取引先 転職 メール 返信。 定年退職メールへの返信|例文を活用して感謝を伝えよう【社内&社外】

上司や取引先からの退職の挨拶メールへの返信方法【社内・社外例文付き】

取引先 転職 メール 返信

退職の挨拶メールに返信する際の注意点 退職の挨拶メールをもらったら、できるだけ速やかに返信することをおすすめします。 なぜなら、人によっては、最終出社日に退職メールを送る場合もあるため、返信が遅くなると相手に読んでもらえない可能性があるからです。 また、退職メールを送信した後、退職予定者は、仕事の引継ぎや挨拶まわりなどによって、離席しがちとなるケースもよく見られます。 退職準備の合間など、相手の都合の良いときに、返信メールを読んでもらえる可能性を高めるためにも、早めに返信しておけば安心です。 なお、個人宛で送られた退職の挨拶メールには、返信するのが基本マナーですが、一斉送信された挨拶メールであれば、返信しなくてもよい場合があります。 例えば、何年も前に名刺交換をしたものの、それ以来一度もやりとりがない相手であれば、返信をしないからといって、マナー違反を問われる可能性はありません。 退職メールの返信に記載する内容 退職の挨拶メールに対して、返信を送りたいけれど、どんなことを書いたら良いか迷うのであれば、以下の点を参考に基本構成を考えてみましょう。 具体的には、次に挙げる2つの点を盛り込めば、あとは相手との距離感に合わせて自由に記載することができます。 退職者へのお礼と退職を惜しむ気持ち 大変お世話になった方であれば、具体的なエピソードなどにも簡単に触れながら、お礼や感謝の気持ちを記載しましょう。 また、相手が退職されることを知った驚きや、今後共に働くことができない残念な気持ちを、率直に表現しても構いません。 将来の活躍や健康を願う気持ち 退職の理由にかかわらず、新たなスタートを応援する気持ちで、退職される方の健康や今後の活躍を願う気持ちを簡単に記しましょう。 読んだ相手がうれしい気持ちになれるよう、十分に配慮した内容で返信メールの最後を締めくくるのが理想的です。 退職メールの返信で避けるべき内容 退職者によっては、さまざまな事情や都合があり、退職理由など詳細を公表したくないケースもあります。 したがって、もらった挨拶メールに書かれていない内容について、返信メールで質問をすることはNGと考えておいたほうが無難です。 具体的には、以下の3点について、気を付けておきましょう。 転職理由は聞かない 「一身上の都合」など、転職理由について一般的な記述にとどめられている場合には、返信メールで、それ以上のことを聞かないのがマナーです。 転職先は尋ねない 返信メールで、次の就職先や仕事内容を書くことも控えたほうが無難です。 退職者の立場からすれば、勤務先のコンプライアンスに違反する可能性もあるため、退職の挨拶メールには次の仕事の詳細を記述できない可能性もあります。 出産や結婚などプライベートに踏み込み過ぎない 退職者とどのくらい親しい関係であるかにもよりますが、もらったメールに記載されていないようなプライベートな内容には触れないことをおすすめします。 特に、結婚や出産などに関する質問やコメントは、人によってはデリケートな内容だと受け止められる可能性もありますので、相手の気持ちを汲み取った配慮が必要です。 退職メールへの返信例(社内上司宛) 社内でお世話になったことがある上司から、退職の挨拶メールをもらった場合の返信文例を、以下のとおり紹介しましょう。 このたびは、お忙しいところ、ご丁寧な退職の挨拶メールを頂戴し、ありがとうございました。 退職されても、御身体には気を付けてお過ごしください。 いままで本当にお世話になり、ありがとうございました。 木村 花子 退職メールへの返信例(社外宛) 社外の方から退職の挨拶メールをもらった場合、返信文例は以下のとおりとなります。 相手との距離感なども考え、自分なりにアレンジしてみましょう。 文例 Nippon 株式会社 伊東様 いつもお世話になっております。 ABコーポレーションの加藤でございます。 お忙しいなか、退職のご挨拶をいただき、誠にありがとうございます。 伊東様には、御社の窓口としてご尽力いただき、いつも助けていただいたこと、大変感謝いたしております。 最後になりますが、今後の伊東様のご活躍とご健康を祈念し、結びの言葉とさせていただきます。 今まで本当にありがとうございました。 ABコーポレーション 加藤 勉 まとめ 退職メールへの返信は、相手の気持ちを考えながら、お礼と応援の気持ちが伝わる内容としたいものですね。 もし、返信すべきかどうか迷っているのであれば、今後、どこか別の職場で出会う可能性も考え、返信しておくことをおすすめします。

