コインチェック レバレッジ。 モナコイン(Monacoin/MONA)のレバレッジ取引(FX)ができるおすすめの取引所【国内・海外】

Coincheck(コインチェック)の評判は?メリット・デメリット・注意点を徹底解説

コインチェック レバレッジ

Coincheck(コインチェック)の基本情報 2014年8月に仮想通貨取引サービスの提供を開始したコインチェックは、初心者にも使いやすい取引ツールや、取り扱うコインの種類の豊富さ、テレビCM放送開始などで、仮想通貨市場の拡大に大きく貢献してきました。 2018年1月に発生したネム流出事件のネガティブなイメージは今なお残るものの、4月にはオンライン証券を展開するマネックスグループの完全子会社となり新経営体制が発足。 ネム(XEM)を保有していたユーザー約26万人に対して460億円以上もの返金を行い、補償金の対応などは2018年4月6日にすべて完了しています。 新たな代表取締役には、現マネックスグループ株式会社取締役兼常務執行役の勝屋敏彦が就任しました。 和田晃一良前代表取締役社長および大塚雄介前取締役COOは、経営責任をとって取締役を退任。 今後はシステムなどの担当として業務執行にあたります。 マネックスグループがこれまでオンライン証券業界で培ってきた経営管理やリスク管理のノウハウがコインチェックの今後にどう活かされていくのか、注目が集まっています。 運営会社 コインチェック株式会社 取引所 or 販売所 取引所、販売所 取引手数料 無料 出金手数料 400円 取扱通貨 10種類 通貨の種類 BTC、ETH、XRP、ETC、LTC、BCH、XEM、MONA、LSK、FCT 取引方法 信用取引、現物取引、レバレッジ取引(現在停止中) 最小取引量 0. 001 BTC レバレッジ 最大5倍(現在停止中) セキュリティ ・コールドストレージによるオフライン保管 ・二段階認証 ・お客様資産の分別管理 ・SSL暗号化通信 サポート体制 問い合わせフォーム、電話 Coincheck(コインチェック)のメリットは? 取り扱う仮想通貨の種類が多い コインチェックでは、やのほかにも、、、など全部で10種類の仮想通貨を扱っています。 なお、2018年6月18日からは、一部仮想通貨(、、、)の取り扱いが廃止となりました。 これは、管理体制の強化を踏まえ、リスクの再検証をした結果、「少しでも懸念のある通貨を取り扱うことは適切ではない」とコインチェックが判断したためです。 2019年6月5日(水)からは、国内で人気の高いの取り扱いも開始しました。 取引ツールやスマホアプリが使いやすい コインチェックのUIやスマホアプリの見やすさ、操作性の高さは、初心者から上級者まで幅広いユーザーから支持を得ています。 スマホで操作できる専用アプリの特徴は、無駄をはぶいたシンプルなデザイン。 ウィジェットに設定しておけば、各通貨の現在価格や比率がひと目で分かります。 最大5倍のレバレッジ取引が可能 コインチェックでは、現物取引だけでなく、レバレッジ取引も可能です。 レバレッジ取引とは、現物の日本円にこだわらない、いわゆる信用取引と呼ばれるもの。 証拠金として預けたお金の最大5倍の金額で仮想通貨の売買が可能なため、少額の投資でも大きな利益を得ることが可能となっています。 Coincheck(コインチェック)で必要な手数料は? 