ハクビシン とは。 ハクビシンの糞の特徴4つと画像!処理・消毒方法とふん対策を解説

ハクビシンとは何? Weblio辞書

ハクビシン とは

ハクビシンが生活に及ぼしてる影響 大きく分けて「農業被害」と「生活被害」の2つに分かれ、それぞれ影響を及ぼしています。 農業被害では、ハクビシンは特に甘いものが好きなため 果樹園に忍び込み食べ物を食い荒らす被害が多いようです。 果樹園だけではなく、農作物やウズラやコイなどなんでも食べてしまうため、敷地を電気柵で囲むなど対策をしているようです。 生活被害では、冒頭でも言ったように 屋根裏に住みつき糞尿などをすることで異臭がしたり、騒音、害虫被害などで困っている人も多いようです。 では、対策として今回はハクビシンにとって「天敵」はいるのか調査しました。 天敵はズバリ「鳥類」と「ほ乳類」 天敵がいなくて自由気ままに過ごしているかと思いきや、調べるとなかなかの天敵がいるようです。 例えば鳥類・ほ乳類の他にもフクロウやタカなどの猛禽類も天敵だそうです。 ほ乳類なのでもちろん人間も天敵に入るのですが、それ以上に彼らが恐れているのが 「アライグマ」です。 アライグマもハクビシン同様、見た目の可愛さからは想像できないほど気性の荒い性格をしています。 このアライグマとハクビシンは移住地域がほぼ被っており、力では圧倒的にアライグマに負けてしまいます。 よって、森へ帰らざるを得ない状況もあるようです。 スポンサードリンク 天敵である人間ができる効果的な方法 住宅被害で困っている人も増えつつある今日、どうしたらハクビシンを退治できるか調べました。 まずは 「嫌な臭いを侵入口などハクビシンがいるところに置く」。 ハクビシンはニンニクや木酸酢、石油の臭いが苦手なようです。 なので、入り口付近にその臭いを置くことで入れなくなり自然と住みつかなくなります。 2つめは 「外には基本的に食べ物を置かない」。 生ゴミを出す時間をずらしてみたり、外でペットを飼っている場合残ったエサをそのままにせず、すぐに処理するなど小さなことから対策をすることで結果ハクビシンの駆除につながります。 まとめ 近年住宅の害虫被害で最も困っているのがこのハクビシンです。 ハクビシンは臆病な性格のためすぐ人を襲ったりはしませんが、こちらがあまりに攻撃的な態度をいきなりすると、ハクビシンはびっくりして噛んだり、引っ掻いたりもするそうです。 より効率的に駆除するには、食べ物を安易に外に置いたりしないことです。 スポンサードリンク.

