ヒバナ 歌詞意味。 「恋の歌」では括れない!スタイリッシュな人気ボカロ曲「ヒバナ」の謎に迫る!

ヒバナ

ヒバナ 歌詞意味

「ハングリーニコル」は2018年6月10日に投稿された楽曲となっております。 POPな色使いのMVとは裏腹に、煮ル果実さんらしい怪しさを感じるサウンド感と歌詞のバランス感がなんとも癖になる楽曲です。 登場人物は? 登場人物は恋人同士や夫婦に見える表情の暗いスーツ姿の男性と、豚の姿の女性の二人(一人と一匹?)になります。 淡々と浮かない表情で料理をし続け、それを食す豚の彼女。 そこにはいったいどんなストーリーがあるのでしょうか。 パーティーと一言で言っても騒ぎ狂うだけがパーティーではありません。 煮ル果実さんもいう通り、楽曲では「狂ったもの」が存在しているのです。 (画像引用元:) ハングリーニコルのYouTubeの概要欄コメントになります。 楽曲を考察、解釈していく上で重要なヒントになると考えられます。 そしてこのツイートを見ると、ニコルくんとはMVに出てくるスーツ姿の男性の名前ということが分かりますよね。 直訳すると「空腹のニコル」ということになります。 楽曲に登場する人物は二人ですが、主人公はニコルくんだと考えられます。 「空腹のニコル」はいったいどのように空腹を満たすのか。 「ハングリーニコル」の歌詞解釈 あなたはどうも恣意的に見えた 「恣意的」とは「思うまま自分勝手な様」という意味を指しています。 「蔑まないで言い負かしてみてよ」は彼女の台詞になります。 歌詞の流れで分かるのは、彼女の性格は気が強いことです。 これがニコルくんが浮かない表情を見せている理由の1つになっていると考えられます。 妥協して交わった 「あなたが笑うから 気付かれないよに 「君がすべてだ」」の歌詞から分かるのは 何か過ちがあって彼は彼女と一緒にいる選択を余儀なくされたのでは?と考えられます。 それも全て「義理」で、「それももう限界」というニコルくんの心情が表現されています。 限界となった心情を押し殺して笑みを浮かべ「君がすべてだ」と言うと、彼女は誇らしげな態度を浮かべます。 彼の中では「こんなの嘘なのにな」と言う感情があるので、その姿が「イタい」と感じてしまうのです。 溜飲が下がらねぇ MV中にはニコルくんの首元や腕に縫い目があったり皮膚の色が違う部分があることから「ニコルくん=ゾンビ説」が出ています。 しかしニコルくんがゾンビであることとストーリーの関係性はいったいなんなんでしょうか? 私はニコルくんはもう心が死んでしまっている生きた屍であって、 それを表現するために彼をゾンビのような姿に描いているのでは?と感じて仕方がありません。 そんな彼からするといくら美味しい食事を用意しようとも、ろくに味を楽しむことができない。 噛みもせず飲み込むしかない状態になってしまったのも、彼女のせいだと心の中で責め立てます。 僕の世界が矮小に見えた 「僕の世界が矮小に見えた」からは、彼女の存在によって身動きができない、 どこにも行けないからニコルくんは自分の世界が狭く小さく感じてしまっているように読み取ることができますよね。 しかし彼は彼女のように気の強い性格ではないようで、 「気遣わないで」と彼女のわがままを許し、受け入れているというポーズを取る癖がついてしまったのです。 徒然なったって 罵詈讒謗されたって 一番のBメロとはまた違って、更に限界が近いことが首からうえが無くなってしまうシーンで解釈することができますよね。 彼女と一緒にいるのが妥協で、ありもしないことで罵倒されても一緒にいるのは 何か彼に目的があるのではないかと考えられるのではないでしょうか。 苦くて若過ぎた 「苦くて若すぎた」からは過去の自分の行いを指しているように見えますよね。 サビ頭の「歪な肉欲・エゴの隙間」に戻るとそこと結びつくように感じます。 現状が過去の己に対する罰であると自分に言い聞かせているのではないでしょうか。 果たして「生路は断たぬように」は自分自身に言っているのか、彼女に対して思っていることなのか この後のストーリー展開でわかってくると思います。 失望の紅で染めろプリマ 「吐けず飲み干した言葉は今 君の奥だろう」のフレーズがありますが、 ここには一体どんな意味が込められているのでしょうか。 こちらのカットのシーンがMV中に何回も出てくるのですが、ここで注目して頂きたいのが左上にあるメモ帳です。 このメモ帳には豚の絵が描かれていて、その下にはナイフが突き刺さった絵も描かれています。 「豚」はこの作品の中ではニコルくんと共に生活を送る彼女の姿であることは、もう皆さんは十分に理解しているのではないでしょうか。 このメモ帳から「ニコルくんは彼女を殺したいほどの感情を持っている」と読み取るのが妥当ですよね。 ここで「吐けず飲み干した言葉は今 君の奥だろう」に戻りますが、 憎しみや怒り、不満の言葉を今まで吐き出さずに飲み込んできたニコルくん。 それが「君の奥だろう」と言うことは、一体どういうことなのか。 ここまで度々彼が食事を作り、それを彼女に出し食すシーンが出てきましたよね。 その流れから見て、今まで出してきた食事に「何かを混ぜた」と考えてもおかしくありません。 その考察をした上でニコルくんが初めて見せる笑顔を見ると、 彼女の呪縛から解かれることを喜んでいるのでは?と点と点が繋がったように感じます。 犠牲精神には際限ないぜ 最後には数々の肉料理が出てきます。 そして豚の頭の丸焼きのようなものも。 ここまで散々彼女が嫌な人間で、疎ましく思っていることが歌詞やMVで表現されていましたが 果たして、狂っていたのは彼女の方なのでしょうか? 突然彼の頭に羊のツノが生える描写がありますが、ヨーロッパのキリスト教文化ではヤギは悪魔の象徴として扱われることがあります。 更に中国では、ツノの形から「ねじ曲がった性格」の象徴ともされているのです。 このことからして、狂ってしまっていたのはニコルくんの方であるとも考えられますよね。 「もう満腹です」のシーンでは満足そうなニコルくんの笑顔が描かれています。 「再起不能」は彼のことではなく、もう亡くなってしまった彼女を指していると考えられますよね。 ここで1番のAメロ歌詞の「宿るもどうせ 最期にゃ 焼死体」が伏線だったとも推測できます。 人間の姿ではなく彼女を豚に描いているのも、ニコルくんは初めから彼女のことを「食材」としてみていた可能性も否定できません。 彼がここまで様々な不平等に我慢できたのも、彼女を「食材として愛していた」からではないでしょうか。 これも煮ル果実さんのコメントにあった「愛の形は色々」にリンクすると考えられます。 最後に 今回はPOPな曲と見せかけてカニバリズムの気を感じさせる煮ル果実さんの「ハングリーニコル」の歌詞解釈をさせて頂きました。 最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