入金手数料 コインチェックへの入金方法は、「銀行振込」「コンビニ入金」「クイック入金」の3通りです。 取引所手数料が完全無料なのは嬉しいですよね。 Taker 手数料 Maker 手数料 0. 001 BTC ETH 0. 01 ETH ETC 0. 01 ETC LSK 0. 1 LSK FCT 0. 1 FCT XRP 0. 15 XRP LTC 0. 001 LTC BCH 0. 001 BCH MONA 0. 入金には「銀行からの振込」「クイック入金」「コンビニ入金」の3通りがありますが、 「クイック入金」「コンビニ入金」は現在停止しています。 ここでは、銀行振込の手順をご案内します。 まず、振込先口座は、「りそな銀行」もしくは「住信SBIネット銀行」から選べます。 指定の口座に料金を振り込んでください。 仮想通貨の買い方・売り方 コインチェックには、「販売所」「取引所」「専用アプリ」の3種類あります。 仮想通貨取引所と直接売買を行うのが「販売所」、ユーザー同士で仮想通貨の取引を行うのが「取引所」です。 コインチェックはアプリが使いやすいと評判なので、初心者の方もスマホから簡単に売買できるでしょう。 Coincheck(コインチェック)アプリの使い方 ダウンロード方法 コインチェックのアプリ「Coincheck ビットコインウォレット」は、iPhoneとAndroidどちらにも対応しています。 アプリの特徴 シンプルなデザインのチャートはコインチェックへの会員登録なしでも見ることができ、スマホのウィジェットに設定しておけば各通貨の価格変動がひと目で分かります。 急な価格変動が起こった場合は、プッシュ通知でお知らせしてくれます。 また、表示させる通貨はカスタマイズ可能。 所有している通貨だけ表示させたり、気になる通貨をチョイスしたりといったことも可能です。 アプリでできること• 会員登録なしでも無料でチャートを確認できます• スマホのウィジェットに設定可能です• ビットコインの取引ができます• QRコードを使った簡単ビットコイン送金・受け取り・支払いを行うことができます• 全取引履歴を確認することができます Coincheck(コインチェック)の口コミ・評判 コインチェックは、なんといってもシンプルなデザインの取引ツールと、少ないタップ数で操作が行えるスマホアプリの使いやすさが魅力です。 投資が初めてという初心者の方や、チャートチェックや取引所の操作をスマホで行いたいという方には特におすすめです。 ただ、取引手数料に関しては、他の取引所より割高である傾向が強く、頻繁に取引を行いたいという人にはやや向かないといえます。 SNSやインターネット上でのコインチェックに関する口コミを見ると、2018年1月に発生した不正送金事件を踏まえながら「早くコインチェック復活してまた面白いCMどんどん流して欲しい」「コインチェックが復活したら出来高はかなり回復するはず」といった期待の声や、「やっぱりコインチェックの使いやすさが一番」といったUIの利便性を再評価する声が多く見られます。 Coincheck(コインチェック)のログイン方法、できないときの対処法は? 何らかの理由でコインチェックにログインができないこともあり得ます。 そんなときにも慌てずに対応できるよう準備しておきましょう。 また、不正ログインがないとも言い切れませんので、その可能性がある場合は慌てず以下の緊急対応窓口に連絡しましょう。

