ミニマリスト 寝具。 (夏・冬・通年)ミニマリストが寝具として使っている持ち物全リスト

【ミニマリスト】15mmのヨガマットと寝袋で寝てます【研究結果】

ミニマリスト 寝具

わが家のお布団問題はベッドから始まります。 ベッドを捨てた理由• 購入してから5年ほど経っていたのですが、ギシギシと音がするようになっていました。 それも理由の一つ• テイストが変わった。 ベッドフレームの色が飽きてきた。 ダブルベッドだが、子どもと3人で寝るのが狭く感じてくるようになった。 娘のおねしょ・・・2歳になるまでに、体調不良時に1回、寝起きに1回マットレスと汚したことがあります。 汚れたマットレスを使いたくないなと思うように。 部屋が狭くなる。 ・・・ミニマリスト思考だったので、とにかく部屋には何も起きたくない病になっていたんだと思います。 シーツの交換が面倒・・・マットレスが重いのが面倒な理由• 多目的な部屋にしたい 関連記事: ベッドを捨てて後悔はしていません。 部屋も多目的に使えているので、これはよかったと思います。 何もない部屋は、今現在もそのままです。 クローゼットにはキャンプ道具が入っているだけです。 一時期は、兄家族がわが家に泊まるということになったので、すのこベッドを手作りしたこともありました。 関連記事: 現在、簡単すのこベッドは分解して、DIYの材料として眠っています。 ベッドを捨てるのは難しくなかったです。 分解して、粗大ゴミへ出すだけ。 それよりも、マットレスを一人で運ぶのが大変でした。 買うのは簡単ですが、捨てることの大変さを実感した出来事でした。 ミニマリスト思考モード ベッドから寝袋へ 私は寝袋で寝るのは平気ですが、夫は「腰が痛くなる」という理由から布団へ 娘は布団で寝た時に「ふかふかで気持ち良いね」と言われたのがきっかけで、寝具について考えるようになりました。 家族が快適ではない• 家の中で寝袋で寝なくてもいいのではないか?• そこまでしなくてもいいのではないか? と思うようになり、寝袋はやめることにしました。 もともと、お客様用の布団が1組あったので、ベッドを捨ててからは、客用布団に夫、寝袋には私と娘が寝るようにしていました。 でも、娘が大量の鼻血で布団を汚したのをきっかけに買い直しすることに。 お客様専用布団は所有せず、家族用にシングル2組を購入。 届いたら、今の布団をまるっと全部捨てる予定です。 寝袋にこだわっていた私を見つめる Twitterで交流させて頂いているまりさんのツイートで、「なぜ私は寝袋にこだわっていたのか」ふと考えるようになったのです。 決めつけていたのです。 振り返ると、ミニマリストを目指すべき、ミニマリストにならないと私はダメななんだと極端に思っていた時期もあったのです。 それにキャンプや登山をするので、「この道具があれば生きていけるな」と思える部分もあり、ミニマリスト思考に惹かれていたのです。 でも、家族はそうは思っていないかもしれないとふと思ったのです。 ベッドもソファーも捨てて、テレビもないし、ダイニングテーブルも捨てようとしていた私。 家族が快適に暮らす為には、物を管理できるように物を減らすのが良いと思っていたけれど、やり過ぎだったかな?と今頃になって反省。 そう思うと「快適な生活」ではないなと思うようになったのです。 私にとっても心地よいのは、 「少し物が少なめな暮らし」がちょうど良いことに気づきました。 終わりに わが家の布団問題でしたが、伝えたかったのは 物に対する考え方、自分だけでなく家族の暮らしやすさを基準に物の量を考えることの大切さを知ってほしいということです。 私のように極端な考えにならなくても、自分を俯瞰してみると「私何してるんだろう?」物や事柄を通じてハッとすることがありますよ。 ミニマリストに憧れつつ、断捨離に苦戦してる。 ミニマリストを目指すべき、それしかないと思われてる方ぜひに読んで頂きたいです。 物は捨てるばかりではないこと、でも多過ぎると管理が難しい。 自分にとっての心地良いを探すのは人と比べず、自分で探していくしかない。 良いとか悪いとかではなく、その時、その時の状況(ライフスタイル)に応じで、物の量やあり方があるので、「絶対に少なくしないといけない」という魔法にかからなくて良いなと思ったのでした。