次の

DECO*27の歌詞一覧リスト

ヒバナ 歌詞意味

歌ってみた動画のマイリス追加やコメントありがとうございました。 この歌はたぶん誰もが英語パートには手を焼いていると思うので、僕なりの練習法や歌い方を紹介します。 これは100人歌えば100人とも違った歌い方になると思います。 英詞の歌というのは日本語の歌と違って格段に自由度が高いからです。 発音を短縮したり、発音を省略したり、発音そのものを変えてみたり、単語と単語の発音をくっつけてみたり、日本語にはないフレキシブルな対応ができます。 これが正解というものもないです。 人それぞれに歌いやすいやり方があると思うので、これが自分には合っているけど、誰しもに当てはまるとは限りません。 あくまで僕のやり方なんですが、自分の歌いやすい歌い方を見つけるための参考にしてみてください。 Knock knock! Let me go in and get the ace You'll paint your face with tears that don't feel the same Now Heart Reinforce's up to end this game You'd better give up and throw your MP5 away 原曲の英詞は上の4行になります。 これをきっちりとした発音で言葉にすると以下のようなかんじに。 ノック ノック レット ミー ゴー イン アンド ゲット ジ エース ユール ペイント ユア フェイス ウィズ ティアーズ ザット ドント フィール ザ セイム ナウ ハート リーンフォースズ アップ トゥ エンド ディス ゲーム ユード ベター ギブ アップ アンド スロー ユア エムピーファイブ アウェイ これは上の動画を見ればフリガナ付きの歌詞が流れてくるので、そこから持ってきました。 何故か今回は間違ってニコカラのオンボーカル動画と合成しちゃったんです(笑)。 ですがこんな風にきっちり発音してたら到底間に合わないというか、歌詞がメロディーに収まりきらないです。 仮にきっちり発音するとしたら16分音符とかを多用して、かなりせわしない口の動きを要求されることになっちゃいます。 なのでこれを省略して歌いやすいメロディーに収まるようにします。 改変したのがこちら。 ナク ナク レ ミ ゴ イ ナ ゲッ ジー エス ユ ペ ヤ フェイ ウィ テ ア ドン フィウ ザ セイム ナウ ハー リーフォセズ テン ディス ゲイム ユ ベー ギ バッ ペン スロー ヨ エビファバ ウェイ かなりインチキくさい発音になりました(笑)。 動画ではまんまこの通り歌っています。 これからひとつひとつ解説していきます。 Knock knock! (ノック ノック) (ノク ノク) (ナク ナク) ここは小さい「ッ」を意識しすぎるとつまるので、省略します。 次に「ノクノク」という発音は僕にはどうしても言いづらかったので、「ナクナク」に変えました。 元々ネイティブな英語の発音では「Knock」を「ナック」という発音する場合もあるようです。 やはり「ノック」では発音しにくいからじゃないでしょうかね。 Let me go in and (レット ミー ゴー イン アンド) (レ ミ ゴー イン アンド) (レ ミ ゴー イ ナンド) (レ ミ ゴ イ ナ) ここはまず、「レットミーゴー」を「レミゴー」に省略しましょう。 次に「イン」と「アンド」をくっつけると、ローマ字の並び的に「inand イナンド 」となります。 こうすることで「ン」がひとつ省略できました。 最後に尻の方についてる「ンド」も削ってしまいます。 かなり強引ですが、ここも削ってしまわないと次の発音が間に合わないんです。 get the ace (ゲットジエース) (ゲッ ジー エス) ここは割と余裕があるので、ほとんど省略はなしです。 ただし、「ゲット」は言いにくいので「ゲッ」にします。 逆に「ジ」は短すぎるので、「ジー」に伸ばします。 「get」「the」「ace」 とそれぞれの発音が1つずつ音符の発音を担当しています。 なので「ゲット」だけ発音が余り気味になるんですね。 You'll paint your (ユール ペイント ユア) (ユー ペイン ユア) (ユ ペ ユア) (ユ ペ ヤ) ここもかなり余裕がありません。 「 You'll」「 paint」「 your」 がそれぞれ8分音符単位で分かれていて、頭の発音しか間に合わない状態です。 