アワビ レシピ。 【みんなが作ってる】 あわび ステーキのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

アワビ/鮑/あわびの目利きと料理:旬の魚介百科

アワビ レシピ

このレシピは時短料理ではなく、ちょっと凝った食事をしたいときにオススメのレシピです。 アワビの酒蒸し アワビ、まさに高級食材であるこの貝は、ランチであっても「アワビ御膳コース」とか銘打って6,000~7,000円はとる(これでも安い)。 多くの和食コースの料金を占めるのは調理費であるが、アワビに関しては食材費も高い。 これは、天然モノか養殖モノかで大きく揺れる。 ご存知の通り天然モノの方が格段に高く、養殖であればアワビステーキなどの調理方法で提供される。 しかしながら、やはり自分で調理すれば半額くらいの金額で揃えることができる。 養殖モノであればもっとだ。 なんでこんな話をするかと言えば、天然アワビをゲットしたから。 1つ2,000円であったが、他の貝類と一緒に購入してディスカウントしてもらった。 やはり魚介類は魚屋に限る。 アワビを洗う ということで、アワビを酒蒸しにしたいと思う。 意外と調理方法が知られていないので、購入を躊躇する人もいる。 今度外で見かけたら購入してみましょう。 簡単、ではありませんが、そんなに手間はかかりません。 なにしろ外で食べるよりも絶対安い。 これがアワビです。 生け簀から出したばかりなのでまだ活きはいい。 天然モノは貝殻の色が比較的均一。 養殖モノは生け簀に入ってから与えられた餌が天然の海藻から変わるため、生け簀に入った以降に形成する貝殻の色が変わる。 そのため、まばらな色に。 これは天然なので色ムラはなし。 洗う、と書くと貝殻だけを洗うと想像しがち。 アワビは身も洗います。 画像の部分こそアワビのおいしい部分ですが、ここ、海底や岩場に直接くっついたりするので、すごく清潔という訳ではない。 塩をまぶしましょう。 量は適当、多めで。 そしてタワシでごしごし洗います。 塩とタワシの刺激でアワビがかなり縮みます。 あとでほっとくと元の大きさに戻るので心配なし。 貝殻も洗いましょう。 フジツボのような小さな貝などが付いていて、この破片なんかが身につくと舌触り悪いので。 水でよく洗い流します。 アワビは素材の味を楽しむために、お刺身にしたものを塩水に浮かべて提供する水貝や、今回紹介する酒蒸しのように、調味料をほとんど加えません。 そのため、洗ったときの塩気なんかも味わいに反映されてしまいます。 ザーザーいきましょう。 アワビを蒸す 蒸し器に水を張り火にかけましょう。 さて、洗い終わったアワビは少し置いておきます。 