空 飛ぶ 広報 室。 ドラマ「空飛ぶ広報室」 無料動画|新垣結衣/綾野剛主演の航空自衛官転属物語

空飛ぶ広報室

空 飛ぶ 広報 室

2013. 30 日 最後の更新! 2013. 23 日 最終話放送終了! DVD&Blu-ray 11月29日 金 発売! 最終話 最終回! vol. 21 金 SP プレゼントクイズを開催! 2013. 16 日 第10話放送終了! 第10話 原作・有川浩 先生 2013. 09 日 第9話放送終了! 第9話 2013. 02 日 第8話放送終了! サウンドトラック情報 第8話 2013. 26 日 第7話放送終了! 第7話 2013. 22 水 更新しました。 2013. 19 日 第6話放送終了! 番宣情報を追加しました。 第6話 スペシャル座談会・その4 2013. 15 木 スペシャル座談会・その3 2013. 12 日 第5話放送終了! 第5話 スペシャル座談会・その2 2013. 09 木 スペシャル座談会・その1 着うた配信情報 2013. 05 日 第4話放送終了! 第4話 2013. 03 金 原作・有川浩 先生 2013. 28 日 第3話放送終了! 第3話 2013. 21 日 第2話放送終了! 第2話 2013. 16 火 オリジナルグッズ情報 2013. 15 月 番宣情報 2013. 14 日 第1話放送終了! 見逃し配信情報 第1話 新コーナー 新コーナー 2013. 13 土 柴田恭兵 さん 2013. 11 木 綾野 剛 さん 2013. 10 水 新垣結衣 さん 〜後編〜 告知ページを更新! 2013. 09 火 新垣結衣 さん 〜前編〜 2013. 05 金 web 限定動画を配信! 2013. 04 木 2013. 03 水 制作発表が行われました。 ・ 人物詳細を更新! 2013. 27 水 追加しました。 2013. 22 金 トップページをリニューアル! ぜひご一読ください。 2013. 15 金 公式サイト OPEN!番宣情報も CHECK 更新開始! ・ ・ どんどん送ってネ! 日曜劇場『空飛ぶ広報室』公式Twitter.

