禁煙 居酒屋。 2020年4月から屋内全面禁煙化! 吸っていい店・ダメな店の見分け方

屋内は原則禁煙に! 受動喫煙をなくすための取組が変わる!

禁煙 居酒屋

飲食店運営に大きな影響がある改正健康増進法。 2020年4月1日から屋内は原則禁煙になるが、一定の条件を満たしていれば、現状の喫煙環境を継続することが可能だ。 また、東京都をはじめ複数の自治体では、国の動きに前後して独自の受動喫煙防止条例を制定している。 中には改正法より厳しい規制が盛り込まれている場合もあるので、確認が必要だ。 売上にも繋がるテーマであり無視することはできない受動喫煙対策。 たばこを吸う人も吸わない人も飲食を楽しめる店舗にするために取り組むべきポイントを解説する。 全国では約45%、東京では約84%の飲食店が規制の対象に 2018年6月に東京都の受動喫煙防止条例が、7月に国の改正健康増進法が成立した。 東京オリンピック・パラリンピックに対応するため、都条例は国の法律よりも規制内容が厳しくなっている。 両者の違いはどこにあるのだろうか。 飲食店に関する部分のみを表にまとめた。 該当するのは全国の飲食店のうち約45%。 つまり、客席面積が100㎡以下かつ資本金5,000万円以下の既存店は、地方自治体による個別の規制がない限り、これまで同様、喫煙が可能だ。 また、喫煙を主目的とするバーやスナックなども飲食と共に喫煙できる。 東京都は規制条件に従業員の有無を盛り込む 東京都の条例では、国の規制条件に加えて従業員の有無が加わっている。 客席面積の大小に関わらず、従業員を雇っている場合には原則禁煙だ。 これは弱い立場にいる飲食店の従業員を受動喫煙から守るためのもので、東京都のホームページによれば、都内の飲食店のうち約84%が規制の対象となる。 なお、客席面積が100㎡以下で規制の対象外だった店舗がリニューアルによって、客席面積を増床させた場合は、既存店であっても規制対象となる。 喫煙室の種類で飲食可否が分かれる 原則として屋内は禁煙であるが、喫煙室を設置することで、お客に喫煙させることは可能だ。 これは国でも東京都でも変わりはない。 ただし、紙巻きたばこや加熱式たばこ、バー・スナックなどの業態によって、喫煙室を設置する場所や飲食提供ができるかどうかも変わってくる。 喫煙室ごとの条件を示そう。 つまり、小規模店舗でも禁煙や分煙対策をしていない喫煙可能店舗には、未成年は入れなくなる。 これは客だけでなく従業員にも適用されるため、未成年の従業員は喫煙・分煙スペースへの料理の配膳だけでなく、清掃などの業務をさせることはできない。 高校生、大学生など未成年のアルバイトを雇っている場合は、業務の範囲を切り分ける必要があるだろう。 また、店内で喫煙できる場合は、店頭や喫煙室に指定の標識(ステッカー)の提示が義務づけられる。 規制対象とならない飲食店でも標識の掲示は必要だ。 標識の一例は厚生労働省のからダウンロードできる。

次の

禁煙居酒屋凛家 RINYA(りんや宮崎県延岡市柳沢町)