次の

ハクビシン

ハクビシン とは

実は、ハクビシンは外来種かどうかは、ハッキリわかっていません。 でも、ハクビシンが外来種だと唱える専門家もいます。 理由は以下の通りです。 ・日本でハクビシンの化石が発見された記録がない ・九州地方ではハクビシンの捕獲数が少ない ・台湾にいるハクビシンと、日本にいるハクビシンが同じ種である 他にも、江戸時代にはハクビシンがいた可能性があります。 ハクビシンがいたかもしれない説を裏付けたのが蒔絵です。 蒔絵には、ハクビシンらしき生き物が描かれています。 また、明治以降、ハクビシンの毛皮を使うために、中国からハクビシンを輸入していました。 その後、ハクビシンは自然繁殖をして、日本各地に増えていったと考えられます。 住宅街・都会で目撃されることも珍しくありません。 そんな都会はのハクビシンですが本来は自然が多い山に生息していたことがわかっています。 様々な迷惑行為を行う生態として有名なのが、ハクビシンです。 ハクビシンは害獣で、在来種の生態系を崩す恐れがありますが、『勝手に捕獲して駆除することは禁止』されています。 何故なら、ハクビシンは『鳥獣保護法で守られている動物』だからです。 ハクビシンは特定外来生物に指定されていません。 ハクビシンが外来種だと認められていれば、生態系を崩す可能性があるため、特定外来生物に指定されていたでしょう。 でも、ハクビシンは外来種なのか? 日本原産なのか? 未だにハッキリしていません。 そのため、ハクビシンは鳥獣保護法で守られています。 ただし、ハクビシンによる被害で困っている場合は別です。 県・自治体等に申請すれば駆除できます。 ハクビシン対策に電気柵は効果的です。 賢い生態であるハクビシンでも、電気柵にはかないません。 ハクビシンが電気柵に触れると、全身に不快な衝撃が走ります。 すると、"二度と不快な思いはしたくない!"と学習して近寄ってきません。 賢いハクビシンは学習能力に長けています。 電気特有のビリビリ感を味わえば、忘れることはないでしょう。 2つのことに注意しましょう。 1つ目は、『電気柵の周辺にある木は剪定する』ことです。 ハクビシンは運動能力が優れているため、電気柵の周りに木があると登ります。 そして、電気柵の中に浸入して作物を食べるため、あまり意味がありません。 2つ目は、『電気柵の周辺にある草は刈る』ことです。 草があると漏電する可能性があります。 漏電すると電気柵の効果が落ちるため、必ず草は刈りましょう。 ハクビシンは嗅覚に優れており『強烈なニオイ』や『刺激物のニオイ』が嫌いです。 ハクビシンの生態を知り尽くしたメーカーが作った、『ハクビシンなぜ?逃げる?』という商品があります。 唐辛子入りのパックをロープ等で吊るして、ハクビシン対策をするグッズです。 雨・湿気にも強く効果は約1年持続します。 他にも、ハクビシンが嫌いなニオイは、ニンニク・石油系のニオイです。 ニンニク・石油系のニオイを活用した、ハクビシン対策をご紹介します。 ニンニクは潰すとニオイを放つため、必ず潰しましょう。 あまり大きな穴を開けないのがポイントです。 潰したニンニクが出てこない程度の穴を開けましょう。 ただし、ニンニクは定期的に交換しましょう。 時間が経つにつれてニンニクのニオイは薄くなり、ハクビシン対策の効果が落ちるからです。 また、作物・草木がある場所にスプレーがかからないようにしましょう。 そして、水を入れてよく振ります。 スプレーボトルの場合も、定期的に噴射すると、ハクビシン対策の効果が持続します。

次の

ハクビシンはなぜ害獣と言われているのか?ハクビシンが及ぼす被害|生活110番ニュース

ハクビシン とは

ハクビシンが生活に及ぼしてる影響 大きく分けて「農業被害」と「生活被害」の2つに分かれ、それぞれ影響を及ぼしています。 農業被害では、ハクビシンは特に甘いものが好きなため 果樹園に忍び込み食べ物を食い荒らす被害が多いようです。 果樹園だけではなく、農作物やウズラやコイなどなんでも食べてしまうため、敷地を電気柵で囲むなど対策をしているようです。 生活被害では、冒頭でも言ったように 屋根裏に住みつき糞尿などをすることで異臭がしたり、騒音、害虫被害などで困っている人も多いようです。 では、対策として今回はハクビシンにとって「天敵」はいるのか調査しました。 天敵はズバリ「鳥類」と「ほ乳類」 天敵がいなくて自由気ままに過ごしているかと思いきや、調べるとなかなかの天敵がいるようです。 例えば鳥類・ほ乳類の他にもフクロウやタカなどの猛禽類も天敵だそうです。 ほ乳類なのでもちろん人間も天敵に入るのですが、それ以上に彼らが恐れているのが 「アライグマ」です。 アライグマもハクビシン同様、見た目の可愛さからは想像できないほど気性の荒い性格をしています。 このアライグマとハクビシンは移住地域がほぼ被っており、力では圧倒的にアライグマに負けてしまいます。 よって、森へ帰らざるを得ない状況もあるようです。 スポンサードリンク 天敵である人間ができる効果的な方法 住宅被害で困っている人も増えつつある今日、どうしたらハクビシンを退治できるか調べました。 まずは 「嫌な臭いを侵入口などハクビシンがいるところに置く」。 ハクビシンはニンニクや木酸酢、石油の臭いが苦手なようです。 なので、入り口付近にその臭いを置くことで入れなくなり自然と住みつかなくなります。 2つめは 「外には基本的に食べ物を置かない」。 生ゴミを出す時間をずらしてみたり、外でペットを飼っている場合残ったエサをそのままにせず、すぐに処理するなど小さなことから対策をすることで結果ハクビシンの駆除につながります。 まとめ 近年住宅の害虫被害で最も困っているのがこのハクビシンです。 ハクビシンは臆病な性格のためすぐ人を襲ったりはしませんが、こちらがあまりに攻撃的な態度をいきなりすると、ハクビシンはびっくりして噛んだり、引っ掻いたりもするそうです。 より効率的に駆除するには、食べ物を安易に外に置いたりしないことです。 スポンサードリンク.

次の