酢蓮の作り方。 【写真付きで解説!】れんこんの上手な冷凍保存方法と活用レシピ!

プロの田作りの作り方。鈴木登紀子さんのおせち料理のレシピ。

酢蓮の作り方

皆さんワインは好きですか?私は大好きです。 毎晩欠かさず、、と言いたいところですが1人でフルボトルを空けることはできないので、誰かと一緒のときぐらいしか飲む機会がありません。 でも、 どうしても飲みたいときがありますよね。 実は、 余ったワインを有効活用する方法があることをご存知でしょうか? 今回は、皆さんも何回か経験したことがあると思われる 「残ってるのはあと少しだけど飲みきれないワインをどうしよう」 という気持ちを解決する方法をご紹介します。 サングリアにする 美味しくないワインを買ってしまったらサングリアにするのはいかがでしょうか? サングリアとは ワインをベースにフルーツでほんのり甘くしたスペイン・アンダルシア地方の飲み物です。 ワインが、果実の糖分などで甘くなるので、美味しくなかった ワインも飲みやすくなりますよ! サングリアは本来、ワインにスパイスやフルーツを漬け込んで作ります。 また、生のフルーツだけでなく、 缶詰のフルーツを使用してもOKです。 シロップを加えれば甘さも自分好みに調整できます。 ワイン塩にする ワインをこよなく愛している方は朝からワインを楽しめたら…なんて思いませんか? そんな時に ワイン塩がおすすめです。 料理にさっと取り入れるだけでワインの香りが楽しめます。 ワイン塩も作り方は簡単! ワイン:塩を2:1の割合で鍋に入れて、焦がさないようにゆっくりと煮詰めていくだけでOKです。 お肉にかけることはもちろん、 バニラアイスにかけてもワインの香りと酸味がふんわりと香り、大人なスイーツに。 少し手間はかかりますが、作ってみる価値は大アリですね! 美容に利用する 飲み残しのワインを入浴剤(目安として浴槽に50ml~100ml)として使うのはいかがでしょうか? ワインを入浴剤にするなんてもったいないですが、 ワイン風呂は様々な効能があると言われています。 ワイン風呂で見込める効能 ・血行や新陳代謝の促進 ・疲労回復効果 ・風邪の予防 ・肩こり解消 ・腰痛の緩和 ・美肌効果 肌の若返りを促進 ただ、浴槽にワインの色素がつくことがあるので気を付けてくださいね。 また、お風呂に入れるには量が少ない…というときには少し贅沢なスキンケアにも活用できます。 翌日、化粧ノリの良さに驚くかもしれませんよ! グリューワインにする 「グリューワイン」とは、 温めたワインにお好みのフルーツや香辛料を入れるというワインの飲み方です。 グリューワインの本場であるドイツではポピュラーな飲み方で、自宅ではもちろん、クリスマスマーケットなどのイベントでも楽しまれているんだそう。 美味しいだけでなく、グリューワインには 体を温めることはもちろん胃の調子を整える効果もありますので、冷え性の女性にはピッタリのお酒ですよ。 また温め方を調整することでアルコールを飛ばすことができますので、お酒に弱い方でも楽しむことができます。 一般的には シナモンスティックやレモン、グローブなどお好みの材料と赤ワインを鍋に入れ、中火で温めて、ハチミツや砂糖で甘さを整えて完成! 赤ワインで作ることが多いですが、白ワインを使ってさっぱりとした味わいに仕上げることもできますよ。 ワインビネガーにする ワインビネガーほど、作るのが簡単でエコなビネガーは他にないのではないでしょうか? なんと、1度作ってしまえば、後は残ったワインを注ぎ足すだけでワインビネガーが半永久的に作れます! 作り方は超簡単! ワインとお酢が6:4~7:3になるような割合で消毒した容器に入れ、布で蓋をして冷暗所で放置するだけです。 ワインビネガーは光を嫌うので、容器がガラスなどの場合は布ですっぽりと覆ってくださいね。 これでワインビネガーの完成! 出来上がったワインビネガーはマザーとは混ぜないようにして、別の容器に移し替えてください。 ビンに残ったマザーは再利用可能。 今度はお酢は加えずに、マザーの入った瓶にワインを注いで放置するだけで新しいワインビネガーを作ることができます。 また、初めて作るときにはお酢は市販の生酢 きず を利用してください。 生酢は米酢でも良いですが、少々クセができるので、 リンゴ酢がおすすめですよ。 作ったワインビネガーはドレッシングやソースにしたり、料理にちょい足して使ってみてくださいね。

