詰めが甘い。 「詰めが甘い」とは? 詰めが甘い人の心理と克服方法|「マイナビウーマン」

ADHDは詰めが甘い!?『あともう少し』のミスを減らす対策3つ

詰めが甘い

詰めが甘い人の特徴 詰めが甘い人によく見られる特徴を見てみましょう。 どのような性格や特徴が見られるでしょうか。 せっかち• 楽観的• 面倒くさがり• 飽き性• 視野が狭い• 計画性がない• 我慢が苦手• 集中力が足りない• 責任感がない• せっかちな人は、結果を急ぎすぎるあまり、最後の局面で不出来な結果を招きがち。 ゴールが見えてくると、より焦りが出てしまうので丁寧さや綿密さにかけてしまいます。 早く終わらせて次へ進みたいという気持ちも高まり、集中力不足になってしまうことも...。 結果的に最後にミスが出てだいなしになってしまう人が多いでしょう。 ちょっとしたミスもなんとかなると考えてそのままにしてしまったり、一度詰めが甘いことで失敗をしても深く反省せずに同じ失敗を繰り返す人も少なくありません。 ポジティブなことはよいことですが、楽観的過ぎて失敗を招いてしまうでしょう。 特に最後の確認や、細かいところの修正など、丁寧な作業に欠かせないチェックほど面倒に感じられてしまいます。 大雑把に仕上げることは得意でも、最後に面倒くさくなって手を抜いてしまう場合が多いです。 いろんな物事を面倒に感じやすいところは、特徴の一つにあげられます。 作業を続けているうちに飽きてしまい、最後の方ではやる気もなくなって手を抜いてしまうことになります。 作業を始めた頃は好奇心もかきたてられ、丁寧に仕事が進められますが、飽きると急に精度が悪くなったり、雑なところが目につくようになるでしょう。 結果的に最後の方で台無しにしてしまうことも珍しくありません。 物事を俯瞰して、客観的に見られない人が多くなります。 視野が狭いことで計画が雑になったり、確認不足になるケースもよく見られます。 計画を大まかにとらえ、全体を把握することが苦手だったり、細かいことに気を取られて、他の部分がおろそかになりやすい人も、視野が狭くて最後に台無しにしてしまうケースが多くなります。 さらに、視野が狭すぎて自分のことを客観的に見られず過信してしまう場合もあげられます。 自分がミスをする可能性に想像が広げられずに、確認不足を招いてしまう人も、視野が狭い場合が多いのではないでしょうか。 行き当たりばったりで作業を進めてしまい、最後にうまくいかなくなってしまうことも...。 計画をたてることが下手な人や、計画を軽視しがちな人など、計画性がないところがポイントです。 全体をしっかり把握することで、ミスが起こりやすい場所を事前に調べたり予防することができます。 計画がないと、その場しのぎの作業に追われることが多くなり、最後は不出来な結果に終わってしまうのではないでしょうか。 普段から忍耐力がなく、我慢が苦手な人は最後の方で物事を台無しにしてしまいがち。 腰を据えてひとつのことにじっくり向き合うことができず、ミスが出てしまうことも少なくありません。 作業に飽きたり、他のことに興味が移ってしまっても、我慢強い人は責任をもって手を抜かずに作業をやりとげられるでしょう。 我慢が苦手な人は感情の変化を押さえられずに、失敗を招いてしまいます。 計画をたてていても、すぐに集中力が切れてしまい、途中でなげやりになってしまいます。 細かい作業や、綿密なコミュニケーションが必要な仕事など、集中力が必要な場面で、ミスが増えてしまう人も多いのではないでしょうか。 集中力が続かない人も、最後の方でミスを作ることが多くなってしまいます。 頼まれていた仕事や担当している業務に責任を持てず、中途半端なやり方になってしまう人も多いでしょう。 特に、始めたばかりのときはやりがいや興味本意で頑張れても、責任という重石がないので、やる気がなくなったとたんにおざなりになってしまいます。 結果的に、最後の方でミスや失敗が目立つ詰めが甘い人になってしまうでしょう。 何か問題があったときに感覚や気分を優先して行動してしまうため、無計画で悪い結果になってしまいます。 