リボルバー ドラゴン。 【リボルバー・ドラゴン デッキ考察】新規カード,デッキレシピ,回し方,相性の良いカードまとめ

リボルバー・ドラゴン【遊戯王トレカ高価買取価格査定:トレコロ】

リボルバー ドラゴン

我が手に宿れ、新たな息吹!StormAccess! 良き力だ。 弱みを見せない心の強さを持ち、信念を貫くためにはどんな犠牲もいとわない性格のとても魅力溢れるキャラクターです。 徐々に優しい部分も見えてくるところがさらにカッコイイですね! あんな風に鮮やかに「ヴァレット」を操って、《ヴァレルロード・ドラゴン》で勝ちたい!と思った決闘者は多いのではないでしょうか? しっかりリボルバーらしく戦えるように作りました! まずはデッキレシピからどうぞ! このサイトでのキャラデッキについて 作中の使用カードをもとにできるだけキャラクターの印象を損ねず、今の環境で戦えるようにさまざまなカードを採用しています。 ストラクチャーデッキから作る【ヴァレット】の雛型としても見てもらってもOKです。 覚えておきたい主なカード 「ヴァレット」関連のカードに関してはテーマ紹介で説明しています。 効果忘れたかも?という方は確認にどうぞ! ここでは主にリボルバーが使用していたカードの使い方と関連するカードについて説明します。 Ver1で使っていたカードも残しています。 手札からレベル4以下のドラゴン族・闇属性モンスター1体を特殊召喚する。 このデッキの展開役 1ターンに1度、手札のレベル4以下の闇属性ドラゴン族1体を特殊召喚できるモンスター 「ヴァレット」を含む闇属性ドラゴン族の展開がしやすく、そのまま《ツイントライアングル・ドラゴン》の効果に繋げることができます。 相手フィールドにリンクモンスターが存在する場合、手札から特殊召喚することもできるため、相手によってはさらに展開速度が上がります。 後述する《スニッフィング・ドラゴン》などとも相性抜群なので3枚採用しています。 デッキから「スニッフィング・ドラゴン」1体を手札に加える。 召喚・特殊召喚に成功した場合、デッキから同名モンスター1体を手札に加えるモンスター 主にリンク素材として活躍するモンスター。 手札の消費を抑えられるため、序盤はこのモンスターを召喚・特殊召喚してリンクモンスターを揃えていきます。 墓地に落ちた後も《デフラドラグーン》のコストに使えるため無駄がありません。 どちらかと言えば手札事故要員なのですが、なんだか気に入っているので採用しています。 このカードを墓地から特殊召喚する。 手札のモンスター1体を墓地に送り特殊召喚できるモンスター 墓地に存在する場合、墓地の他の同名モンスター3体を除外することで自己蘇生することもできます。 1体リンク素材が足りない!などの問題を解決してくれるため、【リボルバー】デッキでは重宝するモンスターです。 自分のデッキ・墓地から「聖なるバリア -ミラーフォース-」1枚を選んで手札に加える。 墓地のこのカードと自分の手札・デッキ・墓地の「聖なるバリア -ミラーフォース-」1枚を選び、そのカードとこのカードを自分フィールドにセットする。 この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。 手札のモンスター1枚をコストに《聖なるバリア -ミラーフォース-》をデッキ・墓地から手札に加えるカード セット状態で破壊された場合も安心。 《聖なるバリア-ミラーフォース-》の恐怖が何度も襲い掛かってくるのはキャラデッキではやや苦しいところ。 なので今回のレシピでは少なめの採用にしました。 墓地のこのカードと手札のレベル4以下のドラゴン族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 自分フィールド上にカードが存在しない場合、墓地のこのモンスターと手札のレベル4以下の闇属性ドラゴン族1体を特殊召喚できるモンスター 《竜の霊廟》から墓地に送る筆頭のモンスター 相方となる《ダークストーム・ドラゴン》と共に墓地に送ることで、序盤から《ヴァレルロード・ドラゴン》等をリンク召喚することができます。 手札にくると若干困りますが、初手に《竜の霊廟》を引いたときのリターンが大きいため1枚採用していました(Ver1)。 現在は優秀なカードが増えたので採用していませんが、キャラデッキ感を追い求めるなら採用しやすいカードです。 その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。 フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。 そのステータスが【リボルバー】デッキと兼ね合いがよいモンスター このモンスターはデュアルモンスターなので 《竜の霊廟》で墓地に送った場合、通常モンスターとして扱われるため、さらにドラゴン族1体を追加で墓地送りすることができます。 また、《ツイントライアングル・ドラゴン》で蘇生させた場合、 効果が無効になるため効果モンスターとして扱われます。 つまり《ヴァレルロード・ドラゴン》など効果モンスター縛りのリンク素材にも使えるようになります。 他のレベル5以上のドラゴン族デュアルモンスターでもよかったのですが、一番リボルバーらしいかな?と思い採用していました。 デッキから「サンダー・ドラゴン」を2体まで手札に加える。 メインフェイズ時に手札から捨てることでデッキから同名モンスターを2枚までサーチできるモンスター デッキ圧縮&コスト専用の通常魔法のような使い方をします。 その性質を活かし、【リボルバー】デッキでは余すことなくコストに使うことができます。 《ドラゴン・シールド》 ドラゴン族モンスターにのみ装備可能。 装備モンスターの戦闘で発生するお互いのプレイヤーへの戦闘ダメージは0になる。 戦闘ダメージが0になるデメリットも《ヴァレルロード・ドラゴン》はコントロール奪取の効果をもつため、あまり気になりません。 長く居座ることで「ヴァレット」を次々と撃ち、有利な戦況に持ち込むことができます。 お詫び:「ヴァレット」モンスターに装備した場合、破壊処理ができなかったことでその後の処理ができずに終わります。 類似の裁定をコメント欄に残してあるのでご確認ください。 基本的な展開&戦術 1. 《ストライカー・ドラゴン》をリンク召喚し、《リボルブート・セクター》をサーチ。 《ヴァレット・トレーサー》を中心に「ヴァレット」を展開しつつ、リンク2を経由して《ヴァレルロード・ドラゴン》をリンク召喚。 できれば弾丸となる「ヴァレット」を用意しつつ、盤面をコントロール。 《ヴァレット・シンクロン》で《ヴァレルロード・S・ドラゴン》をシンクロ召喚。 F・Xも状況に合わせて展開して戦線維持し、リソースを残しつつ終盤に備える。 蘇生させた《ヴァレルロード・ドラゴン》や《ヴァレルソード・ドラゴン》で一気にLPを削りにいく。 展開力は決して高いとは言えませんが、「ヴァレット」は優れた持久力をもつテーマです。 大抵のキャラデッキにはそう簡単に負けないので、劣勢時は《リボルブート・セクター》等からリンク召喚で一気に巻き返してください! 攻撃名などのフレーズまとめ リンク召喚時 現れろ!我が道を照らす未来回路!アローヘッド確認。

