岩手 コロナ 検査 数。 岩手県新型コロナ感染者がいない理由はなぜ?検査拒否が理由?岩手県優勝がトレンド

岩手県がコロナ検査拒否?感染者がいない理由や噂は本当?

岩手 コロナ 検査 数

岩手県は新型コロナウイルスの感染がゼロなのか。 ご当地女性タレントのふじポンが現地をリポートした。 「ウイルスは飛んでいるんだけど、人がいないからくっつかない。 渋谷のスクランブル交差点の人が減ったというけど、盛岡なんて、いつもこんなもんです」と女性は語っている。 岩手県の人口は全国32位の122万人だが、面積は北海道に次いで全国2位と広く、人口密度も1平方キロメートルあたり80人で2番目に少ない。 「口数の少ない県民性で飛沫も少ない」「真面目な県民性。 やりましょうということに対して、岩手県民は『はい、わかりました』とやる人が多い」と、県民性を理由にあげる人もいた。 また、「納豆とか食べていて、健康に気を使っているから」「豆腐や納豆を食べるといいよとよく聞きます」と、納豆を挙げる人が多数いた。 雪が多い東北地方では、納豆は冬場の貴重なタンパク源。 盛岡市の納豆購入金額は、総務省の2018年の調査で全国1位なのだ。 「感染者1号のなりたくない」とみんなで予防 病院の連携体制や独自の外出自粛要請など、達増拓也知事の対応の早さを評価する声もあった。 古着店で働く男性は、「みんな、(県内の新型コロナ感染者の)1人目になりたくないという意識が強いのかもしれない。 それが(予防の)徹底につながっている」と話していた。 東邦大の小林寅喆教授「知事の初動が早く、県民もそれに従うということが成果に表れています」 キャスターの立川志らく「(感染者ゼロは)たまたではなく、いろんなことが積み重なっています。 真似るべきですね」 「感染ゼロ」がクローズアップされると、必ず岩手へ行こうというバカ者が出てくる。 さくらまつりを中止した岩手県北上市の住民は「『住民です』と嘘をついて入ってくる観光客で渋滞が起きてます。 控えてほしい」と訴える。 県内のある旅館は、平日でも予約の半分を関東の客が占めるようになり、安全のため休館にした。 髙橋知典(弁護士)「今は岩手に行かないことが大事です」.

次の

岩手県がコロナ検査拒否?感染者がいない理由や噂は本当?

岩手 コロナ 検査 数

1回の投稿に500いいね以上ってところからも関心の高さがうかがえるね 岩手県のコロナ対策:対策に513億円増額 岩手県は、新型コロナウイルスの全国的な流行を受け、感染の有無を確認できるPCR検査の処理能力を現在の2倍の1日最大80件に増やす。 2次医療圏ごとに地域外来・検査センターも設置する。 こうした感染拡大防止対策のほか、中小企業向けの経済対策などとともに513億4700万円を増額する2020年度一般会計補正予算案に盛り込んだ。 30日に開かれる県議会臨時会に提出する。 現在、PCR検査は県環境保健研究センター(盛岡市)で実施しており、同センターにPCR検査機や自動RNA抽出装置などを増設する費用として2400万円を計上。 増設後は検体の処理能力が現在の1日最大40件から同80件に倍増する。 また、県内に9つある2次医療圏への地域外来・検査センターの整備費として6000万円を盛り込んだ。 県によると、27日午前8時現在、県内で実施したPCR検査は民間に依頼した8件を含めて302件。 結果は全て陰性だった。 21日以降で検査件数が最も多かった日は、22日の15件だった。 経済対策では、県内中小企業向けに3年間無利子で保証料も全額補給する制度融資を新設し、事業費として436億円を計上する。 また、売り上げが半分以下まで減少した中小企業のうち、小売業者や飲食業者などへの家賃補助分として6億5800万円を、県の休業要請に応じた中小企業への協力金として1億円をそれぞれ盛り込んだ。 補正予算案が県議会臨時会で可決後の一般会計は総額で9946億円。 19年度当初予算に比べて6. 出典: PCR検査だけとかじゃなくて、経済対策とかも並行してやってるのが効いてる気がするね 岩手県のコロナ対策:PCR検査を民間委託して手順を簡素化 岩手県は28日、新型コロナウイルスに関するPCR検査の体制を見直すことを決めた。 感染が疑われる一般的な患者の検査は原則、民間機関に依頼する。 帰国者・接触者外来や、新たに設置される発熱外来が直接、検査依頼を出せる。 これまでほぼ全ての検査を担ってきた県環境保健研究センター(盛岡市)は、濃厚接触者や急を要するケース、クラスター(感染者集団)発生時の対応に専念する。 現行では、患者が帰国者・接触者外来を受診後、検査の要否について県が独自に設置する「感染症対策専門委員会」が協議している。 県内の検査数が少ない一因との批判もあった。 県は現在、九つの2次医療圏ごとに発熱外来を設置するよう調整を進めており、診察体制を拡充するとともに手順を簡素化した形だ。 出典: 感染してる自覚がない人がまき散らすケースもあるし、今は仕方ないよね この徹底っぷり、恐ろしくもあるね… 岩手県のコロナ対策:県民の協力姿勢 新型コロナウイルスの感染拡大が続き、緊急事態宣言が全国に発出される中、唯一感染者ゼロを続ける岩手県。 その県北にある九戸村の感染防止啓発ポスターが、見た目の斜め上感と内容の真剣さで、ネット上で話題になっている。 出典: コロナ発症「0」を続ける岩手県の中で人口5,500人の九戸村のコロナ対策ポスター。 子供達の不安を解消しながら感染予防の徹底。 クラスターへの厳重警戒。 緊急事態宣言。 本気でやろう。 ちきんやろう。 — サトウコウスケ kosukesato.

