コナン ピアノ 線。 ピアノ初心者におすすめの曲16選|アニソン、ポップスなど[楽譜付]

事件ファイル|名探偵コナン

コナン ピアノ 線

世界最大のスポーツの祭典「WSG -ワールド・スポーツ・ゲームス-」の記念すべき東京開催を迎えようとしている日本。 その開会式に合わせて、日本の技術を総結集した、最高時速1000kmを誇る世界初「真空超電導リニア」が新名古屋駅と東京に新設される芝浜駅間に開通することが発表された。 世間の注目を集める中、名だたる大会スポンサーが集うパーティー会場で突如事件が発生し、企業のトップが相次いで拉致されてしまう異常事態に。 その裏には事件を監視する赤井秀一の姿、そして赤井からの指令を待つFBIの姿があった。 コナンの推理により、15年前にアメリカのボストンで起きた忌まわしきWSG連続拉致事件との関連性が浮かび上がり、当時の事件もFBIの管轄だった事が判明する。 果たしてこれは偶然なのか?世界中から大勢の人々が集まる日本で、一体何が起ころうとしているのか? テレビアニメ「名探偵コナン」第23シーズン GYAO! ストアで配信中! 名探偵コナン 第23シーズン 高校生探偵・工藤新一は、幼なじみの毛利蘭と遊びに行った遊園地で、黒ずくめの男達の怪しげな取引を目撃した。 しかし、その仲間に見つかり謎の毒薬を飲まされ、薬の作用でなんと小学1年生になってしまう。 新一は、黒ずくめの男達の行方を追って元の体を取り戻すため、江戸川コナンと名乗り数々の難事件を解決していく。 イントロダクション 高校生探偵・工藤新一は、警察もお手上げの難事件を次々と解決するほどの頭脳の持ち主。 ある日、幼なじみの毛利蘭と遊園地に遊びに行った時、黒ずくめの男達による怪しげな取引を目撃する。 しかし、その仲間に見つかり謎の毒薬を飲まされると、薬の作用でなんと小学1年生になってしまう。 困り果てた新一は、隣に住む発明家・阿笠博士の助けを得て、黒ずくめの男達の行方を追うため「江戸川コナン」と名乗り自らの正体を隠す。 そして、探偵事務所を営む毛利蘭の家に潜り込むことにした。 はたして、新一の体は元に戻るのか!? 黒ずくめの男たちの正体は!! 数々の謎に満ちた怪事件をめぐり、小さな名探偵コナンの活躍が始まった!!

次の

事件ファイル|名探偵コナン

コナン ピアノ 線

2009年4月4日(土)放送 「ジェットコースター殺人事件」 密室で銀行の取締役が刺殺された事件を鮮やかに解決した工藤新一は、またまたヒーローとして大きく報道され、日本中の注目を集めていた。 新一は高校生ながら、日本一有名な名探偵なのだ。 世界的推理作家の父は母と一緒にアメリカで暮らしている。 大きな屋敷で膨大な量の海外ミステリー小説と共に一人暮らしをしている新一は、父の親友でもある目暮警部を助けて数々の難事件を解決してきた。 美形でサッカーの技術は超一流。 国立のヒーローにもなれる腕前を持ちながら、「サッカーは探偵に必要な運動神経を養うためにやっていただけ」とサッカー部をあっさりと辞めてしまった。 空手部の女主将でガールフレンドの毛利蘭は残念がるが、新一は一向に気にしていない。 新一が目指すのはひたすら「平成のシャーロック・ホームズ」なのだ。 「あのスリル!あの快感!一度やったらやめらんねーぜ!探偵は!!」 ある日、遊園地でデート中の新一と蘭は仲良くジェットコースターに乗り込んだ。 コースターが動き出し、トンネルの暗闇を通り抜けると、なんと座席で乗客の首が切断されていた。 事故ではない、殺人事件だ。 被害者の近くに乗っていたのは、被害者の仲間と新一たち、そして、怪しげな黒服の二人組。 被害者の恋人のバッグから包丁が発見され、誰もがその恋人を犯人だと考える。 しかし、新一はピアノ線とコースターを利用した犯行だと見抜き、ズバ抜けた推理力で真犯人に迫る!! 事件を解決した新一は、帰りにコースターに乗っていた怪しげな黒服の男を目撃。 蘭と別れて後を追うと、現金受け渡しの犯罪現場に遭遇する。 しかし、その現場の証拠を押さえようとしていたとろで背後から襲われ、気を失ってしまう。 怪しげな黒服の男たちは新一に組織が開発した毒薬を飲ませるが・・・。 名探偵コナンの原点とも言えるストーリーに新作カットも加えデジタルリマスターで放送。 ここから黒ずくめの組織と江戸川コナンの戦いが始まったのだ。