次の

酢れんこん(酢ばす)のレシピ/作り方:白ごはん.com

酢蓮の作り方

皆さんワインは好きですか?私は大好きです。 毎晩欠かさず、、と言いたいところですが1人でフルボトルを空けることはできないので、誰かと一緒のときぐらいしか飲む機会がありません。 でも、 どうしても飲みたいときがありますよね。 実は、 余ったワインを有効活用する方法があることをご存知でしょうか? 今回は、皆さんも何回か経験したことがあると思われる 「残ってるのはあと少しだけど飲みきれないワインをどうしよう」 という気持ちを解決する方法をご紹介します。 サングリアにする 美味しくないワインを買ってしまったらサングリアにするのはいかがでしょうか? サングリアとは ワインをベースにフルーツでほんのり甘くしたスペイン・アンダルシア地方の飲み物です。 ワインが、果実の糖分などで甘くなるので、美味しくなかった ワインも飲みやすくなりますよ! サングリアは本来、ワインにスパイスやフルーツを漬け込んで作ります。 また、生のフルーツだけでなく、 缶詰のフルーツを使用してもOKです。 シロップを加えれば甘さも自分好みに調整できます。 ワイン塩にする ワインをこよなく愛している方は朝からワインを楽しめたら…なんて思いませんか? そんな時に ワイン塩がおすすめです。 料理にさっと取り入れるだけでワインの香りが楽しめます。 ワイン塩も作り方は簡単! ワイン:塩を2:1の割合で鍋に入れて、焦がさないようにゆっくりと煮詰めていくだけでOKです。 お肉にかけることはもちろん、 バニラアイスにかけてもワインの香りと酸味がふんわりと香り、大人なスイーツに。 少し手間はかかりますが、作ってみる価値は大アリですね! 美容に利用する 飲み残しのワインを入浴剤(目安として浴槽に50ml~100ml)として使うのはいかがでしょうか? ワインを入浴剤にするなんてもったいないですが、 ワイン風呂は様々な効能があると言われています。 ワイン風呂で見込める効能 ・血行や新陳代謝の促進 ・疲労回復効果 ・風邪の予防 ・肩こり解消 ・腰痛の緩和 ・美肌効果 肌の若返りを促進 ただ、浴槽にワインの色素がつくことがあるので気を付けてくださいね。 また、お風呂に入れるには量が少ない…というときには少し贅沢なスキンケアにも活用できます。 翌日、化粧ノリの良さに驚くかもしれませんよ! グリューワインにする 「グリューワイン」とは、 温めたワインにお好みのフルーツや香辛料を入れるというワインの飲み方です。 グリューワインの本場であるドイツではポピュラーな飲み方で、自宅ではもちろん、クリスマスマーケットなどのイベントでも楽しまれているんだそう。 美味しいだけでなく、グリューワインには 体を温めることはもちろん胃の調子を整える効果もありますので、冷え性の女性にはピッタリのお酒ですよ。 また温め方を調整することでアルコールを飛ばすことができますので、お酒に弱い方でも楽しむことができます。 一般的には シナモンスティックやレモン、グローブなどお好みの材料と赤ワインを鍋に入れ、中火で温めて、ハチミツや砂糖で甘さを整えて完成! 赤ワインで作ることが多いですが、白ワインを使ってさっぱりとした味わいに仕上げることもできますよ。 ワインビネガーにする ワインビネガーほど、作るのが簡単でエコなビネガーは他にないのではないでしょうか? なんと、1度作ってしまえば、後は残ったワインを注ぎ足すだけでワインビネガーが半永久的に作れます! 作り方は超簡単! ワインとお酢が6:4~7:3になるような割合で消毒した容器に入れ、布で蓋をして冷暗所で放置するだけです。 ワインビネガーは光を嫌うので、容器がガラスなどの場合は布ですっぽりと覆ってくださいね。 これでワインビネガーの完成! 出来上がったワインビネガーはマザーとは混ぜないようにして、別の容器に移し替えてください。 ビンに残ったマザーは再利用可能。 今度はお酢は加えずに、マザーの入った瓶にワインを注いで放置するだけで新しいワインビネガーを作ることができます。 また、初めて作るときにはお酢は市販の生酢 きず を利用してください。 生酢は米酢でも良いですが、少々クセができるので、 リンゴ酢がおすすめですよ。 作ったワインビネガーはドレッシングやソースにしたり、料理にちょい足して使ってみてくださいね。

