キム ヒョンジュ ン ブログ。 恋人がいます 12話あらすじ キム・ヒョンジュ チ・ジニ パク・ハンビョル イ・ギュハン: 韓国ソウルから。(旧)

恋人がいます 12話あらすじ キム・ヒョンジュ チ・ジニ パク・ハンビョル イ・ギュハン: 韓国ソウルから。(旧)

キム ヒョンジュ ン ブログ

彼女の名前はペク・スジョン。 スジョンの母親までもがその衝撃の中で亡くなり、一人残されたスジョンの父ホンソクはその真実に迫ろうともがく。 だが、権力と金の力でねじ伏せられそうになるホンソク。 でも、巨大な相手を敵にしても諦めない。 その理由を訊かれ、答えるホンソク。 「スジョンの父親だから」 父の愛の物語です。 韓流スターもアイドルスターも登場せず、出生の秘密も明らかなラブストーリーもないドラマ。 ヒーローも出ないし海外ロケももちろんありません。 でも、 実力派俳優たちの名演技に裏打ちされたしっかりしたストーリーでひきつけられる名品ドラマです。 派手さに欠けるこのドラマ、 視聴率的には一桁スタートでしたが、最後には20%を越える(22. 6%-AGBによる)ヒットドラマとなりました。 脚本家は「太王四神記」に参加された方のようなんですが、元々はシットコムの人なのかしら?。 演出担当は「ガラスの城」「お隣さんは元ダンナ」を手掛けた人。 主役を演じるのはソン・ヒョンジュで彼の向うべき敵を演じるのはキム・サンジュン。 彼らの対決シーンは素晴らしいのですが、それにもこだわらず、回によっては彼らがほとんど出ない、なんていうこともあります。 それぐらい、ストーリーを重視しているドラマなんですね。 ブレがないドラマです。 16話と、こういうタイプのドラマにしては短い目なのですが、敵側も一枚岩ではなく、昨日の敵が今日の敵、なんていうことがしょっちゅう起こります。 また、それぞれのキャラも深く設定されていて、わずかに出てくる彼らの過去や人間関係がメインとなるストーリーに深みを与えています。 はじまった当初から私のお勧めドラマである星4つぐらいの水準のドラマだったのですが、ラストが見事で星5つをつけました。 着地点が凄いんですね。 現実の壁を見せながらも主人公の戦いは決して無駄ではなかった、と思わせるラストでした。 (ラストに関する具体的な感想はネタバレになってしまいますので、最終話のあらすじの後に書きます。 ) ともかく、超お勧めのドラマ、ぜひご覧になっていただきたいです。 各話のあらすじは簡単に書いています。 別ブログにアップしますので、よろしければご利用ください。 アンケートも設けました。 これをリアルタイムでご覧になっていた方、いらっしゃるのかな? と不安に思っているのですが、そのうちにご覧になる方も増えるドラマだろう、と期待しています。 鍵コメさん、お久しぶりです! ほんと、最初から最後まで引き込まれるお話でしたね。 私も最後は号泣でした。 ラブコメ、実は私もしばらくまったく胸キュンが無かったものだから、もしかして私は女として終っている!? なんて悩んだものでしたが、ここ最近、蘇って来ました。 単に相性の問題だったようで、ほっとしました。 幽霊、このドラマほどではないんですが、かなり面白く見ています。 にてそうで、まったくタイプの異なるドラマですね。 脚本家さんは…どうでしょう? 何が合わなかったのかにもよりますね。 素材が駄目、役者さんがダメ…人により、嵌る部分、嵌らない部分はそれぞれですからね。 でも、もし、日本のテレビのカット版をご覧になったんでしたら、オリジナルはこんなもんだとは思わないでください! 私は両方見たんですが、オリジナルのファンとしてはこれはノーカットをお勧めしたいドラマなんですよ。 KNTVでようやく先週観終わりました。 全然期待していなく、このドラマの放送の前の時間帯で「野王」をやっていたので、録画予約が簡単なのでついポチ!って感じでしょうか。 野王を観て、このドラマだったので、ソ・ジスとソ・ジウォン姉妹が被っており、そして蒼のピアニストも同時来ていたのでソ・ヨンオクもと 人物の性格設定が戸惑いましたが、イケメンなしなのに毎週 心待ちにするドラマでした。 味方かと思っていたら裏切られ、そしてまた信頼し、 カン・ドンユンも嫌いじゃなかったです。 あの人はあの人なりに権力欲と相まって愛というものを 持っていたのですから。 変なラブストーリーを付けずに、家族の深い愛情の物語になっており kirikoroさんお薦めというもの納得です 視聴に至る動機になる要素という事ではは弱い目のこのドラマですが、ご覧になった方の満足度の高いドラマですね。 かくいう私も、何となく見始め、あっという間に嵌ってしまった作品でした。 並行して見ているドラマがあると、あちらこちらでキャストが被り、ちょっと頭の切り替えがしにくくなることはよくありますね。 あの人はあの人なりに権力欲と相まって愛というものを 持っていたのですから。 同感です。 完全な悪者になっていないことで、物語にも深みが出たようにも思います。 ラブストーリー物もいいですけれど、ラブストーリー抜きのドラマもそれなりにいいものですよね。