次の

【名探偵コナン】作画監督別に作画を比較・紹介

コナン ピアノ 線

2億円 前作 次作 『 名探偵コナン 戦慄の楽譜』(めいたんていコナン せんりつのフルスコア)はに公開されたので、劇場版『』シリーズの第12作目にあたる。 上映時間は115分。 は24億2000万円。 開局50周年・創刊通算50年記念作品。 優秀アニメーション作品賞受賞作品。 は「 この歌声を、消させはしない。 」「 この指が奏でるのは、真実を導く旋律(しらべ)…」。 概要 [ ] 「旋律」とかけて「戦慄」がタイトルに含まれる本作は「音楽」がメインとなっている。 主人公・とゲストキャラクターの秋庭怜子がメインで活躍するため、コナン以外のレギュラーキャラクターの活躍は全体的に抑えられている。 また、ポスターにゲストキャラクターが描かれたのは本作の秋庭怜子と、第4作『』に登場して以降2回登場している、警視庁刑事部の部長・だけである。 作中には前作『』に続いて工藤新一との過去のエピソードも織り込まれており、中学生時代に起きた2人の喧嘩が描かれている。 帝丹小学校の校歌が初披露され、コナンのクラス全員が揃って歌うシーンが描かれている。 その後、校歌はドラマCD「」に収録された。 ドラマCDではコナンたちの他、毛利蘭役の・鈴木園子役のも参加している。 ニュースキャスターなどが端役で出演することは第1作『』からあったが、本作からは著名人がゲスト声優として出演するようになり、本作では・・が出演している。 ただし、出番は少なく、容疑者役など重要キャラクターで登場するのは次作『』からである。 劇場版名探偵コナンにおいての主題歌起用は第9作『』以来3作目となるが2007年に5月にメンバーのが逝去したため、ZARDの起用は本作が最後となった。 また、プログラムには「『名探偵コナン』とZARDがともに歩んだ軌跡」として特集が組まれていた。 第8作『』から音響監督を担当してきたは本作をもって降板し、以降はテレビシリーズの音響監督を担当してきたが兼任するようになった。 2019年現在、劇場版『名探偵コナン』シリーズの中で上映時間が最も長い作品である。 小説版は、に小学館のジュニア文庫(小学館ジュニアシネマ文庫)から発売された。 プッシュホンの設定 [ ] 作中には、怜子と共に貯水池のボート上へ拉致されたコナンが池畔の管理所に設置されているにサッカーボールを蹴り当てて受話器を落とし、彼らが警察へのを発声によって発信するシーンが存在するが、でに放送されたバラエティ番組『』には、このシーンを疑問に思う依頼が来た。 そこで、番組内では実際に元日本代表GKのがサッカーボールを蹴り当ててプッシュホンの受話器を落とし、の女子学生2名がの117番を発声によって発信することに成功している。 また、依頼を受けた探偵局員のは、コナンの「見た目は子供、頭脳は大人」というフレーズを真似た台詞を口にしている。 なお、作中のプッシュトーンは怜子の歌唱を担当したオペラ歌手・が担当している。 テレビ放送 [ ]• テレビシリーズの放送時間変更に伴い、本作以降の劇場版は『』枠で放送されることが恒例となっている。 また、同枠の実質的な放送時間は93分程度であるため、100分以上の劇場版の放送時には大幅なカット編集が行われている。 回 放送年月日 放送時間() 備考 1 21:00 - 22:54 『漆黒の追跡者』の公開前前夜際として、放送。 2 21:00 - 22:54 3 21:00 - 22:54 原作の連載20周年を記念し、翌週放送のアニメスペシャル『』と合わせて「名探偵コナンまつり」の一環として放送。 