ご連絡ください 敬語。 「ご連絡ください」の意味と使い方|ビジネスでの敬語を解説【例文】

「ください」と「下さい」の違い・使い方・敬語表現

ご連絡ください 敬語

「お申し付けください」の意味とは? 原型の「申し付ける」は「言い渡す」の意味 「申しつける」とは、立場の上の者が下の者に言いわたすこと。 「申し付け」とは「いいつけ」のことで、「申し付け」に「お~ください」を付けて敬語表現としたのが「お申し付けください」です。 「お申し付けください」は「言いつけてください」という意味 本来の意味からすれば「命令を与えてください」となりますが、身分制度が廃止された現代ではもちろんそのような意味はありません。 あくまでもマナーやサービスの一環として「希望があれば言ってください・遠慮なく依頼してください・すぐに対応できます」といったニュアンスで使用されます。 「お申し付けください」は尊敬語?謙譲語? 「敬語」は5つのタイプに分かれる 敬語といえば、かつては「尊敬語・謙譲語・丁寧語」の3つでしたが、文化審議会が2007年に公開した「」によれば、敬語には「尊敬語・謙譲語1・謙譲語2(丁重語)・丁寧語・美化語」の5種類があります。 「申す」は「謙譲語2(丁重語)」 ふたつの謙譲語のうち「謙譲語1」は相手を立てる表現で、「謙譲語2(丁重語)」は自分自身のことを相手に対して丁重に述べるときに使います。 「申す」は通常なら後者に属します。 「お申し付けください」は誤用ではない 相手への丁重な気持ちを表現する用法として定着している「お申し付けください」の場合、「申す」には「謙譲」の意味はなく、例外で、相手に対して「申す」を使うことは誤用ではないとされています。 「お申し付けください」に似た例外 「お申し付けください」に似た例として、「ご持参ください・お申込みください」などがあります。 「持参(持って参る)」は「持っていく・持って来る」で「謙譲語2」ですが、「お申し付けください」と同様で現在は慣用句として定着しています。 ずいぶん面倒だと思われるかも知れませんが、専門家の中には敬語をキッチリ説明するには5種類どころか11種の分類が必要と主張する人もいるほどで、それほど難解なのが日本語の敬語だということです。 「お申し付けください」の類語・言い換え 「仰せ付けください」でかしこまった言い方に 「お申し付けください」という用法が間違いではないと分かっても、何となく気持ち悪いと感じる人は少なくないようで、前述の「敬語の指針」も対処法として他の表現に言い換えることをすすめています。 もっともニュアンスが近い表現は「仰せ付け(おおせつけ)ください」ですが、やや大げさで、少し古い印象を与えてしまうかもしれません。 「お問い合わせください」で丁寧に表現 民主主義の現代にあって、一部のサービス業を除くビジネスシーンで必要以上に遜ることは相手に卑屈な印象を与えかねず、誤解を招く要因になるなどあまりプラスになりません。 「いつでも遠慮なく連絡してきてください」と伝えたい場合には、率直に「お気軽にご連絡ください」「お問い合わせくださいませ」「お知らせください」のように言い換えることができます。 「ご用命ください」はシーンに合わせて 「用命」は、「お申し付けください」と同じく「用事を言いつける・命じる」という意味で、「当社の製品を使ってください・注文してください」というアピールを表します。 英語表現と言い換え 英語の「お申し付けください」は、オープンマインドの表現です。 「I am always at your service. (ご用の際は遠慮なくお申し付けください)」などがあり、似たような表現で「Please do not hesitate to contact me should you have any queries. (ご不明な点は遠慮なくおたずねください)」などの慣用句も使えます。 「お申し付けください」の使い方と例文 社内の上司に使う場合 文化庁の世論調査によれば、20代女性や30代男性の間で「敬語に自信がない」という人が増えています。 敬語の中でも特に難しいと感じるのは「ウチ・ソト」の使い分けでしょう。 「ソト」は「ウチ」よりも上位で、「お申し付けください」はより上位の人に対して使う表現です。 具体的には「顧客・上司・自分」の場面では顧客が「ソト」ですが、「上司・自分・自分の家族」では上司が「ソト」です。 自分の上司に向かって「お申し付けください」を使うことは間違いではありませんが、社外の人が多い場面では同じシチュエーションでも「仰ってください」が自然です。 お客様に使う場合 顧客や目上の方 に対して使う場合は、「何なりとお申し付けください。 」などの言い方ができます。 まとめ 「敬語の指針」でも示されているように、言葉の意味・用法は時代とともに変化しています。 わたしたちが使用している現在の敬語も長い歴史の通過点に過ぎません。 細かい用法の間違いが気になって緊張しすぎてしまうときには、「相手に敬意が伝わればOK」と割り切ることが上策です。 同時に相手の言葉づかいに寛容になることで、余計な肩の力が抜けることでしょう。 まずは敬語に慣れ親しんでください。

