すず ひ 42。 #あちこちのすずさん

【公式】伊豆高原 ペットと泊まれる宿 モルゲン 料理が美味しいペット宿| 料理と露天風呂とドッグランが自慢の犬宿|

すず ひ 42

スレッドタイトルは、タイトルを読んで中身がわかるように心がけて下さい。 スレッドは立てる前に、重複していないか確認してから立てて下さい。 重複スレッドは削除対象となります。 重複スレッドを発見した場合は、スレッド下部にある「重複スレの報告」フォームよりご連絡下さい。 個人タイトルは「店舗名 個人名」とし、必ず店舗名を入れるようにして下さい。 個人についての話題は各1スレにまとめて下さい。 店舗についての話題はに書き込みして下さい。 店舗、個人以外の話題はに書き込みして下さい。 誹謗中傷による書き込みは利用規約違反になりますのでお止め下さい。 求人または求職に関する書き込みは禁止となります。 求人掲示板に書き込みして下さい。 一回の書き込みでアクセス禁止措置と致します。

次の

広瀬すず、濃姫役で時代劇初挑戦 海老蔵“信長”と初共演で夫婦役

すず ひ 42

08 , 231. 96(ポーリングの値) 第1: 708. 36 1. 5 51 MPa 7440-31-5 主な同位体 詳細はを参照 112Sn 0. 380 126 目次• 名称 [ ] スズの元素記号のSnはラテン語の「 stannum」に由来しているものの、元来この単語はとののことだった。 それが頃より、スズのことを「 stannum」と呼ぶようになった。 性質 [ ] 物理的性質 [ ] スズは軟らかくを有した結晶性の高い白銀色の金属である。 金属スズに力をかけて変形させると、「スズ鳴き」と呼ばれる双晶変形による亀裂音を発する。 一方で、13. 一般に流通している金属スズの純度は99. また、、アンチモン、ビスマス、、などとを形成し、スズの硬度を向上させる。 スズは硬く脆い金属間化合物相を容易に形成する傾向があり、それらはしばしば望ましくないものとされる。 スズは一般的な金属と比べてを形成する範囲が狭く、スズに対して高い固溶度を示す元素はほとんど無い。 一方でビスマス、、鉛、、との間では単純系を示す。 超伝導転移温度は3. 72である。 超伝導スズは超伝導の研究において最も初期に発見された超伝導体の一つであり、超伝導体の持つ性質の一つであるも超伝導スズから発見された。 この転移温度は13. 通常の温度範囲では不純物などの影響によりこの転移はほとんど進まないが、極地方のような酷寒の環境では転移が進行する場合があり、スズ製品が膨らんでぼろぼろになってしまう現象が生じる。 この現象はスズ製品の一部分から始まりやがて全体に広がるため、伝染病に喩えてと呼ばれる。 アンチモンやビスマスを添加することで同素変態を防ぎスズの耐久性を向上させることができる。 スズに限らず金属にはこういった、温度や圧力に応じて結晶構造が変わるをみせるものがある。 スズではこの同素変態によってその物性が大きく変化する。 化学的性質 [ ] スズはを示し酸ともアルカリとも反応するが、中性領域においてはある程度の耐食性を示す。 濃硝酸に対してはにより不溶性の水和物を形成して沈殿を生じる。 アルカリとの反応では対応するスズ酸塩を形成する。 7価であるが、これは2個のSnF 2と1個のSnF 4からなるである。 スズは他の第14族元素と同様にを起こすことが知られており、例えばアンモニア中でアルカリ金属元素と反応してNa 2Sn 5のようなスズクラスター構造を含む化合物を形成する。 同位体 [ ] 詳細は「」を参照 スズにはの種類が比較的多い。 これは、スズのの数がの1つであるだからだと説明されている。 化合物 [ ]• SnCl 2, SnCl 4• - 下記の3つが存在する。 SnO• SnO 2 - 金属としては比較的高い導電性を持つ。 SnO 3• SnS, SnS 2• SnF 2,SnF 4• SnBr 2,SnBr 4• SnI 2,SnI 4• ( も参照) 用途 [ ] スズは鉄などと比較すると融点が低いため比較的加工しやすい金属材料として、また鉛などと比較すると害が少ない比較的扱いやすい金属材料として、スズ単体、または、合金の成分として古来から広く用いられてきた。 合金 [ ] スズを含む合金としては、との合金である(最近はもある)、銅との合金であるが代表的である。 青銅の一種であるはに富むため、ごろからそれまで鋳鉄製だったがこれで鋳造され、砲金の名もここからきている。 この青銅製への変換によって大砲は安定性を獲得し、ごろには大砲は完全に青銅製のものとなった。 大砲はやがてふたたび鉄製に移行したが、砲金は現代においても機械の軸受けなどに広く使用される。 