第 5 回 スプラ トゥーン 甲子園。 第5回スプラトゥーン甲子園北海道地区大会リポート。優勝候補のチームに訪れる試練と予想外の結末!

「第5回スプラトゥーン甲子園」九州地区大会 DAY1 番組&トーナメントをご紹介!|ニコニコインフォ

第 5 回 スプラ トゥーン 甲子園

11月に開催された九州地区大会では、初参戦チームの優勝と、ブキ愛に満ちたチームの躍進が話題になり、ますますナワバリバトル熱が高まっているヒトも多いことだろう。 そんな中、2019年12月21日・22日に、北海道地区大会(場所:北海道札幌市 アクセスサッポロ)が開催された。 本記事では、接戦続きで誰もがアツくなった2日間の模様を、詳しくお届けしよう。 なお、大会のルールや対戦ステージについては、でチェックしてほしい。 第5回スプラトゥーン甲子園リポートまとめ DAY1:激闘の連続と新たな名キャラ誕生に沸く甲子園! 最後には全イカ涙腺崩壊必至のドラマが!! 北海道地区大会は、8ブロック各16チームでの予選トーナメントからスタート(合計128チームが出場)。 トーナメントは3回戦までは並行して試合が行われ、4回戦はメインステージ上で戦うという流れで進行した。 ステージに上がり、見事に4回戦を突破したチームはブロック代表となり、準々決勝へ臨めるのだ。 予選トーナメントの1回戦を勝ち抜いたチームには、ステージ上でインタビューを受けるチャンスが訪れる。 選手たちはさまざまなアクションやコメントで、チームのことを思い思いにアピール。 今大会は、イカ研究所の助手1号さんと助手3号さんが解説を担当した。 このうち3号さんは、初めての解説担当となる。 イカしたハート型のサングラスとサラサラのロングヘアーが目を引く3号さんは、いったいどんな人物なのかと注目が集まったが……奇抜な見た目とは裏腹に(?)、試合展開やステージの特徴の解説はとても丁寧(ちなみに、ステージの構造などの研究を担当しているとのこと)。 加えて、どこかほっこりする視聴者目線のコメントと、心から試合を楽しんでいる様子で、観衆の好感度は急上昇。 登場早々、多くの甲子園ファンから愛されるキャラクターとなるのだった。 注目チームの試合がつぎつぎと行われ、予選の時点で会場の熱気はグイグイ上昇。 NPBブースをアピールしたほか、来場者と記念撮影をしたり、試合を応援したりと、会場の各所で活躍していた。 実力者でもほんのわずかな差で敗退してしまうことに、今大会のレベルの高さを感じさせた。 そんな中、決勝トーナメントに進出したのは、以下の8チームだ。 北海道地区大会DAY1 ブロック代表チーム Aブロック:HOKKAIDOOOON!!!! 1戦目のステージは、ムツゴ楼。 1分30秒が経過した頃に本格的にぶつかり合うと、一転して激しい展開へ。 ナイスダマやジェットパックが飛び交う中、一進一退の状況となる。 2戦目のステージは、チョウザメ造船。 一度中央でぶつかった後、選手たちはバラけて、ステージの各所で戦いをはじめる。 互いに相手の陣地へ潜り込んで塗りを残す場面もあったが、すかさずカバーし、大差はつかずに試合が進む。 選手自身「いつばれるかドキドキしていた」と言うこのプレイ。 相手が近くを通り過ぎていく中でひたすら隠れ、誰もいなくなったところで敵陣を荒らすべく突撃し、会場を沸かせた。 1戦目のステージは、ムツゴ楼。 この試合でもその存在感は際立ち、絶妙な位置にパージしたカサとバブルランチャーで、鉄壁の防御を見せる。 2戦目のステージは、チョウザメ造船。 終了時の塗り面積はまさに五分だったが……47. 3%対48. 4%という、1. 簡単には終わらず、前回優勝チームの意地が感じられる試合となった。 3戦目のステージは、アンチョビットゲームズ。 ここまでの試合で相手の戦術を把握したからか、一段と激しい攻防の駆け引きが展開する。 