バター の いとこ 東京。 那須で大人気「バターのいとこ」知ってる?専門店&新味も登場

前回は30分で売り切れ!梅田の蔦屋書店で「バターのいとこ」再販売

バター の いとこ 東京

新世代のパティシエを夢中にさせる「バターのいとこ」の可能性とは 次に訪ねたのは「バターのいとこ」の販売店。 その名もずばり【バターのいとこ】だ。 商品の大ブレイクを受けて、2019年5月、【森林ノ牧場】と同じ那須郡那須町内に開業したばかりだが、ショップの駐車場にはクルマが所狭しと停まっていて繁盛ぶりが垣間見える。 ここでは、「バターのいとこ」の開発・運営メンバー3人が出迎えてくれた。 1人は那須塩原町にある複合施設【Chus】の代表・宮本吾一さん。 マルシェ、ダイニング、ゲストハウスを一体化することで那須の魅力を発信し、その地域活性化の手法で注目を集める人物だ。 それから、東京・富ヶ谷の人気レストラン【PATH】のオーナーの1人、後藤裕一さん。 フランスのミシュラン三ツ星レストラン【メゾン・トロワグロ】にてアジア人初のシェフパティシエとして活躍した経歴を持つ腕利きだ。 そして、東京・新宿の一流ホテル【ハイアット リージェンシー 東京】でペストリーシェフを務めた実力派、仲村和浩さん。 後藤さんと仲村さんはメニュー開発や店舗コンサルティングを手掛ける会社「Tangentes Inc. 」を共に運営する仲でもある。 「バターのいとこ」の開発・運営メンバー3人。 左から、宮本さん、後藤さん、仲村さん 「バターのいとこ」のレシピを最初に開発したのは後藤さんだ。 きっかけはそもそも知己の間柄だった宮本さんからの一本の電話。 そこで、【森林ノ牧場】のこと、地域に根付く小さな酪農が抱えている問題などについて簡単に話を聞き、安価に取引されているスキムミルクに新しい価値を与えるために何かスイーツができないかと相談された。 当時のことを後藤さんは次のように振り返る。 「共通の知人を通じて知り合った(宮本)吾一さんには、彼の生き様から信頼を寄せていました。 けれど、僕はそれまでパティシエをやってきて、スキムミルクを食材として捉えたことがなかったので、一瞬、頭を悩ませました。 で、しばらくして思ったのです。 やるなら、スキムミルクをたっぷり使ったものにしたいなと。 なぜなら、このプロジェクトの意義は、単純においしいお菓子をつくることではなく、スキムミルクをきちんと流通させることだと僕なりに悟ったからです」。 「バターのいとこ」の販売店を訪ねた際、開発メンバーの宮本吾一さん、後藤裕一さん、仲村和浩さんが新作の試食中だった。 それから、後藤さんは宮本さんと一緒に【森林ノ牧場】を訪ね、代表を務める山川将弘さんと対面した。 広い空の下で可愛らしいジャージー牛がのびやかに下草を食む様子を間近にした後藤さんの心に迷いはなかった。 「森林の中の牧場はただひたすらに気持ちが良かった。 吾一さん、山川さん、僕(後藤さん)は、那須の豊かな自然と牛たちが織りなすバイブレーションに心を動かされたのだと思います。 牛の個性を生かす。 地域の資源を生かす。 そうして新しい商品を生み出し、販売することが、生産者、観光客、地域の三方よしを実現する可能性を秘めていることにも素直に共感できました」。 「バターのいとこ」3枚入り 700円。 パッケージに描かれた牛は【森林ノ牧場】が飼育するジャージー種ではなく、一般的なホルスタイン種を模しているが、それは「バターのいとこ」が多くの酪農家が自立するための選択肢になればという想いが込められているそうだ。 (左)生地が焼けたら端をカットし、きれいな楕円に形成していく(右)カットされたバターのいとこの生地は「ラスク」となって販売される。 捨てることろがない、エコなお菓子だ かくして「バターのいとこ」の商品化に向けて具体的なレシピが練り上げられた。 主役となるスキムミルクはミルクジャムになり、ワッフル生地の中にたっぷりとサンドされることになった。 そのおいしさは、2018年3月に商品が誕生して以来、大きな話題となっている。 最初は宮本さんが運営する【Chus】のショップで販売されていたのが、前述の通り、独立して専門店までオープンした。 その噂は全国に広まり、今や県外からも購入する人が後を絶たない。 思わず、「全国展開をする気はないのか?」と訊ねたが、その答えは「ノー」だ。 ワッフルは15~25秒で焼き上げる。 作業は袋詰めに至るまですべて手作業。 音楽がかかった作業場では障害者を含むスタッフが仲良く製造に励んでいた 「吾一さんとも話していたのですが、僕らは儲けのために『バターのいとこ』を手掛けているのではありません。 『バターのいとこ』を通して生産者、観光客、地域の方が笑顔になってほしいのです。 でも、規模を拡大すると、いろんな利権が絡んできて、それがどうしても難しくなる。 軸がブレるようなことはしたくないと思っています」。 「『バターのいとこ』はお菓子には違いありませんが、三方よしの取り組みそのもの」と最後に後藤さんは言った。 その言葉は、【森林ノ牧場】の山川さんが発した「小さい酪農が自立できることを示したい」という一言にも繋がる。 プロジェクトに携わる人たちに確かな共通認識があって、「バターのいとこ」が生まれ、今もなお展開されていることを2つの取材を通じてしみじみと実感させられた。

次の

那須より♡「バターのいとこ」をお取り寄せ!美味しくてサステイナブルなお菓子!

