たけのこ 冷凍できる。 たけのこの煮物の日持ちや保存方法は?土佐煮は冷凍できる?

たけのこの煮物の保存方法は? 冷凍して味落ちしないの?

たけのこ 冷凍できる

土地柄、私もこの季節、たけのこをたくさん頂きます。 まとめて下ゆでしたら、丸ごと、水と一緒に保存容器に入れて、 冷蔵庫で保存しています。 毎日、水を替えれば、2~3週間ぐらい持ちます。 それでも食べきれない場合は、冷凍保存しています。 細かく刻んだにんじんや干ししいたけと共に甘く煮て、 冷凍しておけば、混ぜ寿司やいなり寿司を作るときに重宝します。 ポイントは、あまり大きく切らないこと、ぐらいかな? 冷凍すると、どうしても食感が落ちますが、 小さく切ってやると、あまり気になりません。 レシピというほどのものではありませんが、参考になれば。 混ぜ寿司のタネ 1. にんじんとたけのこ、戻した干ししいたけをなるべく細かいみじん切りにする。 鍋に昆布だしと干ししいたけの戻し汁を沸かして、1を投入。 砂糖、塩、しょう油少々で調味、汁気がなくなるまで煮詰める。 バットなどに広げて冷まし、ラップに1回分ずつ包んで冷凍。 レンジでチンすると、風味が壊れるので、自然解凍の方がおすすめ。 使う少し前に外に出しておくだけでOK。 それほど解凍に時間はかかりません。 たけのこ入り肉団子 1. たけのこはさいの目切りにする。 (寿司タネより心持、大きめ) 2. ボウルに合い挽きミンチ、1のたけのこ、卵、片栗粉を入れ、よく混ぜる。 塩・こしょう、しょう油少々で調味し、熱した油で揚げる。 バットなどに広げて冷まし、ラップに数個ずつ包んで冷凍。 使うときは、あらかじめ解凍(こちらは電子レンジでもOK)。 甘辛いだしで煮たり、フライパンでたまねぎと一緒に炒めてケチャップで 味付けすれば、子供にも喜ばれます。 お弁当のおかずにもよいです。 A ベストアンサー 長期間保存するなら皮を剥いたタケノコを、米のとぎ汁で茹でてアクを抜きます。 あとは水を満たした密閉容器やジップロックに入れてしっかり蓋をして保存しましょう。 より長期間保存したいなら、未使用の保存瓶にタケノコを入れて、水を口まで注いで軽く蓋をして、すのこなどを敷いた(瓶が割れないようにするため)大き目の鍋に入れ、瓶がかぶる位の水を注いで約1時間煮込みます。 火を止めたらすばやく、蓋をきつく閉めてください。 自然に冷ましたら冷暗所に保管します。 手間はかかりますが、この方法だと、半年~1年はもちます。 3~5日程度でいいなら皮付きのまま冷蔵庫で保管してください。 皮を剥ぐとえぐみが増します。 A ベストアンサー こんにちは。 私の家(田舎です)には竹やぶが有り、毎年外の大きな釜で 何度も何度も茹でます。 この時期の日曜日は、ご近所、親戚、知人に配るのが仕事です。 保存の方法ですが、今までにいろいろと試した結果、 結論は、 『保存しない。 旬の食材はその時期に頂いてしまい、未練たら しく保存したりしない。 』が基本。 ですが、これでは回答にならないので、私のやっている保存 方法は、やはり茹でて冷凍です。 でも旬の食感は期待せずに 小さく切って、味噌汁の具にする程度です。 又、茹で竹の子の冷凍を作るときは、茹でた竹の子の甘皮も細く 線状に切り冷凍し、お澄ましの具に使っています。 甘皮は 食べれる程度に硬い部分まで使います。 硬い部分の食感も良いので 竹の子の保存といえば、こちらの方がメインになっています。 今日も、朝から家族で竹の子堀りに行き、大漁?に茹でました。 A ベストアンサー 実家で母がしていた方法です。 よく手伝わされたので多分間違いないと思います。 【保存法】 葉などを取り除き、水の中で軽くたわしなどでこすり、毛ばだったとげのようなものを落とす。 10~15センチに切って、水に数時間させしてアクをとる。 さっと熱湯で茹でする。 今晩してしまうならば、重曹でゆでるとか、ゆでる前に塩で板ズリするといいと思います 冷水にとり、すじを一本一本はがす 切り口から爪をかけると、糸のようにはがれます。 少し長けて硬いものは、すじだけでなく皮を剥いたほうが美味しいと思います。 このまま塩水につけてビン詰めして冷蔵庫に入れるか、ゆでたものを数本ずつラップに包んで冷凍すると保存できます。 お料理としては、 【煮物】 下処理したふきを、出汁・醤油・みりん 酒 ・砂糖で煮て味付けします。 揚げと一緒に煮ると一層美味しいです。 他に【きんぴら】【そぼろあんかけ】なども母はよく作っていましたが、私はこれは手伝ったことがないので、作り方が分かりません。 検索したら次のページをみつけました。 色々レシピが載っているようです。 kikkoman. html 実家で母がしていた方法です。 よく手伝わされたので多分間違いないと思います。 【保存法】 葉などを取り除き、水の中で軽くたわしなどでこすり、毛ばだったとげのようなものを落とす。 10~15センチに切って、水に数時間させしてアクをとる。 さっと熱湯で茹でする。 今晩してしまうならば、重曹でゆでるとか、ゆでる前に塩で板ズリするといいと思います 冷水にとり、すじを一本一本はがす 切り口から爪をかけると、糸のようにはがれます。 少し長けて硬いものは、すじだけでなく皮を剥いたほ...