相打ちになる場面も多く、どちらもつねに誰かひとりは倒れているような状況が続くが、ともに味方のカバーが的確で、大崩れすることはない。 1戦目のステージは、ザトウマーケットだ。 2戦目のステージは、アンチョビットゲームズ。 パーマネント・パブロが中央から先へ進んで相手をかきまわすと、スクリュースロッシャーベッチューが攻撃の軸として活躍。 さらにクーゲルシュライバーが高所から相手を押さえ込んだ。 3戦目のステージは、ムツゴ楼。 開始早々、両チームともにジェットパックやナイスダマをくり出し、激しいスペシャルの撃ち合いが起きる。 ここは互いに譲らず、誰かが倒されてもすかさず味方がカバーに入ることで、拮抗した展開が続いた。 相手を倒しながらステージを駆け抜け、ぐっと塗り広げる。 今の気持ちを聞かせてください。 A:とにかく最高の気分です。 これまで人生の中でも最高に嬉しいですね。 第4回も、もちろん強い相手が多かったのですが、今回はそれを上回る強豪が揃っていました。 かなり厳しい戦いになるだろうなと思っていたので……優勝できて、本当によかったです。 Q:チームにL3リールガンがいないというのは、今の対戦環境では珍しいですよね。 A:まず、自分たちが好きなブキを使って挑もうというのは、最初から決めていたんです。 その中で、L3リールガンとイカスフィアへの対策を考えました。 その結果、対物攻撃力アップやヒト移動速度アップのギアパワーを入れて、相手にイカスフィアを使われた後の展開がよくなるような編成にしています。 Q:自分たちの持ちブキを活かしたうえで、対抗できるギアパワーを付けたんですね。 A:ブキ編成を大きく変えるのではなく、付加能力でなんとかしようと考えました。 最初に決めたことをやり切ろうと想い、いろいろと模索した結果ですね。 それと、第4回のときの編成では塗りが弱いというのが4人の共通認識でした。 そこは僕(At選手)がホクサイからパブロに持ち替えることで改善し、塗りも意識した作戦を立てられるようになりました。 Q:パブロは、攻めてかき回すのではなく、守りを意識しているように見えました。 A:そうですね。 僕が倒されると、どうしても塗りの弱いブキが残ってしまうので、倒されないように意識していました。 インクアーマーをタイミングよくかけつつ、相手に狙われないようにしながら塗り広げていましたね。 Q:ぎゃんぐ選手のスプラシューターベッチューも、今大会では珍しいブキですよね。 A:僕は『』の頃からスプラシューターコラボをよく使っていました。 対戦環境的に厳しい時期が続いたんですが、使い慣れたブキでいこうと決めたので、大会でも使いました。 スプラシューターベッチューなら、マルチミサイルで援護もできて、キューバンボムでイカスフィアを壊す役割も担えますからね。 Q:らすく選手は、ふたつのスクリュースロッシャーを使っていましたね。 A:ステージによって使い分けていました。 エクスプロッシャーカスタムも候補だったのですが、今大会では使うステージが出ませんでした。 僕はスクリュースロッシャーのヒトと思われているかもしれませんが、ほかのブキも使えます(笑)。 Q:てぃ選手は、クーゲルシュライバーとエクスプロッシャーカスタム。 A:僕はもともといろいろなブキを使うタイプだったんですが、今回はチームとしてひとつのブキを極めていくスタンスだったので、ある程度絞って戦いました。 Q:なるほど。 では、皆さんはL3リールガンは今後も……。 A:はい、これからも使いません! Q:では最後に、全国決勝に向けて意気込みを聞かせてください。 A:去年は全国決勝では1回戦敗退と、悔しい結果に終わってしまいました。 今年こそは必ず活躍して、みんなにL3リールガンを使わなくても勝てるということを示していければと思います。

