エヴァンゲリオン フォント。 エヴァンゲリオンのフォントが無料で使える?

エヴァ公式フォント、再販決定。「シン・エヴァンゲリオン劇場版」パッケージで先行予約開始

エヴァンゲリオン フォント

PCフォントとしてパソコンで利用することで、年賀状や各種印刷物、プレゼンテーション、個人のWebサイトなど、さまざまなシーンで、あの文字表現による世界観を再現できます。 「新世紀エヴァンゲリオン」の放送から20年、その間、パソコンOS の進化や文字規格の変遷に伴い、「マティスEB」もいくつかの文字のデザインが変更されています。 本パッケージには、TV シリーズに使用された文字デザインそのままの「EVA-マティス-クラシック」と新劇場版で使用された「EVA-マティス-スタンダード」の2 種類のフォントデータを収録しています。 「EVA-マティス-クラシック」と「EVA-マティス-スタンダード」の文字デザインの違いについては、本パッケージに収録の「字形比較表. pdf」に記載されています。 :「新世紀エヴァンゲリオン」と「マティスEB」の出会いから採用に至るまでの経緯や、反響、「新世紀エヴァンゲリオン」のタイポグラフィ表現がアニメ業界にもたらした功績、そして「マティスEB」の字形デザインの特長などを綴った冊子。 送料お客様負担 動作環境 Mac Mac OS X 10. お客様の通常の個人的な目的とは、紙面への印刷、Webやゲーム中に画像としての表示された文字を利用した商業利用目的ではない使用を指します。 その中でも、個人のデザインワーク・作品であれば、それらを個人で販売する行為は商業利用目的とは見なさないものとします。 それらのデザインワーク・作品が、企業などの法人が使用すること(デザインの買取、再利用、再許諾)を目的とするような場合は、商業利用とみなし、これらの行為には使用できないものとします。

次の

エヴァ公式フォント、再販決定。「シン・エヴァンゲリオン劇場版」パッケージで先行予約開始

エヴァンゲリオン フォント

プロジェクトの概要 カウントダウンのところと多角形の枠組み以外は特に難しいところはないです。 ただ、細かいパーツが多いタイトルが重かったのでPNGファイルにエクスポートして負荷を軽くしたり、レンダリングに時間を要した感じですね。 おおよそ4~5時間で完成しました。 1枚目の画像が完成品で2枚目は同じその完成品の映像を縦に並べて下のクリップだけにブラーを追加して発光している感じを演出したものです。 1枚目の画像と比べるとかなり雰囲気が異なるのが分かると思います。 3枚目の赤い画像が1分を切ってレッドゾーン?になった時の画像でカラーバランスにキーフレームを打って赤くしています。 ポイントになるのはやはり動的な動きのカウントダウンの部分になると思いますがこちらはで解説しているので説明は端折ります。 基本的な形の部分はタイトラーで作り、複雑な図形はマスクのエッジを使って表現しています。 また、「内部」や「外部」という文字の横にある斜線模様の部分は長方形の図形にマスクを3つ掛けて表現しています。 あとは点滅部分はストロボで行いました。 その他の詳細はプロジェクトをダウンロードして確認して下さい。 プロジェクトファイルのダウンロード 下記のリンクをクリックするとサンプル動画を含むノーカット版のプロジェクトファイルをダウンロードできます。 複数のシーケンスに分けて作成しているのでカウントダウンの部分だけを使用したりも出来ますし、タイトル文字を入れ替えてアレンジしたりも出来ます。 ただ、音声は含まれていませんのでご自身で用意して下さい。 ファイルの解凍とインポート方法などについては「」をご覧下さい。 注記 Neo3. 5 Pro6. 5を含む 以降に発売されたPro7やPro8はネストシーケンスがアルファチャンネルに対応しているので使えると思いますが、それ以前のものについては動くかどうか分かりません。 「内部」などの漢字のフォントには「小塚明朝 Pro H」、英字には「小塚ゴシック Pro R」を使用してるんですが、これらのフォントがシステムにインストールされてない場合は似たようなフォントと入れ替えて使うか、または、これらのフォントを使用したタイトルはアルファ付PNGファイルにして添付しているのでそちらを使用して下さい。 尚、完成版は3D的に奥行きを出したものやブラーを掛けたりしてかなり重たいシーケンスもあるのでスムーズに再生できない場合はを参考にレンダリングして再生して下さい。

次の

エヴァ公式フォント、再販決定。「シン・エヴァンゲリオン劇場版」パッケージで先行予約開始

エヴァンゲリオン フォント

プロジェクトの概要 カウントダウンのところと多角形の枠組み以外は特に難しいところはないです。 ただ、細かいパーツが多いタイトルが重かったのでPNGファイルにエクスポートして負荷を軽くしたり、レンダリングに時間を要した感じですね。 おおよそ4~5時間で完成しました。 1枚目の画像が完成品で2枚目は同じその完成品の映像を縦に並べて下のクリップだけにブラーを追加して発光している感じを演出したものです。 1枚目の画像と比べるとかなり雰囲気が異なるのが分かると思います。 3枚目の赤い画像が1分を切ってレッドゾーン?になった時の画像でカラーバランスにキーフレームを打って赤くしています。 ポイントになるのはやはり動的な動きのカウントダウンの部分になると思いますがこちらはで解説しているので説明は端折ります。 基本的な形の部分はタイトラーで作り、複雑な図形はマスクのエッジを使って表現しています。 また、「内部」や「外部」という文字の横にある斜線模様の部分は長方形の図形にマスクを3つ掛けて表現しています。 あとは点滅部分はストロボで行いました。 その他の詳細はプロジェクトをダウンロードして確認して下さい。 プロジェクトファイルのダウンロード 下記のリンクをクリックするとサンプル動画を含むノーカット版のプロジェクトファイルをダウンロードできます。 複数のシーケンスに分けて作成しているのでカウントダウンの部分だけを使用したりも出来ますし、タイトル文字を入れ替えてアレンジしたりも出来ます。 ただ、音声は含まれていませんのでご自身で用意して下さい。 ファイルの解凍とインポート方法などについては「」をご覧下さい。 注記 Neo3. 5 Pro6. 5を含む 以降に発売されたPro7やPro8はネストシーケンスがアルファチャンネルに対応しているので使えると思いますが、それ以前のものについては動くかどうか分かりません。 「内部」などの漢字のフォントには「小塚明朝 Pro H」、英字には「小塚ゴシック Pro R」を使用してるんですが、これらのフォントがシステムにインストールされてない場合は似たようなフォントと入れ替えて使うか、または、これらのフォントを使用したタイトルはアルファ付PNGファイルにして添付しているのでそちらを使用して下さい。 尚、完成版は3D的に奥行きを出したものやブラーを掛けたりしてかなり重たいシーケンスもあるのでスムーズに再生できない場合はを参考にレンダリングして再生して下さい。

次の