ビジネスホテル 子連れ。 子連れにおすすめ!?都心のビジネスホテル [家族旅行・子連れ旅行] All About

Top 10 Hotels in Asakusa, Tokyo (from ¥3,271/night)

ビジネスホテル 子連れ

ビジネスホテルに子連れで泊まりたい! 料金や部屋数は? 子供連れの旅行は何かとお金がかかります。 出来ることなら宿泊費用は安く抑えたい! そんな時に利用できるのが、ビジネスホテルです。 意外にも、ファミリー層を歓迎しているビジネスホテルは多いようですね。 下記に記載したものは一般的な情報になり、ホテルによって価格やルールは違います。 ビジネスホテルご利用の際は、事前に確認されることをお勧めします。 料金は? 添い寝のルールなど。 多くのビジネスホテルは、未就学児を「添い寝」扱いとし宿泊料金が無料です。 また、小学生でも「添い寝」扱いし無料で利用できるビジネスホテルもあります。 全国展開のホテルに、小学生の添い寝無料ルールがあるようなのでチェックしましょう。 ただし、取り扱いのあるホテルでもお部屋によっては添い寝ができない場合も…。 必ず確認されてくださいね。 「添い寝」のルールとして1番多いのはこちら。 ・未就学児の添い寝無料 ・無料の子供も朝食付き ・ベットひとつに付き1名 ・まくらや布団、タオル等を利用する場合は別途料金が必要 小学生まで添い寝無料のところも増えてきていますし、18歳まで添い寝無料のところもありました。 ホテルによっては、子供がひとりでベットを使用すると大人料金がかかったり、布団やベットの貸し出しが必要な場合は大人料金がかかりることも。 さて、気になる子供料金ですが通常小学生からのとこが多く、中学生からは大人料金になります。 なかには3歳以上から子供料金がかかる場合も。 基本的には大人料金の半額になりますが、ホテルによって異なります。 また、ホテル料金ですがこちらも2パターンあります。 人数毎に料金が発生するものと、部屋単位に料金が発生するものがあり、後者の方が家族で利用するならかなりお得に。 ビジネスホテルでは、室料明記のところも増えてきていますので、子供料金と共に事前確認しましょう。 大人より子供の数が多い場合は? 大人2人、子供3人など 最近では、ファミリー層の集客にスポットをあてたホテルも増えてきています。 ファミリールームの4名1室や5名1室で利用可なホテルも。 しかしながら、やはり多いのは3名1室トリプルルームのお部屋ではないでしょうか? 大人2名子供3名の場合、添い寝可能なお子様が2人ならそのままで泊まれます。 この場合、ツインに追加料金が発生しますがエキストラベットをプラス お子様が大きければ、3名1室のお部屋にエキストラベットをプラスし対応しても。 それでも難しい場合だったり、子供の人数が多い場合は2部屋に分けて泊まる方法もあります。 ホテルによっては、2部屋セットでお得プランも。 また、コネクティングルームプランをご存知でしょうか? 隣同士のお部屋が室内の扉から行き来でき、わざわざ外に出なくてすみます。 このお部屋なら、子供と大人に部屋分けしても安心ですね。 