次の

第5回スプラトゥーン甲子園|大会情報

第 5 回 スプラ トゥーン 甲子園

銀モデラー(プロモデラーMG)の特徴 銀モデラーは塗りに特化したシューターとして誕生しました。 連射力が速い上に弾の拡散が激しいため、高速で塗り広げることが可能です。 塗り状況を良くして味方全体を有利にすることがこのブキに求められます。 更に塗りが強い分、スペシャルゲージの溜まる速度も速く、スペシャル必要ポイントも160Pと低いために、スペシャルの回転率が恐ろしく高いです。 反面、弾一発の威力が24のためまさかの5確ブキで、キル速が遅い。 しかも射程が短くて更に拡散しまくるため、実質的な有効射程は極めて短いです。 キルするにはボールドマーカーやスプラローラーの横振りくらい近づかないといけませんが、キル速が遅いために対面力は劣悪の一言。 まさに塗り性能に特化したブキなのです。 サブはキューバンボム。 メインでの対面力は非常に低いため、キューバンボムを投げての牽制や事故死を積極的に狙うと良いでしょう。 スペシャルはカーリングボムピッチャー。 キル性能は低く高台に干渉できないのが痛いですが、平地であればとてつもない塗り能力と牽制力を誇ります。 ナワバリバトルとガチエリアで特に効果を発揮します。 塗り性能の弱体化を食らい、何者にもなれなくなった銀モデラー とまあ、塗り性能に特化したブキ……と説明しましたが、 Ver. 0にその塗り性能が大幅な弱体化を受けました。 簡単に言うと、塗り力が低下し、しかも塗りがスカスカに抜けるようになってしまったという感じですね。 Ver. 0にて弾が落とす飛沫の数は再び増加されたものの、まだまだ塗り性能が良くなったとは言えません。 こんな風に塗りがスカスカになってしまうんですよね。 今やボールドマーカーやわかばシューターの方が塗れるんじゃね? ってレベル。 塗りがスカスカになることで、対面中に塗って逃げるなどの動作時も相手インクに足をとられることが多くなり、ただでさえ対面力が低かったのになおさら弱くなってしまいました。 今までは 「なにこのブキちょう塗れるー! すごーいたっのしー!」だったのに、今や 「嘘……私の塗り、汚すぎ……!?」という感想を抱いてしまいます。 ちなみにメイン性能アップギアを積むことで塗り力が上がり、積めば積むほど塗りの隙間がなくなっていって全盛期に近い塗り能力になっていきます。 しかしギア枠をかなり圧迫するので、弱点を補強できているかと言われると疑問が残ります。 塗り専門ブキだったのに、イカ研にその長所を奪われ、何者にもなれなくなってしまった悲しき銀モデラー。 特に強ブキだった時代などないんですが、どうしてこんな目に遭わなければいけなかったのでしょうか? 戦犯は金モデラーこと『プロモデラーRG』 銀モデラーの弱体化は、金モデラーこと『プロモデラーRG』が原因です。 金モデラーはサブがスプリンクラー、スペシャルがイカスフィアとこちらも塗りに特化した構成。 今でこそ金モデラーは銀モデラーと同じく不遇な立場でいますが、一時期は異常な強さを誇り環境を支配していました。 その最たる理由がスペシャルのイカスフィア。 Ver. 0にて大幅強化を受けました。 「近づく音が聞こえない」「硬すぎて割れない」「爆発半径でかすぎ」「塗り強すぎ」と四拍子そろっており、最強のスペシャルと化しました。 そしてこのイカスフィアを携えた金モデラーは、当時は圧倒的な塗り能力を誇り、しかもスペシャル必要ポイントが170Pと低いため、尋常じゃない速度でスペシャルを溜めてイカスフィアを乱発することが可能だったのです。 この時期のスプラ甲子園はそれはもうひどい有様で、「どの試合観てもずっと金モデが玉になって転がってんじゃねえか」というレベルの金モデ祭り。 金モデ4枚のチームは準優勝を飾りましたが、このチームのコメントが 「やっぱ金モデラーしょうもないな」。 この環境を一言で表す名言となりました。 これによりイカ研は激怒(したかは知らんけど)。 次回のアップデートにてイカスフィアが大幅な弱体化を受けた上、更に金モデラーのメインの塗り能力も大幅に落とされ、環境から一気に消えることとなります。 しかし忘れてはなりません。 たしかに金モデラーには制裁が加わりましたが、メインの弱体化により巻き添えで弱体化されてしまったかわいそうな子がいることを。 そう、それが銀モデラーなのです……。 銀モデラーの強化はよ 何も悪いことをしていないのに、金モデラーの巻き添えで弱体化されてしまった銀モデラー。 嫌な事件だったね……。 少しずつ強化されているとはいえ、シューター全体の強化で一緒に強化されていることが多いですし、まだまだ強化が必要なブキだと思います。 銀モデラーで活躍しようと思ったら、ルールとステージを選ばないと相当きついでしょう。 ナワバリかエリアなら塗り勝負で貢献しやすく、ステージはカーリングボムピッチャーが刺さりやすい平地なステージが良いです。 それでもブキ性能がワーストクラスなのは事実なので、塗りを全盛期に戻すか、連射力を1F上げるかしてほしいところ。 また余談ですが、カーリングボムピッチャーはボムの反射の処理が激しいからか、発動後処理落ちにより回線が落ちやすいという欠陥があります。 回線環境が悪い人ほど落ちやすいです。 塗りにくいブキで対面を避けて頑張って塗って、スペシャル溜まったぞーってなってスペシャルボタンを押したら回線落ちするなんて一同驚愕ですよ。 涙が止まらない……。 あとオーバーフロッシャーも回線落ちしやすい気がするんですよね。 メインの泡の反射が複雑そうですし。 個人的に銀モデラーとオーバーフロッシャーは回線落ちする人が多い印象です。 なんとか頑張って改善してほしいですね。

