ダイソー アクリル 板。 100均おすすめアクリルカッター5選!ダイソー・セリア・キャンドゥから紹介!

ダイソーの板を使って簡単DIY!サイズが豊富で初心者におすすめ

ダイソー アクリル 板

こちらは、ダイソーの厚板タイプのアクリル板です。 先ほどは手作りバッグの底の部分でアクリル板を利用していましたが、こちらは既製品のカバンの下敷きとして活用しています。 強度も厚みもありますがハサミやカッターナイフで簡単にカットできるので、カバンの大きさに合わせてカットすることができます。 100均のアクリル板は、まさに縁の下の力持ちですね。 こんなに大きなカバンの下敷きとして利用しても問題ありません。 もちろん汚れた場合は取り出して洗うことができるうえ、乾いたタオルでアクリル板を拭けば元通りきれいになるので安心してください。 その他、カバンを収納するときも楽々です。 収納時はアクリル板をカバンの底から外して側面側に移動させておくと、こんな大きなカバンでも底面のアクリル板が邪魔にならず、折りたたんで小さくすることができるので収納スペースが少なく済みます。 こちらはアクリル板を使って洗濯機の横の隙間に洗濯機の排水カバーを作ったものです。 洗濯機の横の隙間にゴミや髪が溜まり、掃除が大変になる方も多いです。 そんなときにもキャンドゥの100均アクリル板は加工しやすいので便利です。 洗濯排水カバーを作るのに工具が要らないのもメリットです。 用意するものははさみと両面テープのみ。 洗濯排水スペースに合わせてアクリル板をカットし、両面テープで端を止めるだけ。 こうすることでほこりや髪の毛が入り込まず、さらに見た目的にも排水ホースまで目隠しできるのでおしゃれなスペースになります。 1つ注意していただきたいのが、洗濯排水は水を扱うため、どうしても湿気がこもりやすくなります。 目隠しカバーをぴったりにせず、上の写真のように隙間を開けてください。 結婚式をなるべく手作りで、でも安っぽく見られたくないという方におすすめです。 こちらは不透明のアクリル板を好きな形にカットして、水で溶かした油性ペンで着色して、いったん乾かした後に油性の白色のペンで文字を書いています。 土台に、ワインなどのコルクに切り込みを入れて、アクリル板を差し込んでいます。 キャンドゥのアクリル板は軽いのでコルクにさしても倒れず立っていますが、アクリル板が大きいとバランスが崩れるので注意です。 手作りでありながらも高見えする透け感がテーブルを華やかにします。 上の写真では結婚式の席札でしたが、これをアレンジしてドリンクを置くコースターを作ってもおしゃれですね。 アクリル板は水に強く、また油性ペンで着色しているので耐水力は抜群です。 こんなコースターでお出迎えされたら、好感度アップ。 印象カフェタイムの時に話に華が咲くこと間違い無しです。 その他、既製品の家具に合わせてカットして組み合わせることで強度を増したり、周りのインテリアに合わせておしゃれにもなります。 アイデア次第で素敵な作品になります。 ホームセンターでは、安くても500円~700円以上しますが、100均のアクリル板は1枚100円なので初心者向きの製品です。 もし途中で失敗しても1枚100円で買い直しできるので、とてもお得な製品です。 ただし人気商品なので在庫切れとなることもあるので、出かける前にお店にTELで尋ねてみてもいいですね。 100均のアクリル板の活用!|アレンジ編 プラスチック製の引出しの中身を隠す 100均のアクリル板は、プラスチック製の収納ボックスの目隠しに使用できます。 普通に引き出しを使っていると中身が見えてしまい、せっかくのインテリアが損なわれますね。 そんなとき100均のアクリル板が一役買ってくれます。 引出に合わせて白い100均アクリル板を張るだけで中身が見えない引出の完成です。 引出しの中が見えずおしゃれですが、中身が見えないので、慣れないうちは何が入っているかわかるようにネームプレートを付けておくと服が迷子になりません。 ネームプレートは100均でもかわいいタイプやブルックリンインテリアが似合うタイプなど種類も豊富なのでインテリアに合わせてお好みで選びましょう。 服を作る人には必見!アクリル板で服のパターンを作る 洋服などを手作りする方は、自分の体形に合わせて型のパターンから作りますが、ここでアクリル板を使って服のパターン型を作ってしまいましょう。 紙で作った型パターンは数回使うとヨレヨレになり、次に服を作る時に型パターンから作り直さないといけません。 このアクリル板なら、一度作っておけば使い回しできます。 靴下に100均アクリル板を入れて収納する活用方法がとても便利なのでおすすめします。 靴下の収納に困ったなんて悩まれる方は100均アクリル板で靴下収納を作るのはいかがでしょうか。 作り方は簡単です。 アクリル板をくつ下に合わせて楕円形にカットしたものを2セット用意し、靴下に入れるだけです。 中敷きがないとばらばらになりがちな靴下にアクリル板を入れるだけで、靴下同士をクリップで留めて立てて収納することもできるので取り出す時に見つけやすくなります。 靴下から外した中敷きは2枚セットにしてファイルケースに入れておくと必要な時にさっと取り出せて便利です。 靴下中敷きをたくさん作ると便利です。 100均のアクリル板の活用!|フロアスタンドの作り方 これいいかも!アクリル板でゴミ袋の端を隠そう 100均のアクリル板はゴミ袋の端を隠せます。 ゴミ箱にゴミ袋をかぶせているのに端が見えない!実はこれ、ゴミ箱の中にアクリル板を輪っかにして入れているんです。 素敵なアイデアですね。 ゴミ箱はどうしても床に置いておくので目にとまってしまうアイテム。 でもこれならインテリアの邪魔になりません。 作り方はとても簡単です。 台形をさかさまにした形のゴミ箱の内側と同じ長さにアクリル板をカットして輪っかにして止めるだけ。 これでごみ箱にセットすれば出来上がり。 この大きさのゴミ箱に入るゴミ袋も実は100均で購入することができます。 こうすると掃除の時にゴミ箱を逆さにしてゴミだけ集められます。 アクリル板でフロアスタンドをDIYできる 100均のアクリル板でルームライトが作れます。 実は、これは一見お店で買ってきた製品だと思いますが、実はこれもアクリル板を使ったDIYのフロアスタンドです。 下の電球ソケットと電球はホームセンターでも100均であればセリアでLEDタイプを購入できますし、ほかの工具や材料も100均でそろいます。 用意するもの• MDF材 4枚• のこぎり• 紙やすり• 両面テープまたは接着剤• ハサミまたはカッターナイフ• 電気ソケットセット• 電球 素敵なフロアライトの作り方• MDF材を写真のようにのこぎりで四角の形で切り取ります。 切り取った切り口と表面にやすりをかけます。 アクリル板を裏側にボンドで貼りつけます。 それを4枚作り、それぞれ張り合わせます。 電源ソケットと電球を取り付けます。 なにこれすごい!ギフトボックスもアクリル板で作れる 100均アクリル板で、こんな素敵なギフトボックスも手作りしています。 まるでお洒落なショップで買ってきたようですね。 手作りしたおやつと、LEDライトを入れてプレゼントするととても喜ばれること間違い無し。 プレゼントを取り出した後はLEDライトを入れて飾れば素敵なルームライトに早変わり。 用意するもの• ハサミ• カッター• アクリル板(カラー)• アクリル板(不透明)• LEDライト• リボン• お洒落なギフトボックスの作り方• アクリル板をボックス型にカットします。 上の写真は、真ん中が四角形、周りの4辺に三角形の形をそれぞれ残して、四角いアクリル板をカットします。 切り取ったギフトボックスの三角の部分に好きな形でくりぬきます。 くりぬいた穴と同じ形のカラーのアクリル板を用意してはめ込み、テープで留めます。 このときはめ込んだ端を銀色のテープで縁取りしておくとおしゃれです。 三角形のてっぺんにリボンを通す穴を開けて、ボックスを組み立てます。 プレゼントやLEDライトを包んだ後、先ほどあけた穴にリボンを通して可愛くリボン結びをすると出来上がり。 100均のアクリル板を活用しよう!.