5分くらい経過すると、さっき縮こまった身が元に戻ります。 このとき、アワビは必死に逃げ出そうと身をねじったりするので、ちょっと不気味です。 こちらは、逃げようとするアワビ。 蒸し器が温まったらアワビをのせます。 大根と一緒に蒸すと柔らかみが増すと言われていますが、僕は磯っぽい感じが好きなのでそのまま蒸します。 お酒を小さじ1程度加えましょう。 調味料はこれだけ。 さきほどの大根もそうですが、さきほど生け簀から出したばかりの活けモノに、余計な調味料、小細工など必要なし。 座して海の恵みをいただきましょう。 蒸します。 おおむね5分ほど。 火の通り具合を確認するためお箸をさします。 アワビの大きさで火の通り方が違うので、時間は必ずしもこれ、といえるものはありません(天然は特に)。 そこで、このお箸の出番です。 スッと軽い抵抗のみで、身に入ればOK。 なるべく身の中央にさすのは避けましょう。 見栄え悪くなりますので。 アワビを造る 蒸し作業完了です。 身の周囲に白いデロデロしたものがつきます。 貝自体の成分なので食べても大丈夫ですが、食感が悪いのでキッチンペーパーで拭き取ります。 貝から身を剥がします。 先の丸いナイフを使用して… 貝柱のところにグッと入れると… すぐとれます。 手でもいけちゃうくらい。 先ほどと同じ白いデロデロを拭います。 肝の部分を切り取ります。 包丁使わなくてもちぎれるんですが、見栄えを気にして根元に軽く切れ目を入れてちぎりました。 ヒダ部分も取り除きます。 ホタテなんかだとここがおいしいんですが…。 ちなみに、こちらも包丁いらず。 手でとれます。 ぐいーーっ。 この辺、口とかあって噛むとザリッとする。 貝柱を切り取ります。 ホタテなんかとちがってちょっと固いので。 別に食べられない訳ではないんですけどね。 全体の食感を均一に整えないと、舌触りがわびしいので。 本当は包丁の跡が波打ったりしてはいけないいですが、さすがに家庭用包丁だと一太刀では…。 続いて身を造っていきます。 やはり一太刀はむずかしいので、2引きくらいで。 どんどんいきましょう。 完成! 完成です。 貝殻に盛りつけをすると良い感じ。 貝柱と肝はそれぞれ造り、別添えしました。 この肝と貝柱、なかなかにいい肴。 食感と味わいで楽しませてくれます。 貝を中心に取り扱っているお魚屋さんで購入した際「貝ってのは人間が一度に食べられる海藻よりも、もっと多くを内包している。 肝なんて昆布とかわかめとかみたいなもんが凝縮されているから、明日は元気になるよ」なんて言われました。 アワビの磯っぽさは他の貝に比べて一段と強い。 僕はお造りより絶対酒蒸しのが好きです。 皆さんも、高級食材をお安く食べたかったら、お魚屋さんへどうぞ。 それではさようなら。

