松方 幸次郎。 松方幸次郎の家系図や妻・子供が気になる!八木沼純子との関係を調査は?

この男がいなければ国立西洋美術館はなかった!? 松方コレクションの流転の歴史を解き明かす【国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展】

松方 幸次郎

株式会社川崎造船所(現川崎重工業株式会社) 初代社長 松方幸次郎 写真提供:川崎重工業株式会社 国立西洋美術館は1959(昭和34)年、フランス政府から日本へ寄贈返還された「松方コレクション」を保存・公開するために設立されました。 「松方コレクション」を築いた松方幸次郎(慶応元年12月/1866年1月〜1950年)は、明治の元勲で総理大臣も務めた松方正義の三男です。 旧制一高の前身である大学予備門からアメリカに留学して、エール大学で法律の博士号を取得し、ヨーロッパ遊学を経て帰国後、父親の秘書官などを務めましたが、神戸の川崎造船所の創業者である川崎正蔵に見込まれ、1896年(明治29)年、同社の初代社長に就任しました。 一時は神戸新聞、神戸瓦斯などの社長も兼ね、神戸商業会議所の会頭や衆議院議員にもなった人物です。 松方幸次郎が美術品の収集を始めたのは、第一次大戦中のロンドン滞在時のことです。 大戦により造船で多大な利益を上げた松方は、1916(大正5)年から約10年の間にたびたびヨーロッパを訪れては画廊に足を運び、絵画、彫刻から家具やタペストリーまで、膨大な数の美術品を買い集めました。 現在は東京国立博物館が所蔵する、パリの宝石商アンリ・ヴェヴェールから買い受けた浮世絵コレクション約8千点を含め、彼が手に入れた作品の総数は1万点におよぶと言われます。 しかし、松方が美術にこれほどの情熱を傾けたのは、自らの趣味のためではありませんでした。 彼は自分の手で日本に美術館をつくり、若い画家たちに本物の西洋美術を見せてやろうという明治人らしい気概をもって、作品の収集にあたっていたのです。 松方は購入した作品を持ち帰り、美術館を建てて公開する準備をしていました。 しかし、松方の夢だった「共楽美術館」が日の目を見ることはありませんでした。 1927(昭和2)年の経済恐慌が状況を一変させたのです。 メインバンクの十五銀行の休業によって川崎造船も経営危機に陥り、松方は社長の座を降りて自らの財産を会社の財務整理にあてます。 日本に運ばれていた美術品は数度にわたる展覧会で売り立てられ、散逸してしまいました。 松方が収集した美術品のうち、かなりの数がヨーロッパに残されていましたが、ロンドンの倉庫にあった作品群は1939(昭和14)年の火災で失われ、現在ではその内容や数さえも確かではありません。 一方、パリに残された約400点の作品は、リュクサンブール美術館(当時のフランス現代美術館)の館長レオンス・べネディットに預けられ、彼が館長を兼任したロダン美術館の一角に保管されていました。 この作品群は第二次大戦の末期に敵国人財産としてフランス政府の管理下に置かれ、1951(昭和26)年、サンフランシスコ平和条約によってフランスの国有財産となります。 しかしその後、フランス政府は日仏友好のためにその大部分を「松方コレクション」として日本に寄贈返還することを決定しました。 このコレクションを受け入れて展示するための美術館として、1959(昭和34)年、国立西洋美術館が誕生したのです。 (常設展示室解説パネルより) 国内外で開催された松方コレクションに関する展覧会を一覧にしました。 松方コレクション展については、これまでに湊典子氏による「旧松方コレクション展一覧表」、207頁)がありますが、本表はこれを出発点として、新たに展覧会カタログ、当館収蔵作品の資料ファイル、その他の二次資料(『日本美術年鑑』、各館年史、カタログ・レゾネ等)により明らかになった情報を加えて再編したものです。 採録の基準は、(1)題名に「松方幸次郎氏」「松方氏」などを冠する展覧会、(2)「松方コレクション」(または「旧松方コレクション」)として関連作品がまとめて展示された展覧会、(3)書籍や新聞・雑誌等で「松方コレクション」(または「旧松方コレクション」)からの出品が言及されている展覧会、(4)松方コレクションの一部が展示された展覧会など、松方コレクションの受容史を検討するうえで重要と判断される展覧会としました。 収録年代は、もっとも古い記録が残される1922年から、当館の第1回特別展として「」が開催された1960年までとしています。 表中、関連資料の原本が当館研究資料センターに所蔵される場合には、「関連資料」として図書館目録(OPAC)書誌へのリンクを掲載しています。 本調査に先立ち、越智裕二郎・広島県立美術館長から貴重な研究資料コレクションをご恵贈いただきました。 記して感謝いたします。 