ストーリー [ ] 高名な元の堂本一揮によって創設された堂本音楽アカデミーの練習室が爆発し、アカデミーの1期生が2名死亡、の河辺奏子が重傷を負った。 現場からはフルートを構成する3つの部品の1つ、胴部管が発見された。 事件の翌週、はオルガンに転向した堂本一揮の新しい音楽ホール、堂本音楽ホールでのこけら落としとリハーサルの見学に新一を誘うが、喧嘩になってしまう。 蘭が新一と喧嘩したことを知ったは、中学の時に特に長い喧嘩があったことを思い出し、そのことを尋ねるが、蘭は帰路に聞こえてきた、なにかの曲が仲直りのきっかけになったこと以外忘れてしまっていた。 リハーサルを見学したたちは、堂本一揮の他、彼の専属調律師だったホール館長の譜和匠、オルガン調律師のハンス・ミュラー、ピアニストで一揮の息子の弦也、堂本アカデミーの卒業生であるソプラノ歌手の千草らら、河辺の代役となったヴァイオリニストの山根紫音を目にし、ソプラノ歌手の秋庭怜子と出会う。 彼女が帝丹小学校OGだったことから後日コナンたちの合唱の練習を見てもらうことになるが、その練習のあと、怜子の飲み物を勝手に飲んだ元太が苦しみ出す。 4,5日の間声が出づらくなるということであり、彼女の堂本アカデミーでの練習のあと、3日後に迫ったホールでの出演を狙い、水筒に刺激物が混入されたものと考えられた。 さらに帰り道、一行は何者かにダンプカーで襲われる。 さらにアカデミーの1期生が2名死亡し、それぞれの現場にはフルートの頭部管と足部管が残されていた。 4名の死者は過去、ピアノカルテットを組んでいたという。 警察やは関係者の動機を確認するが、死んだ4人と秋庭の両方に動機の見える者はいない。 翌朝、コナンは秋庭のもとを訪れ、彼女の寝室でフルートと、男性の写真を見つける。 その男性は彼女の婚約者であった相馬光というフルート奏者で、4人組が無理やり酒を飲ませた結果、事故で転落死していたのだった。 コナンは秋庭のに同行したところ、での狙撃に遭遇する。 2人は逃げ出すが、犯人に怜子を撃つチャンスを与えてしまうも何故か撃とうとせず、逃走に成功する。 公演当日、コナンと秋庭はの管が1本だけ微妙にずれた音を出すことに気付き、ミュラーが行方不明のため一揮に伝えようとするが、不在の彼を探す間に2人は何者かに襲われ意識を失う。 そのまま公演開始の時刻となり、千草が代役となって開演する一方、コナンと秋庭はボートに乗せられ、運河に流されていた。 運河から脱出することは困難だったが、手の届かない位置に電話があったため、コナンがボール射出ベルトを使って受話器を外し、2人の声で信号を発することによって110番通報に成功する。 公演が始まってから、堂本ホールの外側にある23本の柱は断続的に爆破され続けていたが、ホール内は完全防音となっていたため会場の人間は誰も爆発に気付かないまま公演が続けられていた。 ヘリでコナンと秋庭を助けに来たとは、そのままホールの上ぎりぎりまで降下させて飛び降りることによってホール内に突入し、怜子とコナンも強引に同行する。 佐藤と高木は爆弾を探しに行き、コナンと秋庭は会場で待機するが、音のずれと爆発が連動していることに気付く。 管の1本に空気の流れの感知に伴って爆発させるセンサーが仕込まれていて、それのために微妙に音がずれていたのだった。 コナンが犯人がリモコンも所持しているのを見つけたため、公演を中止させても起爆されてしまうことがわかったが、秋庭がで割り込むことで時間を稼ぐ間に、コナンはセンサーを外し、犯人と対峙する。 一方蘭は、中学の時に新一との仲直りのきっかけになったのが、彼女のこの歌だったことに気付く。 犯人は譜和匠であり、彼は相馬の、身元を明かせない父親だった。 4人組を殺害したのは相馬の復讐で、河辺、秋庭、コナンを襲撃したのは彼らが絶対音感を持っているため、音の違いを指摘されるとセンサーが発見されるおそれがあるからで、秋庭をそれほど追い詰めなかったのは相馬の婚約者だったためである。 コナンは時計型麻酔銃が壊れてしまっていたためリモコンによる起爆を阻止しあぐねていたが、灰原がリコーダー の音名で「SHOOT」という文字列を伝えて射線を空けさせ、佐藤の狙撃によって制圧に成功する。 