ビジネスホテルに未成年者だけで宿泊できるのか 結論からいえば、宿泊OKです。 ただし、親の同意書がかならず必要になっています。 ホテルから確認の連絡が入ることもあります。 ネットでの予約の際には、年齢を10代にし保護者同意書欄のチェックを忘れずに。 チェックインの時に、同意書を提出します。 提出されず確認が取れないと、保護者に電話確認後にFAXか郵送にて同意書の再提出をしなければなりません。 子供連れにも優しいビジネスホテル ホテルによりファミリープランは様々なメニューがあります。 添い寝が小学生まで無料だったり、ベビーバス・ベビーベットの貸し出しがあるホテルも。 また他のお客様の迷惑にならないように、気にせず過ごせる防音のお部屋やファミリールームが用意されていたりします。 いつもと違うだけで、子供は興奮してしまい騒いだり不安になってしまうので、事前に防音のお部屋があるか確認して予約しておくと安心ですよ。 最近では和室のあるビジネスホテルや周囲を気にせず過ごすことのできる離れがあり、防音効果や家族で一緒に泊まれるのでおすすめです。 ドーミーイン 全国展開のドーミーインは、沖縄から北海道まで店舗があります。 ・中学生以上もしくは、ベットを1人で使用する場合は大人料金。 ・小学生以上のお子様は、添い寝朝食付きで¥1800円。 朝食無料サービス期間の時は小学生¥1000円 店舗により、ファミリールーム・和室や和洋室があります。 また、ベビーバス・ベビーベットの貸し出しがあります。 ご利用される店舗にご確認されてください。 東横イン 日本全国、海外にも展開するホテルチェーン店です。 ・中学生以上もしくは、ベットを1人で使用する場合は大人料金。 ・小学生以下のお子様は大人1名に付き1名まで添い寝無料。 ・無料のお子様も、アメニティの使用・タオル・枕の使用は別途¥1500。 ・朝食は無料。 ベットは通常よりも大きなサイズになっております。 添い寝をしてもゆっくりと眠れます。 店舗によりますが、コネクトルームがあります。 お気軽にお問い合わせください。 スーパーホテル 日本全国、海外にも展開しているホテルチェーンです。 お子様連れにも安心の防音設備。 快眠がスーパーホテルのこだわりです。 ・未就学児のお子様は添い寝無料。 ただし定員を超えた人数は利用不可。 ・小学生以上は大人料金。 ・朝食は無料。 宿泊料は無料であっても、人数にカウントされるので要注意です。 事前に確認をされることをおすすめ致します。 ファミリー向けに、スーパールームをご用意。 ロフト付きなので人気です。 スーパールーム同士が繋がるコネクトルームもありますので、お気軽にお問い合わせください。 まとめ ファミリープランも増えてきたビジネスホテル。 だからといって、騒いで良いわけではありませんよね? 遅い時間まで騒いだり、共有スペースで走り回ったり…最低限のマナーは守りましょう。 チェーン店のホテルでは、店舗によりプランや規定が違ってきます。 分からないこと、気になることは、直接問い合わせて聞くのが1番。 それぞれのご家庭にあったプランを見つけてくださいね。