なお本表は2012〜2014年度科学研究費助成事業「海外における松方コレクション関連資料の収集と公開」(研究代表者:大屋美那・当館主任研究員)の研究成果の一部であり、今後も随時情報の追加・更新を行っていく予定です。 関連の情報、御意見等がございましたら当館までお寄せくださいますようお願い申しあげます。 1924(大正13)年• 07 Exposition Claude Monet 1924(大正13)年1月4日-18日 会場:Paris, Galerie Georges Petit• 09 Inaugural Exposition of French Art 1924-1925年 会場:San Francisco, California Palace of the Legion of Honor 1947(昭和22)年• 34 泰西名画展覧会[第1回] 1947(昭和22)年3月10日-3月31日 会場:東京都美術館/主催:読売新聞社• 35 浮世絵名品展 1947(昭和22)年9月14日-10月5日 会場:国立博物館奈良分館• 46 Claude Monet 1952(昭和27)年7月24日-9月22日 会場:Den Haag, Gemeentemuseum• 47 博物館創設八十周年記念名品展 1952(昭和27)年10月3日-11月5日 会場:東京国立博物館• 48 Renoir 1952(昭和27)年 会場:Nice, Galerie des Ponchettes• 矢代幸雄, 『藝術のパトロン』 東京: 新潮社, 1958. 藤本光城, 『松方・金子物語』 神戸: 兵庫新聞社, 1960. 高階秀爾編, 『松方コレクション』 近代の美術, 2; 東京: 至文堂, 1971. 矢代幸雄, 『私の美術遍歴』 東京: 岩波書店, 1972. 湊典子, '松方幸次郎とその美術館構想について(上)', 『Museum:東京国立博物館美術誌』, 395 1984 , 31-40. 湊典子, '松方幸次郎とその美術館構想について(下)', 『Museum:東京国立博物館美術誌』, 396 1984 , 27-38. 神戸市立博物館編, 『神戸市制100周年記念特別展:松方コレクション展』 [展覧会カタログ] 神戸: 「松方コレクション展」実行委員会, 1989. 神戸新聞社編, 『火輪の海:松方幸次郎とその時代』, 上下巻. 神戸: 神戸新聞総合出版センター, 1989-1990. 神戸市立博物館編, 『松方コレクション西洋美術総目録』 神戸: 「松方コレクション展」実行委員会、神戸市立博物館, 1990. 越智裕二郎, '松方コレクションについて(上)', 『静岡県立美術館紀要』, 9 1992 , 23-42, 68. 石田修大, 『幻の美術館:甦る松方コレクション』 丸善ライブラリー; 東京: 丸善, 1995. 石橋財団ブリヂストン美術館編, 『西洋美術に魅せられた15人のコレクターたち: 1890-1940』[特集展示カタログ] 東京: 石橋財団ブリヂストン美術館, 1997. 兵庫県立美術館編, 『美術館の夢:松方・大原・山村コレクションなどでたどる』[展覧会カタログ] [神戸]: 兵庫県立美術館、神戸新聞社, 2002. 『秘蔵の名品アートコレクション展:不滅の輝き 甦る幻の松方コレクション』[展覧会カタログ] 東京: 企業文化交流委員会、ホテルオークラ東京, 2003. GUTH, CHRISTINE; VOLK, ALICIA; YAMANASHI, EMIKO, 『Japan and Paris: Impressionism, Postimpressionism and the Modern Era』[展覧会カタログ] Honolulu Hawai : Honolulu Academy of arts, 2004. 宮崎克己, 『西洋絵画の到来:日本人を魅了したモネ、ルノワール、セザンヌなど』 東京: 日本経済新聞出版社, 2007. 『国立西洋美術館:公式ガイドブック』 東京: 淡交社, 2009. 村上博哉. '松方幸次郎と国立西洋美術館の近代美術コレクション', 『国立西洋美術館所蔵 ヨーロッパの近代美術: 平成24年度国立美術館巡回展』 東京: 国立西洋美術館, 2012 , 7-15. 湊典子, '松方コレクションの100年', 『西洋近代絵画と松方コレクション』[展覧会カタログ](鹿児島:鹿児島市立美術館, 2014 , 8-13. MABUCHI, AKIKO. [展覧会カタログ] Munich: Prestel, 2015 , 218-221. 湊典子, 'コレクター松方幸次郎とその蒐集品', 『松方コレクション展:松方幸次郎 夢の軌跡』[展覧会カタログ](神戸:松方コレクション展実行委員会, 2016), 20-36. 