チェッカーズ メンバー。 チェッカーズ解散理由はメンバー高杢禎彦とXXの確執?再結成は?

チェッカーズのメンバーって仲直りしたのですか?

チェッカーズ メンバー

チェッカーズを抜けたいと言ったのは誰? チェッカーズを抜けたいと言ったのは、藤井フミヤさんのようです。 藤井フミヤさんが「チェッカーズを脱退したい」とリーダーの武内亨さんに相談し、その後メンバーでの話し合いが行われ、解散に至ったとのこと。 以下は、過去にメンバーの鶴久さんが語っていた内容です。 「91年10月くらいだったかな、 メンバーのひとりが『やめたい』と事務所に言いにいって、7人で話し合いをする機会があったんだけど、そのメンバーは、今度は『解散したい』って言葉に置き換えたんです。 (中略) その後、残りの6人が3対3に分かれて、『解散する』『いや、しない』という議論が続いたけど、結局事務所の人が間に入って『ひとりが抜けても、続けていけるのか?』と。 それで、 解散を認めざるをえなくなったんです」 (「サイゾー」<サイゾー/2004年12月号>より) 引用元:Business Journal 解散を望んだメンバーと、続けることを望んだメンバーが2つに分かれてしまい、話し合った結果、解散することになったと・・・。 ちなみに「解散派」は藤井フミヤさん・尚之さん・武内享さん、大土井裕二さん、 「続ける派」は高杢禎彦さん・鶴久政治さん・徳永善也さんだったそうです。 藤井さんがなぜチェッカーズを抜けたがったのか、解散したかったのかは世間に発表されてはいないのですが、スタッフやファンの間では、メンバーの高杢禎彦さんとの確執が原因だとも言われています。 チェッカーズの解散は、藤井フミヤと高杢禎彦の確執が原因とも ここで、高杢さんがソロ活動をし始めた頃の情報がありましたので、掲示します。 高杢はソロ活動を開始する。 高杢と鶴久がソロ活動で忙しくなり(89年辺り)、 チェッカーズはレコーディングすらままならないこともあった。 (忙しくなったと言っても、高杢のソロコンサートは3列目までしか埋まらなかったのだが。 事実) メンバーの心が徐々に離れていったのはこの辺りではないだろうか。 引用元:シエ藤さんブログ 忙しくなったメンバーがいて、チェッカーズとしての活動が難しくなってきた・・・ そこからメンバーの間にヒビが入ってしまったのでしょうか。 解散してから11年後、メンバーだった高杢さんは自伝的エッセイ集『チェッカーズ』を出版しています。 その内容は暴露本とも思える内容だったと言います。 「高杢はフミヤが一方的に解散を決めたことが不満で、 グループは解散派と解散否定派に分かれました。 しかし解散してしまったことで、溝ができたのです。 本には金銭問題なども書かれていて、まるで暴露本でしたね。 これにはフミヤが激怒したといいます」(芸能プロ関係者) 引用元:msn この情報が本当だとすると、 解散をしたいメンバーと解散したくないメンバーに、グループが二分されてしまったとのこと。 特に高杢さんは「解散したら、誰もメシ食っていけない」と、続けることを強く望んだと言われています。 そうして意見が割れたまま、解散に至ってしまったそうです。 徳永善也さんの「お別れ会」で確執が決定的に それから後、メンバーの徳井さんが病気で亡くなってしまい、その「お別れ会」で2人の確執が一層顕になってしまったようです。 その後、メンバーのひとり、徳永さんが亡くなり、『お別れの会』の発起人からフミヤと対立していた高杢と鶴久が外されたことにより、両派は完全に分裂、溝はさらに深くなった。 引用元:msn 情報によると、徳永さんの「お別れ会」の発起人は藤井フミヤさんや尚之さんらでしたが、7~8年間会っていなかった高杢さんや鶴久さんは外されてしまい、溝が一層深まってしまったとのこと。 この発起人に関しては、諸説あり、真相は明らかではありません。 いずれにせよ、チェッカーズは深い溝で分裂されてしまったというのは事実のようです。。 まとめ チェッカーズの解散理由についてまとめました。 解散の理由や徳井さんのお別れ会などについては様々な情報があり、真実を見極めるのはとても難しいです。 ですが、どの情報にも共通していたのは、 チェッカーズ活動中に、メンバーのソロ活動が忙しくなってしまった、 なんらかの理由で、藤井フミヤさんが抜けたい・解散したいと言った、 意見が分かれたまま和解できなかった、 ということ。 この3つは信憑性が高そうです。 名曲をたくさん世に出してくれたバンドが解散・・・は寂しいことですが、チェッカーズが残してくれたものは大きかったですね。 いつまでも受け継がれていってほしいと思います。 それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