次の

ビジネスホテル活用術~スーパーホテル~|家族旅行・旅育のプロがおすすめ|家族deたびいく

ビジネスホテル 子連れ

TravelBookママ部 TravelBookファミリー編集部所属のママ達による「ママ部」。 幼児から中学生までのママ達で構成。 世の中のトレンドに常に敏感で日々パワフルに活動中。 子連れでホテルに泊まる時に気をつけたい!ワンポイントアドバイス ホテルでは、快適に眠りたいものです。 和室であれば、赤ちゃん用の掛布団として、大判のタオルをを持参すれば代用できます。 洋室の場合は、ベビーベットの貸し出しをしているホテルもあり、事前に確認し借りるのであれば、数量に限りがあるため早めの予約がおすすめです。 ベビーベット以外にも、子供用のルームウェアや浴衣、スリッパや食器などの、子供用アメニティの有無を確認しておくと、余分な荷物を減らすことができます。 食事は、子供用メニューやアレルギー対応などをしているところもあり、事前確認と連絡をしておけば安心です。 ホテルのプールは、おむつをしている幼児は入れないところもあるため、確認をしておくとよいでしょう。 天気に左右されない!子供と楽しめる充実の施設 ホテルのなかには、天気に左右されず、大人も子供も、家族みんなで楽しめる施設が充実したところがたくさんあります。 数多くホテルにある屋内プールのなかには、子供用プールはもちろん、すべり台やウォータースライダーが設置されているところも。 温泉やさまざまな種類のお風呂があり、スパとして楽しめるところもあります。 アミューズメント施設が充実しているホテルでは、ゲームコーナーや漫画コーナー、カラオケなどが設置。 キッズルームやキッズクラブが設置されていたり、部屋におもちゃが用意されているプランなど、子供が安心して遊べるホテルもあります。 あると嬉しい!子連れ向けの記念サービス ホテルでは、ファミリープランが用意されていたり、子連れ向けの記念サービスを提供しているところが、たくさんあります。 完全禁煙ルームや、12時チェックアウトなど、安心でゆったりとくつろげるプランやキャラクターデザインルーム、キャラクターグッズのプレゼント付、ホテル周辺にある、人気のテーマパークの割引券や入場券付などのプラン、子供用のおもちゃや、子供用アメニティのプレゼントがあるプランもあります。 大人にも子供にもドリンク、ホテルメイドのスイーツが提供されるプラン。 誕生日などの記念日には、メッセージプレートが添えられるホールケーキ付きなど、嬉しいサービスが充実しています。 広告 子連れ旅行で持っていくと便利なもの 自宅では不自由はなくても、子連れ旅行では持っていくと便利なものは、意外とあります。 洗濯ができない旅行先では、使い捨てのオムツ替えシートは、汚れを気にすることとなく使え、薄型で持ち運びも簡単。 ウエットティッシュは、汚れをふくことはもちろん、おしりふきの代用や除菌効果のあるものであれば、衛生面も安心です。 赤ちゃん(子供用)歯ブラシは、ホテルに無いことも多く、あると便利。 大きめのタオルは、汚れをふくことはもちろん、眠ってしまった時には布団の代わりに、寒い時には防寒対策に、日差しの強い時には日よけとしても使えます。 子連れホテルの利用はネット予約がおすすめ! 子連れホテルの利用は、ネット予約がおすすめです。 その理由の1つに、情報量の多さがあります。 ネットのトップページには、ファミリープランやイベントプランなど、そのときどきのおすすめプランが表示されていたり、キーワードを入力すれば、検索も簡単です。 部屋やプラン詳細、よくあるお問合せページを見れば、設備やアメニティなど、子連れ利用のための、知りたい情報のほとんどがのせられています。 子育てをしていると、なかなか時間が取れないこともあり、時間が決まっていることの多い電話予約よりも、24時間予約可能なネットは便利です。 さらにネット限定プランなどもあり、お得にホテルを利用するのであれば、ネット予約がおすすめです。 ビジネスホテルから観光スポットまでは、天草文化交流館まで歩いて約13分、崎津教会まで車で約45分で行けます。 ホテルサンロードではスタンダードタイプ、スタンダードプラス、クラシックタイプ、和室などの客室に泊まれます。 2016年~2017年にかけて客室を改装しています。 車を約40台停められる無料駐車場を利用できます。 ビジネスホテル内にはレストラン、コインランドリー、自動販売機などがあります。 朝食は和洋バイキングになっています。 客室にはバス、ウォシュレットトイレ、冷蔵庫、テレビ、無料WiFiなどの設備があって、歯ブラシ、ボディソープ、ヒゲソリなどが用意されています。 