思いつきで動くことが多く、先を見通さずに進む人も珍しくありません。 最後にはうまく収束できずに、中途半端な状態で投げ出すことになったり、不出来な結果に終わることも多いでしょう。 行動力があっても、深い考えがない人は注意が必要ですね。 【診断】あなたは詰めが甘い人? もしかすると、自分も詰めが甘い人かも... ? そんな風に感じたら、次にご紹介する診断で確認してみるとよいでしょう。 詰めが甘い人にありがちな特徴や性格に当てはまる人は、仕事のやり方を見直してみるとよいかもしれません。 もともとせっかちな性格の人は、仕事も雑な結果に終わってしまう場合が珍しくありません。 早く終わらせて次へ進みたい気持ちが大きすぎて、おざなりな行動をとってしまう人が多いでしょう。 責任感や自立心が強い性格だと考えられますが、裏目に出るときもあるので注意したいですね。 自分だけで終わらせたい人は、他人に相談する機会が少ないでしょう。 また、第三者の目で確認してもらうこともありません。 ミスを減らせるきっかけを作れないので、結果的に不完全な出来映えで終わってしまうでしょう。 行動力があり、長所にもなる性格も、気がつけば詰めが甘い人になってしまいます。 計画をたてたり、先のことを考えずに行動を起こすので雑な内容になってしまいます。 善は急げやとりあえず行動を起こすことが大事だと考えている人は、立ち止まって詰めが甘い人になっていないか確認してみましょう。 ただし、詰めが甘い人になってしまう可能性も心に止めておきましょう。 多少手を抜いたり、雑になってしまっても「まあいいか」と考えてしまう場合が多いと、最後に大なしにしてしまう場合も珍しくありません。 詰めが甘い原因 詰めが甘い人になってしまう原因についてみてみましょう。 反省が足りない• 確認不足• 反省が足りないことは、詰めが甘い結果につながります。 人は一度失敗をすることで、新しいことに気づき、学びを得られるものです。 しかし詰めが甘い人は、失敗について反省が少ない場合がよく見られます。 反省がなければ、次回の改善が見込めません。 同じ失敗を何度も繰り返し、似たような詰めが甘いことを続けてしまう人が多いでしょう。 失敗をしっかり受け止め、反省し、心に刻み付ける経験が、つげの仕事をよりよいものにしてくれます。 失敗は成功の母という言葉もありますが、ただ失敗をするだけでは同じ失敗を繰り返すだけになるでしょう。 失敗をきちんと反省してこそ、次の成功に続く道が開けるということを覚えておきましょう。 ひとつの仕事や、計画を実行するとき、間違いやミスがないか確認することはよくあるはず。 しかし、詰めが甘い人は確認に対する意識が低くミスを増やしてしまいがち。 確認をしなくても、間違いがあるはずないと自分を過信してしまう人も少なくありません。 また、確認作業自体が面倒だと感じたり、飽きてしまう場合も、確認不足に陥ってしまいます。 詰めが甘い作業の多くが確認不足によっておこるもの。 確認が足りないと凡ミスも多くなり、最後にはミスが多い仕事をしてしまいます。 物事を丁寧に行うことが苦手な場合や、意識が低く丁寧さが足りないことも原因になってしまいます。 ひとつひとつのことに丁寧に取り組めば、おのずと良い結果がついてきます。 確認をきちんと行うことや、細かなところまで神経を使って作業をすることなど、丁寧さが必要な場面はたくさんあります。 こうした丁寧さが足りないと、雑になったり、おざなりな結果を招いてしまうでしょう。 丁寧さに欠けることは詰めが甘い結果につながる原因になるのではないでしょうか。 詰めが甘い性格を改善する方法 もしも自分が詰めが甘い人だと思ったら? そんなときに おすすめの改善方法をご紹介します。 日常生活でも取り入れられる、ささいな心掛けで、詰めが甘い自分を変えられるのではないでしょうか。 ひとつずつ取り組む• 計画をきちんと立てる• 他の人にも相談する• 自分を疑う気持ちを持つ• 集中できるようにする• あわてない• 何度も確認するチェックポイントを作る• 立ち止まって考える• 最後までやり遂げる• 特にせっかちな人や、飽き性な人は、要注意です。 