次の

「ご連絡ください」よりも丁寧な言い換え敬語・メール例文

ご連絡ください 敬語

仕事をしていれば、急ぎで対応してほしい用件が出てくることもよくあるでしょう。 たとえば、会議の資料なので始まる前に作らなければならない、納期の短い仕事なので急いでやらなければならない、あるいは、打ち合わせがあるのでそれまでに仕事を終わらせなければならない、などです。 こういった時には相手に対応してもらうには、急いでいるということを、敬語で正しく伝える必要があります。 急ぎの対応への敬語は相手を尊重した使い方に 急ぎの件について伝えたい場合には、こうしたさまざまな敬語の誤りに注意しておきたいところです。 あまり強く言い過ぎてしまうと相手に悪いと思って、丁寧に言い過ぎた結果、うまく伝わらなくなってしまうということもあるかもしれません。 要点はきちんと押さえつつも、その中で最大限相手を尊重して敬語を使うということが大切なのです。 急ぎの対応への敬語は「優先して進めていただくことは可能でしょうか?」など 急ぎの仕事をお願いしたい時には、「こちらのお仕事ですが、優先して進めていただくことは可能でしょうか?」というように、問いかけるように言うようにしましょう。 「こちらの仕事を早めにやってください」と、ぶっきらぼうな対応だと、相手に不快な思いをさせてしまう可能性があるので気を付けなければなりません。 急ぎの旨をメールで対応する場合は「恐縮ですが、早急にご返信ください」 メールで、急ぎの用件を早く返信をしてほしいということもあるでしょう。 そうした時にも、敬語で丁寧に伝える必要があります。 急ぎの対応への敬語は二重表現に注意し社内外で使い分けよう 意図せず敬語の使い方を間違っている方も少なくないでしょう。 丁寧に言い過ぎてしまった結果、二重の表現になってしまって誤った使い方になってしまう、ということはしばしば見られます。 また、社内など身内の人に使う敬語と社外の方に使う敬語では、多少使い方が異なってきます。 こうした点も踏まえながら相手に対応した敬語を使っていかなければなりません。 特に急ぎの用件への対応ではお互いにイライラしている場合も多く、相手への正しい敬語の使い方がより重要になるのです。 誤った敬語の使い方による対応は避ける 敬語の誤った使い方はさまざまあり、身近でも相手が使っている場合や、自分も無意識的使っているケースが多いものです。 たとえば、丁寧に言おうとして、「~のほう」という言いまわしを何回も使ってしまう方もいるでしょう。 この「~のほう」という表現は基本的に誤った使い方になっていることがほとんどなので、そのような対応をしていた心当たりのある方は注意しましょう。 急ぎの対応では相手への尊敬の念を込めた正しい敬語で仕事を円滑にしよう 急ぎの仕事がある時は、どうしても「早くしてほしい」という思いが先走り、敬語が雑になってしまうこともあるかもしれません。 しかし、急ぎで対応してほしい時こそ、相手の時間のことを尊重してあげなければならないものです。 急ぎの時であっても、相手の時間を使わせてもらっているという意識を持ち、丁寧に敬語を使うよう心がけましょう。

次の

「ご連絡ください」は印象が悪い!より良い連絡の催促の表現を解説します!