次の

【社内・社外・上司】感謝の気持ちが伝わる「退職メール」への返信例文

取引先 転職 メール 返信

返信した方がいいケース• 個人宛でメールが届いた• 退職する人と仲が良い• 退職した後も取引先と関係が続く まず、個人宛に届いたメールであれば、なるべく返信したいところデジ。 せっかく個人に向けて内容を考えてくれたんデジからね!また、付き合いの長い上司など、仲が良い人にも返信したいデジよね。 仲の良い人だったら返信も気楽だよね。 少しくらいマナー違反してても「失礼なやつだ!」とは思われないだろうし。 退職挨拶メールが取引先からのもので、その人が退職した後も会社と取引が続くなら、返信しておくべきだと思うデジ。 そして、できれば「後任の人と一緒に頑張っていきますよ!」的な内容を盛り込みたいデジね。 なるほど。 後は、 上記に当てはまらずとも自分が返信すべきだと思えば返信して大丈夫デジよ。 挨拶に対しての返信を貰って嫌がる人は滅多いないデジからね~。 ただ、内容によっては相手に不快感を与えてしまう恐れがあるデジ。 下記の返信方法もしっかり確認して、失礼のない返信メールを作り上げるデジ! 入れたい内容• お世話になった感謝の気持ち• 退職するのが残念だという気持ち• これからも頑張ってほしいという気持ち お世話になった上司や取引先からのメールなんデジから、「今まで本当にお世話になりました」といったような、感謝の気持ちは確実に入れたいところデジ。 上司宛だったら「ご指導いただき本当にありがとうございました」など、育ててくれたことへの感謝を伝えるのもいいデジね。 感謝の気持ちって伝えられると凄く嬉しいからね。 退職する人を勇気づけるためにも良い言葉を贈ってあげたいなぁ。 また、退職してしまうことに対して「非常に残念です…」といった気持ちも入れ込みつつ、これからを応援する文章も添えるデジ。 もちろん、ケースによって全てを入れる必要は無いものの、 上記3点を意識しておくと返信メールが書きやすくなると思うデジよ。 退職理由・転職先の詮索は避けよう 上記で返信メールに入れ込みたい内容を解説したデジね。 逆に、以下のような内容は入れない方がいいデジよ。 避けたい内容• 「何で退職するんですか?」• 「どこに転職するんですか?」 と、上記のように 退職理由・転職先を詮索するのはタブー、デジ。 どうしてだい? まず、 退職理由って非常にデリケートな問題で、人に話したくない人も多いんデジよ。 そもそも、人に話しやすい内容だったら退職挨拶メールに書いてあるはずデジからね。 あえて書かなかった理由を詮索して、相手に嫌な思いをさせてはいけないデジ。 た、確かに…。 人には話しにくい事情ってあるよね。 また、転職先について知りたいとしても、あまり詮索しない方がいいデジ。 多くの場合、退職挨拶メールは職場のPCから送られてくるデジからね。 つまり、転職先を訪ねて、相手がそれに答えてしまうと、職場のPCに転職先の内容を記したメールが残ることになるデジ。 上司や同僚に転職先を知られたくない人も多いよね。 せっかく隠してきたのを台無しにしちゃう恐れがあるのか。 もし 転職先について知りたいなら、後からプライベートで聞くのがいいんじゃないデジかね。 仲の良い間柄なら転職した後も機会はあるはずデジ。 プライベートすぎる内容も避けるべき 上記で話した通り、退職挨拶メールは職場のPCから送られてくるのが基本デジ。 そのため、プライベートすぎる内容を送るのもよくないデジ。 その人の プライベートな部分が職場のPCを通して周りの人に知られる恐れがあるデジからね。 なるほど。 いろいろ配慮しないとなんだね。 こちらとしては問題ないと思った内容でも、退職する人からすれば周りにバレたくない内容かもしれないデジ。 プライベートな内容のメールを送りたいなら、個人宛のアドレスなどを使うデジ。 これなら、いくらプライベートな話をしても大丈夫デジ! メールはなるべく早く返信しよう 退職の挨拶メールが届いたら、返信はなるべく早くするのが吉デジよ。 なるべく早くって、どのくらいだい? 「送られてきたらすぐ」くらいを心がけたいデジね。 退職まで1週間など、少し余裕があるなら次の日とかでも大丈夫デジけど、 最終出社日なんかに送られてきた時は即座に返信しないと、相手に読んでもらえない可能性があるデジ。 次の日から会社に来ないわけだしね。 また、最終出社日のメールだと、すぐに返信しても相手に読んでもらえないかもデジ。 もし メール内に個人の連絡先などが記載されているなら、そちらのアドレスに返信した方がいいデジね。 