次の

Coincheck(コインチェック)の評判は?メリット・デメリット・注意点を徹底解説

コインチェック レバレッジ

Coincheck(コインチェック)の基本情報 2014年8月に仮想通貨取引サービスの提供を開始したコインチェックは、初心者にも使いやすい取引ツールや、取り扱うコインの種類の豊富さ、テレビCM放送開始などで、仮想通貨市場の拡大に大きく貢献してきました。 2018年1月に発生したネム流出事件のネガティブなイメージは今なお残るものの、4月にはオンライン証券を展開するマネックスグループの完全子会社となり新経営体制が発足。 ネム(XEM)を保有していたユーザー約26万人に対して460億円以上もの返金を行い、補償金の対応などは2018年4月6日にすべて完了しています。 新たな代表取締役には、現マネックスグループ株式会社取締役兼常務執行役の勝屋敏彦が就任しました。 和田晃一良前代表取締役社長および大塚雄介前取締役COOは、経営責任をとって取締役を退任。 今後はシステムなどの担当として業務執行にあたります。 マネックスグループがこれまでオンライン証券業界で培ってきた経営管理やリスク管理のノウハウがコインチェックの今後にどう活かされていくのか、注目が集まっています。 運営会社 コインチェック株式会社 取引所 or 販売所 取引所、販売所 取引手数料 無料 出金手数料 400円 取扱通貨 10種類 通貨の種類 BTC、ETH、XRP、ETC、LTC、BCH、XEM、MONA、LSK、FCT 取引方法 信用取引、現物取引、レバレッジ取引(現在停止中) 最小取引量 0. 001 BTC レバレッジ 最大5倍(現在停止中) セキュリティ ・コールドストレージによるオフライン保管 ・二段階認証 ・お客様資産の分別管理 ・SSL暗号化通信 サポート体制 問い合わせフォーム、電話 Coincheck(コインチェック)のメリットは? 取り扱う仮想通貨の種類が多い コインチェックでは、やのほかにも、、、など全部で10種類の仮想通貨を扱っています。 なお、2018年6月18日からは、一部仮想通貨(、、、)の取り扱いが廃止となりました。 これは、管理体制の強化を踏まえ、リスクの再検証をした結果、「少しでも懸念のある通貨を取り扱うことは適切ではない」とコインチェックが判断したためです。 2019年6月5日(水)からは、国内で人気の高いの取り扱いも開始しました。 取引ツールやスマホアプリが使いやすい コインチェックのUIやスマホアプリの見やすさ、操作性の高さは、初心者から上級者まで幅広いユーザーから支持を得ています。 スマホで操作できる専用アプリの特徴は、無駄をはぶいたシンプルなデザイン。 ウィジェットに設定しておけば、各通貨の現在価格や比率がひと目で分かります。 最大5倍のレバレッジ取引が可能 コインチェックでは、現物取引だけでなく、レバレッジ取引も可能です。 レバレッジ取引とは、現物の日本円にこだわらない、いわゆる信用取引と呼ばれるもの。 証拠金として預けたお金の最大5倍の金額で仮想通貨の売買が可能なため、少額の投資でも大きな利益を得ることが可能となっています。 Coincheck(コインチェック)で必要な手数料は? 入金手数料 コインチェックへの入金方法は、「銀行振込」「コンビニ入金」「クイック入金」の3通りです。 取引所手数料が完全無料なのは嬉しいですよね。 Taker 手数料 Maker 手数料 0. 001 BTC ETH 0. 01 ETH ETC 0. 01 ETC LSK 0. 1 LSK FCT 0. 1 FCT XRP 0. 15 XRP LTC 0. 001 LTC BCH 0. 001 BCH MONA 0. 入金には「銀行からの振込」「クイック入金」「コンビニ入金」の3通りがありますが、 「クイック入金」「コンビニ入金」は現在停止しています。 ここでは、銀行振込の手順をご案内します。 まず、振込先口座は、「りそな銀行」もしくは「住信SBIネット銀行」から選べます。 指定の口座に料金を振り込んでください。 仮想通貨の買い方・売り方 コインチェックには、「販売所」「取引所」「専用アプリ」の3種類あります。 仮想通貨取引所と直接売買を行うのが「販売所」、ユーザー同士で仮想通貨の取引を行うのが「取引所」です。 コインチェックはアプリが使いやすいと評判なので、初心者の方もスマホから簡単に売買できるでしょう。 Coincheck(コインチェック)アプリの使い方 ダウンロード方法 コインチェックのアプリ「Coincheck ビットコインウォレット」は、iPhoneとAndroidどちらにも対応しています。 アプリの特徴 シンプルなデザインのチャートはコインチェックへの会員登録なしでも見ることができ、スマホのウィジェットに設定しておけば各通貨の価格変動がひと目で分かります。 急な価格変動が起こった場合は、プッシュ通知でお知らせしてくれます。 また、表示させる通貨はカスタマイズ可能。 所有している通貨だけ表示させたり、気になる通貨をチョイスしたりといったことも可能です。 アプリでできること• 会員登録なしでも無料でチャートを確認できます• スマホのウィジェットに設定可能です• ビットコインの取引ができます• QRコードを使った簡単ビットコイン送金・受け取り・支払いを行うことができます• 全取引履歴を確認することができます Coincheck(コインチェック)の口コミ・評判 コインチェックは、なんといってもシンプルなデザインの取引ツールと、少ないタップ数で操作が行えるスマホアプリの使いやすさが魅力です。 投資が初めてという初心者の方や、チャートチェックや取引所の操作をスマホで行いたいという方には特におすすめです。 ただ、取引手数料に関しては、他の取引所より割高である傾向が強く、頻繁に取引を行いたいという人にはやや向かないといえます。 SNSやインターネット上でのコインチェックに関する口コミを見ると、2018年1月に発生した不正送金事件を踏まえながら「早くコインチェック復活してまた面白いCMどんどん流して欲しい」「コインチェックが復活したら出来高はかなり回復するはず」といった期待の声や、「やっぱりコインチェックの使いやすさが一番」といったUIの利便性を再評価する声が多く見られます。 Coincheck(コインチェック)のログイン方法、できないときの対処法は? 何らかの理由でコインチェックにログインができないこともあり得ます。 そんなときにも慌てずに対応できるよう準備しておきましょう。 また、不正ログインがないとも言い切れませんので、その可能性がある場合は慌てず以下の緊急対応窓口に連絡しましょう。

次の

コインチェック(Coincheck)でレバレッジ取引をする方法を解説。ロング(買い)とショート(空売り)の使い方とは?