チェッカーズ

チェッカーズ メンバー

独断と偏見、名曲ランキングベスト3 さて、数々のヒット曲を発表しているチェッカーズだが、 名曲ランキングを紹介しよう。 これは、チェッカーズがテレビに出始めてから、解散するまで、 その存在を見守ってきた、私の独断と偏見で決めたいと思います。 後半はカラオケのジョイサウンドで皆んなに歌われている、 チェッカーズの曲で人気の曲を紹介します。 チェッカーズ名曲ランキング第3位「 涙のリクエスト」 出典:goo. — Cafe de Eslava えすらば🍰🍫🍮カフェ・ド・エスラバ esplover 私が子供の頃にチェッカーズの事を認識したのが、 この曲を歌うチェッカーズだ。 この曲はチェッカーズが発表した曲の2曲目で (1曲目は、ギザギザハートの子守唄) この曲が当時大ヒットした事を記憶している。 この曲で、チェッカーズカッコイイ!という人気が出た。 で、もっとチェッカーズの曲を聞きたい! という事で、ギザギザハートの子守唄を知ったという感じだ。 当時、チェッカーズの曲は涙のリクエストしか無いのかよ! と思ったものである。 チェッカーズ名曲ランキング第2位「Song for U. A」 出典:goo. いつも愛たくなるぜ! フミヤ愛しても決して言えない 言葉。。。 フミヤを愛してる!! ファンも一緒だな! バックのスターアメリカ国境。 何故かチェッカーズの曲を思い浮かべると、この曲名が思い浮かぶ。 何故かと考えた時、当時中学2年生の私は、 中学校の行事で林間学校に行った。 その時、林間学校の行事で皆でオリジナルTシャツを作った。 無地の真っ白なTシャツに皆で筆で着色して、 絵や文字を書いた。 その時、サルみたいな顔をした友達が、 TシャツにSong for U. Aと書いていた。 なので覚えていたのだ。 (どうでもいい話でした) チェッカーズ名曲ランキング第1位「ギザギザハートの子守唄」 出典:goo. その替え歌はとても卑猥(ヒワイ)な内容だった。 ここでは詳しくは書かないが、それ程この曲はカラオケなどで当時歌われていた、 有名な曲なのである。 さて、当時チェッカーズが大好きだった人達に話を聞いてみた。 当然女性という事になる。 では、早速紹介しましょう。 カラオケ人気ランキング という事で、私の独断と偏見のランキングが終わった所で、 チェッカーズの歌で、最もカラオケで歌われているランキングを、 発表したいと思います。 2番の詩が好きなんよ。 人生で初めて「結婚したい!」と思ったのが藤井フミヤさんです。 それまで男性アイドル といえばジャニーズ、 そしてジャニーズはほんのりダサいと中学に入ったばかりの時には感じはじめていて、 あまりジャニーズファンはアピールしたくないものでした。 そんな時に彗星のごとく現れたのがチェッカーズです。 バンドといえばルックスはちょっと…のはずが、 チェッカーズは全員カッコよく見えました。 前 髪は伸ばしましたよ、やっぱり。 そのあと部分的に残してカットしました。 今思えば上下チェックなど絶対にしてはいけないコーディネートなんでしょうが、 そ の時は「絶対にチェックの服しか着たくない。 」こう思い込んでいるほどだったのです。 全員カッコよく見えたチェッカーズの中でも、 まるで王子様のように見えたのが藤井郁弥さんでした。 背は低くてもスタンドマイクでのアクションはカッコよく、 音楽もアイドルの歌とは全く違って聞こえました。 チェッカーズのコピーバンドを友達と組んだのも、 「この後デビューして、郁弥に近づけるかも!!」 と 今思えば何もかも間違っている動機でした。 バンドの人たちの雑誌も当時よく出ていて、 アイドルはその雑誌には登場しないけれど、チェッカーズと吉川晃司さ んは出ていました。 チェッカーズといえば、ベストテンです。 