件名は「Re:」をつけてそのまま返信 退職挨拶メールに返信する時、件名はそのままにしておいてOKデジよ。 たとえば、「退職のご挨拶」という件名なら、返信時には「Re:退職のご挨拶」となるデジかね。 特に変更しなくていいんだね。 基本的にビジネスメールは件名を変えないのがマナーとされてるデジ。 それに、変に凝って分かりにくい件名にしてしまっては、相手を混乱させてしまうかもしれないデジ。 そのまま返信が無難な選択デジよ。 株式会社〇〇 〇〇様 いつもお世話になっております。 お忙しい中、定年退職のご挨拶をいただき誠にありがとうございます。 〇〇様には仕事だけでなく、個人的な相談にも親切に対応いただき、本当に感謝しております。 これからは御社に伺っても〇〇様がいないと思うと、とても寂しく感じてしまいます。 退職した後も充実した人生を送られること、心よりお祈り申し上げます。 これまで本当にありがとうございました。 ________________ (署名) ________________ 具体的にお世話になって話があるなら、その時のことを添えるのもいいデジね。 ただ、さっきも言ったようにプライベートすぎる内容は避けるデジよ! 社外で転職する人や退職理由が不明の時 株式会社〇〇 〇〇様 いつもお世話になっております。 お忙しい中、退職のご挨拶をいただき誠にありがとうございます。 〇〇様が退職するということで大変驚いております。 〇〇様にはこれまで弊社のためにご尽力いただき、本当に助かりました。 最後になりますが、〇〇様のさらなるご活躍、心よりお祈り申し上げます。 これまで本当にありがとうございました。 ________________ (署名) ________________ この例文は転職する人や、退職理由が分からない人など、幅広い人に使えるデジよ!もし後任が分かっているなら、上記のように後任と一緒に頑張っていくことを書いておくのがおすすめデジ! 【社内の人向け】ケース別、退職挨拶メールへの返信文例 次に社内の人から退職挨拶メールを貰った時の返信文例を紹介するデジ。 同じ会社の上司からメールを貰った際などは、以下の文例を参考にしてほしいデジ! 社内で定年退職する人に送る時 〇〇さん お疲れ様です。 お忙しい中、定年退職のご挨拶をいただき誠にありがとうございます。 〇〇さんには新卒で入社してから長い間、面倒を見ていただき、本当に感謝しております。 今まで勤めてくることができたのは、〇〇さんのおかげです。 そんな〇〇さんが定年退職してしまうのは、とても寂しいです。 定年退職の話は以前から聞いておりましたが、いざ、その日を迎えてしまうと悲しい気持ちがこみ上げてきます。 退職された後も、どうかお身体にお気をつけてお過ごしください。 これまで本当にありがとうございました。 ________________ (署名) ________________ 定年退職する人との具体的なエピソードがあれば、それを盛り込むのもいいデジね。 社内で転職する人に送る時 〇〇さん お疲れ様です。 お忙しい中、退職のご挨拶をいただき誠にありがとうございます。 〇〇さんには新卒で入社してから長い間、面倒を見ていただき、本当に感謝しております。 今まで勤めてくることができたのは、〇〇さんのおかげです。 そんな〇〇さんが退職してしまうこと、大変寂しく感じております。 新天地でのご活躍、心よりお祈り申し上げます。 これまで本当にありがとうございました。 ________________ (署名) ________________ 転職する人に対しては「新天地で頑張ってほしい」といった内容を入れ込むといいかもしれないデジ。 なお、返信する相手が同僚や後輩であれば「〇〇くん」のように砕けた言い方もありだと思うデジ。 このあたりは関係性を考慮して決めてほしいデジね。 社内で結婚する人に送る時 〇〇さん お疲れ様です。 お忙しい中、退職のご挨拶をいただき誠にありがとうございます。 〇〇さんには新卒で入社してから長い間、面倒を見ていただき、本当に感謝しております。 今まで勤めてくることができたのは、〇〇さんのおかげです。 今月で退職してしまうのは大変残念ですが、どうか明るくて素敵なご家庭を築いてください。 これまで本当にありがとうございました。 ________________ (署名) ________________ 上記はかなりシンプルな作りデジけど、間柄に合わせてお世話になった話なんかも入れて大丈夫デジよ。 むしろ、そういった内容を入れた方が感謝の気持ちが伝わるはずデジ!.

