披露宴 招待状 返信 書き方。 結婚式の招待状の返信方法……出欠ハガキの書き方とは [結婚式・披露宴マナー] All About

結婚式の招待状、返信はがきの書き方・マナー [結婚式・披露宴マナー] All About

披露宴 招待状 返信 書き方

20代半ばから30代前半にかけては、友人や親戚など周りの方々で結婚する人も増えてきますよね。 周りで結婚する人が出てくると、結婚式や披露宴の招待状をもらうと思います。 そんな時に知っておきたいのが招待状の返信方法ですよね。 今回は結婚式の招待状をもらったときの返信マナーや、書き方についてご紹介します。 結婚式の招待状の返信のマナー 結婚式の招待状を受け取って、返信するときに必要なマナーってご存知でしょうか。 意外と知らない人も多いかもしれません。 まず一番大事なのは返信期限内に出すことです。 これは結婚式の招待状に限らず常識人であれば当たり前のことです。 出席する場合は2、3日以内に返信するのが基本で、出来る限り早く返信することがマナーとなっています。 欠席の場合は都合をつけようとしたが、できなったという意味も込めて1週間後ぐらいに返信しましょう。 新郎新婦は招待客の人数をもとに、引き出物や席などの準備をしていくものです。 返信が早いほどありがたいものです。 もし、仕事や家庭の都合などで予定が返信期限内にわからない場合は、状況を電話やメールなどで直接説明しましょう。 結婚式への参加の可能の有無がハッキリしてから返信するのもマナーです。 当日欠席や欠席だからといって返信しないのはとても失礼なことですので気をつけましょう。 もし、出席返信後にどうしても行けなくなった場合は、できるだけ早く連絡を取りましょう。 行けなくなった理由に関しては話しても良いですが、不祝儀など縁起が良くない場合は触れずに後日お詫びとお祝いに伺いましょう。 スポンサーリンク 結婚式の招待状の返信する際の書き方 結婚式の招待状の返信をする際の書き方に関してですが、毛筆や万年筆で書くのが理想的でしょう。 また、ボールペンでも問題はありませんが、ボールペンで書く際には黒一色で統一しましょう。 カラーペンやグレーなどで書くことはマナー批判となりますのでご注意ください。 まずは、宛名にある「行」の文字に二重線を引き、「様」と書き直しましょう。 連名で招待されている場合は招待された方すべての名前を記載します。 そして、その他の「御芳名・御住所」などの「御」、「芳」にも二重線を引きます。 また「出席」の前に「慶んで(喜んで)」、後ろに「させていただきます」など追記するとより良いでしょう。 『返信アート』 一般的なマナーとしては、相手に失礼のないように返信することです。 最近では親しい間柄の方の返信などでは返信アートとして、イラストを描いたり模様を入れたりすることも流行っているようです。 返信アートをもらった花嫁さんは、嬉しいと思う方も多いようなので行う場合は相手との間柄や性格を考慮しましょう。 また、その際にも文字は黒色に統一してください。 結婚式の招待状の返信する際のメッセージってどんなのが良い? 結婚式の招待状の返信をするときには、メッセージを書く欄があると思います。 こちらは、出席・欠席に関わらず何か一言以上は書きましょう。 基本的な例文としては、「ご結婚おめでとうございます 喜んで出席させていただきます」や「お招きいただきありがとうございます」などお祝いと、招待していただいたお礼の言葉を添えると良いでしょう。 友人や同僚など親しい間柄の場合は、「ご結婚おめでとう!お二人の晴れ姿を楽しみにしています」などお祝いメッセージとして、かしこまった言い方でなくて問題ありせん。 会社の上司などの場合には、「この度はご結婚おめでとうございます お二人の晴れの門出に立ち会わせていただくこと大変光栄に存じます 喜んで出席させていただきます」などと言った文章が一般的でしょう。 また、メッセージを記入する際には、お祝い事に終止符を打たないという意味を込めて句読点は打たない方が良いでしょう。 メッセージ欄にはお祝いの言葉と、参加できない理由をさらりと書きます。 出産や子供が生後間もないなどのおめでたいことや、仕事で出張することが決まっている場合などはそのまま理由を記載しても問題ありません。 しかし、私用での「忙しい」や「先約があり」、「金銭的に」や不祝儀や病気などの事情の場合は、直接理由を書くのは失礼に当たりますので「あいにく所用があるため」、「残念ではありますがやむを得ない事情により」と相手に不快な思いをさせないように記入しましょう。

