米寿 メッセージ。 米寿祝いのプレゼントおすすめ27選。喜んでもらえる贈り物を

【祝 88歳】米寿祝いに喜ばれるメッセージ文例集

米寿 メッセージ

長寿祝いの名称と由来 数え年齢 名称 よみかた 由来 61歳 還暦 かんれき 生まれた年の干支にもどることから。 (満60歳で祝う) 70歳 古稀(古希) こき 唐の詩人・杜甫の「人生七十古来稀なり」に由来。 77歳 喜寿 きじゅ 「喜」のくずし字の、七を3つ重ねた形から。 80歳 傘寿 さんじゅ 「傘」のくずし字の、八と十を重ねた形から。 88歳 米寿 べいじゅ 「米」の字をくずすと、八、十、八に分かれるので。 90歳 卒寿 そつじゅ 「卒」のくずし字「卆」が九十と読めることから。 99歳 白寿 はくじゅ 「百」から横線の「一」を取ると「白」になるので。 100歳 紀寿 きじゅ 100年=一世紀を表わす「紀」から。 108歳 茶寿 ちゃじゅ 「茶」の字をくずすと、八、十、八に分かれるので。 111歳 皇寿 こうじゅ 「皇」は「白」と「王」にわかれる。 「白」は、「百」から横線の「一」を取ると「白」になるので99歳を表わし、「王」は「十」と「二」に分けることができる。 ゆえに「白」(99歳)+ 「十」「二」で111歳。

次の

【祝88歳】米寿祝いに絶対喜ばれる鉄板メッセージ文例集! いつ?どこで?注意点は?合わせて贈りたい人気米寿プレゼントは?

米寿 メッセージ

日頃の感謝の気持ちと長寿を願って素敵な米寿祝いのメッセージやお祝いの言葉を送りませんか。 近年、医療制度の充実化やライフスタイルの変化などによって、世界各国で男女ともに平均寿命が延びており、2016年度に厚生労働省が行った日本人の平均寿命調査では、男性80. 79歳、女性87. 05歳と過去最高を記録しました。 そんな若々しく健康的でエネルギッシュな日本のおじいちゃん、おばあちゃんですが、平均寿命よりも長く生きることは、とても容易なことではありません。 年を重ねるごとに、思うように身体が動かなくて大好きな旅行やスポーツが出来なくなったり、老化で判断力が低下したり、今後病気にならないかと心配したりと不安でいっぱいです。 特に今年米寿を迎えるおじいちゃん、おばあちゃんは、平均寿命を越して初めて迎える長寿のお祝いになりますので、「これからも若々しく元気で長生きしてください」という願いを込めて、米寿祝いの贈り物と共にあなたの言葉で綴った素敵なお祝いのメッセージや言葉を添えて贈ってはいかがでしょうか。 おじいちゃんやおばあちゃんへ送る米寿祝いのメッセージ&お祝いの言葉 父方、母方のおじいちゃんやおばあちゃんへ贈る米寿祝いのメッセージやお祝いの言葉を送る際は、• 親しみを込める• これからも元気で長生きしてほしいという気持ちを表現する この2点に注目してメッセージを書くのがポイントです。 では、おじいちゃんやおばあちゃんへ送るメッセージの例文をいくつかご紹介します。 米寿おめでとう! 僕が産まれたときから、子ども時代も成人を迎えても、ひ孫が産まれても おばあちゃんは、ずっと変わらずに優しくて温かい素敵な笑顔。 これからもその笑顔をいつまでも。 あなただけが知っているおじいちゃんやおばあちゃんのことをメッセージに綴ると、より感動的なメッセージになりますので、米寿祝いのメッセージやお祝いの言葉を書くときは、当時のことを思い出して1文字ずつ気持ちを込めて書きましょう。 お父さんやお母さんへ送る米寿祝いメッセージ&お祝いの言葉 あなたのお父さんとお母さん、配偶者のお義父さん、お義母さんの米寿祝いに送るお祝いのメッセージには、• これまでの感謝の気持ち• 長寿を願う言葉 この2点に注目してメッセージを書くのがポイントです。 では、お父さんやお母さんへ送るメッセージの例文をご紹介します。 お母さん 米寿祝いおめでとう! お母さんが元気でいてくれたからこそ、今みんなが幸せに過ごすことができています。 これからも健康に気を付けて楽しく過ごしてね。 あんまり無理しちゃダメだよ! お父さんとお母さんに送る米寿祝いのメッセージは、ちょっぴり照れくさくて書きにくいと感じる方も多いと思いますが、お父さんに送るメッセージには「お母さんと末永く仲良くね」や「いつまでも元気に」といったこれからの人生に向けたメッセージを込めるのがポイントです。 お母さんに送るメッセージには、「今までありがとう」などの感謝のメッセージを綴ると喜ばれますので、誰に米寿祝いの言葉を送るのかによって書き方を変えるようにしましょう。 もし、配偶者のご両親の米寿祝いにメッセージを送る場合は、.

