すたそく。 【《やぶ蛇》の使い方・効果考察】やぶ蛇で特殊召喚したいエクストラデッキモンスター特集!

【《やぶ蛇》の使い方・効果考察】やぶ蛇で特殊召喚したいエクストラデッキモンスター特集!

すたそく

デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズ 遊戯王最新情報です。 「デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズ」の全収録カード45枚が判明しました。 「デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズ」は、2020年3月7日(土)に発売される、最新ブースターパックです。 今回は、2020年3月7日に発売される遊戯王OCG「デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズ」の最新情報・全収録カード新規カード等をまとめています。 「デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズ」の情報や新規イラストがフラゲされ、最新情報等が遂に明らかになりました。 ここでは最新情報を元に現在判明している内容を振り返っていきます 今回の新規カテゴリーはこちら! デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズ」の収録カードリストです。 レアリティや当たり・トップレアカード等を紹介。 デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズ発売日・概要 はこちら ほぼ全てのデッキの名前等を知りたい人はこちら。 380種類以上のテーマ名をまとめました。 順次更新していきます。 最新の環境について知りたい人へ >> パック名 デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズ 商品情報 リバース・コントロール 発売日・価格 発売日/2020年3月7日(土) 価格/1パック5枚入り150円(税抜) 特徴2 アンデッド族・植物族・岩石族• 「デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズ」全収録カード判明! 【デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズ】とは 「デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズは、毎回恒例の「3タイプのテーマが収録される強化・新規パック」で、それぞれのデッキ構築を行いやすい「デッキビルドパック」シリーズの最新作です。 DBSS-JP001 《魔救の追求者》• DBSS-JP002 《魔救の探索者》 Super• DBSS-JP003 《魔救の分析者》• DBSS-JP004 《魔救の奇石-レオナイト》• DBSS-JP005 《魔救の奇石-ラプタイト》• DBSS-JP006 《魔救の奇石-ドラガイト》• DBSS-JP007 《魔救の奇跡-レオナイト》 Super• DBSS-JP008 《魔救の奇跡-ラプタイト》 Super• DBSS-JP009 《魔救の奇跡-ドラガイト》 Ultra,Secret• DBSS-JP010 《アダマシア・ラピュタイト》• DBSS-JP011 《魔救の息吹》 Super• DBSS-JP012 《魔救の救砕》• DBSS-JP013 《魔救共振撃》• DBSS-JP014 《六花のひとひら》• DBSS-JP015 《六花精プリム》• DBSS-JP016 《六花精シクラン》• DBSS-JP017 《六花精ボタン》• DBSS-JP018 《六花精エリカ》• DBSS-JP019 《六花精スノードロップ》• DBSS-JP020 《六花精ヘレボラス》• DBSS-JP021 《六花聖カンザシ》• DBSS-JP022 《六花聖ティアドロップ》 Ultra,Secret• DBSS-JP023 《六花絢爛》• DBSS-JP024 《六花の風花》• DBSS-JP025 《六花深々》• DBSS-JP026 《六花の薄氷》• DBSS-JP027 《黄金卿エルドリッチ》 Ultra,Secret• DBSS-JP028 《呪われしエルドランド》 Super• DBSS-JP029 《黒き覚醒のエルドリクシル》• DBSS-JP030 《白き宿命のエルドリクシル》• DBSS-JP031 《紅き血染めのエルドリクシル》 Super• DBSS-JP032 《黄金郷のガーディアン》• DBSS-JP033 《黄金郷のワッケーロ》• DBSS-JP034 《黄金郷のコンキスタドール》 Super• DBSS-JP035 《永久に輝けし黄金郷》 Super• DBSS-JP036 《黄金の征服王》• DBSS-JP037 《怒気土器》• DBSS-JP038 《ブロックドラゴン》• DBSS-JP039 《薔薇恋人》• DBSS-JP040《ローンファイア・ブロッサム》• DBSS-JP041 《椿姫ティタニアル》• DBSS-JP042 