アミラーゼ 高い。 消化酵素・アミラーゼとは

アミラーゼが高い・低い原因は?(食事・ストレス・血液検査・尿・基準値)アミラーゼ検査値の異常で疑うべき病気とは?

アミラーゼ 高い

健康診断でアミラーゼが高いと診断されたら膵臓炎の疑いがあるのでしょうか?その答えはノーです。 アミラーゼは、膵臓と唾液腺で作られている消化酵素です。 主にデンプンなどを分解するために分泌されています。 血液検査でアミラーゼが高い値を示した場合は、この二つのどちらかの機能が異常をきたしたことで血液中に流れ出していると考えます。 それは特別なアイソザイム検査という分析検査を行うことで、特定できます。 膵臓の異常の場合は、膵臓炎や膵臓癌などが考えられます。 唾液腺の異常の場合は、唾液腺の障害による耳下腺炎が考えられます。 中でも膵炎についてピックアップしていきたいと思います。 膵炎の原因 膵炎は大きく分けて、急性膵炎・慢性膵炎と分けられます。 原因として考えられるのは、喫煙やアルコールの過剰摂取、胆石症などが原因と言われています。 特に男性の場合は、膵炎の8割近くがアルコール性の膵炎にかかっていると言われています。 胆石による膵炎というのは、胆石が膵液の出口を塞いでしまうことで起こります。 これらの異常が原因で、膵臓が膵臓自身を消化してしまうことが膵炎です。 炎症を起こした後に、膵臓から他の臓器に悪影響を及ぼす物質が大量に放出されます。 全身で様々な悪影響を及ぼします。 膵炎の症状 ・上腹部の痛み ・吐き気や嘔吐 ・食欲不振 膵炎の治療方法 症状にもよりますが、一般的には絶食と絶飲、輸液によって治療を行います。 これらの治療で、2~3日で回復することが多いようです。 膵炎を起こさないためにも、暴飲暴食、過度な飲酒、脂肪食の過剰摂取などを控える必要があります。 どれか一つでも該当するものがあれば、早いうちに改めるべきです。 アミラーゼ高=すい臓がん?アミラーゼとすい臓の病気の関係 病気が発見されづらいすい臓ですが、すい臓の酵素を調べることで病気発見につながるといわれています。 すい臓の酵素アミラーゼとすい臓がんについてまとめました。 アミラーゼとは アミラーゼとは消化を行う酵素のことです。 このアミラーゼは主に糖分を分解する酵素で、すい臓や唾液腺などから分泌されます。 すい臓に異常が起こると、血中や尿の中のアミラーゼの値が上昇します。 特にすい臓がんでは、通常の値よりも2~3倍のアミラーゼ値が見受けられます。 アミラーゼが高い=すい臓がんではない アミラーゼが高いからと言って、すい臓がんに直結するわけではありません。 アミラーゼの異常値からわかることは、すい臓に何らかの異常があるという程度の認識です。 すい臓がんの診断には、発症すると高い値を示すエラスターゼやリパーゼなども測定し、併せて超音波やCT、腫瘍マーカーなどの検査も行います。 すい臓がんとは すい臓がんは早期の診断が難しいガンの一つです。 そのため、死亡率が高いガンといわれています。 特別な自覚症状が無い、どの様な条件で癌になるかがあまりわかっていません。 すい臓がんにかかりやすい条件 最近では、遺伝的要素もありますが、既往歴として糖尿病、慢性膵炎、肥満がある場合かかりやすいとされています。 また、かかりやすい生活習慣として喫煙があげられています。 すい臓がんの自覚症状 主な症状としては腹痛や黄疸、腰や背中の痛み、食欲不振による体重減少などがあげられます。 しかし人によっては、ほとんど症状が見受けられないということもあります。 定期健康診断で早期発見を 地域や職場で行われる定期健康診断は必ず受けておきましょう。 自覚症状があまりない病気ということもありますが、すい臓以外の異常や他の身体の異常もみつかる場合もあります。 生活習慣の見直しを 生活習慣を見直すことは、他の病気を予防することにもつながります。 以下のような習慣がある方はこの機会に見直してみることをオススメします。 ・過度な飲酒、休肝日がない ・喫煙 ・運動不足 ・不規則な食事 ・不規則な睡眠 誰しも1つは当てはまるかもしれませんが、特に喫煙に関しては様々なリスクがあるといわれているため、今すぐにでも禁煙を考えたいところです。 食生活についても、暴飲暴食を避け、規則正しくバランスの良い食事を摂るように心がけましょう。 血液中のアミラーゼからわかることって?アミラーゼから分かる、すい臓の病気 人間の消化などについて学ぶときに欠かせないのがアミラーゼで、アミラーゼは消化酵素のひとつとしてよく知られています。 健康診断では血液検査・尿検査などでアミラーゼの量を測っています。 アミラーゼを作っているのが膵臓ですので、膵臓に何かあれば血液中のアミラーゼにも問題が起きるのです。 アミラーゼの値が基準値よりも大きく高値であれば急性・慢性膵炎や膵臓がんなどの可能性があります。 一方で、アミラーゼの値が基準値よりも著しく低値であれば膵臓がん末期などの可能性があります。 肝障害、アルコール性肝障害、肺がんなどになるとS型アミラーゼが作られるので血中のアミラーゼの量も多くなります。 低値では末期膵臓がんなどもありますが、基準より少し少ないくらいの場合はまず様子を見たり、再検査したりといった措置が取られます。 