ハク様 性別。 千と千尋の神隠し・美人で中性的なイケメン神様ハクの性別は男or女?

千と千尋の神隠し

ハク様 性別

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 映画【千と千尋の神隠し】ハクが冷たい? 千と千尋の神隠しで千尋の両親が豚に変えられてから、ハクは千尋のサポートをして助けてあげていました。 橋を渡るのを手伝ったり、釜爺へ会いに行くルートを教えたり、かなり千尋に優しくしていましたよね。 釜爺やリン、おしら様の協力もあって湯婆婆と仕事の契約をすることが出来ました。 しかし、そもそもハクが千尋を助けなかったら、存在自体が消えていたと思います。 あの奇妙な世界で信頼出来ると思っていたハクが急に冷たくなったので、流石に千尋も戸惑ったようです。 物語を客観的に観ている僕らでさえハクの態度の変わりようには疑問が芽生えます。 ですので、当事者の 千尋からしたら本当に意味が分からなかった出来事だったのではないでしょうか。 関連: 関連: 関連: 【千と千尋の神隠し】ハクの態度が二重人格の理由はエレベーター内が原因? ハクが千尋に対して最高潮に冷たい瞬間が、2人でエレベーターに乗ったときです。 千尋が上手く油屋(湯屋)に潜入できたにも関わらず、ハクは顔色一つ変えません。 流石に千尋が「ハク。 あの・・・」と口にすると、ハクは「無駄口をきくな。 私のことはハク様と呼べ。 」とまさかのシャットダウン閉店ガラガラw 千尋にしてみれば人間不信(神様不信?)に陥ってもおかしくないほどの状況です。 千尋を助けて油屋(湯屋)に引き入れたのが、湯婆婆の直弟子のハクだと分かったら、ハクの立場が悪くなります。 ハクの立場が悪くなると千尋を助けることも困難になる可能性があります。 あの場で千尋に下手に優しくしてしまうと、 湯婆婆や従業員の前でボロがでてしまう可能性が高いとハクは考えたのかもしれません。 ハクは自分の立場を危ぶめないことが、千尋を助ける1番の手立てと判断したと考えられます。 カオナシが油屋(湯屋)に入ってきたときも、湯婆婆は気配だけで何かを感じ取っていました。 恐らく湯婆婆は油屋(湯屋)内にいる者の行動をある程度把握できる力があるのかもしれません。 勝手な想像ですが、湯婆婆が意識を集中すればエレベーター内の会話など簡単に聞くことが出来るような気がします。 ハクは湯婆婆の力を知っていたからこそ、エレベーター内では あえて冷たい態度になった可能性は高いです。 優しいハクと冷たい態度のハクが一つの体に共存しており、「エレベーター内では冷たい方のハクが顔を出した」という考えですね。 あの今日早退してきたんですけど1つ思ったことがあるの。 千と千尋の神隠しのハクって二重人格なのかな? — れん. 』 — らっきょがコロコロしてますがなwwww xehanote1090gm1 現物は見ていませんが、千と千尋の神隠しのパンフレットにはハクは 「一見二重人格」と記されていたようです。 ガチでパンフレットに描かれているのならば、公式でも「ハクに二重人格の素質がある」と認めていることになります。 やはりハクなりの考えがあり、普段から性格を使い分けているのかもしれません。 しかし、釜爺が「ハクは目つきだけが鋭くなっていった」とも言っていましたので、二重人格とまで行かなくとも 冷たい部分もハクが持つ性格の一部ということは確かです。 まぁ、同じ人が2人存在することはないので、あるとしたら湯婆婆と銭婆のような 「双子説」ですね。 あやつり虫とは千尋が踏み潰した黒い虫のことですが、湯婆婆がハクを操るために腹に忍び込ませたと銭婆が言っています。 そのあやつり虫の影響で、ハクの性格に影響が出ている可能性は十分にあります。 よく考えれば千尋が湯婆婆と契約を終えたあと、スタンバっていたかのようにハクが登場しています。 弟子モードのハクは湯婆婆の手下そのものなので、千尋に冷たかったこともつじつまが合います。 関連: ハクはツンデレだった? ハクがただのツンデレだったということも考えましたw これはちょっとふざけた考察ではありますが、まぁ可能性はゼロではないかなと。 (ほぼないでしょうがw) 仮にハクのツンデレだとしたら、エレベーターのシーンでは突き放しておいて、翌日おにぎりを握ってくるとはかなりのツンデレ上級者です。 「ツンデレおにぎり」によって千尋が元気になったのは言うまでもありません。 あまりのギャップに千尋もハクに夢中になったことでしょうね~。 関連: 【千と千尋の神隠し】ハクがエレベーターで冷たい理由まとめ 映画・千と千尋の神隠しでエレベーター内のハクが千尋に冷たい理由は、 ・湯婆婆や従業員に怪しまれないため ・湯婆婆は油屋(湯屋)内の事は把握できるから ・本当に二重人格だった ・ハクが2人いる ・ハクはあやつり虫に操られていた ・ハクはツンデレだった などの理由が考えられます。 ハクが冷たい真意は公式で明言されていないので、観ている側の捉え方で意見が分かれそうです。 しかし、湯婆婆との関係やハクの油屋(湯屋)での立場を考えると、 ・湯婆婆や従業員に怪しまれないため ・湯婆婆は油屋(湯屋)内の事は把握できるから ・ハクはあやつり虫に操られていた などが有力な理由として考えられそうです。 まぁ、初回から魔法を使って千尋の助けるなどしていますから、優しいというのがハクの基本かもしれません。 で、その場合「ハクが千尋を心配して近くまで来ていた」もしくは「湯婆婆がハクを近くまで呼んでいた」のどちらかの可能性が高そうです。 ハクが意味もなく湯婆婆の部屋の近くにいるのは明らかに怪しいですので、 湯婆婆がハクを近くに呼んでいたと考えるほうが可能性としては高い気がします。 理由としては、 千尋を働かせるにしろ、始末するにしろ、子豚にしてやるにしろ「後始末をさせる人物が必要だったから」というのが考えられます。 で、その瞬間のハクはハクの意思というよりも「あやつり虫の影響下にあって、さらにその影響で性格が悪くなった」という考察でした。 ちなみに、まゆさんが言われているのは金の綱で「ハクが瞬間移動的に最上階に召喚された」という意味でしょうか? 仮にそうだとすると、あやつり虫の影響と言うよりも、ハクの機転による性格の変化の可能性が大きそうですね~。