禁煙 居酒屋

4月1日に施行された改正健康増進法により、飲食店においても原則屋内禁煙となりました。 もちろん居酒屋も例外ではありません。 特に、経営者自身がヘビースモーカーであったり、来店客にも愛煙家の割合が多い居酒屋にとっては、お客や売り上げが減ってしまうという声もあるようです。 そもそも味や雰囲気のみで勝負するのではなく、喫煙できることも含めたサービスが売りの居酒屋や、喫煙率の高い層をターゲットとしている昔ながらの居酒屋などは、禁煙化してしまうと当然打撃を受けてしまいます。 そこで今回は、居酒屋において分煙対策を行うことでどのようなメリットが得られるのかというところと、居酒屋におすすめの分煙対策方法までを解説していきたいと思います。 居酒屋を禁煙にすると来店客が増える?減る? 日経リサーチによる喫煙者・非喫煙者双方への分煙を希望するか禁煙を希望するかという調査では、喫煙者・非喫煙者の双方で特に支持を集めたのが『仕切り分煙』と『フロア分煙』となり、分煙への支持の高さが明らかになりました。 特に居酒屋やバー・スナック、喫茶店といった比較的喫煙者の多い業態では、全席喫煙可から禁煙に移行した場合、 利用機会が減ると答えた喫煙者は8割以上にのぼるといいます。 喫煙者、非喫煙者双方の意見において、分煙の需要が高いことからも全面禁煙にしてしまうと来店客が減少してしまう可能性があるといえるでしょう。 居酒屋を分煙するメリットとは 何せ、居酒屋を分煙するというのはこれまでのルールを変えることでお客への周知が必要であったり、分煙をするためにコストや時間がかかるためなかなか乗り切れないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ここからは、居酒屋を分煙にするメリットをご紹介していきます。 喫煙者も非喫煙者も満足できる 『分煙』における最大のメリットともいえるのは、『喫煙者にも非喫煙者にも来店いただける』ということです。 居酒屋をはじめとした飲食店の全面禁煙が主流になりつつあるとはいえ、『たばこを吸えるお店を求めている』という人もまだまだ少なくありません。 特に、喫煙率が高いといわれている居酒屋全席禁煙にすることで客数や売り上げが落ちることもあるため、分煙対策で双方のお客にとって満足できる空間作りを推奨しています。 髪や服にたばこのにおいがつくのを嫌う女性客が入りやすくなる 居酒屋というと、煙がもくもくしているというイメージを持っている女性も少なくないのではないでしょうか。 特に、髪の毛や洋服にたばこのにおいがついてしまうのを嫌う女性客もいると思います。 このようなことが原因で遠のいていた客層を、分煙対策をすることで新しい客層として迎え入れることができるようになります。 エアコンや灰皿などの清掃が楽になる 店内の衛生環境は、そのままお店のイメージにつながるといっても過言ではありません。 実際にとある調査では、『これまでに衛生面に対するクレームを受けたことがあるか』という質問に対して、約半数の飲食店が『クレームを受けた経験がある』と回答しています。 それだけ、居酒屋をはじめとした飲食店における衛生環境は利用客の中で重視されているわけですが、たばこのにおいや、たばこのヤニなどによる汚れは猶更嫌われてしまいます。 そこで、店内を分煙にすることでこれまで清掃に追われていたエアコンや換気扇、灰皿などの清掃も楽になる上に、よりよい衛生環境を保つことにつながります。 見逃せないアルバイト採用へいい影響を与える 人手不足が続いていくなか、アルバイトは採用が困難になっています。 しかし、分煙対策を行うことでこれまで『夜に居酒屋で働きたいけど、たばこのにおいが気になる』と思っていた潜在層の求職者を獲得することができるようになります。 居酒屋における分煙対策方法 居酒屋における分煙は、簡易的なものから本格的な工事が必要なものまで、いろいろな方法があります。 お店の構造や広さ、客層、予算に合わせて最適な方法を選ぶことで、効果的に分煙対策を行うことが可能です。 エリア分煙、仕切り(個室)分煙 1室をパーテーションやで暖簾などで間仕切りし、喫煙エリアと禁煙エリアに分ける方法です。 席数の多いファミリーレストランなどで多く取り入れられている方法で、店内の開放感を損なわずに済むメリットがあります。 ただ、その一方で、喫煙エリアの煙が禁煙エリアに流れ込まないよう、空気清浄機などできちんと措置を行う必要があります。 禁煙室への煙の流入を防ぐため、条件は下記の3点があげられます。 吊り天井や垂れ壁などによる区画• 喫煙室等へ向かう気流風速0. 屋外への煙排出 上記を守らなければ、エリア分煙を行うことはできません。 また、喫煙エリアがレジやトイレなどの動線上にないこともまた条件として挙げられます。 分煙ボックスの設置 屋内に喫煙可能な電話ボックスのようなスペースを設置して分煙をする方法です。 お店の広さに合わせて大きさを選択することができたり、デザインも豊富にありますので、お店の雰囲気に合ったものを設置することで、景観を損ねません。 この分煙ボックスは、先ほどご説明した煙の流入を防ぐための条件をすでにクリアした状態で提供されていることがほとんどですので、時間や手間がかからないことが大きなメリットであるといえるでしょう。 フロア分煙 1階と2階など、複数の階を持つ店舗で導入しやすい方法です。 特定のフロアを全面喫煙可とし、別のフロアは全面禁煙とするなどのように、階ごとに喫煙・非喫煙の区分をおこないます。 たばこの煙は高いところへ立ち上るという特徴を持っているため、上層の階を喫煙エリアとすることで禁煙部分への煙の漏れを防止するケースが一般的です。 小規模店舗は経過措置も このように、居酒屋においても分煙対策が迫られているわけですが、小規模店舗においてはハードルが高いという声もあるようです。 そこで政府は経営規模の小さな飲食店については、経営に影響を与えることが考えられることから、これに配慮し経過措置として『喫煙可能室』の設置を認めています。 喫煙可能室では、喫煙に加え、飲食を始めとするサービス等を提供することを可能としています。 喫煙可能室の設置が認められる条件は下記です。 ただ、その場合は20歳未満の利用客、従業員が立ち入ることはできません。