次の

ちらしずし|レシピ|ゆとりの空間

酢蓮の作り方

酢れんこんの作り方と由来 酢れんこんの作り方とその由来 おせちに入る酢れんこんは、花の形に切られて見た目も美しいですよね。 酢れんこんの由来や作り方に加え、れんこんを美味しく食べるお正月料理のアイデアをまとめました。 酢れんこんの由来とは れんこんの歴史は古く、奈良時代に書かれた万葉集にも出てくるほど。 酢に漬けて作る酢れんこんの由来は、空気に触れるとすぐに黒くなるれんこんの性質から水や酢に入れて黒くならないようにする習性があります。 特にサラダなどそのままの色を大事にするお料理には酢水の方が適していて、長時間変色を防いでくれるのです。 このように変色を防ぐために酢水などにつけたものはシャキシャキした食感になり、その下処理を行わない場合はモチモチした食感になるれんこんは、調理法によって食感が変わる面白い食材といえますね。 おせちにれんこん料理が用いられる理由は、穴が多く将来を見通せるという意味があります。 見通しの明るい一年を祈って、新年に酢れんこんを食べてみてはいかがでしょうか? れんこんの栄養について れんこんは蓮の茎が肥大したもの。 インドから中国、そして日本に伝わった食材と言われています。 天ぷらやきんぴらなど油を使った料理にも合いますので、おせち料理に花形に切ってきんぴられんこんを作っても美しい和食を演出できますね。 れんこんの主成分は芋と同じでデンプン。 食物繊維やビタミンCを多く含み健康・美容食としてもおすすめの食材です。 れんこんを切るとねばねばするのは、ムチンが含まれるからです。 納豆のねばねばと同じ成分で、内臓の機能を高める効果があります。 また、野菜ではめずらしいビタミンB12も含んでいて、心・体両方の疲労回復も期待できます。 おせちに入れる酢れんこんは見た目を美しく おせちに入れる酢れんこんは、見た目を美しく飾る役割を担っています。 酢れんこんを作る際に、れんこんの穴に沿って飾り切りすると美しい花蓮根に。 また、赤い色を付けると紅白の花蓮根の出来上がりです。 酢れんこんの作り方• れんこんの皮をむき、穴の形に添って切り込みを入れ花形蓮根を作ります。 だし汁・砂糖・お酢・薄口醤油・塩を入れひと煮立ちさせる(歯ごたえが残る程度に)• 熱いうちにお好みで鷹の爪を入れ、冷ます 調味料の量はお好みで調整しましょう。 だし汁を多くすれば薄味になります。 また、お鍋で煮なくても電子レンジで作ることも可能です。 電子レンジのゆで野菜機能を使うと便利です。 紅白酢れんこんにするには 紅白の酢れんこんにするには、食紅(赤)を用意します。 半分に食紅を入れて赤くしましょう。 食紅を使いたくない方は赤シソ和えにするのもおすすめです。 ほんのり薄紫-ピンクになり、それも美しい紅白になります。 飾り切りで花蓮根 花蓮根にするには、輪切りにした後、穴に沿って切ります。 穴と穴の間に切り込みを入れてから、その切り込みと切り込みの真ん中から切り込みに向かって切ると上手に穴に沿って飾り切りすることができます。 お酢が苦手な方は煮物もおすすめ 酸っぱい味やシャキシャキしたれんこんが苦手な方は煮物で楽しむこともおすすめです。 れんこんは煮くずれしないため、花の形に飾り切りした花蓮根を煮物に入れるだけでも華やかな印象に。 にんじんと一緒に飾り切りすると美しいお花畑のような煮物が出来上がります。 れんこん・にんじんは煮しめ(筑前煮)に入ることが多い野菜ですが、ちょっと違った煮物をお正月料理として作っても面白いですね。 花れんこんの煮物に合う食材 野菜の中でも色も味も薄いれんこん、多くの食材が合いますが、おせち料理として飾る場合に一緒に煮物にすると美しい食材をご紹介します。 にんじん オレンジが美しく、れんこんの白と紅白を表現してくれます ひじき 黒豆などで表現される厄除け・邪除けの黒、白いれんこんと色合いも味もいい相性です 牛肉 薄い味のれんこんに牛肉のコクを追加することで、こっくりした味わいの一品に 絹さや 上記で紹介した、にんじん・ひじき・牛肉、どれに足してもいい緑のポイントカラー れんこんの厚切りステーキで大胆に 縁起物のれんこんをもっとも美味しく大胆に食べる方法、それは「れんこんの厚切りステーキ」です。 味付けは醤油やバター、バルサミコでも合います。 見た目も華やかで美しく、おせち料理の一品としても映える料理。 いつもと違うお正月料理のメニューに加えてみてはいかがでしょうか? 酢れんこんは簡単にできる華やかなメニューですが、たくさん穴の開いた面白い野菜であるれんこんは他にもお正月料理を美しく飾るメニューが盛りだくさんです。 あなたの一年が見通しよい素敵な年になりますように、ぜひ新年にれんこん料理をお楽しみください。 関連記事• 人気記事•

次の