奄美 の さすらい 千鳥。 奄美歌謡関連歌詞集

浜千鳥館 黒糖焼酎直売所

奄美 の さすらい 千鳥

島かげ(田村美和子) 2. 紬まつり(田村美和子) 3. そてつの雨(平紀久美) 4. 花咲く季節に(平紀久美) 5. 夏・陽炎(田村美和子) 6. 奄美めおと桜(平紀久美) 7. 島かげ(カラオケ) 8. 紬まつり(カラオケ) 9. そてつの雨(カラオケ) 10. 花咲く季節に(カラオケ) 11. 夏・陽炎(カラオケ) 12. 原ハブ屋奄美 5. 蜃気楼 part1(インストゥルメンタル) 6. 蜃気楼 part2(インストゥルメンタル) 15. グリーンペッパー(インストゥルメンタル) 17. 行きゅんにゃ加那(インストゥルメンタル) 2835 COCJ-33227 オムニバス 沖縄のうた 宮古・八重山諸島編 詳細は 2000 COCJ-32516 オムニバス 美しき奄美のうた 八月踊り 2003年に奄美にて録音された、奄美群島日本復帰50周年記念のCD。 新録ということもあって、中村瑞希、山下聖子、松山美枝子をはじめとした知名度のある唄者の音源もファンにとってはたまらないが、まだCDを出していない唄者の唄も聴けるとあって、奄美民謡ファンにとっては「保存盤」の1枚です。 もうひとつのうりずんの島 2500 UICZ-6001 オムニバス アマミシマウタ 完売・入荷未定 1. 赤馬節(宮良康正) 2. 鷲ぬ鳥節(宮良康正) 3. 鶴亀節(宮良康正) 4. 目出度節(宮良康正) 5. 桃里節(宮良康正) 6. 与那国ぬまやー小節(宮良康正) 7. こいなゆんた(宮良康正) 8. まみとーま節(宮良康正) 9. 六調節(宮良康正) 10. デンサー節(大工哲弘) 11. 鳩間節(大工哲弘) 12. 古見ぬ浦節(大工哲弘) 13. 崎山節(大工哲弘) 14. 小浜節(大工哲弘) 15. くいぬぱな節(大工哲弘) 16. 親廻りゆんた(大工哲弘) 17. 山崎ぬあぶじゃーま(大工哲弘) 18. 与那国ションガネー(大工哲弘) 19. とぅばらーま(大工哲弘) 2625 KICH-175 オムニバス いらよい沖縄 宮古民謡集 1. とうがにあやぐ(国吉源次) 2. 正月ぬあやぐ(国吉源次) 3. 豊年ぬ唄(国吉源次) 4. 池間ぬ主(国吉源次) 5. 根間ぬ主(国吉源次) 6. 古見ぬ主(国吉源次) 7. 豊年ぬ声合(国吉源次) 8. なりやまあやぐ(国吉源次) 9. 狩俣ぬいさみが(来間武男) 10. 米ぬあら(来間武男) 11. 多良間しゅんかに(来間武男) 12. 漲水ぬ声合(来間武男) 13. 子守唄(来間武男) 14. 豆が花(来間武男) 15. 東里真中(来間武男) 16. 石嶺ぬ道(来間武男) 17. 中立のみががま(来間武男) 18.

次の

お食事処 兼 お土産屋さん 兼 黒糖焼酎工場見学の『浜千鳥館』

奄美 の さすらい 千鳥

以下、ご当地ソングで調べて来られた方はご当地ソングの情報は下のほうにあります。 すみません 先週 2018年10月7日 の 「 福島暢啓の日曜天国」 が最高だったことは、こちらの記事で書きました 安住さんの3週ぶりの「日曜天国」は もっと最高の爆笑回でした。 安住さん、よくぞ福島アナを連れてきてくれました! (言っといた…) 下は、ラジオを聴いてただ自分用のメモみたいに書いてます。 考え方も 「自分の将来を感じさせるような31歳」 だとか。 安住アナより年下なのに 笑 福島アナは ラジオ深夜便を10代から聴いている とか 戦前の歌謡曲を普段から聴いて自分のイメージをふくらませている とか ますます福島アナに興味がわいてくる。 安住さんは、先週の「福島暢啓の日曜天国」を 旅先のボスニアのホテルのバスタブの中で聴いていたとか。 そして 福島アナの面白さに嫉妬してバスタブの中で指先の皮をむいていた! というほど — TBSラジオ 安住紳一郎の日曜天国 nichiten954 上のは安住アナの「皮をむいた指先の画像」ですが ツイッターではなぜか 「このメディアにはセンシティブな内容が含まれている可能性があります。 メディアの設定が、センシティブな可能性のあるメディアを表示する前に警告するように設定されています」 となってました。 そんな、危険な画像だったのか…。 むいた指先の皮を大阪に送ってあげようと思ったとか 笑 やばい人 安住紳一郎! 大好き 確かに「怪しい画像」だわ、コレ 笑 「俺の皮」の身? 衝撃画像のためモザイクをかけてあります 偶然にもこの前、姉妹サイトとか兄弟サイトのこととか書いたけど放送局の兄弟局のこと言ってました。 放送局は兄弟だから、女ではなくて男なのかな。 TBSは何をやりたいのかわからない局なんだとか? 今週のゲストは またもや(?) 若者らしくない言動で有名な33歳、えなりかずきさん。 若者らしくない若者好きやなあ。 えなりかずきさんの話も面白い。 そして 最後にかけた曲はなんと 先週、福島アナがかけたあの曲 1963年、昭和38年発売 大島ひろみさん 「奄美のさすらい千鳥」 奄美のさすらい千鳥 あまみのさすらいちどり 作詞:伊吹とおる 作曲:渡久地政信 編曲:寺岡真三 歌:大島ひろみ 月の浜辺で泣いてる 泣いてるネ わたしゃ奄美の浜千鳥 浜千鳥 ひとりはぐれた親なし千鳥よ なんにも持たずに離れたままの 涙の千鳥よ ・・・ (民謡なので、歌詞を一部載せています) 浜村淳さんをも動かし、大阪で有名になった(?)「奄美のさすらい千鳥」 首都東京でも人気になって、こうなったら日本全国で有名になるかも? とにかく、あの音楽は 一回聴いたら忘れられないクセになる歌ですからね。 「奄美のさすらい千鳥」 大島ひろみ yputubeで探してみました 下の動画の後半 2分50秒あたりから にありますが、 最初の「 正調貝殻節」とかいう歌も、なかなかのモンです! うた(ラジオの放送番組から録音したもの) シャカ・シャカ・シャシャカシャカ 奄美大島 そして、来週のスペシャルウィークのゲストは 竹内まりやさんです。 — TBSラジオ 安住紳一郎の日曜天国 nichiten954 安住さん、最高の放送ありがとうございました。 追加 「奄美のさすらい千鳥」、nanaで歌ってみました! もちろん伴奏がないので、伴奏なしで あの「シャカシャカ」とか「あ゛ーーー」「ソレソレ」も自分 笑 大島ひろみさんみたいは歌えませんでした。 かけ声が難しい。