のパイプもスズを主とした合金である。 また、にもスズは含まれる。 では、スズを主成分とする合金である(しろめ)が、に次ぐ高級食器に使われた。 スズを大量に産出するでは、からピューターで作った食器や花器、その他のが作られ、国を代表するになっており、社などの製品が各国に輸出されている。 19世紀から20世紀前半にかけてのヨーロッパでは、スズで作られた男児用の玩具であるが生産され、現代ではコレクターによって収集されている。 では4位の選手にピューター(錫合金)メダルを授与する。 時報として鳴らすベルや、仏教で使われる仏具のひとつ鈴の製造材料としても使われている。 非常に安定した材質であるため、昔から存在するベルや鈴も現役で使われている。 このほか、に用いられる(およびとの合金)、やのような一連のなどがある。 金属スズ [ ] スズ単体についても、錆びず適度な硬さがあり加工もしやすいため、などの日用品やスズ箔として広く用いられてきた。 安価で錆びにくい金属食器としての地位は軽量・頑丈で熱に強い食器に置き換わったが、手工芸による加工に適したスズもなお食器材料として一定の需要がある。 以前のスズの生産地は、やなど政情が不安定な地域に限られていた。 戦争中にスズの入手難に陥ったは、法の改良よりブリキ製造に用いるスズの使用量を低減させることに成功。 戦後、安価な製品を大量生産する道を拓いた。 その他 [ ] とスズの酸化物 は・の電極として用いられるほか、熱線カットガラスとして乗用車のフロントガラスなどの表面に用いられる。 また、融点が低いことを利用しての製造にも使われている。 は塩化ビニールなどの安定剤などに広く使用される。 日本での用途 [ ] 日本には、スズそのものの加工品としては後期にとともに持ち込まれた可能性が高い。 今でいう、などと推測される。 金属スズは比較的毒性が低く、酸化や腐食に強いため、主に飲食器として重宝された。 現在でも、大陸喫茶文化の流れを汲むではスズの器物が用いられることが多い。 日本独自のものには、神社で用いられる瓶子(へいし、御神酒徳利)、水玉、高杯などの神具がある。 いずれも京都を中心として製法が発展し、全国へ広まった。 それまでの特権階級のものから、には町民階級にも慣れ親しまれ、、中でも特に注器としてもてはやされた。 『』の語りの発端となる御神酒徳利は、スズ製という設定である。 、()、(薩摩錫器) に、伝統的な錫工芸品が今も残る。 近年では用以外にやなどもつくられるようになった。 また、一部の比較的高級な飲食店では日本酒のに、こだわりとして高価であるスズ製を使用するところがある。 科学的には定かではないが、錫製品は水を浄化し雑味が取り除かれ、酒がまろやかになると言われている。 近年では、錫の軟らかい性質を利用した錫製品や作品が、を中心に製造されている。 他にも第二次世界大戦中にチャフとして使われた。 用途の例• はんだ 毒性 [ ] スズは人間や動物には容易に吸収されず、生体中での生物学的役割は知られていない。 スズは金属や酸化物、塩類といった無機化合物の形では毒性が低いため食器や缶詰など広範囲に渡って利用されているが 、缶詰内側の腐食などによって高濃度に無機スズが溶出した食品を摂取することによる急性中毒も発生している。 急性毒性の症状としては吐き気、嘔吐、下痢などがみられる。 例えば、日本のではスズの濃度は150 ppm以下とするよう定められており 、では缶詰食品中のスズ濃度の上限を200 ppmとしている。 この要因の多くは、何らかの理由で缶の錫メッキが腐食を起こして溶出したり、土壌に施した硝酸肥料により作物(主に根菜など)に高濃度の硝酸塩が含まれていたことによる。 2002年に英国食品基準局が行った調査では、調査対象となった食品の缶詰のうち99. 2003年のBlundenの報告では、過去25年間に100から200 ppmの濃度範囲ではスズの急性中毒の症例の報告がないことから、スズの急性中毒の閾値は200 ppmであることが示唆されるという見解が示されている。 また、長期間酸化スズの粉塵に曝される環境では肺が冒されることがあり、錫肺症と呼ばれる。 環境の整っていない時代には鉱山からの採掘の際に多くの労働者が肺を病んだ。 一方で、有機スズ化合物の毒性は無機スズ化合物の毒性よりもはるかに高く、その毒性は有機基によって異なるもののいくつかの有機スズ化合物はと同程度の非常に強い毒性を有するものもある。 誘導体 TBT は船底に貝が付着することを効果的に防止する塗料として広く用いられていたが、1970年代以降としての作用や海洋生物に対する蓄積毒性などTBTの毒性が知られ始め、1982年にフランス政府がTBTを含む塗料を小型ボートに使用することを禁止したのをはじめとして各国で規制されるようになっていった。 