最初はカセットレコーダーしか持っていなかったので、 テレビの前にレコーダーを置き、家族がしゃべろうものなら怒 りまくりでした。 「私の郁弥の邪魔をしないで!!」 その後チェッカーズを何度でも見られるようにビデオを買ってもらいました。 ビデオをセットして、ランキ ングを待ち続け、 チェッカーズが登場すると録画スタートです。 ベストテンでは歌の前にトークとか一芸披露などがあるのですが、 郁哉さんは料理関係のアルバ イトをしていたらしく、包丁さばきが見事でした。 「こんなになんでもできる人は、他にいないかも!」 その後チェッカーズのヒットは続いていましたが、 雑誌で見かけた他のバンドにも興味を持ち、 今度はチェッカーズがほんのりダサいと感じ始めてしまいまし た。 やがて彼らは解散してしまい、 フミヤはいきなりのソロ活動でもヒットが出たのですが、 その時は結婚しようと思っていたことも遠い過去になってしまって いました。 アートでの活動などもチラチラと見かけてはいたものの…。 今は歌に加えてナチュラルなライフスタイルを提示していくような、 そんなアーティスト になっていますが、割と黒く暗い歌も歌っていたところを復活しないのかな… なんて期待しています。 チェッカーズが大好きでした 昔大好きだった芸能人と言って思い浮かぶのは、 チェッカーズです。 一番最初にテレビで見たときは 「何だか田舎臭いお兄ちゃん達がデビューしたなあ」 と思っていましたが、 デビュー当時にメンバーがおそろいで着ていた、 チェックのロングコート(ロングシャツだったかな?)は、 さりげなくチェックしていました。 案の定チェックは流行しました。 チェックのパンツ、チェックのシャツ、 チェックのロングコートに、 チェックのベレー帽の若者達が街を闊歩していました。 でも、彼等がチェックを着ていたのは最初だけで、 すぐに革ジャンになりました。 でも、それはそれで、格好いいから不思議です。 出す歌も次から次にヒットしました。 私の友達とかは、それぞれ好きなメンバーがいて、 その人達の事を熱く語っていましたけど、 私は特に好きなメンバーがいた、 というよりは、チェッカーズそのものが好きでした。 出す歌も本当に大好きで、 キーが低いので声は出ないのですが、 よくカラオケで熱唱していました。 もし私が男性だったら、 きっとチェッカーズのメンバーのファッションとか、 生き方とか、お手本にしたと思います。 そういえば、彼等の福岡弁も魅力でした。 東京で福岡を貫く! みたいな所がまたたまらない魅力でした。 ギザギザハートの子守唄、 ジュリアにハートブレイク、ソングフォアUSA、 ワンダラー、ワンナイトジゴロ、 よく歌った歌を思い起こせば、限りなく出てきます。 チェッカーズが解散して、フミヤがソロデビューしてからは、 次第に聴かなくなってしまいました。 ドラムをしていたクロベエが亡くなった時には、 すごいショックでした。 その訃報を、私は仕事中に聞きましたが、 ショックが強すぎて、 その後の仕事は手に付かなかったのを覚えています。 その時に、解散の裏に隠されていた、 メンバー同士の確執を知った時にも、またダブルでショックでした。 この前、本当に久しぶりにマサハルをテレビで見ましたが、 確かに年はとっていましたが、あの頃を思い出して懐かしく思いました。 チェッカーズの歌は、 私の若い頃のいろんなシーンで流れていました。 言うなれば、私の青春そのものでした。 今、中古のCDショップに行った時に、 チェッカーズのCDを探す事があります。 なかなか見付からないものです。 デビュー当時のものを探すのですが、ないですね。 今、デビュー当時のチェッカーズの歌を聴いたら、 頭の中だけ、いっぺんにあの頃にタイムスリップしてしまうかもなあ、と思います。 芸能人の記事のまとめページ (スポンサーリンク) 関連記事 関連記事: 関連記事: カテゴリー•