次の

【デスペラード・リボルバー・ドラゴン 効果考察@まい。】コイントスと同時に、除去も出来るという便利なカード!

リボルバー ドラゴン

「リボルバー・ドラゴン」は、アニメ遊戯王DMで「バンデット・キース」が使用する、コイントスが特徴的な闇属性・機械族のデッキテーマです。 遊戯王の最新パック「」で新規カードが収録され、強化が期待されています。 様々な「リボルバー・ドラゴン」新規カードが登場し、【リボルバー・ドラゴン】デッキをどのように回せば良いか、どのように構築すれば良いか、わからないことも多いと思います。 そこでこのページでは、改めて【リボルバー・ドラゴン】デッキの特徴を解説し、新規カードのカード効果・使い方を考察します。 そして、 実際にサンプルデッキレシピを紹介し、デッキの回し方を解説していきます。 さらに、【リボルバー・ドラゴン】デッキを強化する場合の オススメの相性の良いカード・テーマもまとめていきます。 是非、【リボルバー・ドラゴン】デッキの構築の参考にしてみてください。 《メタルフォーゼ・スティエレン》3• 《メタルフォーゼ・シルバード》3• 《メタルフォーゼ・ゴルドライバー》3• 《レアメタルフォーゼ・ビスマギア》3• 《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》3• 《BM-4ボムスパイダー》3• 《アストログラフ・マジシャン》3• 《ダークシー・フロート》3• 《A・ジェネクス・クラッシャー》2• 《Ms. 《死者蘇生》1• 《ハーピィの羽根箒》1• 《錬装融合》1• 《愚かな副葬》1• 《苦渋の決断》1• 《闇の誘惑》1• 《銃砲撃》3• 《メタルフォーゼ・カウンター》1• 《メタルフォーゼ・コンビネーション》1• 《ダークシー・フロート》を採用• 「メタルフォーゼ」で能動的に破壊• 《アストログラフ・マジシャン》の採用• 《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》のサーチ先 《ダークシー・フロート》を採用 「リボルバー・ドラゴン」のデッキを作る時に最初に考えたのが、闇属性・機械族モンスターは何を採用するかでした。 そこで目に止まったのが、 《ダークシー・フロート》です。 《ダークシー・フロート》は、フィールドで破壊されると1ドローできる闇属性・機械族モンスターです。 このカードがフィールドにいれば、手札を減らさずに《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》を特殊召喚することができます。 また、《ダークシー・フロート》を破壊できる《BM-4ボムスパイダー》と共に並べるのも、ペンデラュム軸のデッキ構築であれば難しくありません。 「メタルフォーゼ」で能動的に破壊 「メタルフォーゼ」モンスターは、自分のフィールドのカードを破壊し「メタルフォーゼ」カードをサーチするP効果を持ちます。 この破壊効果で《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》特殊召喚条件を満たすことができ、《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》と相性が良いです。 墓地効果が強力な《銃砲撃》も、セットして「メタルフォーゼ」モンスターの効果で破壊すれば、簡単に墓地に送ることができます。 ただ、「メタルフォーゼ」モンスターのペンデュラムスケールは1と8なので、《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》をペンデュラム召喚することができません。 ただ、通常の《リボルバー・ドラゴン》は問題なくペンデュラム召喚できます。 《アストログラフ・マジシャン》の採用 《アストログラフ・マジシャン》は、自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された時に、自身を特殊召喚しながらそのターンに破壊されたモンスターと同名のカードをサーチするモンスターです。 《BM-4ボムスパイダー》で自身を対象にし破壊効果を使い、《アストログラフ・マジシャン》の効果を使えば、次の《BM-4ボムスパイダー》をサーチしながら相手のモンスターを破壊、さらにフィールドには攻撃力2500の《アストログラフ・マジシャン》が立ちます。 また、《アストログラフ・マジシャン》は「メタルフォーゼ」の破壊効果とも相性が良く、様々なコンボが考えられます。 《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》が破壊された時に効果を使えば、サーチ手段がない《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》もサーチすることができます。 《ダークシー・フロート》• 《アストログラフ・マジシャン》• 《可変機獣ガンナードラゴン》• 《闇の誘惑》• 《強欲で貪欲な壺》• 「メタルフォーゼ」• (引用:) 《ダークシー・フロート》 は、カード効果で破壊されると1ドローできる闇属性・機械族モンスターです。 サンプルデッキでも紹介しましたが、破壊時に1ドロー効果は強力です。 下級の闇属性・機械族モンスターで汎用的な効果を持つモンスターは、このカード以外ほとんどいませんでした。 1 :自分メインフェイズに発動できる。 このカードを破壊し、手札・デッキから「星読みの魔術師」1体を選び、 自分のPゾーンに置くか特殊召喚する。 