馬渕明子(序文), 川口雅子; 陳岡めぐみ編著, 『松方コレクション 西洋美術全作品』全2巻, 東京: 国立西洋美術館, 2018-2019, 平凡社発売. 陳岡めぐみ, '松方コレクション 百年の流転', 『国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展』[展覧会カタログ](東京: 国立西洋美術館; 読売新聞社; NHK; NHKプロモーション, 2019 , 11-26. <個別問題>• 越宏一, '国立西洋美術館所蔵のアンドレアス・リッツォス作のイコンについて:15世紀の〈クレタ派〉の作品', 『国立西洋美術館年報』, 7 1974 , 8-57. 富山秀男, '所蔵作品 タナカの《裸》について', 『国立西洋美術館年報』, 7 1978 , 26-39. 高橋明也, '国立西洋美術館所蔵:ギュスターヴ・モロー作《牢獄のサロメ》について', 『国立西洋美術館年報, 16 1983年 , 39-48. 山根康愛, 『ドガ「マネとマネ夫人像」』 北九州: 北九州市立美術館, 1983. ハル・松方・ライシャワー著; 広中和歌子訳, 『絹と武士』 東京: 文芸春秋, 1987. 垂木祐三編, 『国立西洋美術館設置の状況』, 1-3巻. 東京: 国立西洋美術館協力会, 1987-1989. 大屋美那, '松方コレクションのロダン彫刻に関する調査報告:1937年から1948年までの作品保管リストと国立西洋美術館所蔵の《エヴァ》の鋳造について', 『国立西洋美術館研究紀要』, 4 2000 , 27-42. 高橋明也, '再発見された旧松方コレクションのレオナルド・ビストルフィ作彫刻作品群について:第1回調査報告',『国立西洋美術館研究紀要』, 5 2001 , 35-41. ; [東京]: 現代彫刻センター, 2001 , 187-94. 長谷川三郎, '『松方』のオデュッセイア終章:戦後外交記録を読む', 『ロダンと日本』[展覧会カタログ] 静岡県立美術館、愛知県美術館編. ;[東京]: 現代彫刻センター, 2001 , 195-200. 高橋明也, '再発見された旧松方コレクションのレオナルド・ビストルフィ作彫刻作品群について:第2回調査報告',『国立西洋美術館研究紀要』, 6 2002 , 33-44. 湊典子, '松方コレクションと工芸', 『織りだされた絵画』[展覧会カタログ] [東京]: 国立西洋美術館, 2003 , 24-28. KOSHIKAWA, MICHIAKI, 'Venus and Cupid from the Former Matsukata Collection: An Addition to the Oeuvre of Alessandro Mazzola Bedoli', Journal of the National Museum of Western Art, Tokyo, 7 2003 , 7-18. [written in English]. 渡辺晋輔, '旧松方コレクション由来のズッカレッリの風景画について',『国立西洋美術館研究紀要』, 9 2005 , 6-15. 大屋美那, '松方幸次郎が収集したロダン彫刻', 『ロダン事典』 東京: 淡交社, 2005 , 322-40. 伊藤富美子, '松方幸次郎とエドヴァルト・ムンク', 『国立西洋美術館研究紀要』, 10 2006 , 25-62. 陳岡めぐみ, '松方コレクションとコロー', 『コロー:光と追憶の変奏曲』[展覧会カタログ](東京:国立西洋美術館、読売新聞東京本社, 2008), 211-215. 小熊佐智子, '旧松方コレクションの広がり', 『国立西洋美術館研究紀要』, 13 2009 , 39-50. 大屋美那, 'ヴェネツィア、ヘント、パリ:共楽美術館設計に向かって', 『フランク・ブラングィン展』[展覧会カタログ] 東京: 国立西洋美術館、読売新聞東京本社, 2010. 大屋美那, 'フランク・ブラングィンと松方幸次郎', 『フランク・ブラングィン展』[展覧会カタログ] 東京: 国立西洋美術館、読売新聞東京本社, 2010. 陳岡めぐみ、国立西洋美術館編, 『所蔵水彩・素描:松方コレクションとその後』 東京: 国立西洋美術館、西洋美術振興財団, 2010. 大屋美那, '松方幸次郎収集のロダンとブールデルの彫刻', 『手の痕跡:国立西洋美術館所蔵作品を中心としたロダンとブールデルの彫刻と素描』[展覧会カタログ](東京: 国立西洋美術館, 2012), 15-24. 河上眞理, 'アントニオ・ベルッチのイギリス時代の下絵:旧松方コレクション2作品の作者の同定', 『国立西洋美術館研究紀要』, 16 2012 , 23-33. 