次の

【ハク様~】『千と千尋の神隠し』あるある80連発!

ハク様 性別

Contents• ハクの正体は?? もう放送の後ですらネタバレはありせんが、ハクの正体は「コハク川」の神である、 『饒速水小白主 ニギハヤミコハクヌシ)』 でした! 千尋が幼い頃に靴を拾おうとしてコハク川に落ち流されたところを「ハク」に救われたという話がありましたね。 その過去の事があったのか、ハクは千尋に目をかけていたのでしょう! 「私の事はハク様と呼べ」 としうシーンもありましたが、仕事には厳しいが、普段は優しいというギャップもあり、そこがハクの魅力でもあります。 千尋におにぎりを食べさせるシーンでは 「元気が出るようにまじないをかけて作ったんだ」 なんて、シーンはハクの優しさがあふれており、胸が熱くなるのでした 笑 その魅力あるハクですが、湯婆婆に利用されており、劇中終盤には双子の姉の銭婆に魔女の契約印を盗みに行かせる場面がありました。 盗みに成功はしたが、ハクがヤバイ事に・・・ 契約印には 死の呪い がかかっており、ハクは死にかかった 泣 しかも、湯婆婆に使い捨ての様に捨てられそうになる酷い事になっていましたが、千尋の活躍により助かったハクだったのです。 ハクはその後は?? ハクは千尋とその両親を救おうと湯婆婆にお願いします。 しかし、その条件がありにも酷かったのです! 『八つ裂きにされていいのかい?』 という条件だったのです。 『わかりました』 というシーンは無かったと思いますが、千尋と両親が帰れたって事はハクは湯婆婆から八つ裂きに!!! と言う 都市伝説も存在しているようですが、それはあまりにも惨い・・・ 公式のジブリHPによると、 全てのことはルールに従わなければならない」という世界観により、ハクは湯婆婆が言った通り、八つ裂きにされる事を運命として受け入れている」 と記述されています。 という事はやはりハクは 都市伝説通りに犠牲に・・・ 純粋な少年であるハクはそのまま要求を呑んでしまったのでは!? 人間界に戻れたかはその後のストーリーは全く公表されておらず、不明ようでファンの間ではハクは湯婆婆に八つ裂きにされてしまったのではないかという説まで 笑 考えたくないが、あまりにも切ないですね 笑 しかし、最後の銭婆の所からハク竜に乗って帰るシーンでは、ハクは千尋に、 『私は湯婆婆と話をつけて弟子をやめる。 平気さ、ほんとの名を取り戻したから。 元の世界に私も戻るよ』 と、言っていましたし最後に、千尋が両親を当てる儀式の時の湯婆婆の感じからして悪い感じはしなかったですよね?? ハクは湯婆婆と話をつけて人間界に帰る? 犠牲になって湯婆婆に八つ裂きにされてしまう? どう想像しますか?? 筆者は、ハクもその後人間界に帰れたと信じたい、いや! きっと帰れた事だと信じたいですね。 その後のストーリーも是非公表して貰えたらいいですね。 ジブリさん 笑 まとめとして 子供のように「千と千尋の神隠し」に見入ってしまったのですが、知っているアニメなのに何回見ても楽しめるから不思議です。 千と千尋の神隠しにはいろんなキャラクターが登場しすますが、個性豊かで特徴的なキャラクターが多いので何度でも楽しめてしまいます。 ジブリのアニメにはいろんな都市伝説も存在して、妄想が膨らみ面白いですね。 筆者もハクのように誰かの役に立てる様な人間になりたいものです 笑 それでは。