次の

「第5回スプラトゥーン甲子園」関東地区大会 DAY2 番組&トーナメントをご紹介!|ニコニコインフォ

第 5 回 スプラ トゥーン 甲子園

メンタリティしのはら• オクラ• りうくん• ひいらぎ チームの特徴 過去のスプラトゥーン甲子園地区大会優勝経験者・NPBeスポーツシリーズスプラトゥーン2出場経験者を有し、配信者としても人気を持つメンバーが揃った期待のチーム。 メンタリティしのはら選手が バケットスロッシャーソーダ、りうくん選手が L3リールガン、ひいらぎ選手が L3リールガンDをメインブキとして前線・中衛を担い、オクラ選手が バレルスピナーリミックス(一部ステージでジェットスイーパーカスタム)で後衛を担う編成が特徴。 ひいらぎ選手は元々はスプラシューターを始めとしたシューター使い、りうくん選手はクーゲルシュライバーの名手として有名。 10のアップデートにより L3リールガンの下方修正が入るため、地区大会でL3を使用したひいらぎ選手・りうくん選手が全国決勝大会で何を出してくるのかに期待! DAY2 優勝『 DetonatioN Gaming(デトネーションゲーミング)』 出典:Splatoon(スプラトゥーン)公式Twitter メンバー• ミリンケーキ• けいとぅーん• れき チームの特徴 2019年10月に結成が発表されたプロゲーミングチーム:DetonatioN Gaming(デトネーションゲーミング)スプラトゥーン部門所属の プロチーム。 過去のスプラトゥーン甲子園地区大会優勝経験者・NPBeスポーツシリーズスプラトゥーン2優勝経験者を有し、配信者としても知名度の高いメンバーが揃った強豪チーム。 ミリンケーキ選手が L3リールガン、ku選手が L3リールガンD、けいとぅーん選手が バケットスロッシャーデコをメインブキとして前線・中衛を担い、れき選手が ジェットスイーパーカスタムで後衛を担う編成が特徴。 DAY1優勝の月下雷鳴同様、L3リールガンを使ったミリンケーキ選手・ku選手は元々は他のブキを使用していたことから、全国決勝大会の編成が気になるところ。 ふしぎ• さっぷ• しょー チームの特徴 過去のスプラトゥーン甲子園地区大会優勝チーム『爆裂ヌロワンヌの一族』『SpRush!! 』やNPBeスポーツシリーズスプラトゥーン2優勝経験者を有するチーム『メキシコジャパン』、プロチームを抑えて優勝を手にしたのが『えびチリソース』。 ふしぎ選手が バケットスロッシャーデコ、さっぷ選手が エクスプロッシャーカスタム、えび選手が L3リールガン(無印およびD)、しょー選手が シャープマーカーネオをメインブキとして使用。 個々の選手の対面能力の高さと塗りの強さが揃った実力派のチーム。 とりわけ、試合終盤のL3リールガン・エクスプロッシャーの対面力の高さが試合の勝敗を決めた場面が印象的でした。 個々の選手の知名度がそう高くないことから、過去の持ちブキ情報などが未知数のため、全国決勝大会ではさらに 大きな番狂わせを起こしてくれることを期待しています! DAY2 優勝『 〆る者達』 出典:Splatoon(スプラトゥーン)公式Twitter メンバー• ルオカ団長• ちゃちゃ• ばるかん チームの特徴 リーダーのルオカ団長は今回の地区大会が甲子園初優勝とのことですが、過去には地区大会優勝チームの監督を担っていた経験もある実力者。 ぎゃんぐ• らすく• てぃ チームの特徴 前回の第4回スプラトゥーン甲子園北海道大会で優勝した実績のあるチーム。 