譜和は終演に際しながら爆破の動機を語り始める。 妻と息子を亡くした中、35年間専属調律師として人生を共にした一揮が突如転向してしまい、今更他のピアニストにつく気にもなれず、残された生きがいだった音楽までも耳障りになったことから、一揮やホールやオルガンを、客も巻き込んで消し去ろうとしたものだった。 しかし一揮の転向の理由は、譜和の調律が年を経るにつれて狂ってきていたが、プライドの高い譜和にそれを指摘するにしのびなく、また彼以外の調律師と新たに組むことも考えられなかったためだった。 それを告げられた譜和は一揮に当たり散らすが、園子に親友に対する信頼について諭されると泣き崩れる。 ホールを出ると、バイオリンによるアメイジング・グレイスが聞こえてきた。 蘭は弾き方からそれを新一の演奏と悟り、コナンから「新一が蘭と自分自身に聞かせるために弾いた」と聞くと、「今更来ても許してなんかやらない」と思いながらも微笑むのだった。 登場人物 [ ] メインキャラクター [ ] 「」も参照 (えどがわ コナン) - 本作の主人公。 本来の姿は「東の高校生探偵」として名を馳せている工藤新一だが、に飲まされた毒薬・の副作用で小学生の姿になっている。 (もうり らん) 声 - 本作のヒロイン。 新一の幼馴染かつガールフレンド。 関東大会で優勝するほどの空手の達人。 新一を堂本音楽ホールの完成記念公演に誘うが、新一からの余計なお世話だと言われた事で喧嘩になる。 (もうり こごろう) 声 - 蘭の父親で「眠りの小五郎」の異名で有名な私立。 コナンの保護者。 元強行犯係の刑事。 (くどう しんいち) 声 - コナンの本来の姿で高校生探偵。 中学時代の回想シーンとコナンの変声機による声で登場。 堂本音楽ホールの完成記念公演を誘ってきた蘭に、はずみで「余計なお節介」と言ってたことで喧嘩になる。 (はいばら あい) 声 - 元黒の組織の一員かつAPTX4869の開発者で、コナンの正体を新一と知る数少ない人物の1人。 元太からを拝借して、コナンにので状況を伝えている。 (すずき そのこ) 声 - 蘭の同級生で親友。 鈴木財閥の令嬢で、蘭や新一とは幼馴染でもある。 鈴木財閥のコネで堂本音楽ホールの完成記念公演にコナン一行が鑑賞できるよう手配する。 (めぐれ じゅうぞう) 声 - 警視庁刑事部捜査一課強行犯捜査三係の。 (あがさ ひろし) 声 - コナンの正体を新一と知る数少ない人物の1人で、発明家。 (よしだ あゆみ)、(こじま げんた)、(つぶらや みつひこ) 声 - (歩美)、(元太)、(光彦) の3人。 元太が怜子の飲み物を勝手に飲んだ際、仕込まれてた劇薬で声を出しづらくなるという症状に陥り、以降はリコーダーとジェスチャーを用いて意思表現し、歩美と光彦が通訳する。 元太は、人の飲み物を勝手に飲んだことから持ち主の怜子に怒られるが、それがなければ彼女の歌唱による爆破阻止、灰原によるリコーダー暗号が出来なかった事から、影の功労者といえる。 (さとう みわこ) 声 - 警視庁捜査一課の刑事で。 にも長けていて洞察力も鋭い。 高木刑事と交際中。 の腕も一流であり、音楽ホール内にて十数メートル離れた隣のボックス席にいる犯人が手に持ったサイズの起爆装置を、狙撃用の追加装備も無しに使用拳銃のの一撃で撃ち落としている。 (たかぎ わたる) 声 - 高木渉 警視庁捜査一課の刑事で。 佐藤刑事と両想いの恋愛関係。 (しらとり にんざぶろう) 声 - 警視庁捜査一課のキャリア組警部。 (ちばけいじ) 声 - 警視庁捜査一課の刑事で巡査部長。 コナンと同じく絶対音感の持ち主。 完璧主義者で口調も厳しいが、他人を思いやる優しさも兼ね備えている。 帝丹小学校OGの縁でコーチをした帰路から犯人に命を狙われるようになり、コナンがボディーガードとして同行することになった。 森林浴でリフレッシュをする事が趣味と聞かされコナンが警戒する中、犯人の銃撃を受けるも無事に乗り切ることに成功する。 