次の

千と千尋の神隠し

ハク様 性別

それに対し、雌の冬羽は背面だけではなく頭頂部まで灰色になるそうです。 一方、夏羽は雄では頭頂部も背面も黒くなるのに対し、雌では頭頂部が黒くなるだけで背面は灰色のままらしいです。 雄の冬羽と雌の夏羽は似ているそうですが、その2つが同時期に現れるとは思えませんから、ハクセキレイである事が確実な場合には雌雄の識別は可能ではないかと思います。 別サイトに掲載されている画像を見ても、その様なパターンになっている事が見て取れます。 【参考URL】 ハクセキレイの羽模様 虫散歩 ハクセキレイ 土岐川の野鳥 岐阜県多治見市) そして、御質問の添付画像に写っている2羽の内、右下に写っている個体は頭頂部も背面も黒いので夏羽の雄ではないかと思われます。 そして夏羽の雄がいるという事は、左上に写っているもう1羽の方も夏羽だと考えられ、しかも頭頂部こそ黒いものの、背面は灰色ですので、雌である可能性が高いのではないかと思います。 只、ハクセキレイの亜種のタイワンハクセキレイは、夏羽の雄であっても背面が灰色のままらしいので、左上に写っている個体がタイワンハクセキレイの雄という可能性も捨て切れません。 下記のURLのページ 【参考URL】 ハクセキレイ亜種タイワンハクセキレイ 色鳥撮り の情報に拠りますと、ハクセキレイとタイワンハクセキレイの識別ポイントは胸から喉にかけての黒羽の部分が嘴まで達しているものがタイワンハクセキレイであり、達していないものがハクセキレイという事の様です。 最初に貼った室見川の野鳥版「デジタル野鳥図鑑」のURLのページに掲載されているハクセキレイとタイワンハクセキレイの写真を見ても、胸から喉にかけての黒羽の部分がタイワンハクセキレイでは嘴の根元まで続いているのに対し、ハクセキレイの方は嘴の根元には僅に達していない事が判ります。 質問者様が添付された画像では胸から喉にかけての黒羽の部分が、嘴に僅かに届いていない様に見えなくもありませんが、この角度では今一つ定かではありません。 ブログ の情報に拠りますと、ハクセキレイの中にもタイワンハクセキレイの様に嘴の根元まで黒い部分が続いている個体も稀にはいるそうですから、もしかしますとタイワンハクセキレイの中にも黒い部分が嘴の根元に達していない個体がいないとまでは言い切れないかも知れません。 従って、左上に写っている個体に関しては、確率的にはハクセキレイの雌である可能性が高いものの、タイワンハクセキレイの雄や、ハクセキレイとタイワンハクセキレイの混血個体の雄などであるおそれが無いとまで断言する事は難しいのではないかと思います。

次の