次の

退職の挨拶をメールで送る場合の書き方・送り方【文例付き】|転職Hacks

取引先 転職 メール 返信

退職する場合には、お世話になった関係各所へ自分の口で挨拶して回ることになります。 基本的には直接報告するのがマナーとされているのですが、退職を取引先の担当者などに報告する場合は、 なかなか直接挨拶に伺うのは難しいこともあるので退職メールのみで済ませることも多いです。 直接挨拶される場合はその場で話をすることもできるのですが、退職メールの場合はそうもいきません。 取引先であることも考えて、失礼にあたらないような返信メールを送る必要があります。 親しい場合はそこまで堅苦しくならなくても良いのですが、一応社外へ送るメールであることも考えて丁寧な言葉を選ぶようにしましょう。 実際にどんな文面を送れば良いのか迷ってしまいがちですが、基本的な例文を覚えておけば応用が効きます。 色々なケースを想定して、場面ごとに適した例文を挙げてみましょう。 退職メールへの返信例文 定年退職 まずは最も無難な退職理由である定年退職のケースでは、以下のような文面がおすすめです。 例文 いつもお世話になっております。 お忙しいところ、退職のご挨拶を頂戴しまして誠にありがとうございます。 これまで弊社を深く御贔屓いただき、感謝の気持ちで一杯です。 仕事以外でも様々なお話をさせていただき、私も常々楽しみにさせていただいておりました。 このような時間が無くなってしまうのは非常に残念ではございますが、 今後の第二の人生を謳歌されますことを心よりお祈りしております。 くれぐれもお体には十分にお気を付けいただき、ご自愛くださいますようお願い申し上げます。 これまで本当にお世話になりました。 ポイント 定年で退職する場合はおめでたいことでもあるので、失礼な言葉に過剰に注意する必要はありません。 最低限のマナーはしっかりと守り、目上の方への礼儀を感じさせる文面にするよう心がけましょう。 できれば返信メールに加えてこちらから挨拶の電話をしておくと、さらに印象が良くなるでしょう。 退職理由がわからない場合 次に、取引先の退職理由が分からない場合の返信メールの例を見てみましょう。 例文 いつもお世話になっております。 御多忙中のところ、丁寧に退職のご挨拶を下さり誠にありがとうございます。 これまで弊社と長きにわたってお付き合いしていただき、様々な場面で助けていただきました。 今後はお力添えを頂けなくなると思うと、非常に残念でなりません。 今後は引き続き成果を上げていけるよう、後任の方と協力して尽力して参りたいと存じます。 今後の更なるご健勝とご活躍をお祈り申し上げるとともに、お体には十分にお気を付け下さるようお願い申し上げます。 長らくのお付き合い、誠にありがとうございました。 ポイント 退職するには転職や自己都合など様々な理由が考えられますが、取引先が相手ではその理由まで知ることは難しいでしょう。 退職理由は敢えて聞かなくても良いことですし、返事を送るうえでは必ずしも必要ではありません。 付き合いがあった人の退職理由は気になるところではありますが、メールではそういったデリケートな事情には触れない方が賢明です。 親しくしていた場合には、退職メールとは別にプライベートのメールや電話などでやり取りするようにしましょう。 会社のパソコンなどに送られてきた社外メールは、上司やセキュリティ担当者などが内容をチェックすることもあります。 もしプライベートな内容を記載していると、適切ではないとして上司に注意を受けてしまう可能性もあるので避けておいた方が良いでしょう。 あくまでもマナーに則った、会社の代表として取引先へ送るメールとして相応しい内容にしておくことが大切です。 返信はできるだけ早めに 退職メールを受け取ったら、できるだけ早く返事をするのがマナーです。 特に相手が取引先の人の場合、会社と会社という関係性になるため、 自分が返事を忘れていると会社のメンツを潰してしまうことになります。 場合によっては、相手の最終出社日に送信されてくることもあるので、 受け取ったらすぐに返事を送らないと相手に見てもらえない可能性もあります。 メールに気付いたらすぐに返信するくらいでちょうど良いので、後回しにすることなく返信するようにしましょう。 返信には特に明確なルールはない ちなみに、返信メールに記載する内容に明確なルールなどはありません。 マナーさえ守っていれば基本的にはどんな内容でも構わないので、自分の気持が十分に感じられる文面にするのがポイントです。 これまでお世話になったことへのお礼や思い出、一緒に仕事をしたことで勉強になったことなどを丁寧に記すことで、 自分の誠意が伝わりやすくなります。 また、相手が退職してしまうことで、これまで通りに相手と話したり一緒に仕事をする時間が無くなってしまいます。 それを残念に思っていることを伝えるのも、相手にとっては嬉しいことです。 まとめ このように、退職メールが届いたら様々なポイントに注意しつつ返事を送ることが欠かせません。 退職メールは正式な報告に近い存在なので、砕け過ぎた文面よりもきちんとした丁寧な言葉で記すようにしましょう。

次の