《ユニゾンビ》• DBSS-JP043 《成金ゴブリン》• DBSS-JP045 《神の宣告》 最新情報はVジャンプ2月特大号で掲載される最新アイテムの収録カードイラストが到着などで配信される他に『YU-GI-OH. DBSS-JP037 《怒気土器》 DBSS-JP038 《ブロックドラゴン》• DBSS-JP039 《薔薇恋人》• DBSS-JP040 《ローンファイア・ブロッサム》• DBSS-JP041 《椿姫ティタニアル》• DBSS-JP042 《ユニゾンビ》• DBSS-JP043 《成金ゴブリン》• DBSS-JP044 《ギャラクシー・サイクロン》• デッキから採掘するって感じの流れが結構好きではあるんですけど、中々探索するのがランダムで面白みがあったりするテーマ 対応するアダマシアを展開しつつ特殊召喚出来る効果に加えて『岩石族に対応した大型』が特徴。 幸いな事にニビルが岩石族なので自発的に特殊召喚する手段も手に入れてる 実際ダメなんだけど 、面白いテーマだとは思いました」 「でも岩石族テーマかぁ・・・なんか最近新規テーマのラッシュよね。 メガリスとかもそうだけど注目されてる感じがあるというか。 しかもルール改正もあるしシンクロの展開とかも簡単なのがいいわね。 このカードを手札から特殊召喚する。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 このカードを手札から特殊召喚する。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 このカードを手札から特殊召喚する。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 自分の手札・墓地から「アダマシア」カード1枚を選んでデッキの一番上に戻す。 そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、このカードをデッキの一番上に戻す。 自分の手札・墓地から岩石族モンスター1枚を選んでデッキの一番上に戻す。 そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、このカードをデッキの一番上に戻す。 自分はデッキから1枚ドローする。 そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、このカードをデッキの一番上に戻す。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中から「アダマシア」カード1枚を選んで手札に加える事ができる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 そのモンスターを特殊召喚する。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中から岩石族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 そのカードを除外する。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中の岩石族モンスターの数まで相手フィールドのカードを選んで 持ち主の手札に戻す事ができる。 めくったカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 その発動を無効にし破壊する。 デッキから「アダマシア」カードを5枚まで選び、好きな順番でデッキの一番上に置く。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 この効果で「アダマシア」モンスターを特殊召喚した場合には、さらにデッキからレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んでデッキの一番上に置く事ができる。 そのカードを破壊する。 その発動を無効にし破壊する。 「デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズ」新規:エルドリッチ 「なんか完全に邪心像みたいなモチーフがいるんだけど」 「あっ。 後は、ドーハスーラ関連がそろそろ値上がりする頃。 ヴェンデットなどの汎用カードと共に注目しておきたいです。 「という訳で現在外出中なのですが、新規テーマの「エルドリッチ」カードが多数登場したので紹介です。 テーマ名としてはエルドリッチと黄金卿のどっちかが名称で固定になるようですね。 デッキから「エルドリッチ」モンスター1体または「黄金郷」魔法・罠カード1枚を手札に加える。 デッキから「エルドリッチ」モンスター1体または「黄金郷」魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。 「アンデッド族縛りの攻撃宣伝効果に加えて「エルドリッチをターン事にサーチ出来るアドを稼げるカードですね。 一応今だとアンデッドワールドを主軸にしていれば盤面にエルドリッチを墓地へ送って蘇生する流れまでが可能になります。 「ペンデュラム対策ついでにコズミックサイクロンを打つですの」 「エルドリッチの間接的なサーチ要因になるので、先行ではさくら等で割るのも悩ましいカードとして配置されそうな予感。 