平ですが、新生児の場合垂直の形をしています。 胃の容量も小さく、生まれたばかりの赤ちゃんの胃の容量はわずか30mlから60ml程度しかありません。 また胃の入り口部分である噴門部の括約筋のはたらきも緩いことが特徴です。 赤ちゃんに吐き戻しが多いのはこのためですが、胃のサイズが大きくなるにつれて、吐き戻しやむせることも少なくなってきます。 このように赤ちゃんの胃は大人と違い縦型。 おなかがいっぱいになったり、授乳後そのまま寝かせたり、また腹圧を与えると、胃の内容物が逆流します。 赤ちゃんが咳き込んだり、むせる理由は、乳児特有の胃の形やサイズにもあります。 睡眠中に赤ちゃんがむせる原因について 赤ちゃんは眠っている最中にもむせることがあります。 睡眠中にむせる大きな原因は唾液にあります。 寝ている最中に唾液が口の中にたまってしまうと、赤ちゃんはうまく飲みこむことができません。 その結果唾液が気管に入ってしまい、咳が出てしまいます。 もうひとつの原因は鼻づまりにあります。 鼻が詰まっているとき 風邪を引いて鼻が詰まっていると、睡眠中に鼻水が喉に流れ込み、赤ちゃんが咳き込む原因になります。 赤ちゃんが風邪気味のときは、鼻づまりを起こしていないかどうか、寝かせる前に確認してあげましょう。 食事中にむせる原因について 授乳中だけでなく、離乳中の赤ちゃんも食事中によくむせます。 離乳を始めたばかりの赤ちゃんは、まだ固形物を飲みこむことに慣れていません。 固形物を飲みこむことが下手な理由のひとつは、哺乳反射にあります。 哺乳反射とは? 生まれたばかりの赤ちゃんには、哺乳反射という機能が備わっており、誰からも教わることなく、母乳やミルクをうまく吸うことができます。 母乳やミルクを飲むのに必須の哺乳反射ですが、哺乳反射がはたらいていると、食べ物を飲みこむことはできません。 哺乳反射が減弱する時期 月齢4、5ヶ月になると、哺乳反射は減弱していき、6、7ヵ月目になると完全に消失します。 哺乳反射が減弱する時期が離乳の始め時で、口をしっかりと閉じて離乳食を食べてくれるようになります。 通常離乳を始めるのは、月齢5、6ヶ月頃からになりますが、この頃はまだ哺乳反射が完全に消失しておらず、母乳やミルク以外のものをうまく飲み込めずに、むせて咳き込むことがよくあります。 赤ちゃんの様子を観察し、離乳食の柔らかさや形状が月齢に適しているかどうか、確認してあげることも大切です。 赤ちゃんがむせたときの対処法 赤ちゃんがむせる原因や状況について詳しくみてきましたが、今度はむせたときの対処法について、重要なポイントをひとつずつみていきましょう。 赤ちゃんを縦抱きに抱っこする 授乳中に赤ちゃんがむせた場合は、いったん授乳をやめ、赤ちゃんを縦抱きに抱き上げましょう。 縦抱きにし、背中をとんとんと優しくなで、赤ちゃんの呼吸が落ち着くまでじっと静かに待ちます。 むせているからといって、お白湯やお茶を飲ませると、さらにむせかえってしまいます。 赤ちゃんがむせたら、いったん授乳や食事をやめ、赤ちゃんの咳がおさまるまで見守りましょう。 赤ちゃんの咳が止まらない場合 赤ちゃんがむせて咳き込む原因は、赤ちゃんの胃の大きさや授乳の仕方によるものが大多数。 赤ちゃんが成長するとともに、起こる回数も徐々に減っていきますので、あまり心配する必要はありません。 しか稀なケースとして、その裏に病気が隠れているケースもわずかな可能性としてあります。 赤ちゃんの咳がなかなか止まらず、顔色が蒼白になる、ぐったりしている、ゼイゼイと荒い息をしている、嘔吐が激しい、意識が朦朧としている、手足や舌の動きがおかしいなど、普段と明らかに様子が違う場合には、必ず医師に状況を伝え、指示を仰ぎましょう。 授乳の量や回数を見直す 授乳の際にむせることが多い場合は、一回の授乳の量や間隔についてもう一度見直しましょう。 哺乳瓶を使ってミルクや母乳を与えている方は、哺乳瓶の吸い口のサイズについても再度確認。 赤ちゃんの口にミルクが入りすぎる場合は、1サイズ小さなものを使いましょう。 哺乳瓶のちくびはサイズも形もいろいろ。 赤ちゃんの吸う力や月齢に応じて、飲みやすいタイプを選んであげましょう。 授乳の量、頻度、タイミングを見直すことは、赤ちゃんがむせることを防ぐ有効な手段のひとつです。 ミルクや離乳食の温度に注意 ミルクや離乳食の温度にも注意しましょう。 熱すぎるものを飲ませると、赤ちゃんはうまく飲み込めず、むせてしまいます。 赤ちゃんにあげるミルクの適温は常温。 どんなに忙しいときでも、ミルクが常温になるまできちんと冷まし、人肌まで冷めたかどうか、必ず確認しましょう。 大人でも熱い飲み物や食べ物をいきなり口に入れると、むせてしまうことがあります。 飲食物を摂ることを学んでいる最中の赤ちゃんにとってはなおさら。 ミルクだけでなく、離乳食についても人肌まで冷ましてから、少量ずつあげることが大切です。 少しずつ食べさせるのが面倒だからといって、スプーンに山盛りにした離乳食を、赤ちゃんの口に押し込むのはNG。 離乳は赤ちゃんのペースで、ゆっくり進めることが原則です。 離乳食の固さに注意し、赤ちゃんが食べやすい固さと形状のものを少量ずつあげましょう。 赤ちゃんがむせるのは病気のせい? 上に挙げたように、いろいろな原因により赤ちゃんはむせやすい状態におかれていますが、稀にむせるという症状の裏に病気が隠されていることがあります。 その典型的な例が咽頭軟化症で、これは生まれつき息を吸うときに、咽頭が狭まる状態を指します。 咽頭軟化症の場合、母乳/ミルクを飲んだときにむせるだけでなく、呼吸をする際にゼイゼイと音がしたり、重症の場合無呼吸になることもあります。 軽症の場合は、生後1歳前後で自然に治るケースが大多数を占めますが、無呼吸、合併症、哺乳不良が生じた場合は治療を行う必要があります。 授乳時にむせるだけでなく、呼吸時の息遣いがゼイゼイと荒い、体重が増加しない、呼吸に問題があるなどの心配な症状があれば、できるだけ早期に医師の診察を受けさせましょう。 まとめ 赤ちゃんがむせるときに知っておきたい情報を幅広くご紹介しました。 赤ちゃんが苦しそうに咳をしてむせるのを見ていると、お母さんなら誰でも不安な気持ちに襲われます。 しかしほとんどの場合、赤ちゃんが成長するにつれて、むせる頻度や度合いは少なくなりますので、不安に思う必要はありません。 授乳中や離乳食を食べているとき、睡眠中など、赤ちゃんがむせて咳き込む状況はいろいろ。 状況に応じた対処法をしっかり学び、赤ちゃんに苦しい思いをさせないよう努力しましょう。

次の