次の

韓国女優 キム・ヒョンジュ プロフィール

キム ヒョンジュ ン ブログ

出演作品 [ ] テレビドラマ [ ]• 私が生きる理由(1997年、) - プンス役• (1997年、MBC) - ナ・ミンジョン役• 愛しか知らない(1998年、MBC) - ペク・ヨング役• 愛してる愛してる(1998年、) - イ・ジュヒ役• 青春(1999年、MBC) - チャ・ウォニョン役• キム家の最終戦争(1999年、MBC) - ジウン役• ラブストーリー(1999年、SBS) - ソヨン役• 日差しに向かって(「青春の疾走」、1999年、MBC) - イ・ヨニ役• トギ(2000年、SBS) - チョン・グィドク役• 彼女の家(2001年、MBC) - パク・ヨンチェ役• (2001年、MBC) - パク・タニョン役• (2002年、SBS) - キム・ユニ(イ・ソヌ)役• 波乱万丈ミスキムの10億作り(2004年、SBS) - キム・ウンジェ役• 土地(2004年、SBS) - チェ・ソヒ役• 百万長者と結婚する方法(2005年、SBS) - ハン・ウニョン役• インスンはきれいだ(2007年、) - パク・インスン役• (2009年、KBS - ク・ジュニ役• パートナー(2009年、KBS) - カン・ウノ役• きらきら光る(2011年、MBC) - ハン・ジョンウォン役• 愛の贈りもの~My Blessed Mom~(2012年、SBS) - キム・ヨンジュ役• 宮中残酷史-花たちの戦争(2013年、) - 役• 私たち恋してる(2015年、JTBC) - キム・ヒョンジュ役(女優キム・ヒョンジュ役でカメオ出演)• 家族なのにどうして(2014年、KBS) - チャ・ガンシム役• 愛人がいます(2015年、SBS) - ト・ヘガン、トッコ・ヨンギ役 一人二役• ファンタスティック(2016年、JTBC) - イ・ソヘ役• 私たちが出会った奇跡(2018年、KBS) - ソン・ヘジン役• WATCHER(2019年、JTBC) - ハン・テジュ役 映画 [ ]• クリスマスに雪が降れば(1998年、韓国) - イ・ソンヒ• ホワイトクリスマス 恋しくて、逢いたくて(1999年、韓国) - ユン・スジン• (、) - 金美嬌• シンソッキ・ブルース(2004年、韓国) - ソ・ジニョン• 視線の向こうに(2011年、韓国) - ヒジュ 受賞歴 [ ]• 1998年 SBS演技大賞 新人賞 愛してる 愛してる• 1998年MBC演技大賞 新人賞• 2000 SBS演技大賞 優秀賞 トギ• 2001 MBC演技大賞 テレビ部門優秀賞 彼女の家• 2002 SBS演技大賞 特別企画優秀賞 ガラスの靴• 2002 SBS演技大賞 10大スター賞 ガラスの靴• 2004 SBS演技大賞 ミニシリーズ優秀賞 波乱万丈ミスキムの10億作り• 2004 SBS演技大賞 10大スター賞 波乱万丈ミスキムの10億作り• 2005 SBS演技大賞 10大スター賞 百万長者と結婚する方法 - この年の司会を務めた。 2007 KBS演技大賞 最優秀演技賞 インスンはきれいだ• 2011 MBC演技大賞 最優秀演技賞 キラキラ光る• 2014 KBS演技大賞 最優秀演技賞 家族なのにどうして• 2014 KBS演技大賞 ベストカップル賞 家族なのにどうして• 2015 APANドラマアワード 最優秀演技賞 愛人がいます• 2015 SBS演技大賞 最優秀演技賞 愛人がいます• 2015 SBS演技大賞 ベストカップル賞 愛人がいます• 2015 SBS演技大賞 10大スター賞、ネズチン賞 愛人がいます - ネズチン賞は10大スター賞10名の中から1人選ばれる。 この項目は、に関連した です。

