育て方。 子猫の育て方・実践編~週齢ごとの適切な保育方法から子猫に多い病気まで

フェンネル(ウイキョウ)の育て方|収穫の時期は?栄養や効能は?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

育て方

フェンネルはパセリやパクチーと同じ、セリ科の多年草のハーブです。 草丈 は1. 5m〜2mほどと高く育ちます。 ヨーロッパ原産のハーブなので、基本的に夏は涼しく冬は寒く、湿度は乾燥気味の環境を好みます。 フェンネルとディルの違い よく似たハーブのディルと混同されがちですが、属性も違い、フェンネルのほうが甘みと苦味が強いはっきりした味わいです。 見た目の違いには、フェンネルの方が葉の茂り具合が薄いです。 フェンネルと相性の悪い植物 フェンネルはパクチー コリアンダー やトマト、豆類の成長を遅らせるので気をつけましょう。 また、ディルとニンジンは近くに植えると交雑しますので控えてください。 フェンネルの育て方:育てる場所 フェンネルは適度な日当たりと、水はけのいい場所を好みます。 直射日光、西日を避けた、風通しの良い場所で育てるといいでしょう。 栽培適温は15〜25度ほどですが、耐暑性も耐寒性もやや強いので、鉢植え、地植えともに、容易に栽培可能です。 フェンネル栽培におすすめの鉢 フェンネルは大型の植物かつ、直根性で移植が苦手なので、苗の植え付けの段階から6号以上の通気性の良い深型の鉢に植えるようにしてください。 フェンネルの育て方:水やり フェンネルの種まきの時期 フェンネルの種まきの適期は年2回あります。 3月上旬〜4月下旬にまく春まきと、9月上旬〜10月上旬にまく秋まきです。 フェンネルの種まきの方法 育苗ポットやセルトレイに育苗用土をいれて、湿らせて、指で軽くくぼみをつけます。 フェンネルは発芽率がいいので、1ヶ所につき1粒ずつまいていきましょう。 ごく薄く土を被せたら、手で押さえて種と土を密着させ、たっぷりと水やりをします。 フェンネルの種まき後の管理 フェンネルの種をまいた後は、1日1回霧吹きなどで十分に土を湿らせて、乾燥させなようにビニールをかぶせましょう。 発芽温度は20度前後なので、保てるように心がけましょう。 順調に育てば、およそ1週間程度で発芽します。 茎が折れないように支柱を立てる フェンネルは最高2mほども伸びる、高性の大型植物です。 そのため、風の影響を受けやすいので、花芽が伸びる5月中くらいには、支柱を立ててあげたほうがいいでしょう。 支柱の長さは 株元に土寄せをする フェンネルは株元が肥大化していきます。 ゆくゆくは白く柔らかくなっていきますが、その前に土がこんもりとしてきたら、株元に土寄せをしてあげましょう。 フェンネルの育て方:増やし方 フェンネルを増やすには種を採取する方法がいいでしょう。 しばしばフェンネルシードとも呼ばれるその種は、夏の開花期後から結実していきます。 採取方法は後述の収穫の仕方を参考にしてください。 とはいえ、生育旺盛なのでこぼれ種でも成長していきます。 フェンネルの育て方:収穫 フェンネルの葉の収穫 フェンネルの葉は植え付けから1〜2週間後、しっかりと根付いた4月〜11月下旬に、必要に応じて都度収穫できます。 風通しをよくする意味合いもあるので、適宜、枝先を摘み取って収穫しましょう フェンネルの茎の収穫 フェンネルは株元に、茎が白く肥大化した球茎ができます。 とくにこの球茎を収穫の主とする、フローレンスフェンネルという品種は、球茎が大きくなったら、そのすぐ下で根を切って、株ごと収穫します。 フェンネルシード 種 の収穫 フェンネルシードの収穫時期は開花後の夏〜秋にかけての期間です。 花茎の部分がだんだんと膨らんで果実が実ります。 その果実に筋が入って黄色みかがってきたら、花茎ごと収穫しましょう。 そのまま紙袋に花を頭にしていれ、風通しのいい日陰で乾燥させます。 1週間後、果実が乾燥しきったら、スパイスのフェンネルシードとして使うことができます。 フェンネルの育て方:注意する害虫・病気 フェンネルにはキアゲハの幼虫、カメムシ、青虫類が発生します。 見つけら殺虫剤や木酢液などで駆除しましょう。 フェンネルってどんな栄養・効能があるハーブ?.