バター の いとこ 東京

もくじ• バターのいとことは? 那須は栃木県の北部にあるおいしい牛乳の産地です。 牛乳からバターを作っているのですが、バターは牛乳から5%しか採れない希少な物。 残りの大部分は無脂肪乳(脱脂粉乳)として安価に販売されてました。 でもそんな無脂肪乳も愛情込められて作られた牛乳の一部、その価値を高めたいと考案されたのがこのバターのいとこなんです。 無脂肪乳から作ったミルク感たっぷりのジャムを、バターが香り立つゴーフル ワッフル 生地でサンド。 無脂肪乳の可能性を広げるお菓子です^^ 1箱3枚入り。 750円。 スイーツイベントなどで販売されてたこともあるみたいですね。 通販はから買えますが、バターのいとこ単品での販売はしておらず、ラスクとグラノーラのセット販売となっています。 賞味期限は製造から10日。 保管方法は「冷暗所保管」となっているので夏場以外は常温保管で良さそうですね。 (お店でも普通の棚に置かれてたし。 ) Chusチャウス 直売スペース・カフェレストラン・ゲストハウスが併設されています。 定休:第2木曜日 住所:〒325-0045 栃木県那須塩原市高砂町6-3 Tel: 0287-74-5156 直売:10:00〜23:00 カフェレストラン:12:00〜23:00 バターのいとこ、たくさん並んでました。 ここなら余裕をもって買えそうです。 箱入りの他に、1枚販売もしていました。 (1枚200円) チャウス周辺はオシャレなお店が沢山。 雑貨、服飾、花屋、カフェも沢山あります。 森林ノ牧場 ランチしてきた記事も書いてます。 私が買った分で売り切れになっていました。。。 なので、確実に買いたいならチャウスの方が良いかと思います^^ いざ実食! 紅茶も淹れて準備万端! 包みを開けると… ででーん。 薄手のワッフル生地から、中身がちょっとはみ出してました。 笑 白クリームと黄色クリームが見えます。 ミルクジャムだそうです。 食べてすぐ感じたのが、とろ~食感と、シャリシャリ食感。 とろ~っとしてる中にシャリシャリ感があって歯に気持ちいい。 ) 次に感じたのがバターとミルクの甘み。 これは紅茶淹れといて正解!紅茶、コーヒー、お茶に良く合うやつ~。 最後にワッフル生地のしっとり、しっかりとした歯ごたえを感じます。 けっこう甘いので、1枚ガツガツ食べる!よりも、飲み物でも飲みながらゆっくり少しずつ食べる方がより美味しさを感じられるかな。 (カロリー高そうだけど、どこにも書いてない。 笑) 不思議食感のスイーツ、ぜひ食べてみてくださいね^^.

次の

バターのいとこ?バターとバターのいとこは結婚できる?!★グルメ&ダイニングスタイルショー後編★

バター の いとこ 東京

栃木県の那須高原で話題のお菓子、「バターのいとこ」をご存知でしょうか。 通販は約3か月待ち、イベント出店では約1000人が行列するほど人気のおやつ。 これまで姉妹店での販売でしたが、その人気を受けて「バターのいとこ」のオンリーショップが2019年5月、那須にオープンしました。 さらに9月には新商品のカカオ味も登場。 美味しさの秘密と商品に込められた深い思いをご紹介します。 新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されましたが、2020年6月18日(予定)までは一部都道県との間の移動の自粛が求められています。 各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。 (LINEトラベルjp)• 写真:野水 綾乃 「バターのいとこ」はおいしいだけじゃなく、みんなが豊かになれる仕組みを目指したお菓子です。 牛乳からバターをつくるとき、バターとなるのはそのわずか4%ほど。 残りの約90%は無脂肪乳(スキムミルク)になり、脱脂粉乳として安価に取引されています。 那須には良質な牛乳やバターをつくる酪農家さんたちがたくさんいます。 バターの副産物である無脂肪乳も美味しい牛乳からつくられた一部。 その価値を高めることができれば、酪農家さんたちもバターをつくりやすくなり、お土産として食べる私たち消費者もそれを応援できます。 そんな幸せな循環を「バターのいとこ」は目指しています。 本州随一の酪農王国・那須。 緑豊かな那須高原の自然をつくっているのは酪農家さんたちがいるから。 酪農家を助けること、それは那須の自然を守ることにもつながっています。 手作りだから生まれる「バターのいとこ」の美味しさ 写真:野水 綾乃 今まで「バターのいとこ」は1種類のみでしたが、2019年9月9日に新商品「バターのいとこCACAO」が登場。 中米グアテマラ産のカカオを使ったチョコレート味です。 どうしてカカオ?だったのでしょう。 地球温暖化の要因となっている森林伐採。 二酸化炭素を吸収する森の再生は地球規模で考えなくてはならない課題です。 「バターのいとこCACAO」で使っているのは、アグロフォレストリー(森林農業)という自然の森に近い状態で栽培されたカカオ豆。 食べることで私たちもその活動を支援することができます。 ゴーフル生地に練り込んでいるだけでなく、バタークリームとミルクジャムにもカカオをプラスしています。 食べるとカカオ本来のフルーティな果実味が鮮烈に広がり、「カカオってフルーツだったんだ」と思わせてくれます。 熟したカカオの実の艶やかなピンク色をイメージしたパッケージもキュート。 ぜひ従来の「バターのいとこ」と食べ比べてみてくださいね。

次の