陣痛 促進 剤 と は。 陣痛促進剤を使う出産、使わない出産、どう違う?体験レポ!

自然陣痛と陣痛促進剤の痛みはどっちが強い?両方経験した先輩ママの体験談

陣痛 促進 剤 と は

陣痛促進剤について お産を経験したことのあるおかあさん、これからお産を経験しようとしているあなた、皆が一度は耳にしたことのある 「陣痛促進剤」、このお薬はどのようなものなのでしょうか。 どのように使うものなのでしょうか。 一緒に考えてみましょう。 陣痛促進剤の種類 「陣痛促進剤」と呼ばれるお薬には次の二種類あります。 オキシトシン 分娩間近の妊産婦様の鼻の奥、脳の最下部である脳下垂体と呼ばれる部位から分泌されるホルモンです。 選択的に子宮の筋肉や、乳房の筋肉に作用して、陣痛を起こしたり射乳を起こしたりします。 プロスタグランディン 身体のなかで自然に創られるホルモンです。 筋肉に直接働きかけて筋肉が収縮する力を強める働きをします。 子宮の筋肉に作用させれば陣痛を起こしたり陣痛を強めたりします。 これらはいずれも 自然な分娩・出産のためにお母さんの身体の中で創られて子宮に作用し、分娩・出産を進めるために必要不可欠なホルモンなのです。 ですから「陣痛促進剤」と呼ばれているお薬そのものは 特に身体に危険なものではありません。 使う必要もないのに濫用したり、過剰に使用した時、あるいは稀に特異的に過剰反応を起した時などにお母さん(母体)や赤ちゃん(胎児)に危険を及ぼす可能性が出てきますが、これらを上手に使う事は逆にお母さんや赤ちゃんの安全のために必要なことでもあるのです。 陣痛促進剤を使用する場合 では どういうときに「陣痛促進剤」を使う適応となるのか、言い換えれば「使わなければならないのか」考えてみましょう。 一言でいえば、お薬の力を借りてでもお産をしてしまわなければお母さんや赤ちゃんが具合悪くなる危険がある場合です。 具体的には次の5つの場合です。 過期妊娠 予定日より二週間以上も分娩が遅れ、胎盤機能が低下して胎児にとってそれ以上子宮内に居ることがデメリットとなる可能性がある場合。 前期破水 破水したのに陣痛が起こらず、子宮内に居る胎児に感染の危険がせまりつつある場合。 妊娠中毒症 子宮胎盤系の血流不足により胎盤機能が低下して、それ以上胎児が子宮内に居ることがデメリットになるような場合。 胎盤機能不全 予定日超過や妊娠中毒症、喫煙などの原因により胎盤の機能が低下して、それ以上胎児が子宮内に居ることがデメリットとなるような場合。 微弱陣痛 陣痛が開始して分娩が始まったのに、陣痛が弱すぎるために分娩が遷延して母体の疲労を招いたり、長時間経過したのでは母児共に危険がせまる可能性がある場合。 ほとんどのお母さんにとってお産というものは、特に異常がなければ何もしなくても妊娠37週から41週までの間に自然に陣痛が起こり一日内外で元気な赤ちゃんが産まれてくるものです。 しかし約10%位のお母さんについては、なんらかのお手伝いをしてあげなければ元気な赤ちゃんを生むことが出来ないのです。 ところが、自分がそうなのかどうか自分ではわかりません。 ですから、もし自分がそうなった時でも安心してお産が出来るように専門のお医者さんや、助産婦、看護婦さんのもとで妊娠中からお産まで、さらには産後までも診てもらっているわけです。 そういう訳で、本当は、お産のときに「陣痛促進剤」を使うかどうか心配する前にお薬を使わないで済むように、煙草を吸わない、妊娠中毒症や微弱陣痛にならないように太りすぎない、といった自己管理が大切なのです。 そして、「陣痛促進剤」というのは前述の5つの項目にお母さんが当てはまる場合に自然な陣痛を起こす呼び水として、または補助として使用するお薬だと理解してください。 決してお薬だけで陣痛が起こり分娩が進行するものではありません。 わたしたちは「陣痛促進剤」について以上の様に考えております。 当ひたちなか母と子の病院でお産される皆様にご理解いただいて安心してお産が迎えられる手助けになりましたら幸いに存じます。 心配なこと不安なことはどうぞ遠慮無くご相談ください。 あなたにとって「良いお産」とはなにか、一緒に考えていきましょう。

次の

陣痛を促進する効果的な方法があったら教えて下さい!

