グランビア 生 ハム。 生ハム塾|生ハムへのこだわり|グランビアホームページ

日本の長期熟成生ハムが、ヨーロッパ産を凌駕する日

グランビア 生 ハム

近年、日本ワインや国内でつくられるナチュラルチーズなど、日本各地の生産者(職人)が手がける「クラフトフード」に注目が集まっていますが、いま「生ハム」を作る個性豊かな生産者が日本で増えてきているのをご存知でしょうか? 「生産者の個性」「消費者との距離感の近さ」といったさまざまな魅力で人を惹きつけるさまざまなクラフトフードと同じように、「国産生ハム」もまた、生産者の個性や土地柄によって多様性を広げ始めている最中。 そこで今回、伊勢丹が熱い視線を送る日本のクラフト生ハムをどどんとご紹介! 気になる生産者や気軽に生ハムを味わうことのできる伊勢丹ならではのアイテム・ニュースをお伝えしていきます! まったく違う味わいに驚き、食べ比べできる国産生ハムセレクション 伊勢丹新宿店限定<ワールドミートバルニッシン>JAPAN CRAFT生ハム セレクション(a. しかし、日本でも強いクラフトマンシップ(職人気質)を持って生ハムづくりを行い、本場の味わいに挑もうという個性豊かな生産者がいることもまた事実。 全国各地の工房が作り出す生ハムから、はっきりと違いが感じ取れるほど多様な味わいが生まれてくることも、国産生ハムのおもしろさのひとつです。 豚の種類、熟成の長さ、工房のある自然環境、そして何よりも作り手たちのものづくりの考え方—その違いによる香り、食感、風味が食べ比べられるセットは貴重! 食べ比べの参考になるように、ここから各工房の特徴をかんたんにご紹介させていただきます。 実際に生ハムを食べながら、自分のお気に入りを見つける頃には、あなたもかなりの生ハム通になっているはず!? a. テイスティングカウンターでは、上記で紹介した注目の国産生ハム4種と日本ワインのペアリングを楽しめるメニューを用意。 食べ比べや工房見学は、その入り口になってくれるはずです。 さあ、どんどんと盛り上がりを見せるJAPAN CRAFT 生ハムを、どうぞお試しください! 【体験イベント】<育風堂精肉店>生ハム工房見学ツアーを開催! 群馬県みなかみ町の風土、気候を生かして作り上げる注目の生ハム「はもんみなかみ」の<育風堂精肉店>の生ハムづくりを見学してみませんか? 工房のあるみなかみ町は、生ハムの銘産地スペイン・グラナダとほぼ同じ緯度に位置する、まさに生ハムづくりの好適地。 名山・谷川岳から吹く風を浴びながら、見て、味わって、生ハムの魅力をご体感ください。 上毛高原駅から谷川岳ロープウェイ行(関越交通バス)に乗車し、ドライバーに「育風堂精肉店」とお伝えください。 上毛高原駅から30〜40分程かかります。 必ずバスのダイヤをご確認ください。

次の

『生ハム美味しい♪』by 骨折娘 : セルベセリア・グランビア (CERVECERIA GRANVIA)

グランビア 生 ハム

生ハムの製造・販売を行うグランビア(秋田県秋田市)は11月10日、赤坂で展開する「スペイン バル グランビア」(港区赤坂6)を移転リニューアルし、「セルベッセリア グランビア」(赤坂6、TEL )としてオープンした。 同店のコンセプトは「生ハムを安く提供すること」。 同社の金子裕二社長は27年前に秋田で自家製の生ハムを提供する「地中海料理グランビア」を展開。 3年ほど前に生ハムの物販を行うアンテナショップを赤坂に出店。 当初、赤坂に出店した店舗が地下1階という場所だったため、バル業態の「スペイン バル グランビア」として展開。 今度の移転リニューアルで1階部分に店舗を展開し、物販・飲食を強化した「セルッベセリア グランビア」としてスタートした。 [広告] 生ハムは秋田産の豚を使用し、秋田の工房で製造。 日本の気候に合わせて生み出したオリジナルの方法で添加物を一切使用せず、自然の気候を生かして本場スペインの生ハムの味を再現する。 豚の後ろ足を丸々1本使った生ハムを年間約1,500本製造しており、約2年間熟成させた生ハムを提供。 全国約80店舗に生ハムを卸しているという。 「スペインに旅行した際に、生ハムを食べてカルチャーショックを受け、日本でも本場の生ハムを広めたいと思い、生ハムを作り始めた」と金子さんは生ハムを作り始めたきっかけを話す。 店舗面積は24坪。 席数は店内30席、カフェテラス18席の計48席。 店内はスペインの飲食店をイメージしており、スペインで良く使用される手描きのタイルを使用。 ランプシェードにもスペインで使用される陶器のものを使い、空間を演出する。 カウンター席や立ち飲みコーナーなどもあり、バル業態の面影を残す。 入り口に設けられた、物販コーナーには何十本もの生ハムや自家製のサラミなどがつり下げられ、その場で生ハムを切り分けて販売を行う。 メニューは、「自家製生ハム」(500円)のほか、生ハムを使用した「自家製クリームコロッケ」(630円)、「イカの墨煮」(630円)、スペイン風の目玉焼きの「フラメンコエッグ(ごはん入り)」(950円)などスペイン料理をメーンに用意。 アルコールもスペインのビールやワインをメーンで提供。 移転してからはランチの提供を始め、1日限定50食のハンバーグなどを提供する。 物販コーナーでは生ハムのグラム売りを行っており、「自家製生ハム(100グラム)」=1,800円で販売。 各種銘柄豚を使用した生ハムの販売も行う。 毎年、金子さんは秋田の工房で生ハムの作り方を教え、受講生自ら生ハムを作る生ハム塾を開講。 毎年100人ほどの受講生がいるという。 「今後もおいしい生ハムを日本に広めていきたい」と金子さん。 営業時間は、ランチ=11時30分~15時、ディナー=18時~24時。 日曜・祝日定休。 15時~18時のティータイムの営業も行っていく予定。

次の

生ハム塾|生ハムへのこだわり|グランビアホームページ

グランビア 生 ハム

が、食べたいものを食べたいだけ注文するという暴挙にでまして、まー、たくさん注文させていただきました。 動画撮影許可いただき、録画データありますが、食べログで動画をUPできないのが残念。 是非、オレンジジュース絞り機のギミックの素晴らしさを見てほしいです 味もまさにオレンジそのもの! ・ワインを頼んだところ微発砲で、なおかつ注ぎ方が独特なのにびっくりです 高いところから、いっきにグラスに注ぐスタイル初めてです。 ワイングラスも変わっていて、ストレートで太くて短いグラスですが、 グラスが薄いので飲み口軽やかで美味しかったです ・秋田産三元豚の自家製生ハム2種盛り合わせ 24か月と36か月熟成の2種類です。 個人的には24か月熟成のほうが好きー。 ・チーズ盛り合わせ ・バゲット(この後バゲットは何度もお代わりしますw ・海老のピルピル ピルピルってなんだろう、アヒージョのような油で煮込んだスタイル。 今回は初めてづくしです。 酸味のあるトマトソースとじゃがいも合うーーー! そのほかのお料理もみな美味しく、食べ過ぎ飲みすぎしてしまったほどです。 生ハム食べ放題のコースも気になります。 ご馳走様でした!.

次の