イエスタデイ を うたっ て 海外 の 反応。 『イエスタデイをうたって』1話に対する海外の反応「完璧に雰囲気が映画」

イエスタデイをうたってへのアニメ海外の反応まとめ[あにかん]

イエスタデイ を うたっ て 海外 の 反応

2019年8月11日 2019年8月24日 鬼滅の刃 19話 海外の反応 1. 海外の反応 凄い!とにかく素晴らしいとしか言いようのないエピソード!!! 今回が最終回だと言われても信じてしまうぐらい、それぐらい最高のエピソードだった!! ufotableが最高の仕事をしてくれた!! 2. 今シーズンの中では間違いなく覇権アニメだと思う。 海外の反応 主人公がピンチになってパワーアップするという古典的な演出だった。 過去何回もこの演出を見てきたのに、その中でも最高に素晴らしいものだった、物凄く興奮させられたよ! 4. それでも、一度たりとも退屈なエピソードはなかったし、今回のフィナーレも素晴らしいものだった。 この作品はいつも我々に最高の興奮を与えてくれる。 家族の絆を蔑ろにしている鬼に対して、家族の絆を使って打ち勝つ演出は最高に気持ち良かった! 6. 海外の反応 弟鬼が禰豆子に対してしたし仕打ちは絶対に許されないものだった。 あいつは絶対に許されてはいけない存在だったし、炭治郎が倒してくれたことが本当に嬉しい! 7. 特に禰豆子を自分のものにしようとしたところがムカついた! 禰豆子は俺のものだぞ!!! 8. お前は今回のエピソードの何を見ていたんだw 9. 海外の反応 見始めたと思ったら一瞬で終わっていた。 個人的には炭治郎の回想シーンでサウンドトラックが始まって、そのままバトルシーンに入っていくところが大好き。 バトルを盛り上げるためにこのような演出をすることはあるけど、ここまで上手く活用できているアニメってほとんどないよね。 海外の反応 映像も美しく、作画、アニメーション、声優、サウンドトラック、全てにおいて最高のクオリティだった。 炭治郎が本気で怒っている時の演技はとても見ごたえがあった! 11. 私は絶対にDVDを買って、何度もこのエピソードを楽しもうって考えているよ! 12. 海外の反応 伊之助と義勇のやり取りには笑わされたけど、その後はジェットコースターのような展開だった。 炭治郎と弟鬼のバトルシーンはこれまでで一番熱かったし、素晴らしいの一言だ。 ここまで見応えのあるバトルシーンを見られて本当に嬉しい。 海外の反応 今回はバトル中のコメディは一切なく、かなり真剣なエピソードだった。 この作品のコメディが嫌だっていう意見を見かけるけど、普段のバトルにコメディがあるからこそ、今回のエピソードがより際立ったんじゃないか? いつもより真剣に戦っているように見えたし、緊張感が伝わってきて素晴らしい戦いだったよ。 海外の反応 姉鬼がバラバラにされた瞬間、彼女が死んだのだと考えていた。 