次の

初心者向け!ミョウガの栽培方法・育て方のコツ|特集|読みもの|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

育て方

学名…Veronica 和名…ルリトラノオ 別名…スピードウェル 科名…オオバコ科 属名…クワガタソウ属 ベロニカ属 原産国…ヨーロッパ、アジア 花色…青、紫、ピンク、白 草丈…10㎝~100㎝ 日照…日なた~半日蔭 難易度… USDA Hardiness Zone:4 to 8 品種によりやや異なります ベロニカとは ベロニカは、ヨーロッパ、アジアを中心に約250種が分布するオオバコ科クワガタソウ属 ベロニカ属 の一年草、または多年草です。 花の美しい幾つかの種が観賞用として栽培されており、「ベロニカ」として流通しています。 多数の園芸品種がありますが、大別すると立ち性で穂状に花を咲かせる品種と、ほふく性で小さな花をポツポツと咲かせる品種に分かれます。 花期も品種によって春咲き、夏咲き、秋咲きとあります。 多くの品種は花期が長く、寒さ暑さに強いのが特徴です。 花色は青、紫、ピンク、白。 涼しげな花色と整った草姿が魅力の植物です。 育てやすい品種が多いのも人気の理由で、ボーダーガーデンなどに多用されます。 ベロニカの育て方 栽培環境 日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。 明るい半日蔭でも育ちます。 夏越し、冬越し 夏越し 概ね暑さには強い性質です。 品種によっては高温多湿が苦手なものもあるので、その場合は夏の間は半日蔭に移動するか遮光します。 暑さが苦手な品種で庭植えの場合は、暖地では明るい半日蔭 午後からの西日が当たらないような場所 に植えて下さい。 冬越し 寒さには強い性質です。 特に対策無しで冬越し可能です。 休眠に入るころに茎が枯れて株元に新しい芽が出て来るので、枯れた茎を切り取って下さい。 地面が凍るような寒冷地では、腐葉土などでマルチングして凍結対策をして下さい。 水やり 庭植えの場合は、一度根付けばほぼ降雨のみで大丈夫です。 鉢植えの場合は、用土が乾き始めたらたっぷりと。 夏場は乾燥に気を付けて管理して下さい。 水切れすると下葉が枯れ込んでしまいます。 肥料 鉢植え、庭植え共に春と秋に緩効性化成肥料を置き肥して下さい。 植え付け、植え替え 適期は3月~4月、9月下旬~11月上旬です。 植え付け 庭植えの場合は、用土に堆肥や腐葉土を混ぜて込んでおきます。 鉢植えの場合は、市販の草花用培養土か、赤玉土7・腐葉土3などの一般的な配合土に植え付けて下さい。 根付くまでは乾燥に注意して下さい。 植え替え 成長が早いので、鉢植えの場合は毎年植え替えを行います。 根鉢を崩して一回り大きな鉢に植え替えるか、株分けを行います。 庭植えの場合は、株が込み合って来たら株分けを兼ねて植え替えを行って下さい。 花がら摘み 花穂の花が終わったら、花茎の付け根から切り取ります。 増やし方 株分け、挿し芽 株分け、挿し芽で増やすことが出来ます。 株分け 株が大きくなったら株分けで増やすことが出来ます。 適期は3月~4月、9月下旬~11月上旬です。 あまり小さく分けず、どの株にも芽が付くように分けて植え付けて下さい。 挿し芽 適期は5月~6月と9月~10月です。 挿し穂には、花芽でない若い芽か、1節ずつ切り分けたものを使います。 挿し木用土に挿して、発根までは明るい日陰で水を切らさないように管理して下さい。 病気・害虫 アブラムシ 生育中はアブラムシが付きやすいので、見付け次第駆除して下さい。

次の

山椒(サンショウ)の木の育て方!挿し木、苗や種の鉢植えの方法は?

