成功 類語。 「成功裏」の意味と使い方、類語、「成功・成功裡・盛会裏」との違い

「可否」の意味と使い方、類語、「是非・有無」との違い、英語表現

成功 類語

何かを成し遂げる行為 の意• うまくいった達成 の意• 活発に増殖する の意• 華めく• 着実に進展する; その人の経歴の頂点であるか、歴史的意義または重要性の頂点に達する の意• 華めく• 成功を収めるか、または望んでいる目標に達する の意• 意図されていた目的を達成するでき事 の意• 繁栄の状態; 幸運であること の意• 上景気• 繁栄や名誉な状態 の意• 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の

「功を成す」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

成功 類語

公開日: 2018. 09 更新日: 2018. 09 「可否」の意味と使い方、類語、「是非・有無」との違い、英語表現 「可否」についてご存知でしょうか。 「可否を問う」「参加の可否」などと使います。 日常会話ではほとんど使われていませんが、ビジネスシーンではたびたび目にすることが多いです。 どこかで見聞きする言葉ではありますが、しっかりと意味を理解しているでしょうか。 また、「可否」には「是非」や「有無」など似た表現がたくさんあるため、きちんと使い分ける必要があります。 他の言葉との違いを知っておけば、より「可否」の知識を深めることができます。 そこで今回は「可否」の意味や使い方、類語との違い、「是々非々」の意味について解説していきます。 「可否」を正しく覚えて、上手く使えるようにしましょう! 「可否」の使い方と例文 「良いことか悪いことか」もしくは「賛成と反対」を表す場合に「可否」を使います。 ビジネスシーンでは「賛成か反対か」「許されるか許されないか」の意味で使うことが多いです。 例えば、「部長の可否を問う」と言った場合は「部長が許すか許さないか」と捉えることができます。 他にも、「この内容で進めていくことについての可否を尋ねる」などと言います。 「この内容で進めることについて、賛否を尋ねる」という意味になります。 会議においても「可否を採る」などと言いますが、これは「賛成か反対かを決める」ということを表しますよね。 ビジネスシーンでの「可否」は、議会で採決をとるとき・計画を進めるとき・スケジュール確認など様々な場面において使われます。 言い回しとしては、 ・可否を問う ・可否を聞く ・可否を論ずる ・可否を判断する ・可否を採る ・可否を伺う ・可否を決定する ・可否相半ばする などとなります。 「可否」は話し言葉として用いることはほとんどなく、主に書き言葉として使います。 例文 ・こちらの問題の可否を教えてください。 ・このデザインで進めることについて、全員の可否を問う。 ・整形手術についての、可否を論ずる。 ・ダム建設問題に関しては、関係者全員に可否を問う必要がある。 ・可否の決定が出た後は、すぐにでも連絡すべきである。 ・その問題の可否判断については、また先送りすることになった。 ・明日までには採用の可否を決定しなければいけない。 ・採決をとったら、可否同数という結果になった。 ・少しだけ内容を変えた議案についての可否を採る。 ・プロジェクト実行に関しての可否を投票で決めることになった。 ・今回の計画実行についての可否をご連絡ください。 可否、有無、是非、可不可、要否、賛否、当否、成否、諾否、能否、合否 の違い ・「可否(かひ)」・・・許されるか、許されないか。 賛成か、不賛成か ・「有無(うむ)」・・・あることとないこと ・「是非(ぜひ)」・・・正しいか、正しくないか。 道理にかなうこととかなわないこと ・「可不可(かふか)」・・・可能か、不可能か ・「要否(ようひ)」・・・必要か、不必要であるか ・「賛否(さんぴ)」・・・賛成か、不賛成か ・「当否(とうひ)」・・・当たっているか、当たっていないか。 適切なのか、不適切なのか ・「成否(せいひ)」・・・物事が成功するか、成功しないか ・「諾否(だくひ)」・・・承知か、不承知か ・「能否(のうひ)」・・・できることとできないこと ・「合否(ごうひ)」・・・合格と不合格 「有無」は「あることとないこと」という意味でよく使われる言葉です。 資料でも「有・無」のどっちかに丸をつけるということがありますよね。 「可否」には 「是非」の意味も含まれます。 しかし、「可否」は「是非」の意味よりも「賛否」の意味で使われることが多いです。 例えば、「問題の可否を問う」は「その事が許されることか許されないか問うこと」、「是非」は「その事が道理にかなっているか、かなっていないかについて問うこと」を表します。 他にも「是非」には、「是非お願いします」と使うように「事情がどうでも、あることを実現しようという強い意志」という意味も含まれます。 「要否」は「必要か不必要か」を意味します。 「要否」は特に「物資や資料など目に見えるものが必要か必要ないか」ということを表す場合が多いです。 「賛否」は「可否」とほぼ同じ意味ですが、使う場面が異なります。 「可否」は「物事が起こる前に賛成か不賛成か決める」、「賛否」は「既に起こった事象に対して賛成か不賛成か評価すること」を表します。 「可否」を「許可する・しない」というニュアンスで使う理由は、「可否」には「物事が起こる前に」という意味があるから、ということが読み取れますね。 例文 ・そのバイトは、経験の有無に関係なく応募することができる。 ・契約終了時に継続契約の是非を判断する。 ・今回の計画実施が成功するかについて、可不可を全員に問う。 ・関係者全員にパソコンの要否を確認しておく。 ・某ドラマでの不謹慎なセリフに、賛否が渦巻いている。 ・事の当否を尋ねてみたものの、まだ分からないそうだ。 ・作戦の成否に関わらず、終わったらこのグループは解散することになっている。 ・来週までに、その案件についての諾否をお知らせください。 ・抜き打ちのテストを実施することで、それぞれの能否を確かめる。 ・明日までに、本人に直接試験の合否を知らせなくてはいけない。 「是々非々」とは 「是々非々」は< ぜぜひひ>と読みます。 「是々非々」の意味は 「良いことは良い、悪いことは悪い、と事に応じて判断すること」です。 物事の善悪を客観的に決めること・正しいことは正しい、悪いことは悪い、と公式に判断することを表します。 立場や思想に囚われずに、良いことは良いと賛成し、悪いことは悪いと反対することを「是々非々」と表します。 あくまでも道理にしたがい、私心をはさまず公式に判断するという場合に使うので、自身の中立性や客観性を示したい際には「是々非々」と表現するのが良いでしょう。 例文 ・何事に対しても自分の意志を表示して、是々非々で取り組んでいく。 ・何を言われても是々非々の姿勢を貫き通す。 ・彼女が信頼されている理由は是々非々がはっきりしているからだ。 ・重要なことを決める際は是々非々の精神で行って欲しいと思う。 「可否」の類語 適否 (意味:適することと適さないこと) 「仕事への適否を調べる」 妥当性 (意味:よく当てはまること。 適切であること) 「妥当性に欠けているだろう」 適切さ (意味:よく適合しているさま。 ぴったり当てはまっているさま) 「適切さが一番重要である」 採否 (意味:採用と不採用。 採るか採らないかということ) 「採否の決定を下す」 善し悪し (意味:善いことと悪いこと) 「事の善し悪しもわきまえず」 好悪 (意味:好むこととにくむこと) 「彼女は好悪が激しい」 善悪 (意味:善と悪。 善人と悪人) 「善悪をはっきりとさせる」 正邪<せいじゃ> (意味:正しいこととよこしまなこと) 「正邪をはっきりと見定める」 理非曲直<りひきょくちょく> (意味:道徳的に正しいことと間違っていること) 「理非曲直を正す」.

