ジャム 保存 方法。 知っておきたい!ジャムの保存や賞味期限について

手作りジャムの日持ちはどのくらい?瓶詰めのポイントと冷凍保存

ジャム 保存 方法

ジャムの保存方法の基本は、開封前なら常温、開封後は冷蔵庫だ。 砂糖の分量にもよるが、いったん開封したジャムは2週間位で食べ切るようにしたい。 また、ジャムを食べる際には清潔なスプーンを使うなど、できるだけ雑菌が混ざらないようにすることも大切だ。 もし一人暮らしなどで「2週間では食べ切れない!」という場合には、冷凍で保存する方法もある。 冷凍するとジャムの風味は少し落ちてしまうが、長期間楽しむことができる。 ジャムを手作りした場合、ジャムの保存には瓶を使うのがおすすめだ。 瓶詰は上手く空気を抜くことができれば、1年以上の長期保存できる。 慣れるまで少し手間はかかるかもしれないが、ポイントを覚えておくと役に立つだろう。 市販のジャムには大量の砂糖や防腐剤などが使われていることも多く、開封する前の状態であれば長期間保存することができる。 瓶詰のものであれば1~2年間位、紙カップに詰められたものなら1年間位は保存できるようだ。 また、給食などで使われている、小袋に入ったものは半年間程度保存できる。 砂糖には防腐効果があるので、使われている砂糖の量によっても賞味期限は異なってくる。 まず、ジャムの糖度には4段階あることを覚えておきたい。 糖度65%以上は高糖度、55~65%は中糖度、40~55%は低糖度と呼ばれている。 ちなみに、糖度が40%未満のものは特に名前はつけられていない。 瓶詰で未開封の状態であれば、高糖度は2年間位、中糖度は1年半位保存できる。 しかしいったん開封した後は、冷蔵保存で2週間程度を目安に早めに食べ切るようにしたい。 結露によって内部に水分が入ったりすると、糖度が下がりジャムが傷んだりカビが生えたりする場合があるからだ。 ジャムを安心して美味しく食べるために、基本的には賞味期限内に食べ切るようにしたい。 しかし「ついうっかり、ジャムのことを忘れていた!」「捨てるのはもったいない」ということもあるだろう。 未開封の状態で賞味期限が切れてしまったジャムの場合には、まずしっかり状態を確認するようにしたい。 まず、カビが生えているかどうかをジャムの内部をスプーンなどでかき混ぜながらよくチェックしよう。 変色や異臭などの異常があれば、処分するのが賢明だ。 もし特に異常がない場合でも、賞味期限切れのジャムは風味が落ちてしまっていることが多い。 そのままパンやヨーグルトに使うのではなく、肉や魚料理などで砂糖や甘味料の代わりに使うことをおすすめする。 パウンドケーキやクッキーなどのお菓子づくりにも活用できる。

次の

ジャムなどの保存容器と道具(ガラス瓶等)の選び方・煮沸消毒法 [ホームメイドクッキング] All About

ジャム 保存 方法

瓶の煮沸と加熱を一度に行えるように、 ジャムが出来上がる直前に煮沸作業を行いましょう。 瓶を熱湯に入れると温度差で割れるので、 必ず水の状態から始める。 乾いた布巾の上に置き自然乾燥させる。 熱湯が菜箸を伝うので、くれぐれも火傷に注意。 蓋を長時間加熱すると錆やパッキンを傷める原因になるので、短時間の加熱でOK。 ・パッキンが熱いうちに蓋をすると、密閉しやすくなる。 熱によりパッキンが柔らかくなり、瓶に喰い込みやすくなります。 内圧を逃がす。 錆の原因になるので、湯に蓋がつからないようにする。 冷めると密閉できなくなります。 ・『シュッ』と圧を逃がす時は、一気に蓋を開け過ぎないように注意。 冷たい空気が入ると失敗してしまいます。 お砂糖が少なくなるほど保存期間も短くなるので、その時は冷蔵保存&早めに食べ切るように注意してください。 逆さにする密閉方法はデマだった…? 先日、瓶屋さんのホームページを見ていたところ。 正しい見極めが難しい• 瓶内にお湯が入るリスクがある• 内圧を逃がしにくい 完全密閉しにくい この3つの要因で、失敗の可能性大だそうです 泣 ちなみに。 『瓶を逆さまにして、脱気する 瓶の中の空気を逃がす 』という方法は デマだそうで。 今回の工程で言うと、熱々のジャムを瓶に詰めて『シュッ』の部分。

次の

手作りジャムは冷凍保存できる?瓶以外でもいい?保存期間どうなる

ジャム 保存 方法

Contents• 手作りジャムは冷凍保存できる? 出来ます。 冷凍保存して、また自然解凍すればOKです。 おススメなのは ジップロックに小分けして保存。 できるだけ薄く延ばして中身をいっぱいいっぱいにして空気を抜きます。 冷凍庫に横に寝かせて入れて、凍ったら立てられるので隙間スペースを有効活用できますよ。 ちょっとスジを付けておくと、そこでパキッと割れて半分だけ解凍もできます。 また、 製氷機に入れて、凍ったら出してブロック状でジップロックに入れておくのもいいですね。 これなら1回分ずつでも解凍できますし、カレーや料理の仕上げに必要なだけポチャンと入れれば簡単隠し味! 私は解凍したものをケーキに入れたりもします。 製氷機は無理ですが、タッパーやジップロックで保存できます。 ジャムの冷凍保存は瓶以外がいい? 瓶でも冷凍保存できるんですが、割れる可能性があります。 ぎっしりギュウギュウに入ってると中身が膨張することもありますしね。 なので、 冷凍保存の場合は瓶よりタッパーやジップロックをおススメします。 煮沸消毒できますし、鮮度も長く保てます。 ビンがない場合は、いっそジップロックでさっさと冷凍保存する方が美味しさを保てるかも知れませんね。 私はいつも、煮沸消毒した瓶に詰めて、詰め切れなかった分はタッパーに入れて先に使うようにしています。 手作りジャムの保存期間はどれくらい? 手作りなのでもちろん保存料は入れないですよね。 その場合、糖度が高いほど保存期限が長いです。 常温でも2~3ヵ月は大丈夫でした。 冷凍なら半年以上でも余裕で大丈夫だと私は思っていますが、冷凍やけするかも知れないのでできるだけ半年以内には食べてます。 解凍したものは瓶に入れて2~3週間以内に使い切る方がいいですね。 開封後のジャムの保存期限は? 開封後は冷蔵庫に入れて2週間ほどで使い切るというのが目安ですが、ぶっちゃけ開封後も1カ月くらい持ちますよ。 カビてきたら見て分かるので(中身を見て、瓶の淵やジャムの上部に緑や白い綿のようなカビが生えます)、私はそうならない限り食べています。 でも自己責任でお願いしますね。 早めに食べるにこしたことは無いですしね! まとめ 手作りジャム、簡単とはいえ時間もかかるので一度にたくさん作って保管しておきたいですね。 何種類かを冷凍しておけば日替わりで満遍なく色んなジャムが楽しめます。

次の