陳岡めぐみ, '松方コレクションのモネ', 『美を究め美に遊ぶ: 芸術と社会のあわい』 東京: 東信堂, 2013 , 125-139. 高梨光正, '作品調査報告:ルドヴィーコ・カラッチ《ダリウスの家族》', 『国立西洋美術館研究紀要』, 17 2013 , 5-16. 安永めぐみ, '松方幸次郎と鹿児島をめぐる2つの接点', 『西洋近代絵画と松方コレクション』[展覧会カタログ](鹿児島:鹿児島市立美術館, 2014 , 14-20. 岡泰正, '松方コレクション再考', 『松方コレクション展:松方幸次郎 夢の軌跡』[展覧会カタログ](神戸:松方コレクション展実行委員会, 2016), 6-19. カロリーヌ・マチュー, 'レオンス・ベネディットと松方幸次郎', 『松方コレクション展:松方幸次郎 夢の軌跡』[展覧会カタログ](神戸:松方コレクション展実行委員会, 2016), 194-207. 村上博哉, '松方コレクションと国立西洋美術館', 『松方コレクション展:松方幸次郎 夢の軌跡』』[展覧会カタログ](神戸:松方コレクション展実行委員会, 2016), 208-214. 廣田生馬, '松方コレクションと大正・昭和初期の日本の洋画会', 『松方コレクション展:松方幸次郎 夢の軌跡』[展覧会カタログ](神戸:松方コレクション展実行委員会, 2016), 215-222. 益田朋幸, 'アンドレアス・リゾス(リッツォス)作「キリスト昇天」イコンの図像プログラム', 『早稲田大学大学院文学研究科紀要 第3分冊』59 2014 , 45-63. 川口雅子, 'ロンドンに残された松方コレクション:パンテクニカン倉庫保管作品をめぐる資料調査報告', 『国立西洋美術館研究紀要』, 21 2017 , 5-17. 袴田紘代, '国立西洋美術館所蔵: モーリス・ドニの素描目録', 『国立西洋美術館研究紀要』, 21 2017 , 35-56. HORNER, LIBBY, The Collection of Kojiro Matsukata 1865-1950 : The Fire at the London Pantechnicon in 1939', The British Art Journal, 19, no. 1 2018 , 84-90. 上安祥子, '松方幸次郎の『共楽美術館』構想と『共楽』の思想', 『白鴎大学論集』32巻2号 2018 , 77-102. 馬渕明子, 'ロダンの《地獄の門》をめぐる物語', 『松方コレクション展』[展覧会カタログ](東京: 国立西洋美術館; 読売新聞社; NHK; NHKプロモーション, 2019 , 27-37. 川口雅子, '重役私財提供と松方コレクション売立', 『松方コレクション展』[展覧会カタログ](東京: 国立西洋美術館; 読売新聞社; NHK; NHKプロモーション, 2019 , 39-48. ジュヌヴィエーヴ・ラカンブル, '戦争と美術品のゆくえ', 『松方コレクション展』[展覧会カタログ](東京: 国立西洋美術館; 読売新聞社; NHK; NHKプロモーション, 2019 , 49-55. ブリュノー・マルタン, '写真家ピエール・シュモフが見た松方コレクション', 『松方コレクション展』[展覧会カタログ](東京: 国立西洋美術館; 読売新聞社; NHK; NHKプロモーション, 2019 , 277-280. 川口雅子, 'パンテクニカン倉庫保管絵画等リスト', 『国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展』[展覧会カタログ](東京: 国立西洋美術館; 読売新聞社; NHK; NHKプロモーション, 2019 , 124-125. ピーター・ヴァン・デル・マーウェ, '1921年の皇太子渡欧と松方コレクション', 『国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展』[展覧会カタログ](東京: 国立西洋美術館; 読売新聞社; NHK; NHKプロモーション, 2019 , 154-155. 邊牟木尚美, '石膏原型と電気鋳造', 『国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展』[展覧会カタログ](東京: 国立西洋美術館; 読売新聞社; NHK; NHKプロモーション, 2019 , 167. 森直義; 邊牟木尚美; 高嶋美穂, 'クロード・モネ《睡蓮、柳の反映》:保存修復の現場から', 『国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展』[展覧会カタログ](東京: 国立西洋美術館; 読売新聞社; NHK; NHKプロモーション, 2019 , 270-271.