そういえば、日輪刀で首を斬らなければそう簡単には死なないんだったね! 彼女はそのまま走っていったけど、どうなったのだろうか? 鬼だから殺されちゃうだろうけど、彼女も恐怖によって支配されていたから、せめて楽に死なせてあげて欲しい。 海外の反応 最初の水の呼吸を使ったバトルシーンだけでも心奪われるぐらい感動していたのに、それで終わりじゃなかった。 なんてこった!!!マジで、ほんとヤバい、なんてことだ!!! 炭治郎のヒノカミ神楽の呼吸がもうめちゃくちゃカッコよかった!!! アニメーションが素晴らしいのはもちろんなんだけど、もう全てにおいてかっこよくて、ほんともう・・・ヤバイ!!! 16. 2Dと3Dを上手く合体させていて、本当に感心させられる。 海外の反応 善逸のアクションシーンがこのアニメの最高の盛り上がりだと思っていた。 でも、俺のその考えは訂正させられることになった。 善逸のアクションシーンも素晴らしかったけど、今回の炭治郎は完全にそれを上回っていた。 やっぱり炭治郎が主人公なんだよな、この作品は! 20. 海外の反応 炭治郎のアクションも素晴らしかったけど、個人的には弟鬼の糸の攻撃もかなり美しく見えた。 細い糸の動きに遠近感が感じられたし、迫力があって凄かったよ!! 21. 海外の反応 あまりにも痛々しくて禰豆子のことが可愛そうだと思ったけど、最後には復活して良かった! ただ弟鬼を倒すだけじゃなく、二人で協力して倒したというのがいいね! でも、炭治郎の刀で傷一つつかなかったのに、禰豆子の爪で傷を付けられていたのはなんでだろう?何かの伏線かな? 22. 海外の反応 来週まで引き延ばすことなく、今回のエピソードで決着まで進めてくれたことが嬉しい。 炭治郎が覚醒するところで終わっていたら間延びしてしまって、おそらくここまで興奮することは無かったと思う。 今回はもう本当に何の悪いところも見当たらなかった。 海外の反応 善逸と炭治郎の両方を救ったのは呼吸だったね! 彼らが身に付けたことをちゃんと生かして、それぞれピンチを乗り切ったことが嬉しかった。 海外の反応 伊之助と義勇のやり取りを忘れてしまうぐらい圧倒的なアクションだったねw でも、伊之助が言うこときかないから、無理やり縛り上げられていたところはめちゃくちゃ笑ったよ! 炭治郎じゃ全く止めることが出来なかったのに、一瞬で伊之助を制御してて凄いと思った! 25. 海外の反応 白井俊行が絵コンテ、演出などに参加している時点で、このエピソードが素晴らしいものになることは約束されていた。 海外の反応 とても良い最終回のようなエピソードだった。 この時点でこんなにも素晴らしかったから、最終回は更に今回の上をいくエピソードが見られるかもしれない。 最終回を迎えることは寂しいけど、今から最終回が楽しみで仕方がない。