陣痛 促進 剤 と は

陣痛促進剤のメリット 陣痛促進剤のメリットは、 出産を終えるまでの時間を短縮して母子への負担を減らすことが 期待されたものです。 陣痛促進剤のリスク デメリット 陣痛促進剤のリスク(デメリット)は、ググれば当たり前の様に検索結果に出て来ますので多くは語りませんが、「過強陣痛」「子宮破裂」「陣痛微弱」「吐き気」です。 陣痛促進剤の種類としては、オキシトシンやプロスタグランジンなどがあります。 (種類はどうでもいいですかね。 ) 投与の仕方としては、経口摂取か点滴による投与になります。 痛みとしては、針でチクっとすることと、その後の陣痛の強弱による痛みがあります。 (陣痛を促すので) 陣痛促進剤のメリットとして、「出産時間や日時を調節して計画的に分娩が出来る」ということがよく言われていますが、陣痛促進剤の効果が全ての人に出る訳では無く、症状は十人十色であり、薬を投与後にすぐに出産を迎えることの出来る人も居れば、薬を投与しても数日間出産を迎えることが出来ない人も居るので、一概にメリットとは言えません。 むしろ、後者の場合は効果 メリット の無い物をリスク 副作用 だけ背負っている確率もある為に、私としては「時間調整」という部分だけでの薬の投与はデメリットとして捉えています。 (あくまで母子の負担低減、危機回避) 陣痛促進剤のリスクのひとつとして、費用に対するリスクがあります。 相場としては1万円~5万円と言われていますが、一回の一種類の薬の投与相場です。 ここまで書いたことは、 一般的によく言われているリスクです。 私が省ける情報は省いて、知っておいて損は無いと思ったところを以上でまとめました。 ググれば山の様に出て来ます。 私と嫁さんが身を持って経験したリスクとは、「リスクのある必要の無い物を勧められた」ということです。 「そんなの結果論でしょ?」と言ってしまえばそれまでですが、陣痛促進剤の効果が十人十色であるというデータがあることを考えると、果たしてその出産は陣痛促進剤の効果なのか?結局結果論でしょ?という答えに辿り着きます。 つまり、効果が不確かな物を投与するリスクがあるということです。 (結局は病院側も商売なところが透けて見えてしまった) 何故、不確かな物を投与するということが起こってしまうのかと言うと、• 夫としては、苦しんでいる妻を見るのが辛い。 一秒でも早く妻を楽にしてあげたい。 妻としては、一刻も早く痛くて辛いこの状況から抜け出せるのならっ!! という藁にも縋る思いから、起こります。 多くの夫と妻はその様な場で正しい判断は出来なくなっています。 苦しんでいる妻を見ている夫や苦しんでいる妻は、その時に病院側から陣痛促進剤のメリットを説明された上で「陣痛促進剤を投与しますか?」と聞かれれば、YESと答えてしまうのではないでしょうか。 案の定私達夫婦も「陣痛促進剤を投与しますか?」という話の流れになりましたが、私は嫁さんから「今何も考えられないから任せた!(それどころじゃない!話しかけるな!)」と言われたので、心が揺らいでいましたが事前に打ち合わせをしていた通り、陣痛促進剤の投与を断りました。 医師の判断で陣痛促進剤の投与が必要だとなった時に、同意書へのサインを迫られるのかはそういう状況になったことが無いのでわかりませんが、半強制的に同意書へサインを迫られるというのは法的にどうなんだろうという疑問は残りますが、出産予定日よりも大きくズレ込んだり、破水しても陣痛が来ない、陣痛間隔が短くならない等 「緊急の場合」は医師の判断が重要になります。 まとめ もう一度言いますが、出産予定日よりも大きくズレ込んだり、破水しても陣痛が来ない、陣痛間隔が短くならない等「緊急の場合」は医師の判断が重要になります。 私のお伝えしたいリスクとは、「必要か必要じゃないかよくわからないけれど、母子の負担を減らしたい!」という場合での陣痛促進剤の使用リスクです。 陣痛促進剤を使ったら使ったなりのリスクがありますし、使わなくても使わないなりのリスクがある上での、情緒不安定なところへ付け込んだ薬の使用。 陣痛促進剤のメリットばかりを言いデメリットをしっかりと説明しないところや、医師が判断する前に助産師が陣痛促進剤の話を始めた場合は特に注意をして状況を冷静に判断して下さい。 いざという時は頼りになりますし、全ての病院や医師がそうだとは言えませんが、消費者として漠然と「病院だから安心」「医師はプロだから全て任せておけば安心」という考えは少々危険かと思います。 私達夫婦がした打ち合わせ 話し合い の内容としては、わかりやすくまとめると• 自然分娩がいい• どうせ痛いのだし費用を他に充てたい• 途中まで頑張って、いざ 命に係わる状況 となったら薬に頼る• 最終判断は 夫である私に 任せた という内容でした。 夫婦でしっかりと事前に話し合い段取りを組むことと、予備知識を事前に取り入れておくことが大切です。