16分に分割して早口で「ユルペイユア」みたいに発音してもいいですが、滑舌に自信がないなら無理はしなくてもいいです。 face with tears that don't (フェイス ウィズ ティアーズ ザット ドント) (フェイ ウィ ティアー ザッ ドン) (フェイ ウィ テア ザ ドン) (フェイ ウィ テ ア ドン) ここもかなり余裕がありません。 まずはそれぞれの単語の発音を省略し、「フェイ ウィ ティアー ザッ ドン」という風に省略していきます。 これでもまだ長いので、言いやすいように「ティアー」を「テア」に変えます。 しかしこれでもまだ舌が回らなかったので、ついにどこも省略するところがなくなり、「that」の発音はどこかにお亡くなりになられました・・・。 このあたりはどう頑張ってもきっちりした発音は無理だと思うので、開き直ってインチキ発音でゴリ押しするのがコツです(笑)。 feel the same (フィール ザ セイム) (フィウ ザ セイム) ここは余裕があるのでそのまま発音してもいいんですが、「feel」が発音しにくいです。 省略するなら「フィル」でもいいんですが、本来「feel」は「フィール」ではなく「フィーヨ」と発音する方が正しいらしいので、「フィヨ」から「フィウ」とくだけたかんじになりました。 Now Heart Reinforce's up (ナウ ハート リーンフォースズ アップ) (ナウ ハー リーフォスズ アップ) (ナウ ハー リーフォセズ アップ) (ナウ ハー リーフォセズ) ここも余裕がないので、「up」の発音がどこかに消えてしまいました・・・。 「ハート」は「ハー」、「リーン」は「リー」に省略。 「フォースズ」は「フォスズ」と省略するだけではまだ言いにくいので、「フォセズ」に変えています。 to end this game (トゥ エンド ディス ゲーム) (トゥエン ディス ゲイム) (トエン ディス ゲイム) (テン ディス ゲイム) ここは「this」と「game」の発音は問題なくできます。 「トゥエン」を急いで発音するとどうしても「テン」になっちゃうんです。 なら最初から「テン」でいいのではないかと。 きっちり発音しようと意識すると舌がまわらなくなるので、最初から「テン」でいいんだと考えれば力が抜けて楽に発音できます。 You'd better give up and (ユード ベター ギブ アップ アンド) (ユ ベー ギブ アップ アンド) (ユ ベー ギ バップ アンド) (ユ ベー ギ バップ エンド) (ユ ベー ギ バッ ペン) 「You'd」「 better」は余裕がなく、頭の発音しか間に合わないかんじです。 滑舌に自信があるなら「ユダベラ」みたいなかんじで早口で言ってみてもいいと思います。 ちなみに「better」は「ベター」ではなく「ベラー」と発音する方が一般的みたいです。 「give up」はもともと「ギバップ」もしくは「ギバッ」と短縮して発音するのが一般的です。 「and」は「エンド」とも発音するので、「ギバップ」と「エンド」を合わせたら「ギバッペン」みたいなかんじになります。 throw your MP5 away (スロー ユア エムピーファイブ アウェイ) (スロー ヨ エピファブ アウェイ) (スロー ヨ エビファバ ウェイ) 「your」は「ヨ」と発音します。 「ユア」を早口でまくしたてると「ヨ」もしくは「ヤ」になるので。 「MP」はムが発音できないので省略しました。 それでも「エピ」というのは何故かものすごく言いにくくて、何度発音しても「エビ」になっちゃうので、もう「エビ」でいいやっていうことに。 「5」と「away」はくっつけて考えます。 「ファイブアウェイ」からまずはイを省略して「ファブアウェイ」に。 次に「ブ」と「ア」をくっつけて「バ」にして、「ファバウェイ」になります。 「ブア」を早口で言うと「バ」になるので。 こんなかんじで自分の都合の良いように発音を変えまくり、舌が回るようにしていきました。 僕のやり方では8ビートのリズムのノリを重視していて、16分で刻むような発音は極力排除していったかんじです。 BPM200の16分はあまりにも速すぎてついていけないですし、無理にきっちり発音しようとするとリズムもブレやすいと思ったので。 あまり難しく考えずに、正確な発音とか意味が通じるかとかは気にせず、雰囲気やノリ重視でいいのではないでしょうか。