化粧水、乳液、コットンなどの女性用のアメニティグッズや、スリッパ、歯ブラシ、ボディスポンジなどの子供用アメニティグッズもあります。 パソコン、携帯充電器、低反発枕、爪切りなどをレンタルできます。 広告 JR・三角駅より定期船で15分。 熊本駅よりバス90分。 駐車場利用可能です。 熊本の前島という島にあり、風光明媚な眺望を誇る旅館は、海の近くにあり、夏は海水浴、釣り、海釣り、クルージング、ダイビングなどのアクティビティーを楽しめ、ゴルフ、パラグライダー、ハイキングの拠点としても最適のロケーションです。 貸切露天風呂や岩盤浴など海辺の温泉を堪能した後は、天草の新鮮な海の幸で大満足。 平成27年3月には展望露天風呂がオープン。 お部屋は、ゆったりできる純和室とシックな洋室、天使の椅子が各部屋にあり、ほとんどの部屋がオーシャンビュー。 室内には、露天風呂 一部 、温水清浄トイレ、シャワー、冷暖房、テレビ、ビデオデッキまたはDVD、衛星放送、空の冷蔵庫、浴衣、バスアメニティなど設備・アメニティが豊富。 ホテルから5分の所にあるビーチは波も穏やかでお子様が遊んでも安心。 晴れた日には遠くに雲仙岳も見えます。 天草キリシタン村やイルカウォッチングのできる五和町二江港も車で30分圏内にあり観光の拠点にするのにも便利な好立地条件の宿泊施設です。 天草温泉ホテルアレグリアガーデンズ天草の客室数は54部屋あり、部屋タイプは和洋室、洋室、特別和室、ジュニアスイートなどがあり、部屋からは美しい海の景色を楽しむことができます。 広々とした清潔感のある各部屋には、薄型テレビや電気ポットお茶セット、スリッパなどが備わっています。 専用のバスルームには、歯磨きセットやシャンプー、リンス、ボディーソープ、ドライヤーなどのバスアメニティーも充実しています。 インターネットは館内全域でWi-Fiを無料で使用することができます。 天草温泉ホテルアレグリアガーデンズ天草の館内には、熊本県天草市の名産品を取りそろえたショップやコーヒーやドリンク類が楽しめるカフェ、天草の海を眺めながら入れる天然温泉ぺルラの湯や山の景色を眺めながら入れる山の湯など種類豊富な温泉露天風呂などを楽しむことができます。 岩盤浴やマッサージ施設も完備しています。 またホテルのロビーは広々としたテラス式となっておりソファーに座りながらくつろぐこともできます。 敷地内には無料の駐車場が完備されています。 建築デザイナー三澤浩之が設計した空間は、まるで天空の海と空を航海する豪華客船のよう。 客室は本館と離れのヴィラがあり、全客室の広々としたテラスからは絶景の多島海、松島が望める露天風呂付です。 露天風呂は美人湯として知られる天草松島温泉で、美容効果はもちろん、神経痛や関節痛にも効能あり。 館内のレストラン「Festa del mare」では、地元素材をふんだんに使用した本格イタリアンを海や島を眺めながら堪能できます。 その他の館内施設は、バリエステ、プール&テラス、ライブラリーラウンジ等。 チェックイン後の受付棟から客室棟への移動は、スタッフによる専用カートでの案内あり。 離れヴィラを利用の場合は、滞在期間中カートの貸出があるので、敷地内を自由に移動できます。 天草空港からバスで約15分、松橋ICから車で約1時間30分で来られます。 ビジネスホテルから観光スポットまでは、天草五橋まで車で約1時間10分、崎津教会まで車で約1時間20分で行けます。 プラザホテルアネックスは客室が全63室のビジネスホテルで、シングルルーム、セミダブルルームなどの客室に泊まれます。 車を70台置ける無料駐車場を使えます。 レストラン、スカイラウンジ、宴会場などの館内施設や、有料のコインランドリー、自動販売機などの館内設備を利用できます。 客室にはテレビ、冷蔵庫、電話、湯沸かしポット、WiFiなどの設備があって、スリッパ、浴衣、歯みがきセット、カミソリ、お茶セットなどが用意されています。 ホテルから観光スポットまでは富岡城跡まで車で約3分、大江天主堂から車で約30分、崎津天主堂まで車で約40分で行けます。 あまくさ温泉ホテル 四季咲館は全室オーシャンビューで、和室、ツインルーム、シングルルームの客室に泊まれます。 天然温泉の展望浴場があって、シャンプー、ボディソープ、ヘアブラシなどの浴室アメニティが用意されています。 女性用の浴場にはメイク落とし、洗顔料、化粧水、乳液などもあります。 ホテル内ではレストラン、売店、カラオケルーム、喫煙スペース、宴会場などの館内施設を利用できます。 客室には浴衣、伴天、歯ブラシセット、シャンプー、バスタオルなどが用意されています。