次の

アワビの食べ方さばき方とレシピ集

アワビ レシピ

このレシピは時短料理ではなく、ちょっと凝った食事をしたいときにオススメのレシピです。 アワビの酒蒸し アワビ、まさに高級食材であるこの貝は、ランチであっても「アワビ御膳コース」とか銘打って6,000~7,000円はとる(これでも安い)。 多くの和食コースの料金を占めるのは調理費であるが、アワビに関しては食材費も高い。 これは、天然モノか養殖モノかで大きく揺れる。 ご存知の通り天然モノの方が格段に高く、養殖であればアワビステーキなどの調理方法で提供される。 しかしながら、やはり自分で調理すれば半額くらいの金額で揃えることができる。 養殖モノであればもっとだ。 なんでこんな話をするかと言えば、天然アワビをゲットしたから。 1つ2,000円であったが、他の貝類と一緒に購入してディスカウントしてもらった。 やはり魚介類は魚屋に限る。 アワビを洗う ということで、アワビを酒蒸しにしたいと思う。 意外と調理方法が知られていないので、購入を躊躇する人もいる。 今度外で見かけたら購入してみましょう。 簡単、ではありませんが、そんなに手間はかかりません。 なにしろ外で食べるよりも絶対安い。 これがアワビです。 生け簀から出したばかりなのでまだ活きはいい。 天然モノは貝殻の色が比較的均一。 養殖モノは生け簀に入ってから与えられた餌が天然の海藻から変わるため、生け簀に入った以降に形成する貝殻の色が変わる。 そのため、まばらな色に。 これは天然なので色ムラはなし。 洗う、と書くと貝殻だけを洗うと想像しがち。 アワビは身も洗います。 画像の部分こそアワビのおいしい部分ですが、ここ、海底や岩場に直接くっついたりするので、すごく清潔という訳ではない。 塩をまぶしましょう。 量は適当、多めで。 そしてタワシでごしごし洗います。 塩とタワシの刺激でアワビがかなり縮みます。 あとでほっとくと元の大きさに戻るので心配なし。 貝殻も洗いましょう。 フジツボのような小さな貝などが付いていて、この破片なんかが身につくと舌触り悪いので。 水でよく洗い流します。 アワビは素材の味を楽しむために、お刺身にしたものを塩水に浮かべて提供する水貝や、今回紹介する酒蒸しのように、調味料をほとんど加えません。 そのため、洗ったときの塩気なんかも味わいに反映されてしまいます。 ザーザーいきましょう。 アワビを蒸す 蒸し器に水を張り火にかけましょう。 さて、洗い終わったアワビは少し置いておきます。 5分くらい経過すると、さっき縮こまった身が元に戻ります。 このとき、アワビは必死に逃げ出そうと身をねじったりするので、ちょっと不気味です。 こちらは、逃げようとするアワビ。 蒸し器が温まったらアワビをのせます。 大根と一緒に蒸すと柔らかみが増すと言われていますが、僕は磯っぽい感じが好きなのでそのまま蒸します。 お酒を小さじ1程度加えましょう。 調味料はこれだけ。 さきほどの大根もそうですが、さきほど生け簀から出したばかりの活けモノに、余計な調味料、小細工など必要なし。 座して海の恵みをいただきましょう。 蒸します。 おおむね5分ほど。 火の通り具合を確認するためお箸をさします。 アワビの大きさで火の通り方が違うので、時間は必ずしもこれ、といえるものはありません(天然は特に)。 そこで、このお箸の出番です。 スッと軽い抵抗のみで、身に入ればOK。 なるべく身の中央にさすのは避けましょう。 見栄え悪くなりますので。 アワビを造る 蒸し作業完了です。 身の周囲に白いデロデロしたものがつきます。 貝自体の成分なので食べても大丈夫ですが、食感が悪いのでキッチンペーパーで拭き取ります。 貝から身を剥がします。 先の丸いナイフを使用して… 貝柱のところにグッと入れると… すぐとれます。 手でもいけちゃうくらい。 先ほどと同じ白いデロデロを拭います。 肝の部分を切り取ります。 包丁使わなくてもちぎれるんですが、見栄えを気にして根元に軽く切れ目を入れてちぎりました。 ヒダ部分も取り除きます。 ホタテなんかだとここがおいしいんですが…。 ちなみに、こちらも包丁いらず。 手でとれます。 ぐいーーっ。 この辺、口とかあって噛むとザリッとする。 貝柱を切り取ります。 ホタテなんかとちがってちょっと固いので。 別に食べられない訳ではないんですけどね。 全体の食感を均一に整えないと、舌触りがわびしいので。 本当は包丁の跡が波打ったりしてはいけないいですが、さすがに家庭用包丁だと一太刀では…。 続いて身を造っていきます。 やはり一太刀はむずかしいので、2引きくらいで。 どんどんいきましょう。 完成! 完成です。 貝殻に盛りつけをすると良い感じ。 貝柱と肝はそれぞれ造り、別添えしました。 この肝と貝柱、なかなかにいい肴。 食感と味わいで楽しませてくれます。 貝を中心に取り扱っているお魚屋さんで購入した際「貝ってのは人間が一度に食べられる海藻よりも、もっと多くを内包している。 肝なんて昆布とかわかめとかみたいなもんが凝縮されているから、明日は元気になるよ」なんて言われました。 アワビの磯っぽさは他の貝に比べて一段と強い。 僕はお造りより絶対酒蒸しのが好きです。 皆さんも、高級食材をお安く食べたかったら、お魚屋さんへどうぞ。 それではさようなら。

次の

主婦料理企画・韓国料理を作ろう~アワビ粥編!

