朝礼 英語。 朝礼って英語でなんて言うの?

朝礼でやると良さそうな7個のこと

朝礼 英語

朝礼ネタ 英語雑学です。 テーマは和製英語。 そう、日本で勝手に作られた英語ってヤツです。 当たり前のように使っているけど、英語圏の人からすれば「はあ?」となる不思議な単語ですね。 まあ、日本語も外国では変な風に解釈されることもあるし、お互い様にしてもらいましょう。 和製英語とはどんなものか、種類や由来をリサーチしました。 朝礼ネタに活かして、博識披露しましょう。 スポンサーリンク 朝礼 英語雑学まとめ。 コレ和製だったの? OL 職場の華、OL(office lady)は和製英語す。 英語圏では一般的な社会人を男女問わず「office worker」といいます。 だったら、OW!? それも変ですよね笑。 そもそも、OLと呼び名がついたのはなぜでしょうか。 以前は、「Business Girl」の略で「BG」と呼ばていました。 これ、娼婦を意味する「Bar Girl」の略になんです。 そのため、NHKはBGを放送禁止にしました。 公共放送らしいですねw さて、 東京オリンピック開催前の1963年、来日する欧米人に誤解されないため、雑誌「女性自身」が代わりの呼び名を募集。 選ばれたのが 「OL」です。 てことは、和製英語とわかっていて作ったんですね。 サラリーマン サラリーマンはsalary(ラテン語で塩)とman(男)をつなげて作られた和製英語です。 つまり塩男。 なにそれしょっぱい!? 働く男をの名称としては、不可思議な気がします。。。 では、サラリーマンの由来をば。 サラリーの「salary」はラテン語で塩を意味すると先に述べました。 そして 古代ローマでは、兵士の給料として当時貴重な塩を与えていました。 後に、サラリーが英語でソルトになります。 つまり、サラリーとは給料を意味するように和製英語で作られたんです。 大正時代から、スーツで働く人のことをサラリーマンと呼び始めました。 でも、 正しくは「office worker」だけどね。 サラリーマンからのつながりでもご覧ください。 フロント ホテルや病院の受付のことをフロントといわれますが、これも和製英語。 正しくは「reception(レセプション)」といいます。 ん? ちょっと待った。 ホテルのフロントに英語で「FRONT」と立て札があったけど。。。 外国人がその立て札を見ても、レセプションとわかるのだろうか。 古びたビジネスホテルだったんで、外国人が来なくてつっこまれないままだったのかな。 ちなみに、ビジネスホテルも和製英語です。 あまり深い由来がないので割愛(かつあい)します。 トランプ 英語圏でトランプは切り札という意味。 カード自体を指すものではありません。 日本でいうトランプは「playing cards(プレイング カーズ)」や「cards(カーズ)」といいます。 由来は 明治時代、外国人が「cards(カーズ)」をしていた時に「トランプ」と言ったことからです。 トランプとは勝利や征服を意味するtriumphが語源です。 しかし、日本人は「cards(カーズ)」の呼び名を「トランプ」と解釈してしまいました。 はい、そこで頭をよぎったのが、かの有名なマジシャン、トランプマン。 その名前、和製英語なのね。 トランプから共通してを一読くだだい。 ナイスショット ゴルフで「ナイスショット!」なんて粋に言いますよね。 ナイス(うまい)、ショット(打球)です。 しかし、 英語圏では「グッドショット」です。 なぜ、ナイスショットといわれたのかは不明です。 昔のおじさんあたりが言い始めたんだろうなあ。 接待で必死に盛り上げていたのかだろうか。。。 ホッチキス オフィスの必需品、ホッチキス。 これまた和製英語。 英語圏では「stapler(ステイプラー)」といいます。 ホッチキスはベンジャミン・バークリー・ホッチキス氏からとったもの。 しかし、ホッチキス氏は機関銃の発明者。 機関銃の弾を連射できる部品が、私たちの使うホッチキスのとじ金連射部分と似ていました。 そこから機関銃の発明者の名前で呼び始めたのです。 人の名前なので、英語圏では通じません。 関連: オーダーメイド オーダーメイドというと、特別に作られた高級感がただよいますが、立派な和製英語。 「order(オーダー:注文)」と「made(メイド:作られた)」をつなげられただけ。 正しくは「made-to-order(メイド トゥ オーダー)」です。 なんか惜しくありませんか。 オーダーメイドとメイド トゥ オーダー。 わざわざ和製英語にせずとも、正しく発音していいと思うんですがね。 和製英語の雑学を朝礼スピーチ 実は和製英語だったこと、つまり「思い込み」をテーマにします。 朝礼スピーチ 知らずに使っていた和製英語、いかがでしたか。 正しいと思い込んでいたことが、実は正しくなかったら。。。 仕事に置き換えるとゾッとします。 私たちは仕事のプロです。 もし、間違えて理解していることがあれば即、直さないといけません。 正しい知識と確かな経験を持って仕事に取り組みましょう。 スポンサーリンク 一言 和製英語だとわかっていても、使い続けるよね。 だって、日本ではそれで通っているんだもの笑。 結局のところ、正しくないとわかっていても慣習の方がまかり通るんですよね。 勝てば官軍とはよく言ったものだな。