次の

空飛ぶ広報室

空 飛ぶ 広報 室

amazon. 原作は2012年7月に出版された 有川浩さんの小説『空飛ぶ広報室』で、 2012年の12月には『ダ・ヴィンチ』という雑誌の [BOOK OF THE YEAR]で小説ランキング部門の 1位を受賞しています! 脚本は野木亜紀子さん。 『逃げるは恥だが役に立つ』や 『アンナチュラル』など 大ヒットドラマを数多く生み出しています。 一つ一つのセリフがとても丁寧で、 女性の脚本家ならではの 細やかな気配りが感じられます。 〜『空飛ぶ広報室』のあらすじ〜 幼い頃に航空ショーで見たブルーインパルスに 心を奪われてパイロットを志した空井大介は、 厳しい試練に耐え抜き、超難関と言われるブルーインパルスの 操縦資格を手に入れます。 しかし、ようやくブルーインパルスに乗れる!となったところで 不運な交通事故に遭い、再起不能となって操縦士免許を 剥奪されてしまいます。 ブルーインパルスに乗ることだけを夢見てきた空井は 生きる希望を失ってしまいます。 そんな空井は航空幕僚監部広報室(以下:空幕広報室)へ転勤となり、 心から笑うことなくただ淡々と業務に就く日々を 送ります。 そこへ、帝都テレビというテレビ局の 稲葉リカが空幕広報室へ取材に来ます。 稲葉リカは元々報道記者として 自分の仕事に正義感と誇りをもって仕事をしており、 その強い正義感からある容疑者の奥さんを 執拗に追い続けてしまいます。 その結果、容疑者の奥さんは精神的に追い詰められてしまうのですが、 なんと容疑者と言われていた男は無実だったことが判明します。 無実にもかかわらず犯人扱いを受け、 さらに奥さんが精神的に病んでしまったことから 男は稲葉リカにかなりの恨みをもって 帝都テレビに乗りこんでくるほどでした。 そんな過去があり、稲葉リカは 報道記者を外されて情報局に異動させられたのです。 パイロットという夢を失ってしまった空井大介と、 報道記者という誇り高い仕事から離れざるを得なくなった稲葉リカという 傷を負った二人が出会い、 衝突しながらも心を通わせていき 前を向き始める、、 というのがこのドラマのあらすじです。 思い描いていた通りにいかなくて 苦しむという経験は、きっと誰でも 一度は経験していると思います。 そんなときにぜひ見てほしいドラマなんです! 次に主要キャストを ご紹介します。 ブルーインパルスが登場する『空飛ぶ広報室』の主要キャスト 新垣結衣 稲葉リカ役 帝都テレビの元報道記者。 新聞記者だった、亡くなったお父さんに憧れて 記者の道を選ぶも、あらすじにも書いたトラブルを起こして 情報局に回されてしまいます。 思ったことはズバズバ言うタイプで そこが問題を引き起こす引き金になりがち。。 情報局に回ってからは、グルメ紹介などの あってもなくても変わらないような仕事に やりがいを感じられず、 早く報道に戻ることばかりを考えていたのが、 空井と出会って変わっていきます。 綾野剛 空井大介役 ブルーインパルスに乗ることだけを夢見て パイロットを志すも事故で操縦士免許剥奪になってしまいます。 転勤先の空幕広報室では上司の計らいで 帝都テレビの取材窓口を担当することになります。 はじめは死んだように過ごしていたのですが、 帝都テレビの稲葉リカと関わるうちに 空幕広報室の仕事にやりがいを見つけられるようになります。 柴田恭兵 鷺坂正司役 空幕広報室の広報室長兼報道担当官で、 空井大介の上司にあたります。 営業マン並みに根回しがうまいのが特徴ですが、 実際にモデルとなった方がいるんだそう! 鷺坂室長は部下への愛情がとても厚く ときに優しく、ときに厳しく 部下たちを正しい方向へ導いてくれます。 親目線からしたら理想の親であり、 新入社員の人にとっては理想の上司 そのものなんじゃないかなって 思います! 生瀬勝久 阿久津守役 稲葉リカの異動先、情報局[帝都イブニング]の チーフディレクター。 かなり厳しい口調で稲葉リカに ダメ出しをすることも多々あります。 しかし、稲葉リカが少しずつ情報局での仕事に 熱意を見せ始めてからはその姿勢を評価してくれるように なります。 水野美紀 柚木典子役 空幕広報室の報道班を担当していて、 男性の中ただ一人の女性です。 過去の勤務先で女性差別を受けてから 自分が女であることを否定的に思うようになってしまい、 空幕広報室ではわざとガサツな振る舞いをしています。 要潤 片山和宣役 民間の広告代理店での研修経験があって、 企画の絵コンテはめちゃくちゃ絵がうまい! プライドが高くてちょっと問題児な一面もあります。 女の子にモテたいと思うも、 周囲の色恋関係には鈍感というイタイところもあるという。。 笑 高橋努 槙博己役 柚木典子と同じく広報班にいるのですが、 大学時代の先輩である柚木典子にずっと想いを寄せています。 しかし柚木は過去のトラウマから女を捨てるような振る舞いを 続けています。 そんな柚木とは距離を保っていたのですが、 少しずつ自分の気持ちを柚木に打ち明けていきます。 ムロツヨシ 比嘉哲広役 現在は空井の教育係で、過去には片山の教育係も担当していました。 面倒見がよく、縁の下の力持ち的な存在です。 幹部試験を受けず、自分が広報室の礎となることを 心に決めています。 桐山漣 藤枝敏夫役 帝都イブニングの街角グルメを担当するキャスターです。 見た目はチャラいけど、実は仕事に対する姿勢は真面目。 藤枝は稲葉リカと付き合ってるのでは?と思われていたのですが、 付き合ってないことがわかって空井が大喜びするシーンも! ブルーインパルスが登場する『空飛ぶ広報室』の個人的おすすめポイント このドラマでたびたび登場する 『意思あるところに道は拓ける』という言葉があります。 誰でも、思い通りにいかないことは たくさんありますが、 それでも今自分がやれることに 最大限の力を注ぐという意志を強く持てば 新しく道は拓けるんだということを学べるドラマです。 なんと言っても柴田恭兵さん演じる鷺坂室長が 魅力的すぎます。 一方的に航空自衛隊を悪く言われて 不満を爆発させる空井へ、 「わかってもらえないということは、 わかってもらうための努力が足りていないということだ。 」 と諭すシーンがあります。 わたしはその言葉にすごく感心しました。 仕事に限らず人間同士が 関わっていく上で 意見の相違などは生まれるものです。 「なんでわかってくれないの?!」 と相手を責めるのではなく、 わかってもらう努力をするべきなのだと、 このドラマから教えてもらいました。 まだまだこのドラマに関しては書きたいことがありずぎるのですが、 今日のところは一旦おしまいにします! また後日加筆していこうと思います。 ここまで読んでいただき ありがとうございました!.