コインチェック レバレッジ

コインチェック取引所は、2019年12月時点でペイメント以外のサービスは再開しています。 そこで今回は、コインチェックでレバレッジ取引を始めたい方に向けて、Coincheck取引所の特徴や、レバレッジ取引の始め方についてお伝えしていきましょう。 コインチェック Coincheck のレバレッジは現在停止中!再開目処は? コインチェック Coincheck ではレバレッジ取引も可能で、 レバレッジ倍数最大4倍で設定しています。 またレバレッジ取引で取り扱っている通貨は、ビットコイン BTC のみで 他のアルトコインで取引することはできません。 2019年10月31日14:00以降から、レバレッジ取引におけるレバレッジを5倍から4倍に変更しました。 2018年1月に起きた暗号資産 仮想通貨 流出事件の影響でレバレッジ取引のサービスは停止し、 2020年3月13日(金)をもって「レバレッジ取引」のサービス提供を終了すると発表しました。 参考:「レバレッジ取引」のサービス提供終了について コインチェック Coincheck のレバレッジの特徴 レバレッジ取引自体は、どの取引所も同じ仕組みですが、• 取扱通貨• レバレッジ倍数• スワップ手数料• ロスカット基準 などが異なります。 特に取扱通貨に関しては、取引したい通貨があるか確認しておきましょう。 特徴1:レバレッジ倍率は最大4倍 現在、コインチェック Coincheck の取引所のレバレッジ倍数は最大4倍です。 取引所名 レバレッジ倍数 備考 コインチェック 最大4倍 サービス停止中 10月31日~ GMOコイン 最大4倍へ切り替え開始 5月15日~ 最大4倍 DMMBitcoin 固定4倍 最大4倍へ切り替え開始 5月28日~ 2019年12月時点で国内取引所は、自主規制により レバレッジ倍数最大・固定4倍に切り替えています。 2019年10月31日14:00以降からコインチェックのレバレッジ取引におけるレバレッジも、5倍から4倍へ変更されました。 またレバレッジ倍数10倍以上で取引したい方は、 海外の暗号資産 仮想通貨 取引所で取引する必要があります。 レバレッジ倍数が高いわけではなく、大きな利益をあげにくい• その分、取引におけるリスクを抑えることができる という特徴があり、海外取引所に比べ物足りなく感じてしまうかもしれませんが、初心者の方にとっては始めやすいともいえます。 特徴2:取引手数料が無料!ただしスプレッドはかかる コインチェック Coincheck は、レバレッジ取引の 取引手数料が無料なので、 取引回数を気にすることなくトレードできます。 一方、入金手数料(銀行振り込み)も無料ですが、 スプレッドは発生するので取引をする際注意が必要です。 以下、スプレッドに関してまとめてたので確認してみましょう。 スプレッドコスト:買値と売値の間に存在する価格差 特徴3:スワップ手数料が発生する コインチェック Coincheck の取引手数料は無料ですが、 スワップ手数料がかかります。 スワップ手数料:一定期間ポジションを保有することで発生する手数料 そしてコインチェック Coincheck のスワップ手数料率は、以下のような設定です。 買い:1日ごとに0. 売り:1日ごとに0. 長い期間ポジションを持つほどスワップ手数料が高くつくので、 短期間で売り買いした方がお得となるわけです。 コインチェック Coincheck のレバレッジ取引とFX取引の違い レバレッジ取引やFX取引など、似たような取引方法が並んでいて紛らわしく感じてしまいますが、違いはいったい何なのでしょうか?• 信用取引:証拠金取引で、なおかつ現物取引方式• FX取引:証拠金取引で、なおかつ差金決済方式であるため、ポジションを保有しても暗号資産 仮想通貨 を決済や送金などには活用できない• レバレッジ取引:倍数をかけた取引のことで、国内では最大倍数4倍に切り替わりつつある コインチェック Coincheck のレバレッジ取引は、 仕組み上FX取引にあたるので、FX取引として考えると分かりやすいかもしれません。 また土日の取引も可能ですが、 日本円にしか対応していませんので、取引通貨についても事前に確認しておきましょう。 