次の

ヒバナ

ヒバナ 歌詞意味

あんまりに肩の痛みが酷かったため、整形外科行ってきました。 実はコレ、2ヶ月くらい放置&酷使してたんですよ。 そしたら案の定医者に怒られました。 四重肩が始まってたのに、それを放置&酷使したおかげで筋肉が炎症しちまったらしい。 結構酷いから、肩を酷使するようなバイトはやめれって言われたんですが、 今日も夕方からバイトが入ってまして。 それを医者に言ってみたら、「せめて1日は安静にしててくれ」と、 まるでお願いするように言われたので、今日のバイトは別の人に代わってもらいました。 でもまぁ、痛み止めを処方してもらったので、明日はでかけようかと(ぇ 写真撮りに出掛けようかと思います。 新しいホムペヂの素材用に使う写真を。 中央線沿いで普段降りたことのない駅で降りて、 プラプラしてこようかと思います。 高円寺、荻窪、阿佐ヶ谷、吉祥寺。 今のところ予定はここら。 太陽でも吸収しないと、気が滅入っちゃいますもの。 銀杏BOYZの『銀河鉄道の夜』の歌詞にもあったのよー、高円寺。 相方とあたしの間で2番目に発見した共通点、峯田和伸の歌う歌。 相方がカラオケ行くたびに歌ってくれるから、尚更大事な曲になる。 で、荻窪は、やまだないとサンが「荻窪夫婦」って漫画出してたからずっと気になってた場所。 いいところなのかもって。 カラオケで、彼女に捧げる歌を歌う人を始めて見た。 よく、サザンの『TSUNAMI』を彼女のためにみんなの前で歌いましたとか聞いたことあるけど、 そんなのどこのギャグ漫画だよ、と、本気で思ってた。 実際、あたしが『TSUNAMI』を捧げられたら、悪い意味で鳥肌たつ。 だってのに。 相方が、銀杏BOYZの『YOU&I VS. THE WORLD』をあたしの前で歌ったとき、 あたしに向かって「よぉーく聞いとけ!」と言った。 いや、サザンじゃなくてほんと良かったと思った。 銀杏BOYZだったから、相方だったから、あたしは良い意味の鳥肌がたった。 この二つがセットじゃなかったらたぶん退いた。 相方がサザン歌ったら、たぶん反応に困ってた(酷 たぶん、相方のことだから歌うついでに言ってみたんだろうけど。 前の彼女にも似たようなこと言ったんだろうけど。 嬉しいもんは、嬉しいのよ。 だって、すんげー歌詞いいもん。

次の