次の

ミニマリスト、寝具をモンベルの寝袋にと検討してみた話。|ミニマリストゆ〜みんのブログ

ミニマリスト 寝具

ベッド 夫がダイニングテーブルをDIYしてつくったダブルベットです。 とても頑丈ですが、分解するのがとても大変。 ベッドを手放そうとしてフローリングの床に毛布と寝袋を使って寝てみたことがありますが、ベッドのほうが快適です。 床から少し高さがあるだけですが、「床の冷たさが伝わってこない・埃っぽくならない・床からの圧迫感がない」点で気に入っています マットレス 厚さ8cmの低反発マットレスを使っています。 少し硬いくらいの寝心地が好きで、メーカーに特にこだわりはありません。 夏場は湿気がこもるのが少しきになるので、半分に折り曲げたり、壁に立てかけたりしています。 まくら マットレスと同じく低反発素材の枕を使用しています。 ダークカラーの寝具に憧れて黒い枕を購入したのですが、埃やゴミが目立つので失敗しました。 黒い寝具はあまりおすすめしません。 寝具はさわやかな白系の色のものがぐっすりと眠れるような気がします。 枕と合わせて購入した黒い布団カバーはすでに処分しました。 枕カバー ストライプの封筒型の枕カバーを使用しています。 特殊なサイズのようで、丁度よい枕カバーを扱っているお店が少ないので、柄の選びようがないのですが、汚れが目立ちにくくシンプルなので、まあまあ気に入っています。 マットレスカバー 全周ゴムのボックスシーツを使用しています。 白色であればメーカーは特に気にしていません。 今使っているのはしまむらで安売りをしていた時に購入しました。 【2019年】古くなったのでマットレス交換と合わせて手放し、マットレス+ベットパッドのスタイルに変更しました。 ベッドパット マットレスの厚さを半分くらいの薄さにし、シーツではなくベッドパッドを使うスタイルにしました。 洗濯機で洗えるベッドパッドなのでお手入れは簡単。 シーツより厚みがあるので、マットレスに汗が沁み込む心配がないところがいいです。 夏用シーツ マットレスカバーは、洗濯後の乾きが遅くてあまり頻繁に洗えないため、タオル生地のシーツをマットレスの上に敷いて使っています。 冬は毛布を敷いています。 ベッドに合わせて購入したものではないので、通年で使えるベッドパッドなどにするのもよいかもしれないと検討中。 あるもので使えるものを使っている状態なので、消耗してきたら最適なモノを考えたいです。 タオルケット 夏用の掛け布団として使っています。 私は寒がり体質なので、真夏でも何か掛けて寝たいタイプです。 防寒的にはなくてもよいのかもしれませんが、気持ち的に夏でも掛けるモノが必要です。 オフシーズンにはひざ掛けとして使うこともあります。 毛布 ニトリで購入した洗濯機で洗える毛布です。 犬が触れることも多いので、こまめに洗っています。 色はブルーを選んでしまい後悔しています。 白かベージュ系で寝具の色を統一したかった。 羽毛布団 ネット通販で購入した羽布団です。 安い羽毛布団に比べると少し品質の良いランクなのでとても暖かいです。 今住んでいる家は寝室は窓が多くて冷えるので、寝具には防寒性を求めています。 寝袋 車中泊で日本中を旅行していた頃によく使っていた寝袋ですが、今はあまり旅行に行かなくなったため普通の寝具の一つとして使用しています。 冬の期間の内、特に寒い1月・2月頃に、羽布団の上に掛けるとかなり寒い日でも快適に眠ることができます。

次の

ミニマリストにベッドは不要!?寝具をミニマル化して部屋を広くする

ミニマリスト 寝具

もくじ• ベッドじゃダメなのか問題&デメリット ボクも以前はベッドを使っていましたが、ミニマリズムに目覚めてから断捨離しました。 ベッドのメリットは 「すぐに眠れてなんかオシャレ!」 これに尽きますね。 一言で言えば「ジャマ」ってことです。 引っ越しや模様がえに苦労する 「デカイ」「重い」「分解するにも面倒!」という三重苦… 引っ越しする時に買い換える人もいますが、処分費用もバカにならないです。 引っ越しする時にいつも「ベッドどうしようかなぁ」と悩みますね。 掃除が地味に大変 ベッドの下には空間があるので確実にホコリがたまりますよね。 こまめに掃除できるならいいのですが、どうしても見てみないふりをしがちです。 そしてマットレスも巨大なので、「定期的に干す」ってことをほとんどの人はやっていないはず。 ベッドはそんなにに買い換えるものじゃないので、衛生的にも問題があるように感じます。 寝袋も実践したけどダメだった話 引っ越しをするときに数日間だけ寝袋生活を試した時の実体験。 あと トイレに行く時も、いちいち出るのが面倒でした。 夏は暑く、冬は寒い 夏に寝袋とか暑すぎて地獄。 冬は冷え切った床がダイレクトに伝わってくるので、めちゃくちゃ寒い。 寝袋ミニマリストもいるけど個人的にはキャンプ専用で使いたいですね。 いくらモノを減らしたくても寝袋はオススメしません。 日本人が古くから使う布団は最強のミニマリズム! 布団のメリットは「たたんで収納することができる」という点。 ただ布団は「畳の上で使う」というのが前提にあるので、フローリングで使うと寝心地がちょっと悪いのが問題。 だから通気性のいいマットレスが人気になったんですね。 ミニマリストがマットレスを選ぶ理由 寝心地がいい 布団だけで眠るよりも圧倒的に寝心地は良くなりますね。 フローリングに直接ふとんを敷いてしまうと、固くてゴツゴツしますが、マットレスを使えばベッドと同じ感覚で眠れます。 通気性がいい わが家で使っている【エアリーマットレス】は通気性が良いことで有名。 季節を問わずマットレスが湿気を含んでいる様子がありません。 今一年くらい使っていますがカビが生えるような感じもないです。 簡単に日干しができる ミニマリストに人気のマットレスは折りたためるタイプがほとんど。 折りたためるタイプならマットレスだけで自立ができるので、 ベランダで簡単に干すことができます。 カビもそうですが、ダニ対策にもいいですね。 折りたたんで収納できる 折りたためるので布団と一緒に押入れに収納することができます。 これが最大のメリットかも。 収納できるから部屋は広く使えるし、めちゃくちゃスッキリします。 まとめ 最強のミニマリズム寝具はふとん! フローリングで寝る人はマットレスを使うと快適に眠れるよ!ってお話でした。

次の