次の

奄美歌謡関連歌詞集

奄美 の さすらい 千鳥

以下、ご当地ソングで調べて来られた方はご当地ソングの情報は下のほうにあります。 すみません 先週 2018年10月7日 の 「 福島暢啓の日曜天国」 が最高だったことは、こちらの記事で書きました 安住さんの3週ぶりの「日曜天国」は もっと最高の爆笑回でした。 安住さん、よくぞ福島アナを連れてきてくれました! (言っといた…) 下は、ラジオを聴いてただ自分用のメモみたいに書いてます。 考え方も 「自分の将来を感じさせるような31歳」 だとか。 安住アナより年下なのに 笑 福島アナは ラジオ深夜便を10代から聴いている とか 戦前の歌謡曲を普段から聴いて自分のイメージをふくらませている とか ますます福島アナに興味がわいてくる。 安住さんは、先週の「福島暢啓の日曜天国」を 旅先のボスニアのホテルのバスタブの中で聴いていたとか。 そして 福島アナの面白さに嫉妬してバスタブの中で指先の皮をむいていた! というほど — TBSラジオ 安住紳一郎の日曜天国 nichiten954 上のは安住アナの「皮をむいた指先の画像」ですが ツイッターではなぜか 「このメディアにはセンシティブな内容が含まれている可能性があります。 メディアの設定が、センシティブな可能性のあるメディアを表示する前に警告するように設定されています」 となってました。 そんな、危険な画像だったのか…。 むいた指先の皮を大阪に送ってあげようと思ったとか 笑 やばい人 安住紳一郎! 大好き 確かに「怪しい画像」だわ、コレ 笑 「俺の皮」の身? 衝撃画像のためモザイクをかけてあります 偶然にもこの前、姉妹サイトとか兄弟サイトのこととか書いたけど放送局の兄弟局のこと言ってました。 放送局は兄弟だから、女ではなくて男なのかな。 TBSは何をやりたいのかわからない局なんだとか? 今週のゲストは またもや(?) 若者らしくない言動で有名な33歳、えなりかずきさん。 若者らしくない若者好きやなあ。 えなりかずきさんの話も面白い。 そして 最後にかけた曲はなんと 先週、福島アナがかけたあの曲 1963年、昭和38年発売 大島ひろみさん 「奄美のさすらい千鳥」 奄美のさすらい千鳥 あまみのさすらいちどり 作詞:伊吹とおる 作曲:渡久地政信 編曲:寺岡真三 歌:大島ひろみ 月の浜辺で泣いてる 泣いてるネ わたしゃ奄美の浜千鳥 浜千鳥 ひとりはぐれた親なし千鳥よ なんにも持たずに離れたままの 涙の千鳥よ ・・・ (民謡なので、歌詞を一部載せています) 浜村淳さんをも動かし、大阪で有名になった(?)「奄美のさすらい千鳥」 首都東京でも人気になって、こうなったら日本全国で有名になるかも? とにかく、あの音楽は 一回聴いたら忘れられないクセになる歌ですからね。 「奄美のさすらい千鳥」 大島ひろみ yputubeで探してみました 下の動画の後半 2分50秒あたりから にありますが、 最初の「 正調貝殻節」とかいう歌も、なかなかのモンです! うた(ラジオの放送番組から録音したもの) シャカ・シャカ・シャシャカシャカ 奄美大島 そして、来週のスペシャルウィークのゲストは 竹内まりやさんです。 — TBSラジオ 安住紳一郎の日曜天国 nichiten954 安住さん、最高の放送ありがとうございました。 追加 「奄美のさすらい千鳥」、nanaで歌ってみました! もちろん伴奏がないので、伴奏なしで あの「シャカシャカ」とか「あ゛ーーー」「ソレソレ」も自分 笑 大島ひろみさんみたいは歌えませんでした。 かけ声が難しい。

次の