経過観察でしばらく過ごすということもありますので、それほど心配は要りません。 消化酵素のアミラーゼは膵臓で作られていることから、血中のアミラーゼを測ることで見えにくい膵臓の病気を早期発見できることもあります。 健康診断の血液検査!アミラーゼとは?基準値と考えられる病気について 膵臓の働きを見る為に利用できるのがアミラーゼの量です。 アミラーゼとその基準値、値から考えられる病気についてご紹介します。 アミラーゼとは そもそもアミラーゼとは何かを見ていきます。 アミラーゼは消化酵素のひとつで、膵臓から分泌されています。 膵臓は体の中で消化、血糖コントロールという2つの役割を担っています。 このうちアミラーゼが深くかかわっているのは消化の方です。 アミラーゼなど何種類かの消化酵素は膵液となってほかの臓器へ行き、消化を助けています。 アミラーゼの量 アミラーゼの量は血液中の量と尿中の量の2種類があります。 血液中の量は血清アミラーゼと表記されます。 アミラーゼ値からわかる病気 膵臓に異常があるとアミラーゼ値が普通の5倍から10倍になると言われています。 膵臓の異常として考えられる代表的な病気には膵炎、すい臓がんなどがあります。 急にアミラーゼ値が上がった場合には急性膵炎の疑いが強いです。 すい臓がんなどの場合は、アミラーゼ値が3-4倍程度を維持し続けるのが特徴です。 アミラーゼ値だけでは膵臓の異常は発見できません。 ほかの消化酵素の検査はもちろん、超音波検査などで異常を確かめたうえで診断することになります。 見つけにくい膵臓の病気を検知するリパーゼの検査…どんな患者に対して行われる検査なの? 膵臓で作られて血中に流れだすアミラーゼの検査を行うことは膵臓の病気をなるべく早めに見つけるために役立っています。 そんなアミラーゼの検査と同じように膵臓の病気を見つけるのに役立っているのがリパーゼの検査です。 それはアミラーゼの上昇が膵臓の異常だけではなく唾液腺異常によっても起きうるからです。 一方で、同じ消化酵素であってもリパーゼの方は唾液腺異常やその他の異常によって異常値が出るケースが少ないのでより膵臓の異常に特化した検査となるのです。 ただし、リパーゼはどちらかといえば膵臓特化型ではあっても、肝臓や腎臓などの病気でもリパーゼ値が上がることがあることは覚えておいてください。 お腹の部分には胃腸の他に十二指腸、少し横に行けば肝臓などがありさまざまな臓器が存在します。 どちらかといえば膵臓の異常に特化したリパーゼの検査を行うことで、膵臓病のスクリーニングができるのがメリットです。 リパーゼの検査はアミラーゼとともに膵臓の病気を発見するのに役立っています。 リパーゼ高値から考えられる病気には急性膵炎、慢性膵炎、膵嚢胞などの膵臓の病気が多いですが、体内物質のろ過に関わっている腎臓の異常でもリパーゼ値は上がります。 例えば腎不全などはその代表と言えるでしょう。 一方でリパーゼ値が低い場合には膵がんなど膵臓の機能が大幅に失われているケースが考えられます。 リパーゼの値を調べる検査って?検査方法や検査判定 リパーゼは、脂肪の中でも特に、中性脂肪を分解する働きを担っている消化酵素です。 そのリパーゼの値を検査すると、膵臓疾患の有無について調べることができます。 こちらでは、そのリパーゼの検査方法や検査判定について簡単にご紹介します。 ・検査結果の判定 上記の方法による検査でリパーゼの値が異常値を示していて、さらに患者さんに激しい腹痛 急性腹症 の症状が伴っている場合、高い確率で膵臓疾患を発症していることが考えられます。 また、急に正常値の4~5倍までに値が高くなった場合には急性膵炎であると考えられます。 しかし異常値が基準値の2~3倍に留まり、かつその高い値を示している期間が長期にわたるものの場合ですと慢性膵炎やすい臓がん、そして膵嚢胞などの疾患が発症していると考えるのが一般的です。 また、肝臓の疾患が生じている場合にも、少しではあるもののリパーゼの値の上昇が見られます。 腎不全などの腎臓の働きが低下し排泄機能が低下した場合には、持続的にリパーゼの値が高くなります。 リパーゼは、よくアミラーゼの値と比較・検討されます。 しかし、アミラーゼとリパーゼを比べた時、リパーゼの比が高くなっている場合には、アルコールによる膵炎が考えられます。 さらに、治療により急性膵炎が快方に向かう際には、リパーゼが正常値になるのが1~2週間ほど遅れます。 このことから、リパーゼの値を調べるのは治療によりきちんと回復しているかどうかを判断するうえでの指標となります。 膵臓の病気では、激しい腹痛などの腹部症状が生じるため病気の推測が可能となります。 しかしそのような腹部症状がなくリパーゼが上昇している時には、腎臓疾患による排泄機能の低下だと考えられます。 その場合には、尿検査、尿素窒素、そしてクレアチニンなどの血液検査の他に、腎盂造影検査などの精密検査も必要となります。 リパーゼの検査では上記のようなことが明らかになります。 もしも、検査結果が良くないものであれば、その後医師の指導のもときちんと治療を受けてくださいね。 Photo by:.