次の

陣痛促進剤が効かないことがある?理由や対処法は?

陣痛 促進 剤 と は

陣痛促進剤のニュース、他人事ではない。 私も促進剤の過強陣痛で嘔吐失神、酸欠で娘の心拍が弱くなって帝王切開、その後出血多量で輸血をするかしないかってところで持ち直したんだけど。 もしかして危なかったのかな… 適切な量投与されていたかどうかは投与される側は知る由もない。 — まめ1y mamemama17 そしてこの過強陣痛が、その他の様々なリスクを生み出してしまうことになります。 2.胎児の酸素不足 陣痛促進剤によって過強陣痛が起こった場合、お腹の中の赤ちゃんが酸素不足になるリスクもあります。 子宮が過剰に収縮することで血流が悪くなり、胎児にうまく酸素が届かなくなるためです。 胎児が酸素不足になると心拍数も下がってくるので、緊急帝王切開などを行って、早く外に出してあげる必要があります。 というのも陣痛促進剤の事故は、その多くが病院側の「不適切使用」が原因で起こっているからです。 同機構によると、出産時の何らかの事故によって子供が脳性まひになった188件のうち、陣痛促進剤が使われていたのは56件。 引用元: 上記のとおり、事故があったケースの内の多くが、ガイドラインに沿わない使い方をしていたことがわかっています。 具体的には、• 規定を超える量の陣痛促進剤が投与されていた• 投与のペースが速すぎた• 投与中の母子状態のチェックを怠っていた …といったことが原因で、事故が起こっているのです。 なお、一番最悪なのは母子の命が危険にさらされることですが、 そもそも近年の日本における出産時死亡率は、母子ともに世界トップレベルで低いです。 こういった点から見ても、よほどずさんな産婦人科にかかっているとかでない限りは、陣痛促進剤のリスクを過剰に不安視する必要はないでしょう。 陣痛促進剤使用のリスクとして、主に過強陣痛・胎児の酸素不足・子宮破裂などがある• 正しい使い方をされていれば、陣痛促進剤によるリスクが起こることはほとんどない• 陣痛促進剤による事故の多くは、病院側の「不適切使用」が原因 どんな薬にもメリットとデメリットがあり、投与される側の人間は、その両面をしっかり理解しておくことが大切です。 陣痛促進剤についてまだまだ不安なことやわからないことがあれば、遠慮せず産院の先生に相談しましょう。

次の