次の

松方幸次郎の思い出

松方 幸次郎

松方幸次郎とは何者? 松方幸次郎さんとは何者なんだろうと思う方が多数かもしれません。 松方幸次郎さんといえば、神戸を代表する財閥である神戸川崎財閥の名前が出てきます。 松方コンツェルンとも呼ばれるくらいです。 松方幸次郎さんとはということで、経歴というか略歴を紹介します。 エール大学を卒業後、1891年に当時内閣総理大臣であった父である松方正義さんの首相秘書官となります。 その後、1894年に浪速火災保険の副社長に就任。 1896年には株式会社川崎造船所の初代社長に就任することに。 経歴的には他にも、大阪舎密鉱業、神戸瓦斯、神戸新聞、神戸桟橋、九州電気軌道、九州土地信託、川崎汽船、国際汽船、神港倶楽部、ベルベット石鹸、日本ゴム蹄鉄と西日本を中心とした会社の社長に就任。 また、それら以外にも11社の役員を務めました。 そして、1912年に衆議院議員となります。 本当にびっくりするくらいの輝かしい経歴です。 親のコネはもちろん、海外に留学したという経験があったため、各界において必要とされた人材であったことがわかります。 松方幸次郎の晩年 松方幸次郎さんの晩年までのおおまかな流れについて解説していきます。 川崎造船所の社長であった時に、日本国内の若い画家たちに本物の西洋美術を見せようと考え、美術品の収集を開始。 第一次世界大戦の際の造船の利益により、多額の資産があり、購入できたと言われています。 約1万点にも及ぶ作品で『共楽美術館』の建設を予定していました。 しかし、1927年に金融恐慌により、川崎造船所は破綻、メインバンクであった幸次郎の兄が頭取を務める十五銀行も破綻してしまいます。 これにより、松方幸次郎さんは全会社の役員を辞任し、美術品などを会社の財務整理にあてました。 また、海外に保管していた絵画もフランス政府に没収されてしまったり、ロンドンに保管していた絵画は焼失してしまったりと、美術館を建設するという夢が叶うことはありませんでした。 晩年は、大政翼賛会の推薦議員であったため公職追放となり、追放中の1950年に84歳で亡くなりました。 松方幸次郎の子孫と家系図 松方幸次郎さんの父はすでに紹介したように、松方正義さんであり、父親は第4代、第6代内閣総理大臣でした。 松方正義さんには子供は22人いて、松方幸次郎さんは三男。 家系図的には、長男の厳は十五銀行頭取、次男の正作は外交官であり、岩崎弥之助という兄とともに三菱財閥を築き上げた父を持つ娘が妻になったりと各界のそうそうたる顔ぶれが揃っており、本当に華麗なる一族です。 また、子孫関係も気になるところです。 子供さんやお孫さんについてはこの後に解説します。 例えば、フィギュアスケートの選手である、八木沼純子さんの曾祖伯父にあたります。 曾祖伯父は『曽祖父の兄』という関係となります。 松方幸次郎コレクションと美術館 松方幸次郎さんが約10年間かけてヨーロッパで買い集めた膨大な美術品は『松方コレクション』と呼ばれています。 購入に費やしたのは当時のお金で3千万円で、現在の紙幣価値に換算すると900億円以上とも言われています。 ものすごい金額です。 モネとも交流があり、モネのお気に入りの作品であった自宅の作品を全て購入したいと申し出ましたが、この作品は全てモネのお気に入りであり、売らないと決めていたものでした。 しかし、松方幸次郎さんは私欲私欲のためではなく『フランスに来れない日本の若者たちに本物の油絵を見せてあげたい』という理由を知り、絵画を譲ることに。 しかし、残念なことにコレクションの大部分は負債処理のために売却されました。 フランスに負債として差し押さえられていたコレクションを返還する際の条件として国立西洋美術館が建設されました。 1959年のことですが、松方幸次郎さんの死後9年、美術館設立の夢を抱いてから40年経ってついに実現に。