アワビ レシピ

説明不要なくらい、記憶に残る感動の美味しさ。 口に入れれば、旨みの海が押し寄せる。 9 kcal — 糖質 8. 3 g — タンパク質 19. 7 g 体重 x 1. 5 g 脂質 4. 6 g — 食物繊維 0 g 20 g 以上 カリウム 333 mg 3500 mg 以上 カルシウム 33. 6 mg 650 mg 以上 マグネシウム 86. 3 mg 350 mg 以上 鉄分 2. 4 mg 7. 5 mg 以上 亜鉛 1. 1 mg 0. アワビの下処理をする たわしでアワビの表面をこすり、水で洗い流して汚れを落とし、ペーパーで水気を押さえる。 スプーンなどを殻と身の間に差し込み、貝柱を殻から外すと身が殻から外れる。 肝を切り離す。 肝は濾しやすいよう、包丁で切れ目を入れておく。 くちばし(アワビ本体の先にある硬い部分)の周りに包丁を入れ、切り落とす。 フリーザーバッグに投入 フリーザーバッグにアワビ本体、煮切り酒としょうゆを入れ、空気を抜いて密封する。 フリーザーバッグの真空密封方法: BONIQに投入 BONIQが設定温度に達したら、フリーザーバッグを湯せんに入れ低温調理をする。 長時間調理を行う際は、湯が蒸発して水位が下がりBONIQが止まってしまうのを防ぐため、ラップなどでフタをする。 肝ソースを作る 肝はザルを使ってスプーンなどで押しながら濾す。 小鍋に濾した肝、酒、しょうゆを入れて火にかける。 沸かしてアルコールを飛ばしたら、角切りにした冷えたバターを加えて鍋をゆすりながら混ぜ溶かし、すぐに火を止める。 (バターモンテ) アワビを休ませる 設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、そのままアワビを常温に置いてあら熱を取る。 (~1時間) 冷蔵庫で(1時間~半日)置き、アワビの状態を落ち着かせる。 仕上げ アワビを食べやすい厚さにスライスする。 お皿に温めた肝ソースを敷き、アワビを盛り付けてできあがり。 あわびをタワシでこする際、塩を付ける方法もありますが、塩を付けてこすると身が硬く引き締まります。 今回は煮鮑のふっくら柔らかな食感を目指しているため、塩を使っていません。 刺身などあわびの歯ごたえを楽しむ料理の場合には、塩を付けてこすると良いでしょう。 また、あわびを殻から外す際、殻の浅くなっている方からスプーンを差し込んで柱を殻から外せば、身が外れます。 この柱にスプーンを一気に差し込んで、スパッと外すのがポイントです。 最後にバターを入れる際は、溶けたバターを使うと油が分離してしまうので、冷たいものを使います。 バターを角切りにしておくと素早く溶けてソースと馴染ませられ、煮詰め過ぎることもありません。 《作った感想》 これは説明不要なくらい、感動の美味しさ。 口に入れた瞬間、旨みの海が押し寄せてきます。 ふっくら柔らか文句なしの仕上がりで、美味しさが記憶に残ります。 この原稿を書いているモチベーションはもう、多くの人とこの感動を共有したい、ぜひ作っていただきたいという思いです。 BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス アワビは100gあたり73kcalで、タンパク質を多く含む食材で、ビタミンK、ヨウ素、モリブデンも豊富に含まれています。 ビタミンKは止血ビタミンとも呼ばれ、血液を凝固させるために必要な栄養素です。 もしビタミンKが不足してしまうと、外傷により毛細血管の出血が起こった際に血が固まらずに出血多量となることも。 他にもビタミンKは骨粗しょう症を改善するたにも用いられており、骨の形成に一役買っています。 ヨウ素とモリブデンはミネラルの一種です。 ヨウ素は人間の甲状腺に多く蓄えてあり、甲状腺ホルモンをつくる成分となります。 甲状腺ホルモンは成長・代謝に関与するホルモンです。 モリブデンは体内に入った有害物質を無力化させる酵素の成分となります。 また、正常な血液を作るためにも必要な栄養素です。 縁起物のイメージがあり、高級でなかなか食べる機会が少ないアワビですが、栄養素も豊富であるということを考えるとより滋味深く感じますね。 質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^ 【注意】 低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。 レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。 なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。 取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。 詳細はこちらのを参照下さいませ。 また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。

次の