次の

空飛ぶ広報室 ロケ地ガイド

空 飛ぶ 広報 室

amazon. 原作は2012年7月に出版された 有川浩さんの小説『空飛ぶ広報室』で、 2012年の12月には『ダ・ヴィンチ』という雑誌の [BOOK OF THE YEAR]で小説ランキング部門の 1位を受賞しています! 脚本は野木亜紀子さん。 『逃げるは恥だが役に立つ』や 『アンナチュラル』など 大ヒットドラマを数多く生み出しています。 一つ一つのセリフがとても丁寧で、 女性の脚本家ならではの 細やかな気配りが感じられます。 〜『空飛ぶ広報室』のあらすじ〜 幼い頃に航空ショーで見たブルーインパルスに 心を奪われてパイロットを志した空井大介は、 厳しい試練に耐え抜き、超難関と言われるブルーインパルスの 操縦資格を手に入れます。 しかし、ようやくブルーインパルスに乗れる!となったところで 不運な交通事故に遭い、再起不能となって操縦士免許を 剥奪されてしまいます。 ブルーインパルスに乗ることだけを夢見てきた空井は 生きる希望を失ってしまいます。 そんな空井は航空幕僚監部広報室(以下:空幕広報室)へ転勤となり、 心から笑うことなくただ淡々と業務に就く日々を 送ります。 そこへ、帝都テレビというテレビ局の 稲葉リカが空幕広報室へ取材に来ます。 稲葉リカは元々報道記者として 自分の仕事に正義感と誇りをもって仕事をしており、 その強い正義感からある容疑者の奥さんを 執拗に追い続けてしまいます。 その結果、容疑者の奥さんは精神的に追い詰められてしまうのですが、 なんと容疑者と言われていた男は無実だったことが判明します。 無実にもかかわらず犯人扱いを受け、 さらに奥さんが精神的に病んでしまったことから 男は稲葉リカにかなりの恨みをもって 帝都テレビに乗りこんでくるほどでした。 そんな過去があり、稲葉リカは 報道記者を外されて情報局に異動させられたのです。 パイロットという夢を失ってしまった空井大介と、 報道記者という誇り高い仕事から離れざるを得なくなった稲葉リカという 傷を負った二人が出会い、 衝突しながらも心を通わせていき 前を向き始める、、 というのがこのドラマのあらすじです。 思い描いていた通りにいかなくて 苦しむという経験は、きっと誰でも 一度は経験していると思います。 そんなときにぜひ見てほしいドラマなんです! 次に主要キャストを ご紹介します。 ブルーインパルスが登場する『空飛ぶ広報室』の主要キャスト 新垣結衣 稲葉リカ役 帝都テレビの元報道記者。 新聞記者だった、亡くなったお父さんに憧れて 記者の道を選ぶも、あらすじにも書いたトラブルを起こして 情報局に回されてしまいます。 思ったことはズバズバ言うタイプで そこが問題を引き起こす引き金になりがち。。 情報局に回ってからは、グルメ紹介などの あってもなくても変わらないような仕事に やりがいを感じられず、 早く報道に戻ることばかりを考えていたのが、 空井と出会って変わっていきます。 綾野剛 空井大介役 ブルーインパルスに乗ることだけを夢見て パイロットを志すも事故で操縦士免許剥奪になってしまいます。 転勤先の空幕広報室では上司の計らいで 帝都テレビの取材窓口を担当することになります。 はじめは死んだように過ごしていたのですが、 帝都テレビの稲葉リカと関わるうちに 空幕広報室の仕事にやりがいを見つけられるようになります。 