次の

ダイソーのアクリルケースはアレンジ自在!文房具やアクセサリーケースにも|mamagirl [ママガール]

ダイソー アクリル 板

外側~内側~どちらが先に切り出しても可能ですが、外周の円は難しいと思いますよ。 もう一枚、捨て板を瞬間接着剤か、小さなビスなどで重ねて穴を塞ぎます。 そうしてから、自在錐で小さい方の円をくりぬきます。 瞬間接着剤は剥離剤で綺麗ピッカピカに落とせます。 私の場合は塩ビ排水管VU規格品が、本管もジョイント部品も安価で、サイズも豊富にありますから、最も近似したサイズの管を「現状のまま」「C型に割り裂いて収縮」「テープを巻いて太らしたり」・・・様々な工夫で何段階にも変化させています。 (蛇足:ダイソーのプラ板200円は若干、粘りがあります。 直線切りの時、Pカッターで作る溝は深めにしないと難しくなります。 ナイス: 1 CDの様な形のようなものですと、まず平らな板に少し大きめなアクリル板の端を4箇所ぐらいネジ等で完全に固定します、2cmくらいの太さの角材 長さ15cmを用意して、サークルカッターのような物を作るのです、両端に釘を打ち込み、要するにコンパスの原理でひっかいて削りだそうと言う考えですが。 回しやすい様にと、傷が付かない様にとか工夫が必要です、 補足、第2案 木の板に両面テープでアクリル板を固定して、それを扇風機の羽根に何らかの方法で固定しレモン絞りの様なテコの原理でカットしたい部分に釘を進めていく。 第3案 太めの針金を何か円筒状の物を利用して、外周の大きさに丸め、そば屋のゆでる、ざるのような感じに作りガスコンロで焼いてアクリルに押し付け、打ち抜く後はペーパー仕上げ。 ナイス: 0.