次の

岩手県はコロナウイルス感染者数ゼロ!なぜいない?

岩手 コロナ 検査 数

岩手県優勝コロナ感染者ゼロの理由はなぜ?ネットでは検査拒否を疑う声多数! 岩手県民です。 優勝したって全然嬉しくないです。 検査拒否多発です。 むしろ助けてください。 検査拒否、拡散してください。 本当にひどいです。 昨日までの検査数135件。 相談数約3000件。 検査してません。 もうお一方、岩手県で検査拒否に苦しむ方がおられるようです。 首都圏からも近いので、コロナ検査を積極的にされた方が、逆に逃げ込んで来る人々の抑止になると思うのですが。 — sparrow spanest 岩手県はどこの件よりも検査数が少ないのじゃ。 帰国者接触者相談センターの相談件数はそこそこ多い。 検査拒否やめたげてねー…つらくて苦しんでるひといると思うよ… — かおす。 東京より酷い検査拒否。 岩手県民は怒らないと。 検査拒否多発が真実なら、最後に残った県と言われても嬉しくない。 でも、少なくとも私の周りではコロナを疑うような症状出てる人はいないのも事実。。。 未知のものに勝手に確定しちゃ危ない。 見逃し見逃しで感染者ゼロを保持しているのなら意味が無い。 — ichijo 99999Sheeps ネット上の声を一部だけまとめてみましたが、かなりの方が「検査拒否している」という声をあげているようです。 これらの投稿がどれだけ信憑性があるのか分からないため、実際に岩手県のを確認してみました。 まずは、相談件数から。 岩手県は、2月8日から「帰国者・接触者相談センター」や「一般相談」での受付件数をカウントしているようですが、4月8日時点で、• 「帰国者・接触者相談センター」は約3000件• 「一般相談」は約2600件 となっているようです。 「一般相談」には疑問や心配事の相談も含まれているため、新型コロナウイルスを疑った方で既に発症している方の相談件数は「帰国者・接触者相談センター」の「3,023件」を見た方が良さそうですね。 これに対し、実際の検査数がこちら。 4月9日時点で、135件。 基準となる日付が1日ずれてはいますが、相談件数に対する実際の検査数の割合は「4. 症状が無く感染の疑わしい方の相談は「一般相談」に含まれるため、実際にはもっとこの数字は低くなると思います。 実際に埼玉県さいたま市の保健所所長は、「病院があふれるのが嫌」という理由で、PCR検査の対象選定を厳しめにしていたと発言しています。 となると、岩手県の公式発表と、他県ではありますが保健所所長の発言を照らし合わせると、岩手県でも検査拒否が行われている、という声が上がるのも仕方がないかもしれません。 実際に現在もツイッター上で「検査を拒否された」という声がどんどん上がっているようです。 この辺りの県民の方の疑問や不安に対し、行政は明確に説明をする必要があるのではないでしょうか? 岩手県優勝コロナ感染者ゼロの理由はなぜ?ネットでは検査拒否を疑う声多数!まとめ 「岩手県優勝コロナ感染者ゼロの理由はなぜ?ネットでは検査拒否を疑う声多数!」と題し、ネットの声をまとめてみました。 もちろんその中には国が定めた基準に合致しないため検査が受けられない方もいるでしょうが、今の日本全国の新型コロナウイルスの感染拡大の状況を見る限り、検査が受けられていない3000人近くのうち、感染者が0人ということはまず考えにくいように思います。 本当に感染者がおらず、このまま感染者を1人も出すことなく収束するのが一番なのですが、もし検査拒否が事実であれば感染を拡大させるだけのような気がしますので、この辺りの県民の方の不安や疑問には、県知事からきちんと答えていただきたいですね。

次の