次の

追跡者(チェイサー) : 韓国ドラマ感想リスト

キム ヒョンジュ ン ブログ

彼女の名前はペク・スジョン。 スジョンの母親までもがその衝撃の中で亡くなり、一人残されたスジョンの父ホンソクはその真実に迫ろうともがく。 だが、権力と金の力でねじ伏せられそうになるホンソク。 でも、巨大な相手を敵にしても諦めない。 その理由を訊かれ、答えるホンソク。 「スジョンの父親だから」 父の愛の物語です。 韓流スターもアイドルスターも登場せず、出生の秘密も明らかなラブストーリーもないドラマ。 ヒーローも出ないし海外ロケももちろんありません。 でも、 実力派俳優たちの名演技に裏打ちされたしっかりしたストーリーでひきつけられる名品ドラマです。 派手さに欠けるこのドラマ、 視聴率的には一桁スタートでしたが、最後には20%を越える(22. 6%-AGBによる)ヒットドラマとなりました。 脚本家は「太王四神記」に参加された方のようなんですが、元々はシットコムの人なのかしら?。 演出担当は「ガラスの城」「お隣さんは元ダンナ」を手掛けた人。 主役を演じるのはソン・ヒョンジュで彼の向うべき敵を演じるのはキム・サンジュン。 彼らの対決シーンは素晴らしいのですが、それにもこだわらず、回によっては彼らがほとんど出ない、なんていうこともあります。 それぐらい、ストーリーを重視しているドラマなんですね。 ブレがないドラマです。 16話と、こういうタイプのドラマにしては短い目なのですが、敵側も一枚岩ではなく、昨日の敵が今日の敵、なんていうことがしょっちゅう起こります。 また、それぞれのキャラも深く設定されていて、わずかに出てくる彼らの過去や人間関係がメインとなるストーリーに深みを与えています。 はじまった当初から私のお勧めドラマである星4つぐらいの水準のドラマだったのですが、ラストが見事で星5つをつけました。 着地点が凄いんですね。 現実の壁を見せながらも主人公の戦いは決して無駄ではなかった、と思わせるラストでした。 (ラストに関する具体的な感想はネタバレになってしまいますので、最終話のあらすじの後に書きます。 ) ともかく、超お勧めのドラマ、ぜひご覧になっていただきたいです。 各話のあらすじは簡単に書いています。 別ブログにアップしますので、よろしければご利用ください。 アンケートも設けました。 これをリアルタイムでご覧になっていた方、いらっしゃるのかな? と不安に思っているのですが、そのうちにご覧になる方も増えるドラマだろう、と期待しています。 鍵コメさん、お久しぶりです! ほんと、最初から最後まで引き込まれるお話でしたね。 私も最後は号泣でした。 ラブコメ、実は私もしばらくまったく胸キュンが無かったものだから、もしかして私は女として終っている!? なんて悩んだものでしたが、ここ最近、蘇って来ました。 単に相性の問題だったようで、ほっとしました。 幽霊、このドラマほどではないんですが、かなり面白く見ています。 にてそうで、まったくタイプの異なるドラマですね。 脚本家さんは…どうでしょう? 何が合わなかったのかにもよりますね。 素材が駄目、役者さんがダメ…人により、嵌る部分、嵌らない部分はそれぞれですからね。 でも、もし、日本のテレビのカット版をご覧になったんでしたら、オリジナルはこんなもんだとは思わないでください! 私は両方見たんですが、オリジナルのファンとしてはこれはノーカットをお勧めしたいドラマなんですよ。 KNTVでようやく先週観終わりました。 全然期待していなく、このドラマの放送の前の時間帯で「野王」をやっていたので、録画予約が簡単なのでついポチ!って感じでしょうか。 野王を観て、このドラマだったので、ソ・ジスとソ・ジウォン姉妹が被っており、そして蒼のピアニストも同時来ていたのでソ・ヨンオクもと 人物の性格設定が戸惑いましたが、イケメンなしなのに毎週 心待ちにするドラマでした。 味方かと思っていたら裏切られ、そしてまた信頼し、 カン・ドンユンも嫌いじゃなかったです。 あの人はあの人なりに権力欲と相まって愛というものを 持っていたのですから。 変なラブストーリーを付けずに、家族の深い愛情の物語になっており kirikoroさんお薦めというもの納得です 視聴に至る動機になる要素という事ではは弱い目のこのドラマですが、ご覧になった方の満足度の高いドラマですね。 かくいう私も、何となく見始め、あっという間に嵌ってしまった作品でした。 並行して見ているドラマがあると、あちらこちらでキャストが被り、ちょっと頭の切り替えがしにくくなることはよくありますね。 あの人はあの人なりに権力欲と相まって愛というものを 持っていたのですから。 同感です。 完全な悪者になっていないことで、物語にも深みが出たようにも思います。 ラブストーリー物もいいですけれど、ラブストーリー抜きのドラマもそれなりにいいものですよね。

次の