自分フィールドに「エルドリッチ」モンスターが存在しない場合には、この効果で「エルドリッチ」モンスターしか特殊召喚できない。 このカードの発動後、ターン終了時まで自分はアンデット族モンスターしか特殊召喚できない。 デッキから「黄金郷」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。 自分フィールドに「エルドリッチ」モンスターが存在しない場合には、この効果で「エルドリッチ」モンスターしか特殊召喚できない。 このカードの発動後、ターン終了時まで自分はアンデット族モンスターしか特殊召喚できない。 デッキから「黄金郷」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。 「こっちは墓地のアンデッドを蘇生する効果を持ってるみたいですね。 アンデッドの蘇生カードは多々あるので採用はちょっと少なめでも十分に回るカードです。 自分フィールドに「エルドリッチ」モンスターが存在しない場合には、この効果で「エルドリッチ」モンスターしか特殊召喚できない。 このカードの発動後、ターン終了時まで自分はアンデット族モンスターしか特殊召喚できない。 デッキから「黄金郷」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。 このカードは罠カードとしても扱う。 自分フィールドに「黄金郷エルドリッチ」が存在する場合、さらにフィールドの表側表示モンスター1体を選んで攻撃力を0にできる。 デッキから「エルドリクシル」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットできる。 「黄金卿では主にコッチは通常モンスターとしてモンスターゾーンに特殊召喚されてエルドリッチがいる場合チェーンで攻撃力を0に出来る効果を持っているようです。 トークンの使い道が若干不明ではありますが黄金卿のカードは殆どが『トークンを出すついでに追加効果を発揮する』カードばかりなので通常モンスターを採用しているサポートとしても活用可能。 エルドリッチの新規カードとして見れば「エンドフェイズ時にどう展開するか」を考えていかないといけないかもしれませんね。 また、永続罠が多いのでウリアのようなモンスターと組み合わせるのが主軸になっている様子でした。 ただ、通常モンスターの打点も違うようですし、属性やレベルも違うので意図的にエクシーズやシンクロを狙う事も出来そうです。 このカードは罠カードとしても扱う。 自分フィールドに「黄金郷エルドリッチ」が存在する場合、さらに自分・相手の墓地のカード1枚を選んで除外できる。 デッキから「エルドリクシル」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットできる。 このカードは罠カードとしても扱う。 自分フィールドに「黄金郷エルドリッチ」が存在する場合、さらにフィールドの表側表示のカード1枚を選んで破壊できる。 デッキから「エルドリクシル」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットできる。 「こうやって見てるとエルドリッチ関連のカードって『自分・相手のエンドフェイズ時に色々と行う』カードが登場してるのよね。 後はエルドリッチを単独指名している所を見ると『エルドリッチを合わせた盤面をどう作るか』がカギになってる感じもするわ。 問題は魔法罠が多いので単独故に相手のカードの巻き返しが難しい事が挙げられます。 先に何かしら展開するとしてもエルドリッチを出すのが前提なので先行ではエルドリッチを出せたとしても後攻ではエルドリッチ自身を盤面に出すだけで終わってしまう事もありそう。 永続罠でどこまで除去が出来るかが大きな課題な様子でした。 ローズドラゴンデッキも含め植物族は結構出張でも悪さをするので出張タイプに採用される感じかもしれませんね~。 デッキから「六花のひとひら」以外の「六花」モンスター1体を選び、 手札に加えるか墓地へ送る。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は植物族モンスターしか特殊召喚できない。 このカードを特殊召喚する。 「なんかすごい何処までロリの許容がありますか?っていう突っ込みを待ってるような気もしますけど、非常に萌えテーマで可愛いテーマになっていますね。 ひとひらは『いわばリルリルフェアリルサイズ』なので妖精好きには嬉しそう。 六花をデッキからサーチ出来るか墓地へ送る効果いに加えて相手エンドフェイズ時に蘇生出来る黄泉ガエルのような効果を持っています。 六花はリリースコストも加味しなければならなかったのですがこれで、1枚リリース素材として使えるようになりました。 植物族モンスターのみ蘇生なので魔法罠が置いてあっても展開できる事から帝とかでも頑張れば運用できそうです。 このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。 そのモンスターのレベルをターン終了時まで2つ上げる。 