取引タイプ レバレッジ取引 FX 取引ツール 無し コインチェック独自のツール ウェブ版のみ 建玉制限 無し 市況によって異なる 手数料 無し 取引手数料無料 通貨ペア 無し ビットコインのみ コインチェック Coincheck のレバレッジ手数料【他取引所と比較】 コインチェック Coincheck 取引所のレバレッジ取引は、取引手数料は無料ですが、スワップ手数料とスプレッドコストがかかります。 買い:1日あたり0. 売り:1日あたり0. またスプレッドコストは相場状況によって変動します。 他の暗号資産 仮想通貨 取引所の取引手数料などを比較してみました。 取引所名 手数料 スワップ コインチェック 無料 買建て0. 05% GMOコイン 無料 0. 04% 無料 買建、売建問わず0. 035% DMMBitcoin 無料 0. 04% 無料 0. 01 ~ 0. またスワップ手数料は手数料率が異なっていたり、利益が出た時に手数料を取られることもありますので、口座開設する 取引所の手数料表はすべて確認しておきましょう。 コインチェック Coincheck のレバレッジの始め方 コインチェック Coincheck 取引所でレバレッジ取引を始めるためには、コインチェックに口座開設と入金を行う必要があります。 そこで、まずは口座開設の手順について解説していきましょう。 ステップ1:アカウント作成 まずはし、 メールアドレスとパスワードを登録します。 そして登録したメールアドレスに、コインチェック側からメールが届きます。 そのメールに記載されているURLへアクセスすると、本人確認手続きの作業に入ります。 ステップ2:本人確認手続き 本人確認手続きに進んだら、 電話番号認証の手続きを行います。 電話番号認証は、今契約しているスマートフォンの電話番号をコインチェックの入力欄へ入力する作業です。 電話番号の入力ができたら、SMS送信のボタンを押して認証が完了します。 そして 本人確認書類の提出へ移ります。 コインチェックが本人確認書類として認めているのは下記のとおり。 免許証• マイナンバーカード• パスポート• 在留カード 書類を提出する際は、提出前に認められているか確認しておきましょう。 本人確認書類は 画像をアップロードすれば提出したことになります。 あとは後日、 コインチェックからハガキが届くので、審査が完了していれば入金や取引が可能になります。 ステップ3:レバレッジ口座へ入金 口座を開設したら、メニュータブの「 口座振替」から、レバレッジ口座に資金を入金することができます。 レバレッジ口座を選択し、振替金額を入力すればOKです。 コインチェック(Coincheck)のレバレッジのやり方と注文方法 コインチェック Coincheck のレバレッジ取引の始め方について• 注文の手続き• 決済の手続き の2ステップに分けてお伝えしていきます。 2019年12月現在、コインチェック Coincheck のレバレッジ取引は停止しており、2020年3月13日(金)をもってサービスを終了すると発表しています。 ステップ1:注文の手続き レバレッジ口座に資金を入金したら、レバレッジ取引を開始します。 チャートを見ながら取引できる トレードビュー画面で注文の手続きを行いましょう。 「レバレッジ残高」を選択する• 「レバレッジ取引」を選択する• 指値注文の場合は希望価格を入力し、成行注文の場合は「成行注文」にチェックを入れる• 「ロング 買い 」か「ショート 売り 」を選択する 以上のことを決めたら、 注文ボタンをクリックして注文手続きは完了です。 ステップ2:決済の手続き 「 ポジション一覧」で決済をすることができます。 「 買い」ポジションの場合は値上がりすれば、「 売り」ポジションの場合は値下がりすれば利益を得られる仕組みです。 ここで活用したいのが 指値注文と逆指値注文。 指値注文:指定の価格まで下がったら自動で決済する 売りの場合は指定の価格まで上がったら決済• 逆指値注文:ここまで下がったら自動で決済する 売りの場合はここまで上がったら決済 指値注文は逆張り投資にも活用でき、逆指値注文は損切やトレンドに沿った取引にも活用できます。 どちらも「ポジション一覧」から行うことができます。 コインチェック Coincheck のレバレッジに関する質問集 コインチェック(Coincheck)のレバレッジに関する質問に関し、いくつか取り挙げてみました。 スマホでもレバレッジ取引はできる? スマートフォンアプリから レバレッジ取引をすることはできません。 現物取引で「指値」を入れることは可能。 スマートフォンのブラウザから指値注文を入れることはできます。 