次の

ベスト10 静岡市のビジネスホテル 【トリップアドバイザー】

ビジネスホテル 子連れ

杜の都仙台。 特に東北新幹線に近い人にとっては非常にアクセスが良いです。 アクセスが良いことは子連れ旅行で非常に重要な点ですね。 特に新幹線が好きな子供は多いですので、ちょっと大変でも子供が喜ぶなら頑張ってしまいます。 (そして実際連れて行ってみるとそこまで喜ばなかったりもすることがあるのですが・・・) さてそんな子連れの旅行悩みがちなのがホテルです。 子連れだと理想は和室なのですが、和室だとどうしても予算が上がりがちになってしまうのが悩みポイント。 そこで仙台市内での子連れお勧めホテルについてまとめてみました。 仙台観光のお役に立てば幸いです。 なお、アンパンマンミュージアムを重視した選び方をするならこちらのホテルがおススメです。 子連れの仙台旅行のポイントについては次の記事でまとめています。 「」(1冊198円~)「」(1冊250円~)等のサービスがあります。 スマホアプリで簡単に申込ができて、しかも1冊あたりもお手頃価格。 最近は写真をプリントする事も少なくなったので、形に残る思い出として残してみるのも良いのではないでしょうか。 初日:秋保温泉• 初日宿泊:秋保温泉 ホテル瑞鳳櫻離宮(部屋付き露天温泉でまったり)• 2日目:仙台アンパンマンミュージアム• 2日目宿泊:仙台駅東口 ホテルビスタ仙台• やっぱり和室は楽ですね、子供が走り回っても気になりません。 ビジネスホテルだと、やはり床を子供が走り回ってしまうので、靴脱がせたりはかせたりが面倒ですね。 ベッドの上とかはねたがりますし・・・。 ただ自分的には比較的外いっぱい連れ出せばいいかな、というので、疲れさせて夜早めに寝かさせる作戦で乗り切りました。 風呂トイレ別、っていうのは子連れ的には大事ですね。 お風呂にいれやすくて助かりました。 仙台アンパンマンミュージアムが重要 子連れ旅行の仙台のポイントは、やはりアンパンマンミュージアムかなと思います。 仙台駅の東口やや北側、大体1キロ、子連れだと歩いて15分かからないくらいでしょうか。 もちろん一度しか行かないのですが、朝早く訪れたいですし、終わったらそのままお昼寝もさせたいところ。 時間を目いっぱい使うためには近いほうが助かりますね。 リッチにいくならタクシーという選択肢もありですが。 個人的には行く日はやはり、近いほうが楽だと思います。 遠いと電車とかがある場所じゃないのでタクシーになってしまいます。 アンパンマンミュージアムの記事に関しては、こちらをご参照ください。 高予算プラン 仙台市内の温泉旅館に一泊 仙台市内には、秋保温泉という有名温泉地があります。 古くは仙台藩当主伊達家の湯治のための温泉地として守られてきた場所です。 歴史と伝統がある温泉地ですが、この背景があるため、仙台市内からは比較的近くバスで30分程あれば訪れる事ができます。 市街地からは多少離れてしまいますが、市街地観光と混ぜ込むこともできる距離です。 予算とお時間が許すのであればおすすめです。 秋保温泉の案内はこちらの記事にまとめていますのでご参照ください。 秋保温泉で子連れでお勧めのお宿は2件です。 ホテル瑞鳳 旅行に何を求めるかですが、子連れでもゆっくり温泉には入りたい。 ですが、大浴場だとなかなかゆっくり入れない。 となると、部屋付き温泉に行くしかない。 というので、行きつくホテルがホテル瑞鳳です。 部屋付き + 温泉 + 露天が揃ったお宿。 なかなかこの全部の条件がそろったお宿って無いんです。 