救出後は信用を深めて一緒に行動するようになるが、コンサート直前になって、コナンと共に犯人に襲われてしまう。 作曲家。 堂本音楽アカデミーの創始者。 本来はピアニストだったが、2年前にパイプオルガンへ転向した。 譜和匠とは盟友で、堂本ホールの館長にも直々に推薦している。 厳格な性格で、音楽に対しては妥協を許さない人物。 一方で、息子の弦也が疑われた際には激怒する感情的な一面も見せる。 一番弟子の山根紫音は特にお気に入りで、本来コンサートで演奏するはずだった川辺奏子が重傷を負ったために紫音が大役を射止め、さらには所有していたストラディバリウスも、紫音自身に弾かせることができるようになった。 堂本 弦也(どうもと げんや) 声 - ピアニスト。 こけら落としコンサートの責任者。 堂本一揮の息子。 ドイツ語が堪能なことから、ハンス・ミュラーの通訳も担当。 リハーサルを見学しにやってきたコナン達にパイプオルガンの説明をしたが、この説明が爆弾を捜索するヒントになった。 楽聖と謳われた音楽界の巨匠・を尊敬しており、髪型が似ているため小五郎に疑われてしまうが、その髪型は生まれつきで亡くなった母親に似ただけであった。 コンサートの当日、怜子とミュラーが姿を消して頭を抱える。 譜和 匠(ふわ たくみ) 声 - 堂本ホール館長。 元ピアノ調律師。 堂本一揮の盟友にして専属のピアノ調律師だったが、堂本がパイプオルガンに転向したのを機に引退。 しかし、彼が弾いていたピアノはアカデミーに寄贈された後も調律を任されている。 堂本に誘われて、2年前に堂本ホールの館長に就任した。 コナンと同じく絶対音感の持ち主で、調律の腕には絶対の自信を持っている。 被害者4人の生活態度に苦言を呈しており、批判的な立場を取っていた。 また、コナンに何かのパーツを持って佇んでいるところを目撃されている。 堂本音楽アカデミーの9期生。 コンサート出演の第1候補だったが、怜子にその座を奪われていた。 だが、怜子が犯人に命を狙われていたのを知って、万が一に備え密かに特訓をしていた。 そして本番当日、怜子が行方不明となり、彼女より上手に歌えると堂本に訴えるが、上手に歌うのではなく祈るように歌うよう諭される。 コンサートの本番、怜子が観客席から乱入し、コンサート会場は異様な雰囲気に包まれるが、怜子の美しい歌声を聞いて敗北を認め、静かに歌うのを止めた。 堂本音楽アカデミーの8期生。 堂本一輝のお気に入りで、奏子の代理としてコンサートに出演することになった。 皆が談笑している間も爪を噛むなど、神経質な性格だと園子から紹介されている。 世界的な名器であるストラディバリウスを持て余しているようで、堂本や怜子からもまだ合わせる段階ではないと指摘されていた。 だが、リハーサルでは見事な演奏を披露した。 観客席から乱入してきた怜子に動揺するも、堂本が曲をアメージング・グレイスに変更に従った。 ハンス・ミュラー(Hans Muller) 声 - パイプオルガン調律師。 ドイツ人。 現在は和解しているが、音楽性の違いから堂本と揉めていたことがある。 コンサート当日に行方不明となるが、物音のする部屋に突入した佐藤刑事と高木刑事によって、縛られた状態で発見される。 コナンは、彼が監禁された理由を犯人が音の違いを気付かせないためだと推理した。 被害者 [ ] 河辺 奏子(かわべ そうこ) 声 - バイオリニスト。 コナンと同じく絶対音感の持ち主。 爆発事件で重傷を負いコンサートに出演出来なくなった。 ショックから前後の記憶が思い出せないでいる。 連城 岳彦(れんじょう たけひこ) 声 - なし ピアニストで、堂本アカデミーの1期生。 2年前までは、水口・志田・曽根とピアノカルテットを組んで活動していた。 演奏中に突然発生した爆発で亡くなった。 水口 洋介(みずぐち ようすけ) 声 - なし チェリストで、堂本アカデミーの1期生。 同じくピアノカルテットを組んで活動していた。 連城岳彦と同じく演奏中に突然発生した爆発で亡くなった。 