ご連絡ください 敬語

「電話してください」「サインしてください」など、相手に対して何らかの行動を促す言葉です。 「ください」という言葉が使われてるので、敬語と認識している方も多いのではないでしょうか。 丁寧語とは言葉に「お」「ご」「ください」などを付けて、言葉をきれいに見せるための表現方法です。 「花」を「お花」「連絡」を「ご連絡」とするのと同じで、丁寧語には相手への敬意を表す言葉は含まれません。 「してください」は失礼になることも 「してください」という言葉は丁寧語ではありますが、同時に言い切りの命令形と受け取ることもできます。 人に対しての敬意は、敬語だけではなく言い切りの形を選択しないということでも表されます。 「してください」と言うところを「していただけますでしょうか」など、敢えて依頼形として相手の心情を気遣うという話法はビジネスマナーとしても広く知られています。 そのため「してください」という言い切りの形自体を失礼な言い方として受け取る人は一定数いると考えられるでしょう。 「失礼にならない言い方」は言葉自体の正誤だけでなく、相手がどのように受け取るのかを先回りして考えることも含まれます。 「してください」と「して下さい」の違い 「ください」を「下さい」と漢字で書くのは、相手から何か物質をもらいたい場合です。 「ジュースを下さい」「手紙を下さい」「整理券を下さい」など、実際に受け取るものがあるときに「下さい」を使います。 一方で「座ってお待ちください」「ご検討ください」など、物質的なものを受け取るのではなく、相手に何かして欲しいことがある場合は「ください」を使います。 以上のことから、「してください」という言葉は全て平仮名で書く、ということがわかります。 「してください」の正しい敬語とは? 「してください」の敬語は「なさってください」 「してください」ということを目上の方などに敬語で伝えたいときに、気になるのは「して」です。 「して」は「する」という意味で丁寧な言い方とは言いにくいでしょう。 まずはこの「して」を「なさって」に変えてみましょう。 「なさって」とは「する」の尊敬語である「なさる」の変形です。 「なさる」という動作を相手に促したり、相手が何かをしている状態を「なさって」という言葉で表すことができます。 「電話なさってください」「質問なさってください」などとすれば「してください」を敬語にすることができます。 「お電話ください」「ご検討ください」「お待ちください」などです。 「なさる」「される」など「して」に該当する敬語は含まれていませんが、これらの言葉は一般的に敬語として使われています。 「ご検討なさってください」「ご検討されてください」「ご検討ください」は「ご検討」と「ください」の間に入っている言葉が違ったり、入っていなかったりしますが、どれも敬語として正しく使われています。 つまり「して」という敬語ではない言葉が「ご検討」と「ください」の間に入ることで、その表現は敬語ではなくなるということです。 「してください」を使った迷いやすい例文 「ご確認してください」は誤り 「して」という言葉を含むと、その後に「ください」を付けても敬語表現にはなりません。 「ご確認ください」「ご確認願います」「ご確認のほどお願いいたします」「ご確認いただけますでしょうか」など「してください」を使わずに、他の敬語を使って表しましょう。 「使用してください」は不自然 その場にあるものを自由に使って欲しい場合や、手続きなどに特定のものを使ってもらいたい場合に「使用して下さい」という言い方をすることがあります。 しかし「使用」という言葉は「使用可能」「使用不可」などに使われるように、人に対しての話し言葉として使うにはやや不自然な表現です。 「お使いになってください」「お使いください」など「使用」を「使う」という言葉に変えた方が敬語として成り立ちやすくなります。 「使用」を使うのであれば「ご使用ください」などが良いでしょう。 「ご記入してください」は「願います」 相手に何かを書いて欲しいときに使うのが「ご記入」という表現です。 「ご記入ください」「ご記入願います」などとすれば正しい敬語として成立します。 しかしこの場合も「して」を使って「ご記入してください」としてしまうと丁寧語にしかならず、敬語として使うことができません。 「してくださいませ」でやわらかい印象に 「してください」という表現は、命令形としてのニュアンスも含んでいるため、目上の方などに敬語として使うには不十分であるとお伝えしてきました。 しかし「してください」の後に「ませ」が付くと、言葉の印象が多少変わります。 「してください」に「ませ」を付けると敬語となるだけでなく、言葉自体の印象もやわらかくなります。 また「してくださいませ」などの「ませ」を使った表現は、やや女性的という見方もありますが、男性が使っても問題はなく、正しい敬語として使えます。 「してください」のビジネスメールで使える類語 「~をお願いいたします」で願い出る 「してください」という言葉を使わずに、同じ意味を持つ他の敬語を使って、相手に何かを願い出たい場合は「~をお願いいたします」が便利です。 「ご捺印をお願いいたします」• 「ご連絡をお願いいたします」• 「ご確認をお願いいたします」 「~いただけますでしょうか」で依頼する 相手に対して、何かしらの行動を依頼したい場合は「してください」よりも依頼系の言葉を使うと良いでしょう。 依頼系の言葉で良く使われるのが「~していただけますでしょうか」です。 「少々お待ちいただけますでしょうか」• 「ご検討をいただけますでしょうか」• 「ご意見をいただけますでしょうか」 まとめ 「してください」という言葉は確かに敬語ではありませんが、コミュニケーションでは正しい敬語以外に、言い方や伝え方も重要です。 「してください」という言葉を使ったとしても、優しい口調で、相手の気持ちに寄り添うように言われれば嫌な気になる人は少ないかもしれません。 もちろん正しい敬語を使うときも、言葉だけではなく相手の気持ちを考えて口調や表情に工夫ができるとさらに良いですね。

次の