アクセスが良い場所だとここしかないんじゃないでしょうか。 またこちらはバイキングも有名。 品ぞろえの評判がいいですし、子供にも好きなものを食べさせられて楽です。 ただし、ここまでやるともちろんお値段もそこそこしてしまいますので、あとはご予算と相談でしょうか。 こちらの宿泊レポートは次の記事にまとめていますのでご参照ください。 蘭亭 正直自分が仙台行くときにはここと一番迷いました。 赤ちゃん対応が売りなので、子連れの自分としてはとてもとてもとても迷ったのですが、最終的には部屋付きの温泉にどうしても行きたくて断念。 そこさえあれば迷わずこちらにしていたのですが・・・。 大浴場は子供可で、しかもバスチェアなりおもちゃなりの準備があるようです。 大浴場で問題ないか、もしくはご夫婦なりで交代で入れれば良いのであればこちらがおすすめです。 特に低年齢児でもOKな調乳ポットなり、消毒セットなり、おむつゴミ箱なりがお部屋に完備されているのは子連れには非常にありがたい。 しかも離乳食やミルクが売店で販売している!(お値段が若干してしまうのは致し方ないですかね、あんまり温泉地で買う人も少ないでしょうから・・・) というので、かなり子連れに手厚い準備があるようです。 荷物はすこしでも減らして訪れたいでしょうから、何まで準備があるかは事前にお電話で確認するのをお勧めします。 何を重視するかにはよりますが、赤ちゃんずれであればこちらは要チェックです。 中予算プラン 仙台駅近辺の和室に一泊 温泉はおいといて、仙台駅を拠点に旅行したい!という方も多いでしょうか。 そういう場合には仙台駅近辺のお宿を探すことになるのですが、子連れだとやはり和室が良いですね。 ただ和室だと少し予算がしてしまいますので、この点だけ注意してください。 仙台駅近辺で、和室があるお宿をご案内します。 上から豪華な順(=お値段がする順)に大体並んでいます。 とりあえず一揃え挙げられていますが、自分の場合は泊まりませんでした。 仙台アンパンマンミュージアム重視だったのですが、近いホテルの和室が全部埋まっていたのです。 和室は数が限られますが、人気シーズンだと同じこと考える子連れの方は多いです。 早めの予約をお勧めします。 ホテルメトロポリタン仙台 こちらは仙台市内でもかなり高級な部類に入るホテルです。 和室はスイートルームのみとなっており、作りはかなり豪勢。 奮発した仙台旅行をするのであればこちらでしょうか。 JR系列のため、もちろん駅直結です。 格安プラン 仙台駅近辺の子連れでもなんとかなりそうなビジネスホテルに一泊 和室が開いていない場合。 もしくは予算をさらに削減したい場合。 普通にビジネスホテルに泊まるという選択肢になります。 ただ子連れということであまり譲りたくないポイントとしては、比較的内装が綺麗であってほしいこと。 かつ、バストイレは別のほうがお風呂入れる上で非常にありがたい。 という条件を満たす宿を探したところ、こちらのふたつが出ました。 私自身はホテルビスタ仙台に泊まっています。 ホテルビスタ仙台 仙台駅東口側。 特になにかがある場所ではないですが、仙台アンパンマンミュージアムには比較的近いです。 2016年4月オープンと新しい事もポイントでしょうか。 私自身は仙台アンパンマンミュージアム重視していたのでこちらに泊まりました。 歩いて行ける距離でしたので満足です。 子供転落防止用のベッドガードは、要望すればつけてくれました。 こちらの宿泊レポートは簡単ですがこちらにまとめています。

次の