目の前にある仕事よりも、その先の段取りに気を取られて、するべき作業がおろそかになってしまいがち。 先の展開が気になってしまう人ほど、まずは目の前のことをひとつずつ確実に片づけていく姿勢を持つことがポイントです。 最近では、気になったときにネットを確認すればいいという考え方で、場を乗り切る人も多くなっています。 しかし、付け焼刃で行き当たりばったりの計画は、最後につまずくことも増えてしまいます。 まずは、全体をしっかり見通せる計画を立てるように心がけましょう。 全体の流れを把握することで、失敗しやすいポイントや、おろそかになりがちな部分を確認でき、無駄なく作業に取り組めます。 自分だけの作業に終始すると、思い込みや油断が生まれてしまいます。 自分では確認しているつもりでも、見落としが出たり、凡ミスを作る原因になってしまうでしょう。 必ず、他人に相談し、第三者の目で確認してもらうことも心掛けましょう。 人間のやることにミスや勘違いはつきものです。 しかし、自分を信じすぎている人ほど、間違いがあるわけないと思い込んで作業を進めてしまいがち。 その思い込みが、油断につながり詰めが甘い結果を招いてしまいます。 時には「自分にも間違いがあるかもしれない」と疑う気持ちを持って、確認する機会を作るようにしましょう。 雑音が気になる人や、人の多いところで集中しづらい人など、自分のくせを知っておきましょう。 より自分が集中できる環境を整え、集中力がきれそうになったら休憩を挟むなどの工夫を考えます。 人は集中しているかしていないかで、結果に大きく差が出てしまうもの。 自分の力を発揮できる集中できる環境を意識するとよいでしょう。 雑音や、集中できる時間帯などに気を付けるのもおすすめです。 より自分の集中力を発揮しやすい環境を作ることで、ミスを防ぎましょう。 せっかちな人や、計画性がない人は、つい焦って作業を進めてしまいます。 思い通りにいかないことで調子を崩し、焦って仕事を終わらせるのはよくありません。 時間に余裕をもって計画を立て、焦らず落ち着いて取り組めるように、心がけるとよいでしょう。 すべての作業をやり終えてから、一度に確認をすると、確認作業も大変な量になってしまいます。 確認が多いと、ミスも増え、おざなりな確認で終わってしまうことも…。 作業の途中で、適度に確認をするチェックポイントを加えましょう。 確認が丁寧になり、何度も確認できるためミスを減らせるでしょう。 焦って、そのまま続けてしまうと、あとから大きな失敗につながってしまうことも少なくありません。 ささいなことでも、おろそかにせず立ち止まって確認するようにしてみましょう。 なんとなく始めると、途中で飽きたり嫌になって中途半端な作業で終わらせてしまう場合も少なくありません。 必ず、最後まで丁寧にやり遂げる覚悟を持っていれば、途中で気持ちが緩まず作業を進められます。 失敗するかもしれない、忘れ物があるかもしれないといった可能性を頭に入れておくことは、注意深さにつながります。 人はどれほど有能な人でもミスをするものです。 ミスを発見し、カバーができれば何の問題もないはずです。 常に詰めが甘い可能性に危機感を持って取り組む姿勢をもちましょう。 詰めが甘いことを自覚しよう 詰めが甘い人は、これまでにも多くの失敗をしてきているはずです。 それらの失敗を、 ただの失敗として受け流してしまっては、次へ活かせることができません。 経験が浅くて詰めが甘い結果を招いている人も同じことが言えます。 人は失敗を通じて大きく成長できるもの。 いろいろなことに挑戦し、失敗する経験を積みましょう。 その中で詰めが甘い結果になったときは、きちんと自覚し反省する心を持つことが大切です。 詰めが甘いことに気づければ、あとは目の前のことに集中し、丁寧に仕事をやり遂げるだけ! 大切なことは、詰めが甘いことに慣れて、諦めてしまわないことです。 詰めが甘いところをしっかり自覚し、次への一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。 自分の能力を最大限発揮できた良い結果を得ることができるはずです。