次の

ヤバすぎる「朝礼」と「英語公用語化」をやってみた

朝礼 英語

スピーチをお願いされるとどんな気持ちになりますか?ただでさえ緊張するのに、英語でスピーチをしなくてはいけない時は尚更だと思います。 所が、 「自己紹介」、「飲み会」、「イベントを始める前」、「新しいメンバーの紹介」、「前説」、スピーチをするチャンスはあらゆる例があります。 そして、グローバル化するこの世の中、英語でスピーチをするきっかけが今は無くてもいつかは訪れると思います。 でも大丈夫です!スピーチは マインドセットと準備ができていれば楽しいものです!人の視線を浴びるのは、スポットライトのようなものですから。 たとえ英語があまり得意でなくてもスピーチの例などを見て練習しすれば自分のものにすることができます! 本日はあらゆる場面の 英語のスピーチを準備する7つのコツと メッセージがより伝わるフレーズの例40 選をネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が紹介いたします。 場面をイメージして、その場面に一番適したフレーズを覚えてみてください。 すべてを覚える必要はありません。 自分に一番合う表現や単語から始めてみてください。 「スピーチをもっと聞きたい!」と思う観客は珍しいと思います。 長くて10分程度でしょう。 ですので、詰め込まなくても大丈夫です。 Simple is best! 更に bodyを三つのポイントに分けます。 例えば、テーマが「自己紹介」でしたら、スピーチを「過去の自分」、「現在の自分」、「将来の自分」に分けることができます(他にも「出身」、「仕事」、「趣味」に分けても面白いと思います)。 話の流れに一番適した分け方を考えましょう。 更に、スピーチ中に物事を三回繰り返すことによってメッセージを強調することも可能です。 を使うと良いでしょう。 形がないものを観客は自分で想像するため、心に響きやすいのです。 もう一つのポイントは、三つの項目の形や音を合わせると更に効果が出ます。 そしてそれをリズミカルに言います。 例: Eating good food, playing sports and relaxing at the beach is the perfect vacation! 惜しいものを食べ、スポーツを楽しんで、ゆっくりすることが完璧な休日の過ごし方です。 知らない人が多ければ会場を一回りして観察することをお勧めします。 「自己アピール」、 「モチベーションを上げる」、 「疑問に答える」、 「注告する」などあります。 このスピーチによって観客にどんな影響を与えたいのかを考えます。 できれば観客と接することが可能な icebreaker(座をなごやかにするもの)をお勧めします。 そこで笑いが起きればプラス効果です。 これによって自分の緊張も解せる上、観客もテーマのヒントを得ることができ聞く体制に入れます。 そして練習するときに暗記しやすくなります。 振る舞い、声、ジェスチャー、目線、を思い浮かべながらスピーチを考え、そして頭の中で練習をするのです。 次に、知人の前で実践してみましょう。 2 英語のスピーチに使えるオープニングの例 次の1〜5の構造を使いましょう: 1. 挨拶の前に I just found out that I was the only Japanese speaker today! 「(本日、日本人は私一人ということを)たった今知りました。 「(我が社の42%の社員が日本を拠点にしているのを)ご存知でした?」 I noticed earlier that many of you are using your smartphones to take pictures. 「先ほど、(皆さんのほとんどがスマホを使って写真を撮っている)ことに気づきました。 」 You know, when I was a little, I used to spend summer in the south of Japan with my family. 「私が幼い頃、(夏はよく日本の南に遊びに行きました)。 It was all fun. 何をやっても楽しかったからだ」)。 」 Truth be told, this is the first time I make a speech in English. 「実を言うと、(今日は初めて英語でスピーチをします)。 」 Could everyone please stand up? 「皆さん、(乾杯をしたいので)一度立っていただけますか?ご安心ください、スピーチはたったの20分で終わります。 冗談です、30分です。 」 2. 挨拶・自己紹介をする Good evening Ladies and Gentlemen, my name is… 「皆様こんばんは。 〜と申します。 」 Hi everyone! 〜です!」 Hello! 「今日は、(フランスに住んでいる私)の体験を語りたいと思います。 」 My good friend Adam asked me to make a speech and share my thoughts about living in France. 「友人のアダムに(私のフランス生活の思いを)語ってほしいとスピーチを頼まれました。 」 My speech today is about how we can improve our communication skills. 「私の本日のスピーチは(「どのようにコミュニケーション能力を上げるか?」)がテーマです。 」 4. スピーチの3つのポイントを伝える I have three points to cover. First…, then…, finally… 「本日は三つポイントがあります。 一つ目は〜、二つ目は〜、そして最後に〜です。 一つ目は〜、二つ目は〜、最後は〜です。 」 5. 」 3 英語のスピーチのメッセージがより伝わるフレーズの例 1. 」 This brings me to my last point. 「ここから(最後の点)になります。 「最後に一つ言いたいのは(「努力は必ず報われる」ということです)!」 2. 人の興味を質問で引く Today is one of the happiest days of my life. Why? Simply because… 「本日は私にとって人生で(最高)の日です。 (なぜか?)何故なら、〜」 Do you know how dolphins catch fish? 「どのように(イルカは魚を捕まえるか)ご存知ですか?」 There is a very simple reason why everything is fine. それは〜」 Can you guess why the person in the picture is laughing? 「(この写真に写っている人がなぜ笑っているか) 推測できますか?」 Have you ever asked yourself…? 「〜を疑問に思ったことはありますか?」 3. 理由・事実を述べながらメッセージを強調していく Eating out everyday is bad for your health. Not only that, it becomes very pricey. 「(毎日外食するのは健康にはよくありません。 )それだけではなく、(お金がかかります)。 」 Exercising regularly has three benefits. First, it helps you increase your metabolism. 「(運動すると三つの効果が得られます)。 一つ目は、(代謝が上がります)。 更に、(よく眠れます)。 何よりも、(喜びを感じます)。 」 4. 対照・対比に使うフレーズ my girlfriend loves classical music. However, I love Jazz music. my girlfriend loves classical music. In contrast, I love Jazz music. my girlfriend loves classical music. Nevertheless, I love Jazz music. Though my girlfriend loves classical music , I love Jazz music. On one hand, my girlfriend loves classical music. On the other, I love Jazz music. 「一方では(彼女はクラシック音楽が大好きです)。 これに対して(私はジャズが大好きです)。 Cheers! 「終わりに、(私の両親に感謝の気持ちを送りたい)と思います。 Thank you! 「では、(MCにマイクを)受け渡したいと思います。 」 大分長くなりましたが、シンプルなコツと例を頭に入れて準備をすれば英語のスピーチは怖いものなしです! 実はこのブログの構造も 「3のルール」を使っているのに気付きましたか?このルールを使いこなせば、全体的にコミュニケーションがより上手になります。 (「練習が完全をもたらす」)ので、準備ができたら、とにかく練習、練習、練習です!•