志田 治(しだ おさむ) 声 - なし バイオリストで、堂本アカデミーの1期生。 同じくピアノカルテットを組んで活動していた。 飲食店経営者。 犯人が店内にガスを漏れさせていたため、喫煙した際に発生したガス爆発で亡くなった。 曽根 久男(そね ひさお) 声 - なし ビオラ奏者で、堂本アカデミーの1期生。 同じくピアノカルテットを組んで活動していた。 ハンググライダーで上空を飛行中、海に墜落して亡くなった。 堂本アカデミー関係者 [ ] 相馬 光(そうま ひかる) 声 - なし フルート奏者で、堂本音楽アカデミーの6期生。 秋庭怜子の婚約者だった。 3年前、連城らに無理やり酒を飲まされ、それが原因となった事故で亡くなった。 秋庭怜子の寝室に、フルート共に彼の写真が飾られている。 堂本ホール [ ] 女性スタッフ 声 - 堂本ホールの女性スタッフ。 ホールの受付で、男性スタッフと一緒にパンフレットを並べていた。 特別出演の坂下千里子は、同僚のスタッフと話す数秒間の出演。 アナウンス 声 - 百々麻子 堂本ホールの劇場内から、秋庭怜子が行方不明のため出演できなくなり、急遽、第2候補だった千草ららに変更されたと伝えていた女性スタッフのアナウンス。 警察関係者 [ ] 操縦士 声 - コナンと怜子をヘリに搭乗させ、堂本ホールの屋上に降ろした男性操縦士。 突如発生した熱気による影響で、コナンと佐藤刑事に降りるか決断するよう急かした。 メディア関係者 [ ] アナウンサー 声 - 堂本ホールで発生した爆発事件の現場中継をしていた女性アナウンサー。 ホール前でリポートをしていたが、背後で爆発したことで慌てて退避していた。 米花町の住人 [ ] ゲームの少年 声 - () コナン一行を襲撃したダンプカーに電線が破壊されたため、ゲーム画面が消え慌てていた。 数秒間の出演だったが、山里は久々となる芸人ゲスト出演となった。 スタッフ [ ]• 原作 -• 監督・絵コンテ -• 脚本 -• 絵コンテ協力 - 、、• 演出 - 山本泰一郎、辻泰永• キャラクターデザイン・総作画監督 -• デザインワークス・作画監督 -• メカデザイン -• 作画監督補 - 野武洋行、、清水義治、牟田清司、、• 美術監督 -• 色彩設計 -• 撮影監督 - 野村隆• 3D CGI ディレクター - 後藤優一• 編集 - 岡田輝満• 音響監督 -• 音響制作デスク -• 音響効果 - 、• 音楽 -• ストーリーエディター -• アシスタントプロデューサー - 北田修一• アソシエイトプロデューサー -• アニメーションプロデューサー - 石山桂一• プロデューサー - 、• アニメーション制作 -• 製作 - (、、、、、)• 取材協力 - 、、• 配給 - 東宝 音楽 [ ] サウンドトラック [ ] 『 名探偵コナン 戦慄の楽譜』 の リリース 時間 69分 アルバム 年表 『 』 () 『 名探偵コナン 戦慄の楽譜』 () 『 』 () 収録曲 [ ]• ピアノとチェロのためのソナタ 第3番より• アヴェ・マリア• 名探偵コナン メイン・テーマ 戦慄ヴァージョン• プレリュード• アレグレット• コミカル テンポ 1• コミカル テンポ 2• トッカータとフーガ ニ短調より• ドルチェ サウンド• バロック エレファント• ハテナ カプリッチョ• ディスソナンス• リトミック ノイズ• ロマンス ラプソディ• マインド ピアノ• 帝丹小学校校歌 Trpヴァージョン• イン モルティス 1• イン モルティス 2• フォルテ サスペンス• ピアノとチェロのためのソナタ 第3番より• ドライ エレジー• ピアノとフルートのアメイジング・グレイス• デクレシェンド• クレシェンド• モデュレーション• テンポ ルバート• ミス ジャッジ• アウト オブ ケッヘル• アヴェ・マリア• エグザミネ• ラルゴ サスペンス• ダル セーニョ• ドラム アタック• パッセージ• アッチェレランドA• 