例えば日本では(化審法)によって第一種特定化学物質としてビス(トリブチルスズ)オキシドが規制対象となっており 、トリフェニルスズ誘導体やトリブチルスズ誘導体も第二種特定化学物質として規制対象となっている。 2001年には全ての船舶に有機スズ化合物を含んだ塗料の使用を禁止する IMO条約 がによって採択され、2008年に25か国が批准したことによって発効した。 また、TBTは2009年に(国際貿易の対象となる特定の有害な化学物質及び駆除剤についての事前のかつ情報に基づく同意の手続に関するロッテルダム条約、PIC条約)の規制対象物質リストである附属書IIIに追加され、TBTの国際貿易を行うには500 ppm以下の非意図的混入を除いて輸出申請を行わなければならないことが義務付けられている。 スズ鳴き [ ] スズ鉱石 金属スズを曲げると、結晶構造が変化することにより スズ鳴き と呼ばれる独特の音がする。 同様の現象は、やでも見られる。 体心正方晶格子である白色スズの結晶に力を加えて変形させると、「カリッ」と音を出して金属結晶が塑性変形して内部結晶が双晶に変化する。 この双晶は変形双晶や機械的双晶と呼ばれ、冷間加工後に焼きなましされた時に作られる焼きなまし双晶と区別される。 スズ鉱石 [ ] スズは、(すずいし)などに含まれている。 比較的精錬や加工のしやすい金属として、古くから用いられてきた。 などの材料として有名である。 スズの重要なは、 SnO 2 であり、スズ鉱石の4分の3を占めている。 主にとのとして産する。 からはを回収できる。 錫石は比重の大きなスズと比重の小さい石英を主体としており、またになじまないため、古い選鉱法である比重選鉱法(鉱石の載ったテーブル上に水を流し込み、振動させて比重の差により分離する)が主に使用される。 風化に強いため、砂鉱のとしても産出する。 また、硫化物からなる黄錫鉱(Cu2FeSnS4 もおもな鉱石のひとつである。 7 ティマ社 インドネシア 44,689 58,325 30. 3 Malay 中国 52,339 61,129 16. 7 Malaysia Smelting Corp マレーシア 22,850 25,471 11. 0 Gold Bell Group 中国 4,696 8,000 70. 9 鉱山および精錬所のスズ生産量 トン 、2006年 国 鉱山生産量 精錬所生産量 117,500 80,933 114,300 129,400 38,470 40,495 17,669 13,500 225 27,540 2,398 23,000 0 8,000 5,000 5,500 15,000 0 スズの鉱床は漂砂鉱床と鉱脈とに大別され、東南アジアにおいては漂砂鉱床が、南アメリカのにおいては鉱脈が主流である。 2006年度の鉱山からの世界生産量は321000トンである。 2006年度において最もスズの産出量が多い国はであり、117500トンにのぼる。 これに次ぐのがであり、114300トンを産出している。 これ以外の国の産出量は上位2国に比べると生産量はずっと少なく、3位のでも38470トンと半分以下になる。 以下、産出量は、、、、、と続く。 こののち、にはスズの最大生産国は中国となり、インドネシアはスズ鉱石・スズ精鉱ともに世界2位の生産量となった。 スズは埋蔵量に比べて消費量が多い金属の1つであり、可採埋蔵量は18年(2007年)にすぎないが、スズは未探査区域の多い鉱物であり、その推定埋蔵が見込まれるため実際の枯渇はそれより後になると考えられている。 また、スズはリサイクルが盛んであり、鉱山からの産出32万トンのほかに、リサイクルからの供給が14000トンほど存在する。 スズ鉱石は必ずしも生産国で精錬されるわけではなく、のようにまったく国内にスズを産しないにもかかわらず精錬量の多い国や、逆にコンゴ民主共和国のように多量のスズ鉱石を産出しながらまったく国内で精錬の行われない国も存在する。 スズ生産企業としては、中国の雲南錫業やインドネシアの国営スズ鉱山企業であるティマ社などが大きい。 日本においてはかつてのなどで盛んに産出されたが、現在ではスズ鉱山のほとんどは閉山し産出はわずかである。 2008年には日本のスズ輸入量は33659トンであったが、このほかに日本国内に流通するブリキやハンダの多くはリサイクルに回されるため、この回収された分の国内生産量が879トン存在する。 歴史 [ ] 詳細は「 ()」を参照 スズは融点が低く、また主要鉱石である錫石からの精練が容易であるため、人類史においてもっとも早くから使用され始めた金属の一つである。 