次の

飲食店の喫煙、禁煙はどうなる? 国と東京都の規制内容まとめ|フーズチャネル

禁煙 居酒屋

僕も4月で禁煙一年目です。 やっぱりアイコスからの禁煙で、嫁のキツイ勧めのみで辞めてます。 確かに今同じような状況になってます。 ストレスうんぬんもですが、キレイな景色を見てる時、仕事をやりあげた時、タバコ旨いだろうなぁ、と。 僕の場合ですが、アルコールが好きなので、帰ってからの晩酌を目標にしたり、やたら仕事に打ち込んだりする、深呼吸する。 それで何とかしのいでます。 あとは自分自身に約束した事だから、絶対吸わない。 吸わなくても死にはしないと、心の隅に置いていますね。 禁煙外来は、精神疾患の有無を確認され、禁煙する事で病状の悪化が無いと判断されなければ治療は開始されません。 また、禁煙する事で何か悪影響が少しでも出た場合、治療は中止されます。 飲み薬はチャンピックスと言うクスリを使いますが、副作用で鬱を発症する事もあるため、何らかの精神疾患を持った方などには処方されません。 その場合、ニコチンパッチを使った治療になるようです。 喫煙率の低下を見込んで禁煙にしたと思います。 低い喫煙率の喫煙者だけが吸える場所、店に分散してしまうなら吸わない人、我慢出来る人を相手にしようと思うのは間違いではないでしょう。 ただこのカテの喫煙者が、そんな店はどんどん潰れるような発言をしていた気がします。 たしかにそういう店も場合によってはあるでしょうが禁煙にした全店舗が閉店に追い込まれるという事は普通に考えたらありませんよね。 そんなにそのお店が潰れて欲しくないなら禁煙になろうがお金を落としに応援しに行ってあげればいいのです。 大きく味が変わってしまった路線変更してしまったなら通わなくなるのも分かりますが、たかがタバコで吸えないくらいで行かねー 潰れるどうしてくれんだと逆切れ。 いやいやおまえが今まで通り行けばいいだけだよって思います。 ま、あくまで食事メインでタバコ吸いに行ってるんじゃないって言うならですがね。

次の