次の

松方幸次郎

松方 幸次郎

1889年イェール大の学友と(中列左) (慶応元年)士・の三男として鹿児島に生まれる。 (明治8年)、明治政府高官に就いた父・正義の住む東京に移り、翌年に海軍との関係が強かった(現・)幼年科に入塾。 (明治11年)に同中年科に進学。 さらに共立学校(現・)で学び、1881年(明治14年)に(を経て現・)に入学した。 (明治16年)に東京大学の第一号と言われる「明治16年事件」に関わり、学位授与式をボイコットした。 これは学位授与式の運営方法を巡って、かねてからの学校側の学生に対する管理強化に学生の不満が爆発したものだった。 翌年(明治17年)に東京大学予備門を中退。 同年4月に渡米。 に入学の後、に転学。 を取得し、(明治23年)帰国。 (明治24年)組閣に伴い、父の首相秘書官となる。 一時、経営や官途についたが、(明治27年)に浪速火災保険の副社長に就任し関西における財活動を開始した。 政財界での躍進 [編集 ] (明治29年)創設者で、幸次郎の米国留学の費用を負担するなど公私に渡って関係の深かった同郷のに要請されて、株式会社初代社長に就任。 この時、川崎造船所は川崎正蔵の個人経営から改め株式会社として再スタートした。 それをきっかけとして、大阪舎密鉱業(1898年)、神戸瓦斯(同)、(1899年)、神戸桟橋(1908年)、(同)、九州土地信託(同)、(1920年)、(同)、神港倶楽部、ベルベット石鹸、日本ゴム蹄鉄の社長に就任し、その他11社の役員を務めた。 さらに会頭、(明治45年)にはに当選し代議士も務め、神戸の政財界の巨頭であった。 川崎造船所の躍進と挫折 [編集 ] 幸次郎が船頭に就いた川崎造船所は、川崎正蔵の計画していた乾の建設を皮切りに「攻めの経営」を展開し、折からの国家的規模の造船国産化の追い風もあり業績を順調に伸ばした。 また(明治27年)の、(明治33年)の、(明治37年)のの勃発により国家的規模で軍備強化が推進される中、のに労働者を派遣し造艦技術を学ばせ、また呉に近いには出張所を設け、との交流を深めて海軍からも造艦の受注を受けるようになった。 当初は小型艦艇の組み立てや修理を請け負ったが、やがて大型艦の造船も請け負い、川崎造船所は民間ではとならぶ造船会社にまで成長した。 (大正3年)が勃発。 本来、造船業は受注生産が基本だが、世界的な商船不足を予見した幸次郎は、受注前にあらかじめ船を大量生産する「ストックボート方式」を用いて莫大な利益を上げた。 しかし、(大正7年)に第一次世界大戦が終戦し、ヨーロッパの造船界が再稼働して世界の船舶需要が供給過多に転じたことにより、大量の在庫を抱えることになる。 また、(大正11年)の締結では軍縮による軍艦建造縮小の煽りを受け、さらに(昭和2年)のを決定打に川崎造船所は事実上の破綻を喫する。 幸次郎は不況の中でも積極策を続けたが、設立した商船会社も利益を生まなかった。 金融恐慌では多くの銀行がで休業に追い込まれ、川崎造船所に巨額の融資を行っていた兄のが頭取を務めるも1927年には休業を余儀なくされていた。 関係が強く、大口債権者であった軍部の支援によって川崎造船所の倒産は免れたものの、幸次郎は不況下で積極経営を強行した責任を取り、務めていた全ての会社の役員を辞任する。 その後は衆議院議員を(昭和11年)から連続3期務め、国民使節として渡米し国際的に活動した。 戦後、の推薦議員のためとなった。 追放中の1950年(昭和25年)死去。 コレクターとして [編集 ] 「」も参照 川崎造船所社長として隆盛を誇った期に、日本における本格的な西洋美術館の創設を目指しヨーロッパで買い集めた絵画、彫刻、浮世絵はの名で知られ、その一部はの母体となった。 