次の

『イエスタデイをうたって』1話に対する海外の反応「完璧に雰囲気が映画」

イエスタデイ を うたっ て 海外 の 反応

今期のアニメ 23• あ行 140• か行 169• さ行 140• た行 85• な行 43• は行 159• ま行 63• や行 29• ら行 50• わ行 13• その他 4• アニメ海外の反応まとめ[あにかん]について 外国人達のオーバーリアクションな反応が翻訳文からでもよく伝わってきて、それを読むとそうそうここが面白かったよねとか、こんな細かい描写にも気が付くなんて凄いなとか、特に自分も気に入った同じアニメを見て共感した嬉しさがこみ上げてきます。 そういった外国人の反応を手間をかけて翻訳して記事にしてくださるサイトの存在を知り、主に自分が閲覧するのに便利なようにこのアニメ海外の反応まとめ[あにかん]を作りました。 このサイトは定期的に手動でまとめてますが、別館としてアンテナサイトもありますので、早く海外のアニメ反応を読みたい人はをご覧ください。 また、巡回先に追加してほしいサイトがあれば、よりご一報いただければ助かります。 アンテナにも追加します。

次の

映画『イエスタデイ』公式サイト

イエスタデイ を うたっ て 海外 の 反応

舞台はイギリスの小さな海辺の町サフォーク。 シンガーソングライターのジャックは、幼なじみで親友のエリーの献身的なサポートも虚しくまったく売れず、音楽で有名になりたいという夢は萎んでいた。 そんな時、世界規模で原因不明の大停電が起こり、彼は交通事故に遭う。 物語はジャックの驚きや興奮、戸惑いや葛藤、そして喜びがビートルズの珠玉の名曲とともに語られていく。 音楽・楽曲のセンスの良さに定評のあるボイル監督とカーティス、ふたりの深いビートルズ愛に溢れ、誰もが笑顔で映画館を後にできる本作は、これまで数多の名作を生み出してきた製作会社ワーキング・タイトルの真骨頂。 そして、何よりもビートルズがこの世に存在している幸せ、そして彼らの楽曲を聴く幸せを噛み締めることができる。 キャスト陣は、ジャック役の新星ヒメーシュ・パテル、エリー役のリリー・ジェームズらフレッシュで個性的なキャストに加え、本人役で登場する世界的人気アーティスト、エド・シーランの出演が大きな話題を呼んでいる。 街角の路上からカフェ、ライブハウス、巨大なウェンブリー・スタジアムに至るまで、臨場感たっぷりのライブシーンは、口パクではなくライブで撮影したかったというボイル監督の強いこだわりが感じられ、物語の中でビートルズを初めて聴く人々と同様、私たちにもあたかも初めて耳にするかのような高揚感とともに、至福の音楽体験を約束する。 それが『イエスタデイ』だ。 真っ暗闇の中、交通事故に遭ったジャックが、昏睡状態から目を覚ますと… あのビートルズが世の中に存在していない! 世界中で彼らを知っているのはジャックひとりだけ!? ジャックがビートルズの曲を歌うとライブは大盛況、 SNSで大反響、マスコミも大注目! すると、その曲に魅了された超人気ミュージシャン、エド・シーランが 突然やって来て、彼のツアーのオープニングアクトを任されることに。 エドも嫉妬するほどのパフォーマンスを披露すると、 ついにメジャーデビューのオファーが舞い込んでくる。 2010年にギルドホール音楽演劇学校を卒業後、舞台で経験を積んだ。 ドミニク・ウェスト共演の「オセロ」のデズデモーナ役で、「スター女優の誕生だ…昨年に演劇学校を卒業したばかりなのに、皆の注目を独り占めにした」と絶賛された。 2016年にはケネス・ブラナー演出「ロミオとジュリエット」でジュリエット、直近ではイヴォ・ヴァン・ホーヴェ演出「イヴの総て」でイヴを演じた。 世界的ヒット映画『シンデレラ』(15)のシンデレラ役で大ブレイクを果たす。 TVでは2012年、「ダウントン・アビー」のキャストに加わり、3シーズンにわたり出演。 BBC制作のTV映画「戦争と平和」(16)ではナターシャ役で称賛を浴びた。 主な映画出演は、『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』(18)、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(17)、『ベイビー・ドライバー』(17)、『高慢と偏見とゾンビ』(16)、『タイタンの逆襲』(12)など。 21世紀を象徴するアーティストで、数々の楽曲でセールス新記録を樹立し、ライブでも記録的な人数を動員。 歴史に残る名曲を発表して、数多くの賞に輝いている。 イギリス、サフォークで育ち、2011年に英国の音楽シーンに彗星のごとく登場。 以来、唯一無二の楽曲と優れたショーマンシップ、共感を呼ぶ歌詞で世界中をとりこにしている。 その非凡で無限な才能は、独特なライブパフォーマンスでも発揮されている。 ルーパーペダルとアコースティックギターを駆使した特徴的な演奏で、9万人収容の大会場でも、プライベート感あふれる小さなパブで聴いているかのような感覚を観客に与える神秘的な能力を持っている。 