次の

結婚式を欠席…失礼のない結婚式招待状の返信マナーは? | 結婚ラジオ | 結婚スタイルマガジン

披露宴 招待状 返信 書き方

結婚式に欠席するときの基本的な返信マナー 結婚式への招待状が届いたけど、すでに予定が入っていたりして、出席できないこともありますよね。 出席できないことが明確でも、すぐに「欠席」と返信するのはやめておきましょう。 結婚式に欠席する場合、即答してしまうと新郎新婦は「自分たちに会いたくないのかな・・・」と思ってしまうかもしれません。 招待状が届いたら、返信はがきを出す前に、まずは電話やメールで連絡し、結婚に対するお祝いの言葉を伝えます。 その際に、「やむを得ず欠席するかもしれない」ことと、できるだけスケジュールを調整することを伝えるようにしましょう。 返信はがきは、その連絡をしてから出すと丁寧です。 期限ギリギリで返信するのは新郎新婦に迷惑がかかることもあるので、招待状が届いてから一週間ほど間を空けて出すといいでしょう。 そして返信はがきには、 「ご結婚おめでとうございます 当日はやむを得ない事情がございまして出席できず申し訳ございません」 など、お祝いの言葉を述べた上で出席できなくて残念という気持ちを伝えましょう。 ちなみに、招待状をもらった時点では出席できるかどうかはっきりわからないなら、事前に電話などでいつ頃返事ができるか伝えておきましょう。 ご祝儀や祝電を贈って祝福しよう! 結婚式に出席できないときは、ご祝儀や祝電(お祝い電報)を送ってお祝いの気持ちを伝えるとGOOD。 結婚式に欠席するときのご祝儀の金額や渡し方については、次の記事で詳しくまとめているので参考にしてみてくださいね。 また、祝電は披露宴の2、3日前から前日までに届くように手配します。 祝電の送り方について詳しく知りたい人はこちらをどうぞ。 欠席の場合の返信はがき(裏面)の書き方 それでは、結婚式に欠席する場合の返信はがきの裏面の書き方について見ていきましょう。 宛名面の書き方についてはこちらの記事を参考にしてみてください。 欠席に丸をつける 「御欠席」の「御」はあなたに対する敬語なので二重線で消し、「欠席」の文字を丸で囲みます。 縦書きの場合は、斜め二重線でもOK。 文字を付け足して、「残念ながら欠席させていただきます」とすると、より丁寧な印象になります。 (横書きはがき参照) さらに、「御出席」にも二重の取り消し線を入れておきます。 自分への敬称を二重線で消す 「御住所」の「御」や「御芳名」の「御芳」はあなたに向けられている敬称なので、二重線で消します。 「御芳名」の「芳」は消すのを忘れがちなので、気を付けてくださいね。 メッセージを書く 出欠の返事だけでなく、はがきのメッセージ欄もしくは空きスペースにメッセージを添えましょう。 欠席する場合は、お祝いに続けて、出席できなくて残念な気持ちと欠席の理由を書きます。 返信はがきに書くメッセージの文例についてはこちらの記事を参考にしてください。 ちなみに、連名で招待され、誰かが欠席するときの返信はがきの書き方については、こちらの記事も読んでみてください。

次の

文例に学ぶ!結婚式の招待状、押さえておきたい返信の基本マナーと書き方

披露宴 招待状 返信 書き方

招待状の返信で押さえておきたいポイント お相手がつけてくれた「ご(御)」「芳」と不要な選択肢は取り消す 招待状の通信面に印刷された内容には、「ご出席・ご欠席」、「ご住所・ご芳名」など、こちらを立てる敬称がついています。 そこで出席の場合は、「ご出席」の「ご」を二重線か「寿」の字で取り消して、「出席」を丸で囲み、「ご欠席」も二重線で取り消します。 また、ご住所」の「ご」、「ご芳名の「ご芳」も二重線か「寿」の字で取り消しておきます。 招待状の宛名面には、返信先としてお相手のご住所とお名前が入っています。 ここでもお名前についている「行」を二重線で取り消し、敬称の「様」へ書き換えてから出すようにしましょう。 「慶(喜)んで出席いたします」と書き添えて 出席の場合は、余白に「慶(喜)んで出席させていただきます」と一筆書き添えるようにしましょう。 余白が少ない場合は、丸囲みした「出席」の前後(左右)に「慶んで」「させていただきます」と書き添え、「慶んで出席させていただきます」と読めるようにします。 ちなみに、句読点は終わりや区切りを意味しますので、結婚式関連の文面では使わないようにしましょう。 欠席する場合は理由も添えて 欠席の場合も、「ご欠席」の「ご」を二重線か「寿」の字で取り消して、「欠席」を丸で囲み、「ご出席」を二重線で取り消します。 また余白にはお祝いの言葉と、欠席の旨を簡潔に書き添えるようにしましょう。 あまり早々と欠席の返事をすると、「出欠を迷ったり出席できるよう調整を試みたりすることもなかった」という風に受け取られるかもしれません。 締め切りを過ぎるのは論外ですが、少しだけ遅めに出すようにしましょう。 余白に書き添えるメッセージの文例 文例:出席の旨に加えてお祝いメッセージを添えたいとき 結婚式の準備中は忙しいものです。 お祝いは当日直接伝えることにして、返信はごくシンプルなメッセージにとどめましょう。 文例1 ご結婚おめでとうございます お二人の結婚式にお招きをいただきましたが かねてからの予定があるため 残念ながら欠席させていただきます お二人のご多幸をお祈りしております 文例2 ご結婚おめでとうございます あいにく長期出張の予定があり(出産を控えており) 残念ながら欠席をさせていただきます 末永いお幸せを心よりお祈り申し上げます 気の置けないお相手なら「返信アート」に挑戦! 最近は、気心の知れた友達へ招待状の返信をする際にイラストを描いてデコレートする「返信アート」が、カジュアルにお祝いの気持ちを伝える方法として話題になっています。 ポイントは、「出席」をイラストで囲んだり、二重線で取り消す部分をイラストでさりげなく隠したりすることです。 絵心に自信がなくても、シールやマスキングテープなどを使うと華やかになりますよ!.

次の