第一次世界大戦中の(大正5年)、戦火の中で渡英した幸次郎はの戦意高揚ポスターに感銘を受ける。 幸次郎は本業の激務の合い間を縫ってブラングィンを訪れ、二人はたちまち意気投合した。 日本における本格的な西洋美術館の創設という幸次郎の壮大な悲願はブラングィンとの交流の中で芽生えた。 西洋美術館の設立計画はかなり具体化しており、幸次郎は・のに美術館建設用地を確保していた。 ブラングィンは幸次郎の計画をもとに製の建築模型を作っており、設立予定の美術館の「共楽美術館」という名前まで決められていた。 共楽美術館の名前にはコレクションを秘蔵せず、国民が等しく美術作品を楽しめるようにとの幸次郎の思いが込められていた。 第一次世界大戦後も幸次郎はヨーロッパに渡り、パリを中心に、、、らの作品を次々に購入し美術品収集を続けた。 なお、この時期は幸次郎が展開した川崎造船所の積極経営策に陰りが見え始めた時期と一致する。 の巨匠・を度々訪れ交流を深め、大量にモネの作品を購入している。 幸次郎はモネの画家人生の集大成と評される「」をモネ本人から直接購入している。 1916年(大正5年)から約10年間、幸次郎はたびたびヨーロッパを訪れては画廊に足を運び、絵画、彫刻から家具やタペストリーまで、膨大な数の美術品を買い集めた。 現在はが所蔵するの宝石商アンリ・ヴェヴェールから買い受けた約8,000点の浮世絵を含め、作品総数は1万点におよぶと言われている。 しかし、先述の川崎造船所の破綻によってコレクションは売り立てられ国内外に散逸。 作品の一部はの倉庫火災で焼失し、第二次世界大戦末期にはフランス政府に敵国人財産として取り上げられる運命を辿ることになる。 は、にフランス政府から寄贈(第二次世界大戦での対立の過去を背景に「返還」の形式は取られていない)されたの受け入れ機関として東京・に設立された。 間接的にではあるが、日本における本格的な西洋美術館の創設という幸次郎の壮大な悲願は、多くの悲劇や惨禍を乗り越え、紆余曲折を経て達成されたと言える。 栄典 [編集 ]• (大正5年) - エピソード [編集 ] 松方は思い切ったいたずらをする人物だった。 神戸にある川崎造船所の構内に海軍の監督官の事務所があって、そこからドックへ行くのに広い道路を横切らなければならないが、雨の日は道がひどくぬかるむ。 そこで海軍の監督官が道を横切る地下道を建設するように川崎造船所側に要求した。 川崎造船所は得意先の海軍の要望だからと、注文通り地下道を建設した。 そして松方はこの地下道に「海馬路」という名前をつけ、額にして入り口にかけて悦にいっていた。 海馬()というものは、海の上からくぐり、また海の上に出る。 地上からくぐってまた地上に出るのだから「海馬路」という説明なのだが、松方の思いつきはそうではなかったようで「海軍の馬鹿野郎の通る路」というつもりだったらしい。 そのうち海軍のほうでも感づいて馬鹿にしておると憤慨する者もいたという。 脚注 [編集 ] []• 攻玉社人物誌. 攻玉社学園. 2013年3月15日• 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、頁。 『官報』第1218号「叙任及辞令」1916年8月21日。 『岡田啓介回顧録』 毎日新聞社 1950年12月25日 31p 関連項目 [編集 ]• - 「松方コンツェルン」とも呼ばれる• 外部リンク [編集 ]• - 川崎重工業• - にある松方の名を冠したホール 先代: - ()社長 初代:(~) 次代: 先代: - ()社長 初代:(~) 次代: 先代: 川崎芳太郎 社長 第2代:(~) 次代: 先代: 川崎芳太郎 社長 第2代:(~) 次代: 黒川新次郎.

次の