「主よ、人の望みの喜びよ」• メサイアより「主は羊飼いのごとくその群れを養い」• イン アルトパート• 心はあなたと共に Mein Herz ist noch bei Dir• 怜子のアメイジング・グレイス• アラベスク タッチ• グラーヴェ サイド• アッチェレランドB• アレグロ• シャコンヌより• ライク セレナード• トナリティ• 新一のアメイジング・グレイス• フェルマータ• レガート エピローグ• - 2008年11月19日発売(初回生産限定盤・同日発売)• - 2011年4月2日発売 工藤新一 謎の壁と黒ラブ事件 [ ] 『名探偵コナン MAGIC FILE2 工藤新一 謎の壁と黒ラブ事件』は、の作品。 OVA第8作。 コナンの新一時代を舞台にした初のOVAシリーズで、『戦慄の楽譜』にて蘭が回想するシーンが描かれている。 コナンとしてはナレーションのみで、直接登場しないエピソードでもある。 登場人物(OVA) [ ]• 秋本光一 -• 源氏山刑事 -• 長谷刑事 -• 智美 -• おばさん -• 弘子先生 -• 恵子先生 - エンディングテーマ [ ]• 「」 - 脚注 [ ] [] 出典• 2015年5月16日閲覧。 2016年6月6日. 2017年6月6日閲覧。 2016年6月6日. 2017年6月6日閲覧。 2017年5月29日. 2017年6月6日閲覧。 2016年5月9日. 2017年6月6日閲覧。 アニメニュース アニメ!アニメ!. 2016年6月6日. 2017年6月6日閲覧。 T-SITE NEWS. 2017年5月29日. 2017年6月6日閲覧。 、水稀 しま『名探偵コナン 戦慄の楽譜』〈〉、2014年2月26日。 2009年6月5日放送. 2009年4月17日放送. 2016年3月28日閲覧。 2011年8月19日放送. 2016年3月28日閲覧。 2014年12月19日放送. 2016年3月28日閲覧。 声を出せない元太が、簡単な意思疎通を図るため持ち込んでいたもの• - Musing、ビーイング。 2018年12月22日閲覧。 - Musing、ビーイング。 2018年12月22日閲覧。 タイトルコール及び、エピローグにおいて「語り」として声のみ一言だけ登場。 従来は主役ゆえに、エンディングの「声の出演」としては、トップにクレジットされている。 外部リンク [ ]• - (2008年4月17日アーカイブ分)• - 日本映画情報システム• - (英語)• - (英語)• - SF MOVIE DataBank 通番 題名 公開日 監督 脚本 主題歌 歌手 興行収入 観客動員数 第1作 11億円 100万人 第2作 18. 5億円 161万人 第3作 26億円 216万人 第4作 25億円 213万人 第5作 29億円 247万人 第6作 B'z 34億円 294万人 第7作 4月19日 古内一成 倉木麻衣 32億円 273万人 第8作 4月17日 28億円 242万人 第9作 ZARD 21. 5億円 185万人 第10作 B'z 30. 3億円 255万人 第11作 4月21日 25. 3億円 214万人 第12作 4月19日 古内一成 ZARD 24. 2億円 204万人 第13作 4月18日 倉木麻衣 35億円 298万人 第14作 4月17日 32億円 272万人 第15作 B'z 31. 5億円 267万人 第16作 32. 9億円 277万人 第17作 4月20日 36. 3億円 302万人 コラボ 2013年 (主題歌なし) 42. 6億円 第18作 4月19日 静野孔文 古内一成 41. 1億円 334万人 第19作 4月18日 櫻井武晴 44. 8億円 359万人 第20作 4月16日 B'z 63. 3億円 495万人 第21作 4月15日 倉木麻衣 68. 9億円 537万人 第22作 櫻井武晴 91. 8億円 687万人 第23作 大倉崇裕 93. 7億円 716万人 第24作 4月 櫻井武晴.

次の