次の

ダイソーやセリアなど100均で買えるアクリル板でDIY!カット方法も紹介!(2ページ目)

ダイソー アクリル 板

このライフレシピのもくじ 【】• アクリル板を切断する常套手段としては、定規を当てながらPカッターで半分ほど掻き切ってペチンと割ると言う方法が広く知られているようです。 今回円板、さらに言うとドーナツ板を切り出したいと思ってネットを検索してみたら、これと言った方法がなく皆さん一様に苦労していらっしゃるようでした。 業者さんに頼むと言う手もありますが、結構な額がかかるようです。 そこで皆さんの方法を参考にしながら、自分なりに工夫してやってみた事の次第をご紹介します。 用意するもの• コンパスカッター オルファ• Pカッター P450 オルファ• アクリル板 2mm• ポリプロピレンシート ダイソーで3枚1組100円で売られていた厚さ0. 75mmのもの• カッターマット• 両面テープ• 研磨用紙やすり やり方 任意の半径の円板を切り出すに当たっての最大の障壁はPカッターに当てがう定規がないことです。 紙や薄いプラスチックなら容易に切断できるコンパスカッターなるものがありますが、2mmもあるアクリル板までは到底切り出すことができません。 だったら 自分が切り出したい半径の円の保護型を自分で作ってしまおう、と言うのが今回の作戦です。 STEP1 両面テープを用いてカッターマットの上にアクリル板をしっかりと固定し、さらにその上にポリプロピレンシートを、これもまた両面テープを用いてしっかりと貼り付けます。 両面テープを貼る位置ですが、最終的に欲しいパーツの部分だけをしっかり固定するようにしてください。 除去したい部分まで固定してしまうと、はがす時に無理をしてアクリル板にひび割れを起こす原因になりかねません。 STEP2 切り抜く円板の中心点を決めます。 STEP3 コンパスカッターを中心点に当て、ポリプロピレンシートから希望する半径の円を切断します。 ポリプロピレンシートは柔らかいので、新しい歯を用いて何回か回し切ると比較的簡単に切断できます。 普通の円板が欲しい時は、中心の針を深く刺し過ぎて大切なアクリル板まで傷付けてしまわないように気を付けます。 STEP4 ポリプロピレンシートがこんな感じで切り出されてきます。 コンパスカッターの半径をそのままにして、アクリル板の表面をさらにけがいておいてやるといいかも知れません。 けがく(罫書く)とは建築用語で削って印をつけることをいいます。 STEP5 アクリル板表面の必要な部分(この場合円板)を保護するようにポリプロピレンシートを貼り残したまま、ポリプロピレンシートの型の回りをPカッターを押し当てて何度もなぞり、アクリル板を掻き切っていきます。 カッターマットごと回しながらなぞって行くのが楽なようです。 Pカッターで直線に切る場合は、半分くらい掻き切ったところでペチンと割るのが定石のようですが、円形に切りたい場合、いびつに割れないとも限りません。 怖いので最後の最後まで掻き切ることにしました。 STEP6 こんな感じで切り出せました。 ここでは最後の切り離しにはもう一度コンパスカッターでけがいたりしました。 STEP7 今回はドーナツ板が欲しいので、内側の円も同様にして切り出します。 STEP8 切り出された円板。 保護用ポリプロピレンシートを外しました。 最後に紙やすりを使って切断面を研磨すればできあがりです。 おわりに 今回は保護型を作るのにポリプロピレンシートを用いましたが、他の素材でもできるかも知れません。 やっているとPカッターが逸れて型を引っ掻いて行くことが何度となくありました。 そうした事故が起こっても保護型を貫通して下にあるアクリル板を傷付けない、また保護型自身が型崩れしないような素材を用いることが肝心であると思います。 また、今回は保護型ごと一気に切り取りましたが、保護型を作る作業を予め別に行った方が、アクリル板を傷付けるリスクを減らせるかも知れませんので、ご検討ください。 コンパスカッターの針で中心点に傷を付けたくない場合は特にそうです。 image by 筆者.

次の