次の

名前詩「長寿祝い専用」(Sサイズ)ギフト 手書き風文字(フォント) 古希祝、喜寿祝、米寿祝、長寿祝いに人気 名前入り プレゼント 名前メッセージポエム ネーム ポエム 名前 ポエム

米寿 メッセージ

米寿祝いのメッセージは? 長寿のお祝いの一つである米寿は、88歳を迎えられた方のお祝いです。 現在の日本の平均寿命は、男性が81歳、女性は87歳と言われています。 つまり米寿のお祝いは、平均寿命を超えてから初めてのお祝いなのです。 そんなおめでたい機会には、ぜひ心のこもったメッセージを贈りたいものですね。 米寿はいつ祝うべき? 米寿のお祝いをする時期は、数えで88才を迎える年にあたります。 ただし、日頃使っている年齢は満年齢のため、こちらで数えると87才になります。 現在はこの定義があいまいで、どちらの時期でお祝いしても問題ないようです。 また、このように数え年で人生の節目として、長寿を祝福することを「年祝」といいます。 どうやって伝える? では、具体的に米寿のお祝いのメッセージを伝える方法はどのようなものがあるのでしょうか。 ここでは、いくつかの例を紹介していきたいと思います。 自分の言葉で贈る 会えない距離にいる場合は難しいですが、会えるのであれば手紙やメッセージを直接読んであげてはいかがでしょうか。 日頃の思いを直接伝える気恥ずかしさもあると思いますが、お祝いされる側の気持ちとしては、面と向かって「おめでとう」「ありがとう」という言葉をもらえるのが一番うれしいものです。 また、会えない場合は、お祝いのメッセージを録音したCDを作ったり、ボイスレコーダー機能がある人形やぬいぐるみにメッセージを入れて送るなどの方法もあります。 手紙やメッセージカードを贈ることも喜ばれると思いますが、やはり直接会えない場合は、贈り手の声を聴くことができるプレゼントがおすすめです。 より一層、祝福したいという気持ちが相手に伝わることでしょう。 思いの伝わるメッセージムービー 寄せ書きにして贈る 寄せ書きメッセージは米寿のお祝いに限らず、どのお祝いのシーンにも欠かせない定番のものです。 せっかく贈るのであればただ寄せ書きをするだけではなく、思い出の写真を貼ったりシールでデコレーションをすると、特別感を演出することができます。 特別なデコレーションがなくても、色紙の真ん中に写真を貼り、その周りを囲むようににみんなからの寄せ書きのメッセージを書いて渡すのはいかがでしょうか。 また、寄せ書きを渡す場合は、大人数で集まれるタイミングを作れると良いでしょう。 その際にみんなからの寄せ書きをプレゼントすることができれば、忘れられないお祝いになります。 また、色紙であれば家の中に飾りやすいので、いつでも目にしてもらえます。 いつも過ごす家に置いてもらえることで、長く喜んでもらえるでしょう。 そっくり似顔絵が嬉しい 寄せ書き色紙 メッセージはどこで伝える? 米寿を迎えるご両親や祖父母と、頻繁に会えない状況の方は多いのではないでしょうか。 米寿というおめでたい機会を通じて、普段は伝えられない感謝の気持ちや、今後の健康を願う思いをメッセージに込めて伝えてみましょう。 メッセージを贈ることで心の距離が近づいて、贈られる側としても非常に思い出深いお祝いになります。 レストランや料理店 長寿のお祝いということで様々な事情を考慮すると、ホテルのレストランは安心して選択できる場所です。 まず、ホテルはバリアフリー化が進んでいるところが多く、移動のしやすさや食事の前後の待機場所にも困ることはないでしょう。 また、和風の作りのお店であると座敷の席が多く、靴を脱がなければいけない状況になってしまいます。 