次の

朝礼ネタ それ和製英語かもよ! 英語雑学ネタまとめ

朝礼 英語

朝礼で使えそうな、ビジネスにまつわる話をピックアップしてまとめています。 特に毎日更新している「今日のトピック」「今日は何の日」など、「朝礼のシメ」に使いやすいようにしています。 全国の約8~9割の校長先生が「学校講話大全」を参考に朝礼をしているように、このサイトがそのようなモノになれますよう努力いたします。 業種によって使いにくいかもしれませんが、アレンジしてみて下さい。 今日の朝礼ネタ・今日は何の日 ここは毎日更新しています。 前日の使えそうなトピックを朝礼で話せるようにまとめています。 さらに「今日は何の日」から朝礼で使えるように、文章を考えています。 アレンジしてお使い下されば幸いです。 キーワード別 偉人の言葉・ことわざ キーワードに沿って「四字熟語」「ことわざ」「偉人の言葉」をまとめています。 これからどんどんと追加していきます。 追加して欲しいものがありましたら、またメッセージなど頂けますと極力期待に応えていきたいと思っています。 朝礼で使えそうなスピーチテンプレート 「1分スピーチ」で使えそうな文章を更新していきたいと考えています。 本当ならばここを毎日更新したいくらいなのですが…。 このような青いラインのところと このような太い部分だけ、つまんでいけば1分くらいのスピーチになるかな?という感じで作成しています。 アレンジして使用してみて下さい。 朝礼の心得やポイント 「朝礼とはなんぞや」的な内容になっています。 ここはあまり更新出来ないと思いますが、今までの経験や感じたことを書いています。 参考にしてみて下さい。 覚えておきたいビジネスマナー こちらにはビジネスマナーに関する話を1分くらいで話せる長さでまとめています。 当たり前の事を大袈裟に書いてあるだけですが、困った時にでもお使い下さい。 スポンサードリンク.

次の