次の

胃全摘術後にドレーン排液と血性アミラーゼ値が上昇するのはなぜか?|ハテナース

アミラーゼ 高い

マクロアミラーゼ血症とは、人口の0. 本来は食べ物に含まれる炭水化物を分解する酵素であるアミラーゼが、「マクロ型アミラーゼ」というアミラーゼの巨大な固まりを形成してしまう事が原因です。 血液検査でアミラーゼが高値である時に一般的に疑う疾患としては、「膵炎」や「唾液腺疾患」などあります。 これらは腹痛であったり唾液腺の腫脹・疼痛などが認められますが、マクロアミラーゼ血症はアミラーゼ値は驚くほど高いのに、特に膵炎や唾液腺疾患のような症状は何も認めません。 マクロアミラーゼ血症は一体どのような状態なのでしょうか。 特に症状はないという事は、何も治療は必要ないのでしょうか。 ここではマクロアミラーゼ血症について紹介させていただきます。 1.アミラーゼとは マクロアミラーゼ血症は、血液検査で「血清アミラーゼ値」の高値を指摘されて発見される事が多く、特に自覚症状は何もありません。 マクロアミラーゼ血症についてお話する前に、この「アミラーゼ」って一体どんなものなのかを簡単に説明させていただきます。 アミラーゼは私たちの身体の中で産生・分泌される酵素の1つです。 そのはたらきは食べ物に含まれる炭水化物(デンプンなど)をより小さな分子に分解する事です。 アミラーゼが炭水化物を小さな栄養素に分解すると、腸はその栄養素を吸収しやすくなります。 つまりアミラーゼのおかげで、私たちの身体は栄養を体内に吸収できているという事です。 アミラーゼには、• 膵臓から分泌されるP型アミラーゼ• 唾液腺から分泌されるS型アミラーゼ の2種類があります。 実は私たちの唾液(つば)にもアミラーゼ(S型)が含まれており、炭水化物を分解する作用があります。 また膵臓ではP型アミラーゼが産生され、これが腸に分泌される事によって、腸管内でも炭水化物が分解されます。 血液検査で測定される「血清アミラーゼ」は、このS型アミラーゼとP型アミラーゼを合わせた数値になります。 血清アミラーゼはP型とS型の合計値になりますが、それぞれの量を知りたい場合は「アミラーゼアイソザイム」を測定すれば割合も調べる事が出来ます。 一般的にはP型アミラーゼが30~60%程度、S型アミラーゼが40~70%となっており、唾液腺から分泌されるS型の方がやや多めです。 ただしアミラーゼは腎臓から排出されるため、腎機能が悪い方はアミラーゼを排出する力が落ちますので血清アミラーゼは正常よりも高めになります。 2.血清アミラーゼが上昇する疾患は 血清アミラーゼが上昇する疾患はマクロアミラーゼ血症以外にもあります。 ではどのような疾患で上昇するのでしょうか。 代表的な疾患としては、• 膵炎(主に急性膵炎)• 胆道系疾患• 唾液腺疾患(唾石症など)• アミラーゼ産生腫瘍 などが挙げられます。 急性膵炎は主にアルコールや過食などによって膵臓がダメージを受けて発症します。 膵臓に炎症が生じると、膵臓で産生されたアミラーゼが血液中に流れ出るため、血清アミラーゼは高値となります。 P型アミラーゼ高値のみならず発熱や腹痛・背部痛なども認める事が一般的です。 またアミラーゼは胆道系の疾患でも上昇します。 膵臓で作られたアミラーゼは膵管と通って胆道に合流したあと腸に分泌されるため、胆道炎や胆石などで胆道の通りが悪くなると、腸にいけないアミラーゼが血液中に流れ出ますので血清アミラーゼは高値となります。 胆道系疾患でもP型アミラーゼ高値に加えて、発熱や腹痛・黄疸なども生じます。 唾石症などの唾液腺疾患が生じても同様で、流れが悪くなった唾液中のアミラーゼが血液に流れ出るためアミラーゼは高値となります。 ちなみにこの場合はS型のアミラーゼが高値となります。 また頻度は多くありませんが、一部の腫瘍にはアミラーゼを産生するものがあります。 このような腫瘍が体内に出来てしまった場合もアミラーゼは高値となります。 アミラーゼ産生腫瘍は一部の肺がんや乳がんで認められ、S型が上昇します。 3.マクロアミラーゼとは アミラーゼという酵素についてみてきました。 では次に「マクロアミラーゼ」についてみていきましょう。 マクロアミラーゼとは一体なんのでしょうか。 マクロアミラーゼは通常は体内に存在しない物質です。 