靴を脱ぐことはお年寄りへの負担が非常に重いため、避けるのが良いでしょう。 その点、ホテルのような会場であれば負担も少なく過ごしやすいといえます。 また、お祝いの際のレストラン選びで重視したいことは、参加する人数が入ることができる個室のようなスペースがある事です。 せっかくのお祝いですので、周りに気兼ねなく盛大に祝福したいものです。 貸し切りでお祝いさせてもらえるレストランなどがあれば、なお良いでしょう。 身内だけの空間であれば、少し照れ臭いような言葉を贈ったり、記念の写真撮影をしたりとたくさんの思い出を作ることができます。 ゆっくりとしたひと時を EXETIME(エグゼタイム) Part 3 メッセージの構成 お祝いの言葉 88歳というと、平均寿命を超えた立派な長寿です。 まずは「おめでとう」の気持ちをまっすぐ伝えましょう。 また、自分の祖父母にあたる場合は、「おめでとう」に加えて「また遊びに行きます」や「いつもありがとう」という言葉を添えると良いでしょう。 【例】 ・お誕生日、また米寿おめでとうございます。 ・米寿のお祝いおめでとうございます。 ・米寿をめでたく迎えられましたこと、お慶び申し上げます。 ご本人に一言 メッセージでは、ご本人への日頃の感謝の言葉や思っていることを伝えましょう。 いつもお世話になり感謝しているという気持ちや、日頃から元気に過ごしていてうれしいことなど、普段はなかなか言えない思いを伝えられるといいですね。 また、遠方に住んでいて会う機会が少ない場合は、離れていても感謝しています、気にかけてくれてありがとうなどと言った感謝の気持ちを伝えると喜んでもらえるでしょう。 【例】 ・昔から優しいおじいちゃんが大好きです。 ・いつも元気にみんなを盛り上げてくれてありがとう! ・色々なところに連れて行ってくれて感謝しています。 健康を祈る言葉 88歳の米寿のお祝いということで高齢のため、メッセージの最後は健康を願う言葉で締めくくるようにしましょう。 これからも体を大切にして、元気に長生きしてほしいという気持ちを伝えるといいでしょう。 「おめでとう」の言葉とともに、「これからも元気に長生きしてね」という言葉を添えれば、気持ちが伝わって喜ばれるでしょう。 【例】 ・これからも長生きして、たくさんのことを教えてね。 ・また一緒にお出かけして美味しいもの食べようね。 ・体に気を付けて、楽しく過ごしてください。 感謝の気持ちを伝えるメッセージ例 メッセージを贈る際は、米寿のお祝いの言葉だけではなく、日頃の感謝の言葉を伝えることが大切です。 毎日顔を合わせているのであれば、日頃助けられていることへの感謝を伝えましょう。 また、たまにしか会うことが難しい場合は、離れていても気にかけてくれていることへの感謝を伝えられるといいですね。 米寿という喜ばしい機会だからこそ、日頃は伝えられない思いを伝えましょう。 より一層心の距離が近づいて、相手にとっても忘れられない記念の日になるでしょう。 たくさんの感謝の気持ちをメッセージに込めて贈りましょう。 両親 ・お父さん、米寿のお祝いおめでとうございます。 毎日一生懸命に働いてくれてありがとうございました。 どんな時も背中を押してくれたお父さんには本当に感謝しています。 これからは、私がお父さんを支えていきたいと思います。 どうか今後も健康第一で、楽しく過ごしてください。 ・お母さん、米寿のお祝いおめでとうございます。 毎日家のことや仕事、育児などたくさんの役割をこなすお母さんは私の憧れです。 2人でいろいろなお店に行ってランチをした思い出は忘れられません。 これからもたくさん相談させてください。 