当初の主な用途は銅との合金であるを製造することであり、紀元前3000年頃ににおいて初めて青銅が開発されたことによって銅の硬度不足が大幅に改善され、人類はからへと移行した。 ただしスズは地域的に非常に偏在している鉱物 であり、現代においても一部地域に鉱山が集中する傾向がある。 このため、スズを発見できなかった地域においては石器時代が長く続くことも稀ではなかった。 日本においては青銅の製法は鉄と同時に伝えられたために青銅器時代が存在せず、またにおいても青銅の発見が遅れたために、スペイン人が新大陸に到達した時点において青銅は装飾品としての利用に限られていた。 古くから世界有数(少なくともヨーロッパ最大)のスズの産地だったのは、のである。 この地域のスズ鉱山はが初めて開発したと言われ、各地に盛んにスズを輸出していた。 コーンウォールに隣接するにおいては、スズのを積んだ青銅器時代のが発見されており 、この時期すでに盛んにスズ交易が行われていたことをうかがわせる。 この航路を握っていたフェニキア人国家であるの崩壊後はがこの交易を握り、やがての帝の遠征によってコーンウォールは領のとなり、帝国崩壊後も中世・近世にかけて、イギリスはヨーロッパ中にスズを輸出していた。 しかしにより、とくににイギリスのピーター・デュラントによってが開発され製造用のスズの需要が急増すると、コーンウォールのスズでは不足するようになり、産出量もを最後に減少するようになった。 それ以降も1890年代までは世界有数の産地であり続けたが、他産地との競合に敗れて1900年代にはシェアが大幅に下落した。 それに代わって世界最大のスズ産出国となったのがである。 マレーにおけるスズの主産地はキンタ渓谷からクラン渓谷にかけての一帯であり 、この錫鉱山地帯の中心となったは1900年代に入り急速に発展した。 この時期、スズが国家経済において重要な地位を占めたもう一つの国はである。 ボリビアのスズ開発は1880年代に始まり、当時同国の主要輸出品であった銀の退潮と時を同じくして生産は急増していった。 このスズの増産は民族資本によって行われたものであり、近郊にあるの開発によって世界有数の大富豪と呼ばれたのパティーニョ財閥をはじめとし、カルロス・ビクトル・アラマヨのアラマヨ財閥とマウリシオ・ホッホチルドのホッホチルド財閥を含めた3大財閥が生産の大部分を独占していた。 これらの新興財閥は市に本拠を置く自由党と結びつき 、には銀鉱山主と結びつき市を基盤とする保守党の政権を打倒した。 これはボリビア連邦革命と呼ばれ、これによってボリビアの首都はスクレからスズ鉱山主の本拠地であるラパス市に事実上移動した。 この好況期はの大恐慌によって終息するが、その後も1980年代に至るまでの100年以上もの間、スズはボリビア経済の柱となっていた。 こうしたスズ生産を統括するため、には国際スズ協定が採択された。 この協定は価格維持と生産安定を主眼に置いたもので、下部機関の国際スズ理事会によって輸出割り当てや需給調整が行われていた。 このシステムは頃までは有効に機能したが、しかしその後はによる資源全般高に引っ張られたスズの価格高騰と、それに反比例する消費の低迷によってこの協定は揺らぎ始めた。 また、この協定は生産国と消費国がともに加盟するものであったため、生産国のための機関として1983年、スズ生産国同盟がマレーシアを中心として結成された。 そして1985年、国際スズ市場が暴落したため国際スズ理事会が機能を停止し、それを受けてロンドン金属取引所(LME)でのスズが取引停止となり、世界中のスズ取引が停止してしまった。 である。 これによって国際スズ協定の価格維持策は完全に崩壊した。 このためにマレーシアのスズ鉱業は壊滅的な打撃を受け、翌には産出量は半減し、その後も市場の混乱や資源枯渇による衰退が続き、現在は主要でない産出国の一つにすぎない。 またボリビアも、のによって3大財閥のスズ鉱山が接収されて国有化されたのちは、非効率な経営によって生産の減退が続き、に国有企業のボリビア鉱山公社が解散した後でも生産の伸びはみられず、生産量は世界第4位にまで落ち込んでいる。 これに代わってスズ生産を伸ばし大生産国に躍り出たのは、とだった。 インドネシアは末の時代にと(ビリトン島)でのスズ開発が始まって以来のスズの生産国の一つである。 このうちビリトン島でにスズの採掘を始めたビリトン社は、やがてオランダ領の採掘など鉱山全般に業務を拡大し、やがてにのBHP社と合併して世界最大の資源企業であるBHPビリトン(現在は)となった。 この両島でのスズ採掘は現代ではインドネシア国営企業のティマ社が行っている。 スズの価格は上記のスズ危機以降低迷を続け、頃まで低迷していたが、その後中国のスズ需要の急増などに伴って価格が急騰し、には2002年の3倍以上の価格となった。 