2015年には、ウェンブリー・スタジアムでのバックバンドなしの単独ライブが3夜連続でチケット完売を達成した史上初のソロアーティストとなった。 2017年、音楽業界と慈善活動における功績で大英帝国勲章を受勲。 グラミー賞4回、アイヴァー・ノヴェロ賞4回、ブリット・アワード6回(2018年と2019年のグローバル・サクセス賞を含む)、ビルボード・ミュージック・アワード6回受賞など、数多くの賞を獲得している。 劇場映画監督第1、2作にあたる『シャロウ・グレイブ』(94)と『トレインスポッティング』(96)でBAFTAを獲得。 その他の主な映画監督作に、『スティーブ・ジョブズ』(15)、『トランス』(13)、『サンシャイン2057』(07)、『ミリオンズ』(04)、『28日後... 』(02)、『ザ・ビーチ』(99)、『普通じゃない』(97)他。 また、2011年のナショナル・シアター公演「フランケンシュタイン」などの舞台やTVでも監督・演出を務めている。 脚本家・監督。 脚本を手がけた主な映画は、『トラッシュ! -この街が輝く日まで-』(14)、『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』(13/監督・脚本)、『パイレーツ・ロック』(09/監督・脚本)、『ラブ・アクチュアリー』(03/監督・脚本)、『ブリジット・ジョーンズの日記』(01)、『ノッティングヒルの恋人』(99)、『ビーン』(97)など。 長年にわたるビートルズの大ファンとして知られ、8歳の時にストックホルムを訪れた際、フォレスタ・ホテルのバルコニーに姿を現したメンバーを一目見るために外で待ち続けた。 また、自身の60歳の誕生日パーティーでは、6人のファン仲間と共にビートルズの楽曲40曲を5時間にわたって演奏したという。 1992年から共同で会長を務めるワーキング・タイトル・フィルムズは、世界有数の映画製作会社。 1984年の創業以降、100作品以上の製作を手掛け、世界興収累計は約75億ドルにのぼる。 権威ある賞を数々受賞し、イギリス王室から大英勲章第3位(CBE)を叙勲された。 同社の代表作に、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(17)、『ベイビー・ドライバー』(17)、『リリーのすべて』(15)、『博士と彼女のセオリー』(14)、『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』(13)、『レ・ミゼラブル』(12)、『裏切りのサーカス』(11)、『つぐない』(07)、『ラブ・アクチュアリー』(03)、『アバウト・ア・ボーイ』(02)、『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ(01、04、16)、『リトル・ダンサー』(00)、『ノッティングヒルの恋人』(99)、『ビーン』(97)、『ファーゴ』(96)、『デッドマン・ウォーキング』(95)、『フォー・ウェディング』(94)、『シド・アンド・ナンシー』(86)など。 最新作は、トム・フーパー監督、テイラー・スウィフト、ジェニファー・ハドソン出演『キャッツ』(20)。 62歳で本作のアイデアを考案。 最高齢で長編映画デビューを飾った脚本家と言えるだろう。 本作以前、カルト的人気を誇る「Roadside America」、「Roadside Hollywood」など7作のノンフィクション本を上梓。 TVでは、TVドキュメンタリーシリーズ「Japanorama」や「Asian Invasion」、「シンプソンズ」のエピソード「A Fish Called Selma」の脚本を担当。 また、ポール・マッカートニーがビートルズ解散の原因はオノ・ヨーコではなく当時のマネージャーのアラン・クレインだと明かしたことで話題となったTVシリーズ「The Frost Interview」の脚本も手掛けている。 現在の映画界で最もエキサイティングでオリジナル性あふれる作曲家の1人。 映画界を代表する監督とコラボしており、ダニー・ボイルとは2度目。 『スパイダーマン:スパイダーバース』(18)、『オーシャンズ8』(18)、『ゲティ家の身代金』(17)、『キング・アーサー』(17)、『愛を綴る女』(16)、『コードネーム U. 』(15)、『悪の法則』(13)など。 ボイル監督作品『スティーブ・ジョブズ』(15)でゴールデングローブ賞音楽賞、『ゴールド/金塊の行方』(16)で同賞の歌曲賞(イギー・ポップ共作・演奏の「Gold」)にノミネート。 また、TVシリーズ「ブラック・ミラー」のエピソード「宇宙船カリスター号」で2018年プライムタイム・エミー賞ノミネートの他、2014年ワールド・サウンドトラック・アワードでディスカバリー・オブ・ザ・イヤー賞を受賞。 2016年同アワードのコンポーザー・オブ・ザ・イヤーにノミネートされた。

次の