そして、いつまでも元気なお母さんでいてください。 祖父母 ・おじいちゃん、お誕生日おめでとう!いつも優しく接してくれてありがとう。 優しいおじいちゃんが大好きです!元気に長生きしてね。 ・おばあちゃん、88歳おめでとうございます。 よく笑う明るいおばあちゃんにはたくさんの元気をもらってきました。 これからも、たくさんお話し聞かせてください。 ・米寿のお祝い誠におめでとうございます。 いつまでも元気で若々しいおじいちゃんでいてください。 おばあちゃんとこれからも仲良く過ごしてくださいね。 家族以外 ・この度は米寿を迎えられたこと、心からお慶び申し上げます。 今後のご健康をお祈りいたしますとともに、日頃の感謝を申し上げます。 ・この度は誠におめでとうございます。 〇〇様のお元気な様子にいつも活力をいただいております。 これからも益々のご活躍をお祈りいたしますとともに、米寿のお祝いの品をお送りいたします。 どうかご笑納ください。 今後のご健勝とご多幸をお祈りいたします。 ・米寿おめでとうございます。 〇〇様の笑顔にいつも元気をいただいております。 どうか、お体にはお気を付けください。 これからも、何卒宜しくお願い致します。 注意点 シンプルにまとめる メッセージとして伝えたい内容は沢山あると思いますが、なるべくシンプルにまとめることが重要です。 内容が多すぎると高齢の方にとっては読みづらいですし、伝えたいことが分かりづらくなってしまいます。 素敵なメッセージを贈って、米寿のお祝いをさらに盛り上げていきましょう。 マイナスな表現は避ける お祝いの際には、「死」「苦」など相手の気持ちが落ち込んでしまうようなマイナスな表現は避けましょう。 メッセージを書く際には、相手の気持ちが明るくなるような文を贈り、かしこまった定型文のような文は避けましょう。 また、お祝いの言葉に加えて、「これからもお元気で頑張ってください」などの元気が出るような言葉を添えてあげると、活力につながります。 メッセージと共に喜ばれるプレゼント 花束 米寿を迎える方々は、お祝いの場で花束をもらう経験が少ない場合が多いです。 したがって、花束を贈ると非常に喜ばれる場合が多いです。 また、花束があるだけで、その場の見栄えが良くなりますし、家に飾ってもらい長く楽しんでもらえます。 米寿祝いであれば、米寿カラーの黄色を中心にしたビタミン色の花束を作ってもらうと良いでしょう。 お供えの花を連想してしまう緑や青の花、菊は避けるようにしましょう。 ケーキ ケーキは大勢の人が集まるお祝いの場でも、ネット通販されている、種類が豊富、自宅までお届けが可能という点から、使い勝手が良いギフトです。 スイーツ作りが得意な方であれば、手作りケーキをプレゼントするのも思い出に残りやすく良いと思います。 また、お祝いされる方が甘いものが苦手である場合は、ケーキ寿司や肉ケーキなどのインパクトあるものを検討してみてはいかがでしょうか。 米寿祝いでケーキを用意する場合は、イラストや写真ケーキがおすすめです。 これは、写真を送ると、オリジナル似顔絵をケーキに書いてくれるというお祝いにぴったりのケーキです。 一味違ったプレゼントで、お祝いされる方にとっても印象深いものになることでしょう。 世界に一つの似顔絵ケーキ 箱を開けた瞬間、驚き喜んでくれること間違いなしです。 可愛らしい似顔絵に食べるのがもったいないと思ってしまうほどです。 家族や親戚みんなでのお祝いの場でのプレゼントにおすすめです。 旦那の誕生日プレゼントを何にしようかとても悩んでいた時に、こちらの似顔絵のケーキを見つけ、これだ!と思い購入しました。 より引用 インパクト抜群 写真ケーキ.

次の