次の

「詰めが甘い」の意味と使い方とは?類義語や対義語などを解説

詰めが甘い

「詰めが甘い」の意味とは? 「詰めが甘い」の読み方• 「詰めが甘い」の英語 解釈• 「詰めが甘い」の対義語• 「詰めが甘い」の言葉の使い方• 「詰めが甘い」を使った言葉と意味を解釈• 「詰めが甘い」を使った例文や短文・意味を解釈• 「詰めが甘い」と「脇が甘い」の違い• 「詰めが甘い」の類語や類義の表現 「詰めが甘い」の意味とは? 詰めが甘いとは、 「最後の締め方が悪い」という意味で使う言葉です。 その所為で失敗してしまった時には 「詰めが甘かった」という使い方になり、 「最後の締め方が悪かったので失敗に終わってしまった もしくは、悪い終わり方になってしまった 」ということをそれだけで表せます。 物事にだけでなく、 「あの人はいつも詰めが甘い」などと、最後を締めるのがうまくない人に対して使うこともできます。 また、 「詰めが甘いのはいつものことだ」 いつも決まって最後が締まらない といったような使い方をしても構いません。 「詰めが甘い」の対義語 「詰めが甘い」の逆は、 「最後がよかった」という意味になります。 よって、対義語は 「有終の美」 ゆうしゅうのび だと考えることができます。 この言葉は、 「終わり方がよかった」という意味で、そこまでの過程はともかく 関係なく 、最後は綺麗に締められたという意味になるので、 「詰めが甘い」とは全く逆の状態です。 状況によっては、 「正確」 せいかく、間違いがない や 「緻密」 ちみつ、細かいところまでしっかりしている様子 なども反対の意味で使えます。 「詰めの甘さが見られた」の反対は、 「最後まで正確 緻密 だった」と表現できます。 もちろん、 「有終の美だった」でも構いません。

次の

詰めが甘い性格を克服する10の方法

詰めが甘い

家を出た後で鍵をかけ忘れていないか不安になるタイプの人も、詰めが甘いかもしれません。 仕事中にさっきの作業がうまくいっていないのではないか?という不安に襲われやすいからです。 そうなってしまうと目の前の仕事が全く手に付かなくなり、作業工程は遅れていきます。 締め切りギリギリの納品となるためチェックに時間をかけられず、詰めの甘さが生まれてしまうのです。 仕事中は常にアドレナリンが全開になり、「俺強い!」状態になっています。 勢いよく仕事を終わらせますが、精密な作業が必要な部分でミスをしがちです。 そして、完了した後も湧き出る自信によって見直しを一切しません。 マラソンのようにペース配分が重要になるわけですが、それが出来ない人はどうでもいい部分に注力してしまい、時間を浪費してしまうでしょう。 納期までに間に合わないことに気づいてからペースを上げても、詰めの甘さが残されてしまいます。 重要な仕事を終わらせて余韻に浸りながら、これから飲みに行こうと思うかもしれません。 このように詰めが甘い人は、出来上がりに満足してしまうのです。 そこでちょっと待って、きちんと見直しをすれば、ミスを減らせます。 満足するのは悪いことではありませんが、詰めが甘くなっていないかだけは注意しましょう。 詰めが甘いと起こる悲劇 意識して詰めの甘さを直そうとしてもミスを減らせない場合は、自分と仕事の相性が悪いのかもしれません。 人間は完璧ではないため、どうしても向かない仕事というのも出てきます。 そんな時は思い切って環境を変えてみるのもよいでしょう。 転職エージェントを利用して、自分の適性あった仕事を探してみてください。 興味のない業界を紹介されても、もしかしたら自分に適性があるのかもしれません。 詰めが甘い弱点は取り組み方の改善で克服できる!最後まで冷静に取り組もう 詰めの甘さは取り組み方次第でいくらでも改善できます。 最後まで気を抜かない、見直しを徹底するという綿密な作業を心がけることで、どんどん減らしていけるでしょう。 仕事を終わらせた直後は、誰だって達成感によって舞い上がってしまうものです。 そのため、一度冷静になる訓練を詰めば、人生のいろんな場面で活かせるかもしれません。 情熱と冷静の間で自分をコントロールできるようになってください。 合わせて読みたい!.

次の