次の

鶴久政治、チェッカーズの“確執騒動”振り返る「あれはショックでしたね」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

チェッカーズ メンバー

1983年のチャッカーズのシングル「ギザギザハートの子守唄」から、1992年の最後のシングル「Present for you」まで、全30のシングルはすべて売れた。 1度として10万枚を下回ったことがなく、10年間でCDとDVDの売上枚数は1500万枚を超えている。 1年150万枚の売上を出していることになるのだからとんでもない記録だ。 ジャケットの右側にいるひげオジサンが高杢禎彦だ。 たしかに年齢をサバ読んでいると言われるぐらいに、老けている。 高杢禎彦は、藤井フミヤと保育園以来の幼馴染で親友だった。 酒に酔っている藤井フミヤに、チェッカーズに入れてくれと頼みこみ、2度のテストの末に入れてもらった。 当時、彼らは未成年である。 高杢禎彦は、高校生のころから、ひげが生えていたらしい。 理容室の息子なので、毛の力が強いのだろう。 その他に、印税とか、個人的な番組出演らのギャラが加算される。 高杢禎彦も1100万円の納税をした年もある。 つまり2000万超えってことか。 1992年までには、メンバー全員が結婚する。 高杢禎彦には、息子1人と娘2人がいる。 チェッカーズの真の解散理由は、メンバーにしかわからない。 わからないので、ファンや音楽業界らの間で通説となっているものをいくつか取り上げる。 どれが真実なのかは不明。 チェッカーズとしてのバンド活動を中心にやるべきなのに、リハーサルもろくに出来ない。 そのうち、メンバー間のズレが発生して、ついに藤井フミヤがリーダーの武内享に「チェッカーズをやめたい」と持ちかけた。 藤井フミヤに賛同した武内享は、メンバー全員を集めた。 解散に賛成が「藤井フミヤ、藤井尚之、武内享、大土井裕二の4人」、解散に反対が「高杢禎彦、鶴久、徳永の3人」。 解散反対派は、鶴久をメインボーカルにすえてチェッカーズの存続を主張したが、願いは叶わず1992年末に解散となった。 理由は、1986年のシングル「NANA」以降、チェッカーズの音楽プロデューサー芹澤らの作る曲でなく、オリジナルで勝負することになったことで、藤井フミヤに1番印税が入ることとなった。 さらに、藤井フミヤは、売上と比例して高額のギャランティーを請求するようになっていた。 恩がある芹澤廣明を裏切って自分たちだけでやっていくのも、藤井フミヤが金のためにやったということらしい。 そして1992年、チェッカーズの藤井フミヤがワンマン的に解散を言い出して、解散に至った。 チェッカーズファンの間では、「メンバー間のズレが発端」という説が1番信じられている。 理由としては、「藤井フミヤがソロで活動したいと思っても、全然責められることではない」からだ。 当時のバンドの売り方は、「容姿重視のバンドに、プロの音楽家が曲を提供する」やり方が主流だった。 つまり、「バンドの音楽センスなんて全く信用しておらず、アイドルマーケティングで曲を売る」という手法だ チェッカーズも類にもれず、チェッカーズの当初の人気は、アイドルのような扱いだった。 当然ここには確執がある。 音楽プロデューサーにおんぶにだっこではなく、「自分たちの実力で売れたい」と歌手が思うのは当たり前だ。 チェッカーズも、全てのバンドがそうであるように、「自分たちのオリジナルで勝負したい」と思いはじめた。 そしてチェッカーズが、オリジナルに移行したのが1986年の「NANA」だ。 売れ行きが落ちることはなく、チェッカーズが解散する1992年まですべてのシングル・アルバム・DVDが売れ続けた。 チェッカーズは、自分たちの音楽的センスを実績で証明したわけだ。 こうした背景があるので、実績のある「藤井フミヤ」が悪いとは思えず、「藤井フミヤが金に貪欲って、仮にそうだとしても、おんぶにだっこで売れてる奴が文句言うなよ」「オリジナルで勝負したいのは当たり前だろ。 音楽プロデューサーこそ、チェッカーズの人気に寄生してるだけだろ」と考える人が多くなった。 高杢禎彦は、1度も健康診断を受けたことがなく、病院に行ったことすらなかったらしい。 ドラマ撮影の合間の食事で、体験したこともない強烈な違和感と吐き気に襲われた。 「初期ではない」と言われたことが激しくショックだったとか。 ショックの大きさに、自ら命を立つことも考えた高杢禎彦だったが、妻の励ましもあり、手術をうけることにした。 手術は、横隔膜を切って、胃、脾臓、胆嚢の全摘出。 食道も半分、リンパ節も多数摘出した。 まず食欲は湧く。 しかしうどんを1本食べれば満腹になる。 体重も男でも40代前半にまで下がる。 とにかく食事はよく噛んで食べる必要がある。 しかも食事のやりかたは、正解がなく、人それぞれ、いろいろ試して、自分に合う食事方法を編み出す必要があった。 正解を見つけるまでは、腹痛やめまいや脱力感や息苦しさと戦い続けることになる。 数年経てば、食事量も戻り、食事も好きなものを食べられるようになる。 だが、胃全摘出後は、「一生戻らなかったら」という不安がずっと続くそうだ。 人間ってすげえなー。 チェッカーズ高杢禎彦は、作曲らが出来ず、チェッカーズも解散してお金もなくなって、そんな矢先に癌になってしまった。 なので、奥さんもいるし、子供も3人いるし、暴露本を出すにいたった。 それをメンバー全員がわかっているからこそ、暴露本に関しては、藤井フミヤらもあまり触れない。 チェッカーズ高杢禎彦の現在につづく【再結成しない理由など】 チャッカーズ高杢禎彦の現在の年齢は、57歳だ.

次の