植物モンスターのレベルを2上げるから恐らく『レベル8をいかにして作れるか』というよりかはランク6・8・10をどう作れるかを狙うテーマとして登場した感じもするわよ。 そのモンスターのレベルをターン終了時まで2つ下げる。 このカードを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 「シクランの効果はリリースして植物族のレベルを上げるカードですわね。 プリムの効果のリリースをフィールドから発動する事で簡単にレベルを上げつつ特殊召喚する事が可能ですの。 このカードを手札から特殊召喚する。 デッキから「六花」魔法・罠カード1枚を手札に加える。 恐らくシクラン等と合わせてもいいし、召喚・特殊召喚する事で「アドを稼ぐ」というところでは、魔法罠を持ってこれるこのカードは強いわよ。 その自分のモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで1000アップする。 このカードを守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 「エリカたん・・・じゃなかった。 エリカ様は、手札やフィールドでこのカードをリリースする事で1000打点として活用できる効果墓地にいる場合に植物がリリースされたら展開できる効果持ちですね。 このことも踏まえると六花デッキは「リリースする事で六花を展開してエクシーズする」のが確定になりました。 このカードと植物族モンスター1体を手札から特殊召喚する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は植物族モンスターしか特殊召喚できない。 自分フィールドの全ての植物族モンスターのレベルはターン終了時まで対象のモンスターのレベルと同じになる。 「 スノーちゃん・・・!?」 「あ!このカードが起点っぽいわよ!リリースして植物族を特殊召喚するって書いてあるし!」 「植物族かぁ・・・wしかも手札から2体特殊召喚してレベル等を調整していくって感じなんでしょうね。 ターン終了時まで「対象のレベルも同じ」になる効果もあるし、非常に強力な効果持ち。 その効果を無効にする。 このカードを守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 「また、打点要因としてはヘレボラスが強力ですわね。 対象に取った効果を無効にする効果を自身を手札からリリースして発動できる上に「六花特有のリリース効果がフィールドの植物族をリリースする事で完結」していますの」 「リリース故に六花モンスター全てに恩恵があるような作り方になっているのは面白いですね。 とりあえずランク8は簡易的に作れるようなものになっているので構築もランク8などを合わせていくと良さげです!」 《六花絢爛》 六花絢爛 通常魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 このカードは自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動できる。 モンスターをリリースしてこのカードを発動した場合、さらに手札に加えたモンスターとはカード名が異なり、元々のレベルが同じ植物族モンスター1体をデッキから手札に加える。 このカードを破壊する。 《六花深々》 六花深々 通常罠 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 このカードは自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動できる。 モンスターをリリースしてこのカードを発動した場合、 さらに自分の墓地から植物族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。 《六花の薄氷》 六花の薄氷 通常罠 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 このカードは自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動できる。 このターン、その表側表示モンスターはフィールドで発動する効果を発動できない。 モンスターをリリースしてこのカードを発動した場合、さらにそのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。 この効果でコントロールを得たモンスターは植物族になる。 「デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズ」まとめ:予約とおすすめは? 遊戯王暦19年!カードゲームは色々と遊び続けて20周年! ブログ運営は5年以上になりましたが、まいログはまだまだ1周年も迎えていません!笑 遊戯王の環境情報とインタビューを交えつつ最新の遊戯王優勝デッキをお届け!まいログも本格始動1周年のために様々な内容を更新中! 現在ツイッターフォロワー数も6000突破!企業案件も承るキャラブログを運営中です!カーナベル等各種TCGショップのスポンサーサイトと複数契約中。 参加・興味のある企業様等はメールにてご連絡ください。 ご連絡はこちら>>mailog2020 gmail. com.