育て方

あまり手をかけなくても栽培できることから、家庭菜園でも人気の野菜です。 今回はミョウガの栽培方法・育て方のコツをお伝えします。 家庭菜園でミョウガ栽培が人気の理由 ミョウガ栽培が人気の理由は主に二つあります。 一つは、病害虫被害がなく、一度植え付けてしまえばほとんど手をかけずに毎年収穫できるので、初心者の方にもおすすめです。 そしてもう一つは、野菜の栽培には日当たりのよい場所が必要不可欠ですが、ミョウガは湿気があって暗いところを好むため、直射日光を必要とせず、日当たりの悪い場所でも育てることができること。 家庭菜園に適した場所を確保できない方でも栽培できる野菜として人気があります。 ミョウガの育て方とコツ ここでは、ミョウガの栽培で失敗しないためのポイントを中心に、家庭菜園の流れをご紹介します。 ミョウガは2月から球根(地下茎)を購入できます。 事前準備のポイントと注意点 プランター ミョウガは地下茎で増えていくので、深さ30cmぐらいの大きめのプランターを用意すると安心です。 土 園芸専門店で売られている安全で品質のよい野菜用の培養土を使用します。 水持ちがよく、通気性もよい腐葉土が多く含まれた土がおすすめです。 ミョウガの球根(地下茎)を2月~4月初旬の間に購入します 球根(地下茎)の選び方 ミョウガは太い根のようなものが塊になった状態の球根(地下茎)を購入します。 球根は大きいものがいいでしょう。 通常、太くしっかりした大きな球根(地下茎)を15㎝くらいの長さに切って植えるのですが、2~3芽ごとに細かく切ってしまうと大株になるまで時間がかかり、収穫は翌年以降になってしまうので、球根はあまり細かく切らず、ある程度購入したままの状態で植えると、その年のミョウガの収穫率が高くなります。 ミョウガの球根(地下茎)を植え付けます ミョウガの球根を購入したら、気温は気にせずすぐに植え付けます。 球根は深さ5cmくらいのところに埋め、上に堆肥をのせて、さらにわらを、なければ腐葉土を上に置きます。 水やりをします 土から顔を出したばかりのところを摘み取ります 3月にスタートした場合、8~9月ごろにミョウガを収穫できます。 ただし、植えた年は収穫の時期が安定せず、場合によっては収穫できないこともあります。 株が安定すれば、翌年以降は7月の終わりごろから収穫できるようになります。 収穫の際は、花の根元をつかみ、ねじりながら引っ張るように採ります。 花が咲くと食感が悪くなり味が落ちるため、収穫は早めに行いましょう。 翌年に備えて準備をします ミョウガの収穫が終わると葉だけになるので、地上部が枯れて自然に倒れるのを待つか、地上部を地際で切っておきます。 手間をかけて育てるのであれば、その後に一度球根を掘り出し、土に堆肥を入れて耕して再び球根を植えて、肥料をまいておきます。 鉢植えの場合はそのままにしておくと土が乾いてしまうので、翌年、ミョウガの栽培を再開するまでは土の上に堆肥を少しのせ、定期的に水やりをして土を湿らせ、球根が枯れないようにします。 雨の当たる場所の場合は不要です。 そうすることで翌年、春になったらまたミョウガの芽が出てきます。 2年に1度、植え替えをします ミョウガは球根で増えていくので、新芽が動きだす前の2~3月ごろ、2年に1度くらいのペースで植え替えを行います。 球根の土を一度全部落とし、球根が増えて大きくなっていたらプランターを大きなサイズに変えるか、古い球根やよぶんな根を除いて、昨年伸びた、太く新しい球根を残すように、全体の半分くらいに整理して植え替えをしましょう。 初心者が家庭菜園でミョウガの栽培を成功させるポイント.

次の