次の

成功(せいこう)の類語・言い換え

成功 類語

「お祈り申し上げます」とは? 「お祈り申し上げます」の意味 「お祈り申し上げます」の意味は、相手の健康や幸福、成功や発展を願うための慣用表現です。 「お~申し上げます」という表現は謙譲語と丁寧語の組み合わせであることから、目上の人に使うことができます。 謙譲表現なので親しい相手には大げさに聞こえるかもしれませんが、慣用表現のため親しい相手にも使われます。 例文: (故人に対して)「ご冥福をお祈り申し上げます」 ただし「お祈り申し上げます」は故人に対して使われるフレーズで、故人の遺族に対しては「ご愁傷様です」や「お悔やみ申し上げます」などが一般的なあいさつです。 結びの文として活用 「お祈り申し上げます」の一般的な使い方は、手紙やメールの結びの文での常套句としての使い方で、例文は次のようになります。 「益々寒さも厳しくなってくるこの季節、皆さんのご健康をお祈り申し上げます」• 「最後に、お体には十分ご留意くださいますようお祈り申し上げます」 災害時での「お祈り申し上げます」の使い方 災害時などお見舞いのメールや電報にも「お祈り申し上げます」が使われます。 災害による苦難の中、または苦難を乗り越えられた方に送る励ましのメッセージに、従来の日常生活が戻ってくることを願うときに「お祈り申し上げます」が使われます。 例文: 「この度の地震の影響で大変な被害に遭われたと聞いております。 一日でも早く皆さんが平穏な生活が取り戻せるように心からお祈り申し上げます」 「お祈り申し上げます」のビジネスでの使い方 メールや手紙で結びの文として重宝される ビジネスでは先方の成功や活躍、発展などを願うときに「お祈り申し上げます」が使われます。 メールや手紙の結びの文としてもよく使われるフレーズです。 例文: 「貴社の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます」 「大変お忙しいかと存じますが、新事業の成功をお祈り申し上げます」 「今後益々の御社のご繁栄と皆様のご健勝をお祈り申し上げます」 就活で使われる「お祈り申し上げます」の意味 就活では不採用通知の結びの文として「お祈り申し上げます」がよく使われます。 この度は自社では採用されないが、今後就職先を見つけられるように願っているという意味で使われます。 不採用通知に対する返信は、する必要はありません。 ただし該当する面接で特にお世話になった人がいたり、最終面接で不採用が決定した場合ならば、相手に感謝を示しつつ今後の抱負などをまとめて返信することができます。 例文: 「この度は大変お世話になりました。 残念な結果になりましたが、励ましの言葉をいただきありがとうございました。 「祈念」の意味は「祈り念じる」で、「祈念」を使ったフレーズは「お祈り申し上げます」よりも改まった印象があります。 目上の人はもちろんのこと、相手の会社などに対して公的な手紙やメールにも使えます。 例文: 「一層のご活躍を祈念いたします」 「今後のご成功を祈念するとともに、益々のご発展をお祈り申し上げます」 「お祈り申し上げます」の返信 「お祈り申し上げます」と言われた時の返信 「お祈り申し上げます」というメッセージをもらったら、それに対しての返信は相手への感謝の気持ちを述べることです。 その返信には、相手の幸福や健康を願うメッセージを書き添えるのがいいでしょう。 例文: 「お忙しい中、お気遣いの言葉をくださって、大変うれしく思います。 このような場の適当な返信は次のような表現です。 「恐れ入ります」• 「恐縮です」• 「お心遣いありがとうございます」• 「ご丁寧にありがとうございます」 「お祈り申し上げます」の英語表現 相手の健康や発展、成功を祈るならば動詞「wish」を使うのがいいでしょう。 相手の希望や願いが叶えられることを望むという気持ちが表れます。 例文は次のようになります。 相手に不幸があったときにも使われますが、相手の幸福や健康を祈るときに親しい間柄でも使える表現です。

次の