柴田恭兵 鷺坂正司役 空幕広報室の広報室長兼報道担当官で、 空井大介の上司にあたります。 営業マン並みに根回しがうまいのが特徴ですが、 実際にモデルとなった方がいるんだそう! 鷺坂室長は部下への愛情がとても厚く ときに優しく、ときに厳しく 部下たちを正しい方向へ導いてくれます。 親目線からしたら理想の親であり、 新入社員の人にとっては理想の上司 そのものなんじゃないかなって 思います! 生瀬勝久 阿久津守役 稲葉リカの異動先、情報局[帝都イブニング]の チーフディレクター。 かなり厳しい口調で稲葉リカに ダメ出しをすることも多々あります。 しかし、稲葉リカが少しずつ情報局での仕事に 熱意を見せ始めてからはその姿勢を評価してくれるように なります。 水野美紀 柚木典子役 空幕広報室の報道班を担当していて、 男性の中ただ一人の女性です。 過去の勤務先で女性差別を受けてから 自分が女であることを否定的に思うようになってしまい、 空幕広報室ではわざとガサツな振る舞いをしています。 要潤 片山和宣役 民間の広告代理店での研修経験があって、 企画の絵コンテはめちゃくちゃ絵がうまい! プライドが高くてちょっと問題児な一面もあります。 女の子にモテたいと思うも、 周囲の色恋関係には鈍感というイタイところもあるという。。 笑 高橋努 槙博己役 柚木典子と同じく広報班にいるのですが、 大学時代の先輩である柚木典子にずっと想いを寄せています。 しかし柚木は過去のトラウマから女を捨てるような振る舞いを 続けています。 そんな柚木とは距離を保っていたのですが、 少しずつ自分の気持ちを柚木に打ち明けていきます。 ムロツヨシ 比嘉哲広役 現在は空井の教育係で、過去には片山の教育係も担当していました。 面倒見がよく、縁の下の力持ち的な存在です。 幹部試験を受けず、自分が広報室の礎となることを 心に決めています。 桐山漣 藤枝敏夫役 帝都イブニングの街角グルメを担当するキャスターです。 見た目はチャラいけど、実は仕事に対する姿勢は真面目。 藤枝は稲葉リカと付き合ってるのでは?と思われていたのですが、 付き合ってないことがわかって空井が大喜びするシーンも! ブルーインパルスが登場する『空飛ぶ広報室』の個人的おすすめポイント このドラマでたびたび登場する 『意思あるところに道は拓ける』という言葉があります。 誰でも、思い通りにいかないことは たくさんありますが、 それでも今自分がやれることに 最大限の力を注ぐという意志を強く持てば 新しく道は拓けるんだということを学べるドラマです。 なんと言っても柴田恭兵さん演じる鷺坂室長が 魅力的すぎます。 一方的に航空自衛隊を悪く言われて 不満を爆発させる空井へ、 「わかってもらえないということは、 わかってもらうための努力が足りていないということだ。 」 と諭すシーンがあります。 わたしはその言葉にすごく感心しました。 仕事に限らず人間同士が 関わっていく上で 意見の相違などは生まれるものです。 「なんでわかってくれないの?!」 と相手を責めるのではなく、 わかってもらう努力をするべきなのだと、 このドラマから教えてもらいました。 まだまだこのドラマに関しては書きたいことがありずぎるのですが、 今日のところは一旦おしまいにします! また後日加筆していこうと思います。 ここまで読んでいただき ありがとうございました!.

次の