何らかの原因によって複数のアミラーゼと抗体(IgGなど)がくっついて固まってしまう事で、分子量の大きなアミラーゼが形成されてしまうのが「マクロアミラーゼ血症」になります。 普通のアミラーゼは分泌された後、腎臓から尿と一緒に排出されます。 しかし、このマクロアミラーゼは分子量が大きいため、腎臓でろ過できません。 つまり腎臓から排出する事が出来ないという事です。 そのためマクロアミラーゼは身体の中に蓄積してしまいます。 その結果、血清アミラーゼ値が高値になってしまうのです。 ただし他の疾患のように膵臓にダメージが生じたり、分泌されたアミラーゼの通り道がふさがったりしてアミラーゼが上昇しているわけではありません。 正常に分泌されたアミラーゼがくっついて固まってしまっているため、排泄できなくなっているだけです。 アミラーゼ自体はもちろん身体に害のない物質であるため、マクロアミラーゼ血症ではアミラーゼ値は高値ですが、何か問題となるような症状が生じる事はありません。 4.マクロアミラーゼ血症かどうかを判別するには マクロアミラーゼ血症は、血清アミラーゼは高値であるものの特に症状もなく、身体に害もない状態です。 そのため、アミラーゼ高値の原因がマクロアミラーゼ血症だと分かればそのまま様子を見て問題ありません。 しかし他の疾患が原因でアミラーゼが上昇している場合は、早急な治療が必要な場合もありますので、原因を正確に見極める必要があります。 ではマクロアミラーゼ血症はどのように診断されるのでしょうか。 まず他の病態でアミラーゼが高値となる場合、何らかの症状が出ている事が多いため、何も症状が無い時点でマクロアミラーゼ血症の可能性は高くなります。 血清アミラーゼが上昇する、他の主要な疾患との鑑別点を紹介します。 【疾患名】 【原因】 【主な症状】 【異常所見を認める検査】 急性膵炎 アルコール過剰摂取、暴飲暴食 発熱、上腹部痛、背部痛、嘔吐 血清リパーゼ上昇、CT、腹部超音波検査 胆道系疾患 胆石・胆管炎など 発熱、黄疸、腹痛 肝酵素上昇、CT、腹部超音波検査 唾液腺疾患 唾石など 唾液腺の腫脹・疼痛 視診、触診、X線、CTなど アミラーゼ産生腫瘍 肺がん・乳がんなど 原因による 腫瘍マーカー上昇、X線、CT、MRI 他の疾患では何らかの症状が現れる事が多く、アミラーゼが著明に高値であるにも関わらず全くの無症状であればマクロアミラーゼ血症の可能性は高いと考えられます。 ただしアミラーゼ産生腫瘍に関しては、腫瘍の進行度によっては無症状である事もありますので注意が必要です。 アミラーゼ産生腫瘍を否定できない場合はCTやMRIなどの画像検査や各種腫瘍マーカーなどによって腫瘍がないかどうか確認しておいた方が良いでしょう。 また簡単に出来る鑑別点として、血清アミラーゼと尿中アミラーゼの比率を見るという方法があります。 マクロアミラーゼ血症は血液中のアミラーゼは上昇しますが、腎臓から排泄できないため尿中のアミラーゼは異常低値となります。 対して他の疾患によるアミラーゼ上昇は、アミラーゼ自体が増えているため、血液中も尿中もアミラーゼの量は高値となります。 5.マクロアミラーゼ血症の治療 マクロアミラーゼ血症は何か治療が必要なのでしょうか。 マクロアミラーゼ血症だと分かっても、血液検査で異常があるとなると「このまま放置しておくと膵臓が悪くなるのでは」と心配される方もいらっしゃるかもしれません。 しかしアミラーゼ高値の原因がマクロアミラーゼ血症によるものだと診断できていれば、これは様子をみて問題ありません。 一応異常値ですので、定期的に血液検査で経過を見ておく事が望ましいのですが、積極的な治療は特に必要ありません。 アミラーゼは私たちの身体が産生する酵素であり、身体にとって無害なものです。 他の疾患でアミラーゼ高値が認められた時というのは、問題はアミラーゼ自身ではありません。 アミラーゼが高いという事は、• 膵臓が破壊されている(膵炎など)• アミラーゼの通り道が詰まっている(胆道系疾患、唾液腺系疾患など) といった状態が予測されるため、問題なのです。 マクロアミラーゼ血症は、このいずれにも当てはまりません。 ただ正常な酵素が固まりを作ってしまい、腎臓から排泄できなくなっているだけです。 そのため、基本的にはそのまま放置しておいて問題はありません。