次の

たけのこの保存 冷凍できるの?その場合の保存期間は?

たけのこ 冷凍できる

しっかり蓋がしまる瓶を用意します。 たけのこを瓶に入る大きさに切ります。 上の柔らかい部分は長期保存に向かないので、瓶には入れずすぐ使う用に。 たけのこを瓶詰します。 なるべく隙間ができないように。 たけのこを瓶に入れたら、水を瓶の口までたっぷり注ぎ軽く蓋をします。 大きめの鍋に、たけのこが入った瓶を入れ、瓶にかぶるくらいの水を注ぎ、30分ほど煮込みます。 火を止めたら瓶を取り出し、すばやく蓋をきつく閉めます。 瓶を逆さにして、瓶のふたも殺菌します。 その後、自然に冷ましたら冷暗所に保管します。 この状態で1年は保存が効きますが、 未開封の場合で1年持ちます。 一度開封すると、冷蔵保存の時と同じように毎日水を交換して1週間以内に食べきります。 通常なら透き通っている水が、 失敗すると濁ってくるので、できるだけ毎日瓶の状態をチェックした方が良いです。 たけのこをおいしく冷凍保存する方法 たけのこは冷凍すると水分が抜けて、スカスカになるので冷凍保存に向かないとよく言われます。 でも、冷凍保存できると便利なのに。 と思いませんか。 確かにそのまま冷凍保存すると不味いですが、味付けをすれば冷凍保存できるんです! 出汁で味付けして冷凍 筍は薄く切って、出汁、醤油、砂糖、酒などで濃いめの味付けをして炊きます。 冷ませたら、出し汁も一緒に冷凍します。 汁気があるので、ジップロックよりもタッパーの方が良いですね。 小さいタッパーに小分けしておくと調理の際にとても便利です。 食感や風味は取れたてのものには劣りますが、しっかり味がしみ込んでそれはそれで美味しい。 たけのこご飯や煮物、チンジャオロース、餃子などに。 砂糖を付けて冷凍• 筍は5ミリくらいの厚さに切ります。 筍200~300gに対して、砂糖は大さじ1杯をまんべんなく振りかけます。 ジップロックに筍を入れ、空気を抜いて冷凍します。 砂糖を使っているので、調理の際は砂糖は少な目で大丈夫。 たけのこの甘みはあまり気にならない程度です。 これだけで、たけのこの食感を損なわず保存できるというのだから、砂糖、お見事です。 この方法でも1年ほど保存が効くので、手間と腐る心配のある水煮の瓶詰よりも、砂糖をまぶして冷凍の方が難易度が低いと思われます。