【モンスター効果】 1 :自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 その後、このターンに破壊されたモンスター1体を選び、 その同名モンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。 2 :フィールドのこのカードを除外し、自分の手札・フィールド・墓地から、 「ペンデュラム・ドラゴン」「エクシーズ・ドラゴン」「シンクロ・ドラゴン」 「フュージョン・ドラゴン」モンスターを1体ずつ除外して発動できる。 「覇王龍ズァーク」1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。 (引用:) 《アストログラフ・マジシャン》は、フィールドのカードが戦闘・効果で破壊されると特殊召喚でき、破壊された同名カードをサーチできるPモンスターです。 こちらもサンプルデッキで紹介しましたが、《BM-4ボムスパイダー》との相性が抜群です。 腐ることはなかなかないカードなので、ぜひ使ってみてください。 2 :このカードの 1 の方法で通常召喚した このカードの元々の攻撃力・守備力は半分になる。 (引用:) 《可変機獣 ガンナードラゴン》 は、妥協召喚できるレベル7・機械族・闇属性モンスターです。 レベル7・機械族モンスターなので、《トランスターン》を使い、《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》がリクルートできます。 自分のデッキ・墓地からレベル4以下の 機械族モンスター1体を選んで手札に加える。 また、このカードがフィールド上から離れた時、 自分の墓地からレベル3以下の 「ギアギア」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚できる。 (引用:) 《ギアギガント X》 は、機械族モンスター2体でエクシーズ召喚できる、機械族サーチ効果を持つランク4エクシーズです。 サーチ対象として、《BM-4ボムスパイダー》がサーチできます。 ただ、レベル4以下という制限があるため、《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》はサーチできません。 《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》のサーチ手段がないのは、【リボルバー・ドラゴン】デッキの欠点ですね。 《闇の誘惑》 《闇の誘惑》 通常魔法 1 :自分はデッキから2枚ドローし、その後手札の闇属性モンスター1体を除外する。 手札に闇属性モンスターが無い場合、手札を全て墓地へ送る。 (引用:) 《闇の誘惑》は、2ドローし闇属性モンスターを1枚除外するドロー魔法カードです。 【リボルバー・ドラゴン】デッキは闇属性モンスターの数が多くなるので、相性の良いドローソースだと思います。 《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》のサーチ手段がない分、ドローソースを活用しましょう。 《強欲で貪欲な壺》 《強欲で貪欲な壺》 通常魔法 「強欲で貪欲な壺」は1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分のデッキの上からカード10枚を裏側表示で除外して発動できる。 自分はデッキから2枚ドローする。 (引用:) 《強欲で貪欲な壺》は、デッキトップからカードを10枚裏側除外し、2ドローする魔法カードです。 【リボルバー・ドラゴン】デッキに採用しているカードは、全体的に単体で強いカードが多く、《強欲で貪欲な壺》で除外されて困るカードが少ないです。 そのため、《強欲で貪欲な壺》との相性は良さそうです。 《おろかな副葬》 《おろかな副葬》 通常魔法 「おろかな副葬」は1ターンに1枚しか発動できない。 1 :デッキから魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。 (引用:) 《おろかな副葬》 は、デッキから魔法・罠カードを墓地に送る魔法カードです。 墓地効果を持つ《銃砲撃》を、デッキから直接墓地に送ることができます。 《ブレイクスルー・スキル》など墓地効果が使えるカードを同時に採用すると、状況に応じて使い分けれてよいかもしれません。 《戦線復帰》 《戦線復帰》 通常罠 1 :自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 (引用:) 《戦線復帰》は、墓地のモンスターを守備表示で蘇生できる罠カードです。 《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》は自分・相手のバトルフェイズに効果を発動できるので、《戦線復帰》でバトルフェイズに蘇生させれば、すぐに効果を発動できます。 同様の効果を持つ《リビングデットの呼び声》とは、好みで使い分けると良いでしょう。 「メタルフォーゼ」 「メタルフォーゼ」は、ペンデュラム効果で自分フィールドのカードを破壊し、「メタルフォーゼ」魔法・罠をサーチしながら戦うテーマです。 この効果で闇属性・機械族モンスターを破壊すれば《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》を特殊召喚できます。 また、ペンデュラム召喚と使えば、《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》の効果で手札にたまった《リボルバー・ドラゴン》《ブローバック・ドラゴン》を一気に特殊召喚できます。 