他の有力プロチーム『BBV tokyo』・『Pixio Monster』などを打ち破り、今回の北海道地区大会で2連覇を達成。 アト選手が パーマネントパブロ、ラスク選手が スクリュースロッシャー(ネオおよびベッチュー)、てぃ選手が エクスプロッシャーカスタムおよび クーゲルシュライバーヒュー、ぎゃんぐ選手が スプラシューターベッチュー・ジェットスイーパー・ シャープマーカーネオなどをマルチに採用する、 L3リールガンなしの編成が特徴。 もともとホクサイ使いだったアト選手が、より塗りと機動力に優れたパブロを採用。 今大会では、 パブロの盤面荒らしを主軸とし、スクリュースロッシャーの対面力、後衛のてぃ選手のカバー力、マルチに対応するぎゃんぐ選手の連携力で見事優勝を勝ち取りました。 2年連続地区大会優勝の確かな実力を、全国決勝大会で遺憾なく発揮してほしい! DAY2 優勝『 Crown Hunt』 出典:Splatoon(スプラトゥーン)公式Twitter メンバー• もめん• べるりぃ• まーくん• 第5回のスプラトゥーン甲子園地区大会では初の チャージャー系統ブキ入りの編成での優勝チームとなりました。 個々の選手の対面力の強さ、連携が非常に優れた 安定感のある試合運びが印象的。 なめこあいす• ほーく• でぃめんたー• 前線のでぃめんたー選手とほーく選手による攻撃と塗り、yomo選手のヘイト稼ぎ、なめこあいす選手の安定感のある後衛が噛み合った抜けのない試合運びが特徴。 決勝トーナメントのどの試合においても、 硬い鉄壁のような安定した立ち回りが印象的でした。 たいじ• ダイナモン• えとな• レン(Ren〆Zone) チームの特徴 第3回・4回スプラトゥーン甲子園全国決勝大会優勝、スプラトゥーン2 ワールドチャンピオンシップ 2018・2019(E3)優勝など、スプラトゥーン2公式大会において最も結果を残してきた最強チーム。 えとな選手は バケットスロッシャーデコとパブロヒューをステージに応じて器用に使い分け、ダイナモン選手は エクスプロッシャーカスタムで後衛を担当。 前線たいじ選手・レン(Ren〆Zone)選手の対面力の高さ、えとな選手の天才的なヘイト稼ぎ、ダイナモン選手の生存意識の高さ・・・!! とにかくあらゆる場面での 隙のない試合運びが特徴。 個々の能力と連携の高さ、かつ、 相手チームに1本先制された後でも力を発揮することができる勝負強さがGG boyzの強さの秘訣だ。 全国決勝大会でもその実力を轟かせ大いに盛り上げてほしい! DAY2 優勝『 どんぐりーず』 出典:Splatoon(スプラトゥーン)公式Twitter メンバー• Nうら うらちゃん• まっちゃあいす• ここ チームの特徴 第4回スプラトゥーン甲子園地区大会優勝経験者のリーダーのNうら うらちゃん選手率いる実力派チーム。 見ての通り、ブキ編成にかなり幅があり、 ステージや対戦相手に応じてブキを器用に操るマルチプレイヤーが揃ったチームだ。 試合運びとしては、最前線のNうら うらちゃん選手の ホットブラスターの爆発力のある連キルを起点として盤面が好転することが多い印象。 全国決勝大会は 東海地区代表を除く10チームでの開催を予定しているとのこと。 オンライン大会・春 予選リーグマッチ• ルール:ガチエリア• それに伴う形で、同日「第5回スプラトゥーン甲子園2020」全国決勝大会の 無期延期が にて発表されました。 全国決勝大会は「 後日インターネット番組として無観客で実施の予定」とのこと。

次の