次の

たけのこご飯は冷凍がおすすめ 筍の冷凍保存のおすすめ

たけのこ 冷凍できる

スポンサーリンク たけのこの煮物の日持ちはどれぐらい? 煮物にしたタケノコの日持ちは、約2~3日くらいですね。 ただしこれは冷蔵庫でタッパーなど保存容器に入れて、保管をしていた場合の日持ちです。 たけのこの煮物は常温で保存しようとすると、暖かい時期だと1日で傷んでしまうこともあるんです、 2~3日のうちに食べ切れるのでしたら、冷蔵庫に入れて保管しておくようにしてくださいね。 ただ、たけのこの味付けを濃いめにしている場合は、4~5日間は日持ちする場合もあります。 確認方法は臭いと見た目。 たけのこの煮物から変な臭いがしたり糸を引いていたらアウトです。 また臭いと見た目はクリアできても、たけのこの煮物を少し食べてみて変な味がした場合は、傷んでしまっている可能性があります。 そういう場合は悩むかもしれませんが、食べずに処分してしまってくださいね。 たけのこの煮物の保存方法は? たけのこの煮物の保存方法は先ほども少し触れましたが、タッパーなど保存容器に入れておくのがおすすめで、出来ればたけのこの煮物は煮汁も一緒に保存した方がいいです。 なのでフリーザーバッグでも保存はできますが、それよりもタッパーに入れておく方が保管しやすいですよ。 フリーザーバッグに煮汁ごとたけのこの煮物を入れるのって、出来るけどちょっとやりづらいですからね。 ちなみに鍋ごと保存したり、お皿にラップをして、たけのこの煮物を保存するのはあまりおすすめしません。 とくに鍋ごと保存はフタとの隙間から入る空気により、土佐煮を日持ちさせにくくなってしまいます。 しっかり密閉できるタッパーがいいですよ。 たけのこの煮物は冷凍できる? 結論から言うと土佐煮を含め、たけのこの煮物は冷凍保存をすることも可能ですよ。 スポンサーリンク 冷蔵保存する時と同じように、たけのこの煮物をタッパーに入れるか、もしくはフリーザーバッグに入れてから冷凍庫に入れて凍らせます。 冷凍しておけばたけのこの煮物は約1ヶ月間は保存出来るので、たくさん作り過ぎて2~3日で食べ切れない場合におすすめ。 ただし、たけのこって適当に冷凍してしまうと、解凍した時にスカスカな食感になってしまいやすいんですよね…。 これを回避するには、煮物になっているなど調理済みで、なおかつ煮汁も一緒に冷凍すること。 そうすればたけのこを冷凍してもスカスカになることはないんですよ。 また、フリーザーバッグに入れて冷凍してある場合は、鍋に凍った煮汁ごとたけのこの煮物を入れて、火にかけて温め直すという方法もあります。 入れにくいという難点があるので、自然解凍とレンジ加熱の温め方のほうが楽かとは思います。 ちなみに1度たけのこの煮物を解凍してしまうと、再度冷凍した場合、味も鮮度もガクンと劣化してしまうんですよね。 そのため、冷凍する時は1食分ずつ、小分けにして凍らせておくのがおすすめです。 そうすれば食べ切れる量を解凍することが出来るので、夕飯の献立でちょっと副菜をプラスした時なんかに役立ちますよ。 私は毎年たけのこをもらうってわけではないんですが、だからこそフイに頂くとその量に圧倒されてますw まとめ たけのこの煮物の日持ちは約2~3日程度。 保存する時は煮汁ごとタッパーに入れて冷蔵庫内で保管、ただし冷凍しておけば保存期間が1ヶ月とかなり長く日持ちしますよ。 でも必ず煮汁も一緒に冷凍しないと、たけのこがスカスカになってしまうので気をつけてくださいね。 食べる時は冷蔵庫で自然解凍した後、レンジで温めるのがおすすめです。 >>関連記事.

次の