次の

【遊戯王SS】闇遊戯「久しぶりにみんなと会ってデュエルするぜ!」

すたそく

はじめに 当サイトは遊戯王OCGの最新情報を取得して発信するアンテナサイトです。 RSSから最新情報を閲覧するまとめサイトとしての機能を提供します。 当サイトに登録しているブログは管理人が厳選して決めています。 最新情報を発信する遊戯王の専門ブログであることが登録基準です。 登録している遊戯王ブログが理由もなく一ヶ月以上更新を停止した場合、閉鎖したと判断し登録を削除することがあります。 当サイトはリンクフリーですので、リンクの際に承諾を必要としません。 ですが、リンクの際はトップページにしてくださいますようお願いいたします。 また、html以外のファイルには直接リンクしないようお願いいたします。 バナーを使用する際は直接リンクせずダウンロードしてお使いください。 sakura. sakura.

次の

遊戯王カードWiki

すたそく

手札・デッキからレベル1モンスター1体を特殊召喚する。 で登場した。 1のを、またはからできる。 1限定だが、がないならばかからできる。 もあるため、基本的にはの少ないを狙いたい。 に1が必要となるや1との相性も良い。 等の1を始め、臨機応変にを選べるようになる。 ならばに繋ぐこともできる。 またにするは、のようににある事がとなるにしたい。 あるいは、やといったを使用できるをのも有効である。 いずれも、要員やとして活躍してくれるだろう。 1のが鍵を握るでは、に近い扱いを受ける。 相性の良いは、以下の通り。 しづらい「?」のを擁する• によると、のを同時にできる• を処理しつつ、や、を使い分けられる• 等の要員・をできる• やをし、やとできる等• でをかけることが勝利へ繋がる• をできるや再利用できるのを擁する• を「」ではなく「」なのでとのに使えないことには注意したい。 の登場以降、毎のの数値が大いに注目されるようになった。 そうした中でこのは、1である事をにしたと言える。 その結果上記の通り様々なのとなり、のにてに指定される。 登場当初から危惧されていたによるの大量展開の抑制や、における防止のための措置ともとれる。 現在は上記のループ要員であるやは共にになっているが、需要は依然として高い。 その後、ルールやプールが大きく変化した10年後のにてされた。 に再録されるはが下がるのがほとんどだが、では登場時と同じで再録されている。 同様の例に、が存在する。 なお、ではに格上げされて再録された。 余談ではあるが、再録された際のは「DE03-JP 141」であり、こののを意識した物の可能性が見受けられる。 では、倒れているの中からが現れている。 ・共にGX3期で登場しただが、何か関連があるのだろうか。 の由来は、スポーツ等で良く使われる格言「ワン・フォー・オール、オール・フォー・ワン」から、もしくはの格言「一は全、全は一」であろう。 前者は「1人はみんなのために、みんなは1人のために」と訳され、チームと個人との理想的な関係を示した言葉である。 ただし、この言葉の元となった小説『三銃士』では、最後の「ワン」は本来「Victory=勝利」を意味するとされている。 後者は哲学の一文であり、錬金術の基礎とされている。 このにおいては、1枚のから、1へと繋ぐことを意味するのであろう。 をに、からをした。 以降ものをことを布石としつつ、様々な1のをしている。 アニメではできるのがからのみであった。 等を考えなければ、できないでも持っていない限りで済むので、強化は当然といえる。 「vsガードロボ」戦からはと同じ仕様に変更され、をからしている。 アニメZEXAL II セカンド の「遊馬vsMr. ハートランド」戦においてMr. ハートランドが使用した《インフェクション・ミーディアム》のがこのに酷似している。 飛び出しているのは1の、倒れているのも同じであり、意識してデザインされたのだろう。 Dチーム・ゼアルの「凌牙vsシンディ・クロス」戦において、シンディが使用。 のをへ送り、からをした。 アニメARC-Vの第62話でエンジョイ長次郎の取り巻きが看守を静めるためにバラ巻いたの一枚。 こちらは自軍をしたの代理として行動させる。 コマンドを持つはでのの面では共通性がないが、や等、背景世界で活躍したに主に搭載されている。

次の