次の

【アミラーゼ】基準値と、高い低いでわかる肝臓の異常

アミラーゼ 高い

血清アミラーゼの数値が高い(正常値より異常に高値)である場合には【高アミラーゼ血症】と診断され、膵臓機能の低下が疑われ、継続的に高値が続いていると膵臓炎(すいぞうえん)になる、もしくは既になっている可能性が考えられます。 一回の測定だけでは確定的な診断は不可能なので、健康診断などの血液検査の結果で血清アミラーゼ値が高い場合であれば、定期的に数値の推移を見ていく必要があります。 アミラーゼの数値が高い場合 血清アミラーゼは膵臓の機能を調べるための代表的な検査で、血液検査をすることで血中に含まれるアミラーゼの量を測定できます。 そもそもアミラーゼというのは、デンプンなどを分解する消化酵素のことで、主に膵臓と唾液腺から分泌されているのですが、膵臓の組織が壊れて何らかの障害が引き起こされている場合や、唾液腺炎などの疾患が原因となって、アミラーゼが血液中に漏れだしてしまい血清アミラーゼの数値が上昇します。 高アミラーゼ血症 血清アミラーゼが基準値より高い場合に【高アミラーゼ血症】と診断されます。 血清アミラーゼの基準値は、酵素法による測定の総アミラーゼ活性で【40〜120(IU/l)】または【60〜200(IU/l)】とされていることが多いです。 ただし、基準値や正常値とされている数値は、検査方法の違いや、同じ測定方法でも病院などの医療機関により差があるようなので、参考程度に考えておくのが良いです。 唾液腺型アミラーゼによる高い数値 先に述べたように、アミラーゼは主に膵臓と唾液腺で作られており、血液中に含まれるアミラーゼ(総アミラーゼ活性)は、膵臓からのものと唾液腺からのものが合わさったものです。 なので、血清アミラーゼが高いからといって必ずしも膵臓の病気が疑われるとは限らず、唾液腺から分泌されたアミラーゼが原因となって血清アミラーゼ値が上昇していることも考えられます。 唾液腺型アミラーゼによって高い数値になっている場合には、唾液腺障害による耳下腺炎が疑われます。 アイソザイム検査 血清アミラーゼが高い場合、膵臓型アミラーゼによるものか、唾液腺型アミラーゼによるものかの判断は、【アイソザイム検査】という特別な方法による分析検査を行うで、診断することができます。 この検査の結果で、膵臓型高アミラーゼ血症なのか、唾液腺型高アミラーゼ血症なのかが区別され、その後の治療方針などが決められます。

次の