デッキ内に強力な闇属性・機械族モンスターがいるため、相性が良いでしょう。 また、【Kozmo】の上級モンスターは破壊されるとリクルートされる効果を持ち、「メタルフォーゼ」など能動的に破壊できるカードを組み合わせるとデッキの回転率が高まります。 【メタルリボルバーKozmo】なんて、デッキ名から強そうです。 「リボルバー・ドラゴン」とは 「リボルバー・ドラゴン」は、2000年に発売のパック「Vol. 7」で登場した初期から存在するモンスターです。 原作ではバンデット・キースが使用し、コイントスをおこなうギャンブル的な効果が特徴的です。 カードのイラストも格好良く、原作で登場するということもあり、非常に人気のあるカードでした。 《ツインバレル・ドラゴン》《ブローバック・ドラゴン》《ガトリング・ドラゴン》など、似た姿で似た効果を持つモンスターは何体か登場していますが、本格的な強化がくるのは初めてです。 「リボルバー・ドラゴン」新規カード 「リボルバー・ドラゴン」の新規のカードは、以下の3枚です。 どのカードも、最新パック「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編2」に収録されています。 《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》• 《BM-4ボムスパイダー》• 《銃砲撃》 それぞれ、画像・ステータス・カード効果を紹介し、活用方法等について考察していきます。 このカードを手札から特殊召喚する。 コイントスを3回行う。 表が出た数までフィールドの表側表示モンスターを選んで破壊する。 3回とも表だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローする。 この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。 コイントスを行う効果を持つレベル7以下のモンスター1体をデッキから手札に加える。 (引用:) 《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》 は、以下の3つの効果を持つ最上級モンスターです。 この効果での特殊召喚を狙う場合、他の闇属性・機械族モンスターの採用枚数が重要になってきます。 目玉のコイントス効果は、デメリット無しで最大3枚破壊+1ドローの驚異的な効果になっています。 サポートカード《銃砲撃》が確定でコインを3回表にする効果を持っており、このコンボが【リボルバー・ドラゴン】デッキの戦術の要になります。 ただ、コイントス効果は相手ターンでも使用できますが、バトルフェイズにしか効果が発動できない点は注意が必要です。 墓地に送られた時のサーチ効果は、どこから墓地に送られた場合でも発動することができます。 《終末の騎士》《おろかな埋葬》でデッキから墓地へ送っても良いですし、レベルが8なので《トレード・イン》のコストにするのも良いかもしれません。 そのカードを破壊する。 その破壊され墓地へ送られたモンスター1体の元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える。 (引用:) 《BM-4ボムスパイダー》は、自分フィールドの闇属性・機械族と相手モンスターを破壊しつつ、バーンダメージを与える下級モンスターです。 この効果で《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》の特殊召喚条件を簡単に満たすことができ、【リボルバー・ドラゴン】のデッキでは非常に重要なモンスターです。 また、自身を効果の対象にもできるため、万能除去カードとしても役に立ちます。 そのコイントスの効果を全て表が出たものとして扱う。 (引用:) 《銃砲撃》は、コイントス時に表の数のおまけ効果が発動する効果と、墓地から除外することで、コイントスが全て表が出たことにする効果を持ちます。 墓地へ送る方法としては、《おろかな副葬》が適任だと思います。 墓地に送る方法として《マジカル・シルクハット》を採用し、ギャンブル要素を加えても面白いですね。 このカードの墓地効果と《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》の効果を通せるかが、【リボルバー・ドラゴン】デッキでは重要になるでしょう。 スポンサーリンク まとめ いかがだったでしょうか。 「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編 2」で強化される【リボルバー・ドラゴン】デッキの新規カードを紹介し、サンプルデッキレシピ・回し方を解説・考察しました。 コイントスは不確定要素が強く、デメリットを搭載してるものが数多くありますが、その弱点を解消するカードが登場しましたね。 《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》のコイントスで3回表が出た時の効果はすさまじく、盛り上がること間違いないです。 《BM-4ボムスパイダー》も、今後闇属性・機械族のテーマが出たときに必須になるカードになるかもしれません。 安定性の高いデッキも良いですが、たまにはギャンブル性の高いデッキを回してみるのはいかがでしょうか。 引き続き「リボルバー・ドラゴン」について記事にしていきます。 それではまたお会いしましょう。