レバレッジ倍率を途中で変更することは可能? コインチェック(Coinchek)の レバレッジ倍率は4倍です。 他の倍率に変更することはできません。 リップル XRP 等のアルトコインは取引対象? レバレッジ取引ができるのは ビットコイン(BTC)のみです。 他のアルトコインで取引することはできません。 証拠金維持率・ロスカットはどれくらい? コインチェック(Coincheck)のロスカット基準は、• 証拠金維持率が100%を下回ると「ロスカットアラート」が通知され• 0%を下回ると強制決済(ロスカット)が執行 されます。 *ロスカットアラートは相場の急激な変動などで「送信が遅れる」又は、「送信がされない」こともあります。 初心者必見!レバレッジ取引に関する基本用語 コインチェック(Coincheck)でレバレッジ取引してみようと思っても、良く分らない用語が出てきて、「 イマイチ理解できない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか? レバレッジ取引には専門用語が何百単語もあるので、全部覚えるのは大変です。 この項では実際にレバレッジ取引をする際、「 これだけは覚えておきたい!」という用語をピックアップしました。 取引前に一度読んでもらえば、理解も深まるはずです。 追証 追証(おいしょう)とは、 取引で損失が出たときに取引所から支払を要求される追加の証拠金のことを指します。 期日以内に支払わないと、保有するポジションが全て強制的に決済(ロスカット)されてしまいます。 ロング・ショート ロング(ロングポジション)とは、 レバレッジ取引において「買いから注文」することで、ビットコインをロングした場合、保有することになります。 ロングから入ったポジションは、買った価格より高くなるのを待ち、売り注文で決済したとき利益を出すことができます。 相場が上昇したとき有利になります。 ショート(ショートポジション)とは、 レバレッジ取引取引において「売りから注文」することで、ビットコインを取引所から借りて売り、後で買いなおすことで利益を出すことができます。 例えば、1BTC:100万円の時に1BTCを売り、1BTC:70万円のときに1BTCを買うと、手元に30万円の差額が残り利益となります。 ショートは相場が下がっているとき有効な手段で、 ショートのことを「空売り」とも言います。 指値・逆指値・成行注文 指値 コインチェックのレバレッジ取引では、指値注文も可能です。 取引画面にある 「レバレッジ」タブを選び、以下の項目を入力します。 注文数量• 注文価格• 必要証拠金の割合(10、20、50、100%) そして 買い、売りどちらかのボタンを押し、注文が完了します。 逆指値 コインチェック(Coincheck)では指値注文の他に 逆指値で注文することも可能です。 取引画面の「 逆指値を有効にする」にチェックを入れレートを設定して 「買い注文」又は「売り注文」をクリックすると注文が完了します。 成行注文 コインチェックは成行注文も用意していて、取引画面の 「レバレッジ」タブを選びます。 そして 「成行注文」のチェックボックスにチェックを入れたうえで、注文数量を指定すると設定完了。 最後に 発注ボタンを押して注文が完了、ポジション保有ができます。 コインチェック Coincheck のレバレッジ取引まとめ この記事のまとめ• コインチェックはレバレッジ倍数が最大4倍で、海外取引所を利用している上級者には物足りない反面、初心者には始めやすいレバレッジ取引といえる• コインチェックのレバレッジ取引は取引手数料は無料だが、1日ごとにスワップ手数料がかかる• 2019年12月現在、コインチェックでレバレッジ口座を開設することはできない• コインチェックでは「レバレッジ取引」のサービス提供を2020年3月13日(金)をもって終了すると発表 レバレッジ取引を始めるなら流動性の高い がオススメです。 さて、コインチェック Coincheck のレバレッジ取引の特徴や、レバレッジ取引のやり方についてお伝えしてきました。 残念ながら、 コインチェックでは「レバレッジ取引」のサービス提供を2020年3月13日(金)をもって終了すると発表しています。 ですが、コインチェック Coincheck は取り扱っている暗号資産 仮想通貨 の種類が多く、操作画面がシンプルで取引しやすいなど、多くのメリットがありますので、おすすめの取引所です。

次の