いつか きっと たぶん。 「たぶん、きっと」の中国語|可能性を示す大概・可能・估计の意味と使い方

反対語「たぶん」と「きっと」の使い分けを教えてください。反対語辞典で偶然...

いつか きっと たぶん

確かに。 相違なく。 「きっと失敗するだろう」「きっと来てね。 思うに。 「午後には恐らく晴れるだろう。 恐らく。 「多分やって来るでしょう。 」(古くは推量の語を伴わない。 【きっと】surely・certainly(確かに・必ず・疑いなく) 【恐らく】probably・maybe・perhaps(多分・十中八九・ことによると) 【多分】maybe・perhaps(十中八九・ことによると・ひょっとしたら) 英語では、話し手の確信度はprobably・maybe・perhapsの順に弱くなる・・・とあります。 (ジーニアス英和&和英辞典).

次の

「たぶん、きっと」の中国語|可能性を示す大概・可能・估计の意味と使い方

いつか きっと たぶん

「きっと」「たぶん」「おそらく」「必ず」「絶対」のニュアンス。 これらの言葉は、「推量を表わす副詞」になるかと思います。 「きっと」はこのなかでも、話し手(書き手)の確信が強いほうでしょう。 確かに。 A もしかしたら、もしかするとetc. …… ただ、「きっと」は「C」のグループのなかでも「必ず」や「絶対」より少し「確信」が弱いイメージです。 とは言っても、「たぶん」「おそらく」よりは「必ず」「絶対」に近いでしょう。 ちなみに、「きっと」は「願望」を表わすことが多いかもしれませんが、「望まないこと」を表わすこともあります。 それは、ほかの副詞にも当てはまります。 詳しくは下記をご参照ください。 以下は一部の抜粋(重言)。 ================================ 副詞のなかには、原則的に否定形の文末を伴うものがある。 「決して」とか「めったに」とか。 個人的には「全然」もそうだと思うが、諸説あって書きはじめると長くなる。 でも多くの副詞はそういう制約なしで使えるはず。 数少ない制約に関しては辞書レベルに出ている。 それ以上に制約をつけたり独自の意味やニュアンスをもたせたりするのは誤解の元だろう。 「もしかしたら」「たぶん」「きっと」……いずれも推量を表わす副詞だから、話し手(もしくは「書き手」の主観が入るのは当然のこと。 多くの副詞の場合、その主観が肯定的か否定的かは文脈しだい。 【例】遭難した兄を心配する妹の言葉。 1 もしかすると、生きているかもしれない 2 もしかすると、死んでいるかもしれない 3 たぶん、生きている 4 たぶん、死んでいる 5 きっと、生きている 6 きっと、死んでいる 1 ~6 は全部成立する。 「もしかして」には「意外な結果」を含む場合があるのでは……というコメントがあった。 当然だろう。 推量でしかないから、「意外な結果」になることもある。 「もしかして」は「程度や可能性」が一番低いから、当たらないことが多い。 当たらないから「意外な結果」になることが多いってことだと思う。 それは「もしかして」に「意外な結果」という含意があるのとは少し違うと思う。 そもそも、1 ~6 を見てわかるように、「結果」でないことも多い。 ================================ 未来のことを予想する副詞には、大きく二つの軸があります。 ひとつは蓋然性(現実になる確からしさ)が高いか低いか、もうひとつはそのジャッジにおいて主観が大きく入っているかいないかです。 蓋然性が高いというのは、確実にそうなると思われるということです。 蓋然性が低いというのは、そうならないかもしれないということです。 主観が大きいというのは、自分に対しては決意、他者に対しては強い願望が入ってくるということです。 主観が大きくなければ、客観的な根拠や理由に基づく予測であるというニュアンスが強まります。 「未来に於いて起きるであろう確率」という軸で言えば「必ず、絶対」の類語になるわけですが、主観の度合いが大きいので、「自分の決意や願望が入ってます度」が高いという意味では「必ず」等とは異なります。 「きっと、また会える」というのは、この強い願望を反映している言い方であるわけです。 「ワタシ的には必ず、絶対、間違いなく、確実にまた会えると思っているわけだが、それは私の希望・願望であって、明確な根拠に基づく未来予測ではありません」というニュアンスになってるわけですね。 故に、そうはいっても実際には会えませんでした…ということも多々あるわけです。 その他の組み合わせによる言葉の使用については下画像をご参照下さい。 もちろんこれは厳密なものではなく、文脈によっては「必ず」に願望が大きく含まれたりすることもあります。

次の

「たぶん、きっと」の中国語|可能性を示す大概・可能・估计の意味と使い方

いつか きっと たぶん

確かに。 相違なく。 「きっと失敗するだろう」「きっと来てね。 思うに。 「午後には恐らく晴れるだろう。 恐らく。 「多分やって来るでしょう。 」(古くは推量の語を伴わない。 【きっと】surely・certainly(確かに・必ず・疑いなく) 【恐らく】probably・maybe・perhaps(多分・十中八九・ことによると) 【多分】maybe・perhaps(十中八九・ことによると・ひょっとしたら) 英語では、話し手の確信度はprobably・maybe・perhapsの順に弱くなる・・・とあります。 (ジーニアス英和&和英辞典).

次の