次の

リボルバー・ドラゴン(遊戯王OCG)

リボルバー ドラゴン

収録・入手方法 販売状況 レアリティ 入手可 UR 収録 略号連番 発売日 レアリティ BEGINNER'S EDITION 2 BE2-JP072 2004年12月09日 Ultra DUEL TERMINAL-反撃のジャスティス- DT03-JP005 2008年09月01日 Super ユニオンの降臨 302-055 2002年07月18日 Ultimate Vol. 収録・入手方法 販売状況 レアリティ 入手可 SR 収録 略号連番 発売日 レアリティ BEGINNER'S EDITION 2 BE2-JP192 2004年12月09日 Normal Mythological Age -蘇りし魂- MA-35 2001年11月29日 Rare BEGINNER'S EDITION 2(7期) BE02-JP157 2011年08月13日 Normal かっこいい「リボルバードラゴン」の効果成功率は50パーセントということで、かなり期待できます。 ツインバレル・ドラゴン ツインバレル・ドラゴン 種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力 効果モンスター 4 機械族 1700 200 このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、相手フィールド上に存在するカード1枚を選択して発動する。 コイントスを2回行い、2回とも表だった場合、選択したカードを破壊する。 ブローバック・ドラゴン ブローバック・ドラゴン 種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力 効果モンスター 6 機械族 2300 1200 コイントスを3回行う。 その内2回以上が表だった場合、相手フィールド上に存在するカード1枚を選択して破壊する。 この効果は1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに使用する事ができる。 収録・入手方法 販売状況 レアリティ 2018年6月20日発売 SR 収録 略号連番 発売日 レアリティ EXPERT EDITION Volume. ガトリング・ドラゴン ガトリング・ドラゴン 種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力 融合モンスター 効果モンスター 8 機械族 2600 1200 「リボルバー・ドラゴン」+「ブローバック・ドラゴン」 コイントスを3回行う。 表が出た数だけ、フィールド上のモンスターを破壊する。 この効果は1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに使用する事ができる。 収録・入手方法 販売状況 レアリティ 2018年6月20日発売 R 収録 略号連番 発売日 レアリティ EXPERT EDITION Volume. 3 EE3-JP155 2005年12月08日 Ultra FLAMING ETERNITY FET-JP035 2004年11月25日 Ultimate、Ultra 0体破壊できる確率・・・12. 「セカンド・チャンス」はコイントスデッキにおいては強力な助っ人になりそうですね。 繰り返し使用できる点が素晴らしいです。 ぜひデッキ構築の際の参考にしてみて下さい。 この記事を評価する.

次の