古くから用いられてきたことから錫(tin)を金属の代名詞とする言い回しも多い。 例としては『tin fish()』、『tin hat(軍用のヘルメット)』、『Tin Kincer(の調査官)』などである。 脚注 [ ]• 2004年3月24日, at the. , in Handbook of Chemistry and Physics 81st edition, CRC press. ; Wiberg, Egon; Wiberg, Nils 1985. Lehrbuch der Anorganischen Chemie 91—100 ed. Walter de Gruyter. 793—800. , Physorg, April 12, 2011; Jo, Yun Hwan; Jung, Inyu; Choi, Chung Seok; Kim, Inyoung; Lee, Hyuck Mo 2011. Nanotechnology 22 22 : 225701. Molodets, A. ; Nabatov, S. 2000. High Temperature 38 5 : 715—721. Encyclopedia of Materials, Parts and Finishes 2nd ed. CRC Press. Dehaas, W; Deboer, J; Vandenberg, G 1935. Physica 2: 453. Meissner, W. ; R. Ochsenfeld 1933. Naturwissenschaften 21 44 : 787—788. This conversion is known as tin disease or. Tin pest was a particular problem in northern Europe in the 18th century as made of tin alloy would sometimes be affected during long cold winters. There are anecdotal claims that tin pest destroyed some of Captain Scott's stores in the ill-fated expedition see. Some unverifiable sources also say that, during 's Russian campaign of 1812, the temperatures became so cold that the tin buttons on the soldiers' uniforms disintegrated over time, contributing to the defeat of the. Le Coureur, Penny; Burreson, Jay 2004. Napoleon's Buttons: 17 Molecules that Changed History. New York: Penguin Group USA , a persistent legend that probably has no background in real events. The Last Alchemist in Paris. Oxford: Oxford University Press. Cotton, Simon 2014. Chemistry World. 国際化学物質安全性計画(原文)、 安全情報部(日本語訳). 2017年9月24日閲覧。 松本健「難溶解性物質の分解法」『ぶんせき』第2号、日本分析化学会、2002年、 pp. 60-66。 378頁。 櫻井武、鈴木晋一郎、中尾安男『ベーシック無機化学』化学同人、2003年、pp. 50-51。 371-372、389、394頁。 393-394頁。 372頁。 370頁。 401頁。 学研 「歴史群像グラフィック戦史シリーズ 戦略戦術兵器事典3 ヨーロッパ近代編」p80 1995年10月1日第1刷• 「ピューターが紐解く発展の歴史」『Malaysia web magazine「m-style」』(マレーシア政府観光局)内 2015年10月24日閲覧• 日本製缶協会. 2017年8月4日時点のよりアーカイブ。 2019年4月21日閲覧。 「有機スズ化合物について」スズ化合物環境技術協議会 2015年10月24日閲覧• 「鹿児島の特産品」鹿児島市ホームページ 2015年10月24日閲覧• 「レアメタル・資源 38元素の統計と展望」p159-160 西山孝 丸善 平成21年11月30日発行• Graf "Tin, Tin Alloys, and Tin Compounds" in Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry, 2005 Wiley-VCH, Weinheim :• 社団法人 食品産業センター. 2012年10月18日閲覧。 Food Standards Agency. 2012年10月18日閲覧。 社団法人 食品産業センター. 2019年11月23日閲覧。 Food Standards Agency 2002年8月22日. 2009年4月16日閲覧。 Blunden, Steve; Wallace, Tony 2003. Food and Chemical Toxicology 41 12 : 1651—1662. 化学と生物 Vol. 32 No. 1994. 2012年10月22日閲覧。. 環境省. 2012年10月18日閲覧。 環境省. 2012年10月18日閲覧。 2012年10月22日閲覧。 スズ化合物環境技術協議会. 2012年10月22日閲覧。 西川精一 『新版金属工学入門』p427 アグネ技術センター、2001年• 「鉱物資源論」p61 志賀美英 九州大学出版会 2003年3月15日初版発行• 「レアメタル・資源 38元素の統計と展望」p159 西山孝 丸善 平成21年11月30日発行• International Tin Research Institute 1991年. 2009年3月22日時点のよりアーカイブ。 2009年3月21日閲覧。 Carlin, Jr. , James F.. United States Geological Survey. 2008年11月23日閲覧。 Carlin, Jr. , James F.. United States Geological Survey. 2008年11月23日閲覧。 Carlin, Jr. , James F.. United States Geological Survey. 2008年11月23日閲覧。 2008年12月7日時点のよりアーカイブ。 2009年5月5日閲覧。 British Geological Survey. 2009年7月7日閲覧。 村井吉敬・佐伯奈津子・間瀬朋子著『エリア・スタディーズ113 現代インドネシアを知るための60章』 明石書店 2013年 308ページ• 「レアメタル・資源 38元素の統計と展望」p159 西山孝 丸善 平成21年11月30日発行• 「レアメタル・資源 38元素の統計と展望」p159 西山孝 丸善 平成21年11月30日発行• DOWAエコジャーナル2011年9月1日「スズ含有廃棄物のリサイクル事業」 2015年10月24日閲覧• 西川精一 『新版金属工学入門』p427 アグネ技術センター、2001年• 「海を渡った人類の遙かな歴史 名もなき古代の海洋民はいかに航海したのか」p243 ブライアン・フェイガン著 東郷えりか訳 河出書房新社 2013年5月30日初版• 1-25, 慶應義塾大学出版会,• 「自治体国際化フォーラム-イポー特別市」 一般財団法人自治体国際化協会 2015年7月1日閲覧• 「鉱物資源論」p165 志賀美英 九州大学出版会 2003年3月15日初版発行• 村井吉敬・佐伯奈津子・間瀬朋子著『エリア・スタディーズ113 現代インドネシアを知るための60章』 明石書店 2013年 306ページ• 「レアメタル・資源 38元素の統計と展望」p160 西山孝 丸善 平成21年11月30日発行• 第二版 参考文献 [ ]• コットン, G. ウィルキンソン『コットン・ウィルキンソン無機化学(上)』中原 勝儼、培風館、1987年、原書第4版。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 に関連の辞書項目があります。

次の

42アロイ

すず ひ 42

スレッドタイトルは、タイトルを読んで中身がわかるように心がけて下さい。 スレッドは立てる前に、重複していないか確認してから立てて下さい。 重複スレッドは削除対象となります。 重複スレッドを発見した場合は、スレッド下部にある「重複スレの報告」フォームよりご連絡下さい。 個人タイトルは「店舗名 個人名」とし、必ず店舗名を入れるようにして下さい。 個人についての話題は各1スレにまとめて下さい。 店舗についての話題はに書き込みして下さい。 店舗、個人以外の話題はに書き込みして下さい。 誹謗中傷による書き込みは利用規約違反になりますのでお止め下さい。 求人または求職に関する書き込みは禁止となります。 求人掲示板に書き込みして下さい。 一回の書き込みでアクセス禁止措置と致します。

次の